フル出場香川が鮮やかなアシスト記録も格下アポエルに連続ドローのドルトムントが敗退危機…《CL》2017.11.02 07:32 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽チャンピオンズリーグ(CL)・グループH第4節、ドルトムントvsアポエルが1日にBVBシュタディオン・ドルトムントで行われ、1-1のドローに終わった。なお、ドルトムントのMF香川真司はフル出場し1アシストを記録した。

▽勝ち点7で並ぶトッテナムとレアル・マドリーに大きく水をあけられた3位ドルトムント(勝ち点1)は、今回の最下位アポエル(勝ち点1)戦で勝利を逃がし、前述の首位攻防戦がドローに終わった場合、2節を残して敗退が決定する絶体絶命な状況。しかし、国内リーグでは直近のハノーファー戦で2-4の大敗を喫するなど、2敗1分けで3戦未勝利と不振に陥っている。

▽前回対戦で引き分けたアポエル相手に今季CL初勝利を目指すドルトムントは、ハノーファー戦から先発5人を変更。ザガドゥー、シュメルツァーに代わってラファエウ・ゲレイロ、トプラクが最終ラインに入り、中盤はシャヒンとカストロに代わって香川とヴァイグル、前線はヤルモレンコに代わってフィリップがオーバメヤン、プリシッチと共に3トップを形成した。

▽今季CL初勝利に向けて立ち上がりから猛攻に打って出るドルトムントは、中央の香川と右サイドのプリシッチを起点に相手ゴールに襲いかかっていく。開始6分にはゲッツェがファーストシュートを放つと、10分にはゲレイロの左クロスに香川がヘディングシュートを放つ。さらに11分にはボックス内でフィリップのクロスに反応したプリシッチに決定機も、ここは相手GKの好守に遭う。

▽その後も完全に相手を押し込むドルトムントだったが、前回対戦と同様に中央を固める相手の守備に手を焼く。それでも、香川の起点を利かせたダイレクトプレーがアポエルの堅守をこじ開ける。29分、相手陣内中央左でヴァイグルがボックス手前中央の香川に斜めのパスを送ると、これを香川が右足アウトを使ってゴール前に走り込むゲレイロへラストパス。これを今季CL初出場のポルトガル代表DFが左足で流し込んだ。

▽香川の今季CL2アシスト目でリードを奪ったドルトムントは畳みかける攻めで試合を決めにかかる。38分と39分には完璧に裏へ抜け出したオーバメヤンに続けて決定機が訪れるも、いずれも決め切れない。それでも、相手の反撃を許さずに前半を1点リードで終えた。

▽迎えた後半、アレクサンドルに代えてより攻撃的なR・サライをハーフタイム明けに投入してきたアポエルがリスクを冒して前に出る。すると51分、カウンターから左サイドを見事な連係で崩してボックス左ライン際でカルランが折り返したボールを相手DFを背負ったポテが巧みな反転シュートで決めた。

▽課題の守備がこの試合でも耐え切れずに追いつかれたドルトムントは、再び攻撃のギアを入れ直して勝ち越しゴールを目指す。55分にはボックス手前までドリブルで運んだ香川が右足のミドルシュートもわずかに枠の左。さらに62分にはボックス右でオーバメヤンが折り返したボールにゲッツェがダイビングヘッドも、これは相手DFのブロックに遭う。

▽攻勢を続けるもののあと一押しが足りないドルトムントは65分、フィリップを下げてヤルモレンコを投入。さらに72分には疲れの見えたゲレイロを下げてシュメルツァーを同じ左サイドバックに入れる。

▽試合終盤にかけて猛攻に出るドルトムントは、セットプレーからトプラクがヘディングシュートもこれはゴール前の相手DFのクリアに遭う。さらに77分にはボックス左でプリシッチが入れたクロスをファーのオーバメヤンが頭で合わすが、相手GKに触られてクロスバーを叩く。その後もシュートの雨を浴びせたドルトムントだったが、前回対戦同様に最後の一押しが足りず、試合は1-1のドロー。格下相手に痛恨の連続ドローとなったドルトムントは、同時刻開催のトッテナムvsレアル・マドリーがトッテナムの勝利に終わったことで今節の敗退を免れたが、逆転での決勝トーナメント進出が絶望的となった。

コメント

関連ニュース

thumb

ユベントス、マンジュキッチへのドルトムントのオファーを拒否

▽ドルトムントは、クロアチア代表FWマリオ・マンジュキッチ(32)の獲得に向け所属先のユベントスへオファーを提示したが、同クラブがこれを拒否したようだ。イタリア『スカイスポーツ・イタリア』が伝えている。 ▽マッシミリアーノ・アッレグリ監督の下、主戦場の最前線だけでなく、サイドでもプレーするなど、選手として幅を広げたマンジュキッチ。現在、多くのクラブが関心を寄せているとみられる中、新たなストライカーを求めるドルトムントもマンジュキッチに興味を示しており、すでに正式なオファーを提示した模様だ。 ▽しかし今回の報道によれば、ユベントスはマンジュキッチの放出を容認しておらず、ドルトムントからのオファーを拒否したようだ。 ▽なお、そのマンジュキッチは最近、状況を精査するため、代理人と会談。しかし、現在、クロアチア代表の一員として臨む今夏のロシア・ワールドカップに集中しており、大会後に結論を下す意向を示しているようだ。 2018.07.16 04:45 Mon
twitterfacebook
thumb

ハダースフィールドがドルトムントからワーグナー監督の愛弟子である元ドイツ代表DFドゥルムを獲得!

▽ハダースフィールドは13日、ドルトムントから元ドイツ代表DFエリック・ドゥルム(26)を完全移籍で獲得したことを発表した。背番号は「37」に決定。契約期間は今シーズン終了までとなるが、クラブ側が翌シーズンの契約延長オプションを保持する。 ▽マインツ、ドルトムントのセカンドチームでのプレーを経て2013年にドルトムントでトップチームデビューを飾ったドゥルムは、左右のサイドバックやウイングバックを主戦場にトップチーム在籍5年間で公式戦97試合に出場。だが、昨シーズンは度重なる負傷の影響で公式戦の出場はなかった。 ▽また、ドイツ代表では通算7キャップも2014年ブラジル・ワールドカップ(W杯)のメンバー入りを果たしていたため、W杯優勝メンバーの1人である。 ▽なお、ハダースフィールドを率いるデイビッド・ワーグナー監督はドルトムントのセカンドチームを率いていた時代にドゥルムを指導し、当時ストライカーだった同選手をサイドバックにコンバートさせた恩師だ。 2018.07.14 06:11 Sat
twitterfacebook
thumb

ベティスDFバルトラ、乾貴士を歓迎! 元同僚・香川真司に「心配いらないよ」

▽ベティスに所属するスペイン代表DFマルク・バルトラが、日本代表MF乾貴士(30)の加入を歓迎している。 ▽6月にベティス移籍が決定していた乾は、今月12日に在日スペイン大使館で入団会見を実施。来シーズンに向けての抱負を語り、着用が決定した背番号「14」のユニフォーム姿を披露した。 ▽入団会見終了後、乾貴士はツイッター(@takashi73784537)を更新。それをチームメイトになるバルトラ(@MarcBartra)が引用リツイートをして歓迎した。また、バルトラのドルトムント時代の同僚である日本代表MF香川真司にもメッセージを送っている。※絵文字省略 ◆乾貴士 「入団会見してきましたー!! 大勢の方に来て頂きました!! ありがとうございましたー!! 背番号は14番です よーし、頑張ろう!!!」 ◆マルク・バルトラ 「言っていることはわからないけど、ようこそクラック! シンジ(香川真司)心配いらないよ。僕が彼の面倒を見るからね」 2018.07.12 20:50 Thu
twitterfacebook
thumb

マドリーのモロッコ代表SBアクラフ・ハキミがドルトムントに2年間レンタル

▽ドルトムントは11日、レアル・マドリーのモロッコ代表DFアクラフ・ハキミ(19)を、2020年6月30日までの2年間のレンタルで獲得したことを発表した。 ▽2006年にレアル・マドリーの下部組織に入団した右サイドバックを主戦場とするアクラフ・ハキミは、2016年7月にプレシーズンマッチでトップチームデビュー。昨季はダニーロのマンチェスター・シティ移籍に伴いトップチームに昇格すると、カルバハルの負傷離脱を受け、2017年10月に行われたリーガエスパニョーラ第7節のエスパニョール戦でリーガデビュー。公式戦17試合に出場し2ゴールを記録していた。また、モロッコ代表としてもロシア・ワールドカップ3試合にフル出場していた。 ▽そのアクラフ・ハキミの獲得についてドルトムントのミヒャエル・ツォルクSDは次のように語っている。 「アクラフ・ハキミは若く、非常にダイナミックなサイドバックであり、レアル・マドリードやモロッコ代表など、非常に高いレベルでプレーしてきた選手だよ」 ▽レアル・マドリーではレギュラーのスペイン代表DFダニエル・カルバハルの他、スペイン代表DFナチョ・フェルナンデス、今夏にレアル・ソシエダから加入の決まったスペイン代表DFアルバロ・オドリオソラがおり、アクラフ・ハキミの出場機会が限られることが予想されていた。 2018.07.11 22:49 Wed
twitterfacebook
thumb

ハマーズ、ドルトムントからウクライナ代表FWヤルモレンコを獲得! 契約期間は4年間

▽ウェストハムは11日、ウクライナ代表FWアンドリー・ヤルモレンコ(28)をドルトムントから完全移籍で獲得したことを発表。移籍金は非公開で、契約期間は4年間であることが明かされている。 ▽昨夏、ディナモ・キエフから2500万ユーロ(約32億5000万円)の移籍金でドルトムントに加入した大型レフティのヤルモレンコは、シーズン序盤はレギュラーとして活躍したものの、度重なるケガの影響などでその後はトーンダウン。最終的に公式戦26試合出場で6ゴール6アシストの数字に留まっていた。 ▽ドルトムントは先日にプレシーズントレーニングを開始しており、その中に他クラブとの交渉を許可されているヤルモレンコの姿が無かったことから、移籍が噂されていた。 ▽ヤルモレンコは、クラブ公式サイトを通じて「ウェストハム・ユナイテッドと契約できてとても嬉しいよ、もちろんさ」、「ウェストハムは良いファンに恵まれたビッグクラブで、プレミアリーグに来てプレーできることが嬉しい」とコメント。プレミアリーグ初参戦に関して意気込みを語っている。 2018.07.11 20:20 Wed
twitterfacebook


ロシアW杯

超WS×MON

ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース