日本、槙野が一矢報いるも前半の3失点でブラジルに敗戦《国際親善試合》2017.11.10 23:00 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽日本代表は10日、ブラジル代表とフランスのリールで国際親善試合を戦い、1-3で敗れた。

▽ロシア・ワールドカップ(W杯)までの準備期間が8カ月となった中、今回の欧州遠征初戦に向けて、先月の親善試合を負傷の影響で欠場していた長谷部が先発に復帰。センターバックには昌子ではなく槙野が入った。

▽一方、W杯南米予選を断トツの首位で通過したブラジルは、ダニエウ・アウベスやパウリーニョ、ミランダ、そして負傷のコウチーニョを除いてネイマールやガブリエウ・ジェズス、カゼミロといった主力を先発で起用した。

▽これまで同様に[4-3-3]で臨んだ日本は、GKに川島、4バックに右から酒井宏、槙野、吉田、長友、中盤アンカーに長谷部、両インサイドに井手口と山口、3トップに右から久保、大迫、原口と並べた。

▽ハーフウェイライン付近から激しくプレスをかける入りを見せた日本は、開始3分にネイマールのチャンスメークからジュリアーノに決定的なシュートを浴びせられると、7分にPKを献上する。左CKの場面で吉田がフェルナンジーニョを抱え込んで倒すと、ビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)の末にPKと判定された。これをネイマールに決められてあっさり先制を許してしまう。

▽失点後、ハイプレスをかけて反撃を目指した日本だったが、16分に再びPKを献上。ロングカウンターを受けた流れから山口がボックス内のジェズスを倒してしまった。しかし、キッカーのネイマールが先ほどとは逆のゴール左を狙ったシュートはGK川島が読んでセーブし、追加点を許さない。

▽ところが直後のCKから失点してしまう。ルーズボールをボックス手前左のマルセロに右足で豪快にミドルシュートを決められた。

▽2点を追う日本は自陣に引くブラジルに対して敵陣でボールを保持していくと、30分にチャンス。ボックス手前左で得たFKを吉田が直接狙うと、シュートは枠の左角を叩いた。

▽引き続き攻撃を仕掛けた日本だったが、36分に3点目を奪われる。カウンターを受けると、右サイドを上がったダニーロのクロスボールからファーサイドのジェズスに押し込まれた。ハーフタイムにかけてもチャンスを作れなかった日本は3点ビハインドで前半を終えた。

▽迎えた後半、久保に代えて浅野を右ウイングに投入した日本は、開始3分にその浅野が枠内シュートをマーク。攻撃を仕掛けていくと、54分に原口がボックス内で倒れるも、シミュレーションの判定を取られてしまう。

▽その後、ジェズスとマルセロを下げたブラジルに対し、日本が引き続き前に出ると、63分に1点を返す。井手口の左CKからジェメルソンに競り勝った槙野がヘディングシュートを叩き込んだ。

▽そして、70分に森岡と乾を投入した日本は、ネイマールとウィリアンを下げたブラジルに対し、攻撃を仕掛けにかかるもシュートに持ち込むことはできない。87分には左サイドからの乾のFKに杉本がヘディングシュートでネットを揺らしたが、オフサイドに阻まれ、1-3のままタイムアップ。後半に一矢報いた日本だったが、試合巧者ブラジルの前に敗れた。

コメント

関連ニュース

thumb

ラキティッチの思いやりに漢・ブッフォンが反応「素晴らしい贈り物をありがとう」

▽ユベントスのイタリア代表Gkジャンルイジ・ブッフォンが、自身への思いやりの気持ちを見せたバルセロナのクロアチア代表MFイヴァン・ラキティッチに感謝の言葉を送った。『フットボール・イタリア』が報じている。 ▽自身にとって6大会連続となるW杯出場を目指したブッフォンだったが、イタリア代表はプレーオフでスウェーデン代表に敗戦しロシアへの道を断たれた。以前から今大会を最後に代表を引退すると宣言していたブッフォンにとっては、とても早い幕切れとなってしまった。 ▽一方、同じくプレーオフに進出して出場権を獲得したクロアチア代表。ラキティッチは22日に行われるチャンピオンズリーグ(CL)・グループD第4節のユベントス戦に向けた前日会見で「できることならば変わってあげたい」とブッフォンへの思いやりを口にした。 ▽これを受けてブッフォンがツイッターで反応。ラキティッチの言葉を受けて、ユーモアを交えつつ感謝の気持ちを伝えた。 「親愛なるラキティッチ。確かに僕はGKとしてはまだプレーできるかもしれないね。でも君の代わりに中盤でクロアチアの一員としては戦えないだろうね。それはあまり冗談はさておき、君の言葉は素晴らしい贈り物だったよ。ありがとう」 2017.11.22 11:20 Wed
twitterfacebook
thumb

ラキティッチの思いやり…W杯逃したブッフォンに「できることなら変わってあげたい」

▽バルセロナのクロアチア代表MFイヴァン・ラキティッチが、W杯出場を逃したユベントスのイタリア代表GKジャンルイジ・ブッフォンについてコメントした。『フットボール・イタリア』が報じている。 ▽ロシア・ワールドカップ(W杯)欧州予選を戦ったクロアチア代表はグループIで2位となりプレーオフに回るも、ギリシャ代表との試合を制してW杯出場を決めた。 ▽一方、グループGで2位となり、同じくプレーオフに回ったイタリアは、スウェーデン代表に敗れて15大会ぶりのW杯出場を逃した。今大会を最後に代表からの引退を発表し、6大会連続のW杯出場を目指したブッフォンは試合後に涙を流しながらインタビューに応じる姿が世界中で報じられた。 ▽22日に行われるチャンピオンズリーグ(CL)・グループD第4節のユベントス戦に向けた前日会見に臨んだラキティッチは、可能であればブッフォンをW杯のピッチに立たせたかったと、同選手を思いやる気持ちを見せた 。 「サッカー選手として偉大な人物だよ。子供たちが選ぶ理想的な選手の中には彼の名前があるだろう。6大会連続の素晴らしい記録を達成することができなくて残念に思うよ。最後のW杯で彼がプレーしないなんて残念だ。本当ならば彼と変わってあげたいよ」 2017.11.22 10:57 Wed
twitterfacebook
thumb

英紙がロシアW杯出場国格付け…日本は27位、「ビッグネーム不在」

▽2018年のロシア・ワールドカップに出場する全32カ国が決定した。これを受けて、イギリス高級紙『ガーディアン』が出場国の格付けを行った。 ▽6大会連続6度目の出場となるヴァイッド・ハリルホジッチ監督の日本代表は、27位にランクイン。『ガーディアン』の寸評は次のとおり。 「日本はブラジルに惨敗したものの、続くベルギー戦でパフォーマンスを改善。敗れたものの、接戦を演じて見せた。チームは、2015年から指揮を執るボスニア・ヘルツェゴビナ人のヴァイッド・ハリルホジッチ監督から与えられたチャンスを生かせずにいる。今や周囲からもグループステージ突破という希望より厳しい圧力の方が勝っている。チームには数名の欧州組がいるが、ビッグネームがいない」 ▽なお、上位陣には上からドイツ代表、ブラジル代表、スペイン代表、フランス代表、ベルギー代表がランクイン。アジア最上位は26位のイラン代表となっている。 ◆ロシアW杯出場国格付けランキング 1位:ドイツ 2位:ブラジル 3位:スペイン 4位:フランス 5位:ベルギー 6位:ポルトガル 7位:ナイジェリア 8位:ポーランド 9位:アルゼンチン 10位:ウルグアイ 11位:メキシコ 12位:アイスランド 13位:クロアチア 14位:イングランド 15位:セネガル 16位:スウェーデン 17位:デンマーク 18位:モロッコ 19位:セルビア 20位:コロンビア 21位:エジプト 22位:スイス 23位:ペルー 24位:ロシア 25位:コスタリア 26位:イラン 27位:日本 28位:チュニジア 29位:韓国 30位:パナマ 31位:サウジアラビア 32位:オーストラリア 2017.11.17 17:25 Fri
twitterfacebook
thumb

ペルーが36年ぶりW杯行きを決めた試合中に大地震発生?! だが実は…

▽現地時間15日にロシア・ワールドカップ(W杯)大陸間プレーオフ2ndレグ、ペルー代表vsニュージーランド代表が行われ、2-0でペルーが勝利した。この結果、2戦合計スコア2-0としたペルーが9大会ぶり5度目のワールドカップ出場を決めた。この試合中、スタジアムの熱狂ぶりが思わぬ誤報を招いていた。イギリス『イブニング・スタンダード』などが伝えている。 ▽ペルーは27分にMFジェファルソン・ファルファンが先制点を記録した。この際に、地震を探知して警告するアプリ『Sismo Detector』が作動。しかし、実際は地震ではなかった。ファンファンのゴールで盛り上がるスタジアムの振動が誤作動を招いたようだ。 ▽『Sismo Detector』に関連するツイッターアカウントは後に、「ニュージーランド戦のペルーのゴールセレブレーションの影響でリマ地区でのSismo Detectorのアラートを作動させた」と伝えている。 ▽36年ぶりとなるW杯出場に向けてサポーターの並々ならぬ熱狂ぶりをうかがわせた今回の一件。見事に期待に応えたペルー代表は本大会でも結果を残せるだろうか。 2017.11.16 21:09 Thu
twitterfacebook
thumb

W杯最後の椅子を手にしたペルー、翌日が休日に!

▽現地時間15日にロシア・ワールドカップ(W杯)大陸間プレーオフ2ndレグ、ペルー代表vsニュージーランド代表が行われ、2-0でペルーが勝利した。この結果、2戦合計スコア2-0としたペルーが9大会ぶり5度目のワールドカップ出場を決めた。 ▽ペルーの雇用政策・促進を決定する委員会は14日の時点でニュージランドに勝利してW杯出場を決めれば試合翌日の16日を休日とすることを発表していた。これにより、見事に1982年以来36年ぶりとなるW杯出場を決めて歓喜に沸く国民は、15日の夜と翌日を存分に祝えることになった。 ▽なお、10月10日に初のW杯出場を決めたパナマも、翌日を祝日としていた。 2017.11.16 13:50 Thu
twitterfacebook


ロシアW杯予選
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース