欧州55の代表が参加するUEFAネイションズリーグのリーグ分けが発表! W杯初出場のアイスランドは最上位リーグに2017.10.11 21:51 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽欧州サッカー連盟(UEFA)は11日、2018年9月にスタートするUEFAネイションズリーグのリーグ分けを発表した。

▽2018年9月6日に開幕することが決定しているUEFAネイションズリーグ。先日はレギュレーションなどが発表されていたが、今回は出場する55カ国のリーグ分けが発表された。

▽UEFAネイションズリーグは、加盟する55団体が参加。ロシア・ワールドカップ欧州予選終了した時点でのUEFAナショナルチーム係数ランキングの順位に応じて、A~Dのリーグに分けられることとなった。

▽最上位のリーグAには、ロシア・ワールドカップ出場を決め、ブラジル・ワールドカップ王者のドイツやユーロ2016王者のポルトガル、その他ベルギー、スペイン、フランス、イングランド、スイス、イタリア、ポーランド、アイスランド、クロアチア、オランダが入った。3カ国が4つのグループに分かれて戦い、各グループ首位が2019年6月にUEFAネイションズリーグファイナルに進出。優勝チームを決める。なお、ホスト国は勝ち抜いたチームから2018年12月に決定される。

▽リーグBには、オーストリアやウェールズ、ロシア、スロバキア、スウェーデン、ウクライナ、アイルランド、ボスニア・ヘルツェゴビナ、北アイルランド、デンマーク、チェコ、トルコが入った。

▽リーグAは上位12チームで構成され、次の12チームはリーグB,次の15チームがリーグC、残り16チームがリーグDとなる。なお、リーグA、Bは3チームからなる4グループ、リーグCは3チームからなる1グループと4チームからなる3グループ、リーグDは4チームからなる4グループで行われる。試合は、2018年9月から11月の間にホーム&アウェイで試合が行われ、4~6試合が開催される。

▽また、リーグB、C、Dの各グループ首位チームは1つ上のリーグに昇格。リーグA、B、Cのグループ最下位は1つ下のリーグに降格する。

▽各リーグ内のグループ分けは2018年1月24日に決定する。各リーグの所属チームは以下のとおり。

【リーグA】
ドイツ
ポルトガル
ベルギー
スペイン
フランス
イングランド
スイス
イタリア
ポーランド
アイスランド
クロアチア
オランダ

【リーグB】
オーストリア
ウェールズ
ロシア
スロバキア
スウェーデン
ウクライナ
アイルランド
ボスニア・ヘルツェゴビナ
北アイルランド
デンマーク
チェコ
トルコ

【リーグC】
ハンガリー
ルーマニア
スコットランド
スロベニア
ギリシャ
セルビア
アルバニア
ノルウェー
モンテネグロ
イスラエル
ブルガリア
フィンランド
キプロス
エストニア
リトアニア

【リーグD】
アゼルバイジャン
マケドニア
ベラルーシ
ジョージア
アルメニア
ラトビア
フェロー諸島
ルクセンブルク
カザフスタン
モルドバ
リヒテンシュタイン
マルタ
アンドラ
コソボ
サンマリノ
ジブラルタル

【日程】
第1節:2018年9月6〜8日
第2節:2018年9月9〜11日
第3節:2018年10月11〜13日
第4節:2018年10月14〜16日
第5節:2018年11月15〜17日
最終節:2018年11月18〜20日
抽選会:2018年12月上旬
ファイナルステージ:2019年6月5〜9日
ユーロ2020プレーオフ抽選会:2019年11月22日
ユーロ2020プレーオフ:2020年3月26〜31日

コメント

関連ニュース

thumb

“白豹”フィーゴ氏、UEFAフットボール・アドバイザー就任「サッカーに何かを返せることが楽しみ」

▽欧州サッカー連盟(UEFA)は11日、かつてレアル・マドリーやバルセロナで活躍した元ポルトガル代表のルイス・フィーゴ氏をフットボール・アドバイザーに任命したことを発表した。 ▽フィーゴ氏は、アレクサンデル・チェフェリン会長と共に試合の技術面やルールの改善、スポーツ全体の魅力の向上に向けて取り組むとのことだ。フィーゴ氏の任命についてチェフリン会長は、以下のように説明している。 「ルイス・フィーゴ氏は、ピッチ内外で模範となる振る舞いをとっていた素晴らしい選手だ。ゲームの中でも非常に尊敬される人物であり、彼が我々のチームに加わってくれることに満足してる。特にフットボールでの経験は、UEFAにとって非常に貴重な財産になるだろう」 ▽また、フィーゴ氏は、フットボール・アドバイザーに就任について以下のように喜びを露わにしている。 「豊富な経験を積むことができて幸運です。私が自分の知識を伝えることでポジティブな影響を与えることができると信じています。サッカーは常に進化します。UEFAに関われることを名誉に思っています。そして、その機会を与えてくれたチェフェリン会長には感謝しています」 「サッカーから多くのことを学びました。今はサッカーに何かを返せることを本当に楽しみにしています。私が1990年にプロキャリアをスタートさせたとき、UEFAに加わり、世界最高のサッカーマインドを持つこの組織の会長と共に働くなんて想像もしていませんでした」 ▽1989年にスポルティング・リスボンでプロキャリアをスタートさせたフィーゴは、バルセロナ、レアル・マドリー、インテルなどでプレー。バルセロナからレアル・マドリーへの禁断の移籍を果たした際には、バルセロナサポーターから激しい非難も浴びた。一方で、キャリア通算では、4度のリーガエスパニョーラとセリエAの優勝、そして、UEFAチャンピオンズリーグ制覇と輝かしい功績を残した。 ▽また、ポルトガル代表では通算120試合に出場。2度のワールドカップと3度のユーロに出場し、ドイツワールドカップではポルトガル代表の40年ぶりとなるベスト4進出に貢献した。 2017.10.12 12:40 Thu
twitterfacebook
thumb

欧州55の代表チームが来年9月からリーグ戦を開催! UEFAネイションズリーグの概要が発表!

▽欧州サッカー連盟(UEFA)は、2018年9月にスタートするUEFAネイションズリーグの大会方式と規約を発表した。 ▽これまでも構想に挙がっていた各国代表チームによるリーグ戦だが、2018年9月6日に開幕することが決定。約1年後に迫った開幕を前に、最終的な競技規則などが決定した。 ▽UEFAネイションズリーグは、加盟する55団体が参加。ロシア・ワールドカップ欧州予選が終了後、UEFAナショナルチーム係数ランキングの順位に応じて、A~Dのリーグに分けられる。 ▽リーグAは上位12チームで構成され、次の12チームはリーグB,次の15チームがリーグC、残り16チームがリーグDとなる。なお、リーグA、Bは3チームからなる4グループ、リーグCは3チームからなる1グループと4チームからなる3グループ、リーグDは4チームからなる4グループで行われる。試合は、2018年9月から11月の間にホーム&アウェイで試合が行われ、4~6試合が開催される。 ▽なお、リーグAの4グループの首位チームは、2019年6月に行われるUEFAネイションズリーグファイナルに進出。準決勝、3位決定戦、そして決勝が行われる。なお、ホスト国は勝ち抜いたチームから2018年12月に決定される。 ▽また、リーグB、C、Dの各グループ首位チームは1つ上のリーグに昇格。リーグA、B、Cのグループ最下位は1つ下のリーグに降格する。 ▽グループ分けは2018年1月24日にスイスのローザンヌ・コンベンションセンターで行われる。 2017.09.23 12:12 Sat
twitterfacebook
thumb

来シーズンのCL決勝はアトレティコ新本拠地ワンダ・メトロポリターノに決定

▽2018-19シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)決勝の会場が、アトレティコ・マドリーの新ホームスタジアムのワンダ・メトロポリターノ(スペイン)に決定したようだ。スペイン『マルカ』、『アス』が伝えている。 ▽『マルカ』の伝えるところによれば、昨シーズン限りでビセンテ・カルデロンを離れて今季からワンダ・メトロポリターノに本拠地を移したアトレティコは、来シーズンのCL決勝の開催地として立候補し、今回欧州サッカー連盟(UEFA)が正式に同スタジアムに決定したという。 ▽なお、2018-19シーズンのヨーロッパリーグ(EL)決勝の会場は、アゼルバイジャンにあるバクー・オリンピックスタジアムとなるようだ。 2017.09.21 01:22 Thu
twitterfacebook
thumb

ユナイテッドの凄腕CEOウッドワードがUEFA入閣

▽マンチェスター・ユナイテッドは5日、同クラブの副会長でCEO(最高経営責任者)を務めるエド・ウッドワード氏がUEFA(欧州サッカー連盟)の理事に就任したことを発表した。 ▽公式サイトによれば、ウッドワード氏はUEFAにおける理事会の4人の理事の1人として任命されたとのことで、イングランドからは唯一の選出となる。そのほかは、バルセロナ、パリ・サンジェルマン、セルティックから代表が選出されている。 ▽ウッドワード氏は今回の任命を受けて、以下のようにコメントしている。 「欧州クラブ協会の代表者に任命されて嬉しい。UEFAのプロフットボール戦略会議は欧州全体のフットボール界を形作るうえで重要な役割を担う。継続的な運営利益と発達という点でも不可欠だ」 ▽ウッドワード氏は2013年にユナイテッドのCEOに就任。やり手の元銀行員ということで経営手腕を発揮していたが、就任当初は移籍市場での拙い動きから強化担当としての手腕に疑問を投げかけられていた。しかし、就任からシーズンを追うごとに傑出した営業利益だけでなく、移籍市場での立ち回りにおいても急速な成長をアピールし、現在ではその能力が高く評価されている。 2017.09.07 09:54 Thu
twitterfacebook
thumb

UEFA、スペインリーグがFFP調査要求のシティに関し調査せず

▽マンチェスター・シティのファイナンシャルフェアプレー(FFP)に関し、ラ・リーガ(スペインプロリーグ機構)がUEFA(欧州サッカー連盟)に調査を要求したと報じられたが、UEFAがこれを調査していないと発表した。イギリス『BBC』が報じた。 ▽UEFAは、今夏バルセロナのブラジル代表FWネイマールを史上最高額の移籍金を支払ったパリ・サンジェルマン(PSG)に関し、FFP調査を開始。ラ・リーガのハビエル・テバス会長はPSGの投資に苦言を呈していた。 ▽しかし、UEFAによると「マンチェスター・シティに関しては、FFPの規制に関する調査はない。このような調査を言及される報告書もない」と発表。同じく今夏の移籍市場で多額の資金を投じたシティへの調査は、必要がないと明かした。 ▽PSGは、2億2200万ユーロ(約287億円)を投じてバルセロナからネイマールを獲得。一方のシティは、イングランド代表DFカイル・ウォーカー、ポルトガル代表MFベルナルド・シルバ、ブラジル代表GKエデルソン・モラエス、フランス代表DFバンジャマン・メンディを獲得し、欧州クラブで最高となる推定移籍金2億1500万ポンド(約305億円)を投じており、PSGを超える唯一のクラブとなっていた。 2017.09.05 13:45 Tue
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース