ニューカッスルがドルトムントからレンタル中のU-21スペイン代表MFメリノを完全移籍に切り替え2017.10.13 20:35 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ニューカッスルは13日、ドルトムントからレンタル移籍で加入したU-21スペイン代表MFミケル・メリノ(21)に関して、完全移籍に切り替えることを発表した。契約期間は2022年までとなる。

▽メリノは、オサスナの下部組織で育ち、2014年7月にトップチームに昇格。2016年7月にドルトムントへと完全移籍した。ドルトムントではブンデスリーガで8試合に出場。DFBポカールでも1試合に出場していた。

▽今シーズンはニューカッスルへレンタル移籍すると、プレミアリーグで7試合に出場していた。メリノはクラブを通じて喜びのコメントを残している。

「僕はここにいることができて本当に幸せだ。契約について、公式に発表できた。5年以上ここに居続けることができるし、クラブや全ての人に良い物を与えられるように、クラブのためにプレーし続けたい」

コメント

関連ニュース

thumb

モウリーニョ、セント・ジェームズ・パークの呪いに苦しむ

▽マンチェスター・ユナイテッドを率いるジョゼ・モウリーニョ監督が“セント・ジェームズ・パークの呪い”に苦しんでいる。イギリス『FourFourTwo』が伝えた。 ▽ユナイテッドは11日、プレミアリーグ第27節でニューカッスルとアウェイで対戦した。序盤から決定機こそ作り出したものの、相手の気迫溢れる守備を攻略できず、首位マンチェスター・シティの背中が遠のくシーズン5敗目を喫した。 ▽伝えられるところによれば、モウリーニョ監督率いるチームがプレミアリーグにおいて、ニューカッスルの本拠地セント・ジェームズ・パークで敗れたのは通算4度目。今回の対戦を含む過去7度の対戦で3分け4敗と一度も勝利したことがないという。 ▽ポルトガル人指揮官を呪いから解放できなかったユナイテッドは、今回の敗戦により、首位シティとの勝ち点差が「16」に拡大。25日に行われる次節は、本拠地オールド・トラフォードでモウリーニョ監督の古巣チェルシーと対戦する。 2018.02.12 17:15 Mon
twitterfacebook
thumb

モウリーニョ、ポグバ途中交代は“戦術的”な理由

▽マンチェスター・ユナイテッドを率いるジョゼ・モウリーニョ監督が、11日に敵地で行われたプレミアリーグ第27節、ニューカッスル戦(0-1で敗戦)でフランス代表MFポール・ポグバを途中交代させた理由に関して説明している。同監督が試合後、イギリス『スカイ・スポーツ』で語った。 ▽前節、ハダースフィールドに快勝したユナイテッドは16位に低迷するニューカッスル相手に連勝を目指した。しかし、序盤から相手のアグレッシブさに圧倒されたうえ、再三の決定機を逸すると、65分に相手セットプレーの流れからMFマット・リッチーに先制点を献上。その後、決死の猛攻を見せたものの、0-1で敗戦。昨年10月以来、リーグ戦でのホームゲームで勝利がなかった相手に久々のホーム白星を献上した。 ▽この試合では失点直後にポグバを下げて、より守備的なMFマイケル・キャリックを投入した采配が少なからずサポーターの間で話題となっていた。 ▽モウリーニョ監督はこの交代策の意図に関して、あくまで戦術的な判断であったと説明している。 「(ポグバはケガかとの問いに対して)違う。問題はないよ」 「私は自陣でブロックを敷く相手に対して、より良いアプローチを求めていた」 「マイケル・キャリックのシンプルさがほしかった。同時にアレクシス(・サンチェス)を、よりルカクの近くでプレーさせたかった。彼はセカンドストライカーとしてもプレーできるからね」 ▽なお、ここ最近パフォーマンスの低下や適性ポジションに関して議論を巻き起こしているポグバは0-2で敗戦した先日のトッテナム戦でもビハインドの状況で途中交代となっており、ポルトガル人指揮官との確執も囁かれている。 2018.02.12 05:50 Mon
twitterfacebook
thumb

格下相手の敗戦を受け入れるモウリーニョ、「フットボールの神様は彼らのサイドにいた」

▽マンチェスター・ユナイテッドは11日、敵地で行われたプレミアリーグ第27節でニューカッスルと対戦し、0-1で敗戦した。同クラブを率いるジョゼ・モウリーニョ監督が試合後会見で格下相手の敗戦を振り返った。クラブ公式サイトが伝えている。 ▽前節、ハダースフィールドに快勝したユナイテッドは16位に低迷するニューカッスル相手に連勝を目指した。しかし、序盤から相手のアグレッシブさに圧倒されたうえ、再三の決定機を逸すると、65分に相手セットプレーの流れからMFマット・リッチーに先制点を献上。その後、決死の猛攻を見せたものの、0-1で敗戦。昨年10月以来、リーグ戦でのホームゲームで勝利がなかった相手に久々のホーム白星を献上した。 ▽モウリーニョ監督は試合後、「獣のようなプレーを見せた」とニューカッスルの戦いぶりを称賛している。 「彼らは獣のように戦っていた。褒め言葉として受け取ってもらいたい。フットボールの神様は彼らのサイドにいた。今日は、我々のサイドには来てくれなかった。ニューカッスルは持てる力を出し尽くし、能力以上の力も発揮した。それがフットボールの良い部分でもある。彼らが勝ち点1を取る気持ちでいた中、我々は守備でミスをした。リードしてから相手が考えていたことは、無失点に抑えることだけだった」 ▽また、モウリーニョ監督はこの試合最大の敗因となった決定力不足に関しても言及。 「もし10時間プレーしてもゴールを決められないだろう。そういうフィーリングだ。前半にアントニー(・マルシャル)がGKと対峙し、後半にはアレクシス(・サンチェス)が無人のゴールを目の前にした場面もあったし、何度となくチャンスはあった。点が取れなかったことが不思議という状況の連続だった。ニューカッスルに運が味方したとも言えるだろうが、ニューカッスルが戦って勝ったというべきだ」 ▽なお、今回の敗戦で首位のマンチェスター・シティとの勝ち点差が16ポイントに広がったユナイテッドは、3位リバプールと4位トッテナム、5位チェルシー(1試合未消化)との勝ち点差が6ポイント以内に縮まっており、今後は熾烈なトップ4争いに巻き込まれそうな情勢だ。 2018.02.12 05:43 Mon
twitterfacebook
thumb

決定力欠いたユナイテッドがニューカッスルに昨年10月以来のホーム白星献上…失点直後交代のポグバはベンチで虚空見つめる《プレミアリーグ》

▽プレミアリーグ第27節、ニューカッスルvsマンチェスター・ユナイテッドが11日にセント・ジェイムズ・パークで行われ、ホームのニューカッスルが1-0で勝利した。 ▽前節、サンチェスの移籍後初ゴールなどでハダースフィールドに快勝した2位のユナイテッド(勝ち点56)は、連勝を目指して16位のニューカッスル(勝ち点25)とのアウェイゲームに臨んだ。前節からは先発4人を変更し、ロホとショーに代わってフィル・ジョーンズ、ヤングが最終ラインに入り、マクトミネイ、マタに代わってポグバ、マルシャルが復帰した。 ▽共にインテル、レアル・マドリー、チェルシーを率いた名将同士の一戦。試合は立ち上がりからアグレッシブな姿勢を見せたホームチームが主導権を握る。開始5分、ボックス手前で得たFKの二次攻撃からボックス手前中央のシェルヴェイが強烈な右足のシュートを放つ。しかし、枠の左を捉えたボールはGKデ・ヘアの圧巻のワンハンドセーブに遭う。続く7分にもディアメのボール奪取からボックス付近でアヨセ・ペレスがシュートを狙うが、今度は枠の左へ外れた。 ▽一方、押し込まれる入りが続いたユナイテッドだが、徐々に相手を押し返していく。相手のハイラインに対して、ポグバを起点としたダイレクトパスで背後を狙い、サンチェスやルカクがフィニッシュに近づく。 ▽すると35分にはユナイテッドに絶好の先制機。マティッチからの絶妙なスルーパスに抜け出したマルシャルがボックス内に侵入。だが、相手GKドゥブラフカの絶妙な飛び出しに阻まれ、一対一のチャンスを決め切れない。その後も一進一退の攻防となった中、前半はゴールレスで終了した。 ▽迎えた後半もリズムを掴み切れないユナイテッドは53分に決定機。セットプレーの二次攻撃からゴール左で競り勝ったスモーリングが頭で折り返す。これをルカクが頭で合わせて流し込むが、ここは相手DFへのプッシングを取られてゴールは認められず。その直後にもボックス左で仕掛けたサンチェスがフィニッシュまで持ち込むが、シュートは枠の左に外れた。 ▽さらに56分にはこの試合2度目の絶好機。ボックス中央のルカクがゴール前に走り込むサンチェスへ絶妙なスルーパスを通す。そして、DFを振り切ったサンチェスが飛び出したGKの寸前でボールに触りかわすと、ゴールの位置をしっかりと確認して無人のゴールへシュート。だが、ややフィニッシュまで時間がかかったことで必死の戻りを見せたDFルジューヌにスーパークリアで阻まれた。 ▽すると、この決定機を逸したユナイテッドはそのツケを払うことに。65分、自陣で持ち上がったスモーリングがシミュレーションを取られてやや距離のある位置でFKを与える。このFKの場面でキッカーのシェルヴェイがボックス右へ浮き球のボールを入れると、これをルジューヌが競り勝って中央に折り返すと、DFを背負ったゲイルの絶妙な落としからゴール前でドフリーのリッチーが左足のシュートをゴール右隅に決めた。 ▽先制を許したユナイテッドは66分、ポグバとリンガードを下げてキャリックとマタを投入する2枚替えを敢行。ここ最近、不調が噂されるポグバはベンチに下がると茫然自失の様子で虚空を見つめた。 ▽この選手交代をキッカケに攻勢を強めるユナイテッドは76分に同点のチャンスを迎える。相手陣内右サイドで得たFKの場面でキッカーのマタがゴール前にボールを入れると、混戦からゴール前のマルシャルが2度のシュートを放つが、いずれもゴールカバーに入ったDFの必死のブロックに阻まれ、またしても絶好機を逸した。 ▽その後、マティッチに代えてマクトミネイをピッチに送り出すも、完全に引いた相手を崩し切れないユナイテッド。試合終了間際にはセットプレーの流れからマタのラストパスをゴール至近距離のキャリックがタップインを試みるが、これも相手GKの好守に阻まれて万事休す。 ▽決定力不足に加え、覇気のないプレーに終始したユナイテッドは、ホームで苦戦が続いたニューカッスルに昨年10月21日以来のホーム白星を献上。首位のマンチェスター・シティとの勝ち点差が「16」に開くと共に、ライバルの結果次第では熾烈なトップ4争いに巻き込まれる可能性も出てきた。 2018.02.12 01:20 Mon
twitterfacebook
thumb

家でもサッカー愛溢れちゃう57歳ベニテス、70歳まで監督宣言!

▽ニューカッスルを率いるラファエル・ベニテス監督(57)が“70歳”まで監督業を続けたいとの思いを明かした。イギリス『BBC』が伝えている。 ▽選手として大成しなかったベニテス氏は過去、リバプールやバレンシア、インテル、チェルシー、ナポリ、レアル・マドリーなど欧州の複数クラブで監督を歴任。コーチや監督として32年のキャリアを持つ。 ▽監督業から身を引くタイミングについて問われたベニテス氏は、私生活で露呈してしまう職業病を面白おかしく明かしつつ、次のように将来を語った。 「家にいると、ついついキッチンのコップや皿を[4-4-2]の布陣に並べてしまうんだ。そしたら、家族から『(監督を)続けろ』って言われるんだ」 「(70歳まで監督を務めるか? )今のところ、イエスだ。フットボールに対する情熱を失ってないし、何せこの仕事が好きだからね」 「我々、監督は何年もこの仕事を続ける。それはエネルギーや情熱、勝利への欲求があるからだ。普通の生活を送る自分が想像できない」 2018.02.05 17:15 Mon
twitterfacebook


ACL

ACL
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース