“白豹”フィーゴ氏、UEFAフットボール・アドバイザー就任「サッカーに何かを返せることが楽しみ」2017.10.12 12:40 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽欧州サッカー連盟(UEFA)は11日、かつてレアル・マドリーやバルセロナで活躍した元ポルトガル代表のルイス・フィーゴ氏をフットボール・アドバイザーに任命したことを発表した。

▽フィーゴ氏は、アレクサンデル・チェフェリン会長と共に試合の技術面やルールの改善、スポーツ全体の魅力の向上に向けて取り組むとのことだ。フィーゴ氏の任命についてチェフリン会長は、以下のように説明している。

「ルイス・フィーゴ氏は、ピッチ内外で模範となる振る舞いをとっていた素晴らしい選手だ。ゲームの中でも非常に尊敬される人物であり、彼が我々のチームに加わってくれることに満足してる。特にフットボールでの経験は、UEFAにとって非常に貴重な財産になるだろう」

▽また、フィーゴ氏は、フットボール・アドバイザーに就任について以下のように喜びを露わにしている。

「豊富な経験を積むことができて幸運です。私が自分の知識を伝えることでポジティブな影響を与えることができると信じています。サッカーは常に進化します。UEFAに関われることを名誉に思っています。そして、その機会を与えてくれたチェフェリン会長には感謝しています」

「サッカーから多くのことを学びました。今はサッカーに何かを返せることを本当に楽しみにしています。私が1990年にプロキャリアをスタートさせたとき、UEFAに加わり、世界最高のサッカーマインドを持つこの組織の会長と共に働くなんて想像もしていませんでした」

▽1989年にスポルティング・リスボンでプロキャリアをスタートさせたフィーゴは、バルセロナ、レアル・マドリー、インテルなどでプレー。バルセロナからレアル・マドリーへの禁断の移籍を果たした際には、バルセロナサポーターから激しい非難も浴びた。一方で、キャリア通算では、4度のリーガエスパニョーラとセリエAの優勝、そして、UEFAチャンピオンズリーグ制覇と輝かしい功績を残した。

▽また、ポルトガル代表では通算120試合に出場。2度のワールドカップと3度のユーロに出場し、ドイツワールドカップではポルトガル代表の40年ぶりとなるベスト4進出に貢献した。

コメント

関連ニュース

thumb

UEFA審判団会長コリーナ氏が辞職…理由は“個人的な都合”

▽UEFAは1日、審判委員会会長を務めていたピエルルイジ・コリーナ氏(58)が辞職したことを発表した。 ▽コリーナ氏は、1988年から2005年にかけてイタリア国内で審判を務めた。1995年に国際審判の資格を取ると、1999年のチャンピオンズリーグ決勝戦や2002年の日韓ワールドカップの決勝戦を裁いた伝説的な審判だった。 ▽2010年からはUEFA初の審判委員会会長に任命され、審判員の技術発展に大きく貢献した。最優秀審判員を決める、センター・レフェリング・エクセレンス(CORE)の設立や、360度モニタリングカメラを開発。さらには審判団の技術やフィットネス、栄養基準を改善するためのプログラムの向上や、各試合ごとの担当するチームの戦術的要素や知識を保証するプログラム作成に尽力した。 ▽UEFAは、コリーナ氏の辞任については“個人的な理由”としている。 ▽なお、コリーナ氏の後任には、かつてセリエAで笛を吹いたロベルト・ロセッティ氏が任命されている。同氏はロシア・ワールドカップでビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)の責任者を務めていた。 2018.08.02 15:35 Thu
twitterfacebook
thumb

UEFA会長、来季CLでもVARを導入しないと発表!「VARを採用することによってCLで混乱が生じる」

▽欧州サッカー連盟(UEFA)のアレクサンデル・チェフェリン会長は26日、2018-19シーズンに行われるチャンピオンズリーグ(CL)でビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)を採用しないと発表した。『フットボール・イタリア』が報じている。 ▽26日にUEFAは執行委員会による総会を実施。その席でチェフェリン会長は以下のようなコメントを残した。 「我々は来シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)でビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)を採用しない。私にはVARを採用することによってCLで混乱が生じることが目に見えている」 ▽VARは、今シーズンからセリエAとブンデスリーガで採用されており、2018-19シーズンからはリーガエスパニョーラ、リーグ・アンなどでも導入されることが決定している。 ▽なお、チェフェリン会長は、今年の夏に行われる2018年FIFAワールドカップ(W杯)でのVAR採用には反対しておらず、3月に行われる国際サッカー評議会(IFAB)で承認が得られれば、W杯でのVAR導入が正式に決定される。 2018.02.27 01:33 Tue
twitterfacebook
thumb

UEFA、CL・ELなどで“交代枠4人”導入か

▽UEFA(欧州サッカー連盟)が交代枠を4人に拡大する検討を進めているとスペイン『マルカ』が報じている。 ▽伝えられるところによると、UEFAは過密日程による選手への負担を軽減するべく、UEFA管轄の試合において、交代枠を現行の3人から4人に増やすことを検討しているという。 ▽既にこの試みは2016年と2017年のU-19女子チャンピオンズリーグ決勝戦や2017年のU-21チャンピオンズリーグなどの試合で実施されている。そのうえで、UEFAはチャンピオンズリーグやヨーロッパリーグなどその他のコンペティションにおいても交代枠増加を取り入れる方向で、25日にスロバキアのブラチスラバで開かれた会議で可決となった模様だ。 ▽ビッグクラブの過密スケジュールは度々話題に上ってきた。今年に入っても、マンチェスター・シティのジョゼップ・グアルディオラ監督があまりの過密日程に「選手が殺されてしまう」と嘆いていた。 2018.02.26 22:40 Mon
twitterfacebook
thumb

欧州55の代表チームがリーグ戦を戦うUEFAネイションズリーグの組み合わせが決定! ユーロ王者・ポルトガルはイタリア、ポーランドと対戦

▽欧州サッカー連盟(UEFA)は24日、2018年9月にスタートするUEFAネイションズリーグのグループリーグ分け抽選会を行った。 ▽2018年9月6日に開幕することが決定しているUEFAネイションズリーグ。既に、レギュレーション や出場する55カ国のリーグ分けが発表されており、今回はリーグ内でのグループ分けが決められた。 ▽UEFAネイションズリーグは、加盟する55団体が参加。UEFAナショナルチーム係数ランキングの順位に応じて、A~Dのリーグに分けられている。 ▽抽選会にはレジェンドたちがドロワーとして登場。かつてアーセナルやバルセロナでもプレーし、ベラルーシ代表としても活躍したアレクサンドル・フレブ氏がリーグDのドロワーを務めた。リーグDではフレブ氏の母国であるベラルーシがグループ2に入り、ルクセンブルク、モルドバ、サンマリノと同居した。 ▽リーグCは、アヤックスやバルセロナなどでプレーし、フィンランド代表として活躍したヤリ・リトマネン氏がドロワーを担当。リトマネン氏の母国であるフィンランドは、グループ2に入り、ハンガリー、ギリシャ、エストニアと同居した。 ▽リーグBのドロワーはリバプールやスラビア・プラハなどでプレーし、チェコ代表としても活躍したウラジミール・スミチェル氏が担当。スミチェル氏の母国であるチェコはかつて1つの国であったスロバキアと同居。もう1カ国はウクライナとなった。 ▽最上位のリーグAのドロワーはポルトやバルセロナ、チェルシーなどでプレーし、ポルトガル代表としても活躍したデコ氏が登場。母国のポルトガルは、イタリア、ポーランドと同居。ワールドカップ王者のドイツは、フランス、オランダと死の組に。スペインはイングランド、クロアチアと同居した。 ▽試合は2018年9月から11月の間にホーム&アウェイで試合が行われ、4~6試合が開催される。また、リーグB、C、Dの各グループ首位チームは1つ上のリーグに昇格。リーグA、B、Cのグループ最下位は1つ下のリーグに降格する。各リーグ内のグループ分けは以下のとおり。 【リーグA】 ◆グループ1 ドイツ、フランス、オランダ ◆グループ2 ベルギー、スイス、アイスランド ◆グループ3 ポルトガル、イタリア、ポーランド ◆グループ4 スペイン、イングランド、クロアチア 【リーグB】 ◆グループ1 スロバキア、ウクライナ、チェコ ◆グループ2 ロシア、スウェーデン、トルコ ◆グループ3 オーストリア、ボスニア・ヘルツェゴビナ、北アイルランド ◆グループ4 ウェールズ、アイルランド、デンマーク 【リーグC】 ◆グループ1 スコットランド、アルバニア、イスラエル ◆グループ2 ハンガリー、ギリシャ、フィンランド、エストニア ◆グループ3 スロベニア、ノルウェー、ブルガリア、キプロス ◆グループ4 ルーマニア、セルビア、モンテネグロ、リトアニア 【リーグD】 ◆グループ1 ジョージア、ラトビア、カザフスタン、アンドラ ◆グループ2 ベラルーシ、ルクセンブルク、モルドバ、サンマリノ ◆グループ3 アゼルバイジャン、フェロー諸島、マルタ、コソボ ◆グループ4 マケドニア、アルメニア、リヒテンシュタイン、ジブラルタル 【日程】 第1節:2018年9月6〜8日 第2節:2018年9月9〜11日 第3節:2018年10月11〜13日 第4節:2018年10月14〜16日 第5節:2018年11月15〜17日 最終節:2018年11月18〜20日 抽選会:2018年12月上旬 ファイナルステージ:2019年6月5〜9日 ユーロ2020プレーオフ抽選会:2019年11月22日 ユーロ2020プレーオフ:2020年3月26〜31日 2018.01.24 20:55 Wed
twitterfacebook
thumb

2017年のCLでブレイクしたのは!? 『UEFA.com』がCLブレイクベストイレブンを選出!

▽『UEFA.com』は、2017年のチャンピオンズリーグで躍動した若手選手でのベストイレブン「BREAKTHROUGH TEAM 2017」を発表した。 ▽『UEFA.com』選出によるベストイレブンは、「24歳以下」であり、「2017年にCLデビューを果たした選手か、経験が少なく、今年大きな飛躍を遂げた選手」を基準に選出されている。 ▽フォーメーションは[4-3-3]を採用。GKは、プレミアリーグで無類の強さを見せつけているマンチェスター・シティのエデルソン。昨シーズンばベンフィカでプレーしていた。右サイドバックは同じくベンフィカでプレーし、今シーズンからバルセロナでプレーするネルソン・セメド。センターバックは、トッテナムのダビンソン・サンチェス、バイエルンのニクラス・ジューレが選ばれた。左サイドバックには、セルティックのキーラン・ティアニー。20歳ながら、セルティックで100試合以上に出場し、スコットランド代表でキャプテンを務めている。 ▽中盤は、トッテナムのハリー・ウィンクス、ベシクタシュのタリスカ、レアル・マドリーのマルコ・アセンシオの3名。前線は、パリ・サンジェルマンのキリアン・ムバッペ、RBライプツィヒのティモ・ヴェルナー、バーゼルのディミトリ・オベルリンが選ばれている。ムバッペは6試合で4ゴール、ヴェルナーは6試合で3ゴール、オベルリンは6試合で4ゴールを記録し、チームのラウンド16進出に貢献していた。 ◆BREAKTHROUGH TEAM 2017 GK エデルソン(24/マンチェスター・シティ) DF ネルソン・セメド(24/バルセロナ) ダビンソン・サンチェス(21/トッテナム) ニクラス・ジューレ(22/バイエルン) キーラン・ティアニー(20/セルティック) MF ハリー・ウィンクス(21/トッテナム) タリスカ(23/ベシクタシュ) マルコ・アセンシオ(21/レアル・マドリー) FW キリアン・ムバッペ(19/パリ・サンジェルマン) ティモ・ヴェルナー(21/RBライプツィヒ) ディミトリ・オベルリン(20/バーゼル) 2017.12.27 20:20 Wed
twitterfacebook


ロシアW杯

超WS×MON

ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース