【会見&質疑応答】指揮官として対戦経験のある森保一監督について西野朗技術委員長「自分自身にも見えない指導力がある」《東京オリンピック2020》2017.10.12 19:40 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
(c) CWS Brains, LTD.
▽日本サッカー協会(JFA)は12日に理事会を実施。理事会終了後、JFAの技術委員長を務める西野朗氏は、メディアに向けた記者会見に出席し、森保一氏(49)が2020年東京オリンピックのサッカー日本代表監督に決定したことを発表した。

▽西野氏はその後、メディア陣による質疑に応対。森保氏を選考した理由や経緯、今後のスケジュールについて説明した。

◆西野朗 技術委員長(日本サッカー協会)
「理事会を終えまして、理事会の中で東京オリンピック代表チームの監督に、今シーズンの7月までサンフレッチェ広島で指揮を執っていた森保一氏を推挙して、理事会の中で承認を得られましたので、ここにご報告をさせて頂きます」

「森保氏は、2004年からサンフレッチェ広島の強化部育成コーチから指導をスタートして、2005年から2007年まではJFAのU-20のコーチとしてカナダの世界大会にも参加し、経験を積みました。その後、サンフレッチェ広島とアルビレックス新潟のトップチームのコーチの指導歴を踏んで、2012年からサンフレッチェ広島の監督に就任し、4年間で3度のリーグ優勝を果たしたJリーグの中でも最高の実績を持った指導者だと考えています。今回、東京オリンピックの監督として要請して、引き受けていただいて、今日理事会の中で正式に就任することになりました」

――東京オリンピックの監督を選ぶ上でどこを重要視したか
「自国でのオリンピックであるから、特別変わるということはないです。23歳以下の代表監督として、やはり育成世代の指導経験、国際経験を持っている指導者であるべき。そして、そういう経験を経てJリーグのトップレベルの監督を経験して、トップチームのチーム作りに対する評価や実績を持っているべきだろうと思っていました。技術委員会の中では名前を出してというよりは、そういう基準やサッカー観の議論の中で、最低の基準や指導歴を持った指導者でなければいけないというところを重視しました」

――メダルが目標になると思うが、西野氏が考える目標は
「前回大会の結果は、予選敗退でした。それを踏まえて自国開催だからといって、メダルやトップ3にという世界ではないと思います。ワールドカップに比べれば、先進国はトップメンバーを編成して出場している訳ではないですが、オリンピックにも相当力を入れてきています」

「それでも当然、そういうトップ3に入ってメダル獲得というのは、目標として持たなければいけないです。遠い目標ではないとも感じています。今やアジアのチャンピオンにもなりましたし、これから着実に成長して、さらに自国開催というアドバンテージが加われば、届かないところではないと思っています。それは、最近のオリンピックを見ても感じるところではあります」

「そういう目標設定は当然高いところにありますけど、着実にチームや選手が成長していくようなチーム作りをしてもらいたいです。そういうことを我々もサポートしながらやっていくことができれば、想像以上のアドバンテージを貰った中でしっかりと戦ってくれると思います。そういう意味でも、1年半後にメダルという目標設定ができるようなチーム作りをしていきたいです」

――西野氏から見た森保氏の魅力は
「僕らはポイチ、ポイチと軽く愛称で呼んでしまう間柄ですし、同じステージで何年も戦ってきた仲でもあります。皆さんもご存知の通りの指導実績も持っています。その中で、同じステージで戦っていて、自分自身も経験しましたけど、常勝チームを率いていく中で、逆に苦労することは多いと思います。メンバーが変わったり、補強がうまくいかなかったりと。それで自分の理想のサッカーを追求したい、でも現状は厳しい戦力であった時に違う形で臨まなくてはいけないということがあります」

「そういう中で、森保監督は、サンフレッチェ広島で4年間で3度のリーグチャンピオンになりました。それができたということは、自分自身にも見えない指導力があると思っています。チームが変化しても、色々と柔軟にブレずに自分のスタイルを踏襲していく部分とチーム状況が変化していく中で柔軟に対応して戦っていける力が彼にはあります」

「それはおそらく彼のキャラクターと言ってはアレですけど、サッカーに対する知識も豊富で、様々なことに対応出来る彼は、魅力的だと思っています。人を惹きつける求心力も強いですし、若者に対してのアプローチの仕方も様々な角度からできる性格だということを感じていました。謙虚に真摯にサッカーを向き合ってくれて、日本らしさを出しながら世界を見据えた戦いを振興的にやっている指導者だなという感じを受けました」

「それは、私だけではなく、委員会のメンバーも口を揃えて言っていた部分なので、若年層の世界大会を経験しているし、色々な意味でトップの経験は十分にあると思います」

――今後のスケジュールは
「初陣は、12月のタイの国際大会に行ってもらう予定でいます。来年1月にU-23アジア選手権があり、それが公式戦になります。ただ、選考を兼ねる12月のタイの国際大会、おそらく1試合目が北朝鮮になるのではないかというところです」

――タイの国際大会の位置付けと森保一氏の正式な就任会見の場は
「1月のU-23選手権は、オリンピックの出場をかけた最終予選になりますが、参加することになり、12月のタイの国際大会は、それまでに猶予もない中、大会を通した中でのメンバー選考をするという形で捉えています。本人もある程度のリストがあり、色々な形で情報は提供していますけど、選考の期間がJリーグの数試合だけと短いので、タイの国際大会に出場してもらい、ある程度メンバーを絞る大会にしてもらおうと思っています」

「本人は今ヨーロッパで研修中です。帰国の当初の予定が30日前後になっていましたけど、少し早めた中で準備をしたいという意向も持っているので、現状はハッキリしていません。会見については改めて案内をしたいと思っています。帰国後、会長を含めて速やかにやりたいとは考えています」

――リオ・デ・ジャネイロ五輪時代に監督を務めていた手倉森誠氏は、A代表コーチとの兼任もあったが、森保氏もそういうことがあるか
「そのプランについては、現状は全く考えていません。今はとにかくチームの監督としてこれからコーチングスタッフを揃えていくというところに傾注してもらいたいです。そこの将来的なことは、経験やステップアップしていけば、当然そういうこともあると考えてもらっていいと思います」

――コーチングスタッフについては
「コーチングスタッフに関しては、ある程度は彼の意向に沿っていきたいと思っています。彼はイメージしていると思いますが、現状は調整中です。彼の意向を聞きながらやっていきたいですけど、国内のスケジュールがあるので、それに合わせてJクラブに迷惑がかかるようなことは避けたいと思っています」

――森保氏とお話しした際にどのような決意をしていたか
「研修前に一度彼と話をする機会がありました。協会としての気持ちを伝えました。その中で彼自身がこのようなポジションに就けることに対しての驚きの中で、今の現状の自分とオリンピックの監督が合致せず、戸惑いは感じられていました」

「ただ、サッカー観は常に自分の世界観を持っていて、いろいろな自分の理想のスタイルや日本人にとっての日本人らしいサッカーの追求してきた部分をサンフレッチェでも実践してくれてきていました。今は色々なイメージを膨らませていると思いますし、改めてその時に代表監督としての強い気持ちを作り始めてるなと感じました」

「サンフレッチェの時に実践していたサッカーのような日本人の技術的な面や規律、俊敏性や持久力をうまく使ってサッカーをやっていきたいという、日本人らしさやアイデンティティをよく口にはしていました」

コメント

関連ニュース

thumb

名将ヒディンク氏、U-21中国代表監督就任へ…「目標は東京五輪出場だ」

▽オランダの名将フース・ヒディンク氏(71)が、U-21中国代表監督に就任する見通しのようだ。オランダ『AD』が伝えている。 ▽ヒディンク氏は、PSVやレアル・マドリー、チェルシーといったクラブのほか、代表チームでもオランダ代表、韓国代表、オーストラリア代表、ロシア代表を指揮。特にオランダや韓国ではワールドカップ(W杯)でベスト4に導くなど、国際大会でも数多くの実績を残してきた。 ▽2016年6月にチェルシーの監督を退いて以降、監督業から遠ざかっているヒディンク氏だが、今回伝えられるところによると、2020年の東京オリンピックを目指すU-21中国代表監督への就任が濃厚となっている模様。同氏はすでに「目標は2020年の東京オリンピックへの出場だ。私はほとんど監督業を引退していた状況だが、これは大きな仕事になる」と語っている。 ▽クラブ・代表共に多くの結果を残してきたヒディンク氏。71歳にして初のアンダーチームを指揮することになるのだろうか。注目が集まる。 2018.09.09 14:25 Sun
twitterfacebook
thumb

【六川亨の日本サッカーの歩み】アジア大会で感じた男子と女子の成功体験の差

▽インドネシアで開催されていたアジア大会で、男子のU-21日本代表は銀メダル、なでしこジャパンは金メダルを獲得した。韓国との決勝戦となった男子は、元々苦戦が予想された。相手は23歳以下の代表で、兵役免除を狙ってOA枠でFWソン・フンミンとファン・ウィジョ、GKチョ・ヒョヌを起用してきた。 ▽それでも森保ジャパンは試合を重ねるごとに堅守からのカウンター狙いというチームコンセプトが固まりつつあったので、「もしかしたら」と期待したのだが、肝心の守備で後手に回ったのは残念だった。 ▽90分間は韓国の猛攻に耐えて無失点で切り抜けた。しかし、ミドルサードであまりにも韓国選手をフリーにしすぎた。ギャップに入られるとフリーにしてしまい、簡単にパスをつながれる。そして攻撃陣はプレスバックすることなく味方の守備を見守るだけ。連戦での疲労なのか、それとも森保監督からカウンターに備えるよう指示があったのかどうかはわからないが、テレビで見ていてもどかしさを感じた90分間でもあった。 ▽そして延長戦、先制点はペナルティーエリア右に侵入したソン・フンミンをフリーにしてしまう。一番警戒しなければならない選手に対し致命的なミスだ。彼の突破は防いだものの、こぼれ球をイ・スンウに決められた。 ▽結果は1-2で敗れた。大学生の上田が決勝トーナメントに入ってゴールという結果で頭角を現したのは朗報だ。“格上”相手の韓国に善戦したことを評価する声もある。Jリーグからは1チーム1名という招集制限と、ぶっつけ本番で大会に臨まなければならなかったこと、そして「まだ21歳以下のチームだから」という理由からだ。しかし、21歳以下でもロシアW杯で活躍した選手の存在を忘れてはならない。 ▽今大会のメンバーは20年東京五輪に向けて伸びしろを期待されてのメンバーでもある。さらにU-19世代の選手も東京五輪を虎視眈々と狙っている。だからこそ、格上相手の韓国とはいえ金メダルという結果を残して欲しかったと思うのは期待しすぎだろうか。 ▽対照的になでしこジャパンは、中国に圧倒されながらも菅澤の決勝ヘッドで金メダルを獲得した。この結果を当然と思うファンも多いのではないだろうか。フランスで開催されたU-20W杯ではヤングなでしこが優勝し、U-17W杯と年齢制限のないW杯の優勝とあわせ、日本は初めて3カテゴリーにわたりW杯を制するという偉業を達成した。 ▽しかし、90年代にアジアの女子サッカーを牽引したのは日本でも北朝鮮でもなく中国だった。W杯では95年に4位、99年は準優勝。アジア杯は86年から99年まで7連覇を達成し、アジア大会でも女子サッカーが採用された90年から3連覇を果たしている。 ▽当時の中国は、強靱なフィジカルでアジア諸国を圧倒した。当たりの強さに加え高さも群を抜いていた。そんな中国の女子サッカーが衰退した理由は定かではないが、90年代は女子サッカーへの世界的な注目度が低かったため、身体能力の優れた選手は五輪で注目を浴びるバスケットやバレーに流れたのではないかと推測している。 ▽しかし時代は変わり、W杯や五輪で女子サッカーも注目を浴びるようになった。そのきっかけは11年のなでしこジャパンのW杯優勝だろう。澤が脚光を浴び、12年のロンドン五輪ではアメリカのレジェンドであるアビー・ワンバックが母国を金メダルに導いた。もはや女子サッカーはマイナー競技ではなくなった。 ▽そうした時代の移り変わりに、中国が再び女子サッカーの強化に乗り出した結果、銀メダルに終わったとはいえ、なでしこジャパンを圧倒したのではないだろうか。アジアでは北朝鮮とオーストラリア、そして近年力をつけてきた韓国がなでしこジャパンのライバルだった。しかし今大会では中国の躍進を実感しただけに、新たなライバルの出現に危機感を覚えずにはいられない。 ▽とはいえ、それでもなでしこジャパンは金メダルを獲得した。それが男子と女子の“メンタリティー”の違い、背負う歴史の違いではないだろうか。成功体験の違いがなでしこジャパンには確実に受け継がれているようだ。<hr>【六川亨】1957年9月25日生まれ。当時、月刊だった「サッカーダイジェスト」の編集者としてこの世界に入り、隔週、週刊サッカーダイジェストの編集長や、「CALCIO2002」、「プレミアシップマガジン」、「サッカーズ」の編集長を歴任。現在はフリーランスとして、Jリーグや日本代表をはじめ、W杯やユーロ、コパ・アメリカなど精力的に取材活動を行っている。日本サッカー暗黒の時代からJリーグ誕生、日本代表のW杯初出場などを見続けた、博識ジャーナリストである。 2018.09.03 19:30 Mon
twitterfacebook
thumb

「準備はできている」ソン・フンミン、金メダルへ自信…優勝懸けた日韓戦は9月1日

▽U-23韓国代表としてアジア競技大会サッカー競技に出場しているトッテナムのFWソン・フンミンが、準決勝を振り返り、決勝への意気込みを語った。『ESPN』が伝えている。 ▽U-23ウズベキスタン代表を下してベスト4進出を決めた韓国は29日、準決勝でU-23ベトナム代表と対戦した。試合はイ・スンウの2ゴールとファン・ウィジョのゴールで3-1で勝利して決勝進出が決定。決勝戦では、U-21日本代表と優勝を懸けて激突することとなった。 ▽試合後、OA枠として参加しているソン・フンミンは、ベトナム戦を回想。決勝戦に向けては、「準備ができている」と力強く語った。 「僕らは勝利に値していた。得点のチャンスも多くあったね。相手よりも良いプレーができたからこそ、試合を支配できたと思う」 「僕らは金メダルにとても近い。そのために戦う。何も言う必要はないよ。僕はその準備ができている」 ▽決勝戦のU-23韓国代表vs日本代表は、9月1日に行われる。なお、同カードによる決勝戦はアジア競技大会において初となる。 2018.08.30 09:30 Thu
twitterfacebook
thumb

【六川亨の日本サッカーの歩み】早川コンディショニングコーチの思い出

▽インドネシアで開催されているアジア大会で、UFA―21日本代表は準々決勝でサウジアラビアと対戦。岩崎(京都)の2ゴールによる活躍で2-1の勝利を収め、森保監督の目標だったベスト4のノルマをクリアした。準決勝は中1日の29日、UAE対北朝鮮の勝者と対戦する。また、なでしこジャパンも準々決勝で難敵・北朝鮮を2-1で下してベスト4に進出。今日28日、準決勝で韓国と対戦する。 ▽グループリーグ突破は想定内として、決勝トーナメント以降は苦戦が予想された森保ジャパン。しかし試合を重ねるごとに攻撃の形が明確になってきた。前線の前田(松本)、岩崎、旗手(順天堂大)とスピードを武器にする3人がロングパスやスルーパスに飛び出してサウジゴールを脅かした。その攻撃スタイルは、森保監督が広島を率いてリーグ優勝を果たしている時を彷彿させる。 ▽そしてベスト4に進出したことで、決勝戦か3位決定戦が9月1日にあるため、帰国は早くても9月2日となる。その日はJリーグの開催日で、翌3日にチリ戦とコスタリカ戦に臨む日本代表のメンバーが発表される予定だ。つまり、森保監督は、国内組はもちろん、海外組の選手も直近のコンディションを確認することなく選手の選考をしなければならない。 ▽果たしてどんなガイドラインで選手を選考したのか、当日のメンバー発表でのコメントに注目したい。 ▽さて、8月24日のこと、JFA(日本サッカー協会)は日本代表の手倉森コーチ、早川コンディショニングコーチ、浜野GKコーチとの契約満了を発表した。早川氏がアスレチックトレーナーとして日本代表と関わるようになったのは1999年のこと。以来、日本代表にはいつも同氏の姿があった。 ▽酷暑となる中東での試合では、体温を下げるために巨大なパリバケツに氷水を張り、ハーフタイムに選手はそこで身体を冷やしてから後半に臨むことにした。水温をどれくらいに保つか調整するため、前半の途中からロッカールームに引き上げたそうだ。 ▽アジア大会の男子マラソンで金メダルを取った井上は、ランニング中に水分補給はもちろんのこと、氷や保冷剤を使って体温の上昇を防いだことを新聞で読んだ。同じことをサッカー界は20年も前から実施していたのだ。その間、ハートレイモニターで心拍数を図ったり、GPSを装着して走行距離やスプリント回数のデータを取ったり、採尿と採血で疲労度をチェックしたりと、科学的・医学的なアプローチも進化した。 ▽そうしたデータがありながら、ザック・ジャパンやハリル・ジャパンの外国人フィジコはあまり活用していなかったと、JFA関係者からロシアW杯期間中に聞いた。データよりも自身の経験を優先したのかもしれない。その点、早川氏は選手とダイレクトにコミュニケーションを取れるため、西野監督にオフ日を提案するなど疲労回復に努めたのがベスト16進出の一因になったのかもしれない。 ▽そんな早川氏も、もう55歳。日本代表と五輪代表は森保監督のスタッフに譲り、9月2日から始まるUFA―19日本代表のメキシコ遠征に帯同する。日本代表の練習や試合で同氏の姿が見られないのは寂しいが、新たなステージで末永く活躍して欲しいと願わずにはいられない。<hr>【六川亨】1957年9月25日生まれ。当時、月刊だった「サッカーダイジェスト」の編集者としてこの世界に入り、隔週、週刊サッカーダイジェストの編集長や、「CALCIO2002」、「プレミアシップマガジン」、「サッカーズ」の編集長を歴任。現在はフリーランスとして、Jリーグや日本代表をはじめ、W杯やユーロ、コパ・アメリカなど精力的に取材活動を行っている。日本サッカー暗黒の時代からJリーグ誕生、日本代表のW杯初出場などを見続けた、博識ジャーナリストである。 2018.08.28 13:45 Tue
twitterfacebook
thumb

【六川亨の日本サッカーの歩み】アジア大会の歴史

▽インドネシアで開催中のアジア大会・男子サッカーで、すでに決勝トーナメント進出を決めているU-21日本は、1次リーグ最終戦でベトナムに0-1で敗れた。この結果、D組2位になり、24日の決勝トーナメント1回戦でE組1位のマレーシアと対戦する。 ▽日本は試合開始直後の前半3分、GKオビがMF神谷に出したパスを奪われ先制点を許した。相手のプレッシャーが厳しいため大きく蹴っておけば防げた失点だけに、もったいない決勝点でもあった。ただ、相手のベトナムは今年1月のU―23アジア選手権で準優勝し、今大会ではOA(オーバーエイジ)枠も使った“本気で勝ちに来た"チーム。このため日本は序盤から相手の圧力にミスを連発するなど、実力差は明らかだった。 ▽果たして決勝トーナメントで日本はどこまで勝ち進むことができるのか。できるだけ多く試合を経験することで、選手の成長に期待したいところだ。 ▽といったところで、今週はアジア大会の歴史を簡単に振り返ってみたい。今大会は1951年に第1回大会がインドのニューデリーで開催された。この大会は、日本にとって記念すべき大会でもあった。というのも日本は、第二次世界大戦の影響でFIFA(国際サッカー連盟)から資格停止処分を受けていたが、50年のFIFA総会で日本とドイツの復帰が認められ、戦後初の国際大会がこのアジア大会だったからだ。 ▽6カ国が参加した第1回大会で、日本は1勝1分け1敗ながら3位に輝く。以後、このアジア大会は日本にとって、Jリーグが誕生するまでは五輪と並ぶビッグイベントになった。 ▽アジアのナンバー1を決めるのは、来年1月にUAEで開催されるアジアカップであることは周知の事実。日本は最多4回の優勝を誇るが、1956年に創設された同大会に日本が初参加したのは1988年のこと。しかもこの大会に日本は堀池(当時は順天堂大)ら大学生選抜で臨んだ。 ▽その理由として、アジア大会の日本は予選なしで本大会に参加できるのに対し、アジアカップは予選を勝ち抜かないと本大会には出られないこと。アジアカップは五輪と同じ年に開催されるため、五輪出場を第1と考えた日本は参加に消極的だったこと。さらに予選や本大会はJSL(日本サッカーリーグ)と日程が重なることなどの障害があったからだった。 ▽88年の大会に大学生選抜ではあるが初参加したのは、92年に広島でアジアカップを開催するからだった。そのアジアカップも2年後の94年に広島でアジア大会を開催するので、新設されたビッグアーチを使用するなど“プレ大会"の意味合いが強かった。Jリーグの開幕を1年後に控えても、まだ日本サッカーはアジア大会を優先していた。 ▽ところがオフト監督に率いられた日本は、フル代表として初参加にもかかわらず92年のアジアカップで優勝してしまった(アジア大会は準々決勝で韓国に敗退)。そしてJリーグ開幕である。自ずと日本の目標はそれまでのアジア大会からアジアカップへと移った。 ▽これは余談だが、Jリーグ開幕以前のアジア大会に参加した元日本代表選手は、「サッカーは開催期間が長いのに対し、大会序盤で早めに終わってしまう他競技もある。すると、解放感に満ちた女性アスリートが夜な夜な僕たちの泊まっている部屋のドアをノックしに来る。そこで『選手村にいては誘惑が多すぎる』との理由から、ホテルを借りることになった」というエピソードを教えてもらったこともある。 ▽話をアジア大会に戻そう。アジアカップはその後2000年(トルシエ監督)、2004年(ジーコ監督)、2011年(ザッケローニ監督)と優勝を重ねた。それまでは五輪と同じ年に開催されてきたが、2008年は北京五輪と開催時期が重なるため、AFC(アジアサッカー連盟)はベトナムなど4カ国で開催される大会を1年前倒しにして2007年に移した(オシム・ジャパンが参加)。以後、4年周期の開催は変わっていない。 ▽一方のアジア大会はというと、1998年のタイ・バンコク大会から男子サッカーは五輪と同じ形式に変更された。年齢制限が設けられ、原則として23歳以下で3人までのOA枠を認めるという形だ。そこでJFAは五輪代表の強化の一環と位置づけ、2年後の五輪代表の候補選手――アジア大会時には21歳以下の日本代表――で臨む方針を決め、今日までこのスタイルは踏襲されている。 ▽W杯後に開催されるアジア大会では、フル代表と同様に五輪代表の監督も代わり初陣となる。98年のバンコク大会ではトルシエ監督(U―20日本代表と3チームの監督を兼任)が指揮を執り、02年の釜山大会では山本ジャパンが銀メダルを獲得。06年カタール大会での反町ジャパンは結果を残すことはできなかったが、10年広州大会での関塚ジャパンは、村山や比嘉ら大学生が主体だったにもかかわらず初優勝を果たし、その後は東や大津、永井、清武らJクラブの若手を主体としたチーム編成でロンドン五輪ではベスト4に躍進した。 ▽直近の14年仁川大会に臨んだ手倉森ジャパンは、準々決勝で優勝した韓国にラスト2分でPKを献上し、これを現FC東京のチャン・ヒョンスに決められベスト4進出のノルマは達成できなかった。このときの韓国は兵役免除を狙った最強チームで、地元開催で見事4度目の優勝を飾り、イランの最多記録に並んだ。 ▽そして今回のジャカルタ大会である。大会史上初の連覇を狙う韓国は、フル代表のエースFWソン・フンミン(スパーズ)をはじめ、G大阪のFWファン・ウィジョ、GKチョ・ヒョヌ(大FC)とOA枠をフル活用。前回大会同様、兵役免除という目標もあり、優勝候補の一角と目されていた。 ▽ところがグループリーグでマレーシアにまさかの敗戦(1-2)。日本がベトナムに敗れてD組2位になったため、順当なら1位通過が予想された韓国と激突するのがマレーシアに変わった。これをラッキーととらえるかどうかは選手の奮闘次第だが、やはりアンダーカテゴリーの試合は何が起こるか分からない怖さがあるようだ。<hr>【六川亨】1957年9月25日生まれ。当時、月刊だった「サッカーダイジェスト」の編集者としてこの世界に入り、隔週、週刊サッカーダイジェストの編集長や、「CALCIO2002」、「プレミアシップマガジン」、「サッカーズ」の編集長を歴任。現在はフリーランスとして、Jリーグや日本代表をはじめ、W杯やユーロ、コパ・アメリカなど精力的に取材活動を行っている。日本サッカー暗黒の時代からJリーグ誕生、日本代表のW杯初出場などを見続けた、博識ジャーナリストである。 2018.08.21 13:00 Tue
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース