通算93ゴールのロッベンがバイエルンのブンデス外国人最多得点記録を更新2017.11.05 13:50 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽バイエルンに所属するオランダ代表FWアリエン・ロッベンが、ブンデスリーガにおけるバイエルンの外国人選手最多得点記録を達成した。

▽ロッベンは4日に行われたブンデスリーガ第11節のドルトムント戦に先発出場。17分、ハメス・ロドリゲスが丁寧に落としたボールを、ボックス右のロッベンがコントロールシュートで決めて先制した。チームは3-1で勝利している。

▽ロッベンのこのゴールは、バイエルンでの通算「93」ゴール目となり、1997~2003年にかけてバイエルンでプレーした元ブラジル代表FWエウベルが記録していた「92」ゴールを更新。バイエルンの外国人選手最多得点記録を更新した。

▽ユップ・ハインケス監督はロッベンについて「アリエンは素晴らしいプレーヤーであり、ワールドクラスの選手だ。彼のプロフェッショナリズムは多くの選手のお手本となる。純粋にサッカーをプレーし、守備にも貢献する素晴らしいプレーヤーだ。私は満足している」とコメントした。

▽なお、現在バイエルンに所属するポーランド代表FWロベルト・レヴァンドフスキはドルトムント戦でもゴール。このゴールでバイエルン通算「88」ゴールとしており、今シーズン中にもロッベンの記録を追い越す可能性がある。なお、ブンデスリーガの外国人最多得点記録保持者は、かつてバイエルンでもプレーし、今シーズン途中からケルンに加入した元ペルー代表FWクラウディオ・ピサーロが記録している「191」ゴールとなっている。

▽ロッベンは、2009年夏にレアル・マドリーからバイエルンに加入。途中ケガに悩まされるシーズンもありながら、在籍9シーズン目での記録達成となった。

◆アリエン・ロッベン ブンデスリーガ記録
2009-10:24試合16ゴール
2010-11:14試合12ゴール
2011-12:24試合12ゴール
2012-13:16試合5ゴール
2013-14:28試合11ゴール
2014-15:21試合17ゴール
2015-16:15試合4ゴール
2016-17:26試合13ゴール
2017-18:10試合3ゴール

コメント

関連ニュース

thumb

ペップが監督キャリア通算500試合を達成! 気になる勝率は…圧巻の数字

▽マンチェスター・シティのジョゼップ・グアルディオラ監督が、自身のキャリア通算500試合目の指揮を執った。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じた。 ▽シティは23日、カラバオカップ(EFLカップ)の準決勝2ndレグでブリストル・シティと対戦。3-2で勝利し、2戦合計5-3で決勝へと駒を進めた。 ▽この試合はシティでの92試合目の指揮となったグアルディオラ監督。シティでは65勝目となり、通算では368勝を記録している。 ▽通算成績では、バルセロナで247試合、バイエルンで161試合、シティで92試合を指揮。勝利数は、バルセロナで179勝、バイエルンで124勝、シティで65勝となった。勝率は73.6%となる。 ▽グアルディオラ体制で最もゴールを奪っているのは、バルセロナ時代のFWリオネル・メッシで211ゴール。次いでバイエルン時代のFWトーマス・ミュラーの79ゴール、FWロベルト・レヴァンドフスキの67ゴールと続き、シティではFWセルヒオ・アグエロが56ゴールを記録してトップに立っている。 ◆ジョゼップ・グアルディオラ監督成績 【バルセロナ】 247試合:179勝47分け21敗 【バイエルン】 161試合:124勝16分け21敗 【マンチェスター・シティ】 92試合:65勝16分け12敗 2018.01.24 13:50 Wed
twitterfacebook
thumb

ミュラー、ブンデスリーガ通算100ゴール達成も「まだまだゴールを奪いたい」…アシストしたハメスへの感謝も

▽バイエルンに所属するドイツ代表FWトーマス・ミュラーが、クラブ・ブンデスリーガ通算100ゴールを達成した。クラブ公式サイトが伝えている。 ▽バイエルンは21日、ブンデスリーガ第19節でブレーメンをホームに迎えた。この日先発したミュラーは、1点ビハインドで迎えた41分に同点ゴールを記録。その後、3-2で逆転した状況でダメ押しゴールを決めて試合前に98ゴールだったクラブ・ブンデスリーガ通算ゴール数を100に伸ばした。試合はそのまま4-2で勝利してバイエルンが6連勝を飾っている。 ▽100ゴールに達したミュラーは試合後「試合に勝利し、ゴールを決められることはいつも素晴らしいことだよ。そしたらその夜は完璧だ」「これは僕が到達したステップの一つ。でもまだゴールにたどり着いたわけじゃない」「僕は今シーズン、そして将来的にも、まだまだゴールを奪いたい。ショーはこれからも続くよ」とコメントを残した。 ▽さらにミュラーはツイッター(@esmuellert_)で自身の2ゴール目をアシストしたコロンビア代表MFハメス・ロドリゲスと撮影した写真と共に更新し、「ありがとうハメス・ロドリゲス(@jamesdrodriguez)。君のファンタスティックなアシストでブンデスリーガ100ゴール目を決めることが出来た」と感謝を告げている。 ▽なお、クラブ公式サイトによると、ミュラーがクラブの得点ランキングで5位に入る模様。その上には、365ゴールを記録したゲルト・ミュラー氏、162ゴールを記録したカール=ハインツ・ルンメニゲ氏、119ゴールを記録したロランド・ヴォールファールト氏、102ゴールを記録したディーター・へーネス氏がいる。 2018.01.23 10:35 Tue
twitterfacebook
thumb

ミュラー&レヴァンドフスキがドッペルパック! バイエルンが逆転勝利で6連勝《ブンデスリーガ》

▽バイエルンは21日、ブンデスリーガ第19節でブレーメンをホームに迎え、4-2で勝利した。 ▽2018年初戦となった前節レバークーゼン戦を3-1と勝利して5連勝とし、暫定2位のレバークーゼンに13ポイント差を付けている首位バイエルン(勝ち点44)は、レバークーゼン戦をコンディション不良により欠場したレヴァンドフスキとキミッヒがスタメンに戻った。 ▽降格圏の17位ハンブルガーSVと1ポイント差の16位ブレーメン(勝ち点16)に対し、[4-3-3]の布陣で臨んだバイエルンは、右ウイングにロッベン、左ウイングにリベリ、右インサイドにミュラー、左インサイドにハメス・ロドリゲス、中盤アンカーにハビ・マルティネスを配した。 ▽そのバイエルンが徐々に攻勢を強める流れで立ち上がったが、7分にピンチ。左クロスをクルーゼにヘディングで合わせられたシュートが右ポストを直撃した。 ▽ひやりとしたバイエルンは、12分にリベリがGKを強襲するシュートを浴びせると、ハーフコートゲームを展開。しかし、自陣に引いて集中した守備を見せるブレーメンを崩しきるには至らない。 ▽すると25分、クルーゼのスルーパスに抜け出したボックス右のゴンドルフにシュートを流し込まれ、バイエルンは先制を許してしまう。続く26分にもデラネイにGKウルライヒを強襲されたバイエルンは、リベリを起点に打開を図るも、なかなかシュートに持ち込むことはできない。 ▽そんな中41分、J・ボアテングのロングフィードをボックス左で受けたミュラーが胸トラップからボレーシュートをゴール右に決めてバイエルンが同点に追いついた。 ▽1-1で迎えた後半、バイエルンがボールを持つ流れとなったが、56分にピンチ。ゴンドルフにループシュートでゴールを脅かされた。 ▽直後にレヴァンドフスキのボレーシュートでゴールに迫ったバイエルンは、58分にロッベンとハビ・マルティネスに代えてコマンとビダルを投入。すると61分にはCKの流れからビダルがオンターゲットの強烈なシュートを浴びせるも、GKパブレンカの好守に阻止されてしまう。 ▽それでも63分、バイエルンが逆転に成功する。ハメス・ロドリゲスの左CKからレヴァンドフスキがヘッドでゴールに突き刺した。 ▽続く69分のレヴァンドフスキのヒールシュートをGKパブレンカのファインセーブに阻まれたバイエルンは、74分に失点する。クルーゼの右CKがジューレに当たってゴールに吸い込まれた。 ▽それでも77分、右サイドからのミュラーのアーリークロスをレヴァンドフスキがヘッドでゴール右に流し込み、バイエルンが再び勝ち越しに成功した。 ▽その後、ユヌゾビッチのミドルシュートをGKウルライヒが好守で凌いだバイエルンは、84分にハメス・ロドリゲスの浮き球パスに抜け出したボックス中央のミュラーがボレーで蹴り込んで勝負を決定付けた。ミュラーとレヴァンドフスキのドッペルパックでブレーメンを退けたバイエルンが6連勝で首位固めに成功している。 2018.01.22 01:26 Mon
twitterfacebook
thumb

酒井の相棒トヴァン、バイエルンらステップアップの噂も「マルセイユで幸せ」

マルセイユに所属するフランス代表ウィンガー、フロリアン・トヴァンが移籍のうわさにつて否定している。フランス『Canal+』が報じた。<br><br>トヴァンは右サイドアタッカーとして右サイドバックの酒井宏樹の相方としても知られる。今シーズンもウィンガーというポジションでありながら、リーグ戦で10ゴールをマークし、アトレティコ・マドリーやバイエルンといったビッグクラブが獲得に興味を示す。<br><br>しかし、トヴァンはマルセイユで幸せであることを主張し、移籍について積極的ではないことを明かした。<br><br>「移籍市場について心配はしていない。僕はマルセイユで幸せだからね。ここまで来るのに難しい時間も過ごしたけど、今の感覚はとてもいい。重要なことはプレーして楽しむことだ。今はそれができているんだよ」<br><br>マルセイユはリーグ・アンで現在暫定2位につけている。<br><br>提供:goal.com 2018.01.21 19:00 Sun
twitterfacebook
thumb

キミッヒが2017年のドイツ年間最優秀選手賞

▽ドイツサッカー連盟は、バイエルンに所属する同代表MFヨシュア・キミッヒ(22)の2017年度における同国年間最優秀選手賞受賞を発表した。 ▽同賞は、ファンから寄せられた2万以上の投票により選定。マルチロールな働きと正確なプレーが光るキミッヒは、全体で43.5%の票を集めての受賞となる。 ▽なお、次点はパリ・サンジェルマンのMFユリアン・ドラクスラーで37.8%。バルセロナのGKマーク=アンドレ・テア・シュテーゲンが4.7%で3位に入った。 ▽キミッヒはライプツィヒでプロデビュー後、2015年1月にバイエルン入り。今シーズンはここまで公式戦27試合に出場して3ゴール10アシストをマークしている。 2018.01.21 17:35 Sun
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース