欧州55の代表が参加するUEFAネイションズリーグのリーグ分けが発表! W杯初出場のアイスランドは最上位リーグに2017.10.11 21:51 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽欧州サッカー連盟(UEFA)は11日、2018年9月にスタートするUEFAネイションズリーグのリーグ分けを発表した。

▽2018年9月6日に開幕することが決定しているUEFAネイションズリーグ。先日はレギュレーションなどが発表されていたが、今回は出場する55カ国のリーグ分けが発表された。

▽UEFAネイションズリーグは、加盟する55団体が参加。ロシア・ワールドカップ欧州予選終了した時点でのUEFAナショナルチーム係数ランキングの順位に応じて、A~Dのリーグに分けられることとなった。

▽最上位のリーグAには、ロシア・ワールドカップ出場を決め、ブラジル・ワールドカップ王者のドイツやユーロ2016王者のポルトガル、その他ベルギー、スペイン、フランス、イングランド、スイス、イタリア、ポーランド、アイスランド、クロアチア、オランダが入った。3カ国が4つのグループに分かれて戦い、各グループ首位が2019年6月にUEFAネイションズリーグファイナルに進出。優勝チームを決める。なお、ホスト国は勝ち抜いたチームから2018年12月に決定される。

▽リーグBには、オーストリアやウェールズ、ロシア、スロバキア、スウェーデン、ウクライナ、アイルランド、ボスニア・ヘルツェゴビナ、北アイルランド、デンマーク、チェコ、トルコが入った。

▽リーグAは上位12チームで構成され、次の12チームはリーグB,次の15チームがリーグC、残り16チームがリーグDとなる。なお、リーグA、Bは3チームからなる4グループ、リーグCは3チームからなる1グループと4チームからなる3グループ、リーグDは4チームからなる4グループで行われる。試合は、2018年9月から11月の間にホーム&アウェイで試合が行われ、4~6試合が開催される。

▽また、リーグB、C、Dの各グループ首位チームは1つ上のリーグに昇格。リーグA、B、Cのグループ最下位は1つ下のリーグに降格する。

▽各リーグ内のグループ分けは2018年1月24日に決定する。各リーグの所属チームは以下のとおり。

【リーグA】
ドイツ
ポルトガル
ベルギー
スペイン
フランス
イングランド
スイス
イタリア
ポーランド
アイスランド
クロアチア
オランダ

【リーグB】
オーストリア
ウェールズ
ロシア
スロバキア
スウェーデン
ウクライナ
アイルランド
ボスニア・ヘルツェゴビナ
北アイルランド
デンマーク
チェコ
トルコ

【リーグC】
ハンガリー
ルーマニア
スコットランド
スロベニア
ギリシャ
セルビア
アルバニア
ノルウェー
モンテネグロ
イスラエル
ブルガリア
フィンランド
キプロス
エストニア
リトアニア

【リーグD】
アゼルバイジャン
マケドニア
ベラルーシ
ジョージア
アルメニア
ラトビア
フェロー諸島
ルクセンブルク
カザフスタン
モルドバ
リヒテンシュタイン
マルタ
アンドラ
コソボ
サンマリノ
ジブラルタル

【日程】
第1節:2018年9月6〜8日
第2節:2018年9月9〜11日
第3節:2018年10月11〜13日
第4節:2018年10月14〜16日
第5節:2018年11月15〜17日
最終節:2018年11月18〜20日
抽選会:2018年12月上旬
ファイナルステージ:2019年6月5〜9日
ユーロ2020プレーオフ抽選会:2019年11月22日
ユーロ2020プレーオフ:2020年3月26〜31日

コメント

関連ニュース

thumb

スペイン相手に6失点大敗のW杯準優勝クロアチア指揮官「教訓から学び、這い上がる」

▽UEFAネイションズリーグ・リーグA・グループ4のスペイン代表vsクロアチア代表が11日に行われ、6-0でスペインが圧勝した。 ▽ロシア・ワールドカップ(W杯)では準優勝の結果を残したクロアチアだが、スペインの前に大敗。力の差を見せつけられる形となってしまった。 ▽試合後、ズラトコ・ダリッチ監督が振り返りコメント。スペイン代表のプレーを褒めつつも、次の試合に向けて改善していくと誓った。 「このことは、私のキャリアの中で最も厳しい瞬間だ。ただ、それが人生であり、我々は何が起きたのかを受け入れなければならない。偉大なゲーム、偉大な勝利を挙げたスペインを祝福する。我々は簡単ではないが、教訓から学び、這い上がる必要がある。我々は座って泣くのではなく、働いていく」 「我々は最初の20分は素晴らしいプレーをした。3度チャンスがあった。ただ、我々はスペインのゴールの後、落ちてしまった。我々は全員が自分自身のためにプレーしはじめた。我々は集中力を失い、スペインは安全になり、力をかけ、我々はが解決困難な状況を作り続けた」 2018.09.12 13:30 Wed
twitterfacebook
thumb

ルカク2G+PK獲得のベルギー、アイスランドに快勝で白星発進《UEFAネイションズリーグ》

▽UEFAネイションズリーグ・リーグA・グループ2のアイスランド代表vsベルギー代表が11日に行われ、0-3でベルギーが快勝した。 ▽3日前に行われたUNL初戦のスイス代表戦を0-6と惨敗したアイスランドは、スイス戦のスタメンから3選手を変更。シグルドソンやB・ビャルナソン、GKハルドルソンらは引き続きスタメンとなった。 ▽一方、4日前に行われた親善試合のスコットランド代表戦を4-0と快勝したベルギーは、スコットランド戦のスタメンから4選手を変更。アルデルヴァイレルトやムニエ、カラスコにヴィツェルといった主力がスタメンとなった。 ▽[3-4-3]を採用したベルギーは3トップに右からメルテンス、ルカク、アザール、中盤は右からムニエ、ティーレマンス、ヴィツェル、カラスコ、3バックは右からアルデルヴァイレルト、コンパニ、ヴェルトンゲンと並べた。 ▽ベルギーがポゼッションするゆったりとした展開で立ち上がっていった中、14分にアイスランドがゴールに迫る。右サイドを突破した流れからシグルドソンがシュートに持ち込んだが、枠を捉えていたシュートはDFにカットされた。 ▽それでも28分、右クロスに反応したルカクがヘディングで合わせにかかったところでインガソンに倒されてベルギーがPKを獲得する。これをアザールが決めて先制した。 ▽さらに31分、右CKからニアのコンパニのヘディングシュートはGKにセーブされるも、ルーズボールをルカクが詰めて2-0とした。 ▽2点をリードして迎えた後半もベルギーが押し込む展開とすると、63分にムニエが際どいシュートを浴びせていく。 ▽敵陣でボールを保持するベルギーは70分、シグルドソンのミドルシュートで脅かされるも、GKクルトワがセーブして凌ぐと、81分にメルテンスの右クロスをルカクが左足アウトでうまく流し込んで3-0と突き放した。 ▽このまま試合を終わらせたベルギーがルカクの活躍で快勝し、白星発進としている。一方、敗れたアイスランドは連敗スタートとなった。 2018.09.12 06:00 Wed
twitterfacebook
thumb

アセンシオ2G2Aと躍動のスペイン、クロアチアを6発粉砕で連勝スタート《UEFAネイションズリーグ》

▽UEFAネイションズリーグ・リーグA・グループ4のスペイン代表vsクロアチア代表が11日に行われ、6-0でスペインが圧勝した。 ▽3日前に行われたUNL初戦のイングランド代表戦を2-1と競り勝ったスペインは、イングランド戦のスタメンから3選手を変更。チアゴ、アスパス、マルコス・アロンソに代えてアセンシオ、セバージョス、ガヤを起用した。 ▽一方、5日前に行われた親善試合のポルトガル代表戦を1-1で引き分けたクロアチアは、ポルトガル戦のスタメンから4選手を変更。モドリッチやペリシッチ、ヴィダらが引き続き先発となり、ラキティッチとブロゾビッチが先発となった。 ▽イングランド戦同様、[4-3-3]で臨んだスペインは3トップに右からアセンシオ、ロドリゴ、イスコ、中盤アンカーにブスケッツ、インサイドにセバージョスとサウールを据えた。 ▽対するクロアチアは[4-5-1] を採用。中盤はアンカーにブロゾビッチ、インサイドにモドリッチとラキティッチ、右にコバチッチ、左にペリシッチを並べた。 ▽開始5分、ブスケッツのミスパスからラキティッチのコントロールシュートでまずはクロアチアがゴールに迫る。そして14分には決定機。ボックス右のヴルサリコのクロスをニアに詰めたサンティニがシュート。しかし、わずかに枠の右に外れてしまった。 ▽ショートカウンターからチャンスを生んでいたクロアチアだったが、20分にアクシデント。ヴルサリコが足を負傷してログがそのまま右サイドバックに投入された。 ▽流れの悪かったスペインだったが24分、最初のチャンスをゴールに結び付ける。セルヒオ・ラモスのサイドチェンジを受けた右サイドのカルバハルが右足アウトにかけたクロスをサウールが打点の高いヘッドで押し込んだ。 ▽イングランド戦に続くサウール弾で先制したスペインは続く33分、ボックス手前中央で相手のミスパスをカットしたアセンシオが左足を豪快に振り抜くと、強烈なミドルシュートがゴール右に突き刺さった。 ▽アセンシオのゴラッソで加点したスペインはさらに35分、右サイドからカットインしたアセンシオがボックス手前右から左足を振り抜くと、再び強烈なシュートがゴール右上のバーを叩いてゴールに吸い込まれた。 ▽アセンシオの左足で3-0としたスペインは迎えた後半開始4分、アセンシオのスルーパスを受けたロドリゴがGKとの一対一を制して4-0とすると、57分には左CKからセルヒオ・ラモスのヘディングシュートが決まって5-0とした。 ▽さらに70分、アセンシオのパスを受けたボックス中央のイスコがシュートを決めて6-0としたスペインが圧勝。アセンシオが2ゴール2アシストの大活躍を見せて2連勝スタートとしている。 2018.09.12 05:45 Wed
twitterfacebook
thumb

アクババの2発でトルコがスウェーデンに劇的逆転勝利!《UEFAネイションズリーグ》

▽UEFAネイションズリーグ・リーグB・グループ2のスウェーデン代表vsトルコ代表が10日に行われ、2-3でトルコが勝利した。 ▽6日に行われた国際親善試合でオーストリア代表に完敗したスウェーデンは、その試合からテリンとヤンソン以外のスタメン9人を変更。GKオルセンやベリ、ラーション、リンデロフら多くのW杯出場メンバーがスタメンに名を連ねた。 ▽一方、7日に行われたUEFAネイションズリーグのロシア代表戦を惜敗したトルコは、その一戦からスタメンを5人変更。GKセルカン・クルントゥルやヤズジュ、オズバイラクリらに代えてGKボラトやバイラム、オズヤクプらをスタメンに起用した。 ▽立ち上がりから一進一退の展開が続いたが、互いにフィニッシュ手前での精度を欠き決定機が訪れない。そんな中、最初の決定機を迎えたのはスウェーデン。29分、GKオルセンからのロングボールをテリンが頭でつなぐと、このボールに反応したベリがワンタッチで相手DFの裏に抜け出し、相手GKとの一対一を迎えたがシュートは飛び出したGKのブロックに阻まれた。 ▽さらにスウェーデンは34分、ラーションのロングパスをボックス左に駆け上がったアウグスティンションが頭で折り返すと、ニアサイドのテリンがヘディングシュート。これは左ポストに弾かれたが、こぼれ球をテリンが右足で押し込み、先制に成功した。 ▽先制点で攻勢を強めるスウェーデンは、43分にもエクダルのラストパスをボックス右で受けたベリがフリーでシュートを放ったが、これは大きく枠の上に外れた。 ▽リードするスウェーデンは、後半開始早々に追加点を奪う。49分、左サイドでハイプレスを掛けたクラーソンがチェリクのコントロールミスを誘うと、こぼれ球に反応したテリンがワンタッチで前線にパス。これを受けたクラーソンがバイタルエリア中央まで切り込み、豪快なミドルシュートをゴール左に突き刺した。 ▽痛恨の追加点を許したトルコだが、すぐに反撃に転じる。51分、メフメト・トパルのサイドチェンジをボックス左で受けたチャルハノールがカットインから素早く右足を振り抜くと、わずかに相手DFにディフレクトしたボールがそのままゴール右隅に吸い込まれた。 ▽試合も終盤に差し掛かり、このまま終了かと思われた88分にスコアが動く。ボックス左手前のアクババが中央にボールを送るとオズヤクプがボックス中央のトスンへワンタッチパスを供給。これを受けたトスンもワンタッチではたくと、ボックス内に駆け上がったアクババがダイレクトシュートをゴール左に突き刺し、トルコが同点に追いつく。 ▽同点弾で勢いづくトルコは、後半アディショナルタイム2分にもセルダル・ギュレルの左クロスをアクババがバックヘッド気味に合わすと、これがそのままゴール右隅に吸い込まれ、土壇場で逆転に成功した。 ▽結局、試合はそのまま2-3で終了。アクババの劇的弾で逆転勝利したトルコが、敵地でUEFAネイションズリーグ初勝利を飾った。 ▽また、同日に行われたUEFAネイションズリーグ・リーグC・グループ1のスコットランド代表vsアルバニア代表は、2-0でスコットランドが勝利した。その他、リーグC・グループ4のモンテネグロ代表vsリトアニア代表は2-0でモンテネグロが勝利。セルビア代表vsルーマニア代表は、2-2のドローに終わった。 2018.09.11 06:00 Tue
twitterfacebook
thumb

CR7不在も好パフォーマンスのポルトガルが大会初勝利! イタリアは守護神が孤軍奮闘もスコア以上の完敗…《UEFAネイションズリーグ》

▽UEFAネイションズリーグ・リーグA・グループ3のポルトガル代表vsイタリア代表が10日に行われ、ホームのポルトガルが1-0で勝利した。 ▽今回の代表ウィークにエースのクリスティアーノ・ロナウドが招集を辞退したポルトガルは6日に行われたクロアチア代表との国際親善試合を1-1のドローで終えた。UNLの初陣となるイタリア戦に向けてはクロアチアと全く同じ11人を起用。GKにルイ・パトリシオ、4バックにカンセロ、ペペ、ルベン・ジアス、マリオ・ルイ。中盤はアンカーにネヴェス、インサイドハーフにピッツィ、ウィリアム・カルバーリョ。3トップはブルマとベルナルド・シウバの両翼にアンドレ・シウバという並びとなった。なお、ペペはこの試合で代表通算100キャップを達成した。 ▽一方、マンチーニ新体制の初陣となったポーランド代表との初戦を1-1のドローで終えたイタリアは、その試合からGKドンナルンマ、ジョルジーニョを除く全選手を変更。最終ラインは右からラッザーリ、カルダーラ、ロマニョーリ、クリーシト。中盤は右からキエーザ、クリスタンテ、ジョルジーニョ、ボナヴェントゥーラ。2トップにザザとインモービレが並んだ。 ▽立ち上がりからボールを握って相手を押し込むポルトガルは開始4分にネヴェスのFKをゴール前でフリーのカルバーリョが頭で合わすが、ここはオフサイドの判定。その後はプレスの連動性や距離感に問題を抱えるイタリアのまずい守備に対して、シンプルなダイレクトパスやブルマらのドリブルを使い、巧みにスペースを攻略していく。20分には見事なパス交換からベルナルド・シウバのパスをボックス付近で受けたアンドレ・シウバに決定機も元ミランFWのシュートはミラン守護神に阻まれる。 ▽その後はボールを支配するポルトガルと、単発的にシュートカウンターからペペらがフィニッシュに絡むイタリアという構図の下で試合が進んでいく。27分にはポルトガルの波状攻撃からボックス中央のベルナルド・シウバが無人のゴールへシュートを放つが、これは戻ったDFロマニョーリのゴールカバーに遭う。その直後にはボックス左に侵入したマリオ・ルイの高速クロスがDFに当たってゴールに向かうもクロスバーを叩く。さらに35分にはカルバーリョがボックス手前から強烈な左足のミドルシュートを放つが、これもわずかに枠の右に外れた。 ▽ポルトガルペースもゴールレスで折り返した試合は、後半立ち上がりにいきなり動く。48分、相手陣内左サイドでカルダーラからボールを奪ったブルマがそのままボックス内に持ち込んでボックス右のアンドレ・シウバにラストパス。これをアンドレ・シウバが内への切り返しからの左足シュートでゴール左隅に流し込んだ。 ▽ようやく先制に成功したポルトガルはここから完全にイタリアを圧倒。54分には右CKの場面でサインプレーからベルナルド・シウバが枠の左上隅を捉えた決定的なシュートを放つが、これはGKドンナルンマのビッグセーブに阻まれる。だが、その後もブルマやベルナルド・シウバを起点としたカウンターが機能する。 ▽一方、守勢が続くイタリアはインモービレ、クリーシト、クリスタンテを下げてベラルディ、エメルソン・パルミエリ、ベロッティを続けてピッチに送り込む。だが、良い形でボールを繋ぐ場面は皆無でショートカウンターやセットプレー以外に攻め手がない。 ▽後半半ばから終盤にかけてもきっちり試合をコントロールするホームチームはピッツィやレナト・サンチェス、ジェウソン・マルティンスらに追加点のチャンスが訪れるものの、孤軍奮闘の相手守護神の再三のビッグセーブに阻まれた。それでも、メモリアルゲームのペペを中心に危なげなく相手の攻撃をクリーンシートで凌ぎ、スコア以上の内容で1-0の勝利を収めた。一方、大幅なメンバー変更、システム変更も実らず完敗のイタリアは今大会2戦未勝利となった。 2018.09.11 05:50 Tue
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース