フル出場香川が鮮やかなアシスト記録も格下アポエルに連続ドローのドルトムントが敗退危機…《CL》2017.11.02 07:32 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽チャンピオンズリーグ(CL)・グループH第4節、ドルトムントvsアポエルが1日にBVBシュタディオン・ドルトムントで行われ、1-1のドローに終わった。なお、ドルトムントのMF香川真司はフル出場し1アシストを記録した。

▽勝ち点7で並ぶトッテナムとレアル・マドリーに大きく水をあけられた3位ドルトムント(勝ち点1)は、今回の最下位アポエル(勝ち点1)戦で勝利を逃がし、前述の首位攻防戦がドローに終わった場合、2節を残して敗退が決定する絶体絶命な状況。しかし、国内リーグでは直近のハノーファー戦で2-4の大敗を喫するなど、2敗1分けで3戦未勝利と不振に陥っている。

▽前回対戦で引き分けたアポエル相手に今季CL初勝利を目指すドルトムントは、ハノーファー戦から先発5人を変更。ザガドゥー、シュメルツァーに代わってラファエウ・ゲレイロ、トプラクが最終ラインに入り、中盤はシャヒンとカストロに代わって香川とヴァイグル、前線はヤルモレンコに代わってフィリップがオーバメヤン、プリシッチと共に3トップを形成した。

▽今季CL初勝利に向けて立ち上がりから猛攻に打って出るドルトムントは、中央の香川と右サイドのプリシッチを起点に相手ゴールに襲いかかっていく。開始6分にはゲッツェがファーストシュートを放つと、10分にはゲレイロの左クロスに香川がヘディングシュートを放つ。さらに11分にはボックス内でフィリップのクロスに反応したプリシッチに決定機も、ここは相手GKの好守に遭う。

▽その後も完全に相手を押し込むドルトムントだったが、前回対戦と同様に中央を固める相手の守備に手を焼く。それでも、香川の起点を利かせたダイレクトプレーがアポエルの堅守をこじ開ける。29分、相手陣内中央左でヴァイグルがボックス手前中央の香川に斜めのパスを送ると、これを香川が右足アウトを使ってゴール前に走り込むゲレイロへラストパス。これを今季CL初出場のポルトガル代表DFが左足で流し込んだ。

▽香川の今季CL2アシスト目でリードを奪ったドルトムントは畳みかける攻めで試合を決めにかかる。38分と39分には完璧に裏へ抜け出したオーバメヤンに続けて決定機が訪れるも、いずれも決め切れない。それでも、相手の反撃を許さずに前半を1点リードで終えた。

▽迎えた後半、アレクサンドルに代えてより攻撃的なR・サライをハーフタイム明けに投入してきたアポエルがリスクを冒して前に出る。すると51分、カウンターから左サイドを見事な連係で崩してボックス左ライン際でカルランが折り返したボールを相手DFを背負ったポテが巧みな反転シュートで決めた。

▽課題の守備がこの試合でも耐え切れずに追いつかれたドルトムントは、再び攻撃のギアを入れ直して勝ち越しゴールを目指す。55分にはボックス手前までドリブルで運んだ香川が右足のミドルシュートもわずかに枠の左。さらに62分にはボックス右でオーバメヤンが折り返したボールにゲッツェがダイビングヘッドも、これは相手DFのブロックに遭う。

▽攻勢を続けるもののあと一押しが足りないドルトムントは65分、フィリップを下げてヤルモレンコを投入。さらに72分には疲れの見えたゲレイロを下げてシュメルツァーを同じ左サイドバックに入れる。

▽試合終盤にかけて猛攻に出るドルトムントは、セットプレーからトプラクがヘディングシュートもこれはゴール前の相手DFのクリアに遭う。さらに77分にはボックス左でプリシッチが入れたクロスをファーのオーバメヤンが頭で合わすが、相手GKに触られてクロスバーを叩く。その後もシュートの雨を浴びせたドルトムントだったが、前回対戦同様に最後の一押しが足りず、試合は1-1のドロー。格下相手に痛恨の連続ドローとなったドルトムントは、同時刻開催のトッテナムvsレアル・マドリーがトッテナムの勝利に終わったことで今節の敗退を免れたが、逆転での決勝トーナメント進出が絶望的となった。

コメント

関連ニュース

thumb

「最初は信用できなかった」オーバメヤンが明かすかつてのライバルへの警戒心

ガボン代表FWのピエール=エメリク・オーバメヤンは、フランス代表FWアレクサンドル・ラカゼットとの共存に不安を感じていたようだ。<br><br>オーバメヤンは今年の1月に5600万ポンド(約86億円)の移籍金でドルトムントからアーセナルに加入。ここまでプレミアリーグで8試合に出場して6ゴール2アシストと、シーズン途中の加入にしてはまずまずの成績を残している。<br><br>ドルトムント時代はチームミーティングを無断欠席するなど、自由奔放なイメージもあったが、意外にも繊細な一面を持つガボン代表ストライカーは、クラブ公式サイトでのインタビュー内でアーセナルへの加入に際して不安があったことを告白。その理由としてラカゼットの名前を挙げている。<br><br>「ラカゼットがリヨンにいたとき、僕はライバルチームのサンテティエンヌでプレーしていたんだ。だからアーセナルに加入した直後は彼を信用することはできなかったね」<br><br>リヨンとサンテティエンヌが対戦する試合は「ローヌ・ダービー」と呼ばれ、華やかな文化の街であるリヨンと、労働者の街であるサンテティエンヌがお互いのプライドをかけてぶつかり合う、フランスで最も激しいダービーとも言われている。<br><br>「これまでに何人かのリヨンに所属していた選手とチームメートになったことがあったけど、結局、彼らとは仲良くすることができなかったんだ。でもラカゼットは違ったよ。僕がアーセナルに来たときからすごくポジティブだったから、すぐに彼が良いやつだってわかったんだ」<br><br>過去の経験からラカゼットを警戒していたオーバメヤンだが、その心配は取り越し苦労だったようだ。4月1日のストーク戦ではPKによってハットトリックのチャンスを得たオーバメヤンが、その日無得点だったラカゼットにPKキッカーを譲るなど両者の関係は良好だ。<br><br>現在アーセナルはプレミアリーグで6位と低迷期に突入している。再建を目指すチームにとって、元ライバルだった2人のストライカーは欠かせない存在だ。<br><br><br>提供:goal.com 2018.04.19 16:00 Thu
twitterfacebook
thumb

バチュアイの完全移籍求むドルトムント、チェルシーは76億円要求か

▽今冬にチェルシーからドルトムントにレンタル加入したベルギー代表FWミッチー・バチュアイ(24)。ドルトムントは今シーズン終了後の完全移籍を望んでいるが、実現に向けて大きな壁にぶち当たることになりそうだ。イギリスのロンドン地元紙『イブニング・スタンダード』が報じた。 ▽バチュアイは15日に行われたブンデスリーガ第30節のシャルケ戦で左足首を痛めて今シーズン終了の可能性が高まっているものの、加入以来、ブンデスリーガ9試合7ゴールと活躍。自身と入れ替わる形でアーセナルに移籍したガボン代表FWピエール=エメリク・オーバメヤンの穴をカバーする働きを見せている。 ▽伝えられるところによれば、ドルトムントは今冬のバチュアイ獲得時、買取りオプションの付加をリクエスト。だが、次のシーズンに向けて自信を取り戻してもらうためにバチュアイをドルトムントに貸し出したチェルシー側に手放す意思はなく、それを拒否したという。 ▽それが事実であれば、ドルトムントにとって、チェルシーとのバチュアイの完全移籍交渉は難航必至の様相。なお、チェルシーはバチュアイを完全に手放すことになった場合、移籍金として5000万ポンド(約76億5000万円)以上を要求している模様だ。 2018.04.18 09:15 Wed
twitterfacebook
thumb

ドルトムント、ザルツブルク指揮官の招へいを目指す?次期監督候補に急浮上とオーストリア紙

ドルトムントは、ザルツブルク率いるマルコ・ローゼ監督を招へいするかもしれない。オーストリア紙『ザルツブルガー・ナハリヒテン』が伝えた。<br><br>香川真司が所属するドルトムントは3月、南野拓実がプレーするザルツブルクに敗れてヨーロッパリーグ敗退が決まると、その後ブンデスリーガではバイエルンに0-6で敗れ、先日宿敵シャルケとのレヴィア・ダービーを0-2と落としている。その結果、クラブはペーター・シュティーガー監督との契約を更新せず、新監督を招く可能性が高まっているところだ。<br><br>そして、次期監督はザルツブルクのドイツ人指揮官、ローゼ監督となる可能性が浮上。『ザルツブルガー・ナハリヒテン』によれば、ドルトムント幹部はその手腕を以前から高く評価しているという。ニースのルシアン・ファブレ監督とともに次期監督の最有力候補と見ているようだ。<br><br>現役時代はハノーファーやマインツなどでプレーしたローゼ監督は昨年ザルツブルクのU-19チームをUEFAユースリーグ制覇に導き、今季からトップの指揮を執ることに。クラブとの2019年までの契約には契約解除条項が盛り込まれておらず、他クラブに向かう場合、高額の違約金が発生すると見られる。<br><br><br>提供:goal.com 2018.04.17 22:35 Tue
twitterfacebook
thumb

ドルトムントがダービーで負傷したバチュアイのシーズン終了の可能性を発表、骨折は回避

▽ドルトムントは16日、ベルギー代表FWミッチー・バチュアイが今季残り4試合を欠場する可能性が高いと発表した。 ▽バチュアイは15日に行われたブンデスリーガ第30節シャルケとのダービーマッチで試合終盤、DFバンジャマン・スタンブリのタックルを受けて左足首を負傷していた。当初は骨折の疑いもあったが、ドルトムントによればワールドカップへの出場には影響を及ぼさないとのことだ。 ▽今冬の移籍市場でチェルシーからレンタルで加入したバチュアイは、リーグ戦10試合の出場で7ゴール1アシストを記録し、アーセナルに移籍したFWピエール=エメリク・オーバメヤンの穴を埋める活躍を見せていた。チャンピオンズリーグ(CL)出場権獲得を目指す4位ドルトムントにとっては、痛いバチュアイの離脱となった。 2018.04.17 03:03 Tue
twitterfacebook
thumb

ドルトムントに相次ぐ受難…バチュアイが左足首骨折で今季終了か

▽ドルトムントに所属するベルギー代表FWミッチー・バチュアイに戦線離脱の可能性が浮上した。 ▽バチュアイは、15日に行われたブンデスリーガ第30節のシャルケ戦(0-2でドルトムントが敗戦)で終了間際に左足を痛め、担架でピッチを後に。ドイツ『ビルト』によれば、そのバチュアイは病院で検査を受け、左足首骨折で今シーズン終了の恐れがあるという。 ▽バチュアイは今冬、アーセナルに移籍したガボン代表FWピエール=エメリク・オーバメヤンと入れ替わる形でチェルシーからレンタル加入。ここまで出場したブンデスリーガ10試合で7ゴール1アシストの活躍を披露するなど、新たな点取り屋として地位を確立しつつあった。 ▽なお、シャルケとのダービーで黒星のドルトムントは、チャンピオンズリーグ出場圏内ながらブンデスリーガ4位に後退。21日に行われる次節は、同勝ち点の3位レバークーゼンとのホームゲームとなる。 2018.04.16 09:15 Mon
twitterfacebook


ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース