引退の原因はヘディングによる「頭痛」…アイルランド代表FWケビン・ドイルが34歳で決断2017.09.29 11:40 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽アイルランド代表のストライカーであるFWケビン・ドイル(34)が現役引退を発表した。原因は「頭痛」だった。所属のコロラド・ラピッズが公式サイトで報じた。

▽ドイルは、レディングやウォルバーハンプトン、QPR、クリスタル・パレスなどでプレーし、現在はメジャーリーグ・サッカー(MLS)のコロラド・ラピッズに所属。今シーズンもMLSで25試合に出場し5ゴール3アシストを記録するなど、ストライカーとして活躍している。

▽2006年からはアイルランド代表としてプレーし、10月のロシア・ワールドカップ欧州予選に向けたメンバーにも選出されているが、「頭痛」を理由にスパイクを脱ぐことを決めたようだ。

「今年はヘディングをするたびに問題が起き、度重なる頭痛の原因になっていることは明らかだった」

「今シーズンも脳震とうが2度起こっているし、長年に渡って(ヘディングが)関与しているように思う」

「メディカルからのアドバイスを聞いた後、今シーズンはもうプレーすることがなくなり、引退に向かうことを発表するのは悲しいよ」

「この機会に僕のキャリアを支えてくれたみんな、特に家族やコーチ、チームメイト、そしてアイルランド、イギリス、アメリカに感謝する」

▽ドイルはアイルランド代表として63試合に出場し14ゴールを記録。ユーロに2度出場しているが、ワールドカップの出場はなかった。

コメント

関連ニュース

thumb

ジョビンコが試合中にビールをゴクり!? 試合でも華麗な同点FKを決める!

▽世界に誇るフリーキックの名手でもあるトロントFCの元イタリア代表FWセバスティアン・ジョビンコが、試合中にビールを口にした。 ▽23日に行われたメジャーリーグ・サッカー(MLS)のアトランタ・ユナイテッドvsトロントFCにて事件は起こった。1-0でアトランタ・ユナイテッドがリードした60分、ロングボールに抜け出したアメリカ代表FWジョジー・アルティドールが技ありのゴール。これでトロントFCは追いついた。 ▽アルティドールは、ゴールを喜ぶためにゴール裏のスタンドへ。すると、スタンドに居たアトランタ・ユナイテッドのファンと見られる人物から、プラスチックのカップが投げ込まれる事態に。アルティドールは懸命にヘディングしようとしたが、わずかに届かなかった。 ▽すると、後ろからゴールを喜びに追いかけてきたジョビンコがおもむろにカップを拾い上げ、そのままゴクり。ビールがどれほど入っていたかは定かではないが、怒りを露わにせずにユーモアで返していた。 ▽なお、試合はその後アトランタ・ユナイテッドが再びリードを奪うも、84分にそのジョビンコがボックス手前からのFKを直接叩き込み2-2のドロー。ビールの効果?があったのかもしれない。 2017.10.23 21:00 Mon
twitterfacebook
thumb

「望むのであれば…」サンパウロ会長、オーランド・シティ退団発表のカカ復帰を歓迎

▽サンパウロの会長を務めるカルロス・アウグスト・バロス氏は、メジャーリーグ・サッカー(MLS)のオーランド・シティに所属する元ブラジル代表FWカカ(35)の復帰を歓迎している。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じた。 ▽サンパウロでプロキャリアをスタートさせたカカは、ミランやレアル・マドリーでプレーした。その後、2013年9月にミランへの復帰を経て、2014年7月の時点で2015シーズンからオーランド・シティへ加入することが発表された。シーズンが開幕する2015年3月までの半年間は古巣であるサンパウロに復帰している。 ▽オーランド・シティ加入後、これまで公式戦78試合で28ゴール19アシストを記録していたカカ。そんな中、11日には契約満了となる今季限りでのクラブ退団が発表されていた。また同選手は、退団を発表する前に現役引退を示唆するコメントを残したものの、のちに「次に何が起きるかは僕にもわからない」と今後の去就に含みを持たせている。 ▽これに対して、サンパウロの会長を務めるバロス氏は、カカ本人が望むのであれば「なんでもする」とコメントしている。 「まだ何もないが、可能性はある。彼はサンパウロの歴史に関係の深い選手だ。復帰を望むのであれば、我々は実現に向けてなんでもするだろうね」 2017.10.17 11:23 Tue
twitterfacebook
thumb

主将カカ、泣く…現役引退か

▽MLS(メジャーリーグサッカー)のオーランド・シティに所属する元ブラジル代表MFカカ(35)が16日、同クラブでのリーグ戦ホーム最終節のコロンバス・クルー戦(0-1でオーランド・シティが敗戦)の試合前に涙を流すシーンがあった。 ▽2015年からMLSに新規参入したオーランド・シティに初年度から所属し、主将としてチームをけん引してきたフットボール界のレジェンド・カカ。今月11日には契約満了となる今季限りでのクラブ退団が発表されており、今回の一戦がホームでのラストマッチとなった。 ▽そのカカは、試合前に感極まり涙。オーランド・シティは、「#ThankYouKaka」のハッシュタグと共に、「我々のキャプテン、本物の愛」と、その状況を動画で伝えた。カカは試合後、自身のSNS上で「今日のことは永遠に心に残る。ありがとう、オーランド」とクラブへの感謝の意を示している。 ▽これまでミランやレアル・マドリーなどのビッグクラブで活躍し、2007年にはバロンドールも獲得したカカ。先日には、ブラジル『Globoesporte』で「フットボールをしていても楽しくない。毎試合、身体が痛むんだ。35歳の年齢だと回復は難しい」と現役引退を示唆したものの、のちに「次に何が起きるかは僕にもわからない」と付け加えており、現役引退か新たなチームでのプレーか、今後の去就が注目される。 2017.10.17 10:14 Tue
twitterfacebook
thumb

カカが今季限りでのオーランド・シティ退団を発表! 引退については明言せず

▽メジャーリーグ・サッカー(MLS)のオーランド・シティに所属する元ブラジル代表MFカカ(35)が11日、同クラブ主催の公式会見の場で今季限りでの退団を発表した。 ▽カカは、今回の会見にオーランドのオーナーを務めるファビオ・アウグスト・ダ・シウバ氏、アレックス・ライタオCEO(最高経営責任者)と共に出席し、今季限りでクラブを去ることを明かした。 「僕はこの場を借りて、オーランド・シティとの契約を更新しないことを発表したい」 「それは今日発表したいすべてのことだ。そして、今シーズン終了までこのユニフォームに敬意を払ってプレーし続けたいと思っているよ」 ▽また、カカは先日にブラジル『Globo esporte』で、「フットボールをしていても楽しくない。毎試合、身体が痛むんだ。35歳の年齢だと、回復は難しい」と、現役引退の可能性について言及したが、今回の会見ではその発言の一部を否定している。 「個人的に『Globo esporte』での発言に関して説明する機会を得たいと思っていたんだ。身体の痛みが今回の決断の背景にあるわけではないんだ。どんなプレーヤーに尋ねてみたとしても、痛みが全くないプレーヤーなんていないはずだからね」 「次に何が起きるかは僕にもわからない。ただ、現時点で僕自身が理解していることは次のシーズンはオーランド・シティのプレーヤーではないことだ。それだけが確かな事実だよ」 「僕には新たなチャレンジが必要だと感じているんだ」 ▽これまでサンパウロやミラン、レアル・マドリーで活躍するなど、数々の栄誉を手にしてきたカカは、2014年からオーランド・シティに在籍。これまで公式戦77試合に出場し、25ゴール19アシストを記録している。 ▽おそらく、MLSのシーズンが終了する12月頃に今後の去就に関して何らかの発表を行うと思われるが、母国や新たな国でキャリアを続けるのか、はたまた今季限りでスパイクを脱ぐことになるのか…。 2017.10.12 04:03 Thu
twitterfacebook
thumb

カカ、今季限りで現役引退か 「フットボールが楽しくない」

▽メジャーリーグ・サッカー(MLS)のオーランド・シティに所属する元ブラジル代表MFカカ(35)が現役引退をほのめかした。ブラジル『Globoesporte』が報じている。 ▽かつてサンパウロやACミラン、レアル・マドリーで活躍するなど、数々の栄誉を手にしてきたカカ。2014年からオーランド・シティで残りのキャリアを過ごしている。 ▽インタビューで今シーズン以降のプレー続行について問われた2007年のバロンドール受賞者は、「フットボールをしていても楽しくない。毎試合、身体が痛むんだ。35歳の年齢だと、回復は難しい」と苦悩を明かしたという。 ▽また、「ジズー(ジネディーヌ・ジダン)のようになりたいね。彼は引退後、少し時間をかけて、ユースチームの監督になった。僕も彼と同じような道を歩める」と、引退後の目標についても言及したとのことだ。 ▽先日、今シーズン限りでの現役引退を表明したニューヨーク・シティの元イタリア代表MFアンドレア・ピルロに続き、カカもフットボール選手としてのキャリアに終止符を打つことになるのだろうか。 2017.10.10 10:45 Tue
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース