北京国安、セレソン主力MFレナト・アウグストと新契約締結!2017.11.03 01:34 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽中国スーパーリーグに所属する北京国安は2日、ブラジル代表MFレナト・アウグスト(29)と2021年までの新契約を締結したと発表した。

▽これまでフラメンゴ、レバークーゼンといったクラブで活躍してきたアウグストは、2016年1月に多くのヨーロッパのビッグクラブからオファーが舞い込んだ中、北京国安に完全移籍で加入。ここまで公式戦55試合に出場し、10ゴール9アシストを記録している。

▽また、ヨーロッパや南米のクラブに比べ、実力が劣る中国のクラブに在籍するディスアドバンテージを背負いながらもチッチ監督率いるブラジル代表で主力に定着しており、来年に行われるロシア・ワールドカップ本大会出場も有力視されている。
コメント
関連ニュース
thumb

後半怒涛の猛攻を見せた中国がタイを逆転で下しベスト8進出!《AFCアジアカップ2019》

AFCアジアカップ2019の決勝トーナメント1回戦、タイ代表vs中国代表が20日に行われ、中国が2-1で勝利した。 グループA2位のタイと、グループC2位の中国が激突した一戦。タイは、横浜F・マリノスのティーラトンや北海道コンサドーレ札幌のチャナティップ、昨季までサンフレッチェ広島でプレーしたティーラシンが先発に。一方、中国はここまで2ゴールずつ記録しているウー・レイとユ・ターパオらがスタメンに顔を揃えた。 序盤は体格で勝る中国がフィジカルを生かしてタイゴールに迫る。中盤を飛ばしてシンプルに前方へボールを放り込む攻撃で、10分に味方からのラフな浮き球パスをボックス右で受けたウー・レイがチャンスに。シュートはGKシワラックの正面に飛んでゴールとはならなかった。 対するタイは、中国の素早いチェックに苦しみなかなかボールを収めることができない。そんな中、23分に敵陣右サイドの深い位置でFKを獲得すると、ティーラトンが意表を突いて直接ゴールを狙う。左足から放たれたシュートは枠を捉えていたが、Gkヤン・チュンリンに弾き出された。 ここからタイに攻撃のリズムが生まれ始める。27分、自陣のFKを前線のジャディートにつなげると、ジャディートはティーラシンとのワンツーで守備網を掻い潜りゴール右を掠める惜しいシュートを放つ。さらに、29分のティーラシンのヘディングシュートで左CKを獲得したタイはこのチャンスをモノにする。 タイは、ティーラトンが上げたクロスの跳ね返りを拾い、ヘーミボーンがボックス手前からシュート。これがゴール前のジャディートに繋がり、うまくトラップしてボールを足元に収めたジャディートは、素早い反転からシュートを押し込んだ。 先制したタイは肩の力が抜けて中盤でボールが回せるように。チャナティップを中心に、序盤は苦しんだ中国のプレスをひらりと躱しながら前に進めていく。36分にもジャディートに惜しい場面が訪れたものの、シュートは枠の外に逸れ、試合はタイの1点リードで折り返した。 後半に入り、攻勢を強める中国は48分に左サイドを突破したガオ・リンのクロスをボックス中央でウー・レイがダイレクトで狙っていくが、上手くミートできずシュートは力なく枠の右へ。その後にもウー・レイに立て続けにビッグチャンスが訪れたが、シュートで終えることができなかった。さらに60分には、フォン・シャオティンが味方とのワンツーでボックス左を突破しゴール前にクロスを供給。ここにユ・ターパオが飛び込んだが、至近距離からのシュートはGKシワラックのビッグセーブに阻まれた。 勢いづく中国は64分にユ・ターパオとリュウ・ヤンを下げてシャオ・ジーとジン・ジンダオを投入。するとこの交代が功を奏す。67分、チェン・チーが敵陣右サイド深くでボールを奪い山なりのクロスを上げる。これをシャオ・ジーが頭で強烈なシュートを見舞うと、GKシワラックに一度は防がれるものの、跳ね返りを押し込んで試合を振り出しに戻した。 このゴールで完全に流れを取り戻した中国は70分に、ガオ・リンがボックス内でクルケーウに倒されPKを獲得。自らこのPKを沈めて、中国が逆転に成功した。 後半は全く攻撃できないタイ。スコアは動かないまま後半アディショナルタイムに入る。ヘーミボーンがボックスの外からゴール右上を突いたシュートを放ったが、GKヤン・チュンリンがチームを救うビッグセーブ。その後まもなく試合終了の笛が鳴り、中国が2-1で逆転勝利を収めた。ベスト8の対戦相手はイラン代表vsオマーン代表の勝者となる。 2019.01.21 00:57 Mon
twitterfacebook
thumb

物議醸し加入もメンバー外続くマウコム、広州恒大行きを選択か

バルセロナに所属するブラジル代表FWマウコム(21)が、広州恒大行きを選ぶ可能性があるようだ。スペイン『マルカ』が報じた。 昨年夏に4100万ユーロ(約51億円)の移籍金でボルドーからバルセロナに加わったマウコム。その直前にはボルドーとのクラブ間合意がローマから発表されていたが急転直下のスペイン行きとなり、物議を醸した移籍オペレーションだ。 しかし、半ば“強奪”のような形でマウコムを獲得したバルセロナはその戦力を生かし切っていはいない。今シーズンここまでの成績は、公式戦10試合2ゴール。直近の2試合であるリーガエスパニョーラ第19節エイバル戦、コパ・デル・レイ5回戦2ndレグのレバンテ戦ではベンチメンバーにも入らなかった。特にレバンテ戦では移籍寸前と報じられているデニス・スアレスが出場機会を与えられており、マウコムに将来への不安を抱かせる出来事が続いている。 『マルカ』によると、マウコムは昨年末にエバートンからの関心が伝えられた際には残留を決断。しかし、現在では退団を検討するようになっており、昨年末にも関心が噂された広州恒大からの正式オファーを待っている状態だという。 とはいえ、バルセロナではFWルイス・スアレスのバックアッパーが不在になっており、これ以上のアタッカーの流出は避けたいところ。新戦力を獲得する資金を欠いているともみられており、マウコムの退団は困難かもしれない。もし移籍するとなれば、少なくとも3000万ユーロ(約37億円)の移籍金が求められるようだ。 2019.01.19 17:35 Sat
twitterfacebook
thumb

今大会初出場のソン・フンミンが貫録の2G演出! 中国撃破の韓国が3連勝で首位通過《AFCアジアカップ2019》

AFCアジアカップ2019グループC第3節、韓国代表vs中国代表が16日に行われ、韓国が2-0で勝利した。この結果、韓国の首位通過および中国の2位通過が決定した。 共に2連勝ですでにグループステージ突破を決めている韓国(勝ち点6)と、中国(勝ち点6)によるグループ首位通過を懸けた一戦。 ここまで2試合連続で辛勝の韓国はトッテナムとの協議で2試合を欠場したエースでキャプテンのソン・フンミンがこの試合で大会初先発を飾った。 これまでと選手の配置を入れ替えて前線から圧力をかけていく中国に対して、トップ下のソン・フンミンに完全な自由を与える[4-2-3-1]の布陣を採用した韓国はそのソン・フンミンを起点に序盤から決定機に迫っていく。 すると13分、ボックス右でキム・ムンファンから横パスを受けたソン・フンミンがDF2枚を相手に仕掛けると、DFシ・ケに倒されてPKを獲得。これをキッカーのファン・ウィジョが冷静に左隅へ流し込み、韓国が先制に成功した。 これで首位通過にゴールが必要となった中国は反撃を開始。失点直後のセットプレーで惜しい場面を作ると、18分にはジン・ジンダオがフィードに抜け出してボックス内でシュートを放つが、これはわずかに枠の上に外れる。 対する韓国も22分にはファン・ウィジョの落としからファン・ヒチャンが強烈な右足のシュートを枠に飛ばすと、続く23分にはカウンターからソン・フンミンのパスを受けたファン・ウィジョがボックス左45度から右足を振り抜くが、いずれもGKの好守と右ポストに阻まれた。 その後はやや韓国ペースながらも一進一退の攻防が続いたが、互いに最後の場面での決め手を欠き前半は韓国の1点リードで終了した。 迎えた後半、3バックに変更して反撃に出る中国に対して、韓国が再び立ち上がりにゴールをこじ開ける。51分、左CKの場面でキッカーのソン・フンミンが絶妙なインスウィングのクロスを入れると、ニアに走り込んだキム・ミンジェが打点の高いヘディングで合わせた。 痛恨の2失点目を喫した中国は57分にチェン・チーを下げてチ・チョグオ、61分には筋肉系のトラブルに見舞われたウー・シイを諦めてガオ・リンを投入。だが、韓国の鋭いカウンターに晒されてなかなか攻撃に出ることができない。 3点目を奪って試合を決めたい韓国はファン・ウィジョ、ファン・ヒチャン、キム・ムンファンと幾度か惜しいシュートを放つが、最後の場面で粘る相手守備を崩し切れない。それでも、試合をコントロールする韓国はファン・ウィジョ、ソン・フンミンと主力を下げて逃げ切り態勢に入る。 そして、中国にチャンスらしいチャンスを作らせぬまま、グループリーグ3試合連続クリーンシートを達成した韓国が首位通過を決めた。 この結果、首位通過の韓国は決勝トーナメント1回戦でグループA/B/F3位チームのいずれかと対戦することになり、2位通過の中国はグループA2位のタイ代表との対戦が決定した。 また、同時刻開催となったキルギス代表vsフィリピン代表は、キルギスが3-1で勝利した。この結果、グループ3位に入ったキルギスは決勝トーナメント進出の可能性を残している。 2019.01.17 00:26 Thu
twitterfacebook
thumb

辛勝の韓国がGS連勝で中国と共に決勝T進出を決める! 次節は首位通過を懸け両者が激突《AFCアジアカップ2019》

AFCアジアカップUAE2019のグループC第2節キルギス代表vs韓国代表が11日に行われ、0-1で韓国が勝利した。 初戦のフィリピン代表戦をファン・ウィジョのゴールで辛勝した韓国と、中国代表に1-2と惜敗したキルギスの一戦。韓国はフィリピン戦から先発を3人変更。キ・ソンヨン、イ・ジェソン、キム・ジンスに代えてイ・チョンヨン、ファン・インボム、ホン・チョルを先発で起用した。 試合は立ち上がりから韓国が押し込む展開となるが、フィリピン戦同様に最後の場面で精度を欠きなかなかゴールをこじ開けることができない。すると、韓国は34分にピンチを迎える。右CKのセカンドボールをボックス手前のベルンハルトがボレーシュート。さらにDFに当たったボールをサギュンバエフに押し込まれたが、このシュートはGKキム・スンギュがキャッチ。 ピンチを凌いだ韓国は、36分に決定機。右サイドからカットインした味方のスルーパスをボックス右深くでク・ジャチョルが折り返すと、最後は逆サイドでフリーのイ・チョンヨンが合わせたが、シュートは枠の上にふかしてしまう。 しかし42分、韓国はホン・チョルの右CKからニアに走り込んだキム・ミンジェがヘディングシュートを流し込み、先制に成功した。 迎えた後半、先にチャンスを作ったのはリードする韓国だった。68分、左サイド深くまで侵入したホン・チョルのクロスをゴール前のファン・ウィジョがヘディングシュートで合わせたが、これはクロスバーを直撃した。 さらに76分には、ファン・ヒチャンに決定機が訪れたが右クロスからヘディングシュートはクロスバーに当たり、枠の上に外れた。結局、試合はそのまま0-1で終了。キム・ミンジェ弾で逃げ切った韓国がグループステージ連勝で決勝トーナメント進出を決めた。韓国は、16日に行われる第3節で中国とグループ首位通過を懸けて対戦する。 また、同日開催となったグループC第2節もう一試合のフィリピンvs中国は0-3で中国が勝利した。試合は40分にウー・レイにゴールで中国が先制すると、66分にもウー・レイがゴールネットを揺らし2点目を奪う。 さらに中国は80分、右CKをニアでウー・シイがフリックすると、相手DFに当たったこぼれ球を途中出場のユ・ターパオが頭で押し込み、試合を決定づける3点目。韓国と共に2連勝で16強入りを確定させた。 2019.01.12 03:15 Sat
twitterfacebook
thumb

ユナイテッドがカラスコに関心!

マンチェスター・ユナイテッドが、大連一方(中国スーパーリーグ)に所属するベルギー代表MFヤニク・フェレイラ=カラスコ(25)に関心を示しているようだ。フランス『フット・メルカート』が報じた。 カラスコは、昨年冬の移籍市場でアトレティコ・マドリーから大連一方に移籍。モナコでチャンピオンズリーグ(CL)ベスト8入りに貢献したことが評価され、2015年に加入したアトレティコでは背番号10を与えられるなど少なくない期待が寄せられていただけに、中国移籍当初は多くの批判に晒された。 それでも、カラスコは依然として移籍市場において高い評価を受けており、イタリア『コッリエレ・デッラ・セーラ』はミラン移籍の可能性を伝えている。しかし、『フット・メルカート』はこの報道を「具体的な情報は何もない」と否定。むしろ、ユナイテッドからの関心が存在していると主張した。 昨年には、中国スーパーリーグ25試合で7ゴール9アシストの数字を残したカラスコ。ロシア・ワールドカップ(W杯)でもベルギー代表の3位フィニッシュに貢献した未完のアタッカーは、欧州の舞台に舞い戻ってくるのだろうか。 2019.01.05 21:05 Sat
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース