フル出場香川が鮮やかなアシスト記録も格下アポエルに連続ドローのドルトムントが敗退危機…《CL》2017.11.02 07:32 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽チャンピオンズリーグ(CL)・グループH第4節、ドルトムントvsアポエルが1日にBVBシュタディオン・ドルトムントで行われ、1-1のドローに終わった。なお、ドルトムントのMF香川真司はフル出場し1アシストを記録した。

▽勝ち点7で並ぶトッテナムとレアル・マドリーに大きく水をあけられた3位ドルトムント(勝ち点1)は、今回の最下位アポエル(勝ち点1)戦で勝利を逃がし、前述の首位攻防戦がドローに終わった場合、2節を残して敗退が決定する絶体絶命な状況。しかし、国内リーグでは直近のハノーファー戦で2-4の大敗を喫するなど、2敗1分けで3戦未勝利と不振に陥っている。

▽前回対戦で引き分けたアポエル相手に今季CL初勝利を目指すドルトムントは、ハノーファー戦から先発5人を変更。ザガドゥー、シュメルツァーに代わってラファエウ・ゲレイロ、トプラクが最終ラインに入り、中盤はシャヒンとカストロに代わって香川とヴァイグル、前線はヤルモレンコに代わってフィリップがオーバメヤン、プリシッチと共に3トップを形成した。

▽今季CL初勝利に向けて立ち上がりから猛攻に打って出るドルトムントは、中央の香川と右サイドのプリシッチを起点に相手ゴールに襲いかかっていく。開始6分にはゲッツェがファーストシュートを放つと、10分にはゲレイロの左クロスに香川がヘディングシュートを放つ。さらに11分にはボックス内でフィリップのクロスに反応したプリシッチに決定機も、ここは相手GKの好守に遭う。

▽その後も完全に相手を押し込むドルトムントだったが、前回対戦と同様に中央を固める相手の守備に手を焼く。それでも、香川の起点を利かせたダイレクトプレーがアポエルの堅守をこじ開ける。29分、相手陣内中央左でヴァイグルがボックス手前中央の香川に斜めのパスを送ると、これを香川が右足アウトを使ってゴール前に走り込むゲレイロへラストパス。これを今季CL初出場のポルトガル代表DFが左足で流し込んだ。

▽香川の今季CL2アシスト目でリードを奪ったドルトムントは畳みかける攻めで試合を決めにかかる。38分と39分には完璧に裏へ抜け出したオーバメヤンに続けて決定機が訪れるも、いずれも決め切れない。それでも、相手の反撃を許さずに前半を1点リードで終えた。

▽迎えた後半、アレクサンドルに代えてより攻撃的なR・サライをハーフタイム明けに投入してきたアポエルがリスクを冒して前に出る。すると51分、カウンターから左サイドを見事な連係で崩してボックス左ライン際でカルランが折り返したボールを相手DFを背負ったポテが巧みな反転シュートで決めた。

▽課題の守備がこの試合でも耐え切れずに追いつかれたドルトムントは、再び攻撃のギアを入れ直して勝ち越しゴールを目指す。55分にはボックス手前までドリブルで運んだ香川が右足のミドルシュートもわずかに枠の左。さらに62分にはボックス右でオーバメヤンが折り返したボールにゲッツェがダイビングヘッドも、これは相手DFのブロックに遭う。

▽攻勢を続けるもののあと一押しが足りないドルトムントは65分、フィリップを下げてヤルモレンコを投入。さらに72分には疲れの見えたゲレイロを下げてシュメルツァーを同じ左サイドバックに入れる。

▽試合終盤にかけて猛攻に出るドルトムントは、セットプレーからトプラクがヘディングシュートもこれはゴール前の相手DFのクリアに遭う。さらに77分にはボックス左でプリシッチが入れたクロスをファーのオーバメヤンが頭で合わすが、相手GKに触られてクロスバーを叩く。その後もシュートの雨を浴びせたドルトムントだったが、前回対戦同様に最後の一押しが足りず、試合は1-1のドロー。格下相手に痛恨の連続ドローとなったドルトムントは、同時刻開催のトッテナムvsレアル・マドリーがトッテナムの勝利に終わったことで今節の敗退を免れたが、逆転での決勝トーナメント進出が絶望的となった。

コメント

関連ニュース

thumb

浅野途中出場のシュツットガルトが得意のホームで泥沼ドルトムントを撃破! 香川は63分までプレー《ブンデスリーガ》

▽ブンデスリーガ第12節、シュツットガルトvsドルトムントが17日に行われ、2-1でシュツットガルトが勝利した。シュツットガルトのFW浅野拓磨は前半追加タイム1分から出場し、ドルトムントのMF香川真司は63分までプレーしている。 ▽前節ハンブルガーSVとの日本人対決を10人となったこともあって敗戦した12位シュツットガルト(勝ち点13)は、日本代表戦で2試合に出場してまずまずの存在感を示した浅野が中2日の厳しい日程を受けて4試合ぶりにベンチスタートとなった。 ▽一方、前節バイエルンとの天王山を完敗して6ポイント差を付けられ、リーグ戦4試合勝利から見放されている3位ドルトムント(勝ち点20)は、代表に呼ばれなかった香川が[4-3-3]の左インサイドで2試合連続先発となった。そして、規律違反により出場停止としたオーバメヤンに代わって最前線にはシュールレが入った。 ▽開始5分、ドルトムントは最悪なチーム状態を象徴するような失点を喫する。バルトラが中途半端にバックパスを試みると、GKビュルキが勢いよく飛び出していたために処理できず、ルーズとなったボールをアコロに拾われて無人のゴールに決められてしまった。 ▽失点後、ヤルモレンコがGKを強襲するシュートを浴びせたドルトムントが攻勢に出る流れとなるも、自陣に引くシュツットガルトを崩し切れない。 ▽それでも28分にゲッツェが枠内シュートを浴びせると、35分にもゲッツェに同点機。しかし、ヤルモレンコの丁寧なパスをペナルティアーク中央のゲッツェがダイレクトで狙ったシュートはGKにツィーラーにセーブされてしまった。 ▽だが、前半追加タイム2分に試合を振り出しに戻す。ゲッツェの浮き球パスがボックス内のパヴァールのハンドを誘った。これをキッカーのシュールレはGKツィーラーにセーブされるも、ルーズボールをM・フィリップが押し込んだ。 ▽同点とされたシュツットガルトは負傷したギンチェクに代えて浅野を最前線に投入した。 ▽1-1で迎えた後半、オープンな攻防で立ち上がると、51分にシュツットガルトが勝ち越しに成功する。後半から投入されたブレカロがディフェンスライン裏を突いてボックス右に侵入。ザガドゥを切り返しで外して左足で放ったシュートがGKビュルキを破った。 ▽その後もハイラインを維持するドルトムントを相手にシュツットガルトは浅野が持ち前のスピードで牽制。主導権を渡さない。 ▽攻め手を欠くドルトムントは63分に香川に代えてダフードを投入した。 ▽そのドルトムントを尻目に71分、浅野がチャンスメーク。ロングフィードに抜け出した浅野がボックス右に侵入。柔らかいクロスを送り、エーズカンがボレーで狙ったが、枠の上に外れてしまった。 ▽その後、シュールレの枠内シュートをGKツィーラーにセーブされたドルトムントは、終盤にかけてはチャンスを作れない。 ▽80分に浅野が決定的なボレーシュートを浴びせたシュツットガルトがその後も主導権を渡さずに2-1で逃げ切り。得意のホーム戦で5勝1分けと強さを見せつけた。 ▽一方、敗れたドルトムントはリーグ戦5試合勝利から見放される泥沼の状況を抜け出せずにいる。 2017.11.18 06:34 Sat
twitterfacebook
thumb

【ブンデス第12節プレビュー】浅野vs香川、武藤vs大迫の日本人対決

▽代表ウィーク前に行われた前節ではバイエルンがドルトムントとの天王山を快勝して勝ち点差を6に広げた。早くもバイエルンが独走態勢を築きそうな展開となっているが、迎える第12節は浅野シュツットガルトvs香川ドルトムントと、武藤マインツvsケルン大迫による日本人対決が開催される。 ▽まずは金曜日に開催されるシュツットガルトvsドルトムントから。前節ハンブルガーSVとの日本人対決を10人となったこともあって敗戦した12位シュツットガルト(勝ち点13)。3試合連続先発となった浅野は守備に追われる展開だったため見せ場は作れなかった。代表戦ではブラジル戦で後半から出場してチーム状態を好転させ、ベルギー戦では好機に何度か絡んで見せた。中2日の厳しい日程だが、浅野は先発予想となっている。 ▽一方、前節バイエルンとの天王山を完敗してリーグ戦4試合勝利から見放されているドルトムント(勝ち点20)は、3位に転落した。シーズン序盤の好調なチーム状態から一転、どん底の状況だが、ここで踏みとどまれるか。 代表に呼ばれなかった香川は先発予想となっている。 ▽今節もう一つの日本人対決であるマインツvsケルンは土曜日の23:30にキックオフされる。13位マインツ(勝ち点12)は前節ボルシアMG戦を劣勢ながらも引き分けに持ち込んだ。3試合連続スタメンとなった武藤だったが見せ場を作れなかった。代表に選出されなかった鬱憤を胸にチームを3試合ぶりの勝利に導けるか。 ▽一方、ホッフェンハイムに完敗して引き続き未勝利が続く最下位ケルン(勝ち点2)。大迫はポスト直撃のミドルシュートを放ったが、ゴールを決めるには至らなかった。代表戦ではブラジル戦とベルギー戦でいずれも先発したが、見せ場は作れなかった。代表での悔しさをぶつけ、ケルン残留のための勝利に繋がるゴールが欲しい。 ▽長谷部がボランチで先発に復帰し、今季5勝目を挙げた7位フランクフルト(勝ち点18)は、5位ホッフェンハイム(勝ち点19)とのアウェイ戦に臨む。代表戦で長谷部はブラジル戦で先発し、ベルギー戦は温存された。万全なコンディションでチームの連勝に貢献したい。ベンチ入りしたものの出場機会のなかった鎌田は代表ウィーク中のテストマッチでゴールを決めるなど結果を出したが、出場機会は訪れるか。 ▽前節シュツットガルト戦で9試合ぶりに勝利を飾った15位ハンブルガーSV(勝ち点10)は、4位シャルケ(勝ち点20)とのアウェイ戦に臨む。3試合ぶりに先発に復帰した伊藤と、3試合連続ボランチでの先発となった酒井高が勝利に貢献したが、共にスタメン予想となっている。 ▽最後にハインケス体制後全勝を維持している首位バイエルン(勝ち点26)は、10位アウグスブルク(勝ち点16)とのアウェイ戦で首位固めを狙う。 ※スタメン予想はドイツ『キッカー』を参照 ◆ブンデスリーガ第12節 ▽11/17(金) 《28:30》 シュツットガルト vs ドルトムント ▽11/18(土) 《23:30》 ヴォルフスブルク vs フライブルク マインツ vs ケルン ホッフェンハイム vs フランクフルト バイエルン vs アウグスブルク レバークーゼン vs ライプツィヒ 《26:30》 ヘルタ・ベルリン vs ボルシアMG ▽11/19(日) 《23:30》 シャルケ vs ハンブルガーSV 《26:00》 ブレーメン vs ハノーファー 2017.11.17 18:00 Fri
twitterfacebook
thumb

ドルトムント、"規律違反"のオーバメヤンに出場停止処分! 今後の去就に影響も…

▽ドルトムントは16日、規律違反を犯したガボン代表FWピエール=エメリク・オーバメヤンに対して、出場停止処分を科したことを発表した。これにより、同選手は翌日に行われるブンデスリーガ第12節のシュツットガルト戦の招集メンバーから外れることになった。 ▽ドルトムントは今回の一件に関して、「オーバメヤンは規律違反を犯したため、シュツットガルト戦のメンバーから外れた」と、招集外になった大まかな理由のみを明かした。 ▽これに対してドイツ『ビルト』は、オーバメヤンが試合の前日練習に大幅に遅刻したことが理由であると主張。さらに、同選手が以前から数分の遅刻を繰り返していたことも明かしている。 ▽また、同メディアはオーバメヤンがトーマス・トゥヘル監督時代にもクラブの許可を取らずに母国ガボンに旅行したことや、シャルケとのレヴィア・ダービーでのゴールセレブレーションで自身の個人スポンサーのロゴの入ったマスクを着用して処分を受けていたことも紹介している。 ▽直近では今回の代表ウィーク中の休暇期間にオーバメヤンが、元同僚のバルセロナMFウスマーヌ・デンベレを訪問するため、バルセロナに旅立っていたと伝えているが、この旅行に関してもクラブ側に何も伝えておらず、ドルトムントは不快感を示しているようだ。 ▽今季ここまで公式戦17試合に出場で15ゴールを記録しているオーバメヤンだが、中国資本を手にした古巣ミランや長期離脱となったFWアルカディウシュ・ミリクの後釜を探すナポリ、ストライカー不足に悩むチェルシーらが関心を示しており、今回の一件が尾を引けば、来冬の去就に影響するかもしれない。 2017.11.17 04:24 Fri
twitterfacebook
thumb

香川真司、レヴァンドフスキ、オーバメヤンらの“発見者”にアーセナル入りの可能性が浮上

アーセナルは、数々のタレントをドルトムントに連れてきたスヴェン・ミスリンタート氏の引き抜きを画策しているようだ。『ESPN FC』が伝えている。<br><br>香川真司、マッツ・フンメルス、ロベルト・レヴァンドフスキ、ピエール=エメリク・オーバメヤン、ウスマン・デンベレ&hellip;。2007年にドルトムントに加わったミスリンタート氏は、チーフスカウトとして近年同クラブでブレイクを果たしてきた数多くのタレントたちの獲得における決定的な存在だ。<br><br>『ESPN FC』は、同氏が以前「私のスカウトとしてのキャリアにおいてキープレーヤーだったのは香川真司」と話していたことを紹介した。2013年のチャンピオンズリーグ決勝まで勝ち上がったチームの中心メンバー、近年ドルトムントで評価を高めたプレーヤーたちのほとんどを&ldquo;発掘&rdquo;した当時者として伝えられている。<br><br>そんなミスリンタート氏が、補強政策を練り直しているアーセナルと交渉に入っているという。昨年以来ドルトムントのプロ部門を率いる同氏だが、今夏にはバイエルンも招へいを目指していた。その際、上司に当たるドルトムントのミヒャエル・ツォルクSD(スポーツディレクター)はその退団の可能性を強く否定したが、今回は関係者や本人はコメントを控えており、今後の動向に注目したいところだ。<br><br><br>提供:goal.com 2017.11.16 21:57 Thu
twitterfacebook
thumb

香川真司は次節トップ下で先発へ…日本代表MFの思う不調ドルトムントに必要なこととは

不調にあえぐドルトムントのMF香川真司は、インターナショナルブレイク中にチームがこの状況を覆すための準備はできたと感じているようだ。<br><br>先月14日に行われた、ブンデスリーガ第8節ライプツィヒ戦を落としたドルトムントは、以降のリーグ戦でフランクフルトと引き分けると、ハノーファー、バイエルン相手に連敗。ここ4週間、DFBポカールを除いて公式戦1勝もできていない。シーズン序盤はリーグ戦で首位を走っていたが、現在は3位に後退。夏に就任したピーター・ボス監督にも逆風が吹き始めているところだ。<br><br>そんな中、バイエルン戦で先発出場を果たすなど、徐々に指揮官の信頼を勝ち取りつつある香川だが、これからの数試合の重要性を語っている。<br><br>地元メディアの『ルール・ナハリヒテン』で「代表明けの試合を必ず勝って、ウィンターブレイクまでみんなでひとつになって勝ち続けていきたいなと思っています」と意気込みを語った。<br><br>11月の日本代表欧州遠征への招集が見送られた香川はだが、むしろクラブに残ったことがアドバンテージとなると考えているようだ。<br><br>「いい切り替えをして、あらためてこの連戦を勝ち切っていきたいです。チームとして自信を得ていいスタートを切りたいですし、そのために準備はできたと思っているので、冬に向けて全力で戦いたいと思います」と、ここからの挽回を誓っている。<br><br>ドルトムントでは、最初に入団したときからファンの人気選手であった香川。それについて問われると、「優勝できたこと、ダービーでも活躍できたのもあるので、それは本当に感謝したいですけど&hellip;」とコメント。しかし、「ただ今が大事なので、あらためてファンの前でしっかりと結果を残し続けるようにやるだけです」と、現状が大事であると締めくくっている。<br><br>17日に行われる第12節では、敵地でシュツットガルトと対戦するドルトムント。『キッカー』は、香川はトップ下で先発出場すると予想しており、シュツットガルトの右ウイングで同じくスタメンが予想されるFW浅野拓磨との日本人対決が実現することになりそうだ。<br><br><br>提供:goal.com 2017.11.16 20:45 Thu
twitterfacebook


ロシアW杯予選
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース