フル出場香川が鮮やかなアシスト記録も格下アポエルに連続ドローのドルトムントが敗退危機…《CL》2017.11.02 07:32 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽チャンピオンズリーグ(CL)・グループH第4節、ドルトムントvsアポエルが1日にBVBシュタディオン・ドルトムントで行われ、1-1のドローに終わった。なお、ドルトムントのMF香川真司はフル出場し1アシストを記録した。

▽勝ち点7で並ぶトッテナムとレアル・マドリーに大きく水をあけられた3位ドルトムント(勝ち点1)は、今回の最下位アポエル(勝ち点1)戦で勝利を逃がし、前述の首位攻防戦がドローに終わった場合、2節を残して敗退が決定する絶体絶命な状況。しかし、国内リーグでは直近のハノーファー戦で2-4の大敗を喫するなど、2敗1分けで3戦未勝利と不振に陥っている。

▽前回対戦で引き分けたアポエル相手に今季CL初勝利を目指すドルトムントは、ハノーファー戦から先発5人を変更。ザガドゥー、シュメルツァーに代わってラファエウ・ゲレイロ、トプラクが最終ラインに入り、中盤はシャヒンとカストロに代わって香川とヴァイグル、前線はヤルモレンコに代わってフィリップがオーバメヤン、プリシッチと共に3トップを形成した。

▽今季CL初勝利に向けて立ち上がりから猛攻に打って出るドルトムントは、中央の香川と右サイドのプリシッチを起点に相手ゴールに襲いかかっていく。開始6分にはゲッツェがファーストシュートを放つと、10分にはゲレイロの左クロスに香川がヘディングシュートを放つ。さらに11分にはボックス内でフィリップのクロスに反応したプリシッチに決定機も、ここは相手GKの好守に遭う。

▽その後も完全に相手を押し込むドルトムントだったが、前回対戦と同様に中央を固める相手の守備に手を焼く。それでも、香川の起点を利かせたダイレクトプレーがアポエルの堅守をこじ開ける。29分、相手陣内中央左でヴァイグルがボックス手前中央の香川に斜めのパスを送ると、これを香川が右足アウトを使ってゴール前に走り込むゲレイロへラストパス。これを今季CL初出場のポルトガル代表DFが左足で流し込んだ。

▽香川の今季CL2アシスト目でリードを奪ったドルトムントは畳みかける攻めで試合を決めにかかる。38分と39分には完璧に裏へ抜け出したオーバメヤンに続けて決定機が訪れるも、いずれも決め切れない。それでも、相手の反撃を許さずに前半を1点リードで終えた。

▽迎えた後半、アレクサンドルに代えてより攻撃的なR・サライをハーフタイム明けに投入してきたアポエルがリスクを冒して前に出る。すると51分、カウンターから左サイドを見事な連係で崩してボックス左ライン際でカルランが折り返したボールを相手DFを背負ったポテが巧みな反転シュートで決めた。

▽課題の守備がこの試合でも耐え切れずに追いつかれたドルトムントは、再び攻撃のギアを入れ直して勝ち越しゴールを目指す。55分にはボックス手前までドリブルで運んだ香川が右足のミドルシュートもわずかに枠の左。さらに62分にはボックス右でオーバメヤンが折り返したボールにゲッツェがダイビングヘッドも、これは相手DFのブロックに遭う。

▽攻勢を続けるもののあと一押しが足りないドルトムントは65分、フィリップを下げてヤルモレンコを投入。さらに72分には疲れの見えたゲレイロを下げてシュメルツァーを同じ左サイドバックに入れる。

▽試合終盤にかけて猛攻に出るドルトムントは、セットプレーからトプラクがヘディングシュートもこれはゴール前の相手DFのクリアに遭う。さらに77分にはボックス左でプリシッチが入れたクロスをファーのオーバメヤンが頭で合わすが、相手GKに触られてクロスバーを叩く。その後もシュートの雨を浴びせたドルトムントだったが、前回対戦同様に最後の一押しが足りず、試合は1-1のドロー。格下相手に痛恨の連続ドローとなったドルトムントは、同時刻開催のトッテナムvsレアル・マドリーがトッテナムの勝利に終わったことで今節の敗退を免れたが、逆転での決勝トーナメント進出が絶望的となった。

コメント

関連ニュース

thumb

アーセナル、オーバメヤン獲得交渉が難航…数日中の交渉成立の可能性は絶望的に

▽アーセナルは今冬の移籍市場でドルトムントのガボン代表FWピエール=エメリク・オーバメヤン(28)の獲得を目指しているが、クラブ間での交渉が難航しているようだ。ドイツ『スカイ・スポーツ』が伝えている。 ▽チリ代表FWアレクシス・サンチェスのマンチェスター・ユナイテッド移籍が近づいているとみられるアーセナルでは、トレードとしてユナイテッドからアルメニア代表MFヘンリク・ムヒタリアンの加入が濃厚になっているが、さらなる前線強化のため、オーバメヤンへの関心も伝えられていた。 ▽先日のドイツ『ビルト』の報道では、アーセナルは最初のオファーとして5000万ユーロ(約67億7000万円)のオファーを掲示したという。しかし、ドルトムントは6000万~7000万ユーロ(約81億2000万~95億円)を求めているとみられており、最初のオファーは拒絶された模様だ。 ▽この状況を受けて、オーバメヤン獲得交渉を素早くまとめたいアーセナルはイバン・ガジディスCEOと、元ドルトムントのチーフスカウトで現アーセナルスカウト部門トップのスヴェン・ミスリンタート氏が21日に現地入りし、交渉を行ったとも報じられていた。 ▽しかし、22日に『スカイ・スポーツ』は交渉関係者からの情報として、この移籍交渉が非常に難航しており、数日以内での決着は絶望的だという。さらに、様々な仲介者の存在が交渉をより複雑なものにしていると伝えている。 ▽なお、精神状態を理由に直近のヘルタ・ベルリン戦を招集外にされていたオーバメヤンだが、22日のトレーニングセッションはチームメートと共に通常メニューをこなしている。 2018.01.23 02:27 Tue
twitterfacebook
thumb

アーセナルCEOと元ドルトスカウトがドルトムント入り! オーバメヤン獲得へ直接交渉開始

▽アーセナルのイバン・ガジディスCEOと、元ドルトムントのチーフスカウトで現アーセナルスカウト部門トップのスヴェン・ミスリンタート氏がガボン代表FWピエール=エメリク・オーバメヤン(28)獲得交渉に向け、ドルトムント入りしたようだ。ドイツ『ビルト』が21日、両氏の現地入りの様子を写した写真と共に伝えている。 ▽チリ代表FWアレクシス・サンチェスのマンチェスター・ユナイテッド移籍が近づいているとみられるアーセナルでは、トレードとしてユナイテッドからアルメニア代表MFヘンリク・ムヒタリアンの加入が濃厚になっているが、さらなる前線強化のため、オーバメヤンへの関心も伝えられていた。 ▽先日にはハンス=ヨアヒム・ヴァツケCEOが、ドイツ『ルールナハリヒテン』で「アーセナルからピエール=エメリク・オーバメヤンに対する最初のリクエストがあったことを確認できる。オファー額についてはコメントしない」と、アーセナルから公式のオファーがあったことを認めていた。 ▽『ビルト』が伝えるところによれば、アーセナルが掲示した最初のオファーは5000万ユーロ(約67億7000万円)。しかし、ドルトムントは6000万~7000万ユーロ(約81億2000万~95億円)を求めているとみられており、最初のオファーは拒絶された模様だ。 ▽この状況を受けて、オーバメヤン獲得交渉を素早くまとめたいアーセナルはガジディスCEOとミスリンタート氏の最重要幹部2名が現地入りし、ヴァツケCEOらと直接交渉を行う見込み。そして、この直接交渉を通じて移籍が実現する可能性は高い模様だ。 2018.01.22 03:37 Mon
twitterfacebook
thumb

アーセナルがオーバメヤン獲得の正式オファー…ドルトムントが確認

▽アーセナルが、ドルトムントに所属するガボン代表FWピエール=エメリク・オーバメヤン(28)獲得に向けたオファーを提示したことが判明した。ドルトムントのハンス=ヨアヒム・ヴァツケCEOが明かした。 ▽FWアレクシス・サンチェスのマンチェスター・ユナイテッド移籍が近づいているとみられるアーセナルでは、トレードとしてユナイテッドからMFヘンリク・ムヒタリアンの加入が濃厚になっているが、さらなる前線強化のため、オーバメヤンへの関心も伝えられていた。 ▽ヴァツケCEOは、アーセナルからオーバメヤン獲得に向けたオファーが届いたことを確認している。ドイツ『ルールナハリヒテン』が伝えた。 「アーセナルからピエール=エメリク・オーバメヤンに対する最初のリクエストがあったことを確認できる。オファー額についてはコメントしない」 ▽伝えられるところによれば、アーセナルのオファーは5000万ユーロ(約67億7000万円)。ドルトムントは6000万~7000万ユーロ(約81億2000万~95億円)を求めると言われているが、取引は進展するのだろうか。 2018.01.21 12:43 Sun
twitterfacebook
thumb

香川真司、ヘディング弾でチームを救うも地元紙の評価は及第点…「全体的に物足りなかった」

ボルシア・ドルトムントは19日に行われたブンデスリーガ第19節でヘルタ・ベルリンと対戦。この試合でフル出場を果たし、ゴールを決めた日本代表MF香川真司に対する地元メディアの評価は及第点となった。<br><br>香川は1-0とヘルタ・ベルリンのリードで迎えた71分、ジェイドン・サンチョによる左サイドからのクロスをヘディングで押し込んで、今季リーグ戦4ゴール目を記録。その他にも特に後半に入ってから、アレクサンダー・イサクが惜しくも決め切れなかったチャンスを演出するなど、攻撃にアクセントを与えた。<br><br>1-1で終わったこの試合だが、地元の『ルールナハリヒテン』は、香川の寸評で「小柄な日本人選手によるヘディング(14分)が前半最大のチャンスだったことが、この試合の前半について多く物語る部分だ。しかし彼は実際におへその高さのボールを頭で押し込んだ(71分)」と記し、プレーに「3」をつけている。サンチョとDFオメル・トプラクにトップタイの「2.5」を与え、ビュルキのプレーを香川と同様「3」とした同紙はDFジェレミー・トルヤンやウカシュ・ピシュチェクの2人を「4.5」と酷評した。<br><br>一方、チーム全員により低い評価を下した『WAZ』では香川に対する採点は「3.5」。サンチョのみに「2」と高得点を与えた同紙だが、香川については「優れた縦パスやプレーのゾーンを変えるパスを出したが、全体的に見て物足りなかった」と記し、14分や59分にシュートを決め切れなかったことに言及。またゴール場面については「サンチョが夢のようなクロスを送り込んだときには正しい位置におり、最短距離でヘディング弾をマーク」とコメントしている。<br><br>なお『WAZ』ではビュルキやトプラクは及第点の「3」となり、単独ワーストの「5」をつけられたアンドレ・シュールレに加えてゲッツェやユリアン・ヴァイグルもそれぞれ「4.5」と辛口評価を受けることになった。<br><br>(※ドイツメディアの採点は1が最高、6が最低)<br><br><br>提供:goal.com 2018.01.20 12:01 Sat
twitterfacebook
thumb

香川真司、ヘルタ戦のゴールでブンデスリーガ史に名を刻む

▽ドルトムントに所属する日本代表MF香川真司がブンデスリーガ史に名を刻むゴールを記録した。 ▽ドルトムントは19日、ブンデスリーガ第19節でヘルタ・ベルリンのホームに乗り込んだ。この一戦に先発出場した香川は、0-1のビハインドで迎えた71分、ボックス左からのサンチョのクロスをゴール前でヘディングで押し込み、今シーズンリーグ戦4ゴール目。このゴールがブンデスリーガ史上2万点目のアウェーゴールとなった。 ▽試合はそのまま1-1のドローで終了。2試合連続ドローのドルトムントは、次節にフライブルクをホームに迎える。 2018.01.20 11:45 Sat
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース