ロイスが悲痛な思い語る 「ケガなくプレーするためなら、どれほどのお金を支払ったって構わない」2017.10.05 15:36 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ドルトムントに所属するドイツ代表MFマルコ・ロイスは、「ケガなくプレーするためなら、どれほどのお金を支払ったって構わない」と、フットボールへの熱き思いを語った。同選手がドイツ『GQ』のインタビューで語った。

▽これまでボルシアMGやドルトムント、ドイツ代表で数々の素晴らしいプレーを見せてきたロイス。だが、その一方でキャリアを通じて多くのケガに悩まされてきた。そして、現在は今年5月に行われたDFBポカール決勝のフランクフルト戦で負ったヒザ前十字じん帯断裂のケガからの復帰を目指して懸命にリハビリを続けている。

▽今回、『GQ』のインタビューに答えたロイスは、直近に負ったケガと現在の自身の状況について語った。

「(今年6月に負傷した際には)涙があふれ出てきた。とにかく、とにかく辛かったんだ。そして2、3日後にも、また泣いてしまったよ。これまでのことが、走馬灯のように駆け巡ってきてね」

「何が一番辛いって、リハビリの間は孤独な戦いを強いられるということだ。12~16週間はまともに走ることさえできないと聞いて、心の底から落胆してしまったよ。それは、気持ちの強さを試される1つの試練のようなものだよ。とにかく、ずっと1人で戦わなくてはならないのだからね」

「(現在は)フィジカルトレーニングをこなせてはいるけど、でも大腿にはあまり負荷をかけられないんだ。まずは前十字じん帯をしっかりと固定することが先決だからね」

「同じような日々を繰り返し過ごしているよ。時には何の代わり映えもないような感覚もあるよ。正直、ヒザはとてもいい感じだし、むしろ良過ぎるくらいなのかもしれない。それでも、そこまでハードには取り組めないよ。負荷をかけ過ぎることで、ヒザの状態が不安定になってしまう危険性があるんだ」

▽また、ロイスは健康にプレーするためならば、自身の財産を投げ打っても構わないと主張している。

「確かに僕たちトッププレーヤーというのは、大金を稼げる立場にある。だけど、僕はどれほどのお金を支払ったって構わないから、ケガなくフットボールができる日々を過ごしたい。とにかく、僕はフットボールをしたいんだ」

▽最後に、ロイスは2019年までとなっているドルトムントとの現行契約を含め、自身の今後の去就に関しても語っている。

「僕が刺激的に感じる海外のクラブは4か5つはあるよ。それは確かなことだ」

「2019年に30歳になる僕にとっては、最後の大きな契約を結ぶという意味になるし、別の場所でプレーする最後のチャンスともいえるかもしれないね」

「僕は正直に公正でいたいと思うから、どのクラブでキャリアを終えるかは明言できない。ただ、現時点で僕はドルトムントでとても居心地よく過ごしているし、2019年以降のことは考えていないよ」

「もちろん、そのときが来れば、交渉の席について落ち着いて自分の決断を下すつもりだ」

▽なお、愛するフットボールを再びプレーするため懸命なリハビリを続けているロイスだが、戦列復帰は来年3月付近となる見込みだ。

コメント

関連ニュース

thumb

好きな選手は「香川!」と即答…“兄貴分”がSNSで言及、リヴァプール移籍消滅の逸話も

ドイツ3部、KFCユルディンゲン05に所属する元ドイツ代表ケビン・グロスクロイツのSNSに注目が集まっている。<br><br>グロスクロイツは21日、ドルトムント在籍経験のあるレジェンドたちとの写真を『Instagram』に投稿し「ブラジル人たちと香川真司」というメッセージを添えている。そこにはグロスクロイツ本人のほか、かつてドルトムントで得点王のタイトルを獲得したマルシオ・アモローゾ、ボランチのチンガ、長年サイドバックとしてチームを支えたDFデデといったブラジル人メンバー数人に、香川真司が加わっている写真だった。<br><br>また、この投稿の前には、グロスクロイツはファンからの質問にSNSを通して返すという一幕も。<br><br>同選手は&ldquo;(恩師ユルゲン・クロップの率いる)リバプールからオファーがあったの?&rdquo;という質問に対して、『Instagram』のストーリー機能を使用し「オファーは確かにあった」と返信。プレミアリーグへの移籍が実現しなかったことを明かしている。<br><br>また、グロスクロイツはドルトムントファンからの送られた多数の質問にも答えており&ldquo;好きな選手は?&rdquo;というお題には「カガワだ! アイツのInstagramは謎めいているよね」と、香川であると答えている。<br><br>1988年生まれ、現在30歳のグロスクロイツは地元ドルトムントの下部組織育ちで、アーレン在籍期間を経てドルトムント復帰後はトップチームの主軸に定着。2010年からドルトムントに在籍している香川を弟のように可愛がり、現在に至るまで香川とは密に連絡を取り合っている&ldquo;兄貴分&rdquo;としても知られる。<br><br>グロスクロイツは2016年からガラタサライ、シュトゥットガルト、ダルムシュタットを渡り歩き、現在はドイツ3部のKFCユルディンゲン05に在籍している。同選手はドルトムントへの愛を公言しており、退団後も度々シグナル・イドゥナ・パルクへと足を運んでいた。<br><br><br>提供:goal.com 2018.09.21 20:40 Fri
twitterfacebook
thumb

ドルトムント監督、CL白星スタートに満足…注目のゲッツェや香川のプレーには触れず

ドルトムントは18日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)グループAのクラブ・ブルージュ戦で、苦しみながらも1-0と勝利した。ルシアン・ファブレ監督は敵地での勝利に満足を示すも、MFマリオ・ゲッツェや香川真司については言及しなかった。<br><br>この試合には4-2-3-1を採用したファブレ監督だが、これまでリーグ戦での起用を見送っていたゲッツェをトップ下に配置。前線にマルコ・ロイスを置き、負傷明けのユリアン・ヴァイグルをアクセル・ヴィツェルと組ませたが、上手く機能せず。特に前半は相手に複数のチャンスを許すなど苦戦を強いられた。<br><br>この展開に、62分には香川をゲッツェの代わりに投入。するとファイナルサードでのプレーがよりスムーズに。そして同じく途中出場のクリスチャン・プリシッチが85分に挙げたゴールが決勝点となり、ドルトムントはCLで白星スタートを切っている。<br><br>試合後、勝利を収めたことには「満足している」と切り出したスイス人指揮官は「オーケーだったが、素晴らしくはなかった」とコメント。ドイツ『シュポルト1』が伝えたコメントによれば、マハムド・ダフードを称賛したようだ。<br><br>「動きが少な過ぎた。なかなか解決策を見出せなかったため、チャンスをあまりつくり出せなかった。我々のゴールは少しばかりラッキーだったが、モー・ダフード(マハムド・ダフード)は正しい瞬間にパスを出している。こういうプレーでこのような結果を呼び込むこともあるんだ。勝利を収めたのは大きいが、過度な期待を寄せるのは避けたい。我々のチームは若いからね」<br><br>ファブレ監督はこの試合に関してドイツで特に騒がれているゲッツェについては言及せず。自身の下で公式戦初出場を迎えた香川のプレーに触れることもなかったが、ポジション上のライバルと見られる2人の今後の扱いに注目したいところだ。<br><br><br>提供:goal.com 2018.09.20 12:25 Thu
twitterfacebook
thumb

アトレティコがモナコに順当勝利で白星発進《CL》

▽チャンピオンズリーグ(CL)グループA第1節、モナコvsアトレティコ・マドリーが18日に行われ、1-2でアトレティコが逆転勝利した。 ▽ドルトムント、クラブ・ブルージュが同居するグループの本命と見られるアトレティコは、昨季は悔しいグループステージ敗退に終わったものの、ヨーロッパリーグ優勝を果たした。そのアトレティコは今夏、レマルやロドリゴ・エルナンデス、ジェウソン・マルティンスにカリニッチらを獲得したものの、リーガエスパニョーラでは1勝2分け1敗スタートとまさかの躓きを見せた。CLで流れを変えたい中、1-1で辛くも引き分けた直近のエイバル戦のスタメンから2選手を変更。古巣対戦となるレマルはベンチスタートとなった。 ▽一方、レマルの他、ファビーニョ、ケイタにモウティーニョを失ったモナコはリーグ・アンでは1勝2分け2敗と苦戦。そのモナコは古巣対戦となるファルカオが先発となった他、シャドリやヘンリクスといった新戦力がスタメンとなった。 ▽立ち上がりからボールを保持したアトレティコは6分、浮き球パスに抜け出したジエゴ・コスタがボックス右から決定的なシュートを浴びせるも、わずかに枠の左に外れてしまう。 ▽すると18分、クロスボールの処理にかかったサウールからファルカオがボールを奪ってボックス右からクロスを送ると、ルーズとなったボールをグランサーが押し込み、モナコが先制した。 ▽失点後、攻撃が停滞していたアトレティコだったが、31分に同点とする。グリーズマンのダイレクトパスに抜け出したジエゴ・コスタがボックス中央に侵入してGKとの一対一を制した。 ▽さらに追加タイム1分、コケの右CKからホセ・ヒメネスが強烈なヘディングシュートを叩き込んで前半のうちに逆転に成功した。 ▽2点をリードした後半もアトレティコがボールを保持して試合をコントロールする中、モナコは58分にシャドリを諦めてムブラを投入。 ▽それでも流れは変わらず、アトレティコが主導権を握ると、70分にコレアに代えてレマルを投入した。 ▽終盤にかけてもアトレティコが試合をコントロールしてモナコに何もさせず2-1で逃げ切り。順当な勝利で白星発進としている。<div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews_cl" terget="_blank">チャンピオンズリーグを観るならDAZN!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> 2018.09.19 06:03 Wed
twitterfacebook
thumb

香川途中出場のドルトムント、終盤の幸運弾でクラブ・ブルージュに辛勝《CL》

▽ドルトムントは18日、チャンピオンズリーグ(CL)グループA第1節でクラブ・ブルージュとのアウェイ戦に臨み、1-0で辛勝した。ドルトムントのMF香川真司は62分からプレーしている。 ▽アトレティコ・マドリー、モナコが同居するグループA。昨季はレアル・マドリー、トッテナムの前にグループステージ敗退に終わったドルトムントは、知将ファブレ監督を招へいした中、ヴィツェルやアルカセル、デラネイら堅実な補強を敢行し、リーグ戦では2勝1分けとまずまずの滑り出しを見せた。そのドルトムントは3-1で勝利した直近のフランクフルト戦のスタメンから4選手を変更。リーグ戦開幕以降ベンチ外が続いていた香川がついにベンチ入りした。 ▽グループ最弱と見られる必勝のベルギー王者クラブ・ブルージュに対し、[4-2-3-1]で臨んだドルトムントは最前線にロイス、2列目に右からヴォルフ、ゲッツェ、サンチョと並べた。 戦前の予想とは違い、引くことなく真っ向勝負を挑んできた相手に対し、ドルトムントは20分にピンチを迎え、ヴォッセンにオンターゲットのシュートを許すも、ロイスのゴールライン前での好クリアで凌いだ。続く23分にはダンジュマのミドルシュートがゴールを襲ったが、ここはGKビュルキが好守で凌ぐ。 ▽格下相手に全くチャンスを作れないドルトムントは38分にもピンチ。デンスウィルのミドルシュートでゴールを脅かされ、前半をゴールレスで終えた。 ▽選手交代なく迎えた後半も、チャンスを作れないドルトムントは62分にゲッツェに代えて香川を投入。その香川がバイタルエリア中央でボールを受けてアクセントを付けにかかる中、さらにサンチョに代えてプリシッチを投入して攻勢を強めていった。 ▽そのドルトムントは83分のピンチをGKビュルキが凌ぐと、85分に幸運なゴールで先制する。ダフードのスルーパスはロイスに渡らなったものの、ルーズボールをクリアにかかったDFのキックをプリシッチが足に当てると、ふわりと浮いたボールがゴールに吸い込まれた。 ▽これが決勝点となってドルトムントが辛勝。格下相手に薄氷の勝利を手にし、白星スタートとしている。<div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews_cl" terget="_blank">チャンピオンズリーグを観るならDAZN!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> 2018.09.19 05:59 Wed
twitterfacebook
thumb

「香川真司にとって簡単な状況ではない」CL開幕節を前にドルトムント監督が改めて言及

ドルトムントは現地時間18日に行われるチャンピオンズリーグ(CL)グループA開幕節でクラブ・ブリュージュと対戦。ドルトムント率いるルシアン・ファブレ監督は前日の記者会見で日本代表MF香川真司の出場する可能性を問われるも明言は避けた。<br><br>ファブレ監督はここまでの公式戦では主にMFモハムード・ダフードや新加入のアクセル・ヴィツェル、トーマス・ディレイニーらを4-3-3の中盤の3人に起用し、このシステムではポジションが存在しないと言われるマリオ・ゲッツェや香川らは苦しい状況が続いている。香川に関してはメンバーにすら含まれておらず、新体制の下では現時点、序列はライバルとされるゲッツェより低いと見られている。<br><br>しかしその一方で、軽傷を負ったディレイニーの帯同が見送られたこともあり、香川はブリュージュ戦でベンチに座る可能性が出てきた。前日会見では、遠征メンバーとして現地入りした23番について「プレーするチャンスは?」との質問が飛び、ファブレ監督は「いつもこのようなことを聞かれる。他の選手についてもね」と苦笑しつつ、次のように返答している。<br><br>「以前も話したが、我々にはMFにおいて非常に多くの選手がいる。彼のような選手にとって、簡単な状況でないことを理解している。明日の試合ではフィールドプレーヤー17人がメンバーに入るが、最終的な判断に関しては様子を見ていきたい。決定するのは今日(17日)ではなく明日となる」<br><br>「ここでこれ以上のことは言えない。ただ言えるのは、我々は多くの試合に控えており、それは我々のミッドフィールダーたちにとっても良いことであることだ」<br><br>続いてスイス人指揮官はゲッツェがプレーする可能性について問われると、このように述べた。<br><br>「ハッキリした答えを出すことはできない。ご存知の通り今は試合の1日前。今日も18時から、そしておそらく明日もまたトレーニングをする。とにかく様子を見たい。10月7日まで3日おきに試合があり、それをこなすためには11人以上の選手が必要だ」<br><br>ファブレ監督はやはり香川やゲッツェの起用について明かさず。だが、似たような理由から出場機会に恵まれないこの2人だが、出番が訪れた際、ほかのMFより大きなインパクトを残さなければ、この状況を覆すことができないとも言えるかもしれない。<br><br>提供:goal.com 2018.09.18 18:15 Tue
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース