【原ゆみこのマドリッド】いきなりクライシス流行りになった…2017.11.04 12:00 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
「ホントに観光名所よねえ」。そんな風に私が感心していたのは木曜日、用事ついでにサンティアゴ・ベルナベウの近くを通ったところ、ツアー入り口のあるPaseo de Castellana(パセオ・デ・カステジャーナ)側の駐車場に大型観光バスが7、8台横付けされているのを見た時のことでした。いやあ、世界で唯一、11個もの神々しいCLトロフィーがズラリと並んでいるのを目にできるこのスタジアムツアー、レアル・マドリーがホームゲームをやる日はキックオフの何時間か前で入れなくなったり、巡回コースが制限されたりするため、あまりお勧めしないんですけどね。
▽それでちょっと思いついたのが、マドリーがアウェイゲームの日の方が楽しめるんじゃないかということで、例えば、先日のCLトッテナム戦のように夜に試合がある場合。ツアーは平日午後7時、日祝は午後6時半までなので、閉館ギリギリまで楽しんで、あとは最終出口にもなっているスアジタム併設オフシャルメガストアで買い物三昧、お店も平日午後9時、日祝午後7時半とクローズが遅いですし、午後8時45分のキックオフが迫ってきたら、近場のレストラン・バルに入って夕食をとりつつ、試合観戦するのもいいかと。

▽ちなみに周辺にTVのあるバルはいくつかあるんですが、お勧めはオフィシャルショップを出て、右へ歩いてすぐのショッピングセンター、La Esquina de Bernabeu(ラ・エスキーナ・デ・ベルナベウ)内にあるFriday(フライデー)。ちょっとファミレスっぽいチェーン店ですが、席数も多く、TVがいくつもあるため、見やすい位置を確保しやすのがウリです。北側カステジャーナ大通り近くにあるVolapie(ボラピエ)はワンダ・メトロポリターノの近くにもあるバルで気軽に入れる雰囲気ですし、スタジアムを回ってメトロ(地下鉄)の駅に向かう道、Avenida de Concha Espina(アベニダ・デ・コンチャ・エスピーナ)には信号を渡ってすぐのところに並んだ2軒、El Almacen Argentina(エル・アルマセン・アルヘンティーナ)とCafe & Tapas(カフェ・アンド・タパス)は壁掛け大型スクリーンを設置、迫力あるプレーが楽しめるところがいいですね。

▽ただ、これらのお店、マドリーのアウェイゲーム時にはゆっくり座って食事もできるんですが、ホーム戦の前後はファンで大混雑なんですよ。私もすぐ続いてお隣さんの試合がある時など、利用させてもらっていますが、それがバルサvsアトレティコ戦のようなビッグカードだったりすると超満員。空席待ちするぐらいなら、いっそ自宅近くまで帰った方が、後半だけでも落ち着いて見られていいという気分になったこともあったため、立ち寄るかどうかはケースバイケースかと。日本から来るファンの方々も自分の予定に合わせて、上手くこういったバルを使えるといいのですが…。

▽え、昨今、マドリッドでは“crisis/クリシス(危機)”という言葉が飛び交っているのに、そんな呑気な話をしている場合かって? そうですね、実はこのミッドウィークは惨々で、いやあ、もう私なんて、火曜のCLカラバフ戦が引き分けに終わった時点でボロボロで、その翌日にはマドリーまでがウェンブリーであんな目に遭うとは予想もせず。とりあえず、順番に話すことにすると、CLでの生き残りを懸けてワンダ・メトロポリターノにアゼルバイジャンのチームを迎えたアトレティコはまた、サッカーをすることを忘れてしまったんですよ。

▽ええ、序盤こそ攻めて行ったんですが、15分もしないうちに軽快にパスを回すのは敵の方になり、何と前半39分にはCKからスペイン人選手のミチェルにヘッドを決められて、先制を許すとは一体、どうなっている? 冗談ではなく、今季はサイドからのクロスで失点するのが定番になってしまった彼らですが、それでも後半10分にはトマスが名誉挽回の一撃をネットに突き刺してくれたから、ひとまずホッとできることに。そう、何度も恐ろしいパスミスを繰り返しながら、決して下を向かないアトレティコのカンテラーノ(下部組織出身の選手)の芯の強さをエリア外からのgolazo(ゴラソ/スーパーゴール)で示してくれたんですが、どうやら今の彼らは1点を取るのが精いっぱいのよう。

▽ええ、トマスの同点弾の前にもガメイロが空のゴールを前に外していましたし、フィリペ・ルイスが撃ったシュートも枠を捉えられず。相手が13分に退場者を出した後、終盤などはガビやフアンフラン、ゴディンら、ベテランがチームを引っ張って、総攻撃体制に入っていたんですが…ロスタイム、最後にガイタンが至近距離から放ったシュートも敵GKに弾かれ、ここ数年、すっかり姿を消していたホームチームへのpito(ピト/ブーイング)がワンダ・メトロポリターノのスタンドから初めて聞こえたとあっては、かつてあの「Si se cree y trabaja, se puede/シー・セ・クレエ・イ・トラバッハ、セ・プエデ(信じて努力すれば、可能になる) 」という名言を残したシメオネ監督まで、「En el segundo tiempo hicimos meritos, el destino no quiere.../エン・エル・セグンド・ティエンポー・イシモス・メリトス、エル・デスティーノ・ノー・キレ(後半のウチはよくやったが、運命が欲してくれないのでは…)」と嘆いていたのも仕方なかった?

▽結局、試合は1-1で終わり、同グループのローマがチェルシーに3-0と勝ったため、この4試合で勝ち点3しか溜まらなかったアトレティコはほぼ敗退が決定。ほぼというのは残り2試合、彼らが連勝して、カラバフが勝ち点1でも取ってくれれば、2位通過できるからですが、何せアトレティコが次のローマ戦に勝つ姿も、チェルシーがスタンフォード・ブリッジでポイントを落とす姿も同じぐらい想像できませんからね。そのせいもあってか、これまで運の悪さを努力で変えてきたという自負のあるキャプテンのガビなど、試合後、「A dia de hoy, la Liga Europa es una mierda/ア・ディア・デ・オイ、ラ・リーガ・エウロッパ・エス・ウナ・ミエルダ(今日の時点ではヨーロッパリーグなんてクソみたいなもの)」とか、「1月までこの調子が続いたら、ジエゴ・コスタが来ても何の役にも立たない」なんて極論に走っていたんですが、まあ理解はできますって。

▽そんな彼らはもうこの土曜、午後4時15分(日本時間翌午前零時15分)から、リーガのデポルティボ戦に挑むんですが、とにかくあまり朗報がなくってねえ。ここ数試合休場中のコケとカラスコもまだ回復せず、加えてフィリペ・ルイスが太もものケガで出られない上、「No tenemos un jugador que el solo gane un partido/ノー・テネモス・ウン・フガドール・ケ・エル・ソロ・ガネ・ウン・パルティドー(ウチには1人で試合を決められる選手はいない)」というシメオネ監督の言葉から察するに、とうとうグリーズマンもtitular indiscutible/ティトゥラル・インディスクティブレ(不動のレギュラー)ではなくなってしまったようなんですが、だからって代わりがいる訳でもなし。

▽よって、メンツは同じまま、2節前にペペ・メル監督を解任、現在はBチームを率いていたクリストバル監督が昇格したデポルティボにうっかり頭でのゴールを入れられないように用心、あとは何かの間違えでもいいから、1点を取れることを祈るしかありません。うーん、木曜夜にはガビ、ゴディン、コケ、モヤら、チームの重鎮が集まって決起ディナーを開いたというアトレティコですが、どうせなら来週の国際代表戦週間を利用して、paron(パロン/リーガの停止期間)明けのマドリーダービーに勝てるよう、チーム全員でお祓いにでも行く方がいいんじゃないかと思ってしまうのはきっと、私だけではないはずです。

▽え、いくらトッテナムには負けたとはいえ、水曜にはドルトムントがアポエル2試合目でも引き分けたため、グループ2位で突破は順調に決まりそうなお隣さんなのに、クライシスという声がアトレティコどころではなく高まっているのはどうしてなのかって? いやあ、それは世間の反響の大きさが違うせいもありますが、彼らの場合は先週末のリーガ、ジローナ戦に続いての黒星。しかもCLグループリーグで負けるのは5年ぶりともなれば、騒がれるのも当然なんですけどね。

▽ただ実際、その試合のマドリーはまるでアトレティコが憑依したかのような状態で、ジローナ戦同様、マルセロ、クロース、モドリッチ、カセミロが次から次へとパスをミス。それが前半27分に敵のカウンターを招き、ウィンクスのロングパスを受けたトリッピアーはオフサイドだったんですが、見咎められずにデル・アリがフィニッシュして、トッテナムに先制されてしまったから、さあ大変! 再び、カセミロを下げての3CB制に入った後半も11分にはデレ・アリのシュートがセルヒオ・ラモスに当たって2点目を奪われると、20分にはエリクセンにも決められて、とうとう3点差って、我が目を疑うとはまさにこのことだったかと。

▽うーん、どういう訳か、最後にエリクセンを追う役目になっていたモドリックなど、後で「Tenemos que hacer todo para recuperar nuestro juego/テネモス・ケ・アセール・トードー・パラ・レクペラル・ヌエストロ・フエゴ(ウチは何としても自分たちのプレーを取り戻さないといけない)。フィジカルやメンタル的に問題はないんだから」と言っていましたけどね。今季はお隣さん程ではないものの、効率的に得点するのにも苦しんでいるマドリーは結局、35分にはエリア内の混戦からクリスティアーノ・ロナウドが決めて1点を返したんですが、3-1なんて、トッテナムのポチェッティーノ監督も「Me esperaba la mejor version del Madrid/メ・エスペラバ・ラ・メホール・ベルシオン・デル・マドリッド(最高のバージョンのマドリーを期待していた)」と拍子抜けしていたように、まったく2年連続CLチャンピオンにあるまじき惨状と言っていいでしょう。

▽ただ、マドリーのゴールが減ったのには、ロナウドによると、どうやら選手の控え層の変化も影響していたようで、「ペペ(現ベシクタシュ)、モラタ(チェルシー)、ハメス・ロドリゲス(バイエルン)はチームを強化してくれたけど、los de ahora son mas jovenes/ロス・デ・アオラ・ソン・マス・ホベネス(今の選手たちはもっと若い)。その分、経験が少なくて、それは大事なことだからね」とのこと。まあ、確かにアセンシオ、セバジョス、マジョラル、テオ、バジェホと控えはほとんど皆、20代前半ですからね。このところ、カルバハルの代理で右SBを務めているアクラフに至っては18歳となれば、比べるのも気の毒なんですが、え、その前にロナウドは今季、CLでこそ6得点とランキング首位とはいえ、リーガでまだ1ゴールしか挙げられていない我が身を振り返った方がいいんじゃないかって?

▽そうですね、CLは次のアポエル戦で勝てば、決勝トーナメント進出が決まるため、別にいいんですが、先日、ジローナ戦で1-2と負けた後、ラモスも「No es la primera Liga en la que se remontan ocho puntos/ノー・エス・ラ・プリメーラ・リーガ・エン・ラ・ケ・セ・レモンタン・オチョ・プントス(勝ち点差8を覆したリーガは初めてじゃない)。ボクは勝ち点8以上を逆転して優勝したことがあるよ」とラジオのインタビューで言っていたように、ちょっと誤解があるんですよ。というのも過去、リーガで8差以上から追い上げて優勝したチームはバルサ、バレンシアだけで、マドリーの最大記録は7差。ジダン監督初年度の2015-16シーズンこそ、バルサに4試合で11ポイント詰めたりしたんですが、結局、1差で優勝はできていないから。

▽そう考えると、ジダン監督も「No estamos en crisis/ノー・エスタモス・エン・クリシス(ウチはクライシスにある訳じゃない)」なんて悠長に構えている場合ではないはずですが、この日曜のラス・パルマス戦、それぞれウェールズ代表、フランス代表に招集されたものの、トッテナム戦は負傷欠場しているベイルとバランが復帰できるのかどうかはまだ不明。カルバハルも一緒でもう、今はバルデベバス(バラハス空港の近く)での全体練習に参加しているんですけどね。気がせいてまたケガされても困りましますし、いくら昨季は2引き分けを演じた相手とはいえ、ここは慎重になった方がいい?

▽そんなラス・パルマス戦は日曜午後8時45分(日本時間翌午前4時45分)にサンティアゴ・ベルナベウでキックオフ。火曜にオリンピアコスとスコアレスドローながら、相変わらずCLグループ首位のバルサはスパルタク・モスクワに2-1と勝ったセビージャを土曜にカンプ・ノウに迎えるため、下手したら、試合前に勝ち点11差になっていることもありえますが、12月23日午後1時と決まったホームでのクラシコ(伝統の一戦)までは、少なくとも現状を維持してほしいですね

▽おっと、マドリーの両雄の話をしているうちに金曜試合だったヘタフェのベティス戦が終了。いやあ、せっかく前半にベルガラとポルティージョのゴールで2点リードしながら、後半23分にはサナブリアに決められ、更に残り3分にブアデスに同点弾を許す辺り、やっぱり終盤に弱いという弟分の今季の宿命、前節のレアル・ソシエダ戦で逆転勝利したぐらいでは変わっていなかったのは残念だったかと。まあ、それでも2-2でアウェイのベニト・ビジャマリンで勝ち点1をゲットとしたとなれば、健闘したと褒めるべきなんでしょうが、こういう勝ち切れない試合を後で悔やむことがないよう、この代表戦週間はみっちり練習に集中してもらいたいところです。

▽そしてもう1つのマドリッドの弟分は土曜にメスタジャでバレンシア戦ですが、何せ現在、2位のこの相手は唯一、勝ち点差4でバルサを追っているチームですからね。とりわけ、今季はヨーロッパの試合がないだけに、もしかしたらこのままかなり長い間、高みを維持しかなないとなれば、ここは無理は承知でレガネスに一肌脱いでもらうしかない? 前節はセビージャに負けて7位に後退してしまった彼らとはいえ、勝ち点は6位のビジャレアルと同じ17とあって、きっと選手たちもEL出場圏内復帰を目指して張り切っているはずですが…そうそう兄貴分たちにいいようには転がらないような気がします。

【マドリッド通信員】 原ゆみこ 南米旅行に行きたくてスペイン語を始めたが、語学留学以来スペインにはまって渡西を繰り返す。遊学4回目ながらサッカーに目覚めたのは2002年のW杯からという新米ファン。ワイン、生ハム、チーズが大好きで近所のタパス・バルの常連。今はスペイン人親父とバルでレアル・マドリーを応援している。
コメント
関連ニュース
thumb

何事もなくて良かった…/原ゆみこのマドリッド

▽「だからシベレスやネプトゥーノは避けたのね」そんな風に私が納得していたのは月曜日、コパ・リベルタドーレス決勝終了後、プエルタ・デル・ソル(マドリッドの中心にある広場)で優勝を祝うリーベル・プレートのファン数人が熊とイチゴノキの銅像の上に乗っているのをお昼のニュースで見た時のことでした。いやあ、大晦日のカウントダウン並の人数が集まっていたものの、懸念されていた暴力沙汰などはまったくなかったんですけどね。レアル・マドリーがお祝いをするシベレスの噴水広場の女神像もアトレティコが祝うネプトゥーノの海神像もかなり凝った彫刻像とあって、とりわけ前者など、昔は選手たちが登っていたこともあったものの、ここ近年は簡易の階段を作り、そこからキャプテンたちだけがバンデラ(クラブ旗)やブファンダ(マフラー)を巻きつける方法に移行。 ▽となると、最初はリーベルが優勝の際はシベレス、ボカ・ジュニアーズならネプトゥーノにお祝い場所が選定されていたのを前者はプエルタ・デル・ソル、後者はコロン広場に変えたのは賢い処置だったかと思いますが、幸い熊の像も無事だったようですし、あとは宿敵を破って浮かれるアルゼンチン人のファンたちが歌ったり、跳ねたりぐらいだったのは助かったかと。ええ、地元のブエノスアイレスではまたしても警官隊が出動する大騒ぎになっていましたしね。バルセロナでのように優勝騒ぎに乗じて、暴れる輩もマドリッドには現れなかったのもいい兆候ではあるんですが…。 ▽まあ、コパ・リベルタドーレス決勝の話はまた後ですることにして、先に先週末のマドリッド勢のリーガ戦を報告していくことにすると。この15節、金曜に先陣を切ったのは弟分ダービーでレガネスがヘタフェをブタルケに迎えることに。ミッドウィークにはコパ・デル・レイ16強進出を果たし、波に乗っている両チームだったんですが、結果は前半39分にダミアンのFKをカブレラがヘッドで先制したヘタフェに後半19分、守備のクリアミスからニヨムのゴールでレガネスが追いついて、いえ、終盤は大型FWペア、カリージョとエン・ネスリ目がけてロングボールを繰り出していたホームチームが大いに押していたんですけどね。 ▽柴崎岳選手もサイドでアップしていたんですが、おかげでボルダラス監督も前半、負傷したアマトの代わりに入ったポルティージョを「No estaba en contacto con balon, queria reforzar la banda y el centro/ノー・エスタバ・エン・コンタクトー・コン・バロン、ケリア・レフォルサール・ラ・バンダ・イ・エル・セントロ(ボールに触れていなかったし、サイドと中央を強化したかった)」という理由で下げ、左SBのアントゥネスを投入する破目に。それでも結局、「チャンスの数からしたら、ウチが勝つのにふさわしかったが、el futbol es eficacia/エル・フトボル・エス・エフィカシア(サッカーは効率性だからね)」(ペレグリーノ監督)ということで、1-1の痛み分けで終了となりましたっけ。 ▽それでもレガネスは降格圏外の16位を維持できましたしね。この試合、終盤に退場となったルベン・ペレスと累積警告枚数に達したニヨムは欠くものの、再び金曜試合となるセルタ戦で勝ってくれればいいんですが、最悪のニュースがあったのはヘタフェの方。いえ、順位は8位で相変わらず、ヨーロッパリーグ出場圏とは勝ち点差1のままなんですが、何とアマトのケガがヒザのじん帯断裂だったことが判明。ずっとレギュラーだった彼が今季絶望となると、早速、この土曜のレアル・ソシエダ戦からボルダラス監督は代理の選手を試していかないといけないことになりますが、え、負傷禍にかけては兄貴分のアトレティコに勝るチームはないんじゃないかって? ▽そうですね、翌土曜午後1時という早い時間にアラベスをワンダ・メトロポリターノに迎えた彼らでしたが、うーん、前半24分にアリアスのクロスをカリニッチがお腹でゴールに。先日のコパ、サン・アンドレウ(3部)戦2ndレグではヘッドでアトレティコ移籍初得点を挙げていたため、次こそは足で決めて、2月まで戻って来ないジエゴ・コスタの穴を埋めるFWなってくれるんじゃないかと、スタンドには明るい希望が広がっていたんですけどね。36分にはアラベスのエース、カジェリともつれ合った際にリュカが負傷。右膝を痛めて、ようやくその日からベンチに復帰したヒメネスと交代って、やっぱりアトレティコのDF陣は厄払いにでも行くべきかと。 ▽おまけに後でアラベスのキャプテン、マヌ・ガルシアも「Ellos se han sentido comodos con el 1-0/エジョス・セ・アン・センティードー・コモドス・コン・エル・ウノ・セロ(彼らは1-0で快適に感じていて)、ウチにピッチを明け渡して自陣エリアで守ることにした」と言っていたように、なかなかアトレティコは追加点を取りに行かないんですよ。それにはシメオネ監督も後半途中にはカンテラーノ(アトレティコBの選手)の本職CBのモンテーロを入れ、「Si fuera el estaria orgulloso de poder cumplir en cualquiera de las posiciones/シーフエラ・エル・エスタリア・オルグジョーソ・デ・ポデール・クンプリール・エン・クアルキエラ・デ・ラス・ポシシオネス(もし自分が彼なら、どんなポジションでもプレーできて誇らしいだろう)」とおだてて、最近はフィリペ・ルイスのケガで人材不足となった左SBをやらせていたサウールを中盤のサイドに上げてみたりもしたんですけどね。 ▽ようやく終盤にはカリニッチから代わったビトロのスルーパスに抜け出したグリーズマンがピッチを縦断、最初のシュートはゴールポストに弾かれたものの、通りすがりにボールを押し込んで2点目が入るまで、いやあ、アベラルド監督は「ウチにもリードされてから、10~15分はいい時間があったんだが、nunca dimos sensacion de poder remontar/ヌンカ・ディモス・センサシオン・デ・ポデール・レモンタール(1度も逆転できる気がしなかった)」と後で告白していましたけどね。今季のアトレティコは1点のリードを守れず、引き分けてしまった試合が複数回あったため、私もドキドキして見ていたんですが、2点差なら安全圏。おまけに残り4分にはGKパチェコがブロックしたコレアのシュートがロドリの前に落ち、そのゴールでスコアが3-0となったとなれば、もう何も心配することはありませんって。 ▽え、この勝利で一瞬、首位に並んだ彼らだったのに次の時間帯ではバレンシアと分けたセビージャに抜かれ、夜にはエスパニョールとのカタルーニャダービーにバルサが0-4と大勝したため、結局、首位と勝ち点3の3位という立ち位置は変わらなかったんだろうって? まあ、そうなんですが、リーガは長いですし、シメオネ監督も「somos pocos y no es facil competir y ganar, ganar y volver a ganar como decia Luis/ソモス・ポコス・イ・ノー・エス・ファシル・コンペティール・イ・ガナール、ガナール・イ・ボルベル・ア・ガナール・コモ・デシア・ルイス(ウチは人数が少ないし、競って、ルイス・アラゴネス監督が言っていたように勝って勝ってまた勝つのは簡単ではない)」と言っていましたしね。 ▽今はこんな調子で上位陣にいてくれるだけでいいかと思いますが、日曜夜にはシメオネ監督を始め、グリーズマン、ゴディン、オブラク、サビッチ、フィリペ・ルイス、コレアと大挙してサンティアゴ・ベルナベウにコパ・リベルタドーレス決勝を観戦に行っていたアトレティコには今週、火曜午後9時(日本時間翌午前5時)から、CLグループリーグ最終節、クラブ・ブルージュ戦が。膝を捻って、一足早く今年は店仕舞いしたリュカに代わり、ゴディンとフィリペ・ルイスが復帰したため、サビッチが出場停止でもDF陣は大丈夫なんですが、果たして勝ってグループ1位の座を確定できるのかどうか。幸い相手もELに回れる3位は決まっていますし、モナコと対戦するドルトムントに勝ち点2差を引っくり返されない結果を出せるといいですよね。 ▽そして翌日はお隣さんがアウェイで最下位のウエスカと対戦したんですが、何ともこれがフラストレーションの溜まる展開で、マドリーの得点は前半8分、オドリオソラのクロスをベイルがvolea(ボレア/ボレーシュート)で決めたものだけ。その後、だんだん元気のなくなった彼らはとりわけ風下に回った後半など、「Era muy dificil jugar al futbol, no sabias hacia donde iba a ir el balon/エラ・ムイ・ヂフィシル・フガール・アル・フトボル、ノーサビアス・アシア・ドンデ・イバ・ア・イル・エル・バロン(サッカーをプレーするのが凄く難しかった。ボールがどこに行くのかわからなくてさ)」(オドリオソラ)という事情はあったようですが、もうほとんどウエスカの独り舞台状態に。 ▽それでもメレロがゴール前から、絶対外さないようなヘッドを失敗したり、GKクルトワのparadon(パラドン/スーパーセーブ)に阻まれたりと相手がゴール運から見放されていたおかげもあって、マドリーは何とか0-1で勝利。ベニト・ビジャマリンで遅い試合を戦ったラージョも優勢に進めながら、後半14分にアマトがゴール前でロレンにファールしたことがVAR(ビデオ審判)で発覚、ロ・セルソのPKでベティスに先制されてしまった上、31分にはシドネイにも決められ、2-0で負けてしまったのと同様に勝負にはやっぱり、ツキが必要ってことですよね。 ▽おかげで前節エイバル戦勝利の勢いを持続できなかった弟分が降格圏の18位のまま、土曜の午後6時30分(日本時間翌午前2時30分)にはサンティアゴ・ベルナベウに乗り込み、兄弟分ダービーを戦わないといけないのは心もとないんですが、マドリーにはその前、水曜午後6時55分(同2時55分)から、CSKAモスクワを迎えるCL戦をこなさなければならないというハンデが。いえ、もうグループ首位突破が決まっている彼らですから、ウエスカ戦では控えだったイスコやアセンシオがアピールする機会になりそうですけどね。負傷のリハビリが進んでいるクロースやマリアーノ、マルセロなどは来週から始まるクラブW杯を睨んで調整といったところでしょうが、もしかしたらコパ・リベルタドーレス優勝チームが最強の敵となるその大会、別にベストメンバーでなくてもいいんじゃないかと思ってしまったのは私だけではなかった? ▽いやあ、というのも実はボカとリーベルの決勝をサンティアゴ・ベルナベウで見ることができたんですよ。マドリッド当局が厳戒態勢を敷いたため、メトロの駅を出て最初のチェックゲートを抜けるのに30分近くかかったり、ボディチェックで財布まで開けられた時にはアルゼンチン人はそんなところにもbengala(ベンガラ/発煙筒)を隠すのかと驚愕したものでしたけどね。一旦、中に入ってしまえば普通で、南北のfondo(フォンド/ゴール裏席)に分かれた両チームのファンの応援が大きかったのは当然ですが、初めて見る南米チーム同士のサッカーにはただただ、目を瞠るばかり。 ▽だって、アトレティコなど、よく「パスが3回と繋がらない」と解説者たちに怒られているんですが、この2チームはそれどころの話ではなく、1回でも繋がればスタンドから拍手が起きるんですよ。プレーの速度も遅いため、これだったら先日、コパ・デル・レイ32強対決で見たメリリャ(2部B)なんかの方が上手いんじゃないかと思ってしまった私でしたが、前半43分、カウンターからナンデスのパスで抜け出したベネデットが決めたプレーはちょっと、シメオネ監督のチームを彷彿させなくもない? ▽スタンドもボカ・サイドは決して歌うことを止めず、その辺もアトレティコに似た感じがしたんですが、後半にはリーベルが反撃。23分、珍しくエリア内で繋がったプレーからプラットが決め、同点になります。その後、1-1のまま、試合は延長戦に入ったんですが、2分にはバリオスが2枚目のイエローカードをもらって退場するなど、ボカはツキにも恵まれませんでしたね。延長戦後半3分にはキンテーロにエリア外から撃ち込まれてリードされると、途中出場の元マドリーの懐かしい顔、ガゴもアキレス腱を断裂してピッチ外へ。いよいよ9人になってしまった彼らは最後、GKアンドラダも加わったCK全員攻撃が仇となり、ピティ・マルティネスに誰もいないゴールに3点目を決められてしまっては仕方ありませんって。 ▽まあ、そんな感じで約1カ月前にボンボネーラでの1stレグを2-2を引き分けた後、11月24日のモニュメンタルでの2ndレグはボカのチームバスがリーベルのウルトラ(過激なファン)に投石されたりして延期。河岸を変え、大西洋を渡ったマドリッドで開催された決勝はリーベルに軍配が上がったんですが、果たしてこのチームが22日のクラブW杯決勝でマドリーに太刀打ちできるかというと…いえ、ソラーリ監督のチームだって、鹿島アントラーズvsグアダラバラ(メキシコ)戦の勝者と準決勝を戦わないといけませんし、あまり予想を急いではいけませんよね。ちなみに祝杯明けの月曜はホテルで休んだ後、リーベルは火曜に開催地のアラブ首長国連邦のドバイに飛ぶそうですが、来週火曜の準決勝エスペランス(チュニジア)戦までゆっくり休めるのはアドバンテージになるかもしれません。<hr>【マドリッド通信員】 原ゆみこ 南米旅行に行きたくてスペイン語を始めたが、語学留学以来スペインにはまって渡西を繰り返す。遊学4回目ながらサッカーに目覚めたのは2002年のW杯からという新米ファン。ワイン、生ハム、チーズが大好きで近所のタパス・バルの常連。今はスペイン人親父とバルでレアル・マドリーを応援している。 2018.12.11 12:00 Tue
twitterfacebook
thumb

波乱はなかった…/原ゆみこのマドリッド

▽「勝ち抜けたのは嬉しいけど、4カードもあったらまた大変!」そんな風に私が早くも来年正月明けの予定を憂いていたのは木曜日、ここ3日間続いたコパ・デル・レイ32強対決2ndレグでマドリッド勢5チーム中、ラージョ以外の16強対決進出が決まった時のことでした。いやあ、1部チームが参加する初戦から、レガネスとラージョがマドリー・ミニダービーのカードとなってしまったため、どちらかが敗退するのは避けられなかったんですけどね。残り3チームは皆、下位カテゴリーのチームが相手だったため、しっかり次ラウンドに駒を進めることに。来週木曜の抽選会でまたダービーカードが生まれない限り、1月8~10日と15~17日は再び、連日スタジアム通いという羽目に陥りかねないと思ったから。 ▽そう、私のコパ行脚が始まったのは今週の火曜からで、まずはヘタフェがコルドバを迎える2ndレグをコリセウム・アルフォンソ・ペレスへ見に行ったんですが、平日ですし、やはりスタンドはあまり埋まりませんでしたね。加えて1stレグで1-2と勝っていたこともあり、ヘタフェはリーガで先発した選手たちを休ませていたんですが、2部の降格圏にいるコルドバまでそれに倣っていてはねえ。両チームの選手たちの実力差は明らかで前半18分、GKマルコスが弾いて落としたボールをポルティージョが押し込んで先制したヘタフェは、41分にもアンヘルがペナルティをゲット。PKも自身で決め、追い風に乗ると、ここしばらくゴールから遠ざかっていた鬱憤を晴らすかのように後半にもう2発追加、ハットトリックを達成してくれたとなれば、ボルダラス監督も心強かったかと。 ▽え、その試合、柴崎岳選手も久々に先発に抜擢されたんだろうって?その通りでクリストフォロとのダブルボランチでスタートした彼だったんですが、余裕の2点リードで迎えた後半から、「Habiamos cambiado el dibujo en el ecuador/アビアモス・カンビアドー・エル・ディブージョ・エン・エル・エクアドル(ハーフタイムにシステムを変えた)。そんなに急いでパスを出さず、ドリブルしてみたらいいと言った」(ボルダラス監督)という指示により、3分には早速、中盤からスタート。アンヘルに繋いだ後、エリア内にリターンしてくれたボールは行き過ぎて取れなかったんですが、左側にいたロベル・イバニェスがシュートして、ヘタフェの3点目を入れてくれます。 ▽後半にはコルドバもCKからアイタミがヘッドを決めて1点を返したため、最後は5-1で試合は終わったんですけどね(総合スコア7-2)。おかげで1月前半もコパの2試合が保証され、柴崎選手がアピールする機会が増えたとなれば喜ばしい限りかと。実際、まだこの段階ではリーガよりコパの方がチケットも安くて手に入れやすいため、その頃、マドリッド訪問を計画しているファンは来週、対戦相手と時間割が出るのをしっかりチェックして、コリセウムでの試合観戦をスケジュールに入れてみるのも一興かと思いますよ。 ▽そして同じ火曜、ヘタフェより1時間遅れで始まったエスタディオ・バジェカスでのコパ・ダービーではレガネスが前半17分、エル・ザールのシュートをエミリアーノ・バスケスがクリアミスして入ったオウンゴールで先制。その後のラージョは70%以上という凄いポゼッションで反撃したようですが、兄貴分のレアル・マドリーからレンタルで修行に来ている19才のGKルニンがベベのPKまで弾く大活躍をしたんですよ。そのせいもあって、結局、0-1で負けたため、2-2の引き分けた1stレグのアウェイゴールによるアドバンテージを生かせず、早くもラージョはコパから姿を消すことに。 ▽とはいえ、「ゴールチャンスが15回、ボールロスト後のプレスも見事でカウンターも受けなかった。Para mi el resultado es muy injusto/パラ・ミー・レスルタードー・エス・ムイ・インフストー(自分にとって、この結果は全然、正当なものではない)」とミチェル監督が悔しがろうと、彼らの最優先課題は一刻も早くリーガ降格圏を抜け出すことですからね。この金曜午後9時(日本時間翌午前3時)にレガネスがブタルケにヘタフェを迎え、お隣さん同士で星を潰しあっている間、日曜午後8時45分(日本時間翌午前4時45分)のベティス戦でこそ、前節エイバル戦に続く2連勝を狙ってほしいところかと。ちなみに2節前に降格圏を抜け出したレガネスは3連勝中で残留ラインと勝ち点差5の現在16位、2連勝中のヘタフェは9位ですがヨーロッパリーグ出場圏の6位まで勝ち点1と、こちらのリーガ・ミニダービーも見応えありそうですよ。 ▽そして翌水曜にはワンダ・メトロポリターノにアトレティコのサン・アンドレウ戦を見に行った私でしたが、さすがトップチーム20人という少数精鋭の上、月曜には左足中足骨に入れたボルトの手術をするため、母国ブラジルに帰ってしまったジエゴ・コスタを始め、ゴディン、ヒメネス、ファンフラン、フィリペ・ルイスの5人を負傷で欠いて、とうとう15人になってしまったチーム。そこへ1stレグでは0-1でしか勝てなかったとあって、ベンチを外れてお休みをもらったのはグリーズマンだけというのは大体、アトレティコの選手数がここまで少ないのはその彼を引き留めるため、リーガでメッシに次ぐ高額年棒を払うことになったからだなんて聞くと、ちょっと不公平な気もしますけどね。まあ当人も今週は失意の中、パリでのバロンドール授賞式出席、モドリッチに拍手を贈らないといけなかったため、その辺の心労をシメオネ監督も慮ってあげた? ▽実際、来年2月半ばまで復帰できないコスタの代わりとなる前線候補を試す必要性もあり、CBにカンテラーノ(アトレティコBの選手)のカルロス・モヤを入れただけで、後はトップチームの選手で挑んだアトレティコなんですが、いやあ、前半の恐ろしかったことといったらもう!だってえ、相手は3部というのに何回も危ないシーンがあったんですよ。幸いGKアダンが防いで事なきを得たものの、この日もベンチ入り禁止処分が続き、パルコ(貴賓席)で観戦していたシメオネ監督だって、あの惨状にはきっと呆れていたに違いありませんって。 ▽それでもハーフタイムに「問題はもっと組織だって、コンパクトなチームでいることだったから、hemos hablado entre todos/エモス・ハブラードー・エントレ・トードス(皆で話し合った)」(アダン)のが功を奏したか、いえ、一番はジェルソンをレマルに代えたことだったんですけどね。後半開始早々、そのレマルがエリア前からのシュートを枠に当てて決め、とりあえず2試合でのリードを2点にしてくれたから、不安を覚え始めていたスタンドのファンたちもどんなに安心できたことか。どうやら選手たちも同じ気分だったようで、9分にはアリアスのクロスをカリニッチがヘッドで叩き込み、移籍後初ゴールを挙げると、その1分後にはレマルがエリア内に入れたクロスをコレアが右足外側でネットに収め、あっという間に3点目が決まったとなれば、もう心配することは何もありませんって。 ▽そして最後にはリュカがCBに移動して、再び左SB修行をしていたサウールが36分、ゴール前に送ったラストパスをビトロが押し込んで4点目を奪い、彼らは4-0で勝利(総合スコア5-0)。サン・アンドレウ戦の選手たちがワンダのジャグジーを堪能している間、記者会見に現れたアスパレン監督も「今日の失点をウチが集中力を欠いたせいと言うのは傲慢だと思う」と言っていましたが、そうですよね。いくら「Jugamos muchos futbolistas que teniamos pocos minutos/フガモス・ムーチョス・フトボーリスタス・ケ・テニアモス・ポコス・ミヌートス(あまりプレー時間がなかった選手が大勢いたし)、相手には失うものは何もなかった」(ビトロ)とはいえ、アトレティコは全ての大会で優勝を目指すチームなんですから、これぐらいの力の差は見せてくれないと。 ▽そんな彼らはあまり休む間もなく、次は土曜午後1時(日本時間午後9時)から、再びワンダでアラベス戦となるんですが、相手はすぐ下の4位ながら、ジローナを前にコパ敗退をしてしまいましたし、リーガもここ2試合連続白星なしと少々調子が下降気味。とにかく今季はアウェイで1勝だけと、内弁慶が続いているアトレティコだけにホームゲームでは確実に勝ち点3をゲットしてもらいたいものですが、さて。何せ、負傷者はまだ誰も戻って来ませんからね。とりあえず今はカリニッチやビトロがゴールで自信をつけて、チームに貢献してくれることを祈るばかりです。 ▽え、それで1stレグで0-4と大勝し、モドリッチ、セルヒオ・ラモス、ベイル、ベンゼマ、クルトワを招集外にしてメリージャを木曜にサンティアゴ・ベルナベウに迎えたマドリーはどうだったのかって?いやあ、やはりアフリカ大陸にあるスペインの飛び地領から、フェリーでマラガまで6時間、そこからは飛行機でしたが、計12時間も移動にかかっていてはねえ。そんなお疲れ気味だった2部Bチームの選手たちが意地を見せられたのは前半32分までのことでした。ええ、それまではGKケイロル・ナバスのゴールキックミスなどを利用して、シュートを撃ったりもしていたんですが、ドリブルでエリア内に入り込んだアセンシオに先制点を決められたかと思えば、その2分後にはビニシウスのアシスストで再びアセンシオがゴール。 ▽38分にはその彼の出した弓なりのパスをRMカスティージャ(マドリーのBチーム)のCB、ハビ・サンチェスがvolea(ボレア/ボレーシュート)で決めて、あっという間に3点差になったとなれば、一矢報いてやろうと張り切っていたメリージャ勢だって、もうお楽しみはベルナベウのジャクジーしか残っていない?実際、後半もソラリ監督にこの日、初めて先発を任されたイスコが3分にエリア外からのシュートを突き刺すと、30分にはとうとう、フィニッシュに失敗してばかりだったビニシウスまで、一旦はGKに弾かれたシュートを2度目のトライでゴールにすることに成功。ええ、ほとんどバジャドリーのオウンゴールまがいだったマドリー初得点と違い、こちらは正真正銘、自分が決めたものとなれば、まだ18才ですしね。陽気なブラジル人選手の常として、ついピッチで踊ってしまったとしても仕方なかったかも。 ▽いい加減、この辺りになると総合スコア9-0の大敗に審判も相手が気の毒になったか、36分にはエリア内でハビ・サンチェスがジャシネを倒したプレーをペナルティと判定。おかげでメリージャも記念の1点を挙げ、気分を直したはずだったんですが、まさかその1分後、イスコがまたしてもゴールを決めるってやっぱり、彼って空気が読めない選手?結局、試合は6-1で終わり、マドリーはあっさり16強進出を決定。ビジャレアルに2ndレグだけで8-0の大敗を喫したアルメリア(2部B)よりはマシですが、メリージャの選手たちにとって翌日、直行便で帰還できるのは不幸中の幸いだったんじゃないでしょうか。 ▽そして今週末は日曜午後4時15分(日本時間翌午前0時15分)から、アウェイで最下位のウエスカと対戦するソラリ監督のチームなんですが、実はその日のマドリッドは厳戒態勢に。というのもブエノスアイレスで開催できなかったコパ・リベルタドーレス決勝2ndレグが午後8時30分(日本時間翌午前4時30分)からサンティアゴ・ベルナベウで行われるためですが、すでにボカ・ジュニアーズ、リーベル・プレートの両チームは到着しており、木曜にはそれぞれラス・ロサス(マドリッド近郊)のスペイン・サッカー協会の施設、バルデベバス(バラハス空港の近く)のマドリー練習場で大勢のマスコミの見守る中、セッションに励んでいます。 ▽うーん、1stレグが2-2で終わり、アウェイゴール・ルールがないため、ほぼ一発勝負状態になっているこのアルゼンチンの両雄の対決、いえ、ヘタフェのコパ担当GKチチソラなど、「もちろん見に行くよ。友達もいっぱいいるしね」とリーベル育ちの縁でチケットを融通してもらえるのか、楽しみにしていましたけどね。スペインに25万人いると言われるアルゼンチン人移民を除いて、一般的なマドリッド市民の感覚はとにかく、両チームのファンと警官隊が対決するような騒ぎが起きないでほしいといった風で、試合の結果については、勝者がクラブW杯でマドリーの一番のライバルになるぐらいの認識でしょうか。 ▽どうやらバラス・ブラバス(アルゼンチンのウルトラグループ)の幹部は入国拒否されたようですし、航空券が1500ユーロ(約20万円)程と高額なため、海を渡って来るアルゼンチン人のファンの数は限られており、多分、騒ぎは起きないはずですけどね。一応、この日曜、マドリッド観光をしている日本人ファンに注意点をお伝えしておくと、キックオフ数時間前から、サンティアゴ・ベルナベウ周辺は3重のチェックポイントが設けられ、チケットがないと通れなくなることと、スタジアム北側、メトロのクスコ駅近くのプラサ・デ・クスコはリーベルのファンゾーンに、南側のヌエボ・ミニステリオス駅方面にあるラミムンド・フェルナンデス・ビジャベルデ通りはボカのファンゾーンとなるため、人込みが苦手な方は避けた方が無難といったところですかね。<hr>【マドリッド通信員】 原ゆみこ 南米旅行に行きたくてスペイン語を始めたが、語学留学以来スペインにはまって渡西を繰り返す。遊学4回目ながらサッカーに目覚めたのは2002年のW杯からという新米ファン。ワイン、生ハム、チーズが大好きで近所のタパス・バルの常連。今はスペイン人親父とバルでレアル・マドリーを応援している。 2018.12.07 12:00 Fri
twitterfacebook
thumb

景気のいい話ばかりではない…/原ゆみこのマドリッド

▽「同じ旅立ちでも天と地の差だわ」そんな風に私が首を振っていたのは月曜日、夜のスポーツニュースでバロンドール表彰式に向かうレアル・マドリーのモドリッチの映像の後、足を手術するため、バラハス空港からブラジルに発つアトレティコのジエゴ・コスタが映った時のことでした。いやあ、実際、昨年はクリスチアーノ・ロナウドが仁王立ちしていたエッフェル塔から舞台を変え、ファッションショーのパリ・コレなどで使われるグラン・パレで優雅に行われたセレモニーでは予想通り、モドリッチが10年に渡るロナウド、メッシの独占時代に終止符を打ち、UEFA最優秀選手、FIFAベストに続いて、バロンドールも受賞したんですけどね。 ▽その場では、自分に賞が確定している時以外、顔を出さないサッカー界の超巨匠たちとは違い、同僚のリュカやレマルに伴われて出席していたグリーズマンも「フランス人が受賞しないのは残念。もしかしてCLの方がW杯より重要なのかな」と愚痴ったぐらいでそれ程、落ち込んでいる風ではなかったのは有り難いんですが、ファンにとって大事なのは今シーズン。クリスマス休暇を挟んで、2月のCL決勝トーナメント開始までには戻って来るとはいえ、アトレティコの前線のパートナー、コスタが治療のため、この先2カ月間欠場というのは、彼にとっても試練の時期にならない? ▽だってえ、まるでその悪夢の先ぶれのように先週末のリーガでは1チームを除いて、マドリッド勢は皆良かったんですよ。まずは金曜、エスタディオ・バジェカスでとうとう待望の1部復帰ホーム初勝利をラージョがゲット。迎えた相手は前節、イプルアで兄貴分のレアル・マドリーに3-0の大金星を挙げたばかりのエイバルだったんですが、それが却って幸いしましたかね。ここずっと降格圏にいて、最速2部Uターンの恐れが刻々と高まっていたマドリッドの弟分チームは前半、ほとんど攻撃に出ず、どこか「Hemos estado atenazados/エモス・エスタードー・アテナサードス(ウチは怯えていた)」(ミチェル監督)感じだったんですが、それで相手を見くびってしまったのが運の尽き。 ▽「勝つつもりで試合を支配していたが、no se si lo hemos visto sencillo o que, que nos hemos ido relajando/ノー・セ・シー・ロ・エモス・ビストー・センシージョ・オ・ケ、ケノス・エモス・イドー・レラハンドー(簡単にできると思ったのかどうかはわからない。ウチはリラックスしてしまった)」とメンディリバル監督も後で言っていた通り、0-0のまま迎えた後半8分、アレックス・モレノがエリア内奥からゴール前に出したラストパスの軌道をエンバルバが変え、先制点が入ったから、平日にも関わらず、スタンドを埋めたファンがどんなに湧いたことか。 ▽いやあ、このエンバルバ、5年前、アトレティコのサウールがレンタル移籍で修行に来ていた頃からいるカンテラーノ(ユースチーム出身の選手)なんですが、厳しい2部時代の2年間も耐え、堂々26才となった今はキャプテンマークを任される存在に。この日でラージョでの公式戦出場150試合達成などと聞くと、ホントに時の経つのは早いんですが、カンテラーノの大先輩であるミチェル監督も先日、同じブラウグラナ(青と紫のストライプ)をまとったバルサ相手に1点リードしながら、残り4分から同点、逆転とされた痛い教訓に学んだんでしょう。最後はFWラウール・デ・トマスを下げ、ティトを入れて、5人DF体制でこの1点を死守。1-0で今季2勝目を挙げることができましたっけ。 ▽まあ、それでも18位と彼らの順位が変わらず、残留ラインまで勝ち点差4あるのは何ですけどね。実はそのラージョと今週火曜、コパ・デル・レイ32強対決ミニダービーで2ndレグを戦う、もう1つの弟分レガネスも翌土曜、バジャドリー戦でいい結果を残していて、アウェイでの白星自体、2017年10月のマラガ戦以来だったとか。おまけにホセ・ソリージャでは前半にCKから、シオバスとオスカル・ロドリゲスのゴールで2点をリード。後半はトニ・ビジャに1点差にされたんですが、21分にはカリージョがGKマシップのミスから3点目を挙げ、更に30分にはdoblete(ドブレテ/1試合2ゴールのこと)となれば、ロスタイムにウナルに1点を返されても痛くも痒くもありませんって(最終結果2-4)。 ▽実際、4得点というのは1部3年目のレガネスにとって、アウェイでは初めてのことで、これにはペレグリーノ監督も「Ha habido mas efectividad sobre el terreno de juego/ア・アビードー・マス・エフェクティビダッド・ソブレ・エル・テレーノ・デ・フエゴ(ピッチでずっと効率的だった)」と満足顔。順位も16位と1つ上がって、降格圏から勝ち点5差となったとなれば、1stレグをホームで2-2と引き分けたため、ゴールを挙げないと勝ち抜けない火曜午後8時30分からのラージョ戦にも力を避けるというものでしょう。 ▽その後も今週は金曜午後9時から、また弟分ダービーとなるリーガのヘタフェ戦をブタルケで迎えるレガネスなんですが、そのお隣さんも土曜の次の時間帯であったエスパニョール戦では決して撃ち負けてはいないことを証明。いやあ、コリセウム・アルフォンソ・ペレスのファンが前節アスレティック戦で終了間際にマタがゴール前で倒されたペナルティ相当のプレーを主審にもVAR(ビデオ審判)にもスルーされ、引き分けで終わった件を抗議、スタンドから一斉pitada(ピタダ/ブーイング)があった前半は無得点で終わったんですが、後半一時、照明塔の1機が消えるアクシデントがあった後、9分にはホルヘ・モリーナがエリア内での個人技から先制ゴールをゲットしてくれるとは、やはり頼りになる36才のエースです。 ▽更に20分にはマタも続き、35分にはアントゥネスがミドルシュートを決めて、ヘタフェは3-0という立派なスコアで完勝。8位ながら、ヨーロッパリーグ出場圏まで勝ち点1と迫ったんですが、残念だったのは「Es decision tecnica/エス・デシシオン・テクニカ(戦術的な理由だ)」(ボルダラス監督)ということで、この日も柴崎岳選手がベンチに入っていなかったことと、続く時間帯でマドリー戦がサンティアゴ・ベルナベウであったため、私が彼らの勝利に立ち会えなかったこと。 ▽うーん、今週はコパ32強対決2ndレグで火曜午後7時30分から、2部のコルドバをホームに迎えるヘタフェなんですけどね。現在、2部で降格圏の21位に沈む相手は1カ月前の1stレグの後、サンドバル監督を解任し、今はクリストバル・トーレス監督が率いているんですが、先勝しているとはいえ、スコアは1-2の僅差。前日記者会見でボルダラス監督は「Están convocados y es posible que estén en el once/エスタン・コンボカードス・イ・エス・ポシブレ・ケ・エステン・エン・エル・オンセ(招集されていて、スタメンに入ることもありうる)」と柴崎選手やアレホについて話していたんですが、果たしてアピールのチャンスはもらえるんでしょうかね。 ▽え、それで土曜最後の試合、バレンシア戦ではマドリーも兄貴分の貫録を見せたのかって?そうですね、先週はCLでローマを0-2で破り、グループリーグ首位通過も決めていた彼らだったため、当日にクロースとマルセロがケガで抜けるというアクシデントはあったものの、それ程、心配はしていなかったんですけどね。まさか前半7分、カルバハルがゴール前に上げたクロスをヴァスが完璧にヘッド、オウンゴールをプレゼントしてくれるなんて!加えて相手方はユベントスに負け、CL敗退となったショックもあったか、「Hemos hecho una primera parte muy cutre/エモス・エッチョー・ウナ・プリメーラ・パルテ・ムイ・クトレ(ウチは前半、とてもしみったれた試合をしてしまった)」(サンティ・ミナ)こともあり、マドリーは1-0でリードしてハープタイムに入ります。 ▽ただ追加点がなかったため、ロッカールームで心を入れ替えたバレンシアは後半早い時間、サンティ・ミナが2度程、GKクルトワに迫ったんですが、フリーのシュートを撃ち上げるわ、次は蹴る前にボールを取られてしまうわとチャンスをモノにできず。おまけにクルトワは交代で入ったバチュアイの1対1のシュートまでcaradon(カラドン/顔面スーパーセーブ)で弾いてしまったとなれば、今季のバレンシアがゴール不足で下位にいるのも納得できるかと。一方、太ももを痛めたベイルがアセンシオに交代、モドリッチもバルベルデに代わり、最後の枠でイスコが入ったマドリーは38分になって、とうとう本領を発揮することに。 ▽ええ、カルバハルがカウンターで駆け上がると、ソラリ監督に「Que fuera determinante cuando tuvieramos una transicion/ケ・フエラ・デテルミナンテ・クアンドー・トビエラモス・ウナ・トランシシオン(ウチに攻守交代のチャンスがあった時、決定的な役割をするように)」と言い含められたイスコとパス交換をした後、ゴール前にクロス。ボールはアセンシオの体に当たって、エリア内にこぼれたものの、ルーカス・バスケスがベンゼマのアシストで2点目を決めてくれたとなれば、もう安心ですって。そのまま2-0で勝利となり、前節のエイバル戦の大敗でミソをつけたソラリ監督も早々に汚名挽回することができましたっけ。 ▽それにしたって、マルコス・ジョレンテやレギロン、ベルベルデら、ソラリ監督がRMカスティージャを率いていた時代から熟知しているカンテラーノを活用しているのとは対照的に、アセンシオやイスコがあまり出してもらえなくなったのは心配じゃないかって?まあ、指揮官の好みもあるでしょうけど、とりわけ気の毒なのは後者でバレンシア戦の後など、ピッチに入る前の着替えの時、アンダーシャツになった姿をTVが後ろから捉えた映像がネタに。深夜のサッカー番組で腰に贅肉がついている、ついていないと延々議論していたのには私もただただ、呆れるばかり。そこへ、これには当人も頭にきたか、インスタグラムに自身の上半身裸体の写真を上げ、「Estoy gordo?/エストイ・ゴルドー(ボクは太っている?)」というアンケートを実施していた日にはもうどっちもどっちかと(https://www.marca.com/futbol/real-madrid/2018/12/02/5c03e6efca47410c1d8b458b.html)。 ▽結果、太ってはいないというファンからの答えがわずかに過半数を超える程度だったのはご愛敬として、こんな技術の進歩した時代ですからね。昔の写真を上げたんじゃないかとか、加工しているんじゃないかとか、散々、茶々を入れられていたのは仕方ない?ちなみにマドリーは今週、憲法記念日の祝日である木曜、午後4時15分(日本時間翌午前0時15分)から、コパ32強対決メリージャ(2部B)戦2ndレグをサンティアゴ・ベルナベウで開催。1stレグが0-4の大勝だったこともあり、慣例的にこのラウンドでは控え選手がスタメンとなることを踏まえ、「次の試合、イスコはtitulalismo(ティトゥラリシモ/不動のレギュラー)」なんてラジオに揶揄されていたのも気の毒だったかと。 ▽そしてその日曜にはマドリッド勢のトリとして、アトレティコがジローナ戦に挑んだんですが、実は彼らは昨季、1部に上がったばかりの相手にホーム、アウェイ共、引き分けるという失態を犯していたんですよね。おまけにゴディン、ヒメネス、ファンフランに加え、先日のCLモナコ戦後にはフィリペ・ルイスまで負傷してしまったDF 陣は最小人員でのオペレーションを余儀なくされ、この日はとうとう、マルチ選手のサウールが左SBとしてプレーすることに。まあ、それでも前半には彼のシュートがゴールバーに弾かれたり、後半もGKボノがケガでイライソスに代わった後、絶好機にparadon(パラドン/スーパーセーブ)されてしまったりと、アタッカーとして存在感を示してはくれたものの…。 ▽もう敵がアトレティコの苦手な3CB制を敷いているせいなのか、バルサ戦、CLモナコ戦と緊張する試合が続いて選手たちが疲れているのか、それとも7000万ユーロ(約91億円)でこの夏、加入したレマルが値段にふさわしい働きをしてくれないせいなのか、私にも理由はわからないんですけどね。メッシに次ぐリーガ2番目の高給取りであるグリーズマンも先週頃から、最後の希望だったバロンドールも逃したという情報が優勢になっていたせいでふて腐れてしまったか、左足小指の中足骨に12年前、埋め込んだボルトの不具合でずっと、痛みに悩まされていたジエゴ・コスタもムリして先発してくれていたんですが、いつになっても点が取れず。 ▽挙句の果てに前半終了間際、ロドリが自陣でパスミス、ロバーツからパスを受け、今季すでに10ゴール挙げてピチチ(得点王)だったストゥアーニがエリアに突っ込んで来るのを見て、さすがのGKオブラクも慌ててしまったんでしょうかね。ボールを奪おうとして相手を倒してしまったから、さあ大変!しかも最初は審判がファールはエリア外として、FKを指示していながら、まさかVAR判定でペナルティにされてしまうとはツイていないにも程がある?ええ、ストァーニがPKを決め、アトレティコは1-0とリードされてしまったんですよ。 ▽え、それでも後半の彼らは途中出場したコレアが自陣から放ったロングパスをコスタが見事にトラップ。シュート寸前に先に足を出したラマーニョがオウンゴールにして同点に持ち込んだんだろうって?そうなんですが、その後のジェルソンの一撃はイライソスに弾かれてしまい、そのまま1-1で終わった彼らはこれで今季アウェイ戦7試合中、5回目の引き分け。実際、ここまでワンダ・メトロポリターノの外ではヘタフェに勝っただけですからね。もうこうなると、夜の試合ではバルサがビジャレアルに勝って首位奪還、セビージャがアラベスと引き分けくれたため、3位は変わらず、1位との差もたった勝ち点3だけといったって全然、慰めになりませんよ。 ▽そしてこの試合、「Está haciendo un esfuerzo. Dejó el alma en cada jugada/エスタ・アシエンドー・ウンエスフエルソ。デホ・エル・アルマ・エン・カーダ・フガダ(大いなる努力をしている。1つ1つのプレーに全霊を懸けてくれた)」(シメオネ監督)コスタがとうとう、このまま足の痛みを我慢するのは不可能と悟ったため、この水曜に母国で手術を受けることになったんですが、いやはや。アトレティコの次の試合は水曜午後7時30分(日本時間翌午前3時30分)から、ワンダでのコパ32強対決サン・アンドレウ戦2ndレグ。相手は3部のチームなんですが、1stレグでは0-1と辛勝でしたからね。抜擢されるであろうアトレティコB(2部B)の精鋭たちに頑張ってもらいたいところですが、この場合、やっぱり念のため、グリーズマンがベンチに入るんですかね。<hr>【マドリッド通信員】 原ゆみこ 南米旅行に行きたくてスペイン語を始めたが、語学留学以来スペインにはまって渡西を繰り返す。遊学4回目ながらサッカーに目覚めたのは2002年のW杯からという新米ファン。ワイン、生ハム、チーズが大好きで近所のタパス・バルの常連。今はスペイン人親父とバルでレアル・マドリーを応援している。 2018.12.04 12:00 Tue
twitterfacebook
thumb

CL16強入りが決まった…/原ゆみこのマドリッド

▽「いや、絶対怖いって」そんな風に私が度肝を抜かれていたのは木曜日、一体どういう巡り合わせなのか、延期されていたコパ・リベルタドーレス決勝2ndレグが12月9日午後8時30分から、サンティアゴ・ベルナベウで開催されるというニュースをスポーツ紙のサイトで見つけた時のことでした。いやあ、元々、ラ・ボンボネーラで行われた1stレグを2-2の引き分けで終えた後、モニュメンタルでの2ndレグは先週土曜、私がワンダ・メトロポリターノでアトレティコとバルサの息詰まるリーガ首位決戦を見ている間にやっているはずだったんですけどね。ボカ・ジュニアーズのチームバスがスタジアム入りの道中、リーベル・プレートのファンによる投石に遭って選手が負傷、警官隊が使用した催涙ガスによる被害も加わり、試合は翌日曜に延期されることに。 ▽といったって、ボカの選手たちがの傷が一晩で治る訳もなく、心理的なショックだってありますしね。結局、日曜にも2ndレグは行われず、週明けから、COMMEBOL(南米サッカー連盟)でアルゼンチン国外での開催が協議されていたんですが、最初は1400万ユーロ(約18億円)の報奨金に加え、両チームの移動や滞在費も持つという破格の条件で誘致していたカタールのドバイが、12月18日にリベルタドーレス優勝チームが準決勝をプレーするクラブW杯開催の地、アラブ首長国連邦のアブダビにも近いということで有力視されていたんですよ。 ▽その間、スペインのマスコミは2014年と2016年にCL決勝がマドリーダービーとなった際、リスボンでもミラノでもレアル・マドリーとアトレティコのファンたちが暴力騒ぎを起こしたことはなかったなんて、ちょっと上から目線で語っていたものですけどね。それがいきなり、スペインには大勢のアルゼンチン人が住んでいるし、マドリッドの治安当局が安全にお墨付きを与えたとかで、レアル・マドリーがアウェイ戦でいない週末、クラブがリベルタドーレス決勝会場を提供することにCOMMEBOLもFIFAもボカもリーベル・プレートも合意って、晴天の霹靂ってまさにこのことかと。 ▽だってえ、確かに10年ぐらい前まではダービー前、サンティアゴ・ベルナベウやビセンテ・カルデロン周辺でウルトラ(過激なファン)たちが爆竹やビール瓶を投げ合っている姿があったものの、そんな危険な光景に私が出くわしたのはかなりの昔。今はないということは警察がそういうグループの動向を掌握して、厳しく取り締まっているからだと思うんですが、アルゼンチンから海を渡ってくるファンの中にバラス・ブラバス(アルゼンチンのウルトラグループ)のメンバーがいるのか、判別できる?おまけにブエノスアイレスからの映像を見る限り、とてもそれだけとは言えない規模の人数が騒ぎに加わっていたような印象がありますしね。普通のアルゼンチン人ファンでもスーペルクラシコ(ボカvsリーベル戦のこと)では熱狂の度が超えてしまうのではないかという疑念を私が抱いてしまうのはまあ、偏見と言ってしまえばそれまでなんですが…。 ▽そんなことはともかく、今週のマドリッド勢のCLがどうだったか、お伝えしないと。まずはマドリーでこちらは火曜、イタリアでローマと対戦したんですが、「どちらのチームも病気を患っている状態」とデ・フランチェスコ監督が評した一戦で矜持を示したのは、ここ3大会連覇をしているCL王者の方でした。いえ、エースのジェコも回復が間に合わず、他にもペロッティ、デ・ロッシ、ペレグリーニ、パストーレら、主力を欠いていたローマには前半22分にも更なる災いが到来。シャーラウィが負傷し、かつてバルサでプレーしたFWパトリック・クライファールトの19才の息子、ジャスティンが急遽、入らないといけないというアクシデントがあったにも関わらず、ハーフタイム間際にはやはり19才のサニオロのクロスをウンデルがゴール前で受けるというビッグチャンスがあったんですけどね。 ▽ところが、このトルコ人FWも21才と若かったためか、ボールを天高く撃ち上げてしまう大失態。おかげで0-0のまま、後半を迎えることができたマドリーは再開早々の2分、ローマのベテランたちのミスを利用します。ええ、GKオルセンの危なかっしいゴールキックを受けたファシオがヘッドで戻したところ、そのボールを奪ったベイルが決めて先制。続いて14分にもベイルのクロスをベンゼマが頭で落とし、ゴール前からルーカス・バスケスが押し込んでくれたとなれば、一安心じゃないですか。ジェコの代理、22才のチェコ人FWシックもほとんどシュートを撃てなかったローマはそのまま1点も返せず、マドリーが0-2で勝利しましたが、実は早い時間の試合ではCSKAモスクワがビクトリア・プルゼニに1-2と逆転負けを喰らって敗退が決定。 ▽そのため、キックオフ前からマドリーとローマのグループ突破は決まっており、この結果は前者が首位通過を確定しただけにすぎませんが、実はオリンピコでは今後のソラリ監督のチームを方向づけそうな出来事が2つあって、まずは昨季から、これまでほとんど出番のなかったマルコス・ジョレンテの抜擢。ええ、彼は現在、負傷中のカセミロと唯一、同じポジションの選手なんですが、先週末のエイバル戦でもベンチ外となり、セバージョスを使ったマドリーは3-0の大敗を喫することに。「a veces acertamos y a veces nos equivocamos/ア・ベセスアセルタモス・イ・ア・ベセス・ノス・エキボカモス(時には当たるし、時には間違える)」とソラリ監督も認めていましたが、この日の働きでストッパー役としてはセバージョスやクロースよりずっと、信頼できることを証明してくれましたっけ。 ▽ただ今季、ロペテギ監督時代もプレーしたのはたったの11分だけ、ソラリ監督になってもやはりコパ・デル・レイぐらいでしか出番がなかった当人はもう、クラブW杯前にはカセミロが復帰することを計算しているんでしょうね。「Mi sueño es triunfar en el Madrid/ミ・スエニョ・エス・トリウンファル・エン・エル・マドリッド(ボクの夢はマドリーで勝利すること)だけど、冬の移籍市場が開いたら、クラブや家族と話し合って、自分にとって何が最善か決める」そうで、すでに2シーズン前、レンタル移籍でレギュラーを取ったアラベスに戻る交渉が着々と進んでいるのだとか。 ▽そしてもう1つは試合当日、イスコがスタンド見学となってしまったことで、うーん、スペイン代表時代から、彼が一番のお気に入りだったロペテギ監督には重用されていたんですが、ソラリ監督になってプレー時間が激減。それまでの5試合で先発が1度もなかったばかりか、トータルでも76分しか出ておらず、何かあるとちょっと前から噂されていたとはいえ、これにはビックリしたファンも多かったかと。 ▽もちろんソラリ監督は記者会見で「Son decisiones puntuales para momentos puntuales/ソン・デシシオンネス・プントゥアレス・パラ・モメントス・プントゥアレス(その時々の判断だ)」としか言っていないんですけどね。その理由に関しては諸説あって、「遠征を免除されたコパ32強対決メリージャ戦1stレグの夜、彼女と一緒にハロウィンの仮装をした写真をインスタグラムに上げた」(TV)、「練習中に監督がパスの回数を声に出して数えるように指示したところ、イスコがプレーするだけで忙しいと口答えした」(マルカ紙)、「途中出場だったエイバル戦の後、ソラリ監督に失礼な態度をとった」(カデナ・コペ/ラジオ)といった辺りはまあ、理解できるんですが、「イスコは控えにされると必ず、自分のテクニックを見せつけようとフリースタイルのような技を戦術練習でも披露して、コーチ陣に迷惑がられていた」(エル・パイス紙)とまでなると、それって、もしかして要は空気が読めない選手ってこと? ▽どちらにしろ、同僚のマルセロも「No digo que no trabaje pero el fútbol es así/ノー・ディゴ・ケ・ノー・トラバッヘ・ペロ・エル・フトボル・エス・アシー(彼が練習していないって言う訳じゃないけど、サッカーって、そういうものだから)。何を失敗しているかわかって、改善しないと」と言っていたように、イスコがまた頻繁にプレーするためには当人が努力する以外、方法はなし。今週末は土曜午後8時45分(日本時間翌午前4時45分)から、久々のサンティアゴ・ベルナベウでバレンシア戦となるマドリーですが、果たして彼が招集リストに入ることができるのかどうか、興味が持たれます。 ▽ちなみにマルセリーノ監督率いる相手は同じ火曜、ユベントスに後半14分、クリスチアーノ・ロナウドのラストパスをマンジュキッチに決められて1-0で敗戦。それでも同グループのマンチェスター・ユナイテッドが後半ロスタイムまでヤング・ボーイズと0-0で引き分けていたため、最終節の直接対決に望みがあったんですが、フェライニが手を使ってボールをコントロールしながら、ハンドを咎められずにそのゴールが決勝点に。おかげで一気にCLグループ敗退が決まってしまい、来年はヨーロッパリーグに回ることになったんですが、大丈夫。昨季のような例もありますから、今は辛くても逆に強敵の少ない大会でタイトル獲得のチャンスに恵まれたと、バレンシアの選手たちも早めに気分を切り替えられるといいですよね。 ▽え、私がそんな余裕のある態度でいられるのは水曜にアトレティコのCLグループ突破が決まったからなんだろうって?いやあ、その通りで、アゼルバイジャンのカラバフと2引き分けで惨々な目に遭った去年の記憶がまだ消えていないため、ちょっと気分が上がっているんですが、でもねえ。ワンダ・メトロポリターノを訪れたモナコはローマ以上に負傷禍に見舞われていて、その数、13人とも20人とも。すでにCL敗退は決まっていた上、そのせいでリーグ1降格の危機にもあるとあって、キックオフ前、2011年から2013年、2シーズンの在籍で91試合出場70得点という偉業を表彰されたファルカオまで、「ケガから復帰したばかりで、週末のカーン戦でプレーした。この土曜には非常に重要なモンペリエ戦が控えている」(アンリ監督)という理由でベンチ温存されてしまったとなれば、アトレティコが勝てない要素がどこにある? ▽いえ、開始1分28秒でコケのシュートが17才のCBバティアシルに当たり、GKベナリオの意表を突いて先制点になったのは何せ、試合前のアップ最後の練習で1本もゴールに入らなかった彼ですからね。単なるラッキーとしか思えなかったんですが、23分にもコレアがエリア内奥から折り返したパスをグリーズマンが決め、早々に彼らは2点をリードすることに。こうなると、先発に前節までユースリーグでプレーしていた10代の選手を3人も投入、おかげで午後にマハダオンダ(マドリッド近郊)の練習場にあるミニスタジアムで行われた試合では3-0とアトレティコのカンテラーノ(ユースチームの選手)たちが快勝したのはともかく、人出不足のモナコにはどうすることもできませんって。 ▽ただ後半頭からコケをビトロに、順次、レマル、コレアをカリニッチ、サウールと早めにローテーションをかけたアトレティコだったんですが、やっぱり油断してはいけませんよね。「Nos hemos relajado y cuando pasa eso cualquiera nos puede hacer daño/ノス・エモス・レラハードー・イ・クアンドー・パサ・エン・クアルキエラ・ノス・プエデ・アセール・ダーニョ(ボクらはリラックスしてしまって、そういう時はどんな相手でもダメージを与えられる)」とグリーズマンも後で反省していたんですが、ファルカオが大きな拍手に迎えられてピッチに入った頃から、GKオブラクの仕事が増えることに。 ▽それに輪をかけてくれたのはサビッチで何と36分、ティールマンのシュートをエリア内で腕に当て、まさかのイエローカード2枚目をもらって退場って、こちらも負傷で控えDFが1人もいない中、予めCBとしてもプレーできるサウールを投入していたシメオネ監督には予知能力がある?いえ、実際そのプレーでモナコに与えられたPKはファルカオが温かく迎えてくれたアトレティコファンへの感謝にtigre(ティグレ/虎、ファルカオの愛称)の野生の勘が狂ったか、ゴール枠を外してしまい、点差は縮まらなかったんですけどね。 ▽シメオネ監督も「70分までは良かった。Después nos quedamos sin energía, le pudo el esfuerzo del sábado/デスプエス・ノス・ケダモス・シン・エネルヒア、レ・プド・エル・エスフエルソ・デル・サバドー(その後、ウチは土曜の努力が祟って、エネルギーがなくなってしまった)」と後半になって、敵に反撃を許したのをバルサ戦での疲れのせいにしていましたが、いやいや。中にはモナコの半数が10代になってしまった後もグリーズマンのように最後の最後まで、全力で守りに戻る選手もいるんですから、皆がその精神を見習わないと。 ▽ただ、残念なことにそんな彼はどうやら、今年最後の最優秀選手賞であるバロンドールにもモドリッチに負けてしまったようだという報道がここ数日、マドリッドでは流れているんですが、この日のアトレティコにとってのご褒美は午後9時からの試合でドルトムントがホームでクラブ・ブルージュとスコアレスドローに終わったこと。ええ、おかげでグループ通過はモナコ戦勝利で決まっても、直接対決でドルトムントに4-0と大量得点差負けを喰らい、ホームでは2-0でしか勝てなかったため、諦めていた首位突破が最終節、アウェイでクラブ・ブルージュに勝てば叶うことになったんですが、まあそれが幸運を招くかどうかは、他グループの1位2位が決まらないことには何とも。 ▽それよりまず彼らには日曜のリーガ、午後4時15分(日本時間翌午前0時15分)からのジローナ戦で頑張ってもらいたいところですが、さて。ちなみに12年前、足の小指の中足骨に入れたボルトのせいで、ずっと痛みに悩まされ、手術も噂されていたジエゴ・コスタは木曜の練習に普通に参加。その傍らでフィリペ・ルイスがふくらはぎのケガで全治2週間となってしまったため、ゴディン、ヒメネス、ファンフランに加え、どうやらアトレティコのDF人員不足はまだ当分、続くようです。 ▽そして金曜には少しでも残留ラインに近づきたいラージョがエスタディオ・バジェカスにエイバルを迎え、土曜にはようやく前節、降格圏を脱した17位のレガネスがアウェイでバジャドリー戦。ヘタフェは同日、午後6時30分(日本時間翌午前2時30分)から、コリセウム・アルフォンソ・ペレスでエスパニョール戦というのが今週末のマドリッド勢の予定ですが、来週はどのチームもコパ32強対決2ndレグがミッドウィークに控えていますからね。そろそろローテーションもありそうですが、ボルダラス監督が果たして柴崎岳選手を招集してくれるか、ちょっと気になりますね。<hr>【マドリッド通信員】 原ゆみこ 南米旅行に行きたくてスペイン語を始めたが、語学留学以来スペインにはまって渡西を繰り返す。遊学4回目ながらサッカーに目覚めたのは2002年のW杯からという新米ファン。ワイン、生ハム、チーズが大好きで近所のタパス・バルの常連。今はスペイン人親父とバルでレアル・マドリーを応援している。 2018.11.30 22:00 Fri
twitterfacebook
thumb

どちらも首位にはなれなかった…/原ゆみこのマドリッド

▽「CLの方がずっと気楽だわ」そんな風に私が溜息をついていたのは月曜日、ミッドウィークのグループリーグ5節前にマドリッドの両雄の状況を確認していた時のことでした。いやあ、前節に決勝トーナメント進出を決めたバルサ程、余裕な訳ではないですが、どちらも3位とは勝ち点5差がありますからね。レアル・マドリーなど、ローマに勝てば首位突破が決まりますし、アトレティコも1位なれるかどうかはともかく、モナコに勝てば16強入りは確定。引き分けでも最終節で何とかなるとなれば、あまり肩に力を入れることもないんですが、まあそれは置いておいて。とにかく頭が痛かったのは先週末のリーガだったんですよ。 ▽え、先陣を切った弟分のレガネスは金曜の夜、冷たい風が吹きつけるブタルケで見事に白星を掴んだんだろうって? その通りでゴールは前半42分、ニヨムのクロスをジョナタン・シウバが折り返し、エン・ネシリが決めたものだけだったんですが、ペレグリーノ監督は5人DF制を敷いて、2位グループに入っていたアラベスの反撃をシャットアウト。1-0という渋い勝利でしたが、おかげで2カ月間程、浸っていた降格圏をとうとう脱出することに。おまけに日曜にはお隣さんのヘタフェがサン・マメスで引き分けくれたため、アスレティックと勝ち点2差の17位で土曜のバジャドリー戦まで過ごせるとなれば、きっと選手たちもホッとしているに違いません。 ▽ただ、そのヘタフェの試合の結末は不満の残るもので、いえ、先制したのは後半22分にノラスコアインがヘッドを決めたアスレティックだったんですけどね。32分にアマトの撃ち損じたシュートをマタが同点ゴールに変えた後、彼らにはロスタイム終了直前にCKのチャンスが到来。この時、イニゴ・マルティネスがマタに絡みついて倒したプレーはどう見てもペナルティだったんですが、主審がそこでタイムアップを宣告し、VAR(ビデオ審判)による判定もないってあんまりじゃない? シュートを邪魔されたマタなど、猛抗議してイエローカードをもらっていましたが、これでヘタフェは3試合白星なし。次戦、土曜のエスパニョール戦ではコリセウム・アルフォンソ・ペレスでファンと勝利を喜べるといいのですが。 ▽そして最後の弟分、ラージョは土曜のバレンシア戦で3-0と完敗。サンティ・ミナの2発とガメイロのゴールで沈み、この火曜にはCLグループ生き残りを懸け、レアル・マドリー時代の得点ペースが戻って来たクリスチアーノ・ロナウドのいるユベントスにアウェイで挑む相手に今季リーガ戦ホーム初勝利で自信をつけてあげているんですから、太っ腹なのも程々にしないと。おまけにこれで残留圏まで勝ち点6に差が開いてしまった彼らはこの金曜も苦労することが確実。というのも、大金星で意気上がるエイバルをエスタディオ・バジェカスに迎えるからなんですが…はい、その責任は兄貴分にあります。 ▽そう、何とイプルアでソラリ新監督効果がいきなり雲散霧消してしまったんですよ。いえ、前半15分、CKからセバージョスのシュートが弾かれて始まったエイバルのカウンターアタックがはまり、ククレラが敵陣前まで走り上がるとキケ・ガルシアにラストパス。このシュートはGKクルトワが弾いたものの、セバージョスがクリアできず、エスカランテに先制点を奪われてしまった時は代表戦週間前、4連勝していたマドリーだけにまだ、私も近所のバル(スペインの喫茶店兼バー)のTVの前でゆっくり構えていたんですけどね。ベイルやベンゼマ、そしてアセンシオもいながら、まったく攻撃が振るわず、後半6分にはオドリオソラが自陣エリア近くでボールをククレラに取られてしまうという最悪のミスが発生。そこからエンリッチの2点目に繋がり、当のオドリオソラもケガをしてカルバハルに交代って、どうにも嫌な流れじゃないですか。 ▽実際、更に守備の崩壊は続いてその5分後、またしてもククレラからエンリッチは撃てなかったものの、キケ・ガルシアが押し込んで3-0にされたとなれば、もうどうしていいのやら。うーん、その後はクラシコ(伝統の一戦、バルサ戦のこと)、ベルギー代表のスイス戦に続き、1カ月で3度もmanita(マニータ/5失点のこと)を喰らってなるものかという気迫をクルトワが見せ、オレジャナやチャルレスのシュートをparadon(パラドン/スーパーセーブ)してくれたため、それ以上のgoleada(ゴレアダ/ゴールラッシュ)は避けられましたけどね。戦況を変えるため、途中出場したイスコやビニシウスも焼け石に水、そのままマドリーは1点も返せず、負けてしまうことに。 ▽え、その日は全てのゴールに絡む大活躍、エイバルにマドリー戦11試合目で初勝利をもたらした左ウイング、ククレラって、何者なんだって?いやあ、私も知らなかったんですが、彼はバルサのカンテラ(バルサB)出身で今季はバルベルデ監督の構想に入らなかったため、レンタルで修行に出た本職は左SBの選手。大先輩のプジョールやダビド・ルイス(チェルシー)に憧れて、あのようなアフロヘアをしているようですが、そこはまだ20才ですからね。「Es un chaval que ni es rapido, que ni es fuerte/エス・ウン・チャバル・ケ・ニー・エス・ラピドー、ケ・ニー・エス・フエルテ(素早い訳でも強靭な訳でもない子)だが、彼はそれ以上。賢いし、偉大なサッカー選手だ」とメンディリバル監督も褒めていましたが、この先、どこまで成長してくれるのか、ちょっと気になりますね。 ▽一方、マドリー側はこの敗戦の原因について割れていて、先日、デア・シュピーゲル誌にドーピング検査で違反物質が発見された件や検査前に禁止されているシャワーを浴びてしまった件が掲載。それに対して、非合法なことは何もしていないとコメントする必要もあって、ミックスゾーンで喋ったセルヒオ・ラモスは「Cuando no tienes actitud todo es mas dificil/クアンドー・ノー・ティエネ・アクティトゥッド・トードー・エス・マス・ディフィシル(真摯な姿勢で挑まない時はずっと難しい)。意志やプレーの激しさ、リズムで相手と拮抗しないとこういったことが起きる」と、ボール争いのバトルでまったくエイバルの選手たちに勝てなかった自らの不甲斐なさを反省。 ▽それに対して初黒星を喫したソラリ監督は、「No ha habido falta de actitud, los futbolistas trabajaron todos/ノー・ア・アビードー・ファルタ・デ・アクティトゥッド、ロス・フトボリスタス・トラバハロン・トードス(挑む姿勢が足りなかったということはない。選手たちは皆、働いていた)」と庇っていたんですが、何せバランなど、試合終了直後のピッチインタビューで、「Hay un problema colectivo/アイ・ウン・プロブレマ・コレクティーボ(チームとして問題がある)」と全体的な機能不全を訴えていましたからね。実際、不振が続いて解任されたロペテギ監督とソラリ監督、それ程、戦術的に違いがある訳ではなく、プレーする選手たちは同じですからね。監督交代のリフレッシュ感がなくなった後、元の状態に戻ってしまうのは仕方ない? ▽そうは言ってもまだシーズンは長いんですし、3連覇している得意の大会、CLを迎えるんですから、ここは選手たちも気合を入れ直してほしいところかと。月曜にはナチョ、カセミロ、そしてヒザの治療をしているGKケイロル・ナバスにオドリオソラも加わった負傷者陣をマドリッドに残し、イタリアに発ったマドリーですが、ローマ戦のキックオフは火曜午後9時(日本時間翌午前5時)。この相手にはグループリーグ1節で3-0と快勝している上、向こうはエースのジェコの出場が微妙だそうですから、ここまでリーガ13試合で19失点というザル守備を改善するためにも、まずは無失点勝利を目指すといいかもしれませんね。 ▽そして土曜の夜はワンダ・メトロポリターノにバルサ戦を見に行った私だったんですが、何だか全然、パッとしない試合だったんですよ。いえ、ファンはこの新スタジアム初のスタンド全面モザイクを用意し、「Eres de Espana aureola y del futbol el coloso/エレス・デ・エスパーニャ・アウレオラ・イ・デル・フトボル・エル・コロソ(君たちは後光差すスペイン、サッカーの巨人だ)」という大横断幕も首位決戦前の雰囲気をこれ以上はないぐらいに盛り上げてくれたんですけどね。いざ、ボールが走りだしてみると、アトレティコはもちろんのこと、相手までが4-4-2の陣形を使い、セルジ・ロベルト、ブスケツ、アルトゥール、アルトゥーロ・ビダルの4MFで中盤を固めているって、そりゃあ、コケも後で「Era un partido de 0-0, no pasaba nada/エラ・ウン・パルティードー・デ・セロ・セロ、ノー・パサバ・ナーダ(0-0の試合だった。何も起きなかったよ)」と言っていたように、チャンスなんて滅多に生まれませんって。 ▽といってもアトレティコファンは前半スコアレスドローには慣れっこなので、ハーフタイム入り前にセルジ・ロベルトが左太ももを負傷。全治3週間となって、後半からラフィーニャが出て来るのを静かに見守っていたんですけどね。ボールポゼッションも少なく、唯一、カウンターからグリーズマンが抜け出るのに成功した15分、ゴール前へのキラーパスをピケに阻まれ、ジエゴ・コスタが撃てなかった時には、それこそ失望感がスタンドに広がったものでしたが、いえいえ、待てば海路の日和ありです。35分に初めてアトレティコがCKをゲットしたところ、そのちょっと前から交代を頼んでいたコスタがラフィーニャより頭一つ高く跳んでヘッド。これが決まったから、どんなにファンたちが歓喜したことか! ▽でもねえ、今季の彼らはあまり1-0で逃げ切ることができないんですよ。リードしてすぐ、今季ようやくリーガ初ゴールを挙げたコスタがコレアに代わる傍ら、バルベルデ監督はデンベレを投入。敵がパススピードをアップして猛攻体勢に入る中、どうやらこの選手、代表戦週間前も徹夜でゲームをしていて練習に来られなかったり、それで招集されなかったベティス戦でもカンプ・ノウにキックオフ後に着いたりとピッチ外のトラブルばかりが注目されるため、ついつい試合では敵方も無警戒になってしまうんでしょうかね。先日のラージョ戦でも終了間際、気がつくとフリーでエリア内左に出現、バルサの逆転勝利に繋がる同点ゴールを決めていましたが、この日も後半45分、メッシのスルーパスを受け、誰にも邪魔されずにGKオブラクとリュカの股間を破るシュートを放たれてしまってはねえ。 ▽結局、そのまま1-1で引き分けたアトレティコでしたが、これでシメオネ監督は8年連続、リーガのバルサ戦で勝利できてないことに。当人はまるで引き分け狙いのような戦術を問われ、「Competimos de la misma manera desde hace siete anos y es dificil que nos cambien/コンペティモス・デ・ラ・ミスマ・マネラ・デスデ・アセ・シエテ・アーニョス・イ・エス・デフィシル・ケ・ノー・ノス・カンビエン(7年前から同じ方法で競っていうから、変えるのは難しい)」と言っていましたけどね。その辺は本当に、「アトレティコはもっと攻撃に出られるだけの選手がいるけど、シメオネ監督流で成功してきたんだから、変えないよね」というジョルディ・アルバの言葉通りかと。 ▽それでも試合後、ブスケツに「El Atletico plantea los partidos asi/エル・アトレティコ・プランテア・ロス・パルティードス・アシー(アトレティコはああいう風に試合をプランニングする)。あまり楽しめないけど、そういう考えなんだから、リスペクトしないと」と皮肉られたのに、「Siempre que juego al futbol me divierto/シエンプレ・ケ・フガール・アル・フトボル・メ・ディビエルト(サッカーをプレーする時、ボクはいつも楽しいよ)」というコケの屈託のない発言を聞くと、そうか、あんな展開でも楽しいとは幸せで羨ましいなんてつい、私も思ってしまいますけどね。 ▽確かに今季は失点が多いバルサもこの日は手堅く守っていたため、試合を通じて両チームのシュートは3回だけ、アトレティコはゴールになった1回だけとなれば、どっちもどっちだったんですが、負傷者に関しては向こうの方がババを引いたかと。ええ、試合前から足が痛かったコスタが交代しただけのアトレティコに比べ、バルサは途中出場で最後までプレーしたラフィーニャが試合後、ヒザの靭帯を断裂していたことが発覚。更に月曜にはルイス・スアレスもヒザの痛みで全治2週間、アルトゥールも左太ももの筋肉痛で水曜のCL5節、PSV戦に出られないんですから、まったくツイていません。 ▽いえ、水曜午後6時55分(日本時間翌午前2時55分)から、再びワンダにモナコを迎える彼らもコスタの回復は微妙、ゴディンとヒメネス、そしてファンフランは間に合わないというハンデはあるんですけどね。それでも相手は先週末、カーンにファルカオのFKゴールで0-1と、アンリ監督になって初の勝利を掴んだというのはあるんですが、CLではすでにグループリーグ敗退が決定。それだけに必死感は薄れているため、もしかしたら前節、2-0で勝ったドルトムント戦のような、勇敢なアトレティコが見られる可能性もある?リーガではバルサとの差は勝ち点1で変わらず、漁夫の利で首位をバジャドリーに勝ったセビージャに持っていかれたとしても2差で3位のままの彼らですから、今週はとにかく、CLグループ突破をしっかり決められるといいですよね。<hr>【マドリッド通信員】 原ゆみこ 南米旅行に行きたくてスペイン語を始めたが、語学留学以来スペインにはまって渡西を繰り返す。遊学4回目ながらサッカーに目覚めたのは2002年のW杯からという新米ファン。ワイン、生ハム、チーズが大好きで近所のタパス・バルの常連。今はスペイン人親父とバルでレアル・マドリーを応援している。 2018.11.27 12:00 Tue
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース