マスチェラーノが今シーズン限りでバルセロナ退団へ…W杯後に代表も引退2017.10.13 08:29 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽バルセロナのアルゼンチン代表MFハビエル・マスチェラーノが、今シーズン限りで同クラブを退団する考えを明かした。スペイン『マルカ』が報じている。

▽マスチェラーノは、2010年にリバプールからバルセロナに加入。しかし、スペイン代表MFセルヒオ・ブスケッツの牙城は崩せずにベンチを温めることが多かった。ところが、ケガ人が続出したセンターバックで起用されると、新境地を開拓。鋭い読みとボール奪取能力の高さから、同ポジションでのスタメンを確保した。

▽バルセロナでもこれまでに公式戦327試合に出場し、リーガエスパニョーラを4回、チャンピオンズリーグを2回、コパ・デル・レイを4回制するなど数々のタイトルを獲得。チームの主軸として活躍するマスチェラーノだが、2019年6月までとなっている契約には慎重な姿勢を見せた。

「クラブとの契約は残っているけれど、シーズンが終わった時にその後どうするかを考えたい。ただ、バルセロナが僕に示してきてくれた信頼には本当に感謝しているよ」

▽またマスチェラーノはアルゼンチン代表の活動についても言及。ロシアW杯が、ナショナルチームでの最後の活動になると考えているようだ。

「代表チームについては、ロシアで僕のキャリアは終わる。その後は、代表を退くつもりだ。今は、2014年のワールドカップでのパフォーマンスを取り戻そうとしているよ」

コメント

No.89

CLは2回

koko

2017.10.13 08:44 Fri

関連ニュース

thumb

ネイマールは関係ない! 敬意を払うウィリアン「バルサはバルサ」

▽チェルシーに所属するブラジル代表MFウィリアンがバルセロナに最大級の敬意を払った。イギリス『FourFourTwo』が伝えている。 ▽チェルシーは、20日に行われたチャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦1stレグでバルセロナをホームに迎え、1-1で引き分けた。ウィリアンのゴールで先制したものの、FWリオネル・メッシの一発を被弾。アウェイゴールをバルセロナに許して、敵地での2ndレグに臨むこととなった。 ▽ウィリアンは試合後、ブラジル代表でのチームメートであり、昨夏に移籍史上最高額の移籍金でバルセロナを去ったパリ・サンジェルマンのFWネイマールの名前を挙げ、次のようにコメントした。 「バルセロナはバルセロナだ。ネイマールがいる、いないに関わらずね」 「もちろん、ネイマールは素晴らしい選手さ。でも、彼らには、(リオネル・)メッシや(アンドレス・)イニエスタ、(ルイス・)スアレスがいる」 「彼らにはすごく良い選手がいる。だからこそ、バルセロナは、いつだってバルセロナなんだ」 2018.02.21 14:40 Wed
twitterfacebook
thumb

CLバルサ戦を振り返るコンテ「ほぼ完璧な試合だったが…」

▽チェルシーのアントニオ・コンテ監督が、バルセロナ戦を振り返った。チェルシーの公式サイトが伝えている。 ▽チェルシーは20日、チャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦1stレグでバルセロとホームで戦った。MFウィリアンのゴールで先制するも、DFアンドレアス・クリステンセンのパスミスからFWリオネル・メッシにチェルシー戦初ゴールを許し、1-1のドローに終わった。 ▽試合を振り返ったコンテ監督は、「ほぼ完璧な試合をした」としながらも、「結果には失望している」とコメントした。 「我々はほぼ完璧な試合をしたと思う。1つのミスを犯してしまったが、メッシやイニエスタ、スアレスのような選手たちを相手にする時はこれが致命傷になり得るんだ」 「結果は残念だった。最後の最後に涙を呑むことになってしまった。ウィリアンが2回もポストを叩いたことは運がなかったが、この試合を2ndレグへの自信に繋げなければならない」 「簡単な試合にはならないだろう。我々は現実主義者だ。彼らは自分たちがファンタスティックなチームであることを示した一方で、我々は守備的にハードワークをする準備ができていたことを示した。だが、我々は正しいフィーリングを保ち、得点するチャンスをクリエイトし続ける。カンプ・ノウで、ミラクルを起こしたい」 ▽また、コンテ監督は失点に絡んでしまったクリステンセンについても言及した。 「クリステンセンは素晴らしいパフォーマンスを見せてくれた。彼はまだ21歳だ。これでまた成長して魅力のあるプレーが出来ることだろう。私は嬉しいよ。私にとって、クリステンセンは今夜のベストプレイヤーのうちの1人だ。もう一度言うが、彼は最高の試合をした。とても満足しているよ」 2018.02.21 14:00 Wed
twitterfacebook
thumb

バルベルデ、チェルシーからアウェイゴール奪取も「決定的なものではない」

バルセロナを率いるエルネスト・バルベルデ監督は、チェルシー戦のアウェイゴールは重要なものにならないと考えているようだ。<br><br>バルセロナは20日、チャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦でチェルシーと激突。敵地での一戦を1-1で終え、カンプ・ノウでの2戦目に向かうこととなった。バルベルデは「ゴールを奪い、同点で終えられたのは重要なことだ」と語りつつ、このようにも続ける。<br><br>「チェルシーは多くのパスを使うことはなかったが、ハイプレスを仕掛けてきて我々にとっては難しかった。アウェイゴールは重要だが、決定的なものにはならないだろう」<br><br>「ポジティブにも捉えている。スタイルの激突だった。我々は試合を支配しようと、ポゼッションを高めた。彼らはカウンターからゴールを狙っていたね。最終的にはファイナルサードでの精度が欠けていたんだ。チェルシーの守備が良かったしね。ただ、我々は相手のミスを活かして追いついた。いい結果だと思う」<br><br>提供:goal.com 2018.02.21 12:30 Wed
twitterfacebook
thumb

バルセロナ、総額53億円でブラジルの新星を獲得か

▽スペイン『ムンド・デポルティボ』は、バルセロナがグレミオに所属するブラジル代表MFアルトゥール(21)の獲得で合意に達したと報じた。 ▽ブラジルの新星として高い注目度を誇るアルトゥールは、コパ・リベルタドーレス2017の優勝メンバー。2015年にグレミオでプロデビュー。2017年9月にブラジル代表に初招集された実績を持つ。 ▽伝えられるところによれば、バルセロナは移籍金3000万ユーロ+ボーナス1000万ユーロの総額4000万ユーロ(約53億円)でグレミオと合意。2019年1月に正式加入するようだ。 ▽アルトゥールは、バルセロナ入りに向けてメディカルチェックを受診。近日中にもバルセロナから正式発表される予定だという。 2018.02.21 11:15 Wed
twitterfacebook
thumb

9度目の正直…メッシ、“苦手”チェルシーを克服

▽バルセロナに所属するアルゼンチン代表FWリオネル・メッシが“苦手”を克服した。 ▽バルセロナは20日、チャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦1stレグでチェルシーのホームに乗り込み、1-1のドロー。先制を許す苦しい展開を強いられたが、75分に生まれたメッシの同点弾により、アウェイで貴重な引き分けに持ち込んだ。 ▽バルセロナの公式サイトによれば、メッシは、2006年2月22日に行われたCL決勝トーナメント1回戦1stレグでチェルシー戦に初出場。それから通算8度出場して不発に終わっていたが、約12年の歳月を経て、9度目のチェルシー戦で遂にジンクスを破った。 ▽なお、『Opta(@OptaJoe)』によれば、メッシにとって、通算30本目のシュートがチェルシーの壁を打ち破る一発に。そして、通算9つ目の枠内シュートがジンクス打破に繋がったという。 2018.02.21 08:45 Wed
twitterfacebook


ACL

ACL
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース