両者退場者を出す大荒れの上位対決はライプツィヒに軍配! ドルトムントはリーグ戦ホーム無敗記録が途切れる…《ブンデスリーガ》2017.10.15 04:03 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ブンデスリーガ第8節のドルトムントvsライプツィヒが14日にシグナル・イドゥナ・パルクで行われ、ライプツィヒが2-3で勝利した。ドルトムントの日本代表MF香川真司は、ベンチ入りも出場機会はなかった。

▽前節のアウグスブルク戦を香川の決勝点で勝利した首位ドルトムント(勝ち点19)は、その試合からスタメンを6人変更。香川やプリシッチ、バルトラらがベンチスタートとなってゲッツェ、シャヒン、カストロらがスタメンとなった。

▽一方、ここまで4勝2敗1分けで4位につけるライプツィヒ(勝ち点13)は、前節のケルン戦からスタメンを4人変更。フォルスベリやデンメ、コナテらに代えてオギュスタンやカンプル、出場停止明けのナビ・ケイタらがスタメンに名を連ねた。

▽試合は開始早々に動く。4分、バックパスを受けたイルザンカーがオーバメヤンにプレスを受けると、不用意なバックパスを選択。このパスを奪ったオーバメヤンが、ボックス左から仕掛けると、シュートをゴール右隅に流し込んだ。

▽先制を許したライプツィヒは10分に反撃。バイタルエリア中央手前でFKを獲得すると、カンプルのFKをボックス左のハルステンベルクが頭で折り返し、最後はサビツァーがヘディングで流し込み、試合を振り出しに戻した。

▽前半半ばにかけて一進一退の展開が続く中、25分にライプツィヒが再びスコアを動かす。左サイドでボールを受けたブルマが縦への突破を図ると、ゴールラインぎりぎりからカットイン。飛び出したGKビュルキの股下を通した折り返しを、最後はゴール前のY・ポウルセンが左足でゴールに流し込んだ

▽逆転を許したドルトムントは、41分に決定機。スルーパスに抜け出したカストロがボックス左から折り返すも、これは飛び出したGKグラクシがブロック。こぼれ球をヤルモレンコがk~ぎ、最後はM・フィリップがシュートを狙ったが、これも相手DFにブロックされ、前半は1-2で終了した。

▽迎えた後半、ドルトムントはトルヤンとシャヒンを下げてプリシッチとヴァイグルを投入する2枚替えを敢行。対するライプツィヒは、N・ケイタに代えてデンメをピッチに送り出した。すると47分、ライプツィヒはスルーパスに反応したオギュスタンがボックス左から仕掛けるも、ボックス内でパパスタソプーロスに倒されてPKを獲得。このプレーでパパスタソプーロスにはレッドカードが提示された。

▽数的優位となったライプツィヒは、このPKをオギュスタンがゴール右隅に決め、追加点を奪う。しかし、49分と56分にイルザンカーが立て続けにイエローカードを受けて退場となってしまう。

▽早い時間に数的不利が無くなったドルトムントは61分、ザガドゥの縦パスに反応した
オーバメヤンがボックス左でウパメカーノに倒される。主審がすかさずビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)を要求すると、ウパメカーノの左足がオーバメヤンの足を踏んでおり、主審はPKを宣告。このPKをオーバメヤンがゴール右隅に決め、ドルトムントが1点を返した。

▽その後はポゼッションで上回るドルトムントがライプツィヒゴールに襲いかかる。84分、バイタルエリア右でFKを獲得すると、ゲッツェのクロスをニアサイドのヤルモレンコが頭で合わせるも、これは相手GKがキャッチ。

▽さらに試合終了間際の92分にも、ゲッツェのロングパスがハルステンベルクのクリアミスを誘うと、抜け出したオーバメヤンがシュート。GKグラクシが弾いたこぼれ球をヤルモレンコが押し込むが、これも枠の上に外れた。

▽結局、そのまま試合は終了し、両チームに退場者を出した大荒れの上位対決はライプツィヒに軍配が上がった。かろうじて首位をキープしたドルトムントは、今季初黒星を喫すると共にリーグ戦ホーム無敗記録が“41”で途絶えた。

コメント

関連ニュース

thumb

ゲッツェ、リバプール移籍希望か?「彼と一緒に仕事したい」

▽ドルトムントのドイツ代表MFマリオ・ゲッツェ(26)が、自身の去就についてヒントとなるコメントを残した。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えている。 ▽2016-17シーズンにバイエルンからドルトムントに復帰したゲッツェは、ケガの影響もあり思うような活躍が残せていない。昨季はケガでシーズンの大半を棒に振り、今季はリーグ戦23試合に出場したが2ゴール4アシストと目立った成績を残せず、ロシア・ワールドカップのドイツ代表からも落選した。 ▽ユース時代からドルトムントで過ごすゲッツェだが、再び別の場所でのプレーする機会が必要だと感じているのかもしれない。『DAZN』のドキュメント番組に出演した同選手は、自身がバイエルンからドルトムントに戻る際に、恩師であるユルゲン・クロップ(現リバプール)監督から誘いを受けていたという。 「僕がバイエルンを離れると決めた時、ユルゲン・クロップが僕をリバプールに連れてこようとしてたみたいだ。僕は今でも彼と一緒に働きたいと思っているよ。それはエキサイティングなことだ。彼はワールドクラスの監督だから、いつだって興味があるよ」 ▽クロップ監督がドルトムントを率いた2008年から2015年にかけて、ゲッツェはドルトムントで黄金期を築いた。ブンデスリーガ2連覇やドイツカップなどのタイトル獲得に貢献し、2014年のワールドカップでは決勝戦でゴールを決めドイツ代表を優勝に導いた。自身も「父のような存在」と認めるクロップ監督への信頼は今でも薄らいでいないようだ。 2018.06.09 20:35 Sat
twitterfacebook
thumb

ドルトムントがブレーメンのデンマーク代表MFデラネイを獲得、推定移籍金は約26億円

▽ドルトムントは7日、ブレーメンのデンマーク代表MFトーマス・デラネイ(26)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2022年6月30日までで、移籍金はドイツ『キッカー』によれば2000万ユーロ(約25億9000万円)とのことだ。 ▽2016年夏にコペンハーゲンからブレーメンに加入したセントラルMFのデラネイは、在籍2シーズンで公式戦49試合に出場して7ゴール7アシストを記録。2017-18シーズンはブンデスリーガ32試合に出場して3ゴール5アシストと主力として活躍していた。 ▽そのデラネイはドルトムントへの移籍について次のように語っている。 「ドルトムントからの連絡があったときには、大して悩む必要はなかったよ。ドルトムントはヨーロッパ内でトップ10に入るクラブ。ドイツではトップ2のクラブだと思う。それにここのスタジアムは、ヨーロッパで最高のものがあるしね。熱い気持ちをもってプレーすることを約束する。ワールドカップ前だけれど、ドルトムントでの挑戦が今から楽しみだよ。この黒と黄色のユニフォームで、タイトルを獲得できたらと思っている」 ▽なお、デンマーク代表でもレギュラーとしてプレーするデラネイは、ロシア・ワールドカップに臨むデンマーク代表に選出されている。 2018.06.08 05:10 Fri
twitterfacebook
thumb

香川真司に強力なライバル出現?ドルトムント新監督がベン・アルファの獲得を検討か

新シーズンからドルトムント率いるルシアン・ファブレ新監督は、MFハテム・ベン・アルファの獲得を検討しているという。フランス紙『レキップ』が伝えている。<br><br>31歳のベン・アルファはパリ・サンジェルマン(PSG)との契約が今年6月末に満了。PSGではウナイ・エメリ前監督の下で戦力外となり、2017-18シーズンは公式戦に出場しておらず、すでに今夏の退団が決定している。<br><br>一方で、トップ下を主戦場とする攻撃的MFは2015-16シーズン、ファブレ体制のニースで公式戦37試合に出場し18ゴールという記録を残している。<br><br>スイス人指揮官は当時ニースをヨーロッパリーグ出場権獲得の4位に導いたフランス出身MFをドルトムントに誘うことを検討しているようだ。<br><br>今シーズンは4位で終え、来季のチャンピオンズリーグ出場権を確保しながらも、安定しないパフォーマンスが目立ったドルトムント。フロントは新シーズンに向けて、チーム刷新の必要性を度々示唆してきたが、日本代表MF香川真司はベン・アルファとポジションを争うことになるかもしれない。<br><br> <br>提供:goal.com 2018.06.06 20:45 Wed
twitterfacebook
thumb

ソクラティスのアーセナル移籍が秒読み! 今週メディカルへ

▽ドルトムントに所属するギリシャ代表DFソクラティス・パパスタトプーロス(29)のアーセナル加入が現実味を帯びてきている。 ▽ドイツ『キッカー』によれば、パパスタトプーロスはアーセナルとの3年契約にサインを済ませ、今週中にもメディカルチェックを受ける予定。アーセナルとドルトムントは依然として詳細の詰めが残っているものの、移籍金1700万ユーロ(約21億8000万円)で交渉成立の見通しだという。 ▽2013年夏にブレーメンから加入のパパスタソプーロスは、対人能力に秀でたセンターバックとして活躍。今シーズンも主力を張り、公式戦43試合3ゴールを記録した。そのパパスタソプーロスの契約は2019年まで。既報でアーセナル行きが有力として取り沙汰されてきた。 2018.06.05 12:45 Tue
twitterfacebook
thumb

ドルトムント、シャヒン売却へ

▽ドルトムントは、トルコ代表MFヌリ・シャヒン(29)の売却を決めたようだ。『フットボールイタリア』が伝えている。 ▽契約を2019年6月までとしているシャヒンだが、ドルトムントは契約を延長しない意向のようで、今夏での売却に向けた動きを進めているようだ。 ▽シャヒンはドルトムント出身で2010-11シーズンにはブンデスリーガ優勝に貢献。この活躍から2011年夏にはレアル・マドリーに移籍するが、超巨大クラブのプレッシャーからか本来の実力を示すことが出来ず、出場した試合は10試合のみ。12-13シーズンにはレンタル移籍でリバプールに加入するも、ここでも調子が上がらず13-14シーズンは古巣ドルトムントにレンタル。2014年夏には完全移籍でドルトムントに復帰した。 ▽2度目のドルトムントではほとんどのシーズンをケガで棒に振った。今季は開幕から万全の状態で挑んだが、リーグ戦出場は18試合のみ。フル出場は10試合だけだった。 ▽今年9月に30歳を迎えるシャヒンだが、経験豊富なトルコ代表MFには引く手数多のようで、ローマやリバプール、ガラタサライが興味を示しているという。契約が残り1年となっていることから、安価での獲得が見込まれている。 2018.06.03 14:30 Sun
twitterfacebook


ロシアW杯

ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース