【リスト】バロンドール候補30名が発表2017.10.10 09:59 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽フランス『フランス・フットボール』が「バロンドール2017」の候補者30名を発表した。

▽ジャーナリストの投票によって決定する欧州年間最優秀選手に贈られるバロンドールは、世界最高峰の個人賞として認知されている。これまでの歴代最多受賞はバルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシの5回で、昨シーズンにレアル・マドリーでチャンピオンズリーグを制したポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドが今回受賞すれば、メッシに並ぶことになる。

▽今回の候補者30名をリーグ別で見てみると、リーガエスパニョーラが11選手、プレミアリーグが7選手、セリエAが5選手、リーグ・アンが4選手、ブンデスリーガが3選手となっている。チーム別ではレアル・マドリーの7選手が最多で、次点のパリ・サンジェルマンが3選手となっている。

◆2017年 バロンドール候補者
ピエール=エメリク・オーバメヤン(ガボン/ドルトムント)
カリム・ベンゼマ(フランス/レアル・マドリー)
レオナルド・ボヌッチ(イタリア/ミラン)
ジャンルイジ・ブッフォン(イタリア/ユベントス)
エディンソン・カバーニ(ウルグアイ/パリ・サンジェルマン)
フィリペ・コウチーニョ(ブラジル/リバプール)
クリスティアーノ・ロナウド(ポルトガル/レアル・マドリー)
ケビン・デ・ブライネ(ベルギー/マンチェスター・シティ)
ダビド・デ・ヘア(スペイン/マンチェスター・ユナイテッド)
パウロ・ディバラ(アルゼンチン/ユベントス)
エディン・ゼコ(ボスニア・ヘルツェゴビナ/ローマ)
ラダメル・ファルカオ(コロンビア/モナコ)
アントワーヌ・グリーズマン(フランス/アトレティコ・マドリー)
エデン・アザール(ベルギー/チェルシー)
マッツ・フンメルス(ドイツ/バイエルン)
イスコ(スペイン/レアル・マドリー)
ハリー・ケイン(イングランド/トッテナム)
エンゴロ・カンテ(フランス/チェルシー)
トニ・クロース(ドイツ/レアル・マドリー)
ロベルト・レヴァンドフスキ(ポーランド/バイエルン)
キリアン・ムバッペ(フランス/パリ・サンジェルマン)
サディオ・マネ(セネガル/リバプール)
マルセロ(ブラジル/レアル・マドリー)
ドリエス・メルテンス(ベルギー/ナポリ)
リオネル・メッシ(アルゼンチン/バルセロナ)
ルカ・モドリッチ(クロアチア/レアル・マドリー)
ネイマール(ブラジル/パリ・サンジェルマン)
ヤン・オブラク(スロベニア/アトレティコ・マドリー)
セルヒオ・ラモス(スペイン/レアル・マドリー)
ルイス・スアレス(ウルグアイ/バルセロナ)

コメント

関連ニュース

thumb

インテル、マドリーに放出した元10番を買い戻し?

▽インテルがレアル・マドリーMFマテオ・コバチッチの獲得に動いているようだ。イタリア『コッリエレ・デッロ・スポルト』が20日、一面を使って報じた。 ▽コバチッチは2013年1月からインテルでプレーしたクロアチア代表MF。ポテンシャルの高さを評価されながらも、2015年にレアル・マドリーへ移籍した。 ▽そのコバチッチをインテルが買い戻そうとしているという。インテルは3000万ユーロ(約39億円)の移籍金で同選手を手放したと伝えられているが、それと同等の金額で再獲得を目指す模様だ。 ▽さらに同紙は、インテルがボローニャのFWシモーネ・ヴェルディとスポルティング・リスボンのMFウィリアム・カルバーリョの獲得に動いているとも報じた。 2018.04.20 23:05 Fri
twitterfacebook
thumb

モウリーニョ「セーザルなら片腕でカシージャス以上」

▽フラメンゴの元ブラジル代表GKジュリオ・セーザルが、ジョゼ・モウリーニョ監督の辛辣なジョークを回想した。ブラジル『Selecao Sportv』のインタビューを基にスペイン『マルカ』が伝えている。 ▽2005年から2012年までインテルで活躍したジュリオ・セーザルは、2009-10シーズンにはモウリーニョ監督(現マンチェスター・ユナイテッド)の下で正守護神として活躍し、チャンピオンズリーグ、セリエA、コッパ・イタリアの主要大会3冠に貢献した。 ▽エピソードの舞台となるのは、モウリーニョ監督がレアル・マドリーで指揮を執っていた2013年のコンフェデレーションズカップ。ブラジル代表としてスペイン代表と決勝で対戦したジュリオ・セーザルは、3-0で勝利して大会ベストGK賞に輝き、試合後には当時マドリーに所属していた元スペイン代表GKイケル・カシージャス(現ポルト)とシャツを交換した。 ▽ジュリオ・セーザルは、“カシージャスの全ての功績に敬意を表す”ために同選手のユニフォームを着用。しかし、この行動が当時マドリーでカシージャスとの確執が報じられていたモウリーニョ監督の琴線に触れたようだ。 「ドレッシングルームに戻った時、モウリーニョから僕の携帯電話に送られたメッセージを開いたんだ」 「『お前はイカれてる。カシージャスがお前のユニフォームを着るべきなんだよ、お前じゃない』と書かれていたよ。おまけに、僕なら腕1本でカシージャスより止められるとも言われたね」 「イケル(・カシージャス)がドレッシングルームを訪れたから、モウリーニョと話し合うべきだと言ったよ。難しいことだけど、直視しないとね」 ▽モウリーニョ監督との親交を保ちつつ、カシージャスにもアドバイスを送ったジュリオ・セーザル。人間関係においても、その守備範囲は相当なものだ。 2018.04.20 19:20 Fri
twitterfacebook
thumb

バルセロナ、クラシコでのアウェイ一般席に高額値段設定

▽バルセロナが、カンプ・ノウに押し寄せるレアル・マドリーファンに高額なチケットを販売しようとしているようだ。スペイン『アス』が報じている。 ▽バルセロナは、5月6日にリーガエスパニョーラ第36節でマドリーを本拠地カンプ・ノウに迎えて伝統の一戦“クラシコ”を戦う。リーガ優勝に手をかけているバルセロナにとっては、昨年末に行われ3-0の快勝を収めたサンティアゴ・ベルナベウでの“クラシコ”に続き、ライバルにダブルの屈辱を与えるべく臨む試合だ。 ▽無敗でのリーグ優勝を遂げる上で、最大の障害と目されているマドリー戦。そこでバルセロナは、試合に先駆けて勝負を仕掛けているようだ。 ▽伝えられるところでは、バルセロナはクラシコでのアウェイ用チケットに129ユーロ(約1万7000円)の価格を設定。これは、1450ユーロ(19万2000円)~2270ユーロ(約30万円)と高価格に設定されているVIP席とは別の一般用の値段だ。 ▽バルセロナサポーター向けの1年間使えるシーズンチケットの最安値が167ユーロ(約2万2000円)であることを考慮すると、いくら“クラシコ”が屈指の人気カードであるとはいえ、1試合の一般料金が約1万7000円というのは、ライバルに向けた敵意の表れだとも解釈できるだろう。 2018.04.20 16:25 Fri
twitterfacebook
thumb

UEFA会長がマドリー対ユベントスの疑惑のPKに言及...「VARがあっても判定は変わらなかった」

UEFAのアレクサンデル・チェフリン会長が、先の試合で結果に大きな影響を及ぼしたジャッジに言及した。<br><br>チャンピオンズリーグ準々決勝第2戦レアル・マドリー対ユベントスの一戦で、マドリーは終了間際にMFルーカス・バスケスが相手DFメディ・ベナティアに倒されてPKを獲得。これをFWクリスティアーノ・ロナウドが沈め、2試合合計スコア4-3でラウンド突破を決めた。<br><br>だが試合後、あのPKについては議論が巻き起こっている。チェフリン会長はイタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』で自身の見解を示した。<br><br>「VARがあっても判定は変わらなかった。あのプレーを、20回くらい見た人もいるだろう。私は50回くらい見直したよ。あれはPKだったと主張する人が半分、もう半分はPKではなかったと考えているだろう」<br><br>ジャッジを激しく批判したユベントスGKジャンルイジ・ブッフォンのコメントについては、次のように話している。<br><br>「ブッフォンの発言は正しくなかった。あれは言うべきではなった。だが、あの試合でプレーした選手のフラストレーションは分かる。93分に失点した際の失望感は理解できるものだ」<br><br>審判団の選定に関しては、一貫した姿勢を示している。<br><br>「監督が選手を決めるようなものだ。勝利するためにベストメンバーを送り出す。しかし、実際には逆の現象が起きたりする。その時、責任は誰にあるのか。彼らはUEFAに多大な貢献をしてきた」<br><br><br>提供:goal.com 2018.04.20 00:20 Fri
twitterfacebook
thumb

ビッグマッチで好守を連発...レアル・マドリー戦で輝いたスペイン代表GKケパ

アスレティック・ビルバオに所属するスペイン代表GKケパ・アリサバラガが、レアル・マドリー戦で輝きを放った。スペイン『マルカ』が報じている。<br><br>マドリーは18日のリーガエスパニョーラ第33節でアスレティックと対戦。先制ゴールを許す苦しい展開で、87分にFWクリスティアーノ・ロナウドが同点ゴールを決めて辛くも1-1で引き分けた。この試合で好守を連発したのが、1月の移籍市場でマドリーが狙っていたケパである。<br><br>ケパはシーズン前半戦のリーガ第14節マドリー戦(0-0)に続き、好セーブでチームを救った。今季マドリーを176分間無失点に抑え、その間48本のシュート、76本のクロスを浴び、ポスト直撃のシュートが3本あった。しかしながら傷を最小限に抑え、アスレティックの勝ち点獲得に貢献している。<br><br>マドリー移籍に失敗したケパだが、その後アスレティックと2025年まで契約延長を行った。ケパはマドリー戦後、「ただの1試合だった。(サンティアゴ)ベルナベウでプレーしたことがなかったから、そういう意味で楽しみにしていたよ。僕はアスレティックと契約を延長した。9歳の頃から、このクラブにいるんだ。幸せだよ」と語っている。<br><br>逃した魚は大きかったのか。ジネディーヌ・ジダン監督は熟考を迫られるかもしれない。<br><br><br>提供:goal.com 2018.04.19 23:09 Thu
twitterfacebook


ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース