酒井高が失点関与のHSV、10人となった3部のオスナブリュックに完敗《DFBポカール》2017.08.14 00:24 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ハンブルガーSVは13日、DFBポカール1回戦でオスナブリュックとアウェイで対戦し、1-3で完敗した。HSVのDF酒井高徳はフル出場している。

▽1週間後にアウグスブルクとのブンデスリーガ開幕戦を控えるHSVは、昨季に続いてキャプテンを務める酒井が[4-2-3-1]の右サイドバックで先発となった。新戦力のハーンを右MFで起用したHSVが、時間の経過とともにポゼッションを高めていくと、18分に退場を誘発する。ウッドがスピードを活かしてボックス内に侵入しかけたところでアッピアーのスライディングタックルを足に受けた。

▽数的優位となったHSVは、33分にFKからパパドプーロスがヘディングシュートでGKを強襲する。しかし39分、失点してしまう。自陣左サイドをえぐられてクロスを折り返され、サブランにシュートを決められた。ハーフタイムにかけてはチャンスを作れなかったHSVは1点ビハインドのまま前半を終えた。

▽迎えた後半からG・ユングに代えてホルトビーを投入したHSVが敵陣でのプレーを続けていったが攻めあぐねると、61分に痛恨の2失点目を喫する。自陣右サイドを突破され、最後はハイダーに蹴り込まれた。

▽さらに71分、酒井のミスから致命的な3失点目を喫する。クロスボールに対応する際に足を取られた酒井のミスを突いて、元HSVのアルスランにゴールを許した。

▽その後、ウッドがPKで1点を返したものの、HSVは10人となった格下に1-3で完敗。1回戦で早くも敗退となり、ブンデスリーガ開幕に不安を残している。

コメント

関連ニュース

thumb

DFBポカールで3部相手に1回戦敗退となった酒井高徳「簡単にゴールを許した」

▽ハンブルガーSVの日本代表DF酒井高徳が、DFBポカールのオスナブリュック(3部)戦後にコメントした。クラブ公式サイトが伝えた。 ▽ハンブルガーSVは、3部のオスナブリュックと対戦。キャプテンを務める酒井は右サイドバックで先発出場を果たした。チームは1人少ない相手に前半1ゴールを許すと、61分にも失点。71分にもゴールを許し3点のビハインドに。終盤にPKで1点を返すも、そのまま敗れ1回戦で敗退となった。 ▽試合後、失点にも絡んでしまった酒井がクラブを通じてコメント。受け入れがたい敗戦ながらも、1週間後に控えるブンデスリーガ開幕戦までに改善すると語った。 「僕たちはあまりにも簡単にゴールを許してしまいました。それが負けた原因です」 「準備は良かったと思います。今日までは全く問題がなかったです。ただ、このような結果は期待したものではありません。とても悪いことです」 「また、ファンも、関わる全ての人も、ホームで僕たちを後押ししてください。僕たちはシーズンの開幕を控えており、早急に全てを完全していかなくてはいけません」 ▽なお、ハンブルガーSVは2017-18シーズンのブンデスリーガ開幕戦で日本代表FW宇佐美貴史が所属するアウグスブルクと対戦する。 2017.08.14 15:05 Mon
twitterfacebook
thumb

HSV幹部が酒井高徳との契約延長を示唆「キャプテンを失うなんて考えられない」

ハンブルガーSVで主将を務める日本代表DF酒井高徳にトルコのベジクタシュが獲得のオファーを送っていると報じられていた。<br><br>しかし、HSVのスポーツディレクターを務めるイェンス・トッドは地元メディア『ビルト』で、酒井が非売品であることを主張。さらに、今後の新契約締結をほのめかしている。<br><br>「我々のキャプテンを、この夏に失ってしまうなんて考えられない。彼を他のクラブに差し出すようなことは絶対にない」<br><br>トッドSDは「酒井はHSVにふさわしい選手だ。我々は彼と今後のことについて話し合う必要がある」と続け、2018年6月までとなっている酒井との契約を、さらに延長させる意向があることを明かした。<br><br>ベジクタシュからの関心が報じられていた酒井だが、代理人のギド・ヴァルター氏も酒井本人が残留を望んでいることをメディアの前で語っており、酒井の契約延長締結はもはや時間の問題となっているようだ。<br><br> <br>提供:goal.com 2017.08.13 22:07 Sun
twitterfacebook
thumb

ハンブルガーSV酒井高徳、チームキャプテンを続投

▽ハンブルガーSVは9日、日本代表DF酒井高徳が2017-18シーズンもチームキャプテンを続投すると発表した。 ▽酒井は、昨シーズン途中にDFヨハン・ジュルー(現・アンタルヤシュポル)からキャプテンの座を継承。ブンデスリーガ33試合1得点2アシストを記録したプレー面だけでなく、リーダーシップも発揮し、チームの1部残留に貢献した。 ▽なお、副キャプテンには、DFメルギム・マブライ、DFキリアコス・パパドプーロスの2選手が就任。19日に開幕する第1節で、日本代表FW宇佐美貴史が所属するアウグスブルクとホームで対戦する。 2017.08.10 09:00 Thu
twitterfacebook
thumb

HSV退団のDFジュルーがアンタヤシュポルに加入

▽トルコ・スーパーリーグに所属するアンタヤシュポルは7日、昨季限りでハンブルガーSVを退団したスイス代表DFヨハン・ジュルー(30)の加入を発表した。契約期間は2019年までの2年となり、更なる契約延長オプションも付随している。 ▽アーセナルでプロデビューを飾ったジュルーだが、トップチームでは思うように出場機会を伸ばせず、2014年には前年にレンタルで加入していたHSVに完全移籍。同クラブではレンタル期間を含めて、公式戦104試合に出場し、2ゴールを記録していた。 ▽昨シーズンはシーズン途中までキャプテンを務めていたものの、監督交代の影響で日本代表DF酒井高徳にキャプテンマークを譲り、リーグ戦の出場も14試合にとどまっていた。 2017.08.07 22:45 Mon
twitterfacebook
thumb

HSVがスパルタ・ロッテルダムからU-19オランダ代表DFファン・ドロンゲレンを獲得

▽ハンブルガーSV(HSV)は3日、スパルタ・ロッテルダムからU-19オランダ代表DFリック・ファン・ドロンゲレン(19)を獲得した。契約期間は2022年6月30日までの5年間となる。 ▽HSVへの加入が決まったファン・ドロンゲレンは、クラブの公式サイトで以下のようにコメント。 「ハンブルガーSVに加入できて最高の気分だよ。今回の移籍は僕にとって大きなステップで、ここで新たな仲間から多くのことを学びたいね。HSVのスタジアムでプレーするのが待ち切れないよ」 ▽ファン・ドロンゲレンはスパルタ・ロッテルダムユースの出身で、2015年12月に行われたエールステ・ディビジ(オランダ2部相当)第17節のフォレンダム戦でトップチームデビュー。その後もコンスタントに出場を重ね、リーグ戦15試合に出場。クラブのエールステ・ディビジ制覇に貢献した。 ▽7季ぶりのエールディビジ昇格となった昨季は、主力として公式戦34試合に出場し1アシストを記録。また、2015年10月にデビューしたU-19オランダ代表では、これまで13試合に出場している。 2017.08.04 01:40 Fri
twitterfacebook


PUMA ONE特集
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース