SPAL、カリアリから昨季20発のFWボッリエッロ&DFサラモンを獲得!2017.08.20 16:40 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽SPALは19日、カリアリから元イタリア代表FWマルコ・ボッリエッロ(35)と、ポーランド代表DFバルトシュ・サラモン(26)の2選手を獲得したことを発表した。

▽かつてミランやローマ、ユベントスに在籍したボッリエッロは、昨夏カリアリに加入。ベテランながら卓越したフィジカルと高精度の左足、優れた決定力を武器に、昨シーズンはセリエA16ゴールに加え、公式戦20ゴールのハイパフォーマンスを披露。先月にはクラブと2019年までの契約延長を行ったが、その後クラブとの確執の影響もあってシーズン開幕直前の移籍となった。なお、SPALとは2019年までの2年契約にサインしている。

▽一方、ブレシアでプロキャリアをスタートした大型センターバックのサラモンは、一時ミランにも在籍し、その後はサンプドリアやペスカーラでプレー。2015年に加入したカリアリでは、昨シーズンの公式戦17試合に出場していた。なお、サラモンは買い取りオプション付きの1年間のレンタル移籍での加入となる。
コメント
関連ニュース
thumb

格下SPALに7戦ぶり白星献上のローマ、ミラノ勢にプレッシャーをかけられず…《セリエA》

ローマは16日、セリエA第28節でSPALとのアウェイ戦に臨み、1-2で敗戦した。 ラニエリ新体制となった前節エンポリ戦を辛くも2-1で逃げ切った5位ローマ(勝ち点47)は、チャンピオンズリーグ出場圏内の4位インテルを3ポイント差で追う中、出場停止明けのジェコがスタメンに復帰し、エンポリ戦でゴールを決めたシックと2トップを形成した。 ここ6試合勝利のない16位SPAL(勝ち点23)に対し、フラットな[4-4-2]で臨んだローマは右サイドにクライファート、左にエル・シャーラウィを配した。 互いに慎重な入りを見せたことで静かな展開で立ち上がっていく。そんな中22分、ローマが先制される。右クロスからファーサイドのファレスにヘッドで流し込まれた。 続く25分にもクルティッチのミドルシュートでゴールを脅かされたローマは、35分にようやくチャンス。ボックス左に個人技で侵入したジェコが左足でGKを強襲した。 しかし、ハーフタイムにかけても攻撃の形を作れなかったローマは前半を1点ビハインドで終えた。 後半からエル・シャーラウィとクライファートに代えてザニオーロとペロッティを投入したローマは52分、ザニオーロのスルーパスに反応してボックス内に侵入したジェコが相手DFに倒されてPKを獲得.これをペロッティが決めて試合を振り出しに戻した。 しかし57分、今度はボックス内に侵入したペターニャをファン・ジェズスが倒したとしてPKを献上。これをペターニャに決められ、勝ち越されてしまった。 再び追う展開となったローマは73分に同点のチャンス。ペロッティのロングフィードをボックス中央で受けたジェコが胸トラップからシュート。枠を捉えていたが、GKヴィヴィアーノの好守に阻まれてしまった。 終盤にかけてはローマが攻勢に出る流れとなったが、決定機を生み出すには至らず1-2のまま敗戦。格下に7試合ぶりの白星を献上し、明日ダービーを戦うミラノ勢にプレッシャーをかけることはできなかった。 2019.03.17 03:57 Sun
twitterfacebook
thumb

ポリターノ&ガリアルディーニ弾のインテル、3試合ぶり勝利で4位死守《セリエA》

インテルは10日、セリエA第27節でSPALをホームに迎え、2-0で勝利した。 前節カリアリ戦を1-2と競り負け、ここ2試合勝利がなく4位に後退したインテル(勝ち点47)は、3日前に行われたヨーロッパリーグ(EL)のフランクフルト戦を0-0で終えた。そのフランクフルト戦のスタメンから5選手を変更。シュクリニアルやペリシッチ、ダンブロージオらがベンチスタートとなってジョアン・マリオやガリアルディーニ、ミランダといった控えメンバーを起用した。 次節にミラノ・ダービーを控える中、16位SPAL(勝ち点23)に対し、[4-2-3-1]を採用したインテルは最前線にL・マルティネス、2列目に右からポリターノ、ジョアン・マリオ、アサモアと並べた。 慎重な入りとなった中、ミスが目立つインテルは思うように攻撃を仕掛けられない序盤となった。そんな中16分、セドリックの右クロスからL・マルティネスがボレーでようやくゴールに迫ると、続く27分にもセドリックの右クロスからL・マルティネスがヘディングシュートを浴びせ、SPALにプレッシャーをかけていった。 すると31分、アサモアの浮き球パスをボックス中央で受けたL・マルティネスがDFをかわして確実にシュートを蹴り込み、インテルが先制したかに思われた。ところが、VARの末にL・マルティネスのハンドを取られ、ノーゴールに覆ってしまった。 不運な判定に見舞われたインテルは42分、右足太ももを負傷したブロゾビッチがプレー続行不可能となってカンドレーバが左サイドに投入され、アサモアがボランチに回った。 ゴールレスで迎えた後半、前半に負傷していたミランダに代えてラノッキアを投入したインテルは、なかなか攻撃の形が作れない状況が続く。 徐々に押し込む時間を増やしていったインテルは、60分にカンドレーバがボックス内で相手DFに倒されたとアピールするも、主審はノーファウルの判定を下す。 その後も圧力をかけたインテルは67分、ついにゴールをこじ開ける。ルーズボールをボックス中央で拾ったポリターノが鋭い反転から左足を振り抜き、ゴール右に突き刺した。 さらに77分、FKの流れからセドリックのシュートをボックス中央でカットしたガリアルディーニがゴール左に蹴り込んで、インテルが突き放した。 終盤にかけてもインテルがSPALの反撃を許さず2-0で勝利。3試合ぶりの白星で4位を死守している。 2019.03.11 01:01 Mon
twitterfacebook
thumb

インテルに朗報! 負傷のケイタが今週末にも復帰か

インテルに所属するセネガル代表FWケイタ・バルデが10日に行われるセリエA第27節のSPAL戦に出場する可能性が浮上した。イタリア『フットボール・イタリア』が報じた。 ケイタは、1月中旬のトレーニングで右大腿部の筋肉を負傷。全治は少なくとも3週間以上と見込まれており、今年に入ってから別メニューが続いていた。 そんな中、ケイタは8日に自身のインスタグラムで「日曜日の準備はできている」と、順調な回復ぶりをアピール。SPAL戦での復帰を予期させる記事を投稿した。 今シーズンにモナコから買取オプション付きのレンタル移籍で加入したケイタは、ここまで公式戦22試合に出場し4ゴール3アシストの数字を残していた。 2019.03.09 00:05 Sat
twitterfacebook
thumb

フロジノーネ、SPALからMFヴィヴィアーニを獲得!

フロジノーネは24日、SPALからイタリア人MFフェデリコ・ヴィヴィアーニ(26)を買い取りオプション付きのレンタル移籍で獲得したことを発表した。 ローマのプリマヴェーラ出身のヴィヴィアーニは、イタリアの世代別代表の常連だったこともあり、トップチームデビュー時は新進気鋭のレジスタとして将来を嘱望される逸材の一人と目された。 しかし、ローマのトップチームに定着できず、その後はヴェローナやボローニャと渡り歩き、昨シーズンにはSPALに買い取りオプション付きのレンタル移籍で加入していた。今季はコッパ・イタリアで1試合プレーもセリエAでのプレー機会はなかった。 2019.01.24 18:15 Thu
twitterfacebook
thumb

スイス代表DFジュルーがSPALとの契約を解除

SPALは17日、スイス代表DFヨハン・ジュルー(31)との契約を解除したことを発表した。 アーセナルでプロデビューを飾ったセンターバックのジュルーは、ハンブルガーSVで主力として活躍後、2018年夏にアンタヤスポルからSPALに加入。しかし、今季のセリエAではわずか5試合の出場に留まっていた。 2019.01.18 00:50 Fri
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース