途中出場イグアインの活躍でユベントスがオリンピアコスを退け初勝利《CL》2017.09.28 05:56 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ユベントスは27日、チャンピオンズリーグ(CL)・グループD第2節でオリンピアコスをホームに迎え、2-0で勝利した。

▽開幕節のバルセロナ戦を0-3と完敗したユベントスが、スポルティング・リスボンに2-3と敗れたオリンピアコスをホームに迎えた一戦。

▽ユベントスは4日前に行われ、4-0と快勝したトリノとのダービーマッチからスタメンを3選手変更。ベナティアとリヒトシュタイナー、直前に負傷したピャニッチに代えてバルザーリとストゥラーロ、ベンタンクールを起用し、イグアインは引き続きベンチスタートとなった。

▽引き続き人材難の右サイドバックにストゥラーロを配す[4-2-3-1]で臨んだユベントスが、立ち上がりからボールを保持して押し込んでいく。しかし、シュートに持ち込めずにいると、14分にショートカウンターを受けてセバにボックス左から決定的なシュートを浴びせられた。

▽思うように攻撃を仕掛けられないユベントスは、34分にようやく決定機。クアドラードが右サイドゴールライン際から入れたクロスをファーサイドのマンジュキッチがヘディングシュート。しかし、GKにセーブされてしまう。さらに直後の左CKからストゥラーロの放ったヘディングシュートが枠の右を捉えるも、ここもGKプロトのファインセーブに阻まれた。

▽終盤にかけてもユベントスがゴールに近づく。まずは40分、左サイドからのドグラス・コスタのアーリークロスをマンジュキッチがヘディングシュート。だが、三度GKの好守に阻まれた。さらに45分、ドグラス・コスタが入れた左クロスのルーズボールをボックス内のディバラがダイレクトで狙うも、この決定機もGKのファインセーブに阻まれ、前半をゴールレスで終えた。

▽迎えた後半、55分にドグラス・コスタの直接FKでゴールに迫るも、スコアを動かせないユベントスは60分にクアドラードに代えてイグアインを投入する。

▽すると69分、スタメン落ちの鬱憤を晴らす格好でイグアインが均衡を破った。マンジュキッチのダイレクトパスに抜け出したアレックス・サンドロの左サイドゴールライン際からのクロスをイグアインが左足ボレー。シュートはDFに直撃するも、ルーズボールを自ら蹴り込んだ。

▽先制したユベントスはさらに80分、イグアインのスルーパスを受けたディバラのシュートはゴールライン前のDFに好カットされるも、ルーズボールをマンジュキッチが身体ごと押し込んで追加点を奪いきった。

▽その後、ストゥラーロに代えてベナティアを投入したユベントスが試合を締めて2-0のまま勝利。途中出場イグアインの活躍で今季のCL初勝利を飾っている。

コメント

関連ニュース

thumb

【CLグループD総括】バルサとユーベが順当に突破、スポルティングは一歩及ばず

▽本命と目されていたバルセロナとユベントスが順当にグループステージ突破を決めた。スポルティング・リスボンは最終節までユベントスと突破を争う粘りを見せたものの及ばず、オリンピアコスはバルセロナに引き分ける健闘を見せたが、勝ち点1獲得に終わった。 ■グループD順位表■ [勝ち点/得失点] 1:バルセロナ[14/8] 2:ユベントス[11/2] 3:スポルティング・リスボン[7/-1] 4:オリンピアコス[1/-9] ◆ユーベにリベンジし最終節を前に首位通過~バルセロナ~<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20171212_50_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽昨季準々決勝で敗れたユベントスに初戦で3-0と完勝して好スタートを切ったバルセロナは、その後スポルティング、オリンピコアスを確実に退けて3連勝と危なげない戦いを見せた。そしてオリンピアコスに引き分けた後、ユベントスとのアウェイ戦でゴールレスドローに持ち込んで、最終節を残して首位通過を決めた。ネイマール流出に始まり、新戦力のデンベレ負傷というアクシデントに見舞われたものの、メッシとスアレスの2トップ移行やフラットな[4-4-2]へのシステム変更など、バルベルデ監督の巧みな手腕で、終始隙のない戦いを見せた。 ◆バルサに及ばずもノルマの2位通過~ユベントス~<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20171212_51_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽バルセロナに初戦で完敗する厳しいスタートを切ったユベントスだったが、オリンピアコスとスポルティングに勝負強く競り勝ち、勝ち点を積み上げていった。決して楽な戦いではなかったものの、最終節で2位通過を決めた。ボヌッチ流出により堅守に乱れがあったが、ベナティアやルガーニの活躍でバルセロナとのリターンマッチではゴールレスドローに持ち込み、持ち前の堅守が復活。最終節のオリンピアコス戦もシャットアウトしてノルマのグループステージ突破を果たした。 ◆最終節まで突破の可能性を残すも及ばず~スポルティング・リスボン~<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20171212_52_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽2年ぶりのCL参戦となったジョルジェ・ジェズス体制3季目のスポルティングは、2強に割って入れるだけのポテンシャルを十分に示した。バルセロナやユベントスに善戦し、オリンピアコスに2勝するなど、ユベントスを脅かす存在となった。痛かったのはユベントスとの直接対決2連戦で互角以上に渡り合いながらも、結果は1分け1敗と下回った点だ。 ◆バルセロナとのドローが唯一の見せ場~オリンピアコス~<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20171212_53_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽スポルティングと共にグループをかき回す存在と目されたギリシャ王者だったが、見せ場は第4節でバルセロナに引き分けた試合のみだった。それ以外の試合は全敗に終わり、勝ち点1獲得で今大会を終えた。 2017.12.13 18:03 Wed
twitterfacebook
thumb

バレンシアのポルトガル代表FWにユーベやアーセナルらビッククラブが熱視線

▽バレンシアのポルトガル代表FWゴンサロ・ゲデス(21)に対して、多くのビッククラブが興味を示しているようだ。スペイン『アス』が報じた。 ▽今夏にパリ・サンジェルマンからレンタル移籍でバレンシアに加入したゴンサロ・ゲデスは、リーガエスパニョーラで11試合に出場し3ゴールをマーク。バルセロナに次いで2位と健闘するチームの主力として活躍している。 ▽報道によるとバレンシア側はこの活躍を受けて、ゴンサロ・ゲデスを今後もクラブに留めたいと考えている模様。しかし同選手の活躍はすでに欧州全土に知れ渡っているようで、ユベントス、アーセナル、バイエルン、アトレティコ・マドリーと言ったビッグクラブが熱視線を送っているという。 ▽なお、所属元のパリ・サンジェルマンは今夏にベンフィカから3000万ユーロ(現在のレートで約40億円)で獲得している。そのため、『アス』はパリ・サンジェルマンが獲得にかかった費用よりも高い移籍金に設定するだろうとしている。しかし同メディアはそれでもゴンサロ・ゲデスをめぐった争奪戦となるだろうと報じている。 2017.12.12 09:39 Tue
twitterfacebook
thumb

今日の誕生日は誰だ! 12月10日は、ビアンコネーロでゴールを量産するアルゼンチン代表ストライカー

◆ゴンサロ・イグアイン 【Profile】 国籍:アルゼンチン 誕生日:1987/12/10 クラブチーム:ユベントス ポジション:FW 身長:186㎝ 体重:89㎏ ▽『今日の誕生日は誰だ!』本日、12月10日はアルゼンチン代表FWゴンサロ・イグアインをご紹介。 ▽生まれはフランスというイグアインは産後まもなくアルゼンチンへ渡る。プロサッカー選手であった父・ホルヘの影響もあり、アルゼンチンの名門・リーベルプレートへ入団。2005年にプロデビューを果たした。 ▽イグアインの名が世に知れ渡ったのは2006-07シーズン途中レアル・マドリーに移籍してから。加入当初はウインガーとしてプレーしていたイグアインだが、ファン・ニステルローイの負傷離脱によってセンターFWにポジションを移すと、在籍6年半で264試合に出場し122ゴールを記録。3度のリーグ制覇などに大きく貢献した。 ▽13-14シーズンからはナポリに移籍しイタリアの地に活躍の場を移すと、15-16シーズンに36ゴールを記録。実に66年ぶりのセリエAの得点記録更新となった。そのシーズンの後、現在のユベントスに移籍。“禁断の移籍”とあって、ナポリサポーターからは試合はあるたびにブーイングが浴びせられている。 ▽アルゼンチン代表で活躍するイグアインだが、生まれがフランスということもあり、2006年に一度フランス代表から招集を受けた。だがそれを辞退し、2009年にペルーとのワールドカップ予選に出場しアルゼンチン代表デビューを飾った。さらにその試合で代表初ゴールとなる先制点をマーク。以降、これまで公式戦69試合に出場し31ゴールを記録しているが、今年の6月のブラジル戦以降、招集外が続いている。 ※誕生日が同じ主な著名人 ネヴェン・スボティッチ(サッカー選手/ドルトムント) 大前元紀(サッカー選手/大宮アルディージャ) 坂本九(歌手) 桂文珍(落語家) 藤原寛(テレビプロデューサー) クロちゃん(お笑い芸人/安田大サーカス) 2017.12.10 07:00 Sun
twitterfacebook
thumb

レーティング:ユベントス 0-0 インテル《セリエA》

▽セリエA第16節、ユベントスvsインテルの“イタリア・ダービー”が9日に行われ、0-0で引き分けた。インテルのDF長友佑都はベンチ入りも出場機会はなかった。超WSの選手採点結果と寸評は以下の通り。 ▽ユベントス採点<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20171210_13_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK 23 シュチェスニー 5.5 守備機会がなかった DF 2 デ・シリオ 6.0 対面のペリシッチを消した 4 ベナティア 6.5 前節のメルテンスに続き、イカルディを完璧に潰した 3 キエッリーニ 6.5 身体を張った守備でベナティアと共に鉄壁を築く 22 アサモア 6.5 ミラン戦やナポリ戦同様、ビッグマッチで冷静なプレーぶり。攻守に質が高かった MF 6 ケディラ 6.0 前線への飛び出しでアクセントに (→ディバラ 5.5) さほど良い形でボールを持てなかった 5 ピャニッチ 6.0 的確な捌きでリズムを与える (→ベンタンクール -) 14 マテュイディ 6.0 前線への飛び出しでケディラと共にアクセントに。守備にもよく戻った FW 7 クアドラード 6.5 マンジュキッチとのホットラインで好クロスを供給 9 イグアイン 5.0 ボールホルダーによくプレスをかけていたが、攻撃面では効果的な働きはできなかった 17 マンジュキッチ 5.5 クアドラードとのホットラインはあったが、シュートを決めきれず 監督 アッレグリ 6.0 ディバラのベンチスタート、インテルに合わせた[4-3-3]の採用など大胆な采配を施し優勢に試合を進めた ▽インテル採点<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20171210_13_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK 1 ハンダノビッチ 6.0 的確なゴールキーピングでクリーンシート DF 33 ダンブロージオ 5.5 マンジュキッチとのミスマッチも乗り切る 37 シュクリニアル 6.5 ソリッドな守備でイグアインを封じる 25 ミランダ 6.5 終始、安定した守備を続けた 21 サントン 5.0 対面のクアドラードに押し込まれた (→ダウベルト・エンリケ 5.5) 投入直後こそクアドラードに苦戦も徐々に慣れる MF 87 カンドレーバ 5.0 仕掛けのプレーはなかった (→ガリアルディーニ 5.5) 守備を安定させた 11 ヴェシーノ 6.0 バイタルエリアを締めた 77 ブロゾビッチ 5.0 イカルディをサポートできなかった 20 ボルハ・バレロ 6.0 一定のキープ力を見せて時間を作る 44 ペリシッチ 5.0 カンドレーバ同様、仕掛けのプレーは出せず FW 9 イカルディ 5.0 ボールが入らなかった (→エデル -) 監督 スパレッティ 6.0 劣勢ながらもしっかりと勝ち点1を持ち帰った ★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ! ミランダ(インテル) ▽両陣営のセンターバックが出色のパフォーマンスを発揮していたためMOMは選びにくいが、勝ち点1を得た価値がより大きなインテルからミランダを選出。相棒のシュクリニアルと共に鉄壁を築いた。 ユベントス 0-0 インテル 2017.12.10 06:48 Sun
twitterfacebook
thumb

緊迫のイタリア・ダービーはゴールレスドロー、暫定首位のインテルは無敗を維持《セリエA》

▽セリエA第16節、ユベントスvsインテルの“イタリア・ダービー”が9日に行われ、0-0で引き分けた。インテルのDF長友佑都はベンチ入りも出場機会はなかった。 ▽前節ナポリ戦をイグアインの古巣弾と鉄壁の守備で1-0と勝利した3位ユベントス(勝ち点37)は、4日前に行われたチャンピオンズリーグ(CL)のオリンピアコス戦を2-0と勝利してグループステージ突破を果たした。そのユベントスはオリンピアコス戦のスタメンから4選手を変更。ディバラ、ドグラス・コスタ、バルザーリ、アレックス・サンドロに代えてマンジュキッチ、キエッリーニ、ピャニッチ、アサモアを起用し、GKブッフォンは引き続き欠場となった。 ▽一方、前節キエーボ戦をペリシッチのトリプレッタと好調イカルディのゴールなどで5-0と大勝して首位に浮上したインテル(勝ち点39)は、1週間の調整期間があった中、キエーボ戦のスタメンから2選手を変更。ジョアン・マリオとラノッキアに代えてヴェシーノと出場停止明けのミランダが先発となり、長友は4試合連続ベンチスタートとなった。 ▽インテルに合わせる形で[4-3-3]を採用したユベントスは、立ち上がりの主導権争いを経て8分に決定機。クアドラードの右クロスがディフレクトし、ファーサイドのマンジュキッチが右足で合わせる。しかし、GKハンダノビッチの守備範囲に飛んでしまった。さらにルーズボールをマンジュキッチが頭で押し込みにかかるも、ゴールライン前のミランダにクリアされた。 ▽その後も互角の攻防が続き、互いに隙を見せなかったことで、両チームのストライカーにボールが入らずシュートに持ち込めない状況が続く。 ▽前半半ば以降も緊張感溢れる攻防が続く中、ユベントスは37分にマテュイディの落としに反応したケディラがボックス右からボレー。シュートは枠を捉えていたが、GKハンダノビッチにセーブされた。さらに45分、クアドラードの右クロスをファーサイドのマンジュキッチがダンブロージオに競り勝ってヘディングシュート。しかし、バーに直撃し、両陣営が水も漏らさない攻防を繰り広げた前半はゴールレスで終了した。 ▽迎えた後半も一進一退の攻防で立ち上がった中、右サイドのクアドラードを起点に攻め込むユベントスは、54分にマンジュキッチがミドルシュートでオンターゲットを記録。 ▽攻勢を強めるユベントスに対し、インテルは63分に負傷したサントンに代えてダウベルト・エンリケを投入した。 ▽引き続き押し込むユベントスが68分にケディラがボレーでゴールに迫った中、インテルはカンドレーバに代えてガルアルディーニを投入し、右サイドにブロゾビッチを回した。 ▽守備に比重を置いたインテルに対し、71分にアサモアのミドルシュートでゴールに迫ったユベントスは75分、勝負に出る。ケディラに代えてディバラを投入した。 ▽しかし、決定機を生み出すには至らない。終盤、イカルディを下げてエデルを投入したインテルが引き分けに持ち込み、緊迫のダービーはゴールレスドローで終了した。 2017.12.10 06:47 Sun
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース