バルセロナの今季予算は約1200億円…選手売却などで前年比約27%増2017.10.13 11:00 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽バルセロナは12日、2017-18シーズンの予算を発表した。今シーズンの予算は8億9700万ユーロ(約1192億円)になるとのことだ。

▽バルセロナのCEO(最高経営責任者)を務めるオスカル・グラウ氏によると、2016-17シーズンの決算は7億800万ユーロ(約941億円)だったとのこと。1億8900万ユーロ(約251億円)の増加となり、26.6%増となった。

▽2017-18シーズンの予算内訳は、1億9500万ユーロ(約259億円)がスタジアムツアーやチケット収入、1億8600万ユーロ(約247億円)が放映権収入、3億ユーロ(約399億)がスポンサー収入やサマーツアーのマーケティング収入、1億9800万ユーロ(約263億円)がネイマールの売却額を含む選手売却とその他の収入とのことだ。

▽2016-17シーズンと比べ、全ての収入が増加する見込み。特に、1億2500万ユーロ(約166億円)も増加している選手売却+その他の収入が大きなものを占めている。

コメント

関連ニュース

thumb

バルセロナの本命はムバッペだった? バルベルデ監督が獲得失敗を明かす

バルセロナのエルネスト・バルベルデ監督が、マラガ戦前の記者会見で、今夏ネイマールの退団で発生した余波について振り返っている。<br><br>パリ・サンジェルマン(PSG)にネイマールを売却したバルセロナ。スーパースターの穴埋めとして、FWコウチーニョやFWロレンツォ・インシーニェなど、多くの選手が候補に上がったが、結果的に1億500万ユーロでウスマン・デンベレをドルトムントから獲得した。<br><br>しかし、バルセロナの本命は、PSGに移籍したFWキリアン・ムバッペだったようだ。バルベルデ監督が、クラブが獲得に動いていたことを明かした。<br><br>「ネイマールがいなくなると聞いた時は驚いたね。クラブは、すぐさまムバッペの獲得に動いたようだ。だけどそれは実現できなかった。結局、ムバッペはここにいない選手だ。今いる選手で戦う必要がある。それに、我々はその中で常に改善しようとしているからね」<br><br>デンベレは加入直後に足を負傷し、長期離脱を強いられている。それでもバルセロナは第8節まで7勝1分けで単独首位に立っており、リーガの覇権奪回に向けて好スタートを切った。今週末は1分け7敗で最下位に沈むマラガを下して、さらに勝ち点を伸ばすことができるのか。バルベルデの手腕に注目が集まる。<br><br><br>提供:goal.com 2017.10.22 19:58 Sun
twitterfacebook
thumb

ミチェル、バルセロナ疑惑のゴールに「レフェリングが難しいことは知っているが、そんなにか?」

21日のリーガエスパニョーラ第9節、マラガは敵地カンプ・ノウでのバルセロナ戦を0&minus;2で落とした。試合後会見に出席したミチェル監督は、バルセロナが決めた疑惑のゴールに対する不満を隠さなかった。<br><br>バルセロナはこの試合の2分にFWジェラール・デウロフェウが先制点を記録。しかしアシストしたDFリュカ・ディーニュが、すでにゴールラインを割ったボールを内に折り返していた可能性がある。ミチェル監督はこの場面について、次のようにコメントした。<br><br>「レフェリングがとても難しいことは分かっている。が、そんなにか? 開始1分にそんなミスが起これば怯みもするさ。チームはその後にリアクションを見せたがね」<br><br>「別に何かを恵んでもらいたいわけじゃない。だが奪われることだって望みはしない」<br><br><br>提供:goal.com 2017.10.22 19:15 Sun
twitterfacebook
thumb

バルサ、イニエスタに続きメッシにも生涯契約オファーへ

▽バルセロナが、アルゼンチン代表FWリオネル・メッシ(30)に生涯契約をオファーする見込みだという。『ESPN』が伝えている。 ▽バルセロナとの契約が2018年6月30日までとなっているメッシ。ジョゼップ・マリア・バルトメウ会長は先月、メッシとの契約について、「契約は2022年まで延長した。メッシは既に新契約の下プレーしている」とスペイン『8TV』のインタビューで公言したが、未だに発表には至っていない。 ▽そんな中、元バルセロナ指揮官のジョゼップ・グアルディオラ監督からのマンチェスター・シティ引き抜きの噂が伝えられてきたメッシだが、バルセロナのオスカル・グラウCEO(最高経営責任者)は、「メッシはすでに4年契約にサインしている」としたうえで、クラブが生涯契約を希望していることを認めた。 「メッシは6月に4年契約にサインした。しかし、クラブは彼に生涯契約オファーを提示するだろう。これは小さい頃からこのチームにいるレオにとって、長い人生をここで過ごすことを意味する。彼はクラブの象徴なんだ」 「彼はずっとここでプレーしてきた。我々は彼がまだまだここにいてくれることを望んでいるよ」 ▽13歳で下部組織に入団し、2004年にトップチームデビューを果たしたメッシ。これまでに597試合に出場し522ゴールを奪ってきたレジェンドは、心のクラブで引退することになるのだろうか。 2017.10.22 18:56 Sun
twitterfacebook
thumb

疑惑の電光石火弾にイニエスタが今季初ゴール! 昨季因縁の相手マラガを破った首位バルセロナが無敗継続《リーガエスパニョーラ》

▽バルセロナは21日、カンプ・ノウで行われたリーガエスパニョーラ第9節でマラガ戦を戦い、2-0で勝利した。 ▽前節のアトレティコ・マドリー戦を1-1のドローで終え、開幕からの連勝がストップしたバルセロナ。それでも、直近のチャンピオンズリーグ(CL)オリンピアコス戦ではピケの退場というハプニングに見舞われるも、エースFWメッシが欧州カップ戦通算100ゴールを達成するなど、きっちり3-1の勝利を収め、CLグループステージ3連勝を飾った。 ▽迎える今節は昨シーズンの2度の対戦でも1敗1分けの未勝利に終わった因縁の相手マラガをカンプ・ノウで迎え撃った。オリンピアコス戦からのメンバー変更は2点。ピケとパウリーニョに代えてマスチェラーノとラキティッチを起用した。 ▽試合は開始早々に意外な形で動く。開始2分、ボックス左に抜け出したディーニュがゴールライン際ギリギリで折り返すと、これをゴール前のデウロフェウがワンタッチで流し込んだ。この場面ではディーニュの折り返しの時点でボールが完全にラインを割っており、マラガ陣営も主審に猛抗議を行うが、主審は判定を覆すことなくバルセロナのゴールを認めた。 ▽電光石火の疑惑弾で曲者マラガ相手に最高のスタートを切ったバルセロナは、その後もイニエスタとメッシの超絶連係プレーから決定機を演出するなど、リズムよく試合を進める。だが、前に出てきたマラガに対して、幾度かメッシのドリブルからカウンターチャンスを得たものの、最後の場面で味方の攻め上がりの遅さや連係ミスの影響で決定機に持ち込めず。 ▽それでも、マラガのサイドを起点とした攻撃をマスチェラーノの鋭い読みやGKテア・シュテーゲンの安定したゴールキーピングで難なく抑え込み、前半を1点リードで終えた。 ▽迎えた後半、前半終盤に足を痛めたディエゴ・ロランに代わってファンピを投入してきたマラガに対して、後半も主導権を握るバルセロナは56分に今度は正真正銘のゴールを奪う。ラキティッチの鋭い縦パスを難なく収めたメッシがボックス左に走り込むイニエスタに丁寧なラストパス。これに抜け出したイニエスタが左足を振り抜くと、DFロサレスの足に当たってディフレクトしたボールがゴール右隅の絶妙なコースに決まった。 ▽イニエスタの今季リーグ戦初ゴールで貴重な追加点を挙げたバルセロナは、60分にもボックス内でボールを受けたスアレスがDFを引きずりながら強引に右足のシュートを放つが、これはわずかに枠の右に外れた。逆に、67分にはボックス内でボールを収めたケコに決定機を許すが、ここはDFの身体を張ったブロックとGKテア・シュテーゲンのキャッチで凌ぐ。 ▽72分にデウロフェウを下げてネウソン・セメドを投入したバルセロナは、セルジ・ロベルトを前線に上げてセメドを右サイドバックに配置。73分にはメッシのスルーパスに抜け出したセルジ・ロベルトがそのままボックス内までボールを運びDFとGKを引き付けて右を併走するスアレスにプレゼントパス。だが、スアレスはこのイージーシュートを枠の右に外してしまい、決定的な3点目を奪うことができない。 ▽その後、ブスケッツに代えてパウリーニョ、スアレスに代えてパコ・アルカセルを最後の交代カードとして投入したバルセロナは、84分にボックス右から内に切り込んでDF2枚をかわしたセルジ・ロベルトに決定機も、左足のシュートは枠の左に外れる。さらに後半終了間際にはメッシのヘディングシュート、アルカセルのGKとの一対一と3点目に迫るが、いずれもオフサイドの判定。それでも、相手の反撃をきっちりクリーンシートで締めくくったバルセロナが、昨季の因縁の相手マラガに快勝し開幕からの無敗を継続した。 2017.10.22 05:44 Sun
twitterfacebook
thumb

スペイン政府がカタルーニャの自治権を一部停止…バルサ会長は「リーガでプレーし続ける」

▽バルセロナは21日、クラブの年次総会を実施。ジョゼップ・マリア・バルトメウ会長はカタルーニャ州の独立運動について触れ、ラ・リーガを離れるプランはないと明かした。バルセロナ公式サイトが伝えた。 ▽10月1日、カタルーニャ州の独立を問う投票が行われた。スペイン政府との駆け引きが続いていた中、21日にスペイン政府はカタルーニャ州の自治権の停止のため、憲法155条の発動を宣言した。 ▽カタルーニャ州の独立問題は、多くの企業が登記上の本社をカタルーニャ州から移転するなど、多くの影響を及ぼしている。スペインプロリーグ機構(LFP)のハビエル・テバス会長も「独立した場合のリーグ参加は認めない」とコメントしており、バルセロナにも何らかの影響が出る可能性がある。 ▽そんな中、バルトメウ会長はクラブの総会でソシオに対して考えを明かし、リーガエスパニョーラにおける地位は確立されていると語った。 「クラブの意向は、ラ・リーガでプレーし続けるというものだ。我々が参加することは、今日、完全に保証されている」 ▽また、カタルーニャ州との関わりについてもコメント。カタルーニャを代表するクラブではあるが、ソシオ会員のメンバーの意見を尊重すると語った。 「誰も、バルサのカタルーニャ社会へのコミットメントを疑うことはできない。クラブは、常に民主主義の原則、言論の自由、そして決定を守る。しかし、いつでも我々のメンバーの複数の意見を尊重していく」 ▽総会後、スペイン政府の決定を受けたバルトメウ会長は「今日の第155条の適用に際して、我々はカタルーニャの民主的な制度に対する絶対的な支持を再度述べなければなりません」と声明を発表。「影響を受けた関係者全員と公的メディアとの支持と連帯を表明したい」とし、スタジアムなどでの反応を平和的に行う必要があるとした。 「今は、これまで以上に平静で行動しなければなりません。いかなる反応も市民的かつ平和的でなければならない。スタジアムでもだ」 「そしてこれまで以上にカタロニアの状況を解決する唯一の手段として、対話支援を再確認する必要があります」 ▽スペイン政府の決定により、カタルーニャ州政府がどのような反応を見せるか。以前は独立に向けて動くと明かしていたが、果たして。 2017.10.21 23:30 Sat
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース