浦和が大逆転で9年ぶり4強! 数的不利の川崎Fを大量4発撃破《ACL2017》2017.09.13 21:30 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽13日にAFCチャンピオンズリーグ(ACL)準々決勝第2戦の浦和レッズvs川崎フロンターレが埼玉スタジアム2002で行われ、4-1で浦和が勝利。この結果、2戦合計5-4で浦和が9年ぶりのベスト4進出を決めた。

▽第1戦で1-3の先勝を許した浦和は、9日に行われた明治安田生命J1リーグ第25節の柏レイソル戦から先発メンバーを2人変更。遠藤と出場停止の武藤に代えてマウリシオと負傷から復帰した柏木を起用した。

▽一方、クラブ史上初のベスト4進出に王手をかけている川崎Fは、9日に行われたJ1第25節の横浜F・マリノス戦と同様のベストメンバーをピッチに送り出した。

▽試合は、立ち上がりから2点差を追う浦和が積極的な入りを見せる。6分、右サイドでのパス回しからボックス右外のラファエル・シルバがボックス右に浮き球パスを供給。これに柏木が走り込むが、相手DFに対応された。

▽さらに、10分には高木が左サイドを抜け出すと、ボックス左手前からクロス。興梠がニアサイドに走り込んで頭で合わせるが、ゴール右へと外れてしまう。

▽ここまでホームの後押しを受ける浦和にやや押し込まれていた川崎Fだったが、一瞬の隙から先制点を奪う。19分、敵陣中央でボールを受けた中村がボックス右に浮き球のスルーパス。これに走り込んだエウシーニョが飛び出したGK西川よりも先に触れてかわし、そのままゴールに押し込んだ。

▽欲しかった先制点を逆に奪われてしまった浦和はその後、押し込まれる時間帯が続く。それでも35分、矢島が敵陣中央やや左まで持ち上がると、ディフェンスラインの裏にスルーパス。ボックス内に走り込んだ興梠がGKチョン・ソンリョンとの一対一を制した。

▽前半のうちに1点を返した浦和は、逆転突破へ機運高まる展開に。37分、川崎Fの車屋が興梠への浮き球のパスに対して足裏を見せたまま高く上げてしまい、一発退場となる。1人少なくなった川崎Fは中村に代えて田坂を投入し、車屋の抜けた左サイドバックを埋める。

▽数的有利になった浦和は前半終盤、ボックス内へ積極的に侵攻するも脅威を与えることができない。前半アディショナルタイムにはボックス右外からの高木のクロスをファーサイドで興梠が合わせたが、枠を捉えることができず、1-1で試合を折り返す。

▽後半に入ると、あと3点が必要な浦和が両サイドを駆使した揺さぶりで攻勢を強める。対する川崎Fも狙いどころを絞ったディフェンスで一歩も引かない。

▽後半の半ばに差し掛かると、浦和が波状攻撃を見せる。60分、ボックス手前のラファエル・シルバが右足でシュート。さらに61分、森脇の落としを柏木がボックス手前やや右から左足を振り抜くが、どちらもGKチョン・ソンリョンに対応される。さらに62分、高木からの左CKをボックス中央のマウリシオが頭で合わせたが、決め切ることができない。

▽攻勢を続ける浦和は63分、マウリシオに代えてズラタンを投入。すると68分、ボックス左外から中央へ切れ込んだ高木のピンポイントクロスを興梠がヘディングシュートを放つ。だが、これはGKチョン・ソンリョンの正面。それでも、70分には柏木の左CKを途中出場のズラタンが頭で押し込んだ。

▽1点奪えば延長戦に持ち込める浦和が守備を固める川崎Fを畳みかける。76分、ボックス左外でのパス回しから柏木がボックス内から落とすと、走り込んだ槙野が右足を振り抜く。低弾道なシュートがゴール左隅を捉えるが、これはGKチョン・ソンリョンにパンチングで逃げられる。

▽それでも、しぶとく攻撃を積み重ねる浦和は83分、駒井のパスを受けた柏木がボックス右にパス。これを受けたラファエル・シルバが右足を振り抜いてゴール左隅へと突き刺した。

▽2戦合計スコアをイーブンに持ち込んだ浦和。すると直後、ボックス手前でパスを受けた森脇がボックス中央やや左に浮き球のパスを送る。これに走り込んだ高木が左足で合わせると、GKチョン・ソンリョンの頭上を越えてゴールに吸い込まれた。

▽ついに逆転を許してしまった川崎Fは直後、小林に代えて森本を投入して攻勢を強める。対する浦和は興梠に代えて遠藤を投入し、守備固めに入った。

▽流れを変えたい川崎Fだったが、数的不利も響き、攻勢に転じることが出来ず。最後は浦和がボールを保持して試合終了。1stレグを1-3で敗れるも、4-1で逆転劇を見せた浦和が9年ぶりのベスト4進出を決めた。

コメント

関連ニュース

thumb

2月13日開幕のACL2018マッチスケジュールが確定! 川崎F、鹿島が初戦をホームで開催《ACL2018》

▽アジアサッカー連盟(AFC)は19日、AFCチャンピオンズリーグ2018のキックオフ時間、試合会場を発表した。 ▽プレーオフが1月31日に行われるため、出場チームが決定していないものの、各グループの日本クラブの詳細が発表された。 ▽グループEには、柏レイソルが入る可能性が残されており、プレーオフを勝ち上がれば初戦はアウェイで全北現代モータース(韓国)と対戦。試合は、2月13日(火)の19時30分から全州ワールドカップスタジアムで行われる。 ▽グループFには、2017明治安田生命J1リーグ王者の川崎フロンターレが入っており、初戦は東地区プレーオフ3の勝者と対戦。東地区プレーオフ3には上海上港(中国)、チェンライ・ユナイテド(タイ)、バリ・ユナイテッド(インドネシア)が入る可能性がある。試合は、2月13日(火)の19時から等々力陸上競技場で行われる。 ▽グループGには2017シーズンの天皇杯王者であるセレッソ大阪が入り、初戦は済州ユナイテッドFC(韓国)と対戦。試合は、2月14日(水)の19時45分からアウェイの済州ワールドカップスタジアムで行われる。 ▽グループHには、2017シーズンのJ1で2位に入った鹿島アントラーズが入っており、初戦は上海申花(中国)と対戦。試合は2月14日(水)の19時から茨城県立カシマサッカースタジアムで行われる。その他の日程は以下のとおり。(キックオフ時間は日本時間) ◆グループE 【第1戦】 ▽2月13日(火) 《19:30》 全北現代モータース vs 東地区プレーオフ勝者2 [全州ワールドカップスタジアム] 【第2戦】 ▽2月20日(火) 《未定》 東地区プレーオフ勝者2 vs 東地区プレーオフ勝者4 [未定] 【第3戦】 ▽3月6日(火) 《未定》 東地区プレーオフ勝者2 vs 傑志(キッチー) [未定] 【第4戦】 ▽3月14日(水) 《21:00》 傑志(キッチー) vs 東地区プレーオフ勝者2 [香港スタジアム] 【第5戦】 ▽4月4日(水) 《未定》 東地区プレーオフ勝者2 vs 全北現代モータース [未定] 【第6戦】 ▽4月18日(水) 《未定》 東地区プレーオフ勝者4 vs 東地区プレーオフ勝者2 [未定] ※柏レイソルがプレーオフを突破した場合、ホームゲーム3試合はいずれも日立柏サッカー場にて19:30キックオフの予定 ※東地区プレーオフ勝者4は天津権健(中国)、ブリスベン・ロアー(オーストラリア)、セレス FC(フィリピン)のいずれか ◆グループF 【第1戦】 ▽2月13日(火) 《19:00》 川崎フロンターレ vs 東地区プレーオフ勝者3 [等々力陸上競技場] 【第2戦】 ▽2月20日(火) 《19:00》 蔚山現代 vs 川崎フロンターレ [蔚山文殊フットボールスタジアム] 【第3戦】 ▽3月7日(水) 《19:00》 川崎フロンターレ vs メルボルン・ビクトリー [等々力陸上競技場] 【第4戦】 ▽3月13日(火) 《17:30》 メルボルン・ビクトリー vs 川崎フロンターレ [メルボルン・レクタンギュラースタジアム] 【第5戦】 ▽4月4日(水) 《未定》 東地区プレーオフ勝者3 vs 川崎フロンターレ [未定] 【第6戦】 ▽4月18日(水) 《19:00》 川崎フロンターレ vs 蔚山現代 [等々力陸上競技場] ※東地区プレーオフ勝者3は上海上港(中国)、チェンライ・ユナイテッド(タイ)、バリ・ユナイテッド(インドネシア)のいずれか ◆グループG 【第1戦】 ▽2月14日(水) 《19:45》 済州ユナイテッドFC vs セレッソ大阪 [済州ワールドカップスタジアム] 【第2戦】 ▽2月21日(水) 《19:00》 セレッソ大阪 vs 広州恒大 [大阪長居スタジアム] 【第3戦】 ▽3月6日(火) 《20:00》 ブリーラム・ユナイテッド vs セレッソ大阪 [ブリーラムスタジアム] 【第4戦】 ▽3月14日(水) 《19:00》 セレッソ大阪 vs ブリーラム・ユナイテッド [大阪長居スタジアム] 【第5戦】 ▽4月3日(火) 《19:00》 セレッソ大阪 vs 済州ユナイテッドFC [大阪長居スタジアム] 【第6戦】 ▽4月17日(火) 《20:00》 広州恒大 vs セレッソ大阪 [広州天河体育中心] ※「大阪長居スタジアム」は「ヤンマースタジアム長居」 ◆グループH 【第1戦】 ▽2月14日(水) 《19:00》 鹿島アントラーズ vs 上海申花 [茨城県立カシマサッカースタジアム] 【第2戦】 ▽2月21日(水) 《未定》 東地区プレーオフ勝者1 vs 鹿島アントラーズ [未定] 【第3戦】 ▽3月7日(水) 《17:30》 シドニーFC vs 鹿島アントラーズ [シドニー・フットボールスタジアム] 【第4戦】 ▽3月13日(火) 《19:00》 鹿島アントラーズ vs シドニーFC [茨城県立カシマサッカースタジアム] 【第5戦】 ▽4月3日(火) 《21:00》 上海申花 vs 鹿島アントラーズ [上海虹口足球場] 【第6戦】 ▽4月17日(火) 《19:00》 鹿島アントラーズ vs 東地区プレーオフ勝者1 [茨城県立カシマサッカースタジアム] ※東地区プレーオフ勝者1は、水原三星ブルーウィングス(韓国)、イースタンSC(香港)、FLC タインホア(ベトナム)のいずれか 2018.01.19 19:00 Fri
twitterfacebook
thumb

柏、ACLユニフォーム発表! モデルとして登場したDF中谷進之介が新シーズンに向けて「代表にも絡んでいきたい」

▽柏レイソルは10日に新体制発表会見を開き、2018シーズンにおける各選手の背番号を発表した。 ▽昨シーズンの明治安田生命J1リーグで4位に入り、天皇杯の結果によりACLのプレーオフからの出場権を獲得した柏。新加入選手の挨拶に先立ってACLユニフォームを発表した。モデルとしてDF中谷進之介が登場し、新ユニフォームの感想と新シーズンに向けての抱負を語った。 <span style="font-weight:700;">◆DF中谷進之介</span>(柏レイソル) <span style="font-weight:700;">──新ユニフォームについて</span> 「Jリーグで着るものより軽いなという印象です」 <span style="font-weight:700;">──2018シーズンはどんな年にしたいか</span> 「去年少しケガをしてしまったので、今年は全部の試合に出られるようにまずは身体を作りたいです。1月30日と試合が近いので、頑張っていきたいです」 <span style="font-weight:700;">──昨シーズンはどんな1年だったか</span> 「チームとして失点数を減らせたことは良かったです。ただ、個人としてはもう少しできたと思います。もっと代表にも絡んでいきたいです。もっともっとやれると思います」 2018.01.11 02:20 Thu
twitterfacebook
thumb

C大阪でもプレーした元ウルグアイ代表FWフォルランが香港の傑志に加入…ACLでは柏と対戦の可能性

▽香港プレミアリーグの傑志(キッチー)は4日、元ウルグアイ代表FWディエゴ・フォルラン(38)の加入を発表した。10日に香港に到着するとのことだ。 ▽フォルランは、アルゼンチンのインデペンディエンテから2002年1月にマンチェスター・ユナイテッドへと移籍。その後は、ビジャレアル、アトレティコ・マドリー、インテル、インテルナシオナルと渡り歩き、2014年1月にセレッソ大阪へと加入した。 ▽C大阪ではJ1、J2と1シーズン半を過ごし、2015年7月に母国のペニャロールへと移籍。2016年8月からはインド・スーパーリーグのムンバイ・シティへと加入。2017年1月に退団し、フリーとなっていた。 ▽ウルグアイ代表としても112試合に出場し36ゴールを記録。2010年の南アフリカ・ワールドカップでは得点王に輝くなど輝かしい成績を残しているスター選手だ。 ▽傑志は、香港プレミアリーグに所属し2016-17シーズンは優勝。2017-18シーズンも8試合を終えて勝ち点22の首位につけている。また、AFCチャンピオンズリーグ2018にも出場。グループEに入っており、全北現代モータース(韓国)と同居。プレーオフから出場する柏レイソルが本大会出場を決めれば、同グループとなる。 2018.01.04 19:10 Thu
twitterfacebook
thumb

天皇杯制覇のC大阪がストレートイン、柏がプレーオフから参戦へ!《ACL2018》

▽来シーズンのAFCチャンピオンズリーグ(ACL)に出場する4クラブが確定した。 ▽出場権を手にしたのは、川崎フロンターレ、鹿島アントラーズ、セレッソ大阪、柏レイソルの4クラブ。1日に行われた第97回天皇杯全日本サッカー選手権大会を優勝で飾ったC大阪は、J1リーグ王者の川崎F、同リーグ2位の鹿島とともに本戦からの出場となる。これにより、J1リーグ4位フィニッシュの柏は、残る1枠のACL出場権を獲得。30日に行われるプレーオフ予選からの参戦が決まった。 <東地区> 【グループE】 ①全北現代モータース(韓国) ②傑志(香港) ③東地区プレーオフ勝者4※ ④東地区プレーオフ勝者2※ 【グループF】 ①川崎フロンターレ(日本) ②蔚山現代(韓国) ③メルボルン・ビクトリー(オーストラリア) ④東地区プレーオフ勝者3※ 【グループG】 ①広州恒大(中国) ②セレッソ大阪(日本) ③済州ユナイテッド(韓国) ④ブリーラム・ユナイテッド(タイ) 【グループH】 ①シドニーFC(オーストラリア) ②上海申花(中国) ③鹿島アントラーズ(日本) ④東地区プレーオフ勝者1※ ※東地区プレーオフ出場チーム 1:水原三星ブルーウィングス(韓国)、イースタンSC(香港)、FLCタインホア(ベトナム) 2:柏レイソル(日本)、ムアントン・ユナイテッド(タイ)、ジョホール・ダルル・タクジム(マレーシア) 3:上海上港(中国)、チェンライ・ユナイテッド(タイ)、バリ・ユナイテッド(インドネシア)、タンピネス・ローバーズ(シンガポール) 4:天津権健(中国)、ブリスベン・ロアー(オーストラリア)、シャン・ユナイテッド(ミャンマー)、第1代表(フィリピン) 2018.01.01 18:00 Mon
twitterfacebook
thumb

グループステージ組み合わせ決定! 王者・川崎Fは蔚山&メルボルンと鹿島は上海申花&シドニーと《ACL2018》

▽6日、AFCチャンピオンズリーグ2018の組み合わせ抽選会が行われ、グループステージの組み合わせが決定した。 ▽今シーズンの明治安田生命J1リーグの結果から、優勝した川崎フロンターレ、2位の鹿島アントラーズの出場が決定。リーグ戦3位のセレッソ大阪はプレーオフに回る予定となっており、もう1チームは天皇杯で勝ち上がっている柏レイソル、横浜F・マリノス、C大阪、ヴィッセル神戸の中から決定する。 ▽リーグチャンピオンである川崎Fは、グループFに入り、韓国の蔚山現代、オーストラリアのメルボルン・ビクトリー、東地区プレーオフ勝者3と同居する。 ▽J1で2位の鹿島は、グループHに入り、オーストラリアのシドニーFC、中国の上海申花、東地区プレーオフ勝者1と同居する。 ▽J1で3位のC大阪は天皇杯で勝ち残っており、天皇杯王者として出場する可能性が残っている。天皇杯を優勝した場合はグループG、C大阪以外が天皇杯を制した場合には、グループEに入る。 ▽なおグループEは、全北現代モータース(韓国)、傑志(香港)、東地区プレーオフ勝者4、東地区プレーオフ勝者2が入っており、グループGには日本第2代表、広州恒大(中国)、済州ユナイテッド(韓国)、ブリーラム・ユナイテッド(タイ)が入っている。 ▽なお、プレーオフは1月30日(火)に日本のホームで行われ、ムアントン・ユナイテッド(タイ)かジョホール・ダルル・タクジム(マレーシア)の勝者と対戦する。グループステージの開幕は2月12日、ノックアウトステージは5月7日から始まる。 ▽ACL2018プレーオフ出場チーム、グループリーグ組み合わせ、試合日程は以下の通り。 <西地区> 【グループA】 ①アル・ジャジーラ(UAE)、②アル・アハリ・サウジ(サウジアラビア)、③トラクトールサジ・タブリーズ(イラン)、④西地区プレーオフ勝者3※ 【グループB】 ①アル・ドゥハイル(カタール)、②アル・ワハダ(UAE)、③ロコモティフ(ウズベキスタン)、④西地区プレーオフ勝者2※ 【グループC】 ①ペルセポリス(イラン)、②アル・サッド(カタール)、③アル・ワスル(UAE)、④西地区プレーオフ勝者4※ 【グループD】 ①アル・ヒラル(サウジアラビア)、②エステグラル(イラン)、③アル・ラーヤン(カタール)、④西地区プレーオフ勝者1※ ※西地区プレーオフ出場チーム 1:アル・アイン(UAE) vs マルキヤ・クラブ(バーレーン) 2:ゾブ・アハン(イラン) vs アイゾールFC(インド) 3:アル・ガラファ(カタール) vs 第3代表(ウズベキスタン) 4:第2代表(ウズベキスタン) vs アル・ファイサリー(ヨルダン) <東地区> 【グループE】 ①全北現代モータース(韓国)、②傑志(香港)、③東地区プレーオフ勝者4※、④東地区プレーオフ勝者2※ 【グループF】 ①川崎フロンターレ(日本)、②蔚山現代(韓国)、③メルボルン・ビクトリー(オーストラリア)、④東地区プレーオフ勝者3※ 【グループG】 ①広州恒大(中国)、②第2代表(日本)、③済州ユナイテッド(韓国)、④ブリーラム・ユナイテッド(タイ) 【グループH】 ①シドニーFC(オーストラリア)、②上海申花(中国)、③鹿島アントラーズ(日本)、④東地区プレーオフ勝者1※ ※東地区プレーオフ出場チーム 1:水原三星ブルーウィングス(韓国)、イースタンSC(香港)、FLCタインホア(ベトナム) 2:第4代表(日本)、ムアントン・ユナイテッド(タイ)、ジョホール・ダルル・タクジム(マレーシア) 3:上海上港(中国)、チェンライ・ユナイテッド(タイ)、バリ・ユナイテッド(インドネシア)、タンピネス・ローバーズ(シンガポール) 4:天津権健(中国)、ブリスベン・ロアー(オーストラリア)、シャン・ユナイテッド(ミャンマー)、第1代表(フィリピン) ◇試合日程 【プレーオフ(日本関連)】 2018年1月30日(火) 第4代表(日本)対ムアントン・ユナイテッド(タイ)またはジョホール・ダルル・タクジム(マレーシア) 【グループステージ】 第1節:2月12日(月)〜14日(水) 第2節:2月19日(月)〜21日(水) 第3節:3月5日(月)〜7日(水) 第4節:3月12日(月)〜14日(水)、 第5節:4月2日(月)〜4日(水) 第6節:4月16日(月)〜18日(水) 【ノックアウトステージ】 《ラウンド16》 第1戦:5月7日(月)〜9日(水) 第2戦:5月14日(月)〜16日(水) 2017.12.06 19:50 Wed
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース