レアル・マドリー、ジダン後任は評価うなぎのぼりの名将か2017.11.04 11:36 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽レアル・マドリーのフロレンティーノ・ペレス会長が、同クラブを率いるジネディーヌ・ジダン監督の後任として、トッテナムのマウリシオ・ポチェッティーノ監督(45)に目を付けているようだ。イギリス『デイリー・メール』が報じた。

▽2016-17シーズン途中にマドリー指揮官に就任したジダン監督は、そのシーズンにいきなるチャンピオンズリーグ(CL)を制覇。さらに昨シーズンは現行制度に変わってからの前人未到のCL連覇に加えてリーガエスパニョーラも制覇した。

▽しかし、今シーズンはここまでライバルのバルセロナに8ポイント差をつけられるなど後塵を拝しており、すでに公式戦で3敗を喫している。先日には、リーガエスパニョーラ第10節で格下のジローナに敗れると、1日のCLグループH第4節ではトッテナムに敗れた。

▽世界屈指のクラブだけに、これだけで監督の去就が取りざたされることになる。ジダン監督がシーズン終盤にかけてチームを改善できずに退くことになれば、ポチェッティーノ監督が後任の最優先ターゲットとなるとのことだ。ポチェッティーノ監督はこれまで、エスパニョール、サウサンプトンと確実に実績を残し、そしてトッテナムでは若手を育成しながらも着実にチームを成長させてきており、大きく評価を高めている。

▽ペレス会長とポチェッティーノ監督はこれまでメディアの前に良好な関係であることをうかがわせている。さらに、マドリーはトッテナムのMFデレ・アリとFWハリー・ケインの獲得を狙っているとの報道もされてきたが、トッテナムの重要人物たちが揃ってスペインに渡るということもあり得るのだろうか。

コメント

関連ニュース

thumb

C・ロナウド、エスコートキッズから「君が世界最高で、メッシは…」と話しかけられて「良くないよな」

レアル・マドリーのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドが、21日のリーガエスパニョーラ第20節デポルティボ戦の開始前にエスコートキッズと行ったやり取りが話題となっている。リーガのテレビカメラが、その様子を捉えていた。<br><br>ピッチに入る前、チームメートともにトンネルで待機していたC・ロナウドは、エスコートキッズから「僕にとっては君が世界最高で、メッシは&hellip;」と話しかけられ、「良くないよな」と続けた。すると違う子が「(メッシは)最低さ」と口を挟み、それに対しては笑みを浮かべながら親指を立てている。<br><br>このやり取りに、ベイルらレアル・マドリーの面々は笑みを浮かべていた。なおその後に行われた試合は、レアル・マドリーの7-1大勝で終了。C・ロナウドは2得点を決めている。<br><br>提供:goal.com 2018.01.22 10:30 Mon
twitterfacebook
thumb

流血C・ロナウド、試合中にiphoneで●●を確認

▽レアル・マドリーに所属するポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドの試合中に行ったある行動が話題を呼んでいる。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えた。 ▽レアル・マドリーは21日、リーガエスパニョーラ第20節でホームにデポルティボを迎え、7-1と爆勝。C・ロナウドも4試合ぶりの一発を含む2ゴールを決め、チームの4試合ぶりとなる白星に貢献した。 ▽だが、そのC・ロナウドは84分、自身2ゴール目のヘディング時に相手DFのキックが顔面に直撃して流血。治療で一時ピッチを離れる際、ドクターからiphoneを借り、カメラ機能で負傷状態を確認した。 ▽なお、レアル・マドリーを率いるジネディーヌ・ジダン監督は試合後、「彼は2、3針の傷を負った。でも、大丈夫だよ」と語り、ポルトガル人スコアラーの軽傷をアピールしている。 2018.01.22 08:45 Mon
twitterfacebook
thumb

C・ロナウドが新年初弾含む2G! ベイル、ナチョも2Gでデポルティボに7発のマドリーが4戦ぶり勝利《リーガエスパニョーラ》

▽リーガエスパニョーラ第20節のレアル・マドリーvsデポルティボが21日にサンティアゴ・ベルナベウ行われ、7-1でマドリーが大勝した。 ▽直近のリーガ3試合1分け2敗と勝ちなしの大不調に陥る4位のマドリー(勝ち点32)が、直近4戦1分け3敗と同じく勝ちのない18位のデポルティボ(勝ち点16)をホームに迎えた一戦。マドリーは、直近の試合であるコパ・デル・レイ準々決勝レガネス戦1stレグ(1-0でマドリーが勝利)からスタメンをヴァランとカルバハル、マジョラル以外の全員を変更し、GKにケイロル・ナバス、DFにカルバハル、ヴァラン、ナチョ、マルセロ、中盤にカゼミロ、クロース、モドリッチ、3トップにC・ロナウド、マジョラル、ベイルを起用した。 ▽折り返しを迎えたリーガで、3-0で勝利した開幕節と同一のカードに臨むマドリー。昨年末にクラブ・ワールドカップに出場した関係で1試合未消化ではあるものの、首位のバルセロナ(勝ち点51)との勝ち点差は「19」と優勝は絶望的な状況に。さらに前日の試合で5位のビジャレアルが勝利して勝ち点を「34」まで積み上げたため、結果如何でチャンピオンズリーグ(CL)圏外の5位に転落する可能性のある、絶対に負けられない試合となった。 ▽この試合最初のチャンスは4分、右サイドのベイルが独力で突破してクロスを供給。しかし、中央のC・ロナウドが高く飛び上がって放ったヘディングシュートは、枠を超えていく。続く6分にも、ボックス内右からのモドリッチの折り返しにマジョラルがダイレクトシュートを放ったが、GKルベン・マルティネスにセーブされた。 ▽逆に17分には、カウンターから抜け出したアンドネがボックス内に侵攻。しかし、抜かれれば決定的となる場面で対峙していたカゼミロがボールを奪取し、マドリーは危機を脱する。 ▽しかし24分にはスローインの流れから再びデポルティボにチャンス。L・ペレスが上手くボックス内左でヴァランと入れ替わり、クロスを供給する。ファーに走り込んだアドリアン・ロペスが滑り込みつつ足で合わせ、値千金の先制弾とした。 ▽すぐさま反撃を目指すマドリーは、28分にマルセロが左サイドからクロスを入れると、ファーのC・ロナウドが至近距離から頭で狙ったが、GKルベン・マルティネスがファインセーブ。こぼれ球に詰めたマジョラルのヘディングシュートも、枠を捉えることができない。 ▽それでもマドリーの押し込む時間が続くと、32分に再びマルセロがボックス内に侵攻して中央マイナス方向に折り返す。するとボックス内まで上がっていたナチョがワンタッチで合わせ、試合を振り出しに戻した。 ▽さらに42分、またしてもマルセロがボックス左でボールを持つと、今度はファーのベイルに渡る。足元にボールを収めたベイルは、ボックス右から左足で力強いシュートを放ち、ファーのネットに突き刺した。 ▽先制したデポルティボだったが、点差を守ることができずに前半が終了。マドリ―のリードで試合は折り返しを迎える。 ▽後半に入ると、マドリーはさらにリードを広げる。58分、左CKのキッカーをクロースが務めると、精度の高いボールを供給。走り込んだベイルが頭で合わせ、自身の2得点目とした。 ▽62分には、右サイドでボールを持ったベイルがボックス内左のマジョラルにクロスを送る。競り勝ったマジョラルは頭でボールを捉えたが、シュートは枠を外れていく。ジダン監督は、直後の64分にマジョラルに代えて負傷明けのベンゼマを投入。これにより、C・ロナウド、ベンゼマ、ベイルが並ぶ“BBC”が結成されることに。 ▽勢いに乗る68分、右サイドのベイルがボックス手前中央にパスを送ると、待ち構えていたC・ロナウドがヒールでフリック。背後のモドリッチがボックス手前からシュートを狙い、ゴール右下隅を射抜いた。 ▽マドリーにとって良いムードが続くと、72分にボックス内でC・ロナウドにシュートチャンスが訪れる。しかし、至近距離から左足を振り抜いた強烈なシュートは、枠を右に外れる。 ▽それでも78分、カゼミロが右サイドからクロスを上げると、ベンゼマが相手DFを引き連れてボックス左にスペースを作る。すると、フリーの状態でボックス内に飛び込んだC・ロナウドが待望の2018年初得点を決め切った。さらに84分、途中出場のL・バスケスの右からのクロスに、C・ロナウドがダイビングヘッド。頭がDFシェアーのスパイクに当たり流血するアクシデントに見舞われながらも、得点を渇望する男が自身のこの日2得点目を記録した。 ▽さらに試合終盤の89分には、右CKからナチョもこの日の2得点目をマークし、チームの7点目に。ディフェンダーながら先制ゴール、最後のゴールを決め、自身がスタートさせたゴールショーを締めくくった。 ▽直後に試合が終了。この結果、ベイル、C・ロナウド、ナチョがそれぞれ2ゴールを記録してリーガ4戦ぶりの勝利を手にしたマドリーは、CL圏外転落を回避することに。対するデポルティボは連敗に突入し、5戦勝ちなしとなった。 2018.01.22 02:10 Mon
twitterfacebook
thumb

ケパがレアル・マドリー行きに“ノー”! ビルバオと契約延長へ

▽今冬のレアル・マドリー加入が有力視されているアスレティック・ビルバオのスペイン代表GKケパ・アリサバラガ(23)がクラブとの契約延長に応じるようだ。スペイン『アス』が伝えている。 ▽コスタリカ代表GKケイロル・ナバスから守護神の変更を画策するマドリーは、2000万ユーロ(約27億円)に設定されている契約解除金を支払い、今冬にケパの獲得に動くとみられていた。 ▽しかし、ジネディーヌ・ジダン監督が今冬のGK補強を見送ることを示唆するなど、一向に交渉が進まない状況に業を煮やしたケパは、今季終了までとなっている現行契約を延長する決断を下したようだ。 ▽『アス』が伝えるところによれば、ケパは先日にビルバオとの契約延長にサインしたスペイン代表FWイニャキ・ウィリアムズ(23)と同様の長期契約にサインする模様。さらに、契約解除金は現在の2000万ユーロから大幅増額の8000万ユーロ(約108億円)に設定される見込みだ。 ▽ケパの翻意によってマドリーは、チェルシーのベルギー代表GKティボー・クルトワ(25)やマンチェスター・ユナイテッドのスペイン代表GKダビド・デ・ヘア(27)への関心を強めていくことになるかもしれない。 2018.01.22 01:26 Mon
twitterfacebook
thumb

低調レアル・マドリーとの試合に臨むデポル、監督は「彼らとの対戦に最高のタイミングなどない」

21日のリーガエスパニョーラ第20節、デポルティボは敵地サンティアゴ・ベルナベウのレアル・マドリー戦に臨む。調子を落としている強豪との対戦だが、クリストバル・パラロ監督はそのために「より難しい」試合になるとの見解を示している。<br><br>レアル・マドリーは、リーガここ3試合で勝利なしと調子が上がらない。だが、この試合の前日会見に出席したクリストバル監督は、勝利を取り戻そうと必死の相手だからこそ、困難な一戦を強いられるとの考えを述べた。<br><br>「彼らとの対戦が良いものであるはずがない。レアル・マドリーは世界最高の一チームなんだよ。現在の彼らは傷を負っており、ファンに喜びを与えることを求めている。より難しい試合を強いてくることは間違いない」<br><br><br>提供:goal.com 2018.01.21 22:36 Sun
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース