【W杯欧州予選POプレビュー】逆転突破絶望的なギリシャの意地は《ギリシャvsクロアチア》2017.11.12 18:00 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ロシア・ワールドカップ(W杯)欧州予選プレーオフ2ndレグのギリシャ代表vsクロアチア代表が日本時間12日の28:45にキックオフされる。3日前に行われた1stレグでは守備が崩壊したギリシャを相手にクロアチアが4-1と圧勝して本大会行きをほぼ確実にしている。

▽逆転での3大会連続4度目のW杯出場を目指すギリシャは、3-0以上での勝利が必要となった。1stレグではGKのミスを筆頭に4失点を喫して持ち前の堅守が崩壊してしまった。逆転での突破はほぼ絶望的となったギリシャだが、守備の要であるマノラスが出場停止から復帰するホームで意地を見せられるかに注目だ。

▽一方、0-3の敗戦でも2大会連続5度目のW杯出場を決められる条件を手にしたクロアチアは、1stレグではギリシャ守備陣のミスを突いて4発を叩き込んだ。余裕の展開に持ち込んだ中、完全アウェイの地で油断さえしなければ本戦行きは確実な状況だ。持ち前のポゼッション力でギリシャをいなし、時間を消化したい。

★注目選手
◆ギリシャ:FWコンスタンティノス・ミトログル
Getty Images
▽少なくとも3ゴールが必要なギリシャとしては、エースストライカーのミトログルの爆発なくして逆転での突破は考えられない。1stレグでも劣勢の中、ミトログルだけはゴールの可能性を感じさせるプレーができていた。彼の個人技でゴールをこじ開け、反撃の狼煙を上げたい。

◆クロアチア:MFイバン・ペリシッチ
Getty Images
▽対するクロアチアの注目選手にはペリシッチを挙げたい。前に出るしかないギリシャを相手にスピードに優れるペリシッチが相手の背後を突ければ、致命的なアウェイゴールを奪える可能性が増す。ギリシャの反撃ムードに水を差す一撃を見舞い、さらなる余裕の展開に持ち込みたい。

コメント

関連ニュース

thumb

マノラスがフィンランド戦で負傷、ローマに帰還《UEFAネーションズリーグ》

▽ギリシャ代表DFコスタス・マノラスが負傷によりローマへ一足早く帰還したようだ。イタリア『ジャンルカ・ディ・マルツィオ』が伝えた。 ▽マノラスは15日に行われたUEFAネーションズリーグ・リーグC・グループ2のフィンランド代表戦で先発するも、右足首を負傷して28分に交代していた。チームは1-0で勝利したが、直接対決の結果によりフィンランドの首位が確定していた。18日に行われる最終戦のエストニア代表戦が消化試合となる中、マノラスは一足早くローマに帰還することになった。 ▽なお、同メディアによると軽症とのこと、ローマは代表ウィーク明け、セリエAでウディネーゼ戦を、チャンピオンズリーグでレアル・マドリーとのビッグマッチを迎える。 2018.11.17 01:41 Sat
twitterfacebook
thumb

ギリシャ代表がスキッベ監督解任! 横浜FM指揮官ポステコグルー監督が後任?

▽ギリシャサッカー連盟(EPO)は25日、ミヒャエル・スキッベ監督(53)の解任を発表した。後任人事が決定するまではアンゲロス・アナスタシアディス氏(65)が暫定指揮官を務める。 ▽これまでドルトムントやレバークーゼン、フランクフルトなどで指揮を執ってきたドイツ人指揮官のスキッベ監督は、2015年10月にギリシャ代表監督に就任。ロシア・ワールドカップ(W杯)欧州予選では、ベルギー代表と同居したグループHを2位で終え、予選プレーオフに進出。しかし、クロアチア代表とのプレーオフを2戦合計1-4で落とし、本大会出場を逃していた。また、今季のUEFAネーションズリーグではリーグCのグループ2で2勝2敗の2位もグループB昇格の可能性は厳しい状況となっている。 ▽ギリシャ代表との現行契約は2020年までとなっていたが、成績不振を理由に更迭される形となった。 ▽なお、先日にオーストラリア『The Sydney Morning Herald』は、ギリシャ代表の新指揮官候補として横浜F・マリノスで指揮を執るアンジェ・ポステコグルー監督(53)の名前を報じていた。 2018.10.25 23:53 Thu
twitterfacebook
thumb

次期ギリシャ監督候補に横浜FM指揮官ポステコグルー監督が浮上! すでにギリシャ連盟関係者が接触か

▽横浜F・マリノスで指揮を執るアンジェ・ポステコグルー監督(53)が、ギリシャ代表の新監督候補に挙がったようだ。オーストラリア『The Sydney Morning Herald』が伝えている。 ▽ギリシャ代表は、現在開催中のUEFAネーションズリーグのリーグC・グループ2で2位につけているが、直近に行われた首位のフィンランド代表戦で敗戦し、グループBへの昇格が厳しい状態となってる。そんな中、ギリシャメディアでは、近日中にも代表を率いるミヒャエル・スキッベ監督(53)の解任が行われると報じられており、その後任候補の最上位にポステコグルー監督の名が挙がっているようだ。 ▽『The Sydney Morning Herald』によれば、ギリシャサッカー連盟(HFF)とポステコグルー監督の間で合意に達した事項はいまのところ無く、今季終了までは横浜FMを離れることはないとのこと。しかし、同監督は今回のオファーに興味を示しており、今季限りで横浜FMを離れて自身の母国に戻る可能性を考慮しているという。 ▽なお、HFFがポステコグルー監督に接触したのは今回が初めてではなく、同監督オーストラリア代表監督を辞任した2017年にも就任を熱望していた。 2018.10.19 02:26 Fri
twitterfacebook
thumb

アーセナルに痛手…DFパパスタプーロスが代表戦で負傷…

▽アーセナルに所属するギリシャ代表DFソクラティス・パパスタソプーロスが15日のフィンランド代表戦で負傷したようだ。ギリシャ『Gazzetta』が伝えている。 ▽パパスタソプーロスは15日に行われたUEFAネーションズリーグ・リーグCグループ2のフィンランド戦に先発出場。しかし、0-0で折り返した後半頭にDFゲオルギオス・ツァヴェラスとの交代でピッチを後にしていた。 ▽『Gazzetta』が伝えるところによれば、パパスタソプーロスは前半に足首をねん挫していた模様。ただ、現時点ではじん帯に損傷が及んでいるなど詳細は不明だ。 ▽今夏、ドルトムントからアーセナルに加入したパパスタソプーロスは、ここまで公式戦8試合に出場し1ゴールを記録。最終ラインの新たなリーダーとして活躍している。 2018.10.16 15:08 Tue
twitterfacebook
thumb

セルティックで活躍した元ギリシャ代表の長身FWサマラスが現役引退

▽かつてセルティックなどで活躍した元ギリシャ代表FWゲオルギオス・サマラス(33)が現役引退を決断したようだ。イギリス『デイリー・レコード』が伝えている。 ▽ヘーレンフェーンでプロキャリアをスタートさせたサマラスは、2006年にマンチェスター・シティに移籍。その後、2008年1月にセルティックへレンタル移籍すると、193cmの長身を武器に半年間で16試合5ゴールを記録してチームのスコティッシュ・プレミアリーグ3連覇に貢献した。その後、完全移籍を果たし、在籍した6年間で計4度のリーグ優勝を成し遂げた。なお、元日本代表MF中村俊輔とは約1年半プレーしている。 ▽その後は、WBA、アル・ヒラル、ラージョOKC、サラゴサでプレー。昨シーズンはトルコ2部のサムスンスポルで加入したが、シーズン終了後に退団していた。 ▽代表キャリアとしては、これまで81試合のキャップ数を誇り、南アフリカ・ワールドカップ(W杯)とブラジルW杯に出場。ブラジルW杯ではグループステージで日本とも対戦している。 ▽同メディアによると、サマラスは今後、父・ヤニスも務める少年時代に在籍していた母国のOFIクレタにスタッフ入り。クラブのCEOに就任する予定であることも伝えられている。 2018.10.12 12:15 Fri
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース