アトレティコが敵地で圧倒もマノラス&アリソン好守連発のローマがしぶとく勝ち点1を拾う《CL》2017.09.13 06:45 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽チャンピンズリーグ(CL)・グループC第1節、ローマvsアトレティコ・マドリーが12日にスタディオ・オリンピコで行われ、0-0のドローに終わった。

▽昨季プレミアリーグ王者のチェルシー(イングランド)、一昨季のCLファイナリストのアトレティコ(スペイン)、セリエA2位のローマ(イタリア)、カラバフ(アゼルバイジャン)という顔ぶれとなったグループCは、“死のグループ”と評される厳しい組み分けとなった。

▽2シーズンぶりのCL本選出場となるローマは、ディ・フランチェスコ新監督を新指揮官に招へい。先日の国内リーグでのホーム開幕戦でインテルに敗れたディ・フランチェスコ監督は自身のCL初陣でホーム初勝利を目指した。直近のサンプドリアとのリーグ戦が悪天候の影響で延期となったローマは、この一戦に向けて直近のインテル戦からファシオに代えてブルーノ・ペレスを起用した以外、同じメンバーで臨んだ。

▽一方、悲願のCL制覇を目指すアトレティコは、国内リーグでは開幕3試合のうち、2試合でドローとなるなど、厳しいスタートとなった。直近のバレンシア戦をゴールレスドローで終えたシメオネ監督率いるチームは、その試合から先発3人を変更。国内リーグ2試合を出場停止で欠場していたエースFWグリーズマンが復帰したほか、リュカに代えてゴディン、カラスコに代わってガビが復帰。中盤にセントラルMFタイプの4人が並ぶやや守備的なメンバー構成となった。

▽互いにインテンシティの高い入りとなった中、地力で勝るアトレティコが序盤から押し込んでいく。しかし、コケやグリーズマンのフィニッシュはローマゴールを脅かすまでには至らず。

▽その後は右ウイングのデフレルの個人技からローマが盛り返すも、アトレティコが主導権を握る形は変わらず。その流れの中で互いに決定的な場面を作り合う。ここまで劣勢のローマは32分、ボックス手前で得たFKの場面でコラロフの横パスをナインゴランが渾身の右足シュート。ゴール前の密集をすり抜けた低いシュートが枠の左隅を捉えるが、これはGKオブラクの圧巻のセーブに遭う。

▽すると、この直後にはアトレティコの鋭いカウンターから右サイドのサウールが折り返したボールをファーサイドでフリーのサウールがシュート。GKの脇を抜けたボールがゴールネットに吸い込まれるかに思われたが、ここはDFマノラスが決死のスライディングブロックで阻止するビッグプレーを見せた。

▽終始アトレティコペースもゴールレスで折り返した試合は、後半も大きな変化はなし。グリーズマンとビエットの質の高い動き出しに合わせてサウールやコケといったパサーが鋭いボールをローマ最終ラインの背後に通していく。56分にはボックス付近のビエットに絶好機も、ここはGKアリソンの好守に阻まれる。

▽押し込みながらも相手守備陣をあと一歩で崩し切れないアトレティコは、ビエットとガビに代えてコレアとカラスコという個で局面を変えられるタイプのアタッカーを早い時間帯に投入。対するローマはアタッカーのデフレルに代えて、DFファシオを投入。この交代でシステムを[3-5-2]に変更し、守備のテコ入れを図った。

▽試合終盤にかけては攻め疲れの見え始めるアトレティコに対して、ローマがペロッティやコラロフの仕掛けであわやPK獲得という場面を作るも、主審の笛はならず。逆に、猛攻を仕掛けるアトレティコはコレアやサウールが際どいシュートを放つが、序盤からの好セーブで完全に乗ったGKアリソンにことごとく阻まれる。後半アディショナルタイムにはCKからサウールが決定的なヘディングシュートを放つが、これもGKアリソンがビッグセーブ。さらに、こぼれ球をサウールが蹴り込むが、今度は右ポストを叩いた。

▽守備を特長とするアトレティコが押し込み、攻撃を特長とするローマが粘り強い守備で応戦する意外な内容となったビッグマッチは、ゴールレスドローに終わった。

コメント

関連ニュース

thumb

コンテ監督、アトレティコ復帰決定のジエゴ・コスタに感謝 「昨シーズン、共にトロフィーを獲得したことは忘れない」

▽チェルシーを率いるアントニオ・コンテ監督が、前日にアトレティコ・マドリーへの復帰が決定したスペイン代表FWジエゴ・コスタ(28)について語った。同監督がストーク・シティ戦の前日会見で語ったコメントを公式サイトが伝えている。 ▽昨シーズン終了後にチェルシーのアントニオ・コンテ監督から構想外を言い渡されたジエゴ・コスタは、今夏の移籍市場でアトレティコ復帰を求めるもクラブ間の交渉がまとまらず、チェルシー残留が決定。 ▽しかし、その後も母国ブラジルに籠城を続けたジエゴ・コスタの強硬姿勢が実ったのか、5500万ユーロ(約73億6000万円)+ボーナス1000万ユーロ(約13億4000万円)といわれるオファーを受け入れたチェルシーは、21日にアトレティコとのクラブ間での合意を発表。数日後にメディカルチェックを受診した後、同選手は選手登録が認められる来年1月に再びアトレティコの一員になることが決定した。 ▽コンテ監督は、昨季のプレミアリーグ制覇の立役者の1人であり、今夏自ら構想外を言い渡した愛憎相半ばするジエゴ・コスタに関して、これまでの貢献に対して素直に感謝の言葉を口にした。 「ジエゴ・コスタには、これまでの功績に感謝するとともに、今後のさらなる活躍を祈っている」 「昨シーズン、共にトロフィーを獲得したことは忘れない。あの姿勢には感謝しないといけない。昨シーズンに限らず、チェルシーに在籍した時間は素晴らしい働きぶりだった」 2017.09.22 23:45 Fri
twitterfacebook
thumb

「ジエゴ・コスタは世界ベスト3に入るストライカー」 3年ぶりアトレティコ凱旋にチームメイトから喜びの声

▽スペイン代表FWジエゴ・コスタ(28)の3年ぶりとなるアトレティコ・マドリーへの復帰に、チームメイトから喜びの声が挙がっている。スペイン『マルカ』が伝えた。 ▽アトレティコは21日、ジエゴ・コスタのチェルシーからの完全移籍を発表した。クラブのスポンサーシップイベントに出席したDFフィリペ・ルイス、MFコケ、FWアンヘル・コレアの3選手は、元エースの凱旋を喜んでいる。 ▽ジエゴ・コスタと同じタイミングで古巣チェルシーに移籍した経歴を持つフィリペ・ルイスは、「タイトルへの野心、成長力、素晴らしいスタジアムを持つアトレティコの一員であることを誇りに思う」と話し、ジエゴ・コスタの移籍についても触れた。 「彼は世界でも3本の指に入るストライカーの1人だ。その努力は計り知れないね。彼は戦うためにここに戻ってきた。僕らをより強くするためにね。友人が戻ってきてくれてとても嬉しいよ」 ▽また、コケはジエゴ・コスタの復帰を喜ぶとともに、チームにおける重要性についてもコメントした。 「僕らはとても喜んでいるよ。彼が過去にここで成し遂げたことは誰もが知っている。彼はフットボールにおいて非常に重要な人物だよ」 「彼は、ここには競争力があることを分かっている。自分のポジションを勝ち取る必要があることもね。それはチームにとって良いことだ」 ▽さらに、ジエゴ・コスタとポジションを同じくするコレアも、同選手の帰還を歓迎し、予想されるポジション争いに向けて、よりハードに自分の価値を証明することを誓った。 「僕は成長して、チャンスを掴めるよう努力するよ。これ(ジエゴ・コスタの復帰)は僕に最大限のことを要求し続けるだろうね。でもそれは良いことだ」 2017.09.22 17:18 Fri
twitterfacebook
thumb

ジエゴ・コスタのアトレティコ復帰が公式発表! 双方クラブが合意認める

▽アトレティコ・マドリーは21日、スペイン代表FWジエゴ・コスタ(28)の完全移籍に関して所属元のチェルシーと合意に至ったことを発表した。ジエゴ・コスタは数日中にマドリッドでメディカルチェックを受診した後、正式にアトレティコ復帰が決定する。 ▽なお、スペイン『マルカ』の報道によれば、チェルシーとアトレティコは、5500万ユーロ(約73億6000万円)+ボーナス1000万ユーロ(約13億4000万円)の移籍金で合意したようだ。 ▽昨シーズン終了後にチェルシーのアントニオ・コンテ監督から構想外を言い渡されたジエゴ・コスタは、今夏の移籍市場でアトレティコ復帰を求めるもクラブ間の交渉がまとまらず、最終的にチェルシー残留が決定。来年1月から正式にプレー可能となるアトレティコには2007年から2009年、そして2010年からチェルシーに移籍するまでの2014年まで在籍していた。 2017.09.21 23:15 Thu
twitterfacebook
thumb

ジエゴ・コスタのアトレティコ復帰が87億円で合意と報道

▽チェルシーに所属するスペイン代表FWジエゴ・コスタ(28)のアトレティコ・マドリー移籍決定が目前のようだ。スペイン『マルカ』が、チェルシーとアトレティコがジエゴ・コスタの移籍に関して合意したと報じた。来年1月の選手登録が見込まれている。 ▽『マルカ』の報道によれば、チェルシーとアトレティコは、5500万ユーロ(約73億6000万円)+ボーナス1000万ユーロ(約13億4000万円)の移籍金で合意。ジエゴ・コスタは今後数時間のうちにマドリッドに向かい、今週土曜日にはアトレティコの新スタジアムのワンダ・メトロポリターノでリーガエスパニョーラ第6節のセビージャ戦を観戦する予定だとのことだ。また、移籍成立の最後の関門となるメディカルチェックも今後受けなければならない。また、ジエゴ・コスタの移籍合意はスペイン『アス』も報じており、こちらはボーナス込みで6000万ユーロ(約80億3000万円)と主張している。 ▽昨シーズン終了後にチェルシーのアントニオ・コンテ監督から構想外を言い渡されたジエゴ・コスタは、今夏の移籍市場でアトレティコ復帰を求めるもクラブ間の交渉がまとまらず、最終的にチェルシー残留が決定。来年1月から正式にプレー可能となるアトレティコには2007年から2009年、そして2010年からチェルシーに移籍するまでの2014年まで在籍していた。 2017.09.21 20:20 Thu
twitterfacebook
thumb

守護神オブラクのPKストップにエース2点演出のアトレティコがビルバオ撃破!《リーガエスパニョーラ》

▽リーガエスパニョーラ第5節、ビルバオvsアトレティコ・マドリーが20日にサン・マメス・バリアで行われ、アウェイのアトレティコが2-1で勝利した。 ▽前節、今季4戦目で初のホームゲームとなったアトレティコは、ワンダ・メトロポリターノでのマラガとの初陣をエースFWグリーズマンのゴールでしぶとく勝ち切り、新ホームで幸先の良いスタートを切った。その勢いに乗って連勝を目指す今節は、前節今季初黒星を喫したビルバオとのタフなアウェイゲームに臨んだ。前節からはリュカ、フアンフラン、ガビに代えてホセ・ヒメネス、サビッチ、ガイタンを起用。2トップは引き続きコレアとグリーズマンのコンビとなった。 ▽立ち上がりからインテンシティの高いプレーを見せるホームのビルバオが主導権を握ると、レクエや古巣対戦のラウール・ガルシアがGKオブラクを脅かす。さらに26分にはアドゥリスが際どい枠内シュートを放つが、先制点には至らず。 ▽一方、守勢が続くアトレティコは、30分を過ぎてようやく攻撃の形を作り始めると、35分にはボックス左へ抜け出したガイタンが右ポスト直撃のシュートを放つと、その後もグリーズマンが続けて決定機に顔を出す。 ▽一進一退の攻防が続く中、40分に試合が動く。ボックス付近で仕掛けたアドゥリスがDFフィリペ・ルイスと交錯すると、やや厳しい判定ながらビルバオにPKが与えられる。これをアドゥリスがゴール左へ狙うが、GKオブラクが完璧な読みで弾き出し、前半はゴールレスで終了した。 ▽守護神オブラクの圧巻のPKストップで難を逃れたアトレティコは、ややショックが残るビルバオを後半立ち上がりから押し込むと、55分に先制点を奪う。バイタルエリア中央のグリーズマンからボックス右に走り込むコケにスルーパスが通ると、コケからの折り返しをゴール前に飛び込んだコレアがワンタッチで流し込んだ。 ▽失点直後にイニャキ・ウィリアムズ、ベニャトを投入して攻勢を強めるビルバオに対して、完全に流れを掴んだアトレティコはグリーズマンがオフサイドにかかったものの、あわや追加点という場面を作るなど、畳みかける攻めを見せる。 ▽その後、カラスコを投入して攻勢を強めるアトレティコは73分、グリーズマンからの絶妙なフィードに反応したカラスコがボックス右で巧みなファーストタッチでGKをつり出し、最後はゴール右隅に流し込み、貴重な2点目を奪った。 ▽2点リードで逃げ切りを図るアトレティコは、ガビと負傷したフィリペ・ルイスに代えてリュカを投入。試合終了間際にはゴール前の混戦からラウール・ガルシアに恩返し弾を許すも、敵地で2-1の勝利。敵地で難敵ビルバオを破ったアトレティコが、今季初の連勝を飾った。 2017.09.21 06:06 Thu
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース