アルカセル2発のバルセロナ、セビージャを振り切り今季10勝目! メッシは公式戦600試合出場達成《リーガエスパニョーラ》2017.11.05 06:40 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽リーガエスパニョーラ第11節、バルセロナvsセビージャが4日にカンプ・ノウで行われ、2-1でバルセロナが勝利した。

▽前節サン・マメスでのビルバオ戦を2-0と辛勝して首位を快走するバルセロナ(勝ち点28)は、4日前に行われたチャンピオンズリーグ(CL)のオリンピアコス戦を0-0のドローで終えた。そのオリンピアコス戦のスタメンから4選手を変更。負傷したセルジ・ロベルトとアンドレ・ゴメスらに代わってピケやイニエスタ、ラキティッチら主力が先発に戻り、アルカセルが今季リーガ初スタメンとなった。

▽一方、前節レガネス戦を2-1と競り勝ち、リーグ戦での連敗を2で止めた5位セビージャ(勝ち点19)は、3日前に行われたCLではスパルタク・モスクワにリベンジを果たしてグループステージ突破の可能性を高めた。復調気味のチームはスパルタク戦のスタメンから3選手を変更。イェデルやノリートらに代えてヘスス・ナバスやムリエルらが先発となった。

▽アルカセルを右サイドに配すフラットな[4-4-2]で臨んだバルセロナが立ち上がりから仕掛けると、開始4分に決定機。ボックス左深くまでえぐったメッシがマイナスに折り返し、ブスケッツがシュート。これはゴールライン前にいたDFにカットされると、続く5分にもビッグチャンスが訪れた。しかし、イニエスタのロングフィードに反応したボックス右のスアレスがループシュートを狙うも、GKソリアにキャッチされた。

▽その後も敵陣でのプレーを続けるバルセロナは、14分にユムティティのボールロストからムリエルに決定的なシュートを許したが枠を外れて助かると、18分にはイニエスタが際どいミドルシュートを浴びせてセビージャを牽制する。

▽そして23分、順当に先制する。スアレスのロングフィードをエスクデロがカットしきれずアルカセルがボックス右で受け、冷静にGKとの一対一を制した。

▽先制後も主導権を握るバルセロナは、試合をコントロールしつつ時間を進める。追加点に迫るようなチャンスこそなかったものの、盤石の試合運びで前半を1点リードしたまま終えた。

▽迎えた後半、重心を押し上げにかかるセビージャに対し、イニエスタのロングフィードでセビージャ守備陣背後を突いて牽制していたバルセロナだったが、59分に同点とされる。バネガの左CKからピサーロのヘディングシュートが決まった。

▽失点直後、ピケのミドルシュートがバーを叩いたバルセロナは、65分に勝ち越す。右サイドからのラキティッチの鋭いクロスにアルカセルが左足で合わせた。

▽2-1として以降はバルセロナが試合をコントロール。セビージャに何もさせずに時間を進め、難なく逃げ切った。勝利したバルセロナは無敗を維持し、10勝1分けとしている。

コメント

関連ニュース

thumb

カッサーノ「ロナウドはナダルで、メッシはフェデラー」

▽元イタリア代表FWアントニオ・カッサーノが、FWクリスティアーノ・ロナウドとFWリオネル・メッシを、テニス界のスーパースターに例えて比較した。イギリス『フォー・フォー・トゥー』が伝えている。 ▽その突出した才能から度々比較対象にされるC・ロナウドとメッシ。おそらく一生この話題がピリオドを迎えることはないだろうが、カッサーノはテニス界のアイコンである、ラファエル・ナダルとロジャー・フェデラーに例えて、彼らを比較している。 「俺はメッシが大好きだ。クリスティアーノが嫌いというわけではない。だが俺の観点からすると、彼は常に世界のベストで、彼から受ける感情はユニークなものだ」 「合理化しなければならないならば、俺はメッシのように巧みにボールを扱い一貫してゴールを奪えるような選手を望む」 「クリスティアーノに欠けているものはなにもない。が、それは論点ではない。わかりやすくするなら、クリスティアーノはナダルだ。素晴らしいアスリートで才能に磨きをかけている。熱意も持っているしハードワークも欠かさない」 「メッシはフェデラーに似ている。彼は純粋な芸術的才能と上品さを備えている。彼らは異なるタイプの選手だ。メッシと一緒にいるとただ立っているだけで違いが見えてくる。かれにフィジカル的な強さは必要ないんだ。自分の2番目の息子には“リオネル”と名付けたよ」 ▽さらに、C・ロナウドについて述べたカッサーノはこうも語っている。 「彼は母なる大地からの贈り物を授かっているが、なによりメンタリティ、一貫したトレーニング、そしてプロ精神を持っている。それらはすべて俺が嫌いなものだ」 「彼の集中力にはいつも感心している。彼は偉人の1人として永遠に歴史に名を残すだろう。それは彼の才能のおかげでもあるが、とりわけハードワークの賜物なのさ」 2018.07.18 16:15 Wed
twitterfacebook
thumb

バルセロナの収入が歴代最高を記録! 1200億円超え

▽バルセロナは、2017-18シーズンの収益を発表。クラブレコードとなる9億1400万ユーロ(約1205億円)の収入があったとのことだ。 ▽2017-18シーズンの収入は、ブラジル代表FWネイマールのパリ・サンジェルマン移籍にかかった契約解除金が大きく反映されている。収入は9億1400万ユーロに対し、費用は8億8200万ユーロ(約1162億円)。営業利益は3200万ユーロ(約42億2000万円)、純利益は1300万ユーロ(約17億1300万円)とのことだ。 ▽また、今回の収益は取締役会も高く評価しており、2021年にはクラブ戦略計画によって10億ユーロの収入を達成できる見込であると考えているようだ。 2018.07.17 19:55 Tue
twitterfacebook
thumb

「これからも比較するんだろう?」ユーベ移籍のC・ロナウド、メッシとのライバル関係について語る

▽ユベントスに加入したポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドが、バルセロナに所属するアルゼンチン代表FWリオネル・メッシとのライバル関係について考えを明かした。イタリア『カルチョメルカート』が伝えている。 ▽レアル・マドリーで数々のタイトル獲得に貢献し、個人としても同クラブ在籍時に4度のバロンドールを受賞してきたC・ロナウドは10日、ユベントスへの加入が決定。9年間過ごし、輝かしいキャリアを築き上げたエル・ブランコに別れを告げた。 ▽そんなマドリー時代には宿敵バルセロナ所属のメッシと常に世界最高の称号を争い、周囲からも比較されてきた。長きにわたってリーガエスパニョーラで凌ぎを削ってきたメッシについてC・ロナウドは以下のように答えている。 「メッシとのライバル関係? 僕は他の選手をライバルだと考えことはないよ。僕らしくない。常にチームのために全力を注ぐということしか考えていないよ。それはスポルティング、マンチェスター・ユナイテッド、マドリー、全ての場所でそうしてきた」 「メッシもバルセロナでそうしているさ。結局なんだかんだこれからもどっちがベストプレイヤーかって比べられるんだろうけどね」 2018.07.17 09:30 Tue
twitterfacebook
thumb

バルサ、選手層拡充へフランス代表MFエンゾンジ獲得に興味?

▽バルセロナがセビージャに所属するフランス代表MFスティーブン・エンゾンジ(29)の獲得に乗り出す可能性があるようだ。スペイン『ムンド・デポルティボ』が伝えている。 ▽スペイン代表MFアンドレス・イニエスタ(34)やブラジル代表MFパウリーニョ(29)がそれぞれ退団し、中盤の補強を画策しているバルセロナ。これまでパリ・サンジェルマン(PSG)に所属するフランス代表MFアドリアン・ラビオ(23)やアヤックスに所属するU-21オランダ代表MFフレンキー・デ・ヨング(20)の獲得に動いているとされるが、選手層拡充に向けてエンゾンジにも獲得への興味を示しているようだ。 ▽母国・アミアンでプロキャリアをスタートさせたエンゾンジは、ブラックバーン、ストーク・シティを経て、2015年7月にセビージャに加入。2017-18シーズンでは公式戦44試合に出場していた。現在行われているロシア・ワールドカップ(W杯)にも参戦しており、ここまで4試合に出場している。 ▽エンゾンジには現在元セビージャ指揮官ウナイ・エメリ監督が率いるアーセナルが獲得に向けて動いている模様。なお、同選手には4000万ユーロ(約52億円)の契約解除金が設定されている。 2018.07.15 15:40 Sun
twitterfacebook
thumb

岡崎レスター、バルセロナからW杯で3発のコロンビア代表DF獲得に名乗り?

▽日本代表FW岡崎慎司が所属するレスター・シティが、バルセロナに所属するコロンビア代表DFジェリー・ミナ(23)の獲得に興味を抱いているようだ。イギリス『レスター・マーキュリー』が伝えている。 ▽ミナは2018年1月にパルメイラスからバルセロナに加入。バルセロナ初のコロンビア人選手となったが、2017-18シーズンはリーガエスパニョーラで5試合の出場にとどまった。また、現在行われているロシアW杯にも出場しており、ラウンド16で敗退となったが3試合3ゴールを記録してチームのベスト16入りに貢献した。 ▽伝えるところによると、現在レスターのほかにエバートンとウェストハムもミナ獲得に関心を寄せており、すでに2650万ポンド(約40億円)のオファーを提示しているとのこと。バルセロナは最近セビージャからフランス人DFクレマン・ラングレを獲得しており、エルネスト・バルベルデ監督が成長の機会を与えるために、ミナのレンタルでの放出を考慮していることが伝えられているが、果たして移籍は実現するだろうか。 2018.07.15 11:06 Sun
twitterfacebook


ロシアW杯

超WS×MON

ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース