ニューカッスルがドルトムントからレンタル中のU-21スペイン代表MFメリノを完全移籍に切り替え2017.10.13 20:35 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ニューカッスルは13日、ドルトムントからレンタル移籍で加入したU-21スペイン代表MFミケル・メリノ(21)に関して、完全移籍に切り替えることを発表した。契約期間は2022年までとなる。

▽メリノは、オサスナの下部組織で育ち、2014年7月にトップチームに昇格。2016年7月にドルトムントへと完全移籍した。ドルトムントではブンデスリーガで8試合に出場。DFBポカールでも1試合に出場していた。

▽今シーズンはニューカッスルへレンタル移籍すると、プレミアリーグで7試合に出場していた。メリノはクラブを通じて喜びのコメントを残している。

「僕はここにいることができて本当に幸せだ。契約について、公式に発表できた。5年以上ここに居続けることができるし、クラブや全ての人に良い物を与えられるように、クラブのためにプレーし続けたい」

コメント

関連ニュース

thumb

ニューカッスル、今季レンタル加入のGKドゥブラフカを完全移籍で獲得!

▽ニューカッスルは30日、スパルタ・プラハからレンタル移籍中だったスロバキア代表GKマルティン・ドゥブラフカ(29)の買い取りオプションを行使し、完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2022年6月30日までの4年となる。 ▽今年1月に買い取りオプション付きの半年間のレンタルで加入したドゥブラフカは、デビュー戦となったマンチェスター・ユナイテッド戦で1-0の勝利に大きく貢献。その後は安定したショットストップと広い守備範囲を武器にリーグ戦12試合に出場するなど、瞬く間にマグパイズの正GKの座を射止めた。 ▽母国のジリナでプロキャリアをスタートしたドゥブラフカは、デンマークのエスビャウを経てスロヴァン・リベレツ、スパルタ・プラハとチェコの2クラブでプレーし、今冬にイングランドに初上陸していた。 ▽また、2014年にデビューしたスロバキア代表ではここ最近、正GKに定着している。 2018.05.31 04:30 Thu
twitterfacebook
thumb

元リバプールのシュクルテル、ニューカッスルでベニテスと再会か

▽ニューカッスルが、フェネルバフチェのスロバキア代表DFマルティン・シュクルテル(33の獲得に興味を持っているよづだ。イギリス『クロニクル・ライブ』が伝えている。 ▽2016年からフェネルバフチェでプレーするシュクルテル。今季はリーグ戦21試合に出場し、最後まで優勝争いを繰り広げたクラブに貢献した。 ▽33歳という年齢や、クラブとの契約が残り1年となっていることから、安価での獲得が見込めるシュクルテルに対し、リバプール時代に同選手を指導したラファエル・ベニテス監督率いるニューカッスルが獲得に興味。2010年以来となる師弟コンビ復活が期待されている。 ▽一方で、シュクルテルにはスティーブン・ジェラード新監督率いるレンジャーズもオファーを出していたが、選手の代理人が給与の面からこのオファーを断ったと明かしている。 2018.05.30 14:25 Wed
twitterfacebook
thumb

ニューカッスルがトーレス獲得に乗り出す? リバプールとチェルシーで共演した指揮官が示唆

▽ニューカッスルが、今シーズン限りでアトレティコ・マドリーを退団する元スペイン代表FWフェルナンド・トーレス(34)の獲得に乗り出す可能性があるようだ。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えている。 ▽今シーズン限りでの退団を決断したトーレスには、中国やアメリカ行きの噂が浮上しているほか、サガン鳥栖が獲得を狙っていることが伝えられている。今回伝えられるところによると、トーレスのリバプール時代とチェルシー時代にタッグを組んでいたラファエル・ベニテス監督率いるニューカッスルも獲得に動く可能性があるようだ。 ▽このことについてベニテス監督は否定せず。ただ、加入が実現すれば2013年以来の再共演となるが、トーレスが加入する可能性は低いと考えているようだ。 「彼の獲得は難しいだろう。それは、我々が獲得を望んでいないからという訳ではない」 「現場で何が起きているかは分からない。ただ、トーレスはおそらく他のクラブのことを考えていると思うね」 「リバプールで彼はセンセーショナルだった。チェルシーでは難しい時期を過ごしたが、(2012-13シーズンに)ヨーロッパ・リーグを勝ち取るためには不可欠な存在だった」 2018.05.20 22:20 Sun
twitterfacebook
thumb

乾加入報道のベティス、ニューカッスルFWに関心! 強力なライバルに?

▽日本代表MF乾貴士の加入が噂されるベティスがニューカッスルのスペイン人FWアヨセ・ペレス(24)の獲得に関心を示しているようだ。スペイン『ムンド・デポルティボ』が伝えている。 ▽今季のリーガエスパニョーラでヨーロッパリーグ出場権を獲得したベティスは、二足の草鞋を履く来シーズンに向けて積極な動きを見せている。そのベティスは前線のオプションとしてニューカッスルで活躍するスペイン人FWの獲得に関心を示しているようだ。 ▽2014年にテネリフェからニューカッスルに加入したアヨセ・ペレスは、以降マグパイズの主力FWとして活躍。今シーズンはプレミアリーグ36試合に出場し8ゴール4アシストの数字を残している。先日には2021年までの契約にサインしたものの、クラブがマインツの日本代表FW武藤嘉紀らアタッカーの獲得に動いているとの報道もあり、適切なオファーが届けば、放出に踏み切る可能性も十分にあるようだ。 ▽なお、ベティスのキケ・セティエン監督は[4-3-3]や[3-3-2-2]、[3-4-3]と複数のシステムを併用している。その中でアヨセ・ペレスは2トップの一角、あるいはスペイン人FWセルヒオ・レオンのポジション争いのライバルと見られているが、左右のウイングやシャドーでのプレーを求められた場合、乾の強力なライバルとなる可能性もある。 2018.05.19 15:01 Sat
twitterfacebook
thumb

ベニテス、武藤嘉紀を追跡か

▽マインツに所属する日本代表FW武藤嘉紀(25)を巡り、ニューカッスルが目を光らせているようだ。イギリス『talkSPORT』が伝えている。 ▽ニューカッスルのラファエル・ベニテス監督が今夏、攻撃陣の補強を目論み、武藤を追跡。1月加入のFWイスラム・スリマニが期待に応えられなかったことで、新たなアタッカー獲得に意欲を示している模様だ。 ▽そのニューカッスルは、プレミアリーグ復帰初年度の今シーズンを10位でフィニッシュ。プレミアリーグ残留により、クラブから補強資金の提供も見込める状況だという。 ▽2015年5月にマインツ入りした武藤は、公式戦72試合23ゴール11アシストを記録。今シーズンはブンデスリーガ挑戦後キャリアハイの8ゴールを挙げるなど、公式戦30試合10ゴール5アシストという成績を残している。 ▽事前の報道によれば、武藤はプレミアリーグ行きを視野に入れているが、マインツはあと1年の引き留めを希望。また、移籍金として最低でも2000万ユーロ(約26億円)を求めているとみられる。 2018.05.15 12:25 Tue
twitterfacebook


ロシアW杯

ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース