交渉人ファルカオ? W杯南米予選ペルー戦で談合持ちかけか2017.10.12 03:30 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽モナコに所属するコロンビア代表FWラダメル・ファルカオには、交渉人の資質があるようだ。イギリス『デイリー・メール』は11日、ペルー代表戦でファルカオが行った談合疑惑に関して伝えている。

▽今回のロシア・ワールドカップ(W杯)南米予選は、早々に首位通過を決めたブラジル代表を除き、最終節まで本大会行きのチームが決まらない異常な大混戦となった。

▽その運命の最終節では2位ウルグアイ代表と、逆転での本大会出場を目指す6位アルゼンチン代表、7位パラグアイ代表が、すでに敗退が決まったボリビア代表、エクアドル代表、ベネズエラ代表と対戦。一方、3位のチリ代表はすでに突破が決まったブラジルとのアウェイゲーム、4位コロンビアと5位ペルーが直接対決に臨んだ。

▽2位ウルグアイから7位パラグアイまでの6チーム中、大陸間プレーオフ進出を含め4チームが予選突破となる状況の中では、自分たちの試合に加え、その他の試合会場での試合経過も重要となる。

▽おそらく、ベンチから逐一全体の状況を伝え聞いていたファルカオは、1-1のイーブンの状況でホームのペルーの攻勢が強まってきたことを察すると、より確実に生き残りを図るため試合終盤にかけて奇妙な行動を見せ始める。

▽テレビの中継映像には口元を隠したファルカオが、盛んに相手選手と交流を取り始める様子が映されていた。自身の声掛けに対して、怪訝な表情を見せる相手選手に向かってファルカオは、時折相手のベンチに視線を向けながら粘り強く何事かを必死に伝える。

▽おそらく、この会話の中でファルカオは、「ウルグアイとアルゼンチンは勝ちそうだ。だけど、チリは大差で負けているし、パラグアイも現状負けている。君たちはもちろんストレートインでW杯に行きたいと思うけど、今から残り時間俺たちとガチンコでやり合うか? このままのスコアで行けば、最低プレーオフに行ける。きっと、その相手は大したことないぞ。悪いようにしないから、このままのスコアで終わろう。俺の言うことを疑っているなら、1人ベンチに向かわせて確認して来いよ」といった内容の発言をしたと思われる。

▽その発言を裏付けるようにファルカオからの指示を受けた相手選手は、自分たちのベンチサイドに向かい、コーチングスタッフと他会場の結果を確認するような様子を見せていた。

▽結局、ファルカオの巧みな説得に応じたペルー陣営は、その後ややペースを落として1-1の談合試合をきっちり成立させ、コロンビアが4位でW杯ストレートイン、ペルーも5位で大陸間プレーオフ行きを決めた。

▽なお、ファルカオ演出? の談合試合の割を食ったのが、3位から6位に転落し予選敗退となったチリの面々。奇しくもチリのエースFWアレクシス・サンチェスはコロンビア代表の守護神ダビド・オスピナと同じアーセナルに、予選敗退を機に代表引退を発表したMFアルトゥーロ・ビダルはMFハメス・ロドリゲスと同じバイエルンに所属しており、両者の所属クラブにおける関係性が懸念されるところだ。

▽その一方で、永遠の宿敵アルゼンチンを敗退に追い込むため、サポーターを中心にチリ相手の敗戦を求められていたブラジルは、アルゼンチンのエースFWリオネル・メッシの同僚MFパウリーニョ、FWセルヒオ・アグエロ、DFニコラス・オタメンディの同僚FWガブリエウ・ジェズスという、バルセロナとマンチェスター・シティ所属コンビの活躍で宿敵の突破をアシストした。

◆外交問題はお任せ! 将来は交渉人転身か?
https://twitter.com/LucasBeltramo/status/917972789931532293

コメント

関連ニュース

thumb

交渉人ファルカオ、ペルーとのドロー持ちかけ話を認める

▽モナコのコロンビア代表FWラダメル・ファルカオが、ロシア・ワールドカップ(W杯)南米予選最終節で、ペルー代表にドローで終えることを持ちかけたことを認めた。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えている。 ▽11日に行われたW杯南米予選最終節のペルーvsコロンビア。1-1で迎えた試合終了5分前に、ペルー代表MFレナト・タピアに近づいたファルカオは、他会場の試合状況を把握したうえで、両者のメリットからこのまま試合を終える旨の話を持ち掛けたのではないかとして話題となっていた。結局、試合はこのまま終了し、コロンビアが4位でW杯本戦にストレートイン。ペルーは5位でニュージーランドとの大陸間プレーオフに回ることになった。 ▽試合後、ファルカオは、「他の試合がどうなっているかを僕たちは知っていて、それを(ペルー側に)伝えていた」とドローを提案したことを認めた。また、『Panamericana TV』のインタビューに応えたタピアはそれを認めながらも、拒否していたことを強調した。 「最後の5分間で、コロンビアの選手たちが僕たちに近づいてきた。彼らは他の試合の結果を把握していたんだ」 「僕たちが試合を支配していた状況で、僕はラダメルと話をした。彼は、僕たち(コロンビアとペルー)は(W杯に出場する)資格を持っていると言ってきた。でもこれはフットボールなんだ。僕たちは勝つために戦ったよ」 2017.10.12 20:39 Thu
twitterfacebook
thumb

コロンビアがハメス弾でW杯出場決定! ペルーはドローに持ち込み大陸間POへ《ロシアW杯南米予選》

▽2018年ロシア・ワールドカップ(W杯)南米予選第最終節のペルー代表vsコロンビア代表が11日に行われ、1-1の引き分けに終わった。この結果、コロンビアが4位で2大会連続6回目の本大会への出場を確定させ、ペルーが5位で大陸間プレーオフに進出することになった。 ▽ここまで7勝4分け6敗で5位につけるペルー(勝ち点25)と、7勝5分け5敗で4位に位置するコロンビア(勝ち点26)が激突した。勝利しなければ6位転落でW杯予選敗退の可能性があるペルーはクエバ、カリージョらを起用。一方、勝てば文句なしで本大会出場が決定するコロンビアは、ハメス・ロドリゲスとクアドラード、ファルカオらをピッチに送り出した。 ▽試合は予想とは反して両者静かな立ち上がりとなる。そんな中、まずチャンスを作ったのはコロンビア。7分、クアドラードからの右CKにボックス中央のダビンソン・サンチェスが頭で合わせる。しかし、うまく当てきることができない。 ▽さらに13分、右サイドからのクロスのこぼれ球をハメス・ロドリゲスがボックス手前から左足を振り抜くが、相手DFにブロックされて、GKガジェセに処理される。 ▽対するペルーは28分、ボックス手前でパスを受けたフローレスが切り返しから右足でシュート。しかし、ミートしきれずGKオスピナに処理されてしまう。 ▽時間の経過とともに球際が激しくなるが、それでも試合のペースを握るのはコロンビア。33分、敵陣中央やや右でパスを受けたアギラールがアーリークロスを送る。これをドゥバン・サパタがヘディングシュートを放つも、GKガジェセの正面に飛んでしまう。 ▽先制点が欲しい両者だったが、その後はラストパスの精度を欠き、ゴールを脅かすことができず、ゴールレスで試合を折り返す。 ▽後半に入っても前半からペルーを押し込んでいたコロンビアがやや優勢に試合を進める。すると迎えた56分、GKオスピナからのフィードをD・サパタが頭で競り合う。このボールをボックス内でファルカオが強引に切れ込むと、走り込んでいたハメス・ロドリゲスが右足でゴール右隅へと突き刺した。 ▽待望の先制点を奪ったコロンビアは62分、ハメス・ロドリゲスがドリブルから左足でミドルシュート。67分には、クアドラードがボックス左から直接FKで脅かすなど、ペルーを畳み掛ける。 ▽ここまで苦しい時間帯が続くペルー。しかし、後半終盤に差し掛かるとセットプレーから試合を振り出しに戻す。ボックス右手前でFKを獲得すると、ゲレーロが右足を振り抜いてGKオスピナの手を弾いてゴールネットを揺らした。 ▽追いつくことに成功したペルーはその後、コロンビア陣内への侵攻回数を増やして逆転ゴールを目指す。しかし、最後までコロンビアも譲らず、1-1のまま試合終了。この結果、コロンビアが4位で本大会への出場を確定させ、ペルーが5位で大陸間プレーオフに進出することになった。 <B>◆南米予選最終順位表</B> (勝点/得失) 1.ブラジル(41/30) 2.ウルグアイ(31/12) 3.アルゼンチン(28/3) 4.コロンビア(27/2) ――――――――――――――― 5.ペルー(26/1) PO圏 ――――――――――――――― 6.チリ(26/-1) 7.パラグアイ(24/-6) 8.エクアドル(20/-3) 9.ボリビア(14/-22) 10.ベネズエラ(12/-16) 2017.10.11 10:51 Wed
twitterfacebook
thumb

“ティグレ”ファルカオ、完全復活 驚異的決定力

▽モナコのコロンビア代表FWラダメル・ファルカオ(31)が完全復活の様相を呈している。 ▽2009-10シーズンから2シーズン過ごしたポルト、そして、2011-12シーズンから2シーズン過ごしたアトレティコ・マドリーで驚異的な得点力を発揮し“ティグレ(=虎)”の異名で名を馳せたファルカオだが、モナコ加入後の2014年1月に左ヒザ前十字じん帯を損傷する重傷を負うと、復帰後に本来のパフォーマンスが戻らず。2014年夏にレンタルで移籍したマンチェスター・ユナイテッド、そして翌シーズンにレンタルで加入したチェルシーでは、ことごとく精彩を欠いた。 ▽しかし、昨シーズンはモナコで公式戦43試合30ゴールを記録。今シーズンもここまでリーグ戦8試合で12ゴールと得点を量産している。『Squawka Football』によれば、ファルカオは今季、リーグ・アンでの枠内シュート13本のうち12本をゴールに結びつけているとのことだ。 ▽また、2017年バロンドールの候補者30名にも選出された絶好調のファルカオは、代表でもポジションを取り戻しており、5日に行われたロシア・ワールドカップ(W杯)南米予選第17節のパラグアイ代表戦でもゴールを記録した。 2017.10.10 11:13 Tue
twitterfacebook
thumb

ファルカオ弾で先制のコロンビア、痛恨2失点でパラグアイの意地に屈する《ロシアW杯南米予選》

▽5日にロシア・ワールドカップ(W杯)南米予選第17節のコロンビアvsパラグアイが行われ、2-1でパラグアイが勝利した。 ▽残り2試合となった南米予選。7勝5分け4敗で勝ち点28を積み重ねているコロンビアが、6勝3分け7敗の勝ち点20となっているパラグアイをホームに迎えた。両チームともにW杯出場の可能性を残しており負けられない一戦は、お互いに[4-4-2]のフォーメーションを選択して試合に入った。 ▽立ち上がりからお互いにアタッキングサードまでボールを運びながらも、球際に厳しい守備を見せて決定機を作らせず。それでも15分を過ぎるころからは、コロンビアがポゼッションを握ってパラグアイ陣内に攻め込んでいく場面が増える。しかし最初の決定機はパラグアイが作り出した。自陣でボールを奪ってカウンターに持ち込んパラグアイは、左サイドのサムディオがマイナスのクロスを入れると、中央でフリーとなっていたデルリス・ゴンサレスが右足のアウトサイドにかけてシュート。しかしボールは右のポストを直撃し、得点とはならなかった。 ▽一方のコロンビアは、ボールを持つ時間こそ長いものの、攻撃の起点となるハメス・ロドリゲスや前線のファルカオに良い形でボールが入らず。それでも31分に右サイドからコロンビアが崩しにかかり、クアドラードのクロスをファルカオがフリック。最後は後方のカルドソが右足で狙ったがGKA・シルバに阻まれる。この流れで獲得した左CKから左サイドで、巧みなステップからマークを外したハメス・ロドリゲスがカルドソへ繋ぐ。カルドソは、すぐさまゴール前に鋭いグラウンダーのクロスを入れると、D・サンチェスがヒールで流し込みにかかるが、上手くボールを押し込めず。コロンビアは立て続けの決定機を決めきれない。 ▽迎えた38分にはコロンビアにアクシデント。V・カセレスがどこかを負傷したようで、交代を要求。R・ピリスとの交代を余儀なくされた。ハーフタイムにかけてはさらにコロンビアが相手陣内でプレーを続けていくが、前半に得点は生まれず後半へと突入した。 ▽すると後半もコロンビアが主導権を握り、48分には右CKからファーサイドでフリーとなったファルカオが頭で合わせる。ボールはゴールマウスに飛ぶも、GKA・シルバが片手でボールをはじき出して得点とはならない。61分には自陣からのロングボールにファルカオが抜け出し、ボックス右でキープ。そこからマイナスのボールをグラウンダーで入れるとアギラールがダイレクトで合わせたが、再びGKA・シルバの好セーブに阻まれてしまった。 ▽一方のコロンビアもカウンターからチャンスをうかがうと、66分には左サイドを突破したサムディオのクロスボールに、味方選手がニアサイドで合わせるが決めきれず。お互いにゴールを割れないまま試合は終盤へと突入する。 ▽迎えた79分、ややパラグアイが押し気味に試合を進めていた時間帯で、コロンビアはハーフウェイライン付近からのロングボールにファルカオが抜け出す。GKA・シルバの飛び出しが一瞬遅れ、先にボールに触ったファルカオはループシュートを狙うと、これがネットを揺らしてついにコロンビアが試合の均衡を破った。 ▽後がなくなったパラグアイは89分、ハーフウェイライン付近の自陣でFKを獲得。GKA・ゴメスがこのキッカーを務めて相手陣内にボールを蹴り込むと、このボールはGKオスピナがパンチングでクリア。しかしクリアが短くなると、サナブリアが拾ってシュートを放つ。これがゴールマウスには飛ばなかったものの、カルドーソの下にこぼれる。カルドーソは反転からシュートを狙うと、これが決まって試合は土壇場で同点となった。 ▽追いつかれたコロンビアは、一気に前線の圧力を強めていく。しかし迎えた後半アディショナルタイム2分、カウンターでボールを運んだパラグアイは、右サイドからデルリス・ゴンサレスがクロスを配給。これをGKオスピナが弾いたところにカルド―ソが詰めてネットを揺らす。パラグアイが逆転に成功すると、直後に試合終了のホイッスルが吹かれ、逆転で勝ち点3を重ねたパラグアイがW杯出場に望みをつないだ。一方の敗れたコロンビアは、W杯出場が最終節へと持ち越し。その最終節ではコロンビアがペルーと対戦し、パラグアイはベネズエラと激突する。 ◆南米予選順位表 (勝ち点/得失点) 1.ブラジル (38/27) 2.ウルグアイ (28/10) 3.チリ (26/2)※総得点26 4.コロンビア (26/2)※総得点20 ――――――――――――――― 5.ペルー (25/1)※総得点26 PO圏 ――――――――――――――― 6.アルゼンチン (25/1)※総得点16 7.パラグアイ (24/-5) 8.エクアドル(20/-1) 9.ボリビア(14/-20) 10.ベネズエラ(9/-17) 2017.10.06 11:03 Fri
twitterfacebook
thumb

2位コロンビアvs首位ブラジルはドロー! コロンビアはブラジルの連勝止めるも2戦連続ドローで足踏み《ロシアW杯南米予選》

▽ロシア・ワールドカップ(W杯)南米予選第16節のコロンビア代表vsブラジル代表が5日に行われ、1-1のドローに終わった。 ▽前節、最下位ベネズエラ代表(勝ち点7)相手に痛恨のゴールレスドローとなった2位のコロンビア(勝ち点25)は、ライバル国の取りこぼしで2位をキープしたものの、大陸連盟間プレーオフ圏内の5位アルゼンチン代表(勝ち点23)との勝ち点差はわずかに2ポイントと、首位ブラジル相手の勝ち点3奪取が必須。今回の一戦では負傷明けのハメス・ロドリゲスをファルカオやクアドラードらと共に先発で起用した。 ▽一方、破竹の9連勝で首位通過を確定しているブラジル(勝ち点36)だが、チームの熟成を図るチッチ監督はネイマールやフィルミノ、ダニエウ・アウベス、パウリーニョ、マルキーニョスなど、主力を起用した。 ▽注目の南米強豪対決は立ち上がりからオープンな攻防が続く。23分にはカルドナのスルーパスに抜け出したハメスにシュートチャンスも、ここは角度を消されてGKのセーブに遭う。すると直後の28分には、ボックス左でネイマールからパスを受けたフィルミノがグラウンダーのシュートでファーポストを狙うが、これはGKオスピナの圧巻の反応に阻まれる。 ▽その後も行ったり来たりの攻め合いが続く中、前半終了間際にブラジルがゴールをこじ開ける。犬がピッチに乱入するアクシデントでややコロンビアの集中力が切れた中、左CKの二次攻撃からボックス左に抜け出したネイマールがワンタッチでマイナスに落とす。これをウィリアンが圧巻の右足ボレーでゴール右上隅の完璧なコースに突き刺した。 ▽一瞬の隙を突かれてゴラッソを許したコロンビアは、ハーフタイム明けにクアドラードに代えてチャラを投入。立ち上がりからリスクを冒して攻撃に出ると、56分には右サイドを突破したアリアスからのクロスをボックス中央から巧みな動き出しでセンターバック2枚の間に入り込んだファルカオがニアで頭で合わせ、ゴールネットを揺らした。 ▽頼れるエースストライカーの同点弾で勢いづくコロンビアは60分、相手陣内右サイド深くで得たFKの場面でキッカーのハメスが見せる。中央へのクロスを匂わせるハメスはGKアリソンの意表を突いて、ニアを狙った低い弾道のシュートを放つ。だが、左ポストを叩いたボールはGKアリソンの身体に当たり、枠の外に向かう。 ▽その後は再び一進一退の攻防が続く中、互いに交代カードで試合の流れを変えに行く。ブラジルはガブリエウ・ジェズス、コウチーニョとスタメン級の豪華な交代カードでここから攻撃のギアを上げていくが、GKオスピナを中心とするコロンビア守備陣を崩し切るまでには至らず。試合終了間際にはチアゴ・シウバが負傷交代となるアクシデントに見舞われたが、結局試合は1-1のままタイムアップ。 ▽首位ブラジルの連勝を「9」でストップしたコロンビアだったが、ホームで勝ち切れず。3位以下のチームとの勝ち点差を広げるチャンスを逃した。 コロンビア 1-1 ブラジル 【コロンビア】 ファルカオ(後11) 【ブラジル】 ウィリアン(前47) 2017.09.06 07:50 Wed
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース