酒井高が失点関与のHSV、10人となった3部のオスナブリュックに完敗《DFBポカール》2017.08.14 00:24 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ハンブルガーSVは13日、DFBポカール1回戦でオスナブリュックとアウェイで対戦し、1-3で完敗した。HSVのDF酒井高徳はフル出場している。

▽1週間後にアウグスブルクとのブンデスリーガ開幕戦を控えるHSVは、昨季に続いてキャプテンを務める酒井が[4-2-3-1]の右サイドバックで先発となった。新戦力のハーンを右MFで起用したHSVが、時間の経過とともにポゼッションを高めていくと、18分に退場を誘発する。ウッドがスピードを活かしてボックス内に侵入しかけたところでアッピアーのスライディングタックルを足に受けた。

▽数的優位となったHSVは、33分にFKからパパドプーロスがヘディングシュートでGKを強襲する。しかし39分、失点してしまう。自陣左サイドをえぐられてクロスを折り返され、サブランにシュートを決められた。ハーフタイムにかけてはチャンスを作れなかったHSVは1点ビハインドのまま前半を終えた。

▽迎えた後半からG・ユングに代えてホルトビーを投入したHSVが敵陣でのプレーを続けていったが攻めあぐねると、61分に痛恨の2失点目を喫する。自陣右サイドを突破され、最後はハイダーに蹴り込まれた。

▽さらに71分、酒井のミスから致命的な3失点目を喫する。クロスボールに対応する際に足を取られた酒井のミスを突いて、元HSVのアルスランにゴールを許した。

▽その後、ウッドがPKで1点を返したものの、HSVは10人となった格下に1-3で完敗。1回戦で早くも敗退となり、ブンデスリーガ開幕に不安を残している。

コメント

関連ニュース

thumb

2部降格のハンブルガーSV、酒井高徳に代わりフントがキャプテンに就任

▽ハンブルガーSVは11日、2018-19シーズンのキャプテンを発表した。新キャプテンにはMFアーロン・フント(31) が就任することを発表した。クラブ公式サイトが伝えた。 ▽ハンブルガーSVは、日本代表DF酒井高徳がキャプテンを務めていたが、2017-18シーズンのブンデスリーガで17位に終わり、クラブ史上初の2部降格となっていた。 ▽今回フントが新キャプテンに就任し、副キャプテンにはMFルイス・ホルトビー(27)、MFクリストフ・モリッツ(28)が就任した。 2018.07.11 21:55 Wed
twitterfacebook
thumb

ハノーファー、2部降格のHSVからアメリカ代表FWウッドをレンタルで獲得

▽ハノーファーは9日、ハンブルガーSV(HSV)からアメリカ代表FWボビー・ウッド(25)を買取オプション付きのレンタル移籍で獲得した。なお、背番号は17を着用する。 ▽1860ミュンヘンの下部組織で育ったウッドは、エルツェルビルゲ・アイエ、ウニオン・ベルリンを経て2016年7月にHSVへ加入。HSVでは、在籍2シーズンで公式戦57試合に出場し12ゴール2アシストをマーク。昨季はブンデスリーガで24試合に出場するも、わずか2ゴールにとどまり、チームもクラブ史上初の2部降格となった。 ▽また、アメリカ代表としても2013年8月にデビュー。これまで39試合に出場し12得点を記録している。 ▽ハノーファーへの加入が決まったウッドは、公式サイトで以下のように意気込みを語った。 「監督とはとてもいい話し合いができたし、クラブがどういうサッカーをしていきたいとか、そこで僕はどういった役割を担うのかを理解できた。僕はハノーファーへの移籍が正しいと思えたし、嬉しいね。明日、新たなチームメイトに合うのが楽しみだよ」 2018.07.10 01:05 Tue
twitterfacebook
thumb

ハノーファー、HSVから問題児MFワラセを完全移籍で獲得

▽ハノーファーは26日、ハンブルガーSVから元ブラジル代表MFワラセ(23)を完全移籍で獲得した。契約期間は2022年6月30日までの4年間となる。 ▽2013年にアヴァイの下部組織からグレミオの下部組織に加入したワラセは、2014年にトップチームに昇格すると、同年4月にリーグデビュー。その後も、グレミオで主力としてプレーすると、2016年12月には15年ぶりにチームをコパ・ド・ブラジル優勝に導いた。 ▽また、U-20からブラジル代表に選出されてきたワラセは、2016年6月に行われたコパ・アメリカ・センテナリオ2016でフル代表に初招集されると、同年8月に行われたリオ・デ・ジャネイロオリンピックでは、U-23ブラジル代表として金メダル獲得に貢献した。 ▽この活躍が認められ、ワラセは2017年の夏にハンブルガーSVへ移籍。しかし、ハンブルガーSVでは、母国ブラジルのクラブへの移籍を目指してボイコットを敢行したり、クラブからセンターバックとしてのプレーを打診されるも、それを拒否しベンチ外になるなど問題行動が目立ち、公式戦19試合の出場にとどまっていた。 2018.06.27 00:07 Wed
twitterfacebook
thumb

フランクフルト、2部降格のHSVからN・ミュラーを獲得!

▽フランクフルトは12日、ブンデスリーガ2部に降格するハンブルガーSV(HSV)から元ドイツ代表FWニコライ・ミュラー(30)をフリートランスファーで獲得したことを発表した。契約期間は2020年までの2年となるが、更なる契約延長オプションが付随している。 ▽降格したHSVを離れて来季もブンデスリーガに残留することになったミュラーはフランクフルト公式サイトで今回の移籍に関して以下のようにコメントしている。 「ハンブルクで過ごした時間の中にはたくさんの特別な瞬間でもあったよ。常に思った通りにいったわけではなかったけど、移籍を後悔したことはないよ」 「今日は素晴らしい日だ。僕はずっとフランクフルトのファンだったからね。ここ数年間でチームは成長を見せているし、個人的にこれからも成功を続けていく助けになっていきたいと思う」 ▽一方、2列目の複数ポジションをこなせる快足アタッカーの獲得に成功したフレディ・ボビッチマネージャーは、「ニコライはブンデスリーガで経験豊富なベテラン。我々に完璧にマッチするプレーヤーだ。スピードがあり、攻撃的ポジションであれば複数でプレーが可能だし、性格的にも素晴らしい。負傷に関しては完全に回復し切っていると思っている」と、満足感を示している。 ▽フランクフルトのユースチームを経てグロイター・フュルトでプロデビューを飾ったミュラーは、マインツを経て2014年にHSVに加入。同クラブでは左右のウイングを主戦場に加入から3シーズンに渡って活躍した。 ▽だが、今季はアウグスブルクとの開幕戦で開幕ゴールを記録するも、ゴールセレブレーションの際に着地を誤り、ヒザ前十字じん帯断裂の重傷を負った。奇しくもフランクフルトとの第33節で復帰を果たすも、HSVの2部降格の一因だったとの批判も浴びている。 2018.06.14 14:50 Thu
twitterfacebook
thumb

2部降格のHSV、主力MFフントの残留決定! 「次のシーズンに目標を達成できると確信」

▽ハンブルガーSV(HSV)は2日、元ドイツ代表MFアーロン・フント(31)と2020年6月30日まで契約を延長したことを発表した。 ▽今シーズンのブンデスリーガを17位で終えてクラブ史上初の2部降格を味わうことになったHSVだが、日本代表MF酒井高徳や元ドイツ代表MFルイス・ホルトビーに続く形でフントの残留が決定した。 ▽31歳のベテランMFはクラブとの契約延長に際して以下のようなコメントを残している。 「良いプレーヤーが揃っているチームと、ブンデスリーガ最後の8週間で見せたような戦法によって、次のシーズンに目標を達成できると確信しているよ。だから ハンブルガーSVのオファーを受けたんだ」 ▽一方、HSV幹部のラルフ・ベッカー氏は、「アーロンは経験豊富で我々のチームのリーダー的な役割を担うべきプレーヤーだ。フットボーラーとして高いクオリティと経験を備えており、チームにとって重要な支えとなるだろう」とコメントしている。 ▽ブレーメンの主力として長らく活躍したフントはヴォルフスブルクを経て2016年にHSVに完全移籍で加入。今季はトップ下を主戦場にリーグ戦29試合に出場し3ゴール2アシストの数字を残していた。 2018.06.02 20:39 Sat
twitterfacebook


ロシアW杯

超WS×MON

ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース