マスチェラーノが今シーズン限りでバルセロナ退団へ…W杯後に代表も引退2017.10.13 08:29 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽バルセロナのアルゼンチン代表MFハビエル・マスチェラーノが、今シーズン限りで同クラブを退団する考えを明かした。スペイン『マルカ』が報じている。

▽マスチェラーノは、2010年にリバプールからバルセロナに加入。しかし、スペイン代表MFセルヒオ・ブスケッツの牙城は崩せずにベンチを温めることが多かった。ところが、ケガ人が続出したセンターバックで起用されると、新境地を開拓。鋭い読みとボール奪取能力の高さから、同ポジションでのスタメンを確保した。

▽バルセロナでもこれまでに公式戦327試合に出場し、リーガエスパニョーラを4回、チャンピオンズリーグを2回、コパ・デル・レイを4回制するなど数々のタイトルを獲得。チームの主軸として活躍するマスチェラーノだが、2019年6月までとなっている契約には慎重な姿勢を見せた。

「クラブとの契約は残っているけれど、シーズンが終わった時にその後どうするかを考えたい。ただ、バルセロナが僕に示してきてくれた信頼には本当に感謝しているよ」

▽またマスチェラーノはアルゼンチン代表の活動についても言及。ロシアW杯が、ナショナルチームでの最後の活動になると考えているようだ。

「代表チームについては、ロシアで僕のキャリアは終わる。その後は、代表を退くつもりだ。今は、2014年のワールドカップでのパフォーマンスを取り戻そうとしているよ」

コメント

No.89

CLは2回

koko

2017.10.13 08:44 Fri

関連ニュース

thumb

世界最高の若手は? ゴールデンボーイ最終候補3名発表

▽イタリア『トゥットスポルト』主催のゴールデンボーイ賞の最終候補3名が発表された。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えた。 ▽ヨーロッパでプレーする21歳以下の選手に贈られるゴールデンボーイ賞。2017年度の最終候補の3名に選ばれたのは、今夏にモナコからパリ・サンジェルマンに買い取りオプション付きのレンタル移籍で加入したフランス代表FWキリアン・ムバッペ(18)とドルトムントからバルセロナ入りしたフランス代表FWウスマーヌ・デンベレ(20)、そしてマンチェスター・シティで活躍しているブラジル代表FWガブリエウ・ジェズス(20)の3名だ。 ▽昨年、受賞したMFレナト・サンチェスの後塵を拝して次点に終わったマンチェスター・ユナイテッドのイングランド代表FWマーカス・ラッシュフォード(19)やミランのイタリアGKジャンルイジ・ドンナルンマ(18)らはノミネート25名に選出されていたが、最終候補3名からはずれた。 ▽ゴールデンボーイ賞は、30名のジャーナリストによって決定。今年は23日に受賞者が明かされる予定だ。 ◆歴代受賞者 2003:MFラファエル・ファン・デル・ファールト 2004:FWウェイン・ルーニー 2005:FWリオネル・メッシ 2006:MFセスク・ファブレガス 2007:FWセルヒオ・アグエロ 2008:MFアンデルソン 2009:FWアレシャンドレ・パト 2010:FWマリオ・バロテッリ 2011:MFマリオ・ゲッツェ 2012:MFイスコ 2013:MFポール・ポグバ 2014:FWラヒーム・スターリング 2015:FWアントニー・マルシャル 2016:MFレナト・サンチェス 2017.10.21 19:34 Sat
twitterfacebook
thumb

【リーガエスパニョーラ第9節プレビュー】レアル・マドリーvs乾エイバル! バレンシアvsセビージャ開催

▽先週末に行われた第8節では、注目のビッグ3同士の対戦となったアトレティコ・マドリーvsバルセロナが1-1のドローに終わり、バルセロナの連勝が「7」でストップ。また、それぞれ4連勝と3連勝のバレンシア、レアル・マドリーの2チームが上位に浮上している。 ▽来週ミッドウィークにコパ・デル・レイが開催されるため、今週チャンピオンズリーグ(CL)やヨーロッパリーグ(EL)を戦ったビッグクラブにとっては過密日程の中で行われることになる第9節。今節最大の注目カードは、リーグ3連勝中の3位レアル・マドリーと、日本代表MF乾貴士を擁する16位エイバルが対峙する一戦だ。 ▽前節、ヘタフェとのダービーをFWクリスティアーノ・ロナウド、FWベンゼマの今季初ゴールで辛勝したレアル・マドリーは、ミッドウィークのCLではホームでトッテナムと1-1のドロー。試合結果には満足していないものの、試合内容や負傷者の復帰は今後の戦いに向けてポジティブな要素だ。今回のエイバル戦に向けては守備面で問題を抱えるなど、低迷する相手に対して取りこぼす可能性は低いと思われるが、今季の公式戦2勝1敗3分けと戦績が芳しくないサンティアゴ・ベルナベウでの戦いだけに油断はできない。恐らく、ジダン監督はこの試合でもターンオーバーの採用が濃厚だが、ここ最近の課題であるチャンスを決め切るという部分を強調して、楽な試合展開に持ち込みたい。 ▽対するエイバルは、直近のデポルティボ戦をゴールレスドローで終え、ようやく連敗を「3」でストップ。しかし、直近4試合でわずかに1得点と深刻な得点力不足に悩まされている。今回の一戦では守備に重きを置くことは当然として、相手に一方的に攻めさせないためにもカウンターから鋭い一刺しを見舞いたい。その中で代表ウィーク明けとなったデポルティボ戦をスタンドから見守った乾としては、昨季のバルセロナ戦のような活躍をみせ、強豪相手に一泡吹かせたい。 ▽レアル・マドリーと同様に4連勝で2位に浮上したバレンシアは、直近のベティス戦で6-3の派手な打ち合いを演じるなど、首位バルセロナに次ぐ攻撃面が見事に機能している。5連勝を目指す今節は、リーグ3位の堅守を誇る5位セビージャをホームに迎える。その中で注目は直近4連発中のFWザザと、FWロドリゴ・モレノの好調2トップだ。マルセリーノ仕込みの鋭いカウンターアタックでは、MFゴンサロ・グエデスとMFカルロス・ソレールの両翼を前向きにプレーさせるポストワークに加え、最後の仕上げの部分での仕事が求められる。 ▽対するセビージャは、懸念された代表ウィーク明けの前節でアスレティック・ビルバオに0-1で敗れると、直近のCLではスパルタク・モスクワ相手に1-5の大敗を喫するなど、ここまで順調な歩みを見せてきたベリッソ新体制で最初の山場を迎えている。とりわけ、今季の3度の敗戦はいずれもアウェイゲームであり、過去のエメリ体制でも露呈したアウェイの弱さという悪癖が顔を覗かせており、今回のバレンシア戦ではその負の連鎖を何とか断ち切りたいところだ。 ▽前節のアトレティコ戦で開幕からの連勝がストップしたものの、依然好調を継続するバルセロナ。直近のCLオリンピアコス戦ではDFピケの退場というハプニングに見舞われるも、エースFWメッシが欧州カップ戦通算100ゴールを達成するなど、きっちり3-0の勝利を収め、CLグループステージ3連勝を飾った。迎える今節はカンプ・ノウに因縁のマラガを迎える。以前からマラガを苦手としてきたバルセロナは、昨シーズンの2度の対戦でも1敗1分けの未勝利に終わった。とりわけ、アウェイでの対戦ではまさかの0-2の敗戦を喫し、この終盤戦での敗戦がリーガ3連覇を逃す大きな要因となった。GKカメニという天敵は旅立ったものの、レアル・マドリーのレジェンドであるミチェル監督がより高いモチベーションで臨んでくるはずだ。 ▽前節、バルセロナ相手にホームで引き分け、直近のCLでは格下カラバフとのアウェイゲームで痛恨のゴールレスドローとなり、公式戦4戦未勝利のアトレティコは、セルタとのアウェイゲームで5試合ぶりの勝利を目指す。今回の試合で勝ち点3を掴むためには一にも二にも、得点力改善が急務。不振のエースFWグリーズマンらの奮起が求められる。また、元バルセロナ副官ウンスエ新監督の下で4戦無敗のセルタはその4試合で13ゴールを挙げるなど、攻撃に破壊力があるだけに守備陣の奮闘も求められる。 <div style="text-align:left;font-size:small;">《リーガエスパニョーラ第9節》 ▽10/21(土) 《20:00》 レバンテ vs ヘタフェ 《23:15》 ベティス vs アラベス 《25:30》 バレンシア vs セビージャ 《27:45》 バルセロナ vs マラガ ▽10/22(日) 《19:00》 ビジャレアル vs ラス・パルマス 《23:15》 セルタ vs アトレティコ・マドリー 《25:30》 レガネス vs ビルバオ 《27:45》 レアル・マドリー vs エイバル ▽10/23(月) 《27:00》 レアル・ソシエダ vs エスパニョール 《28:00》 デポルティボ vs ジローナ</div> 2017.10.21 18:00 Sat
twitterfacebook
thumb

バルサSD、ユナイテッド戦を視察 ターゲットは…

▽バルセロナのロベルト・フェルナンデスSD(スポーツディレクター)が、18日に行われたベンフィカvsマンチェスター・ユナイテッドを観戦した。お目当てはユナイテッドのフランス代表FWアントニー・マルシャル(21)だったようだ。スペイン『ムンド・デポルティボ』が報じている。 ▽ユナイテッドは、チャンピオンズリーグ(CL)グループA第3節でベンフィカとのアウェイ戦を行い、1-0で勝利した。マルシャルはこの試合、76分にFWマーカス・ラッシュフォードとの交代でピッチに登場した。 ▽『ムンド・デポルティボ』によれば、フェルナンデスSDはマルシャルを視察。今夏、バルサはFWネイマールを引き抜かれた一方で、狙っていたリバプールのMFフィリペ・コウチーニョ獲得に失敗しており、新たな補強候補としてマルシャルが挙がっているようだ。 ▽なお、フェルナンデスSDはこの前日、サンチャゴ・ベルナベウで行われたCLグループH第3節のレアル・マドリーvsトッテナムも現地観戦。トッテナムのMFクリスティアン・エリクセンとFWハリー・ケインのプレーをチェックするためだったとみられている。 2017.10.21 08:48 Sat
twitterfacebook
thumb

バルサが今夏狙っていたのはコウチーニョ、ディ・マリア、テオ・エルナンデス?

バルセロナのロベルト・フェルナンデスSD(スポーツディレクター)は、今夏3人の選手を確保するために動いていたようだ。<br><br>ロベルトSDはリバプールMFフィリペ・コウチーニョ、パリ・サンジェルマンMFアンヘル・ディ・マリア、レアル・マドリーDFテオ・エルナンデス(当時アトレティコ・マドリー所属)と夕食を共にしていたとされる。テオに関しては、移籍合意目前に迫っていたという。<br><br>バルセロナはテオ側と給与面を含め個人合意に達していた模様。だがそこにレアル・マドリーが現れ、最終的にテオは翻意して&ldquo;禁断の移籍&rdquo;が実現した。<br><br>バルセロナは近年、クラブ間交渉を行う前に選手と接触して移籍に向けた話し合いをする考えで補強を進めている。これは当時アーセナルに所属していたMFセスク・ファブレガス(現チェルシー)獲得の際に有効だった手法だ。<br><br>しかし、今夏は結果的に3選手を逃すことになった。冬の移籍市場で再び補強に動くと言われているバルセロナだが、反省を生かして狙った選手を引き入れられるだろうか。<br><br><br>提供:goal.com 2017.10.21 00:22 Sat
twitterfacebook
thumb

チャビ証言、ネイマールがPSG移籍を告白した場所とは…

▽バルセロナOBでアル・サッド所属の元スペイン代表MFチャビ・エルナンデスがブラジル代表FWネイマールのパリ・サンジェルマン(PSG)移籍秘話を明かした。 ▽ネイマールは今夏、歴代最高額の移籍金2億2200万ユーロ(当時のレートで約289億円)でバルセロナからPSGに移籍。その移籍金額もさることながら、ネイマールのバルセロナ退団という決断は周囲に大きな話題を呼んだ。 ▽イギリス『BBC』のインタビューに応じたチャビは、ネイマールがPSG移籍を明かしたタイミングを激白。舞台は、バルセロナの絶対的エースであるアルゼンチン代表FWリオネル・メッシの7月に行われた結婚式だったという。 「メッシの結婚式で彼から『クラブを変えたい』と言われたんだ。理由を尋ねたら、『バルセロナじゃ満足できない。去りたい。PSGで新たな経験を積みたい。もう決めた』って説明されたよ」 2017.10.20 17:55 Fri
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース