OGでスポルティングを振り切ったバルセロナが2連勝スタート《CL》2017.09.28 05:58 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽バルセロナは27日、チャンピオンズリーグ(CL)・グループD第2節でスポルティング・リスボンとのアウェイ戦に臨み、1-0で辛勝した。

▽開幕節のユベントス戦をメッシの2発などで3-0と快勝したバルセロナが、オリンピアコスに3-2と勝利したスポルティングのホームに乗り込んだ一戦。

▽バルセロナは4日前に行われ、3-0と快勝したジローナ戦のスタメンから3選手を変更。マスチェラーノやパウリーニョがベンチスタートとなってブスケッツやピケが先発に戻った。

▽セルジ・ロベルトを右ウイングに配す[4-3-3]で臨んだバルセロナが、ボールを保持して敵陣でのプレーを展開する中、最初にゴールに迫ったのはスポルティング。17分、右サイドからカットインしたピッチーニがミドルシュートでバルセロナをけん制した。

▽19分にメッシが枠内シュートを浴びせたバルセロナは、28分に最初の決定機。セルジ・ロベルトのスルーパスを受けてボックス左に抜け出したスアレスが左足でシュート。しかし、GKルイ・パトリシオにセーブされる。直後にメッシのヘディングシュートが枠を捉えるも、GKの守備範囲だった。

▽その後、29分にブルーノ・フェルナンデスの枠内シュートを浴びたバルセロナはハーフタイムにかけても敵陣でのプレーを続けたが、決定的なシュートを浴びせることはできずに前半をゴールレスで終えた。

▽迎えた後半開始4分、バルセロナが先制する。右サイドからのメッシのFKがスアレスの頭に当たってコアテスに直撃し、ゴールに吸い込まれた。

▽オウンゴールで先制したバルセロナだったが、スポルティングの反撃に遭ってとどめをさしきれない。

▽すると71分に大ピンチ。ドストの落としをボックス右のブルーノ・フェルナンデスにシュートされるも、GKテア・シュテーゲンがファインセーブで阻止した。

▽終盤にかけても押し込まれる展開が続いたバルセロナは、86分に追加点のチャンス。ラキティッチのラストパスを受けたパウリーニョがGKと一対一となったが、シュートはセーブされてしまった。

▽結局、追加点を奪えなかったバルセロナだったが、スポルティングの反撃を凌いで1-0で逃げ切り。2連勝スタートとしている。

コメント

関連ニュース

thumb

アトレティコが敵地で敗戦も1stレグのアドバンテージ生かしてベスト4進出《EL》

▽ヨーロッパリーグ(EL)準々決勝2ndレグ、スポルティング・リスボンvsアトレティコ・マドリーが12日に行われ、1-0でスポルティングが勝利した。しかし、2戦合計スコア2-1でアトレティコがベスト4に進出している。 ▽1週間前にホームで行われた1stレグをコケの電光石火弾などで2-0と先勝したアトレティコは、1-1と引き分けた直近のレアル・マドリーとのダービーマッチからスタメンを1人変更。トーマスに代えてガビを起用した。 ▽一方、逆転での突破のためには少なくとも2点が必要なスポルティングは、1stレグのスタメンから4選手変更。出場停止のコエントランとドストに加え、負傷のウィリアム・カルバリョが欠場となってモンテーロやアクーニャらがスタメンとなった。 ▽右サイドにコケ、左サイドにビトロを配すフラットな[4-4-2]で臨んだアトレティコは、4分に決定機。右サイドからのクロスにジエゴ・コスタがヘディング。しかし、シュートはわずかに枠の左に外れた。 ▽5分頃から激しく雨が降り出した中、自陣に引いて構えるアトレティコに対し、スポルティングは11分、右CKからコアテスがヘディングシュート。枠の左を捉えていたが、GKオブラクのファインセーブに阻まれた。 ▽その後、25分にマテューが負傷交代となったスポルティングだったが、28分に1点差に詰め寄る。右クロスをGKオブラクが弾いたルーズボールをファーサイドのモンテーロがヘディングで流し込んだ。ハーフタイムにかけてもスポルティングが押し込むと、45分にはルイスのミドルシュートが枠を捉えるも、ここもGKオブラクに阻止され、2戦合計1-2で後半へ折り返した。 ▽負傷の影響で後半からリュカに代わってヴルサリコを投入したアトレティコは、52分にも足を負傷したジエゴ・コスタに代えてトーレスを投入。 ▽引き続きスポルティングに押し込まれる中、58分にグリーズマンが枠内シュートを浴びせたアトレティコは、59分にビトロに代えてコレアを投入。3枚の交代カードを使い切った。 ▽トーレスのスプリントでスポルティングをけん制するアトレティコは、守勢を強いられていた中、終盤の81、83分に試合を決定付けるビッグチャンス。しかし、いずれもグリーズマンがGKとの一対一を決めきれない。 ▽それでも、1点のリードを保ったアトレティコが逃げ切り。2戦合計スコア2-1でベスト4進出を決めた。 2018.04.13 06:01 Fri
twitterfacebook
thumb

アトレティコ、ヒメネスが復帰! ELスポルティング・リスボン戦メンバー入り

▽アトレティコ・マドリーのウルグアイ代表DFホセ・ヒメネスがケガから回復したようだ。 ▽ヒメネスは先月26日に行われたチャイナカップ2018決勝のウェールズ代表戦(1-0でウルグアイが勝利)に先発出場。だが、4分にアンディ・キングとの接触で右足首を負傷していた。 ▽だがアトレティコは10日、ツイッターでヒメネスの復帰を発表。また、12日に行われるヨーロッパリーグ準々決勝2ndレグ、スポルティング・リスボン戦のメンバー入りしたことも併せて伝えられている。 2018.04.12 02:05 Thu
twitterfacebook
thumb

敗戦が逆鱗に触れたスポルティング会長が激怒! トップチーム選手を追放も…

▽ポルトガルの名門スポルティング・リスボンで異例の事態が起こった。クラブ会長がトップ選手を追放したようだ。ポルトガル『A bola』が報じた。 ▽今回の騒動の発端となったのは、5日に行われたヨーロッパリーグ準々決勝1stレグのアトレティコ・マドリー戦。試合はアトレティコのホームで行われ、2-0でスポルティングは敗れていた。 ▽この結果に腹を立てたのは、スポルティングのブルーノ・デ・カルバーリョ会長。試合後に自身のSNSを通じて選手たちを批判。しかし、この発言に選手たちが反論し、会長へ抗議を行なっていた。 ▽すると、会長は選手たちの抗議に対して反論。「今回ばかりは私の我慢も限界だ」とコメントし、トップチームから19名のメンバーを追放する宣言をした。 ▽トップチームから選手を追放する決断が下されていたものの、その後に監督を交えて会談。会長の逆鱗に触れたものの、選手たちはパソス・デ・フェレイラ戦に向けてトレーニング。ジョルジェ・ジェズス監督も会見でコメントし、これまで通りの選手を招集できることになったと明かした。 「会長と選手、監督の間で会談があった。全ての選手がチームに残ります」 「会長は私が望む選手を自由に招集することができるようにしてくれました」 ▽なお、レアル・マドリーからレンタル移籍で加入中のDFファビオ・コエントランのみが練習を欠席。チーム追放により早期の返却かと報じられたが、フィジカルコンディションの問題だったようだ。 2018.04.08 09:00 Sun
twitterfacebook
thumb

電光石火のコケ弾&グリーズンマン弾でアトレティコが先勝!《EL》

▽ヨーロッパリーグ(EL)準々決勝1stレグのアトレティコ・マドリーvsスポルティング・リスボンが5日にスタディオ・メトロポリターノで行われ、2-0でアトレティコ・マドリーが勝利した。 ▽ラウンド16でロコモティフ・モスクワを2戦合計8-1と圧勝したアトレティコは、直近に行われたリーグ戦でもデポルティボに1-0で勝利。そのアトレティコは、デポルティボ戦から先発を3人変更。ガメイロやトーマス、C・イサークに代えてリーグ戦を出場停止で欠場したグリーズマンやジエゴ・コスタ、フアンフランが先発で起用された。 ▽一方、ラウンド16でビクトリア・プルゼニを2戦合計3-2で下したスポルティングは、直近のブラガ戦から先発を1人変更。アクーニャをベンチに置き、ウィリアム・カルバーリョを先発で起用した。 ▽試合は開始早々の22秒に動く。相手ボックス手前でコアテスのパスミスをカットしたジエゴ・コスタがラストパスを供給すると、ゴール前に抜け出したコケがゴール右隅に流し込んだ。先制に成功したアトレティコは3分にも、コケの左CKからファーサイドのゴディンがドンピシャのヘッドで合わすが、これは相手GKの好セーブに阻まれた。 ▽先制を許したスポルティングの反撃は13分、右サイドをドリブルで持ち上がったピッチーニのクロスをゴール前のドストが頭で合わせたが、これは枠の左に外れた。その後も両サイドからドストをターゲットにしたクロスでチャンスを窺うスポルティングだが、ゴディンとサビッチのコンビにことごとく弾き返される。 ▽膠着状態が続く中、スポルティングは32分に決定機。コアテスの縦パスを中盤でドストが落とすと、これを受けたブルーノ・フェルナンデスがスルーパス。このパスでDFの裏に抜け出したジェウソン・マルティンスがボックス手前まで持ち上がり右足を振り抜いたが、シュートはGKオブラクの好セーブに防がれた。 ▽ピンチを凌いだアトレティコは40分、ガビのパスをサウールがワンタッチではたくと、カットに入ったマテューがトラップミスを犯す。このボールを素早く反応したグリーズマンがゴール前まで持ち上がり、シュートを右隅に流し込んだ。 ▽後半も先にチャンスを迎えたのはアトレティコ。48分、コケのロングパスをカットに入ったコアテスが、目測を誤りクリアミス。このパスをゴール前で受けたジエゴ・コスタが相手GKとの一対一を迎えるも、ボールコントロールを誤り決めきることはできなかった。 ▽攻勢を続けるアトレティコは81分、ジエゴ・コスタのスルーパスをボックス右深くまでオーバーラップしたフアンフランがダイレクトシュートで狙うも、これは相手GKがセーブ。その後、アトレティコは87分にジエゴ・コスタを下げてトーマスを投入。さらに90分にはグリーズンマンを下げてビトロを投入し、試合を完全に締めにかかる。 ▽結局、相手の反撃を無失点で凌ぎ切ったアトレティコが2-0で勝利。ホームで公式戦9試合連続クリーンシートを達成したアトレティコが、6シーズンぶりの準決勝進出へ大きく近づいた。一方、敵地で完敗のスポルティングは、ホームでの2ndレグでFWドストとDFコエントランが累積警告で出場停止となるなど、逆転突破へかなり厳しい状況となった。 2018.04.06 06:03 Fri
twitterfacebook
thumb

「DFにとって難しいのは、メッシよりグリーズマン」スポルティング監督がアトレティコのエースを称賛

スポルティング・リスボンのジョルジェ・ジェズス監督が、アトレティコ・マドリーに所属するフランス代表FWアントワーヌ・グリーズマンを称賛している。<br><br>スポルティングはヨーロッパリーグ準々決勝でアトレティコと対戦する。今季チャンピオンズリーグのグループステージでバルセロナと対戦しているスポルティングにとって、欧州の大会で2度目のスペインのチームとの対戦になる。<br><br>スポルティングはその2試合で、バルセロナFWリオネル・メッシを無得点に抑えた。だがジェズス監督は、グリーズマンこそメッシ以上に厄介な選手だと語る。<br><br>「メッシとグリーズマンは、かなり違う。メッシはグリーズマンほど試合中にポジションを変えない。彼に対してはゾーンで守ればいい。だから、彼をマークするのは&ldquo;簡単&rdquo;だったよ」<br><br>「メッシはあまり動かないから、ディフェンスをオーガナイズできた。だが、グリーズマンはそうではない。ピッチ上を動き回るんだ」<br><br>また、移籍の噂が絶えないグリーズマン。ジェズス監督はフランス代表FWがどのクラブでも通用すると認めている。<br><br>「グリーズマンは、ヨーロッパのどのチームでもプレーできるだろう。彼はクラック(名手)だ。違いをつくる選手だから、彼に常に注意を払うようにする」<br><br>提供:goal.com 2018.04.04 16:20 Wed
twitterfacebook


ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース