バルセロナの今季予算は約1200億円…選手売却などで前年比約27%増2017.10.13 11:00 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽バルセロナは12日、2017-18シーズンの予算を発表した。今シーズンの予算は8億9700万ユーロ(約1192億円)になるとのことだ。

▽バルセロナのCEO(最高経営責任者)を務めるオスカル・グラウ氏によると、2016-17シーズンの決算は7億800万ユーロ(約941億円)だったとのこと。1億8900万ユーロ(約251億円)の増加となり、26.6%増となった。

▽2017-18シーズンの予算内訳は、1億9500万ユーロ(約259億円)がスタジアムツアーやチケット収入、1億8600万ユーロ(約247億円)が放映権収入、3億ユーロ(約399億)がスポンサー収入やサマーツアーのマーケティング収入、1億9800万ユーロ(約263億円)がネイマールの売却額を含む選手売却とその他の収入とのことだ。

▽2016-17シーズンと比べ、全ての収入が増加する見込み。特に、1億2500万ユーロ(約166億円)も増加している選手売却+その他の収入が大きなものを占めている。

コメント

関連ニュース

thumb

バティ、自身の得点記録を破った代表の後輩メッシに対し「エイリアンだから…」

▽アルゼンチン代表のレジェンドであるガブリアル・バティストゥータ氏が、自身の持つ同国代表での最多得点記録を更新したバルセロナのFWリオネル・メッシを「エイリアン」と評した。スペイン『マルカ』が伝えている。 ▽メッシは昨年6月の代表戦でバティストゥータ氏が77試合で達成した54ゴールを上回り、アルゼンチン代表の歴代最多得点者になった。現在では、123試合61ゴールまで記録を伸ばしている。それに対してバティストゥータ氏は今夏、「思ったより時間がかかったね。私はより早く記録を達成した」と語っていたが、やや態度を軟化させているようだ。 「私にとって誇りになっていた部分で負けるのは好ましくない。けど、それを塗り替えたのがエイリアンの(リオネル・)メッシだからまだ寛容でいられる」 2017.12.14 00:51 Thu
twitterfacebook
thumb

バルサ、ヴェルメーレン復調でマスチェラーノの移籍に扉か...クラブはCB補強も検討

バルセロナは、今冬の移籍市場で守備陣のテコ入れを余儀なくされるかもしれない。<br><br>バルセロナはMFハビエル・マスチェラーノが1月の移籍市場での移籍を希望している。DFジェラール・ピケ、サミュエル・ユムティティの控えに甘んじるマスチェラーノは出場機会増加を望んでおり、すでに代理人を通じてクラブ側に退団の意思を伝えた模様だ。<br><br>バルセロナはマスチェラーノの代役に、パルメイラスDFジェリー・ミナを考えている。すでにバルセロナ移籍が内定しているミナだが、クラブは同選手の加入を早めたいと考えているようだ。<br><br>だがジェア・ミナ代理人はスペイン『カデナ・コペ』で「バルセロナは2018年7月に買い取りオプションを行使すると公に認めていた。よって、この冬にミナを獲得したければ、パルメイラスと話し合わなければいけない」と再交渉の必要性を強調している。<br><br>一方、バルセロナは、ここ数試合でDFトーマス・ヴェルメーレンがエルネスト・バルベルデ監督の信頼を完全に取り戻している。第13節バレンシア戦(1-1)で563日ぶりにリーガエスパニョーラのピッチに立ったヴェルメーレンは、第14節セルタ戦(2-2)、第15節ビジャレアル戦(2-0)と連続出場。出色の出来でチームの勝ち点獲得に貢献している。<br><br>ヴェルメーレンの復調で、マスチェラーノの移籍に扉が開かれる可能性はある。ただ、バルセロナ側に簡単にマスチェラーノを放出するつもりはなく、今後のマーケットの動きを見ながら最終的な決断を下すとされる。<br><br><br>提供:goal.com 2017.12.13 23:00 Wed
twitterfacebook
thumb

【CLグループD総括】バルサとユーベが順当に突破、スポルティングは一歩及ばず

▽本命と目されていたバルセロナとユベントスが順当にグループステージ突破を決めた。スポルティング・リスボンは最終節までユベントスと突破を争う粘りを見せたものの及ばず、オリンピアコスはバルセロナに引き分ける健闘を見せたが、勝ち点1獲得に終わった。 ■グループD順位表■ [勝ち点/得失点] 1:バルセロナ[14/8] 2:ユベントス[11/2] 3:スポルティング・リスボン[7/-1] 4:オリンピアコス[1/-9] ◆ユーベにリベンジし最終節を前に首位通過~バルセロナ~<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20171212_50_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽昨季準々決勝で敗れたユベントスに初戦で3-0と完勝して好スタートを切ったバルセロナは、その後スポルティング、オリンピコアスを確実に退けて3連勝と危なげない戦いを見せた。そしてオリンピアコスに引き分けた後、ユベントスとのアウェイ戦でゴールレスドローに持ち込んで、最終節を残して首位通過を決めた。ネイマール流出に始まり、新戦力のデンベレ負傷というアクシデントに見舞われたものの、メッシとスアレスの2トップ移行やフラットな[4-4-2]へのシステム変更など、バルベルデ監督の巧みな手腕で、終始隙のない戦いを見せた。 ◆バルサに及ばずもノルマの2位通過~ユベントス~<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20171212_51_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽バルセロナに初戦で完敗する厳しいスタートを切ったユベントスだったが、オリンピアコスとスポルティングに勝負強く競り勝ち、勝ち点を積み上げていった。決して楽な戦いではなかったものの、最終節で2位通過を決めた。ボヌッチ流出により堅守に乱れがあったが、ベナティアやルガーニの活躍でバルセロナとのリターンマッチではゴールレスドローに持ち込み、持ち前の堅守が復活。最終節のオリンピアコス戦もシャットアウトしてノルマのグループステージ突破を果たした。 ◆最終節まで突破の可能性を残すも及ばず~スポルティング・リスボン~<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20171212_52_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽2年ぶりのCL参戦となったジョルジェ・ジェズス体制3季目のスポルティングは、2強に割って入れるだけのポテンシャルを十分に示した。バルセロナやユベントスに善戦し、オリンピアコスに2勝するなど、ユベントスを脅かす存在となった。痛かったのはユベントスとの直接対決2連戦で互角以上に渡り合いながらも、結果は1分け1敗と下回った点だ。 ◆バルセロナとのドローが唯一の見せ場~オリンピアコス~<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20171212_53_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽スポルティングと共にグループをかき回す存在と目されたギリシャ王者だったが、見せ場は第4節でバルセロナに引き分けた試合のみだった。それ以外の試合は全敗に終わり、勝ち点1獲得で今大会を終えた。 2017.12.13 18:03 Wed
twitterfacebook
thumb

バルサがウイング強化に向けてバルサB出身のルイス・アルベルトに注視

▽バルセロナがウイングの補強としてラツィオのスペイン代表FWルイス・アルベルト(25)の補強を画策しているようだ。『フットボール・エスパーニャ』が伝えた。 ▽バルセロナは今夏の移籍市場でブラジル代表FWネイマール(25)をパリ・サンジェルマンへと引き抜かれた。その代わりとしてドルトムントからフランス代表FWウスマーヌ・デンベレ(20)を獲得。しかし9月16日に行われたリーガエスパニョーラ第4節のヘタフェ戦で負傷し、現在も戦列に復帰できていない。 ▽また、同じく今夏にはエバートンからスペイン代表FWジェラール・デウロフェウ(23)が復帰を果たしたが、エルネスト・バルベルデ監督は同選手を信頼しきれておらず、リーグ戦9試合で5試合の先発出場に留めている。 ▽現在は[4-3-3]ではなく[4-4-2]を採用して選手をやり繰りしているバルセロナだが、将来的には再び[4-3-3]に戻すようだ。『フットボール・エスパーニャ』はバルセロナのスポーツディレクターを務めるロバート・フェルナンデス氏が、ラツィオの試合を視察し、ルイス・アルベルトの状態を確認していたと報じた。 ▽ルイス・アルベルトはセビージャのカンテラ育ちであり、2011-12シーズンにはトップチームに昇格。2012-13シーズンにはバルセロナBへレンタル移籍した経験もある。その後はリバプールへの完全移籍からマラガ、デポルティボといったリーガを戦うチームにレンタル移籍。2016-17シーズンからラツィオでプレーしている。 ▽そのラツィオではオフェンシブなポジションをこなし、セリエAでは15試合4ゴールを奪う活躍を見せている。そのため、同選手に対してはバルセロナのみならず、古巣であるセビージャやリバプールも復帰を考えているようだ。 2017.12.13 13:30 Wed
twitterfacebook
thumb

イブラヒモビッチ「グアルディオラは最も幼稚なコーチ」バルサ時代の指揮官を痛烈批判

マンチェスター・ユナイテッドのFWズラタン・イブラヒモビッチは、バルセロナ時代の指揮官であるジョゼップ・グアルディオラ監督を&ldquo;最も幼稚なコーチ&rdquo;と罵っている。<br><br>2009-2010シーズンを前にインテルでの成功を引っさげてバルセロナに移籍したイブラヒモビッチ。初めて降り立ったスペインの地で、1シーズン目から出場した29試合のうち先発出場は23試合で、16ゴールを挙げるなど数字ではインパクトを残したが、リオネル・メッシやティエリ・アンリを重宝するグアルディオラ監督とはそりが合わず、わずか1シーズンでイタリアへと渡っていった。<br><br>10日に行われたマンチェスターダービーでグアルディオラ監督と再会したイブラヒモビッチは、試合後『スカイスポーツ・イタリア』のインタビューで「最初の半年でゴールを量産し、2つのスーパーカップ(スーペルコパ・デ・エスパーニャ、UEFAスーパーカップ)を制した。最初の6カ月は完璧だった」とバルセロナ時代を回顧。<br><br>しかし、メッシ中心のチーム作りが始まった途端、イブラヒモビッチのチーム内での序列は下がっていった。そのことを振り返った同選手は「でも半年が過ぎたら、システムと戦術を変更した。それは私にとって良くないもので、クラブはグアルディオラと直接話すように言ってきた」<br><br>「グアルディオラに向かってメッシのために他の選手を犠牲にしていると言ってやった。そうしたら、ベンチに追いやられた。その後も状況は変わらなかったし、彼は問題が発生すればこのように解決すると思った。それ以降、彼は話しかけてこないし、私を見ようともしない。部屋に入れば、彼はその場から離れる。彼と話し合おうと思っても、すぐにどこかへと逃亡する。フットボール以前に大きな問題があった」とグアルディオラ監督との関係に問題があったと話した。<br><br>さらに、イブラヒモビッチは「私との間のトラブルを解決しなかった彼の問題だ。彼は最初から私のことを勝手に決めつけていた。全く知らない人物をそのように判断できないはずだ。それに(マリオ)マンジュキッチや(サミュエル)エトーも同じ立場に置かれたと思う。彼は出会ってきた中で最悪なコーチではないが、間違いなく最も幼稚なコーチだ」とスペイン人指揮官を辛辣に批判している。<br><br><br>提供:goal.com 2017.12.13 13:27 Wed
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース