精巣ガンを患っていたビルバオDFジェライの治療が完了…復帰に向けたプログラムへ2017.09.21 20:00 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽アスレティック・ビルバオは21日、精巣ガンを患っていたU-21スペイン代表DFジェライ・アルバレスに関して、化学療法での治療が完了したと発表した。クラブ公式サイトが伝えた。▽昨年12月に精巣ガンの摘出手術を受けて、一度は戦列に復帰したジェライだったが、再発の疑いがあり6月から化学療法での治療をスタートしていた。

▽チームメイトや他クラブからも支援のメッセージなどが送られていたジェライだが、無事に治療が完了。数日中に退院し、経過を見守ることとなるようだ。また、チームへ復帰するためのリハビリも開始されるという。

▽ジェライは、ビルバオの下部組織出身で2016年7月にトップチームへ昇格。2016-17シーズンはリーガエスパニョーラで26試合に出場、ヨーロッパリーグでも8試合に出場していた。また、U-21スペイン代表としてもプレーしている。
コメント
関連ニュース
thumb

38歳となったビルバオFWアドゥリス、今季限りでクラブ退団の可能性も

11日に38歳となったアスレティック・ビルバオFWアリツ・アドゥリスだが、今季限りでクラブを離れるかどうかが注目されている。スペイン『マルカ』が報じている。<br><br>30歳を超えてから下部組織にもいたアスレティックに復帰し、毎シーズン18点以上を記録してきたアドゥリス。11日に38歳となったこの老練なストライカーとアスレティックとの契約は今季限りとなっているが、クラブ側は去就を本人の意思に任せる考えだ。<br><br>アスレティックのスポーツディレクターを務めるラファ・アルコルタ氏は、『マルカ』に対して次のように語っている。<br><br>「アドゥリスについては、一度同じテーブルについて、来季にどうしたいかを彼から聞くことになる。彼に服従しているわけではないが、その輝かしい軌跡と、このクラブで成し遂げてくれたことによって、彼には去就を決定する権利が与えられている」<br><br>なおアドゥリスは今季、怪我に悩まされていることもあって、リーガにおける成績は18試合2得点にとどまっている。しかしその内の1得点では、助走もステップもせず、ただ右足を振り抜くだけでPKを決め切り、PKにおける新たな発明をしたと話題になった。<br><br><br>提供:goal.com 2019.02.12 01:30 Tue
twitterfacebook
thumb

メッシのリーガ連続得点が「8」でストップ…バルサがビルバオの堅守こじ開けられず約1年ぶりのリーガ無得点で公式戦3戦連続ドロー《リーガエスパニョーラ》

リーガエスパニョーラ第23節、アスレティック・ビルバオvsバルセロナが10日にサン・マメス・バリアで行われ、0-0のドローに終わった。 首位のバルセロナ(勝ち点50)が12位のビルバオ(勝ち点26)のホームに乗り込んだ一戦。前節、バレンシア相手に2点差を追いつくも、リーガの連勝が「8」でストップしたバルセロナ。さらに、直近のコパ・クラシコも1-1のドローに終わり、ホームで2試合連続ドローとなった。 公式戦3試合ぶりの勝利を目指すこの一戦に向けては先発3人を変更。出場停止のジョルディ・アルバに代わってセルジ・ロベルトを起用したほか、負傷のアルトゥールに代わってビダル、マウコムに代わってリーガ8戦連発中のメッシが復帰した。 立ち上がりからボールを保持するバルセロナだが、球際の戦いと攻守の切り替えを全面に押し出すホームチームを相手に苦戦を強いられる。17分にはボックス手前右からカットインしたスサエタに見事な左足のミドルシュートを枠に飛ばされるが、ここはGKテア・シュテーゲンの圧巻のワンハンドセーブで凌ぐ。続く24分にはセットプレーの流れからラウール・ガルシアにアクロバティックなボレーを許すが、これもテア・シュテーゲンが対応した。 何とか前半のうちにゴールをこじ開けたいバルセロナはメッシとスアレスを起点にアタッキングサードの攻略を図るが、周囲との呼吸がなかなか合わず、効果的にフィニッシュまで持ち込むことができず。結局、前半を無失点で終えたものの、決定的な場面を作り出せぬまま45分の戦いを終えた。 迎えた後半、前半以上に相手を自陣に押し込んで優位に試合を運んでいくバルセロナ。しかし、前半同様にクロスやラストパスがなかなか合わず、攻めあぐねる状況が続く。 何とか流れを変えたいバルベルデ監督は63分にビダルを下げてアレーニャを投入。プレー精度に長けたカンテラーノをピッチに送り込み、攻撃に変化を加える。さらに75分には精彩を欠いたコウチーニョを下げて負傷明けの切り札デンベレを2枚目のカードとして切る。 この選手交代で一気に押し切りたいバルセロナだったが、その後も試合展開に大きな変化はなし。逆に、86分にはボックス中央でサン・ホセのパスを受けたイニャキ・ウィリアムズに決定機を許すが、ここはGKテア・シュテーゲンが再び見事なワンハンドセーブで阻んだ。 5分が与えられたアディショナルタイムにはバルセロナのカウンターをハンドで防いだデ・マルコスに2枚目のカードが出されて退場に。わずかな時間ながら数的優位を生かして勝ち切りたいバルセロナだったが、93分にボックス内でデンベレが放ったシュートはGK正面。さらにラストプレーの場面ではボックス内でセメドが相手DFと交錯するもノーファウルの判定でPKは与えられず。 結局、試合はこのままゴールレスでタイムアップ。メッシのリーガでの連続得点が「8」でストップしたバルセロナは、昨年2月のヘタフェ戦以来、リーガエスパニョーラで37試合ぶりの無得点に終わり、公式戦3試合連続ドローとなった。 2019.02.11 06:44 Mon
twitterfacebook
thumb

ソシエダがビルバオにシーズンダブル! 禁断移籍固辞のオヤルサバルが前回対戦に続くゴール!《リーガエスパニョーラ》

リーガエスパニョーラ第22節、レアル・ソシエダvsアスレティック・ビルバオによるバスク・ダービーが2日に行われ、ホームのソシエダが2-1で勝利した。 2019年に入って2勝2分けで9位のレアル・ソシエダ(勝ち点27)と、3勝1分けで11位のアスレティック・ビルバオ(勝ち点27)による、今季2度目のバスク・ダービー。 新年に入って復調を見せるバスクの両雄による注目の一戦は立ち上がりから拮抗した展開となる。その流れの中で押し気味に試合を運んでいたホームチームが相手のミスを突いて先制に成功する。 16分、相手セットプレーのクリアボールに反応したオヤルサバルがダニ・ガルシアとの競り合いを制して相手陣内を独走すると、エリア外に飛び出したGKも冷静にかわして無人のゴールへ流し込んだ。 昨夏、禁断の移籍も噂されたラ・レアルの10番のゴールでリードを手にしたホームチームはその後もリズムよく試合を進め、ウィリアン・ジョゼらに2点目のチャンスも訪れる。 一方、前半半ばを過ぎて徐々に盛り返したビルバオは30分に同点機。サン・ホセの左からのクロスをゴール右のコルドバが頭で合わすが、これは相手GKルジのワンハンドセーブに阻まれた。 その後も白熱の攻防が繰り広げられたが、前半終了間際にソシエダが突き放す。45分、右サイドからのクロスのこぼれ球に反応したウィリアン・ジョゼがペナルティアーク付近から強烈な右足の反転シュートをゴール右上隅に突き刺した。 迎えた後半、2点を追うビルバオはサン・ホセ、コルドバを下げてベニャト、ラウール・ガルシアをハーフタイム明けに同時投入。立ち上がりからリスクを冒して攻勢を仕掛けていくが、イニャキ・ウィリアムズやムニアインが抑え込まれてなかなかチャンスを作れず。 その後、73分にはベニャトのミドルシュートでようやく惜しい場面を作り出したビルバオは81分にセットプレーの競り合いでイニゴ・マルティネスがラウール・ナバスのエルボーを受けてPKを獲得。ここでキッカーのラウール・ガルシアのシュートはGKルジに一度止められたが、跳ね返りを冷静に蹴り込んで1点を返す。 このゴールで追い上げムード漂うアウェイチームに対してソシエダは守備的な選手交代できっちり対応。GKまで攻撃参加した終盤のパワープレーもしのぎ切って2-1の勝利。3-1で勝利した前回対戦に続く白星を収めてシーズンダブルを決めた。 2019.02.03 02:14 Sun
twitterfacebook
thumb

ウィリアムズの驚愕50m独走弾含む2発でビルバオが連勝! セビージャは10戦ぶりの黒星…《リーガエスパニョーラ》

リーガエスパニョーラ第19節、アスレティック・ビルバオvsセビージャが13日にサン・マメス・バリアで行われ、ホームのビルバオが2-0で快勝した。 奇しくもコパ・デル・レイ5回戦の2試合を挟んでの3連戦となった3位のセビージャ(勝ち点33)と、17位のビルバオ(勝ち点19)によるリーガ前半戦最終戦。前節、アトレティコ・マドリーと引き分けて無敗継続も2位浮上のチャンスを逸したセビージャだが、ビルバオとの3連戦初戦となった10日のコパでは3-1で先勝。そして、今節ではそのままビルバオに滞在して敵地での連戦に臨んだ。 共に直近のコパから大幅なターンオーバーで臨んだ一戦。試合はコパでのリベンジを狙うホームのビルバオが立ち上がりからセビージャを押し込んでいく。17分にはコルドバが最初の決定機に絡むと、23分には若きエースが魅せる。コルドバのスルーパスに抜け出したイニャキ・ウィリアムズが快足を飛ばしてボックス内まで運んでボックス左45度から絶妙な右足のコントロールシュートをファーポストに突き刺した。 敵地で先制を許す苦しい入りとなったセビージャはすぐさま反撃を開始。左サイドのエスクデロとサラビアのコンビを起点に幾度となく相手ゴール付近に侵入すると、32分にはベン・イェデルのパスに抜け出したサラビアに決定機もここはシュートコースが甘く相手GKのセーブに遭う。その後、前半終盤にかけて拮抗した状況が続く中、43分にはビルバオに追加点のチャンス。ボックス手前中央の好位置で得たFKを名手ベニャトが直接右足で狙うが、このシュートは枠の左に外れた。 ビルバオの1点リードで折り返した試合は前半半ばからの流れを引き継ぎ球際でバチバチとやり合う激しい展開が続く。互いに中盤で潰し合う場面が目立ちなかなか決定機を作れない中、アンドレ・シウバやウィリアムズが個人技でフィニッシュまで持ち込む。 こう着状態を脱したい両チームのベンチは後半半ばに動きを見せる。1点リードのビルバオはデ・マルコスを下げてアラベスから今冬2年半ぶり復帰のイバイ・ゴメスを投入。対するセビージャはロケ・メサを下げてバルセロナから加入したばかりのムニルをデビューさせる。 この選手交代で徐々に試合に動きが出てきた中、84分にビルバオのスピードスターが再び魅せる。ハーフウェイライン手前で縦パスを受けたウィリアムズはワンタッチでスペースにボールを流してDFとスプリント競争に持ち込むと、驚異的な加速力でDFを抜き去り飛び出したGKまでかわして無人のゴールへ流し込む、50メートル独走の圧巻のソロゴールを決め切った。 この2点目で試合を決めたビルバオはセビージャの反撃をきっちりクリーンシートで凌ぎ切って2-0の完勝。コパでのリベンジを果たすと共に残留争い脱出に向けて貴重なリーガ連勝を飾った。一方、ウィリアムズの個人技にしてやられたセビージャは第9節バルセロナ戦以来となる10戦ぶりの黒星を喫した。 2019.01.14 02:22 Mon
twitterfacebook
thumb

アラベスFWイバイ・ゴメスが2年半ぶりにビルバオに復帰

ビルバオは10日、アラベスのスペイン人FWイバイ・ゴメス(29)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2022年6月30日までの3年半となっている。 2011年にビルバオの下部組織からトップチームに昇格したウインガーのイバイ・ゴメスは、2016年夏にビルバオからアラベスに完全移籍。アラベスでは公式戦92試合に出場して17ゴール11アシストを記録し、同クラブの2シーズン連続での残留に貢献していた。今季もここまでリーガエスパニョーラで18試合に出場して3ゴール2アシストと、4位と躍進しているアラベスの主力としてプレーしていた。 ビルバオでは公式戦通算145試合に出場し17得点を記録していたイバイ・ゴメス。17位と残留争いに巻き込まれている古巣を救う働きが期待される。 2019.01.10 22:30 Thu
twitterfacebook


アジアカップ

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース