負傷繰り返すベイルのコスパは1試合1億4000万円?! 2017.11.12 03:15 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽10日、レアル・マドリーの公式サイト上で負傷離脱が発表されたウェールズ代表FWガレス・ベイル。マドリ―入団以降19回目の負傷となった同選手に関して、スペイン『アス』が移籍金や年俸を基に1試合当たりの費用を試算した。

▽トッテナムのエースとして評価を高めたベイルは、2013年9月1日に当時の歴代最高額となる、1億70万ユーロ(現在のレートで約133億3000万円)もの移籍金で、華々しくマドリ―に入団。その際は6年契約を結んでおり、『アス』によれば初めの3年間が年俸1800万ユーロで、4年目となる昨シーズンからは2200万ユーロに上昇している。

▽これらを考慮して、移籍金の1年当たりの額と年俸を足し合わせた金額を試算すると、初めの3年間が3470万ユーロで、昨シーズンは3870万ユーロとなる。さらに記事では今シーズンのここまでを5カ月分として計算し、2586万ユーロと算出。これを全て足し合わせると、ベイルの入団から現時点までにマドリ―が使った費用と等しくなり、その額は1億6880万ユーロ(現在のレートで約223億4500万円)にも上る。

▽さらにベイルは、マドリ―に入団してから公式戦159試合に出場。以上の数値から、同選手が1試合出場当たりにかかった金額を求めると、なんと106万377ユーロ(現在のレートで約1億4000万円)となり、1分換算にすると1万3593ユーロ(現在のレートで約180万円)という結果に。

▽入団からの159試合で、70ゴール55アシストを記録しているベイル。また、3度のチャンピオンズリーグ(CL)を含む、11度のタイトル獲得に貢献してはいるものの、コストパフォーマンスという観点では痛い出費となっているのではないか、と『アス』は締めくくっている。

▽また、簡素ではあるが『transfermarkt.com』の移籍金額を一つの指標として、レアル・マドリーの選手のコストパフォーマンスを比較すると、以下のような結果に。なお、年俸や残契約年数は考慮に入れないものとして試算している。

◆公式戦1試合当たりにかかった移籍費用(50試合以上出場の選手のみ)
(選手名/移籍金/出場試合数/1試合当たりの移籍費用)
DFナチョ・フェルナンデス(スペイン) 0円(下部組織からの昇格) 132試合 0.0円
MFルーカス・バスケス(スペイン) 約1億3200万円 100試合 約132.4万円
DFマルセロ(ブラジル) 約8億6000万円 422試合 約203.9万円
DFダニエル・カルバハル(スペイン) 約8億6000万円 170試合 約506.1万円
DFラファエル・ヴァラン(フランス) 約13億2400万円 200試合 約661.9万円
DFセルヒオ・ラモス(スペイン) 約35億7400万円 539試合 約663.1万円
MFカゼミロ(ブラジル) 約7億9400万円 119試合 約667.4万円
FWマルコ・アセンシオ(スペイン) 約4億6300万円 56試合 約827.3万円
GKケイラー・ナバス(コスタリカ) 約13億2300万円 109試合 約1214.5万円
FWカリム・ベンゼマ(フランス) 約46億3300万円 377試合 約1228.9万円
MFルカ・モドリッチ(クロアチア) 約39億7100万円 227試合 約1749.5万円
MFイスコ(スペイン) 約39億7100万円 208試合 約1909.3万円
MFトニ・クロース(ドイツ) 約33億900万円 162試合 約2042.8万円
FWクリスティアーノ・ロナウド(ポルトガル) 約124億4300万円 407試合 約3057.3万円
MFマテオ・コバチッチ(クロアチア) 約41億400万円 78試合 約5261.1万円
FWガレス・ベイル(ウェールズ) 約133億7000万円 159試合 約8408.7万円

※上記の金額は全て『transfermarkt.com』内のユーロ表記から現在のレートで円に変換

コメント

関連ニュース

thumb

ベイル、マドリー残留に前進! ロペテギ監督徹底慰留

▽レアル・マドリーに所属するウェールズ代表MFガレス・ベイル(29)が、マンチェスター・ユナイテッド行きから遠ざかっている。イギリス『テレグラフ』が報じた。 ▽負傷などの影響もあり、昨シーズンはマドリーでジネディーヌ・ジダン前監督から信頼を得ることが出来ていなかったベイル。5月末のチャンピオンズリーグ決勝リバプール戦では、途中出場から2ゴールを決める活躍で並外れた能力を再証明していたが、試合後には退団を仄めかすような発言をしていた。 ▽しかし、昨シーズン終了後にジダン前監督が退任を電撃発表し、クラブの“主役”としてスコアラーの役割を一手に引き受けていたFWクリスティアーノ・ロナウドもユベントスに移籍。前線での爆発力を誇りながらも守備のタスクを課されていたベイルの去就は、どちらとも取れない不透明な状況が続いていた。 ▽今回の『テレグラフ』の記事によると、ベイルはフレン・ロペテギ新監督から、C・ロナウドを喪失後したマドリーの新時代の中で重要な役割を担う、と聞かされたという。これに対して、ベイルもポジティブな反応を示しているようだ。 ▽ベイルにはこれまでマンチェスター・ユナイテッドからの興味が主に報じられていた。しかし、C・ロナウドの退団とロペテギ監督からの期待を考慮すれば、ユナイテッド行きは立ち消えになるだろう、と記事は伝えている。また、決断が迫っているベイルは今週末にもマドリーとの協議を予定しているそうだ。 ▽攻守に奮闘し、批判に晒された昨シーズンも公式戦39試合21ゴール7アシストを記録しているベイル。C・ロナウドという大きな存在感を放つスーパースターの退出後、マドリーの顔に成り代わることはできるのだろうか。 2018.07.17 22:00 Tue
twitterfacebook
thumb

「これからも比較するんだろう?」ユーベ移籍のC・ロナウド、メッシとのライバル関係について語る

▽ユベントスに加入したポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドが、バルセロナに所属するアルゼンチン代表FWリオネル・メッシとのライバル関係について考えを明かした。イタリア『カルチョメルカート』が伝えている。 ▽レアル・マドリーで数々のタイトル獲得に貢献し、個人としても同クラブ在籍時に4度のバロンドールを受賞してきたC・ロナウドは10日、ユベントスへの加入が決定。9年間過ごし、輝かしいキャリアを築き上げたエル・ブランコに別れを告げた。 ▽そんなマドリー時代には宿敵バルセロナ所属のメッシと常に世界最高の称号を争い、周囲からも比較されてきた。長きにわたってリーガエスパニョーラで凌ぎを削ってきたメッシについてC・ロナウドは以下のように答えている。 「メッシとのライバル関係? 僕は他の選手をライバルだと考えことはないよ。僕らしくない。常にチームのために全力を注ぐということしか考えていないよ。それはスポルティング、マンチェスター・ユナイテッド、マドリー、全ての場所でそうしてきた」 「メッシもバルセロナでそうしているさ。結局なんだかんだこれからもどっちがベストプレイヤーかって比べられるんだろうけどね」 2018.07.17 09:30 Tue
twitterfacebook
thumb

ジダンがネイマール獲得を望まなかった理由…「マルセロとは共存できないと考えていた」

昨季限りでレアル・マドリー監督の座を辞したジネディーヌ・ジダン氏は、同クラブがパリ・サンジェルマンFWネイマール獲得に動くことを好ましく考えていなかったとされる。<br><br>ジダン氏レアル・マドリーを率いていた5月、同クラブがネイマール獲得に動いているとの報道について問われ、「私はネイマールの獲得など求めていない」と返答。この断固たる意思の表明は、少なからず驚きを与えるものだった。<br><br>ジダン氏はなぜネイマール獲得を望まなかったのだろうか。ブラジルの著名記者アンドレア・リゼク氏はその理由を、フランス人指揮官の友人から聞きつけたという。それによれば、ジダン氏は左サイドを主戦場とするネイマールと左サイドバックのDFマルセロが共存不可能と考えていたようだ。<br><br>「ジダンがクラブを離れる前に、マドリーで彼とディナーをした人から情報を得た。ジダンはその場で、ネイマールが到着する可能性について自身の見解を述べていた」<br><br>「そのジダンの友人が言うには、フランス人はネイマールの到着を歓迎していなかった。マルセロとネイマールが、スモールチームとの試合以外では一緒にプレーできないと考えたためだ。ジダンは彼らのプレー範囲が重なるとして、ネイマールの獲得を快く感じていなかった」<br><br>なおジダン氏が去ったレアル・マドリーは、今夏の移籍市場でネイマールの獲得を狙っているとも報じられる。<br><br><br>提供:goal.com 2018.07.17 00:30 Tue
twitterfacebook
thumb

クルトワ&アザールの獲得狙うレアル・マドリー、アザール獲得交渉は長期戦か…移籍金はネイマールと同額

チェルシーGKティボ・クルトワとMFエデン・アザールの獲得を狙うレアル・マドリーだが、アザールの獲得交渉は長期戦になる見込みだ。スペイン『マルカ』が報じている。<br><br>ベルギー代表として活躍したクルトワとアザールは、どちらもレアル・マドリー移籍を前向きに考えているとみられる。しかしながら、来季でチェルシーとの契約が切れるクルトワがとは違って、アザールの獲得はレアル・マドリーにとって骨が折れるオペレーションとなりそうだ。<br><br>『マルカ』は、アザールとチェルシーの契約が2020年まで残っていることに鑑みて、レアル・マドリーとチェルシーの交渉が難航し、長期戦になるとの見解を示している。<br><br>また同紙はイギリス『ザ・タイムズ』のチェルシーがアザールの移籍金を2億ユーロに設定したという報道も紹介。同額が、昨夏にパリ・サンジェルマンがバルセロナからネイマールを獲得した移籍金と、ほぼ同じであることを強調している。<br><br>FWクリスティアーノ・ロナウドをユベントスに売却し、新たなスターを欲するレアル・マドリーだが、チェルシーとの交渉をどのように進めていくのだろうか。<br><br><br>提供:goal.com 2018.07.16 23:05 Mon
twitterfacebook
thumb

クルトワ「どこに行ってもアザールと一緒」

▽チェルシーに所属するベルギー代表GKティボー・クルトワ(26)がまたしても移籍の可能性をほのめかした。イギリス『エクスプレス』が報じた。 ▽今夏のロシア・ワールドカップ(W杯)でベルギー代表を最高位3位に導き、個人としてもベストGK賞を受賞したクルトワ。チェルシーやベルギー代表で同僚のMFエデン・アザール(27)と共に今夏のレアル・マドリー移籍が取り沙汰されており、去就に注目が集まっている。 ▽そうした中、これまで家族の住むマドリッド移住希望などレアル・マドリー移籍を匂わせてきたクルトワは、アザールについて語り、またしてもフラグを立てた。 「僕がどこに行っても、アザールは一緒にいてくれなくちゃね。互いにそう思っているだろう。でも、まずは様子を見よう。僕らは休暇に入る。その間、代理人と話をするよ」 「どんな可能性があるのかを知りたいから監督とも話をするつもりだ。全てのオプションが僕の選択肢にあって、チェルシー残留もある。選手が契約を全うしないと、周りの人は常に不満を抱くものさ。それでも、僕はそうするけどね」 「例えばだけど、契約を延長しない僕をクラブがベンチに座らせておくかな。僕はそう思えない。でも、僕はロンドンの生活が好きだから、そういう状況になる可能性もあるだろうね」 2018.07.16 13:55 Mon
twitterfacebook


ロシアW杯

超WS×MON

ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース