背中には『PRINCE』、ボアテングが「自分の名前が嫌い」な理由は?2017.11.10 22:40 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽フランクフルトでプレーする元ガーナ代表MFケヴィン=プリンス・ボアテングが、自身の名前が嫌いであることを明かした。ドイツのラジオ局『Hit Radio FFH』での告白をイギリス『スカイ・スポーツ』が報じた。

▽バイエルンのドイツ代表DFジェローム・ボアテングの異母兄弟であり、今シーズンからフランクフルトに活躍の場を移したケヴィン=プリンス・ボアテング。ユニフォームの名前に「Prince(プリンス)」しか書かれていないが、それには深い理由があった。

▽ケヴィン=プリンス・ボアテングとして知られているものの、ラジオで「自身の名前が気に入らない」と告白。実は、「ケビン」ではなく「ケルビン」であったと明かした。

「僕はケルビンと呼ばれていたはずだったんだ。それはトップネームだったんだ。“ケルビン=プリンス・ボアテング"。出生証明書の間違いだったことを誰も知らない」

「僕はサッカーをする必要はなかった。なぜなら、名前だけが、いつも輝いていた。そして、彼らは病院で待っ違って書いたんだ」

「僕はケビンと呼ばれるようになった。そして、そのままになった。僕の母親は、出産直後に外科手術を受けたので、介入できなかったんだ」
コメント
関連ニュース
thumb

クリロナのブランド力…! 10代の時に買ったアウディが2倍以上の値段でオークションに

▽クリスティアーノ・ロナウドには驚かされるばかりだ。 ▽スペイン『アス』によると、C・ロナウドの愛車が売りに出されたようだ。アウディS3クーペは、同選手がマンチェスター・ユナイテッドに移籍した2003年に購入した車。今やサッカー界を飛び出し、世界的スターとなったポルトガル代表アタッカーが初めて手にした車だ。 ▽驚くべきはその値段。普通、アウディS3クーペは6000ユーロから10000ユーロの間で取引されるのだが、今回の売却価格は20000ユーロ(約256万円)。通常の倍以上の値段だ。 ▽15年も前の車にこれほどの値段が付く理由はC・ロナウドの“ブランド力”だろうか。イタリア『スカイ・スポーツ』は同選手を、触れたものすべてを黄金に変える力を持つギリシャ神話のミダス王と表現。一生お金には困らなそうだ。 2018.12.17 15:37 Mon
twitterfacebook
thumb

ピケ買収の噂もあったスペイン2部のレウスが存続の危機! 解決されぬ財政難に選手ら契約解除へ

▽スペイン2部に所属するレウスが存続の危機に直面している。『フットボール・エスパーニャ』が伝えた。 ▽カタルーニャ州のレウスに本拠地を置くCFレウス・デポルティウ。近年までは3部や4部リーグで戦っていたが、2016-17シーズンに初めて2部に昇格すると、それから今季までの3シーズンは2部に定着している。 ▽しかし、そんなクラブが財政難に瀕しているという。キャプテンのDFヘスス・オルモはクラブから給与が支払われていない現状に、契約解除に踏み切る姿勢を強調している。 「僕たちは契約解除できるオプションを持っている。そしてそれを実行しようと思う。状況はすでに許容できる範囲を超えている」 「この状況は10月26日に解決できるはずだった。だけどクラブはそうしなかった。もう限界に達している。これまでに何度も契約を裏切られることもあった。プロとして黙っていられない」 ▽ラ・リーガのハビエル・タバス会長は「彼らはレウスが引き起こした問題の犠牲者だ」として、レウスの選手らの姿勢に同調する態度をとっている。 ▽なお、レウスと言えば、バルセロナのDFジェラール・ピケが買収を検討しているという噂もあったが、すでにこれを否定。週明けにも解決策を出さなければ、クラブは解体する恐れもある。 2018.12.16 16:59 Sun
twitterfacebook
thumb

脱税認めたC・ロナウド、来年1月に裁判所へ…ビデオ通話での出廷も?

▽税金詐欺罪を認めているユベントスに所属するポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドが、裁判所に出廷するようだ。スペイン『アス』が報じた。 ▽以前から取り沙汰されていたC・ロナウドの脱税騒動。肖像権収入に関して、租税回避地を利用することで2011年から2014年にかけて合計で1470万ユーロ(現在のレートで約18億8000万円)の脱税を行っていたことがスペイン検察に告発されていた。 ▽今年夏の報道では、C・ロナウドが罪を認め、罰金1900万ユーロ(約24億4000万円)の支払いと懲役2年の罰を受けることで当局と合意したことが、伝えられていた。なお、初犯で2年以下の懲役の場合は執行猶予が付くため、収監されることはないと見込まれている。 ▽とはいえ、スペインの法律に規定されている通り、C・ロナウドはマドリッドの法廷にも出廷して罪を認めなくてはならない。今回の報道では、その日取りが2019年1月14日に決定したことが伝えられている。 ▽なお、C・ロナウドの顧問であるホセ・アントニオ・チョクラン弁護士は、以前担当したDFファビオ・コエントランが脱税を認めた際には、ビデオ通話で出廷できるよう法廷手続きを行った。今回も同様の手続きを取る意向であることが伝えられており、裁判所の許可さえ得られれば、C・ロナウドが実際に法廷に姿を現すことはなさそうだ。 2018.12.15 15:25 Sat
twitterfacebook
thumb

わずか〇〇歳で…マン・Uの逸材がUEFAユースリーグの最年少記録を更新

▽マンチェスター・ユナイテッドのアカデミーに在籍するショーラ・ショアティアが、UEFAユースリーグの最年少出場記録を更新したと話題になっている。イギリス『デイリー・メール』などが伝えている。 ▽UEFAユースリーグとは、チャンピオンズリーグのU-19カテゴリにあたる大会だ。ニッキー・バット監督率いるユナイテッドはバレンシアと対戦。ここまで4勝1分けですでにグループステージ突破を決めているユナイテッドは、2-1で迎えた74分にショーラ・ショアティアが途中出場。14歳と314日でのデビューとなり、チャンピオンズリーグでGK史上最年少デビュー記録を持つベンフィカのGKミル・スヴィラールの記録を塗り替えた。 ▽ナイジェリア出身のショーラ・ショアティアはすでにイングランドのアンダー世代の代表でプレーしており、将来的にイングランド代表かナイジェリア代表かを選ぶことができる。ポジションはウインガーだ。 ▽なおこの試合では、イングランド女子代表監督を務めるフィリップ・ネビル氏の息子のハーヴェイ・ネビル(16)も途中出場から大会デビューを果たしていた。 2018.12.14 02:07 Fri
twitterfacebook
thumb

チェルシー、スターリングに人種差別行為のサポーター4人を出禁に…声明を発表

▽チェルシーは10日、マンチェスター・シティのイングランド代表FWラヒーム・スターリングに対するサポーターの人種差別行為に関する声明を発表した。 ▽チェルシーは8日にプレミアリーグ第16節でシティと対戦した。試合は2-0で勝利したのだが、その試合中に、チェルシーのサポーターからスターリングに対し人種差別的な野次が飛ばされていたことが判明。直後、「必要である最も強い行動を取る」と意思表示をしていたクラブは、今回の声明で以下のような文章を公開した。 「チェルシーFCは、マンチェスター・シティ戦でラヒーム・スターリングに対するサポーターの言動について更なる調査を進める間、4人のサポーターを観戦停止にします」 「現在調査中であり、我々は全身全霊で警察と協力し、集めた情報はすべて警察に預けます」 「チェルシーFCはすべての差別的行為に嫌悪を催します。チケット保持者に何らかの人種差別的行為があった場合、クラブは出禁を含む厳しい制裁を科すことになります。また、刑事告発にも完全にサポートする構えであります」 2018.12.11 03:15 Tue
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース