エバートン、10人の相手に追いつかれドロー…今大会初勝利ならず《EL》2017.09.29 06:08 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ヨーロッパリーグ(EL)・グループE第2節、エバートンvsアポロン・リマソルが行われ、1-1の引き分けに終わった。

▽EL初戦のアタランタ戦を0-3で落としているエバートンは、直近のボーンマス戦から3選手を変更。マルティナ、クラーセン、カルバート=ルーウィンを代えて、ケニー、トム・デイビス、サンドロ・ラミレスが起用された。

▽一進一退の攻防の中、エバートンは自らのミスからアポロン・リマソルに先制点を許してしまう。12分、左サイドを攻め込まれるエバートンは、ウィリアムズのクリアミスがアントン・マグリカに渡ってしまう。そのままクロスを上げられると、サルディネロに押し込まれ失点。

▽前節に続き、失点からスタートしてしまったエバートンだが、相手のミスにより、早い段階で同点に追いつく。21分、アポロン・リマソルのゴールキックの場面。GKヴァレからのパスを受けたペドロは、トム・デイビスからのチェックを受け、たまらずGKに戻すが、パスの位置がずれ、ボールを奪ったルーニーが無人のゴールに流し込んだ。

▽同点のまま迎えた後半、エバートンはハーフタイムでグイエを下げてブラシッチを投入。するとこの交代が功を奏す。66分、敵陣でボールを回すエバートンは、シグルドソンが、ディフェンスラインの裏を取ったブラシッチにスルーパス。ブラシッチはそのままGKとの一対一を制して、逆転弾を決めた。

▽追いつきたいアポロン・リマソルだが、87分に倒れたカルバート=ルーウィンをロベージュが踏んでしまい一発退場。1人少ない状況となってしまった。

▽残り時間も少なく、数的有利となったエバートンがこのまま逃げ切るかに思われたが悪夢が待っていた。88分、自陣中央右から相手のFKの場面。キッカーのペドロがゴール前に大きく蹴り込むと、エクトール・ユステにヘディングで押し込まれ、土壇場で同点にされてしまった。

▽試合はそのまま終了。一度は逆転したエバートンだったが、詰めが甘く2-2の引き分け。今大会初勝利はお預けとなった。

コメント

関連ニュース

thumb

相手MFの脚が変形する重傷に涙のロンドン「得点なんていらないから…」

▽WBAに所属するベネズエラ代表FWサロモン・ロンドンが、重傷を負わせてしまうことになったエバートンMFジェームズ・マッカーシーについてコメントを出した。 ▽20日に行われたプレミアリーグ第24節のWBA vs エバートン(1-1で終了)の58分に悲劇が起こった。WBAの決定機でゴール正面のロンドンが思い切り左足を振りにいったところで、後方からブロックに入ったマッカーシーの右足にロンドンの足がヒット。マッカーシーの脛部分が完全に変形しており、明らかな重傷となった。 ▽ロンドンもすぐさま医療班を呼び、マッカーシーがストレッチャーで運ばれる中で明らかに狼狽しており、涙を流した。マッカーシーは初期診断で少なくとも腓骨と脛骨を骨折していることが明らかになっている。 ▽試合後、ロンドンはマッカーシーの順調な回復を願うコメントを発表している。イギリス『デイリー・ミラー』がコメントを伝えた。 「今回のような不運な事故が起きて、僕は打ちのめされている。ジェームズには本当に申し訳ないと思う」 「今回のような不運なケガが起きて敵味方なんか関係ない。あの場面がゴールになったとしても、今回のケガがなかったことになるなら、僕はそんなものはいらない」 「ジェームズの速やかな回復を祈りたい。彼がまた復帰してプレーすることを心から願っている」 2018.01.21 13:31 Sun
twitterfacebook
thumb

エバートンMFマッカーシーに悲劇…相手の蹴りを受けて腓骨と脛骨を骨折…1年以上の長期離脱か

▽20日に行われたプレミアリーグ第24節のWBA戦でエバートンのアイルランド代表MFジェームズ・マッカーシーに悲劇が起きた。イギリス『BBC』など複数メディアが伝えている。 ▽20日に行われたWBA戦(1-1のドロー)に先発出場したマッカーシーは、後半立ち上がりに自陣ボックス付近で相手FWサロモン・ロンドンのシュートブロックに入った際に、ロンドンの渾身の左足のキックを右足脛でもろに受けてしまい、ピッチに倒れ込んだ。 ▽すると、明らかな骨折で変形した脛を抑えながら悶絶するマッカーシーの様子を確認したチームメートや対戦相手が只ならぬ雰囲気を察し、主審にプレーを止めるように要求。すぐさまメディカルスタッフがピッチ上で応急処置を行い、ストレッチャーに乗せられた同選手はそのまま病院へ緊急搬送されることになった。 ▽そして、不可抗力ながらマッカーシーに大ケガを負わせてしまったロンドンは、ショックから涙を浮かべて呆然自失となり、アラン・パーデュー監督やチームメートからの呼びかけで何とかプレーに復帰する、事態となっていた。 ▽同試合後、エバートンを率いるサム・アラダイス監督はマッカーシーの負傷状況について説明。現時点で腓骨と脛骨を骨折していることを明かした。 「ジェームズは腓骨と脛骨を骨折した。彼の勇敢さとチームへの忠誠心が大き過ぎる代償を払うことになった。今回の出来事は彼と我々にとって大きな痛手だ」 ▽現時点でマッカーシーの詳しい負傷状況や離脱期間はわからないものの、復帰までに1年以上を要する重傷の可能性が高い。 ▽なお、エバートンでは昨年3月のロシア・ワールドカップ予選で右足首を骨折する重傷を負ったアイルランド代表DFシェイマス・コールマンがようやくトップチームのトレーニングに復帰したばかりだった。その中でのマッカーシーの負傷は、アイルランド代表、エバートン双方にとって悲劇的なニュースとなった。 2018.01.21 03:17 Sun
twitterfacebook
thumb

バーンリーがエバートンMFアーロン・レノンの獲得で合意!

▽バーンリーが元イングランド代表MFアーロン・レノン(30)の獲得でエバートンとの合意に至った。イギリス『BBC』が19日に報じている。 ▽メディカルチェックがなされていないものの、個人間での合意も既に得られている模様。移籍金は非公開と伝えられている。 ▽レノンは、2015年2月にトッテナムからエバートンにレンタルで加入。その半年後の9月に完全移籍となった。レノンは、昨年5月に精神疾患の疑いで警察に通報され、精神保健法第136条の下で拘束され、病院に緊急搬送された。そのため、現役続行や早期復帰が危ぶまれていたが、急速な回復を見せた同選手は今シーズンの早々からピッチに復帰し、プレミアリーグ第23節終了時点で公式戦19試合2アシストを記録している。 2018.01.20 03:07 Sat
twitterfacebook
thumb

エバートン、ウォルコット獲得を発表! クラブ在籍12年でアーセナルに別れ

▽エバートンは17日、アーセナルからイングランド代表FWセオ・ウォルコット(28)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2021年6月30日までの3年半となる。 ▽なお、移籍金は公表されていないが、イギリス『スカイ・スポーツ』は2000万ポンド(約30億5000万円)と推定。また、背番号はオリンピアコスにレンタル移籍したベルギー代表FWケビン・ミララスが着用していた11番を着用する見込みだ。 ▽アーセナルを離れてエバートン加入を決断したウォルコットは、クラブ公式サイトで以下のようなコメントを残している。 「僕はとても野心的で、このクラブを次のレベルに押し上げるためにここに来た」 「ここで新たな章を始められることに興奮しているし、ここが自分にとって正しい場所だと感じているよ」 「エバートンは素晴らしい歴史を持っており、サポーターはいつも情熱的で素晴らしいね。僕はこれまで対戦相手として、ここでプレーしたときはいつも厳しいプレーを強いられていたよ」 「これまでクラブはトロフィーを獲得してきたけど、僕はこれから新たなトロフィーを獲得したい。監督もトロフィーに飢えているし、僕たちにとって必要なものだ」 「個人的に自分の全てをチームに捧げるつもりだ。それはこれまでと同じことだよ」 「アーセナルから移籍するべきときが来たと感じていたんだ。もちろん、それは悲しいことだけど、それは同時にエキサイティングなことでもあるんだ。自分のキャリアを再点火させ、エバートンが再び過去に手にしてきた栄光を掴むためチームを押し上げていきたい」 ▽2006年1月に16歳でサウサンプトンからアーセナルに加入したウォルコットは、卓越したスピードとドリブルテクニックを武器に在籍12年で公式戦396試合に出場し108ゴールを記録するなど、長年ガナーズの両翼を支えてきた。また、在籍期間には3度のFAカップ制覇を成し遂げていた。 ▽クラブ生え抜きではないものの、元オランダ代表MFデニス・ベルカンプ氏、元フランス代表MFパトリック・ヴィエラ氏に次ぐアーセン・ヴェンゲル監督率いるスカッドで3番目のプレミアリーグ出場数を誇る最古参のウォルコットは常々クラブ愛を語ってきた。しかし、今季のプレミアリーグ出場が6試合のみという出場機会の少なさ、6月に行われるロシア・ワールドカップのメンバー入りを考慮し、愛するクラブを旅立つ決断をした。 2018.01.18 02:47 Thu
twitterfacebook
thumb

エムレ「トスンの不運はアラダイスがいること」トルコ代表後輩のエバートン移籍に同情

今冬の移籍市場でエバートンはベジクタシュからトルコ代表FWジェンク・トスンを獲得した。トルコ屈指のストライカーがプレミアリーグ初挑戦することとなったが、母国トルコのベテランMFエムレ・ベロゾールは、後輩の新天地がエバートンだったことに不安を隠せないようだ。<br><br>トルコメディア『Tivibu Spor』の取材に応じたエムレは「ジェンクがプレミアリーグで奮闘してくれることを願っている。トルコの選手が国外リーグにステップアップするところを見るのは嬉しいし、トルコ人選手にとって大きな挑戦に挑むことが昔よりも容易になったね」と述べている。<br><br>その一方で「イングランドのサッカーは確かにハイレベルだし、ジェンクのフィニッシュセンスはプレミアリーグでも十分に通用すると思う。だが、何よりも不運なのは、彼が移籍したエバートンは(サム・)アラダイスがいるということだね」と発言した。<br><br>「ロングボールの多いアラダイスのチームは、いつも前線のFWが孤立するんだ。彼のチームではFWが本来の仕事を全うすることさえも難しいのさ」<br><br>1980年生まれ、現在37歳のエムレは若くしてガラタサライで評価を高め、2001年にインテルへ移籍。その後、ニューカッスル、フェネルバフチェ、アトレティコ・マドリーを経て現在はバシャクシェヒルでプレーしている。<br><br>エバートンの現指揮官アラダイスは、エムレにとってニューカッスル時代の恩師でもあるが、ロングボールを駆使し、手数をかけず前線にボールを持ち込もうとするスタイルは以前からお馴染みとなっていた。<br><br>05-06シーズンには元日本代表MF中田英寿もボルトンでアラダイスから指導を受け、中盤を省略するスタイルの中、順応するのに苦労したことは有名だ。<br><br>アラダイスのサッカーを知るエムレにとって、後輩ジェンク・トスンのプレミアリーグ挑戦は茨の道になると見ている模様。トルコ代表FWトスンはプレミアリーグ第23節トッテナム戦で早速先発出場したものの、ノーゴールに終わりチームは0-4で敗れている。果たしてトスンはアラダイス指揮の下で結果を残せるのか、今後の躍進が期待されるところだ。<br><br>提供:goal.com 2018.01.14 10:15 Sun
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース