OGでスポルティングを振り切ったバルセロナが2連勝スタート《CL》2017.09.28 05:58 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽バルセロナは27日、チャンピオンズリーグ(CL)・グループD第2節でスポルティング・リスボンとのアウェイ戦に臨み、1-0で辛勝した。

▽開幕節のユベントス戦をメッシの2発などで3-0と快勝したバルセロナが、オリンピアコスに3-2と勝利したスポルティングのホームに乗り込んだ一戦。

▽バルセロナは4日前に行われ、3-0と快勝したジローナ戦のスタメンから3選手を変更。マスチェラーノやパウリーニョがベンチスタートとなってブスケッツやピケが先発に戻った。

▽セルジ・ロベルトを右ウイングに配す[4-3-3]で臨んだバルセロナが、ボールを保持して敵陣でのプレーを展開する中、最初にゴールに迫ったのはスポルティング。17分、右サイドからカットインしたピッチーニがミドルシュートでバルセロナをけん制した。

▽19分にメッシが枠内シュートを浴びせたバルセロナは、28分に最初の決定機。セルジ・ロベルトのスルーパスを受けてボックス左に抜け出したスアレスが左足でシュート。しかし、GKルイ・パトリシオにセーブされる。直後にメッシのヘディングシュートが枠を捉えるも、GKの守備範囲だった。

▽その後、29分にブルーノ・フェルナンデスの枠内シュートを浴びたバルセロナはハーフタイムにかけても敵陣でのプレーを続けたが、決定的なシュートを浴びせることはできずに前半をゴールレスで終えた。

▽迎えた後半開始4分、バルセロナが先制する。右サイドからのメッシのFKがスアレスの頭に当たってコアテスに直撃し、ゴールに吸い込まれた。

▽オウンゴールで先制したバルセロナだったが、スポルティングの反撃に遭ってとどめをさしきれない。

▽すると71分に大ピンチ。ドストの落としをボックス右のブルーノ・フェルナンデスにシュートされるも、GKテア・シュテーゲンがファインセーブで阻止した。

▽終盤にかけても押し込まれる展開が続いたバルセロナは、86分に追加点のチャンス。ラキティッチのラストパスを受けたパウリーニョがGKと一対一となったが、シュートはセーブされてしまった。

▽結局、追加点を奪えなかったバルセロナだったが、スポルティングの反撃を凌いで1-0で逃げ切り。2連勝スタートとしている。

コメント

関連ニュース

thumb

乾加入のベティスがポルトガル代表MFウィリアム・カルバーリョ獲得!

▽ベティスは13日、スポルティング・リスボンからポルトガル代表MFウィリアム・カルバーリョ(26)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2023年6月30日までの5年となる。 ▽卓越したフィジカル能力に加え、優れた戦術眼とテクニックを持つカルバーリョは、ヨーロッパ屈指の守備的MFと評価されてきたが、ここまで数多のオファーを受け取った中、スポルティング一筋のキャリアを築いてきた。 ▽しかし、今年5月に起きた一部過激サポーターグループによる練習場襲撃事件をキッカケに移籍を決断した同選手は以前にスポルティングで指揮を執っていたマルコ・シウバ監督を新指揮官に招へいしたエバートンやウェストハム、ミランなどからのオファーを受け取ってきた中で、新天地にベティスを選んだ。 ▽なお、ポルトガル『A BOLA』の伝えるところによれば、ベティスはカルバーリョの移籍金として1600万ユーロ(約21億円)を支払うことになるという。加えて、パフォーマンスやクラブの戦績に応じて支払うボーナス次第では最大3000万ユーロ(約39億円)のオペレーションになるようだ。 ▽アンゴラにルーツを持つカルバーリョは2011年にスポルティングでトップチームデビュー。その後、ファティマ、サークル・ブルッヘへのレンタル移籍を経て2013–14シーズンからはスポルティングの絶対的レギュラーに君臨。これまで公式戦193試合に出場し11ゴールを記録。昨季は公式戦38試合に出場し1ゴール2アシストの数字を残していた。 ▽また、2013年にデビューを果たしたポルトガル代表では通算47試合に出場し2ゴールを記録。ユーロ2016ではポルトガルの初優勝に貢献し、ロシア・ワールドカップでも全4試合に出場していた。 2018.07.14 05:15 Sat
twitterfacebook
thumb

ポルトガル代表ウィリアム・カルバーリョのベティス移籍が合意!近く正式発表へ

▽ポルトガル『A BOLA』は、スポルティング・リスボンのポルトガル代表MFウィリアム・カルバーリョ(26)のベティス移籍が合意に達したことを報じた。 ▽『A BOLA』によれば、基本の1600万ユーロ(約21億円)に加え、特定の出場試合数や得点数を満たした場合、最大で3000万ユーロ(約39億円)ほどの移籍金になるとのこと。 ▽以前からW・カルバーリョへの関心が取り上げられてきたベティスは先日、ロレンソ・セラ・フェレール副会長が交渉中であることを認め、去就に注目が集まっていた。また、スポルティングでは最近、一部サポーターが傷害事件を起こしており、安全面を懸念する同選手はクラブと契約解除する動きを見せていたとされている。 2018.07.13 21:40 Fri
twitterfacebook
thumb

スポルティング退団のコスタリカ代表FWブライアン・ルイスがサントスにフリーで加入

▽ブラジルのサントスは11日、スポルティング・リスボンからコスタリカ代表MFブライアン・ルイス(32)をフリートランスファーで獲得したことを発表した。背番号は「10」となる。 ▽ルイスは、ヘントやトゥベンテ、フルアム、PSV、スポルティングと欧州のクラブを渡り歩き、各クラブでポジションを確保。2017-18シーズンは、ポルトガル・プリメイラリーがで20試合に出場し2ゴール、ヨーロッパリーグでは6試合に出場していた。 ▽また、コスタリカ代表としてロシア・ワールドカップにも出場。今大会は3試合に出場し1アシストを記録。通算では114試合に出場し24ゴールを記録している。 ▽スポルティングとは、2017-18シーズン限りで契約が満了を迎え、フリーでの移籍となった。 2018.07.12 10:00 Thu
twitterfacebook
thumb

ポルトガル代表FWナニ、古巣スポルティングへ2年契約で復帰!

▽スポルティング・リスボンは11日、バレンシアからポルトガル代表FWナニ(31)を完全移籍で獲得したことをクラブのツイッターで発表した。 ▽契約の詳細は発表されていないが、フランス『レキップ』によると契約期間は2年間で、移籍金は200万ユーロ(約2億6000万円)のようだ。 ▽2003年にスポルティングのアカデミーに加入したナニは、2005年に18歳でトップチームに昇格。その後、チャンピオンズリーグでの活躍をきっかけにライアン・ギグス(現ウェールズ代表監督)の後継者として2007年にマンチェスター・ユナイテッドへ移籍。 ▽マンチェスター・ユナイテッドで活躍した後、2016年の夏にフェネルバフチェからバレンシアに加入したナニは、リーガエスパニョーラで25試合に出場して5ゴール8アシストをマーク。主力として活躍していた。 ▽2017年の夏にセネガル代表FWケイタ・バルデの後釜としてラツィオへ買い取りオプション付きのレンタル移籍で加入したナニは、ラツィオではリーグ戦18試合(先発:2試合)に出場し3ゴール4アシストをマーク。 ▽しかし、ラツィオは買取オプションを行使せず、レンタル期間の終了とともにバレンシアへの復帰が濃厚なっていた。 2018.07.12 03:32 Thu
twitterfacebook
thumb

ポルトガル代表MFブルーノ・フェルナンデスがスポルティングと新たに5年契約を締結!「僕の夢はこのクラブでタイトルを獲得すること」

▽スポルティング・リスボンは10日、ポルトガル代表MFブルーノ・フェルナンデス(23)と新たに2023年6月30日までの5年契約を結んだことを発表した。 ▽母国のボアヴィスタ出身のブルーノ・フェルナンデスは、2012年に加入したイタリアのノヴァーラでプロキャリアをスタート。その翌年に加入したウディネーゼで頭角を現すと、2016年にサンプドリアに完全移籍。 ▽サンプドリアでは公式戦35試合に出場で5ゴール3アシストをマークすると、昨夏にスポルティングへ加入。高精度のテクニックに加え、モビリティにも優れる攻撃的MFは、昨季の公式戦65試合に出場し、16ゴール20アシストを記録した。 ▽また、各年代のポルトガル代表で活躍した同選手は、2017年11月にフル代表デビュー。現在開催中のロシア・ワールドカップ(W杯)にもポルトガル代表の一員として参戦すると、2試合に先発出場していた。 ▽スポルティングと新たな契約を結んだブルーノ・フェルナンデスは、公式サイトで以下のようにコメントしている。 「クラブのプロジェクトが僕の夢と同じだったから僕は戻ってきた。僕はお金やボーナスですべてを判断していない。僕の夢はこのクラブでタイトルを獲得することなんだ」 2018.07.11 00:05 Wed
twitterfacebook


ロシアW杯

超WS×MON

ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース