フル出場香川が鮮やかなアシスト記録も格下アポエルに連続ドローのドルトムントが敗退危機…《CL》2017.11.02 07:32 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽チャンピオンズリーグ(CL)・グループH第4節、ドルトムントvsアポエルが1日にBVBシュタディオン・ドルトムントで行われ、1-1のドローに終わった。なお、ドルトムントのMF香川真司はフル出場し1アシストを記録した。▽勝ち点7で並ぶトッテナムとレアル・マドリーに大きく水をあけられた3位ドルトムント(勝ち点1)は、今回の最下位アポエル(勝ち点1)戦で勝利を逃がし、前述の首位攻防戦がドローに終わった場合、2節を残して敗退が決定する絶体絶命な状況。しかし、国内リーグでは直近のハノーファー戦で2-4の大敗を喫するなど、2敗1分けで3戦未勝利と不振に陥っている。

▽前回対戦で引き分けたアポエル相手に今季CL初勝利を目指すドルトムントは、ハノーファー戦から先発5人を変更。ザガドゥー、シュメルツァーに代わってラファエウ・ゲレイロ、トプラクが最終ラインに入り、中盤はシャヒンとカストロに代わって香川とヴァイグル、前線はヤルモレンコに代わってフィリップがオーバメヤン、プリシッチと共に3トップを形成した。

▽今季CL初勝利に向けて立ち上がりから猛攻に打って出るドルトムントは、中央の香川と右サイドのプリシッチを起点に相手ゴールに襲いかかっていく。開始6分にはゲッツェがファーストシュートを放つと、10分にはゲレイロの左クロスに香川がヘディングシュートを放つ。さらに11分にはボックス内でフィリップのクロスに反応したプリシッチに決定機も、ここは相手GKの好守に遭う。

▽その後も完全に相手を押し込むドルトムントだったが、前回対戦と同様に中央を固める相手の守備に手を焼く。それでも、香川の起点を利かせたダイレクトプレーがアポエルの堅守をこじ開ける。29分、相手陣内中央左でヴァイグルがボックス手前中央の香川に斜めのパスを送ると、これを香川が右足アウトを使ってゴール前に走り込むゲレイロへラストパス。これを今季CL初出場のポルトガル代表DFが左足で流し込んだ。

▽香川の今季CL2アシスト目でリードを奪ったドルトムントは畳みかける攻めで試合を決めにかかる。38分と39分には完璧に裏へ抜け出したオーバメヤンに続けて決定機が訪れるも、いずれも決め切れない。それでも、相手の反撃を許さずに前半を1点リードで終えた。

▽迎えた後半、アレクサンドルに代えてより攻撃的なR・サライをハーフタイム明けに投入してきたアポエルがリスクを冒して前に出る。すると51分、カウンターから左サイドを見事な連係で崩してボックス左ライン際でカルランが折り返したボールを相手DFを背負ったポテが巧みな反転シュートで決めた。

▽課題の守備がこの試合でも耐え切れずに追いつかれたドルトムントは、再び攻撃のギアを入れ直して勝ち越しゴールを目指す。55分にはボックス手前までドリブルで運んだ香川が右足のミドルシュートもわずかに枠の左。さらに62分にはボックス右でオーバメヤンが折り返したボールにゲッツェがダイビングヘッドも、これは相手DFのブロックに遭う。

▽攻勢を続けるもののあと一押しが足りないドルトムントは65分、フィリップを下げてヤルモレンコを投入。さらに72分には疲れの見えたゲレイロを下げてシュメルツァーを同じ左サイドバックに入れる。

▽試合終盤にかけて猛攻に出るドルトムントは、セットプレーからトプラクがヘディングシュートもこれはゴール前の相手DFのクリアに遭う。さらに77分にはボックス左でプリシッチが入れたクロスをファーのオーバメヤンが頭で合わすが、相手GKに触られてクロスバーを叩く。その後もシュートの雨を浴びせたドルトムントだったが、前回対戦同様に最後の一押しが足りず、試合は1-1のドロー。格下相手に痛恨の連続ドローとなったドルトムントは、同時刻開催のトッテナムvsレアル・マドリーがトッテナムの勝利に終わったことで今節の敗退を免れたが、逆転での決勝トーナメント進出が絶望的となった。

コメント

関連ニュース

thumb

ドルトムント、シティの逸材MFフォーデンに関心 サンチョとコンビ結成へ?

▽ドルトムントが、マンチェスター・シティに所属するU-21イングランド代表MFフィル・フォーデン(18)に関心を示しているようだ。イギリス『デイリー・メール』が報じた。 ▽6歳の頃からシティの下部組織に所属するフォーデンは、昨年のU-17ワールドカップで世代別イングランド代表を優勝に導き、大会MVPを獲得。昨シーズンからはシティのトップチームに昇格し、ジョゼップ・グアルディオラ監督も「特別な選手」と称賛する逸材だ。 ▽この若き才能に対しては、ドルトムントを筆頭としてRBライプツィヒ、パリ・サンジェルマン(PSG)が関心を寄せている。今シーズンのフォーデンは、プレミアリーグ優勝が期待されるシティでここまで公式戦5試合(プレー時間196分)の出場に留まっているが、獲得を狙うクラブはより多くのプレー時間を与えられると考えているようだ。 ▽また、ドルトムントにはフォーデンの友人であるイングランド代表MFジェイドン・サンチョ(18)が所属しており、ここまでの公式戦10試合1ゴール9アシストと活躍。実際に若手にチャンスを与えている。 ▽とはいえ、フォーデンはシティのファンでもあり、移籍に関する動向は見受けられていない。その上、新契約締結が近付いていることも報じられている。だが、出場機会の確保は若い選手にとってはより重要なものであり、グアルディオラ監督が度々公言している通り、先発の機会を増加させられるかどうかがポイントとなりそうだ。 2018.10.14 10:00 Sun
twitterfacebook
thumb

ドルトムントの若きディフェンスリーダーはユナイテッド移籍を夢見る

▽ドルトムントに所属するスイス代表DFマヌエル・アカンジ(23)はマンチェスター・ユナイテッドでのプレーを夢見ているようだ。同選手がスイス『NZZ』で語った。 ▽今年1月にスイス屈指の名門バーゼルからドルトムントに加入したアカンジは、すぐさまセンターバックのレギュラーに定着。186cmの恵まれたサイズに加え、スピード自慢のアタッカーに走り負けないスピード、高水準の両足のキック精度と20代前半ながら完成度の高いセンターバックだ。 ▽今季はルシアン・ファブレ監督の下でディフェンスリーダーに指名されると、ここまで公式戦10試合に出場。移籍後初ゴールを記録したニュルンベルク戦では試合途中にピッチを退いたドイツ代表MFマルコ・ロイスに代わってアームバンドを巻くなど、新指揮官からの信頼も厚い。 ▽しかし、ドルトムントの若きディフェンスリーダーは将来に関して、いつかユナイテッドでプレーしたいと自身の野望を語っている。 「僕には大きな夢がある。フットボール界でできるだけ高みに到達していきたいんだ。子供の頃からマンチェスター・ユナイテッドはお気に入りのクラブで、いつかあそこでプレーしたいんだ」 「だけど、今のところその夢はすぐにどうこうとしたいものではないんだ。ドルトムントで満足しているし、ここで最高のプレーヤーになろうとしているところだからね」 ▽また、今季ここまでのリーグ戦7試合で1試合平均72本のパスを成功させ、94.5パーセントのパス成功率を誇るアカンジは、かつてドルトムントに在籍し現在バイエルンで活躍するドイツ代表DFマッツ・フンメルスと比較する声も挙がってきている。 ▽そのアカンジはセンターバックとして攻撃面への関与の必要性を語る一方、あくまで自身の役割はチームのゴールを守ることだと主張している。 「監督からの指導を通じて、センターバックも攻撃に関与していくことが必要だと感じているよ。ファブレの下では多くの自由を与えられていて、後ろからゲームを組み立てるという部分で信念を持っているんだ」 「だけど、僕はそれ以上に守備面での責任を負っている。いま、23歳だけど2人のセンターバックの中では僕が年長者だ。昨シーズンは一番若かったけど、今はより責任感を持って以前よりコーチングも意識しているんだ」 2018.10.13 20:53 Sat
twitterfacebook
thumb

ドルトムント、P・アルカセルの買い取りOP行使へ…選手と2023年までの契約で合意済み

ドルトムントはレンタルで加わっているスペイン代表FWパコ・アルカセルを買い取ることになるようだ。ドイツ『キッカー』や『ビルト』が伝えている。<br><br>今夏バルセロナからやって来たP・アルカセルは新天地で主に途中出場したこれまでの公式戦4試合で7ゴールをマーク。さらに2年半ぶりにスペイン代表に復帰したストライカーは現地時間11日に行われたウェールズとの国際親善試合で2ゴールを叩き込み、4-1の勝利に大きく貢献したところだ。<br><br>そんな絶好調なシーズンを過ごすP・アルカセルだが、その去就における決定権はドルトムント側が確保。バルセロナとのレンタル契約に盛り込まれている買い取りオプションを行使することも決定的と見られ、『キッカー』によると、200万ユーロ(約2億6000万円)のレンタル料に加えて2100万ユーロ(約27億円)の移籍金が支払われれば、同選手は完全移籍でルシアン・ファーヴル監督が率いるチームに渡ることになる。<br><br>また報道によれば、ドルトムントはすでにP・アルカセルとの交渉を済ませており、2023年までの契約で個人合意に至っているという。買い取りオプションの行使の発表は、もはや秒読み段階に入っているのかもしれない。<br><br><br>提供:goal.com 2018.10.13 12:30 Sat
twitterfacebook
thumb

アルカセル放出がバルサの“歴史的な過ち”に?

▽スペイン『マルカ』は、スペイン代表FWパコ・アルカセル(25)をドルトムントに放出したことが、バルセロナにとって“歴史的な過ち”になる可能性があると指摘した。 ▽バレンシアの下部組織出身のアルカセルは、トップチーム昇格2年目の2012-13シーズンはヘタフェにレンタルされたものの、復帰後すぐにブレイク。2014-15シーズンにリーガエスパニョーラ32試合11ゴール5アシスト、2015-16シーズンにリーガ34試合13ゴール7アシストの活躍を披露し、2016年夏にバルセロナへ移籍した。 ▽しかし、バルセロナ移籍後は目立った成績を残すことができず。バックアッパーとしての立場を脱せないまま、2600万ユーロ(約33億9000万円)の買い取りオプション付きのレンタルで今夏にドルトムントへ放出された。 ▽それでも、ドルトムント加入後のアルカセルは見事に復活。今シーズンは、ここまでの公式戦4試合(プレー時間171分)で7ゴールと爆発的な得点力を発揮している。 ▽また、スペイン代表としても好調をキープ。11日に行われたウェールズ代表戦では2ゴールを沈め、4-1での快勝の立役者となった。 ▽『マルカ』は、ドルトムントが今のところ買い取りオプションを行使する意向であると報道。また、今シーズンのバルセロナFWルイス・スアレスが公式戦11試合3ゴール4アシストと振るわないことと合わせて、バルセロナにとって歴史的な過ちになるかもしれないと主張した。 2018.10.12 12:55 Fri
twitterfacebook
thumb

ドルトムントGK、ゴール量産中のP・アルカセルのシュートに唖然「見たことないテクニック」

ドルトムントに所属するスイス代表GKロマン・ビュルキは、バルセロナからやってきたスペイン代表FWパコ・アルカセルのシュート技術に驚きを覚えたようだ。ドイツ誌『キッカー』が伝えた。<br><br>レンタルで加わったP・アルカセルはこれまでリーグ戦3試合に途中出場すると合計出場時間わずか81分で6ゴールをマーク。チャンピオンズリーグ(CL)モナコ戦での1ゴールと合わせて、すでに7点を決めており、驚異の得点力を発揮。周囲ではすでに買い取りオプションの行使を望む声も上がっている。<br><br>そんなアルカセルのシュートを日々の練習でも目にするビュルキ。『キッカー』ではそのテクニックについて、「パコはすごく特殊な技術を使っている。見たことのないテクニックだよ」と認め、通常のシュートとの違いについては「彼はつま先に極めて近い箇所でボールをミートする。そのため、ボールは横回転ではなく縦方向にスピンするんだ」と説明した。<br><br>ビュルキによると、アルカセルが放つシュートの軌道はGKにとって読み難いとのこと。先日のアウグスブルク戦のアディショナルタイムに決めた直接FKでも示されたとおり、新アタッカーによるセットプレーもドルトムントの攻撃にとって今後強力な武器となるかもしれない。<br><br><br>提供:goal.com 2018.10.10 20:00 Wed
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース