レーティング:サウジアラビア 1-0 日本《ロシアW杯アジア最終予選》2017.09.06 04:47 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽日本代表は5日、ロシア・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選最終節のサウジアラビア代表戦に臨み、0-1で敗戦した。超WSの選手採点結果と寸評は以下のとおり。

▽サウジアラビア採点
(C)CWS Brains,LTD.
GK
21 アル・マユフ 6.0
山口の強烈なシュートをセーブ。ハイボールの処理も安定

DF
13 アルシャハラニ 6.0
原口と長友の攻め上がりをケアしつつ、要所で推進力を与えた

3 オサマ 6.0
的確な間合いで岡崎への縦パスや2列目からの飛び出しに対応

(→モタズ・ハサウィ -)

5 オマル・ハサウィ 6.5
オサマと良い距離感を保ち、日本のカウンターを封じた

2 マンソール 5.5
チームとして左サイドで押し込めていたが、あまり効果的な攻撃への絡みはなかった

(→アルドサリー -)

MF
8 アルシェハリ 6.0
アルアビドと時折サイドを入れ替えながら中に絞ってボール回しに絡んだ

14 オウタイフ 6.0
球出しは凡庸も的確なポジショニングでリスク管理を行った

17 アル・ジャッシム 6.0
バイタルエリアでボールを引き出し、細かい繋ぎでリズムを作った

7 サルマン 6.0
質の高い配球で味方を使い、後半は日本を苦しめた

18 アルアビド 6.5
決勝点をアシスト。要所でスピードを生かした仕掛けを披露し、後半立ち上がりに決死のクリアもあった

FW
10 アルサハラウィ 5.0
引いてボールを受けようとしたが、日本のセンターバックコンビに潰された

(→ファハド 7.0)
攻めあぐねていた中、圧巻の個人技で日本を揺さぶり、W杯出場に導く決勝点を奪った

監督
ファン・マルバイク 6.5
ファハドの投入が完璧にハマり、重圧のかかる一戦で見事に勝ち切った

▽日本採点
(C)CWS Brains,LTD.
GK
1 川島永嗣 6.0
後半立ち上がりにファハドの決定機をビッグセーブで救うなど、個人のパフォーマンスは良かった

DF
19 酒井宏樹 5.0
セットプレーでゴールに迫る。押し込まれた中で粘り強く守っていたが、後半は相手に振り切られる場面も多かった

22 吉田麻也 5.0
味方のミスから今予選2枚目の警告を受けた影響か、後半は中途半端な対応が目立った

3 昌子源 5.5
セットプレーからゴールに迫った前半は上々の出来も、後半は中盤の疲弊で無理な対応を強いられてソリッドさを失った

5 長友佑都 5.5
攻撃では幾度となくチャンスに絡んだが、痛恨の入れ替わりでピンチを招くなど、リスク管理という部分は課題

MF
7 柴崎岳 6.0
プレースキックで再三の決定機を創出。流れの中では攻撃のスイッチを入れるパスを狙ったが、周囲との連係が今一つだった

(→久保裕也 -)

16 山口蛍 5.0
周囲との連係の問題もあったが、自身の脇のスペースを再三突かれる。マイボール時のイージーミスも散見

2 井手口陽介 6.0
周囲が酷暑に消耗していた中、最後まで攻守両面でインテンシティの高さをキープ

FW
4 本田圭佑 5.0
低い位置まで下りて守備を助けたが、攻撃面ではコンディションの問題か、精彩を欠いた

(→浅野拓磨 5.0)
求められた役割は最低限こなしたが、スーパーなプレーはなかった

9 岡崎慎司 5.0
持ち味の献身的な守備を見せたが、後半序盤の決定機以外に見せ場は少なかった

(→杉本健勇 5.0)
フル代表デビュー。前線で身体を張ったが、決定的な仕事はできなかった

8 原口元気 6.0
持ち味のスピードと強さを生かして攻守に奮闘。後半序盤の決定機はせめて枠に飛ばしたかった

監督
ハリルホジッチ 5.0
やや思い切りを欠くメンバー選考の末、競り負ける

★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ!
ファハド(サウジアラビア)
▽求められたジョーカーの役割を完遂し、チームをW杯出場に導く圧巻のパフォーマンス。足の止まり始めた日本にとって最も脅威となる存在だった。

サウジアラビア 1-0 日本
【サウジアラビア】
ファハド(後18)

コメント

関連ニュース

thumb

イングランド、ロシアW杯直前にナイジェリア、コスタリカとの強化試合が決定

イングランド代表は、今夏に行われるロシア・ワールドカップの強化試合としてナイジェリア代表、コスタリカ代表と対戦することが決まった。<br><br>イングランドはロシアW杯で、ベルギー、チュニジア、パナマと同じグループGに。初戦は6月18日のチュニジア戦となるが、その直前の2日にナイジェリア戦、7日にコスタリカ戦が行われることが決定したようだ。<br><br>イングランド代表を率いるガレス・サウスゲイト監督は、仮想チュニジア、パナマと呼べる相手とのマッチングが実現したことを喜んでいる。<br><br>「我々はアフリカ、中南米のチームとワールドカップで戦うため、ナイジェリア、コスタリカとの対戦を決めた。チームを異なるスタイル、異なる経験にさらしたい」<br><br>比較的恵まれた組に入ったイングランド。それでもユーロ2016の失態を繰り返さないため、準備に余念はなさそうだ。<br><br><br>提供:goal.com 2018.01.11 12:53 Thu
twitterfacebook
thumb

モスクワでクリスティアーノ・ロナウドが氷付けに?!

▽ロシアのモスクワで、氷で作られたクリスティアーノ・ロナウドの像が建てられたようだ。スペイン『マルカ』が伝えている。 ▽世界的スターであるC・ロナウドはこれまでにも自身を模した像が建てられてきた。いくつかある中で、昨年3月に生まれ故郷であるマデイラ島の空港に設置された胸像はあまりにも似てなさ過ぎて世界中に波紋を広げた。 ▽今回作られた像は、今年6月に開催が迫ったロシア・ワールドカップを記念して作られたもので、他にもおよそ40体のサッカーに関連した氷の彫刻が作られるという。また、この新たなC・ロナウド像はモスクワのポクロンナヤの丘にある勝利広場で行われる氷の彫刻祭でお披露目されるようで、加えて、ワールドカップに出場するスペインやポルトガルなどの国々にも貸しだされる予定とのことだ。 2018.01.06 01:42 Sat
twitterfacebook
thumb

ペルーの大エース、W杯出場OK! FIFA、薬物陽性ゲレーロの処分軽減を発表

▽国際サッカー連盟(FIFA)は20日、フラメンゴに所属するペルー代表FWパオロ・ゲレーロ(33)の処分軽減を発表した。 ▽FIFAは当初、薬物の陽性反応が確認されたゲレーロに対して、1年間の出場停止処分を決定。だが、選手の「過失の程度を考慮」した末、処分期間を6カ月に軽減した。これにより、ペルー代表で主将を務めるゲレーロは来年6月に開幕するロシア・ワールドカップ(W杯)出場が可能となる。 ▽1982年以来のW杯出場となるペルー代表は、グループCに入り、フランス代表、オーストラリア代表、デンマーク代表と対戦する。 2017.12.21 09:15 Thu
twitterfacebook
thumb

CWC決勝に出場可能と明かしたセルヒオ・ラモス、スペインのW杯出場不可の報道は「それが起こるとは思えない」

▽現在クラブ・ワールドカップに参戦しているレアル・マドリーのスペイン代表DFセルヒオ・ラモスが、自身の状態についてコメント。また、スペイン代表の問題についても語った。クラブ公式サイトが伝えた。 ▽セルヒオ・ラモスは、13日に行われた準決勝のアル・ジャジーラ(UAE)戦を欠場。チームは2-1でなんとか勝利を収め、南米王者グレミオ(ブラジル)との決勝に駒を進めていた。 ▽セルヒオ・ラモスはグレミオ戦を前に行われた記者会見に出席。自身の状態についてコメントし、決勝の出場は問題ないことを明かした。 「僕はヒラメ筋に違和感があったのと、背中と首の辺りの筋肉が拘縮していたんだ。今は状態が良いよ。問題なくトレーニングできたし、試合で使えると思う」 「僕の性格からすると、監督が起用してくれるなら全てを捧げることになる。今回のは大きな拘縮だったし、別の時にも起きたことはある。別の選択肢も考えたけど、ビッグッゲームでプレーすることを楽しみにしている。その分、余計な努力は必要だけどね」 ▽また、政治介入の影響で突如として浮上したスペイン代表のロシア・ワールドカップ出場不可問題。セルヒオ・ラモスはそのことにも言及し、考えにくいと見解を語った。 「僕はオフィスでの情勢のために、スペインがピッチで戦ったもの全てを放棄するとは思わない。スペインがワールドカップに出場しないと思われていることに苦労するよ。それが起こるとは思えないけどね」 2017.12.16 13:25 Sat
twitterfacebook
thumb

【W杯】日本戦の中継局決定! NHKはW杯開幕戦、決勝戦を含む33試合を生中継!

▽NHKは15日、2018年の6月14日から7月15日にかけて行われるロシア・ワールドカップ(W杯)の全64試合のうち、開幕戦や決勝戦を含む33試合を生中継することを明らかにした。また録画を含めると全64試合が放送されるとのことだ。 ▽今大会の開催国であるロシアは日本時間6月14日24時からサウジアラビアとの開幕戦を争う。グループBではポルトガルとスペインの隣国同士がいきなり激突。初出場のアイスランド代表はアルゼンチン代表に対して初戦で番狂わせを狙う。また、前回王者のドイツ代表は初戦でメキシコ代表と対戦。11月に日本代表とも対戦したブラジル代表はスイス代表と初戦を迎える。いずれの試合もNHKで生中継される。 ▽6大会連続6回目の出場となる日本代表はグループHでコロンビア、セネガル、ポーランドと同居。注目の初戦で6月19日21時からコロンビア代表と対戦し、第2戦のセネガル代表戦は同24日の24時から。いずれもNHKで生中継される。セネガル戦は日本テレビ系、そして同28日の23時キックオフとなるグループステージ最終節のポーランド戦はフジテレビ系列で生中継される。 ▽決勝戦は7月15日24時から放送される。その他、生中継される試合は以下のとおり。 ◆NHKで生中継される対戦カード(※表記は日本時間) 《グループA》 ▽6月14日 ロシアvsサウジアラビア(24:00) ▽6月20日 ウルグアイvsサウジアラビア(24:00) ▽6月25日 サウジアラビアvsエジプト(23:00) 《グループB》 ▽6月15日 モロッコvsイラン(24:00) ポルトガルvsスペイン(27:00) ▽6月25日 イランvsポルトガル(27:00) 《グループC》 ▽6月16日 フランスvsオーストラリア(19:00) ▽6月21日 フランスvsペルー(24:00) ▽6月26日 オーストラリアvsペルー(23:00) 《グループD》 ▽6月16日 アルゼンチンvsアイスランド(22:00) ▽6月22日 ナイジェリアvsアイスランド(24:00) ▽6月26日 ナイジェリアvsアルゼンチン(27:00) 《グループE》 ▽6月17日 ブラジルvsスイス(27:00) ▽6月22日 セルビアvsスイス(27:00) ▽6月27日 セルビアvsブラジル(27:00) 《グループF》 ▽6月17日 ドイツvsメキシコ(24:00) ▽6月18日 スウェーデンvs韓国(21:00) ▽6月27日 韓国vsドイツ(23:00) 《グループG》 ▽6月18日 チュニジアvsイングランド(27:00) ▽6月24日 イングランドvsパナマ(21:00) ▽6月28日 イングランドvsベルギー(27:00) 《グループH》 ▽6月19日 コロンビアvs日本(21:00) ポーランドvsセネガル(24:00) ▽6月24日 日本vsセネガル(24:00) ▽6月28日 セネガルvsコロンビア(23:00) 《決勝トーナメント》 ▽6月30日 グループA1位vsグループB2位(27:00) ▽7月2日 グループE1位vsグループF2位(23:00) グループG1位vsグループH2位(27:00) ▽7月3日 グループH1位vsグループG2位(27:00) ▽7月7日 準々決勝(23:00、27:00) ▽7月10日 準決勝(27:00) ▽7月15日 決勝(24:00) 2017.12.15 17:42 Fri
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース