ボローニャFWフェデリコ・ディ・フランチェスコが左ヒザ内側側副じん帯損傷で約2カ月の離脱2017.11.07 03:00 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ボローニャは6日、FWフェデリコ・ディ・フランチェスコ(23)が左ヒザ内側側副じん帯損傷と診断されたことを発表。全治見込みが約2カ月となることも伝えている。

▽ディ・フランチェスコは、4日に行われたセリエA第11節のクロトーネ戦に先発するも前半のみプレーし、後半開始時にクレイチと交代していた。その後、行われた検査の結果、左ヒザ内側側副じん帯の損傷と診断された。

▽ボローニャは、公式サイトでディ・フランチェスコの状態について説明している。

「本日、クロトーネ戦で左ヒザを負傷したディ・フランチェスコの検査が行われ、左ヒザ内側側副じん帯の損傷と診断された。回復までには60日間を要するだろう」

▽2016年の夏にボローニャへ加入したディ・フランチェスコは、今シーズンセリエA9試合に出場し、開幕節のトリノ戦で1ゴールを記録していた。

コメント

関連ニュース

thumb

スイス代表MFジェマイリがモントリオール・インパクトからボローニャに復帰

▽ボローニャは19日、メジャーリーグ・サッカー(MLS)のモントリオール・インパクトにレンタル移籍していたスイス代表MFブレリム・ジェマイリ(31)が復帰することを発表した。 ▽ナポリやパルマ、トリノにジェノアといったセリエAのクラブでキャリアを積んだセントラルMFのジェマイリは、2016年夏にボローニャに移籍。ボローニャでは2016-17シーズンにセリエAで31試合に出場して8ゴール3アシストと活躍し、2017年7月にモントリオール・インパクトにレンタル移籍していた。そして、モントリオール・インパクトでも公式戦25試合に出場して8ゴール12アシストと活躍していた。 ▽スイス代表としては2014年ブラジル・ワールドカップ、ユーロ2016に出場するなど、これまで59試合に出場して8ゴールをマーク。今年開催されるロシア・ワールドカップ出場にも貢献している。 2018.01.20 01:34 Sat
twitterfacebook
thumb

「勇敢な決断だ」。ナポリ行きを断ったヴェルディに元イタリア代表が賛辞

▽ボローニャのイタリア代表FWシモーネ・ヴェルディがナポリへの移籍を断ったことを、パオロ・ロッシ氏が称賛した。イタリア紙『ガゼッタ・デロ・スポルト』が伝えている。 ▽ヴェルディはこの冬のナポリへ行く可能性があったが、ボローニャに残留することを選んだ。この決断は「サプライズ」と捉えられている。 ▽元イタリア代表のロッシ氏は、「ナポリは競争が激しいから、どれだけ出られるかわからないということを恐れたと思う」と分析。「選手というのは、向上する義務があると思う。その一方で、ヴェルディは今が適切なタイミングではないと考えている。これからの5ヵ月、ボローニャでレギュラーポジションがあれば、彼はよりピークに近づくことができるという判断だ」と話した。 ▽同氏はこの判断が正しいという印象を持っているようで、「人間らしい決断だ。頭を使って、勇敢な決断をしたね」と述べている。 ▽ヴェルディに断られたナポリは、バルセロナのスペイン代表FWジェラール・デウロフェウの獲得を目指すと言われている。 2018.01.17 23:30 Wed
twitterfacebook
thumb

ボローニャFWヴェルディが今冬のナポリ移籍を拒否 「1月にボローニャを離れたくなかった」

▽ボローニャのイタリア代表FWシモーネ・ヴェルディ(25)が、今冬のナポリ移籍を拒否したことを明かした。イタリア『スカイ・スポルト』が伝えている。 ▽今冬の移籍市場でウイングの獲得を目指すナポリは、イタリア屈指のウイングに成長したヴェルディ獲得に動いていた。ボローニャとの間では2400万ユーロ(約32億7000万円)の条件で合意を取り付けていたものの、ヴェルディ本人との個人間での交渉が難航していた。 ▽渦中のヴェルディはナポリからのオファーを「光栄」と喜びながらも、今冬の移籍を望まず、この申し出を断ったことを明かした。 「ナポリに対して、ノーという言葉を突き付けたわけではないんだ」 「ただ、僕は1月にボローニャを離れたくなかった。僕はここに残ることを望み、6月までここで成長していくプロジェクトを選んだんだ」 「もちろん、ナポリからの申し出には心から光栄だと思っているし、真剣に移籍の可能性を考慮したけど、結局は自分の決断を重視した。ナポリは僕に対して、尊敬や感謝の気持ちを示してくれた。そのことを光栄に思うけど、僕はここに残ることを決めたんだ」 ▽ミランの下部組織出身のヴェルディはトップチーム昇格を果たすも、2011年にトリノに移籍。その後、エンポリなどでの活躍を経て2015年にミラン復帰を果たしたが、ミランでの出場機会を得られないまま2016年にボローニャへ移籍した。ボローニャではすぐにレギュラーを勝ち取り、加入2年目となった今シーズンはリーグ戦ここまで20試合に出場し6ゴール5アシストをマーク。積極果敢なドリブル突破に加え、両足から繰り出される正確なプレースキックが高く評価されている。 ▽なお、ヴェルディ獲得に失敗したナポリは、マンチェスター・ユナイテッドも獲得を狙う、パリ・サンジェルマンに所属するブラジル代表MFルーカス・モウラ(25)への関心を強めているようだ。 2018.01.16 23:20 Tue
twitterfacebook
thumb

ヴェローナ、ボローニャから長身FWペトコビッチをレンタルで獲得

▽ヴェローナは11日、ボローニャからクロアチア人FWブルーノ・ペトコビッチ(23)を今シーズン終了までのレンタル移籍で獲得したことを発表した。 ▽クロアチア出身ながらも2012-2013シーズンにカターニャでプロデビューを飾ったペトコビッチは、レッジーナやヴァレーゼ、トラパニなどイタリア下部リーグでプレーした後、2017年1月にボローニャに完全移籍で加入した。 ▽193cmの長身を誇るターゲットマンは、今季のリーグ戦10試合に出場したものの、ここまでノーゴールだった。 2018.01.12 02:57 Fri
twitterfacebook
thumb

ナポリ、イタリア代表FWヴェルディ獲得でボローニャとクラブ間合意

▽ナポリが、イタリア代表FWシモーネ・ヴェルディ(25)獲得に関して、ボローニャとクラブ間合意に達したようだ。『フットボール・イタリア』がイタリア『Mediaset Premium』の報道をもとに伝えている。 ▽ヴェルディに関しては、以前から攻撃の強化を図るナポリからの関心が噂されてきたが、今回のレポートによると、ナポリのアウレリオ・デ・ラウレンティス会長はボローニャと2400万ユーロ(約32億7000万円)の条件で合意を取り付けたという。一方、出場機会の減少などを危惧するヴェルディ本人との合意には至っておらず、今後の話し合いの中で説得を試みるようだ。ただ、数日以内に交渉がまとまる見込みだ。 ▽ミランの下部組織出身のヴェルディはトップチーム昇格を果たすも、2011年にトリノに移籍。その後、エンポリなどでの活躍を経て2015年にミラン復帰を果たしたが、ミランでの出場機会を得られないまま2016年にボローニャへ移籍した。ボローニャではすぐにレギュラーを勝ち取り、加入2年目となった今シーズンはリーグ戦ここまで20試合に出場し6ゴール5アシストをマーク。積極果敢なドリブル突破に加え、両足から繰り出される正確なプレースキックが高く評価されている。 2018.01.08 06:21 Mon
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース