【W杯欧州予選POプレビュー】逆転突破絶望的なギリシャの意地は《ギリシャvsクロアチア》2017.11.12 18:00 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ロシア・ワールドカップ(W杯)欧州予選プレーオフ2ndレグのギリシャ代表vsクロアチア代表が日本時間12日の28:45にキックオフされる。3日前に行われた1stレグでは守備が崩壊したギリシャを相手にクロアチアが4-1と圧勝して本大会行きをほぼ確実にしている。

▽逆転での3大会連続4度目のW杯出場を目指すギリシャは、3-0以上での勝利が必要となった。1stレグではGKのミスを筆頭に4失点を喫して持ち前の堅守が崩壊してしまった。逆転での突破はほぼ絶望的となったギリシャだが、守備の要であるマノラスが出場停止から復帰するホームで意地を見せられるかに注目だ。

▽一方、0-3の敗戦でも2大会連続5度目のW杯出場を決められる条件を手にしたクロアチアは、1stレグではギリシャ守備陣のミスを突いて4発を叩き込んだ。余裕の展開に持ち込んだ中、完全アウェイの地で油断さえしなければ本戦行きは確実な状況だ。持ち前のポゼッション力でギリシャをいなし、時間を消化したい。

★注目選手
◆ギリシャ:FWコンスタンティノス・ミトログル
Getty Images
▽少なくとも3ゴールが必要なギリシャとしては、エースストライカーのミトログルの爆発なくして逆転での突破は考えられない。1stレグでも劣勢の中、ミトログルだけはゴールの可能性を感じさせるプレーができていた。彼の個人技でゴールをこじ開け、反撃の狼煙を上げたい。

◆クロアチア:MFイバン・ペリシッチ
Getty Images
▽対するクロアチアの注目選手にはペリシッチを挙げたい。前に出るしかないギリシャを相手にスピードに優れるペリシッチが相手の背後を突ければ、致命的なアウェイゴールを奪える可能性が増す。ギリシャの反撃ムードに水を差す一撃を見舞い、さらなる余裕の展開に持ち込みたい。

コメント

関連ニュース

thumb

1stレグの大量リードを活かしたクロアチアが2大会連続5度目のW杯出場《ロシアW杯欧州予選プレーオフ》

▽ロシア・ワールドカップ(W杯)欧州予選プレーオフ2ndレグ、ギリシャ代表vsクロアチア代表が12日に行われ、0-0で引き分けた。この結果、2戦合計スコアを4-1としたクロアチアが2大会連続5度目のW杯出場を決めている。 ▽3日前に行われた1stレグでは守備が崩壊して1-4と惨敗し、3大会連続4度目のW杯出場が大きく遠のいたギリシャは、1stレグのスタメンから6選手を変更。出場停止だったマノラスが先発に復帰した他、タフツィディスやクリストドゥプーロスらがスタメンとなった。 ▽一方、攻撃陣が爆発し、2大会連続5度目のW杯出場に大きく近づいたクロアチアは、1stレグのスタメンからクラマリッチに代えてマンジュキッチのみを変更。ペリシッチとマンジュキッチを両サイドに配す[4-5-1]で臨んだ。 ▽立ち上がりから前がかるギリシャに対し、マンジュキッチとペリシッチを下げて冷静に受け止めるクロアチアは、ギリシャのプレスを持ち前のパスワークでいなしていった。 ▽そのクロアチアは28分に左サイドから切れ込んだペリシッチが際どいシュートに持ち込むと、42分には再びペリシッチが魅せる。ボックス手前左から左足で放った強烈なミドルシュートが右ポスト内側を直撃した。結局、クロアチアが余裕の試合運びを見せた前半はゴールレスで終了した。 ▽迎えた後半もギリシャが圧力をかけると、58分にミトログルの右足ミドルでゴールに迫った。そしてフォルトゥニスとギアンニオタスを投入したギリシャだったが、攻勢を強めるには至らない。 ▽後半もリスクを冒さず自陣に引いてギリシャを受け止めたクロアチアが余裕を持って時間を消化。終盤、ミトログルが負傷で退いたギリシャを尻目に、1stレグの大量アドバテージを活かしたクロアチアが2大会連続5度目のW杯出場を決めている。 2017.11.13 06:38 Mon
twitterfacebook
thumb

攻撃陣爆発のクロアチアがホームで先勝! 守備崩壊のギリシャは敗退濃厚に…《ロシアW杯欧州予選PO》

▽ロシア・ワールドカップ(W杯)欧州予選プレーオフ1stレグ、クロアチア代表vsギリシャ代表が9日に行われ、ホームのクロアチアが4-1で先勝した。 ▽4つ巴の厳しい争いとなったグループIをアイスランド代表に次ぐ2位で通過したクロアチアは、運命のプレーオフで2大会連続5度目のW杯出場を目指す。ホームで行われるこの初戦に向けては、中盤の主軸バデリが負傷離脱を強いられたほか、軽傷を抱えるマンジュキッチがベンチスタートに。注目の先発メンバーではGKにスバシッチ、最終ラインにヴルサリコ、ヴィダ、ロブレン、ストリニッチ。中盤はラキティッチとブロゾビッチの2センターに、2列目はクラマリッチ、モドリッチ、ペリシッチ、1トップにカリニッチが入った。 ▽一方、グループHで圧倒的な強さを誇ったベルギー代表に続き、自滅した感のあるボスニア・ヘルツェゴビナ代表を退けてプレーオフに進出したギリシャは、3大会連続4度目の本大会出場を目指す。今回の一戦に向けては主力DFマノラスが出場停止を強いられたものの、それ以外は現状のベストメンバーを起用。GKにカルネジス、最終ラインにツァベラス、K・パパドプーロス、パパスタソプーロス。中盤はゼカ、ツィオリス、サマリスの3センターに、ウイングバックにマニアティス、スタフィリディス。2トップにフォルトゥニス、ミトログルが起用された。 ▽プレーオフ突破経験のある両チームによる運命の初戦は、戦前の予想通り守備的なギリシャをホームのクロアチアが押し込む展開に。すると11分、早くもスコアが動く。前線からハイプレスを仕掛けたクロアチアはDFツァベラスからバックパスを受けたGKカルネジスにカリニッチがプレッシャーをかけると、ボールを奪いかけたカリニッチがボックス内で倒されてPKを獲得。これをキャプテンのモドリッチが冷静に決めた。 ▽相手のミスを見逃さずに先制点を奪ったクロアチアは、その勢いのままに相手を押し込む。19分にはブロゾビッチから左サイドのスペースにミドルレンジのパスが出ると、これを受けたストリニッチがボックス付近で仕掛けたグラウンダーのクロスをゴール前に供給。最後は相手DFの前に入ったカリニッチが右足アウトを使った巧みなワンタッチシュートで右隅に流し込んだ。 ▽らしくない緩い守備から連続失点を喫したギリシャだが、最初のチャンスをゴールに結びつける。29分、ボックス内でやや厳しいヴルサリコからのパスを受けたロブレンにプレッシャーをかけたゼカが際どいクロスを入れると、DFヴィダのクリアがギリシャのCKとなる。この左CKの場面でキッカーのフォルトゥニスがファーにボールを入れると、DFロブレンのマークを外したパパスタソプーロスが頭で合わす。これをゴールライン手前のブロゾビッチが頭でクリアを試みるも、ゴールネットに吸い込まれた。 ▽ギリシャがアウェイゴールを奪ったことで、わからなくなってきた試合だったが、きっちり主導権を握るホームチームが再び点差を広げる。33分、右サイド深くに侵攻したヴルサリコの鋭いクロスをファーサイドに走り込んだペリシッチが、フリーのヘディングシュートでネットを揺らした。この3点目で余裕が出てきたクロアチアは、前半終了間際にもクラマリッチの巧みな反転シュート、そのこぼれ球に詰めたカリニッチに4点目のチャンスが訪れるも、ここは相手GKカルネジスの好守に遭い、前半はホームチームの3-1で終了した。 ▽迎えた後半、2点を追うギリシャはマニアティスを下げてハーフタイム明けにDFレトソスを投入する。だが、前半同様に後半立ち上がりのミスから痛恨の失点を喫する。49分、中央のラキティッチがボックス右に走り込むヴルサリコに斜めのパスを入れると、これを手前で反応したスタフィリディスが胸を使ってGKにバックパスを試みる。だが、やや短くなったバックパスをヴルサリコに突っつかれると、ゴール前にこぼれたボールをクラマリッチに蹴り込まれた。 ▽その後もクロアチアの猛攻を何とか耐える厳しい展開が続くギリシャだが、60分に後半最初の決定機。ボックス手前でパスを受けたミトログルが枠の右隅を狙ったシュートを放つが、これは相手GKの好守に遭う。この直後サマリスが痛めてタフツィディスの投入を余儀なくされるも、62分にはセットプレーの二次攻撃からミトログルの浮き球の折り返しを競り勝ったパパスタソプーロスが頭で合わすが、これはわずかに枠の上に外れる。 ▽その後、逃げ切りを図るクロアチアは、カリニッチ、クラマリッチ、モドリッチと得点に絡んだ3選手を下げて、レビッチ、ヴラシッチ、パシャリッチとハードワークできる若手選手を投入。ギリシャで唯一可能性を感じさせるミトログルに幾度か決定機を作られたものの、4-1のスコアのまま試合をクローズ。攻撃陣爆発でホームでの初戦を大勝で飾ったクロアチアがW杯出場に王手をかけた。なお、2ndレグは12日にギリシャホームで行われる。 2017.11.10 06:49 Fri
twitterfacebook
thumb

【W杯欧州予選POプレビュー】魅惑の中盤vs堅守《クロアチアvsギリシャ》

▽クロアチア代表vsギリシャ代表のロシア・ワールドカップ(W杯)欧州予選プレーオフ1stレグが9日28:45にキックオフされる。2大会連続5度目のW杯出場を目指すクロアチアと、3大会連続4度目の出場を目指すギリシャの対戦だ。 ▽4つ巴の厳しい争いとなったグループIをアイスランド代表に次ぐ2位で通過したクロアチアは、最終戦を前にトルコ代表に敗れたことを受け、チャチッチ前監督を解任。最終戦となったウクライナ代表とのプレーオフ進出を懸けた直接対決を前にダリッチ新監督を任命し、新指揮官ののもとでプレーオフ進出を辛くも決めた。とはいえ、チームにはモドリッチ(レアル・マドリー)やラキティッチ(バルセロナ)、ペリシッチにブロゾビッチ(共にインテル)と中盤に世界屈指のタレントが揃っており、実力通りに行けばギリシャを下すのは難しいミッションではない。 ▽一方、グループHで圧倒的な強さを誇ったベルギー代表に続き、自滅した感のあるボスニア・ヘルツェゴビナ代表を退けてプレーオフに進出したギリシャは、今予選でも伝統の守備の強さを活かしたチームに仕上がっている。失点数は10試合を戦ってベルギーと同じ6失点と、抜群の安定感を誇った。その中心となっているのがマノラス(ローマ)とパパスタソプーロス(ドルトムント)の両選手。共に所属先のビッグクラブで守備の軸として活躍しており、ディフェンス面だけを考慮すれば世界屈指のチームだ。そのチームが魅惑の中盤を構成するクロアチアに対してどれだけ通用するかが本戦行きに向けてのポイントとなる。 ★注目選手 ◆クロアチア:MFルカ・モドリッチ<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20171108_44_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽ラキティッチと共にクロアチアの二大司令塔であるモドリッチを注目選手とした。所属先のレアル・マドリーでも代えの利かないプレーメーカーは、正確無比なボールスキルと創造性を駆使したゲームメークで試合を掌握する存在。彼から供給される良質なパスでゴールゲッターのマンジュキッチとカリニッチをうまく活かせれば、堅守ギリシャが相手といえど、ゴールをこじ開けられるはずだ。 ◆ギリシャ:DFコスタス・マノラス<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20171108_45_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽ギリシャの注目選手はセンターバックのマノラスだ。所属先のローマでもレギュラーを張る総合力の高いマノラスは、セリエA屈指のDFとして地位を築いている。スピードと読みの鋭さを活かし、対人プレーで負けることはほぼない。たまにきずなのが気性の荒さ位か。この大一番で冷静にプレーすることができれば、同じセリエAで戦うマンジュキッチやカリニッチを封殺することも十分に可能だ。 2017.11.09 18:00 Thu
twitterfacebook
thumb

W杯欧州予選POのクロアチアvsギリシャは無観客試合に…ファンの暴徒化を懸念

ロシア・ワールドカップ欧州予選プレーオフの、クロアチア対ギリシャの試合は、ホーム&アウェイの両試合とも無観客試合となるようだ。<br><br>W杯欧州予選は、各グループ2位の中から8チームがプレーオフに進出。組み合わせ抽選の結果、クロアチアとギリシャが対戦することに決まった。<br><br>しかしクロアチアサッカー連盟(HNS)は、「HNSとギリシャサッカー連盟は、互いのホームゲームを無観客で行うことに同意した」との声明を発表。安全面の確保が難しいとの理由で、無観客試合にすることを明らかにした。両サッカー協会はチケットを販売しないという共同決定を下し、この方針はFIFA、UEFAに通達され、すでに認可されているという。<br><br>過去に両国の対戦では騒動に発展した経緯があり、2011年にはEURO2012の欧州予選で、火炎瓶によってスタンド火災が発生。2010年にはヨーロッパリーグのディナモ・ザグレブ(クロアチア)対PAOK(ギリシャ)の一戦で、ディナモ・ザグレブのサポーターがPAOKサポーターを拉致するという事件が起こっている。それだけでなく、クロアチアのサポーターには差別行為があったとして、2015年に行われたユーロ2016予選のイタリア戦のほか、2016年にはロシアW杯予選のアイスランド戦でも、ホームで無観客試合の処分が科されていた。<br><br>ロシア行きを懸けた重要な一戦だが、クロアチア・ギリシャの両サッカー連盟は、サポーターの暴徒化を懸念しており、安全面の確保を理由にやむなく無観客で行うという運びになったようだ。<br><br>プレーオフ第1戦は9日、クロアチアホームの「スタディオン・マクシミール」で行われる。第2戦は12日、ギリシャの「スタディオ・ヨルギオス・カライスカキス」で行われる予定だ。<br><br><br>提供:goal.com 2017.10.28 22:49 Sat
twitterfacebook
thumb

クロアチア代表がギリシャとのプレーオフに向けた招集&予備登録メンバーを発表!《ロシアW杯欧州予選PO》

▽クロアチアサッカー協会(HNS)は23日、11月に行われるロシア・ワールドカップ欧州予選プレーオフ2試合に臨む、クロアチア代表メンバー23名と予備登録メンバー5名を発表した。 ▽最終節に行われたウクライナ代表との直接対決を制してグループI2位で欧州予選を終えたクロアチア。本大会出場を懸けた運命のプレーオフに向けてダリッチ監督は、ウクライナ戦で2ゴールを記録したFWアンドレイ・クラマリッチ(ホッフェンハイム)やMFルカ・モドリッチ(レアル・マドリー)、MFイバン・ラキティッチ(バルセロナ)といった主力を選出。一方でMFマテオ・コバチッチ(レアル・マドリー)は負傷のために招集外となっている。 ▽また、予備登録メンバーにはFWドゥイエ・チョップ(カリアリ)、FWマルコ・ピアツァ(ユベントス)、MFマルセロ・ブロゾビッチ(インテル)、DFティン・イェドバイ(レバークーゼン)、DFアントニオ・ミリッチ(オースンデ)の5名が招集された。 ▽クロアチアは、グループHを2位で終えたギリシャ代表とプレーオフで対戦。11月9日にホームで1stレグが行われ、同12日に敵地で2ndレグが行われる。 <span style="font-weight:700;">◆クロアチア代表メンバー23名</span> <span style="font-weight:700;">GK</span> <span style="font-weight:700;">ダニエル・スバシッチ</span>(モナコ/フランス) <span style="font-weight:700;">ロヴレ・カリニッチ</span>(ヘント/ベルギー) <span style="font-weight:700;">ドミニク・リヴァコビッチ</span>(ディナモ・ザグレブ) <span style="font-weight:700;">DF</span> <span style="font-weight:700;">ゾラン・ニジッチ</span>(ハイドゥク・スプリト) <span style="font-weight:700;">マリン・レオバツ</span>(PAOK/ギリシャ) <span style="font-weight:700;">ヨシプ・ピバリッチ</span>(ディナモ・キエフ/ウクライナ) <span style="font-weight:700;">ドマゴイ・ヴィダ</span>(ディナモ・キエフ/ウクライナ) <span style="font-weight:700;">マテイ・ミトロビッチ</span>(ベシクタシュ/トルコ) <span style="font-weight:700;">デヤン・ロブレン</span>(リバプール/イングランド) <span style="font-weight:700;">シメ・ヴルサリコ</span>(アトレティコ・マドリー/スペイン) <span style="font-weight:700;">イバン・ストリニッチ</span>(サンプドリア/イタリア) <span style="font-weight:700;">MF</span> <span style="font-weight:700;">フィリップ・ブラダリッチ</span>(リエカ) <span style="font-weight:700;"> マリオ・パシャリッチ</span>(スパルタク・モスクワ/ロシア) <span style="font-weight:700;">ニコラ・ヴラシッチ</span>(エバートン/イングランド) <span style="font-weight:700;">マルコ・ログ</span>(ナポリ/イタリア) <span style="font-weight:700;">イバン・ペリシッチ</span>(インテル/イタリア) <span style="font-weight:700;">ミラン・バデリ</span>(フィオレンティーナ/イタリア) <span style="font-weight:700;">イバン・ラキティッチ</span>(バルセロナ/スペイン) <span style="font-weight:700;">ルカ・モドリッチ</span>(レアル・マドリー/スペイン) <span style="font-weight:700;">FW</span> <span style="font-weight:700;">マリオ・マンジュキッチ</span>(ユベントス/イタリア) <span style="font-weight:700;">ニコラ・カリニッチ</span>(フィオレンティーナ/イタリア) <span style="font-weight:700;">アンドレイ・クラマリッチ</span>(ホッフェンハイム/ドイツ) <span style="font-weight:700;">アンテ・レビッチ</span>(フランクフルト/ドイツ) <span style="font-weight:700;">◆予備登録メンバー5名</span> <span style="font-weight:700;">DF</span> <span style="font-weight:700;">ティン・イェドバイ</span> (レバークーゼン/ドイツ) <span style="font-weight:700;">アントニオ・ミリッチ</span> (オースンデ/ベルギー) <span style="font-weight:700;">MF</span> <span style="font-weight:700;">マルセロ・ブロゾビッチ</span>(インテル/イタリア) <span style="font-weight:700;">FW</span> <span style="font-weight:700;">ドゥイエ・チョップ</span>(カリアリ/イタリア) <span style="font-weight:700;">マルコ・ピアツァ</span>(ユベントス/イタリア) 2017.10.24 02:05 Tue
twitterfacebook


ロシアW杯予選
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース