レーティング:サウジアラビア 1-0 日本《ロシアW杯アジア最終予選》2017.09.06 04:47 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽日本代表は5日、ロシア・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選最終節のサウジアラビア代表戦に臨み、0-1で敗戦した。超WSの選手採点結果と寸評は以下のとおり。

▽サウジアラビア採点
(C)CWS Brains,LTD.
GK
21 アル・マユフ 6.0
山口の強烈なシュートをセーブ。ハイボールの処理も安定

DF
13 アルシャハラニ 6.0
原口と長友の攻め上がりをケアしつつ、要所で推進力を与えた

3 オサマ 6.0
的確な間合いで岡崎への縦パスや2列目からの飛び出しに対応

(→モタズ・ハサウィ -)

5 オマル・ハサウィ 6.5
オサマと良い距離感を保ち、日本のカウンターを封じた

2 マンソール 5.5
チームとして左サイドで押し込めていたが、あまり効果的な攻撃への絡みはなかった

(→アルドサリー -)

MF
8 アルシェハリ 6.0
アルアビドと時折サイドを入れ替えながら中に絞ってボール回しに絡んだ

14 オウタイフ 6.0
球出しは凡庸も的確なポジショニングでリスク管理を行った

17 アル・ジャッシム 6.0
バイタルエリアでボールを引き出し、細かい繋ぎでリズムを作った

7 サルマン 6.0
質の高い配球で味方を使い、後半は日本を苦しめた

18 アルアビド 6.5
決勝点をアシスト。要所でスピードを生かした仕掛けを披露し、後半立ち上がりに決死のクリアもあった

FW
10 アルサハラウィ 5.0
引いてボールを受けようとしたが、日本のセンターバックコンビに潰された

(→ファハド 7.0)
攻めあぐねていた中、圧巻の個人技で日本を揺さぶり、W杯出場に導く決勝点を奪った

監督
ファン・マルバイク 6.5
ファハドの投入が完璧にハマり、重圧のかかる一戦で見事に勝ち切った

▽日本採点
(C)CWS Brains,LTD.
GK
1 川島永嗣 6.0
後半立ち上がりにファハドの決定機をビッグセーブで救うなど、個人のパフォーマンスは良かった

DF
19 酒井宏樹 5.0
セットプレーでゴールに迫る。押し込まれた中で粘り強く守っていたが、後半は相手に振り切られる場面も多かった

22 吉田麻也 5.0
味方のミスから今予選2枚目の警告を受けた影響か、後半は中途半端な対応が目立った

3 昌子源 5.5
セットプレーからゴールに迫った前半は上々の出来も、後半は中盤の疲弊で無理な対応を強いられてソリッドさを失った

5 長友佑都 5.5
攻撃では幾度となくチャンスに絡んだが、痛恨の入れ替わりでピンチを招くなど、リスク管理という部分は課題

MF
7 柴崎岳 6.0
プレースキックで再三の決定機を創出。流れの中では攻撃のスイッチを入れるパスを狙ったが、周囲との連係が今一つだった

(→久保裕也 -)

16 山口蛍 5.0
周囲との連係の問題もあったが、自身の脇のスペースを再三突かれる。マイボール時のイージーミスも散見

2 井手口陽介 6.0
周囲が酷暑に消耗していた中、最後まで攻守両面でインテンシティの高さをキープ

FW
4 本田圭佑 5.0
低い位置まで下りて守備を助けたが、攻撃面ではコンディションの問題か、精彩を欠いた

(→浅野拓磨 5.0)
求められた役割は最低限こなしたが、スーパーなプレーはなかった

9 岡崎慎司 5.0
持ち味の献身的な守備を見せたが、後半序盤の決定機以外に見せ場は少なかった

(→杉本健勇 5.0)
フル代表デビュー。前線で身体を張ったが、決定的な仕事はできなかった

8 原口元気 6.0
持ち味のスピードと強さを生かして攻守に奮闘。後半序盤の決定機はせめて枠に飛ばしたかった

監督
ハリルホジッチ 5.0
やや思い切りを欠くメンバー選考の末、競り負ける

★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ!
ファハド(サウジアラビア)
▽求められたジョーカーの役割を完遂し、チームをW杯出場に導く圧巻のパフォーマンス。足の止まり始めた日本にとって最も脅威となる存在だった。

サウジアラビア 1-0 日本
【サウジアラビア】
ファハド(後18)

コメント

関連ニュース

thumb

英紙がロシアW杯出場国格付け…日本は27位、「ビッグネーム不在」

▽2018年のロシア・ワールドカップに出場する全32カ国が決定した。これを受けて、イギリス高級紙『ガーディアン』が出場国の格付けを行った。 ▽6大会連続6度目の出場となるヴァイッド・ハリルホジッチ監督の日本代表は、27位にランクイン。『ガーディアン』の寸評は次のとおり。 「日本はブラジルに惨敗したものの、続くベルギー戦でパフォーマンスを改善。敗れたものの、接戦を演じて見せた。チームは、2015年から指揮を執るボスニア・ヘルツェゴビナ人のヴァイッド・ハリルホジッチ監督から与えられたチャンスを生かせずにいる。今や周囲からもグループステージ突破という希望より厳しい圧力の方が勝っている。チームには数名の欧州組がいるが、ビッグネームがいない」 ▽なお、上位陣には上からドイツ代表、ブラジル代表、スペイン代表、フランス代表、ベルギー代表がランクイン。アジア最上位は26位のイラン代表となっている。 ◆ロシアW杯出場国格付けランキング 1位:ドイツ 2位:ブラジル 3位:スペイン 4位:フランス 5位:ベルギー 6位:ポルトガル 7位:ナイジェリア 8位:ポーランド 9位:アルゼンチン 10位:ウルグアイ 11位:メキシコ 12位:アイスランド 13位:クロアチア 14位:イングランド 15位:セネガル 16位:スウェーデン 17位:デンマーク 18位:モロッコ 19位:セルビア 20位:コロンビア 21位:エジプト 22位:スイス 23位:ペルー 24位:ロシア 25位:コスタリア 26位:イラン 27位:日本 28位:チュニジア 29位:韓国 30位:パナマ 31位:サウジアラビア 32位:オーストラリア 2017.11.17 17:25 Fri
twitterfacebook
thumb

ペルーが36年ぶりW杯行きを決めた試合中に大地震発生?! だが実は…

▽現地時間15日にロシア・ワールドカップ(W杯)大陸間プレーオフ2ndレグ、ペルー代表vsニュージーランド代表が行われ、2-0でペルーが勝利した。この結果、2戦合計スコア2-0としたペルーが9大会ぶり5度目のワールドカップ出場を決めた。この試合中、スタジアムの熱狂ぶりが思わぬ誤報を招いていた。イギリス『イブニング・スタンダード』などが伝えている。 ▽ペルーは27分にMFジェファルソン・ファルファンが先制点を記録した。この際に、地震を探知して警告するアプリ『Sismo Detector』が作動。しかし、実際は地震ではなかった。ファンファンのゴールで盛り上がるスタジアムの振動が誤作動を招いたようだ。 ▽『Sismo Detector』に関連するツイッターアカウントは後に、「ニュージーランド戦のペルーのゴールセレブレーションの影響でリマ地区でのSismo Detectorのアラートを作動させた」と伝えている。 ▽36年ぶりとなるW杯出場に向けてサポーターの並々ならぬ熱狂ぶりをうかがわせた今回の一件。見事に期待に応えたペルー代表は本大会でも結果を残せるだろうか。 2017.11.16 21:09 Thu
twitterfacebook
thumb

W杯最後の椅子を手にしたペルー、翌日が休日に!

▽現地時間15日にロシア・ワールドカップ(W杯)大陸間プレーオフ2ndレグ、ペルー代表vsニュージーランド代表が行われ、2-0でペルーが勝利した。この結果、2戦合計スコア2-0としたペルーが9大会ぶり5度目のワールドカップ出場を決めた。 ▽ペルーの雇用政策・促進を決定する委員会は14日の時点でニュージランドに勝利してW杯出場を決めれば試合翌日の16日を休日とすることを発表していた。これにより、見事に1982年以来36年ぶりとなるW杯出場を決めて歓喜に沸く国民は、15日の夜と翌日を存分に祝えることになった。 ▽なお、10月10日に初のW杯出場を決めたパナマも、翌日を祝日としていた。 2017.11.16 13:50 Thu
twitterfacebook
thumb

最後の1枠はペルーに決定! NZを2発撃破で9大会ぶり5度目の本大会出場《ロシアW杯大陸間プレーオフ》

▽16日にロシア・ワールドカップ(W杯)大陸間プレーオフ2ndレグ、ペルー代表vsニュージーランド代表が行われ、2-0でペルーが勝利した。 ▽南米予選5位のペルーと、オセアニア予選を勝ち抜いたニュージーランドの一戦。1982年のスペイン大会以来となる9大会ぶりの出場を目指すペルーは、ドーピング検査に引っかかったキャプテンのゲレーロが出場停止。ロコモティフ・モスクワのファルファンが先発に名を連ね、ベンフィカのカリージョはベンチスタートとなった。対する、2010年の南アフリカ大会以来となる3度目の出場を目指すニュージーランドは、1stレグと同様にウェストハムのリードを先発起用。一方で、バーンリーのクリス・ウッドは、サブに控えた。 ▽ニュージーランドのホームで行われた1stレグをゴールレスドローで終えた両者。試合はホームのペルーがいきなりゴールを脅かす。3分、ボックス右手前でパスを受けたアドビンクラが中央に切れ込み、左足でシュートを放つ。しかし、これがクロスバーに直撃する。 ▽その後も攻勢を続けるペルー。すると28分、味方のパスに反応して左サイドを突破したクエバがボックス右外でタメを作り、ボックス左手前にパスを送る。ファルファンがワントラップから右足を振り抜いて、GKマリノビッチの頭上を射抜いた。 ▽先制に成功したペルーは41分、敵陣中央左でパスを受けたトラウコが左足で強烈なシュート。GKの手前でバウンドするボールがGKマリノビッチのパンチングを誘い、こぼれ球をファルファンが押し込んだが、GKマリノビッチが倒れながらも懸命なディフェンスを見せて追加点を許さない。 ▽後半に入ると、ペルーが追加点を奪取。65分、クエバの右CKがボックス中央に落ちて混戦に。これをC・ラモスが右足で押し込み、ゴールネットを揺らした。 ▽リードを2点差に広げたペルーはその後、ニュージーランドにサイド攻撃からゴールに迫られるが、最後のところでしっかりと寄せてシュートを枠に飛ばさせず、そのまま試合終了。2-0で勝利したペルーが9大会ぶり5度目のワールドカップ出場を決めた。 2017.11.16 13:10 Thu
twitterfacebook
thumb

W杯ポット振り分けが確定、日本は最下層のポット4に《ロシアW杯》

▽2018年のロシア・ワールドカップ(W杯)に出場する全32カ国が決まり、4つのポット振り分けも確定した。 ▽ロシアW杯出場国は、15日時点で31カ国の顔ぶれが決定。残る2枠は大陸間プレーオフで争われ、オーストラリア代表とペルー代表がそれぞれ本大会行きの切符を獲得した。 ▽これにより、FIFAランキング10位のペルーがポット2位に、デンマーク代表がポット3に、セルビア代表がポット4に組み込まれた。 ▽本大会のグループステージ組み合わせ抽選会は、12月1日に開催国ロシアのモスクワで開催。グループA〜Hの8つのグループに振り分けられる。 ◆ロシアW杯出場国のポット振り分け一覧 【ポット1】 ロシア(開催国)/2大会連続11回目/65位 ドイツ/17大会連続19回目/1位 ブラジル/21大会連続21回目/2位 ポルトガル/5大会連続7回目/3位 アルゼンチン/12大会連続17回目/4位 ベルギー/2大会連続13回目/5位 ポーランド/3大会ぶり8回目/6位 フランス/6大会連続15回目/7位 【ポット2】 スペイン/11大会連続15回目/8位 ペルー/9大会ぶり5回目/10位 スイス/4大会連続11回目/11位 イングランド/6大会連続15回目/12位 コロンビア/2大会連続6回目/13位 メキシコ/7大会連続16回目/16位 ウルグアイ/3大会連続13回目/17位 クロアチア/2大会連続5回目/18位 【ポット3】 デンマーク/2大会ぶり5回目/19位 アイスランド/初出場/21位 コスタリカ/2大会連続5回目/22位 スウェーデン/3大会ぶり12回目/25位 チュニジア/3大会ぶり5回目/28位 エジプト/7大会ぶり3回目/30位 セネガル/4大会ぶり2回目/32位 イラン/2大会連続5回目/34位 【ポット4】 セルビア/2大会ぶり12回目/38位 ナイジェリア/3大会連続6回目/41位 オーストラリア/4大会連続5回目/43位 日本/6大会連続6回目/44位 モロッコ/5大会ぶり5回目/48位 パナマ/初出場/49位 韓国/9大会連続10回目/62位 サウジアラビア/3大会ぶり5回目/63位 2017.11.16 13:00 Thu
twitterfacebook


ロシアW杯予選
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース