ロシアW杯欧州予選突破&プレーオフ進出国が出揃う!2017.10.11 06:40 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽10日に2018年ロシア・ワールドカップ(W杯)の欧州予選が終了し、本大会を決めた9カ国とプレーオフに進出する8カ国が決定した。

▽開催国のロシアを除くヨーロッパ出場枠「13」を懸けて行われた今予選。グループ1位のみが本大会出場となる欧州予選では、前回王者のドイツ代表やイングランド代表、スペイン代表、フランス代表、ポルトガル代表、ベルギー代表ら強豪国に加え、W杯初出場となるアイスランド代表や3大会ぶりとなるポーランド代表、2大会ぶりとなるセルビア代表がグループ首位通過を決めた中、南アフリカW杯で3位に輝いたオランダ代表やユーロ2016で躍進したウェールズ代表が予選敗退となった。

Getty Images


▽また、成績上位8カ国がプレーオフの出場権を獲得するグループ2位争いでは、スウェーデン代表(グループA)、スイス代表(グループB)、北アイルランド代表(グループC)、アイルランド代表(グループD)、デンマーク代表(グループE)、イタリア代表(グループG)、ギリシャ代表(グループH)、クロアチア代表(グループI) が欧州予選プレーオフへの切符を手にしている。なお、2位9チーム中の戦績が最下位だったスロバキア代表(グループF)が無念の予選敗退となった。

▽プレーオフの組み合わせ抽選会は17日に行われ、11月9日からプレーオフ1stレグが行われる。ロシアW杯出場国と、プレーオフ出場国は以下のとおり。

◆ロシアW杯出場国
フランス(グループA首位/6大会連続15回目)
ポルトガル(グループB首位/5大会連続7回目)
ドイツ(グループC首位/17大会連続19回目)
セルビア(グループD首位/2大会ぶり12回目)
ポーランド(グループE首位/3大会ぶり8回目)
イングランド(グループF首位/6大会連続15回目)
スペイン(グループG首位/11大会連続15回目)
ベルギー(グループH首位/2大会連続13回目)
アイスランド(グループI首位/初出場)

◆欧州予選プレーオフ進出国
スウェーデン(グループA2位)
スイス(グループB2位)
北アイルランド(グループC2位)
アイルランド(グループD2位)
デンマーク(グループE2位)
イタリア(グループG2位)
ギリシャ(グループH2位)
クロアチア(グループI2位)

コメント

関連ニュース

thumb

マラドーナ「サンパオリは帰国できなくなる」…アイスランド戦の準備不足を批判

ディエゴ・マラドーナ氏はアイスランド戦のような試合が続いた場合、アルゼンチン代表のホルヘ・サンパオリ監督は帰国できなくなると警告した。『テレサー』のインタビューで語っている。<br><br>アルゼンチン代表は2018FIFAワールドカップ・ロシアのグループリーグ初戦でアイスランド代表と対戦。優勝が期待されるアルゼンチンだったが、W杯初出場のチームと1-1の引き分けに終わった。<br><br>アイスランド戦の結果を受け、1986年W杯で母国を優勝に導いたマラドーナ氏は、指揮官の準備不足を指摘した。<br><br>「もし彼がこんな試合を続ければ、アルゼンチンに帰ってくることはできない。何ひとつ準備をしていなかったように見える。アイスランドの選手は全員190センチあるのに、アルゼンチンはCKでヘディングしか狙っていなかった。ショートコーナーを一度も使わなかったんだ」<br><br>監督としてもW杯に出場経験のある同氏は、批判すべきは監督であり、選手ではないと主張した。<br><br>「彼の試合プランは恥ずべきものだった。私は選手を非難しない。批判すべきは準備不足についてだ。何ひとつ準備していなかった。25人ものコーチを連れて行くのは構わないが、仕事をしてほしい。アイスランドはアルゼンチンよりもハードワークをしていた。それにはとても傷付いたよ」<br><br>アルゼンチン代表は現地時間21日、クロアチア代表とのグループリーグ第2戦に臨む。<br><br>提供:goal.com 2018.06.18 20:15 Mon
twitterfacebook
thumb

「PKセーブは夢のよう」アイスランド代表GKハルドルソン世界が湧いたPKストップを振り返る

▽ワールドカップ初出場のアイスランド代表。ワールドカップ初戦で、優勝候補のアルゼンチン代表と対戦し、1-1のドローに終わった。 ▽歴史的一戦となった試合、全世界から注目を集めたのはアイスランド代表の守護神であるGK ハネス・ハルドルソン。1-1で迎えた後半、アルゼンチンがPKを獲得。FWリオネル・メッシがキッカーを務めるも、完全に読み切ったハルドルソンがセーブ。その後も、決定的なシュートを防ぐなど、勝ち点1獲得に大きく貢献した。 ▽ハルドルソンはPKのシーンを振り返り、試合後にコメント。強い決意を持って臨んだと明かした。 「ワールドカップの初戦でPKをセーブしたことは、夢のようなものだ。それを経験するには、PKを与えなければならない。それが起きてしまった時、僕のターンが来たと決心した。それを止めることに決めたんだ」 ▽ハルドルソンは2014年に29歳でプロサッカー選手に転向。それまでは映像ディレクターとして名を馳せており、サッカー選手というよりも映像ディレクターが本業だったとのことだ。 ▽4年後にまさかワールドカップの舞台で、さらに世界最高の1人とも言われるメッシのPKをセーブし、母国・アイスランドにワールドカップ初勝ち点をもたらせるとは想像できなかっただろう。大会が終わったら、このシーンを含めた映像を作る可能性は高いかもしれない。 2018.06.18 20:15 Mon
twitterfacebook
thumb

メッシ以外糾弾のカペッロ「彼らの中盤はめちゃくちゃ。彼を助けてない」

▽イタリア人指導者のファビオ・カペッロ氏がバルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシをフォローした。イギリス『101 Great Goals』が伝えている。 ▽アルゼンチンは16日、ロシア・ワールドカップ(W杯)グループD第1節でアイスランド代表と対戦した。FWセルヒオ・アグエロのゴールで先制したが、すぐさま追いつかれると、1-1で迎えた63分にメッシがPKを失敗。勝ち点3を撮り損ねた。 ▽カペッロ氏は、イタリア『Mediaset』で、風当たりが強まるメッシについてコメント。メッシ以外の選手、とりわけ中盤の選手を酷評した。 「アルゼンチンの中盤は、テンポが遅く、めちゃくちゃ。メッシにボールを渡すため、彼を探してばかりだった。個人的に、メッシは(ポルトガル代表FWクリスティアーノ・)ロナウドより優れた選手だと思う。ただ、アルゼンチンはチームとして、その彼を助けていない」 2018.06.18 19:15 Mon
twitterfacebook
thumb

史上初のW杯に挑むパナマ指揮官「決勝T進出ならウオツカのボトルを一息で…」

パナマ代表の指揮官エルナン・ダリオ・ゴメスが17日、2018FIFAワールドカップ・ロシアのグループG初戦に向け、記者会見に出席して意気込みを語った。<br><br>今大会において、史上初となるW杯出場を決めたパナマは現地時間18日、ソチで行われるグループリーグ初戦でベルギー代表と対戦。指揮官はベルギーが手ごわい相手であるとして警戒を強める。<br><br>「ベルギーにだって(クリスティアーノ)ロナウドや(リオネル)メッシはいない。だがテクニックのある素晴らしい選手たちがいて経験も豊かだ。それに加えて私もよく知る指揮官がいる。彼は非常に優秀な監督だ。難しい対戦相手だと言える」<br><br>続いて指揮官は、北中米カリブ海予選を勝ち抜き、パナマが初めてW杯の舞台に立ったことを誇った。<br><br>「我々にとって、ここにいることが最高だ。最高のパフォーマンスを出せるよう努めたい。体は熱くなっても頭は冷静でなくてはならない」<br><br>グループGのパナマ代表は、ベルギー代表との試合後にも、イングランド代表、チュニジア代表との対戦が組まれている。厳しい戦いとなると予想されるが、コロンビア人指揮官は、あくまでも決勝トーナメント進出を目指す。そして、もし実現できれば、開催国ロシアの名産ウオツカを飲み干すつもりだと宣言した。<br><br>「もし予選を突破できれば、ウオツカのボトルを一息で空けたい。チームの準備はできている。我々は優勢ではないかもしれないが、サッカーでは何が起こるか分からない」<br><br>提供:goal.com 2018.06.18 18:05 Mon
twitterfacebook
thumb

【ロシアW杯ブレイク候補】vol7.グループG:代表ゼロキャップでメンバー入り果たしたシンデレラボーイ

▽6月14日、フットボール界における4年に1度の祭典、ワールドカップがロシアの地で遂に開幕する。約1カ月の激闘がより深く、より楽しむべく、超ワールドサッカー編集部が今大会でブレイクが期待される各グループの期待の若手を紹介。ベルギー、パナマ、チュニジア、イングランドが同居するグループGのブレイク候補はイングランドの新進気鋭のサイドバック、DFトレント・アレクサンダー=アーノルドだ。 ◆代表ゼロキャップでメンバー入り果たしたシンデレラボーイ DFトレント・アレクサンダー=アーノルド(19) 出身国:イングランド 所属クラブ:リバプール(イングランド) 代表通算成績:1試合、0得点 今季所属クラブ成績:33試合、3得点 ▽リバプールのアカデミー出身のアーノルドは若手育成の手腕に長けたユルゲン・クロップ監督の下で昨シーズンにトップチームデビュー。これまでリバプールのユースチームやイングランドの年代別代表チームではセントラルMFや右サイドハーフを主戦場としてきたものの、クロップ監督は豊富な運動量やクロス精度、高い身体能力を評価し右サイドバックにコンバートした。すると、今季は右サイドバックのレギュラーだったクラインの長期離脱をキッカケにポジションを掴むと、時折守備面でポジショニングミスや集中力を欠く場面もあったものの、それを補って余りある攻撃センスと対人守備でも成長をみせ、CL準優勝とリーグ4位フィニッシュに大きく貢献。そして、リバプールでの大きな飛躍をキッカケにフル代表未招集ながらもW杯23名のメンバー入りを果たした。 ▽本大会で[3-4-3]を基本布陣とするイングランドにおいて、アーノルドはサイドバックに比べてより持ち味を発揮し易い右ウイングバックでのプレーが濃厚だ。今大会では右サイドバックとウイングバックの絶対的主力だったウォーカーがチーム事情で3バックの右で起用されるため、比較的代表でのプレー経験が浅いトリッピアーとポジションを争う。現時点ではベッカム級のクロス精度を誇るトリッピアーに後れを取るものの、対人守備とダイナミズムというストロングを武器にポジション奪取を目指す。 2018.06.18 18:00 Mon
twitterfacebook


ロシアW杯

ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース