負傷繰り返すベイルのコスパは1試合1億4000万円?! 2017.11.12 03:15 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽10日、レアル・マドリーの公式サイト上で負傷離脱が発表されたウェールズ代表FWガレス・ベイル。マドリ―入団以降19回目の負傷となった同選手に関して、スペイン『アス』が移籍金や年俸を基に1試合当たりの費用を試算した。

▽トッテナムのエースとして評価を高めたベイルは、2013年9月1日に当時の歴代最高額となる、1億70万ユーロ(現在のレートで約133億3000万円)もの移籍金で、華々しくマドリ―に入団。その際は6年契約を結んでおり、『アス』によれば初めの3年間が年俸1800万ユーロで、4年目となる昨シーズンからは2200万ユーロに上昇している。

▽これらを考慮して、移籍金の1年当たりの額と年俸を足し合わせた金額を試算すると、初めの3年間が3470万ユーロで、昨シーズンは3870万ユーロとなる。さらに記事では今シーズンのここまでを5カ月分として計算し、2586万ユーロと算出。これを全て足し合わせると、ベイルの入団から現時点までにマドリ―が使った費用と等しくなり、その額は1億6880万ユーロ(現在のレートで約223億4500万円)にも上る。

▽さらにベイルは、マドリ―に入団してから公式戦159試合に出場。以上の数値から、同選手が1試合出場当たりにかかった金額を求めると、なんと106万377ユーロ(現在のレートで約1億4000万円)となり、1分換算にすると1万3593ユーロ(現在のレートで約180万円)という結果に。

▽入団からの159試合で、70ゴール55アシストを記録しているベイル。また、3度のチャンピオンズリーグ(CL)を含む、11度のタイトル獲得に貢献してはいるものの、コストパフォーマンスという観点では痛い出費となっているのではないか、と『アス』は締めくくっている。

▽また、簡素ではあるが『transfermarkt.com』の移籍金額を一つの指標として、レアル・マドリーの選手のコストパフォーマンスを比較すると、以下のような結果に。なお、年俸や残契約年数は考慮に入れないものとして試算している。

◆公式戦1試合当たりにかかった移籍費用(50試合以上出場の選手のみ)
(選手名/移籍金/出場試合数/1試合当たりの移籍費用)
DFナチョ・フェルナンデス(スペイン) 0円(下部組織からの昇格) 132試合 0.0円
MFルーカス・バスケス(スペイン) 約1億3200万円 100試合 約132.4万円
DFマルセロ(ブラジル) 約8億6000万円 422試合 約203.9万円
DFダニエル・カルバハル(スペイン) 約8億6000万円 170試合 約506.1万円
DFラファエル・ヴァラン(フランス) 約13億2400万円 200試合 約661.9万円
DFセルヒオ・ラモス(スペイン) 約35億7400万円 539試合 約663.1万円
MFカゼミロ(ブラジル) 約7億9400万円 119試合 約667.4万円
FWマルコ・アセンシオ(スペイン) 約4億6300万円 56試合 約827.3万円
GKケイラー・ナバス(コスタリカ) 約13億2300万円 109試合 約1214.5万円
FWカリム・ベンゼマ(フランス) 約46億3300万円 377試合 約1228.9万円
MFルカ・モドリッチ(クロアチア) 約39億7100万円 227試合 約1749.5万円
MFイスコ(スペイン) 約39億7100万円 208試合 約1909.3万円
MFトニ・クロース(ドイツ) 約33億900万円 162試合 約2042.8万円
FWクリスティアーノ・ロナウド(ポルトガル) 約124億4300万円 407試合 約3057.3万円
MFマテオ・コバチッチ(クロアチア) 約41億400万円 78試合 約5261.1万円
FWガレス・ベイル(ウェールズ) 約133億7000万円 159試合 約8408.7万円

※上記の金額は全て『transfermarkt.com』内のユーロ表記から現在のレートで円に変換

コメント

関連ニュース

thumb

C・ロナウドの連続ゴール記録はただの通過点?マルセロ「彼こそ世界最高の選手」

レアル・マドリーDFマルセロは、チームメイトであるFWクリスティアーノ・C・ロナウドの連続ゴール記録はまだまだ続くだろうと語った。<br><br>C・C・ロナウドは18日に行われたリーガ・エスパニョーラ第33節アスレティック・ビルバオ戦に出場。本拠地サンティアゴ・ベルナベウで先制を奪われる展開となったが、試合終了間際にエースがヒールキックでゴールを決め、1-1の引き分けとなった。C・ロナウドはこの得点で、出場した試合での連続ゴール数を「12」に伸ばした。さらにこの12試合の間で、計22ゴールと驚異的なペースで得点を重ねている。<br><br>チームメイトであるDFマルセロは、エースの連続得点記録はまだまだ続くと、チャンピオンズリーグ準決勝バイエルン戦に向けた記者会見で語った。<br><br>「彼こそは世界最高の選手さ。僕たちは彼に絶大な信頼を置いている。もっと多くの点を決めることは間違いないよ。12試合連続ゴールも更新するだろうね」<br><br>また、CL準決勝前最後の試合で勝ち点3を奪うことができなかったことについては、次のようにコメントした。<br><br>「持っているすべての力を出したさ。先制点を奪われたことが状況を難しくしてしまったけど、僕たちはボールを支配して、勝利にこだわった。チャンピオンズリーグとは異なると言っているんじゃないよ。たった1試合で自信を失ってはいけないんだ。僕たちは勝つために全力を尽くした。3ポイントを獲得したかったけど、引き分けが僕たちの自信を奪うわけではないさ」<br><br><br>提供:goal.com 2018.04.19 19:40 Thu
twitterfacebook
thumb

ジダン、出場機会が減っているベイルとの確執を否定「25人のうちの1人」

レアル・マドリーのジネディーヌ・ジダン監督は、確執がうわさされているMFガレス・ベイルとの間に問題はないと主張した。<br><br>レアルは18日、本拠地サンティアゴ・ベルナベウでリーガ・エスパニョーラ第33節アスレティック・ビルバオと対戦。前半14分にアウェーのビルバオに先制を許す苦しい展開となったものの、試合終了間際にエースのクリスティアーノ・ロナウドが同点弾を決め、1-1の引き分けとなった。<br><br>この日ベンチスタートとなったベイルは、1点を追う後半24分にFWカリム・ベンゼマと交代でピッチに入るも得点に絡むことはできなかった。<br><br>ウェールズ代表FWはCL準々決勝ユヴェントス戦とのセカンドレグでも前半のみで交代。前節のマラガ戦でもメンバーから外れており、確執について問われた指揮官は次のようにコメントした。<br><br>「何も問題はない。彼は25人の選手のうちの1人だ。今日は出場しなかったが、他の選手たちが出場し、いいプレーを見せた。君たちは同じ質問を何度も聞いてくるが私の答えは変わらない」<br><br><br>提供:goal.com 2018.04.19 19:35 Thu
twitterfacebook
thumb

エル・クラシコの開催日時が決定! イニエスタ最後のクラシコか…

▽リーガエスパニョーラ第36節バルセロナvsレアル・マドリーの“伝統の一戦”は、日本時間5月6日の27:45にキックオフを迎えることが決定した。 ▽第33節を終えた時点で首位のバルセロナ(勝ち点83)と2位のアトレティコ・マドリー(勝ち点71)との勝ち点差は「12」となっており、アトレティコが1試合未消化ながらもバルセロナの2シーズンぶりのリーガ優勝はほぼ待ったなしの様相を呈している。 ▽そんな中行われる今回のエル・クラシコ。マドリー(勝ち点68)も現在3位に位置しており、優勝の行方を大きく左右するものではないが、幾つか注目すべき点がある。 ▽ひとつはバルセロナの無敗優勝を阻止できるかという点だ。現時点で25勝8分無敗と無類の強さを誇るバルセロナ。マドリーと当たる前に敗れる可能性はなくもないが、それまでの日程を考えると、やはりバルセロナに土をつけられるのはマドリーしかいない。しかし、マドリーはクラシコの前にチャンピオンズリーグ準決勝バイエルン戦を控えている。第2戦を戦って中4日の対戦となる中でバルセロナをどこまで苦しめられるだろうか。 ▽一方、バルセロナはMFアンドレス・イニエスタの最後のクラシコと見込まれている。中国行きが報じられているチームのバンディエラに、本拠地カンプ・ノウで勝利の花束を捧げたい。 ▽世界が注目する“エル・クラシコ”。今回も伝統の一戦に刮目だ。 2018.04.19 17:10 Thu
twitterfacebook
thumb

バイエルンOBがC・ロナウドに懇願?「本来であれば違いをつくる選手だが...」

元バイエルン・ミュンヘンのローター・マテウス氏が、レアル・マドリーFWクリスティアーノ・ロナウドにあるお願いをしている。<br><br>バイエルンはチャンピオンズリーグ(CL)準決勝でレアル・マドリーと対戦する。この試合で、バイエルンが注意すべきは今季のCLで15得点を挙げて得点ランク首位に立つC・ロナウドだ。<br><br>マテウス氏は、決戦を前に次のように話している。スペイン『EFE通信』がコメントを伝えた。<br><br>「バイエルンには偉大な選手が揃っているし、大きなスピリットがある。だがレアル・マドリーは素晴らしいチームだ。それだけではない。ロナウドという違いをつくる選手がいる。ただ、バイエルン戦では違いをつくらないでほしいね」<br><br>「レアル・マドリーがバイエルンより優れているとは言えないだろう。両チームともに、フットボールで歴史を築いてきた。最終的にはチームスピリットが結果を左右するかもしれないね」<br><br>マドリーは準々決勝で&rdquo;疑惑のPK&rdquo;により、ユベントスを下している。マテウス氏は一連の騒動にも触れた。<br><br>「あのPKは、吹く審判もいれば、吹かない審判もいるだろう。チャンピオンズリーグの準々決勝、準決勝、決勝というのは、ディテールで決まってしまう。フットボールは不条理なんだ」<br><br><br>提供:goal.com 2018.04.19 13:50 Thu
twitterfacebook
thumb

「モウリーニョは難しい監督だった…」元ブラジル代表カカ、マドリー時代の苦難を語る

▽元ブラジル代表MFカカ氏がマドリー時代の苦難を振り返った。イギリス『デイリー・メール』がブラジル『UOL Esporte』を引用して伝えている。 ▽2003年にプロデビューを飾ったサンパウロからミランに移籍したカカ。セリエAやチャンピオンズリーグ、クラブ・ワールドカップ優勝に貢献した他、2007年にはバロンドールとFIFA最優秀選手賞のダブル受賞を達成。その後、レアル・マドリーやミランでのプレーを経て、2014年に加入したオーランド・シティで2017年12月に現役引退を表明した。 ▽そんなカカは、マドリー在籍時に難しい時期を過ごしていたことを告白。当時指揮していたジョゼ・モウリーニョ監督との関係性を明かし、苦難を振り返った。 「2009年に僕はマドリーのオファーを受け入れて移籍をした。しかし、僕はミランで与えていたことを与えることができず、調子を落としてしまった」 「ジョゼ・モウリーニョは僕にとって難しい監督だった。僕らは互いにリスペクトしていたけど、関係は複雑なものだったよ」 「僕はトレーニングをして、戦い、多くのことを祈ったよ。しかし、監督の信頼を得ることができず、彼と働くことはできないと思った」 「それでもマドリーを去る時にモウリーニョが『カカは私が仕事を共にしてきた中で、もっともプロフェッショナルな選手の一人だった』と言ってくれたことは嬉しかったよ」 2018.04.19 11:40 Thu
twitterfacebook


ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース