エバートン、10人の相手に追いつかれドロー…今大会初勝利ならず《EL》2017.09.29 06:08 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ヨーロッパリーグ(EL)・グループE第2節、エバートンvsアポロン・リマソルが行われ、1-1の引き分けに終わった。

▽EL初戦のアタランタ戦を0-3で落としているエバートンは、直近のボーンマス戦から3選手を変更。マルティナ、クラーセン、カルバート=ルーウィンを代えて、ケニー、トム・デイビス、サンドロ・ラミレスが起用された。

▽一進一退の攻防の中、エバートンは自らのミスからアポロン・リマソルに先制点を許してしまう。12分、左サイドを攻め込まれるエバートンは、ウィリアムズのクリアミスがアントン・マグリカに渡ってしまう。そのままクロスを上げられると、サルディネロに押し込まれ失点。

▽前節に続き、失点からスタートしてしまったエバートンだが、相手のミスにより、早い段階で同点に追いつく。21分、アポロン・リマソルのゴールキックの場面。GKヴァレからのパスを受けたペドロは、トム・デイビスからのチェックを受け、たまらずGKに戻すが、パスの位置がずれ、ボールを奪ったルーニーが無人のゴールに流し込んだ。

▽同点のまま迎えた後半、エバートンはハーフタイムでグイエを下げてブラシッチを投入。するとこの交代が功を奏す。66分、敵陣でボールを回すエバートンは、シグルドソンが、ディフェンスラインの裏を取ったブラシッチにスルーパス。ブラシッチはそのままGKとの一対一を制して、逆転弾を決めた。

▽追いつきたいアポロン・リマソルだが、87分に倒れたカルバート=ルーウィンをロベージュが踏んでしまい一発退場。1人少ない状況となってしまった。

▽残り時間も少なく、数的有利となったエバートンがこのまま逃げ切るかに思われたが悪夢が待っていた。88分、自陣中央右から相手のFKの場面。キッカーのペドロがゴール前に大きく蹴り込むと、エクトール・ユステにヘディングで押し込まれ、土壇場で同点にされてしまった。

▽試合はそのまま終了。一度は逆転したエバートンだったが、詰めが甘く2-2の引き分け。今大会初勝利はお預けとなった。

コメント

関連ニュース

thumb

エバートン次期監督人事、戦術家トゥヘルが最有力か

▽エバートン次期監督として、かつてドルトムントを率いたトーマス・トゥヘル氏(44)の名前が浮上した。イギリス『デイリー・ミラー』が報じている。 ▽プレミアリーグ降格圏の18位に沈むエバートンは23日、成績不振を理由にロナルド・クーマン監督を解任。その発表を受けて、各メディアでも次期監督候補の話題で持ちきりだ。 ▽報道によれば、マンチェスター・ユナイテッドOBのライアン・ギグス氏らが候補に挙がっているようだが、エバートンはトゥへル氏を最上位にリストアップしているようだ。 ▽『デイリー・ミラー』によると、エバートンは既にトゥヘル氏の代理人と接触。しかしながら、来シーズンからバイエルン監督の座に就くことを捨て切れないトゥヘル氏側は慎重姿勢だという。 ▽稀代の戦術家として知られるトゥヘル氏は、昨シーズン限りでドルトムント監督を退任。現在はフリーとなっている。 2017.10.24 11:40 Tue
twitterfacebook
thumb

監督解任のエバートンにギグス氏が興味? 岡崎のレスターにも興味か

▽低迷を極めたエバートンのロナルド・クーマン監督が23日に解任された。また、日本代表FW岡崎慎司が所属するレスター・シティもクレイグ・シェイクスピア監督を解任し、後任が決定していない状況だが、マンチェスター・ユナイテッドのレジェンドであるライアン・ギグス氏が興味を抱いているようだ。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じた。 ▽ギグス氏は、現役引退後にユナイテッドのコーチを務めていたが、デイビッド・モイーズ監督解任後に暫定監督として4試合を指揮。その後、ルイス・ファン・ハール監督の下でユナイテッドのアシスタントコーチを担当していたが、ジョゼ・モウリーニョ監督就任後にチームを離れていた。 ▽今シーズンのプレミアリーグで低迷を極めている2チームが監督を解任。そのポジションが現在空いている状況だが、ギグスが監督就任に興味を持っていることを明かした。 「私にとって、これらは私が興味を持っているクラブだ」 「私は2つのチームを見ている。レスターは2シーズン前にチャンピオンになった。エバートンは素晴らしい歴史を持つ素晴らしいクラブだよ」 「しかしながら、多くの監督が居て、そのポジションに興味を持っているだろう」 「私自身の野心を受け入れてくれるクラブを率いたいとずっと言ってきている」 「私はクラブを改善していきたい。そして、働くことを楽しむ選手を改善し、彼らのために働くことを楽しみ、選手にはチャレンジを楽しんでもらいたい」 「プレミアリーグのクラブには良い仕事がある。でも、チャンピオンシップやリーグ1にもクラブはある。私の哲学よりも、クラブの目標達成がある」 2017.10.24 10:55 Tue
twitterfacebook
thumb

低迷エバートンがクーマン監督を解任…ルーニー復帰もルカクの穴が埋まらず

▽エバートンは23日、ロナルド・クーマン監督(54)の解任を発表した。後任は発表されていない。 ▽2016-17シーズンからエバートンの指揮を執っていたクーマン監督は、1シーズン目のプレミアリーグで勝ち点61を稼ぎ7位でフィニッシュしていた。 ▽しかし、今シーズンは得点源だったFWロメル・ルカクがマンチェスター・ユナイテッドへと移籍。FWウェイン・ルーニーが復帰したものの、チームは結果を残せずここまで2勝2分け5敗の18位と低迷。ヨーロッパリーグでも3試合を戦い1分け2敗と敗退の危機にさらされている。 ▽22日に行われた第9節のアーセナル戦では、ルーニーのゴールで幸先良く先制するも、モンレアル、エジル、ラカゼットなどにゴールを許し、終わってみれば2-5と大敗。これにより、クラブ幹部が決断したようだ。 2017.10.23 22:00 Mon
twitterfacebook
thumb

不振のエバートン、チーム再建を再びモイーズ氏に託す?

▽不振にあえぐエバートンに、かつて同クラブを指揮していたデイビッド・モイーズ氏(54)を復帰させる考えがあるようだ。イギリス『デイリー・ミラー』が報じている。 ▽昨シーズン7位という成績を残したエバートンは、今夏の移籍市場で約1億4000万ポンド(約210億2000万円)の移籍金を費やして補強を敢行。しかし、今シーズンここまで第9節を終えて2勝2分け5敗で降格圏内である18位に沈んでいる。この状況を受けて、現在ロナルド・クーマン監督(54)の解任が囁かれている。 ▽そうした中、伝えられるところによるとエバートンは、約11シーズンに渡って同クラブを指揮していたモイーズ氏をリストアップしている模様。モイーズ氏は残留争いに巻き込まれていたエバートンの監督として、2001-02シーズン途中から就任すると、チームの立て直しに成功して15位でフィニッシュし残留を勝ち取った。 ▽その後も残留争いを余儀なくされるシーズンはありながら、徐々に安定した成績を残せるようになり、2004-05シーズンはリーグ戦4位。2006-07シーズン以降は、2009-10シーズンの8位が最低の成績となるなど、モイーズ氏はエバートンを常に上位を争う強豪クラブへと引き上げた。 ▽その手腕が評価されて、2013-14シーズンに、アレックス・ファーガソン監督退任後のマンチェスター・ユナイテッドの指揮官に就任するも2014年4月に成績不振から事実上の解任となる退任を発表。その後もレアル・ソシエダ、サンダーランドでは好成績を残すことができなかった。しかし、エバートン時代の功績を同クラブの首脳陣からは今でも高く評価されているようだ。 ▽なお、現在モイーズ氏には、ロシア・ワールドカップ出場を逃したスコットランド代表監督への就任が噂されている。しかし、イギリス『BBC』によれば、同氏はクラブチームでの指揮を執ることを希望しているようだ。 2017.10.23 10:45 Mon
twitterfacebook
thumb

去就注目のエジル&サンチェスが今季初ゴール! 10人エバートンに完勝のアーセナルがヴェンゲルの68歳誕生日に白星捧げる!《プレミアリーグ》

▽プレミアリーグ第9節、エバートンvsアーセナルが22日にグディソン・パークで開催され、アウェイのアーセナルが5-2で快勝した。 ▽直近の公式戦4試合未勝利と今夏の大型補強も実らず、苦しい序盤戦となったエバートンは、指揮官クーマンが解任の可能性に言及するなど、苦境を迎える。公式戦5戦ぶりの勝利を目指す今節は1-2で競り負けたヨーロッパリーグ(EL)のリヨン戦を欠場したルーニー、これがプレミアリーグデビューとなる若手DFケニーを起用するなど、数名のメンバー変更を行った。 ▽前節、ワトフォード相手に試合終了間際の痛恨失点で逆転負けを喫したアーセナルだが、直近のELでは多くの主力を温存した中、ジルーのゴールで接戦を制してグループステージ3連勝を飾った。今回の一戦ではGKチェフを除くフィールドプレーヤー全員を入れ替え、エジルとサンチェス、ラカゼットの3トップが初共演を果たした。 ▽試合開催日の10月22日に68歳の誕生日を迎えた指揮官ヴェンゲルに白星をプレゼントするため、立ち上がりからエンジン全開のアーセナルは、開始3分にラムジー、5分にコラシナツ、ラカゼットと続けてフィニッシュに持ち込むなど、敵地で積極的な入りを見せる。 ▽一方、難敵相手にホームで勝ち切りたいエバートンは、今月24日に32歳のバースデーを迎えるエースがいきなり魅せる。12分、高い位置で相手のビルドアップにプレッシャーをかけると、ジャカからグイエがボールを奪い、ボックス手前中央のルーニーにシュートチャンスが訪れると、右足の見事なミドルシュートをゴール左隅に突き刺し、プレバースデーゴールを決めた。 ▽敵地で厳しいスタートとなったアーセナルだが、その後はサンチェスの積極的な仕掛けや両ウイングバックの攻撃参加を活かし、サイドと中央をバランス良く使った厚みのある仕掛けを見せる。16分にはサンチェス、ラムジーの連続シュートに始まり、その後もボックス付近での細かい連携からサンチェスやラカゼットがGKとの一対一のチャンスを得るが、相手GKピックフォードの牙城をあと一歩で破れない。 ▽それでも、ホームチームを押し込み続けるアーセナルは40分、ボックス付近での波状攻撃からジャカが強烈なミドルシュートを放つと、これをGKピックフォードが前にこぼす。ルーズボールにいち早く反応したモンレアルのシュートはピックフォードに触られるも、そのままニアサイドに吸い込まれた。 ▽1-1のイーブンで折り返した中、エバートンは前半にカードをもらっていたうえ、際どい対応が目立っていたウィリアムズを下げてハーフタイム明けにトム・デイビスを投入。この交代でシステムを4バックに変更した。 ▽一方、前半終盤に追いついた勢いを後半も継続するアーセナルは、今後の去就が注目される2大エースが仕事を果たす。53分、左サイド深くに流れてパスを受けたサンチェスが絶妙なインスウィングのクロスをゴール前に供給すると、これをゴール前に走り込んだエジルが頭で流し込み、今季初ゴールを記録した。 ▽後半早い時間帯に試合を引っくり返したアーセナルは、その後も試合をきっちりコントロール。すると69分には前半にカードをもらっていたグイエがやや軽率なファウルで2枚目の警告をもらい退場に。アーセナルはリードに加えて、数的優位まで手にする。 ▽この退場をキッカケに完全に試合を掌握したアウェイチームは74分、ラムジーのワンタッチパスに抜け出した右サイドのエジルが丁寧に中央へ折り返すと、これをラカゼットが冷静に流し込み、3点目を奪取。その後、77分にそのラカゼットを下げて今季リーグ初出場のウィルシャーをピッチに送り出すと、90分にはウィルシャーのアシストからラムジーが決定的な4点目を奪う。 ▽その後、93分にはDFモンレアルとGKチェフの連係ミスから1人少ないエバートンのニアッセにゴールをプレゼントしてしまうが、95分にはボックス手前左でラムジーからパスを受けたサンチェスが右にドリブルで運びながら腰のキレを生かした右足のシュートを左隅に流し込み、エジルに続いて今季リーグ戦初ゴールを奪った。そして、10人のエバートンに完勝したアーセナルが、指揮官の68歳のバースデーに白星をプレゼントした。 2017.10.22 23:40 Sun
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース