ドルトムント現役コーチが指導する小学生向けのサッカーキャンプ「Borussia Dortmund EVONIK JUNIOR CAMP POWERED BY PUMA」が今夏も実施!2017.08.13 14:30 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
(c) CWS Brains, LTD.
▽8月8日から11日にかけて、ドルトムントの現役コーチによる小学生向けのサッカーキャンプである「Borussia Dortmund EVONIK JUNIOR CAMP POWERED BY PUMA」が行われた。

▽選手育成システムでは世界中から注目を集め、世界最高峰ともされるドイツ。その中でも、特に高評価を得ているドルトムントのコーチが、4日間にわたって小学生を指導するのが今回のキャンプだ。
▽今回も東京都調布市にあり、FC東京の本境地である味の素スタジアムに隣接されるアミノバイタルフィールドでキャンプを実施。小学1年~6年生までの76名が参加した。
▽子供たちには、ドルトムントカラーである黄色と黒のトレーニングキット2セットと、ボール、バック、キャップ、そしてプーマが新たに開発した「PUMA ONE」がプレゼント。また、キャンプを通して最優秀選手に選ばれた選手には、ドルトムントへの招待という特典付きとなっている。

▽トレーニングは、初日を除き、午前、午後の2部制となっており、昼食後にはドイツ語講座や、ドルトムントの試合映像を観る講座なども含まれている。
(C)CWS Brains,LTD.
▽子供たちは能力や学年に合わせて4つのグループに分けられ、それぞれのグループにはドルトムントのコーチ、さらに通訳も兼ねた日本人コーチが帯同。グループごとにレベルを合わせたトレーニングが実施された。
(C)CWS Brains,LTD.
▽トレーニングは基礎的なものからスタートするものの、ドリブルやパスなどは実戦での動きを意識したものに。下級クラスでもインサイドで浮き玉のパスや、ヘディングでパス を返すトレーニングを実施すると、子供たちにはステップを踏ませて的確に返すことを要求。ボールをただ蹴るだけではなく、動きの中でのパスを求めていた。
(C)CWS Brains,LTD.
▽また、上級クラスではシュート練習の際にコーンをディフェンダーに見立て、かわしてシュートを打つというトレーニングだったが、コーンをかわす距離が近すぎることをコーチは指摘。ディフェンスが足を出してくる距離を考えてかわすように指示を出すなど、実戦での動きを意識しながらのシュートを求め、動きだけでなく頭を使うことを求めていた。
(C)CWS Brains,LTD.
▽トレーニング中の子供たちは、笑顔に溢れ、しっかりと技術や動き方を習得した様子。真夏の4日間にわたって行われたキャンプは、子供たちにとってかけがえのない4日間となり、今後のサッカー人生に影響を与えることとなるだろう。

コメント

関連ニュース

thumb

世界初!GKが新ホームシャツを着用予定! プーマ発表のイタリア代表の新ユニはブッフォンが着用!

▽プーマとイタリアサッカー連盟(FIGC)は5日、2018シーズンのイタリア代表の新ホームキットを発表した。10月6日のマケドニア代表戦でお披露目され、世界初となるゴールキーパーが新ユニフォームを着用して試合に出場する。 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/puma20171006_1_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div>▽GKジャンルイジ・ブッフォンは、20年にわたってイタリア代表に貢献。その献身と情熱に敬意を表すとともに、6度目となる世界の舞台に立つことを願い、トリノにてストリートアーティストグループ“Kamp Seedorf”によって描かれた新しいホームシャツを身にまとったジャンルイジ・ブッフォンの巨大な壁画とともに発表された。 ▽マケドニア戦では、フィールトプレーヤーではなくブッフォンがホームユニフォームを着用。キャリアの中で初めて有名な“アズーロ”のキットを試合で着用する。また、9日に行われるアルバニア代表戦でもホームキットが着用される。 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/puma20171006_1_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div>▽トスカーナ州にある人口6万5000人の美しい街、カッラーラ。大理石の町としても有名なこの都市はアプアン・アルプス山脈の麓にあり、あたかもいつの日かその名が歴史に刻まれることを予告していたかのごとく、ジャンルイジ・ブッフォンは採石場の隣で生まれた。ブッフォンは、まるで彼の成長を見守ってきた大理石の原石のようで、彼には今日のようなサッカーのアイコンになるために磨かれる時間が必要だった。 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/puma20171006_1_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div>▽世界のトップに立つためにブッフォンには8年もの長い歳月が必要だった。そしてブッフォンはフットボール界のトップに立ち続けるために奮闘。毎シーズンが終わる度、そして4年に一度の大会を重ねる度に彼の偉業は称えられ、ついにはゴールキーパーの殿堂入りを果たし、これからも永遠にとどまることだろう。 ▽また、アルバニア戦が行われる10月9日で、ブッフォンはイタリア代表デビューから20周年を迎える。マルセイユの太陽、ブラジルの雨、ブブゼラの音、幻滅の涙、そして歓喜の涙。ブッフォンは数々の負傷やグループステージ敗退などを経験しながらも、 年大会の優勝カップを掲げ、自身が世界でナンバーワンのゴールキーパーであることを証明。そして、171回着用したユニフォームに4つ目の星を加えることができた。しかし、ブッフォンの気持ちはイタリアのカラーであるブルーです。すべての若者たちと同じように夢は“アズーロ”のシャツに袖を通すことであるとブッフォンは言及している。 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/puma20171006_1_tw5.jpg" style="max-width: 100%;"></div>▽新ホームキットは、新しいFIGCバッジを左胸に配し、イタリアの偉大なる栄光を表す“イタリアントリコロール”が袖口と襟裏に施され、プレーヤーを鼓舞するようにデザインされている。そして、初めてシャツの袖に腕を通してテレビでヒーローたちを観た時や、本当の楽しさや情熱に初めて触れた時の思い出を再燃させる、忘れることができない“アズーロ”ブルーを採用している。この新しいシャツのレプリカは、10月6日(金)よりプーマ取り扱いショップにて販売予定だ。 2017.10.06 13:21 Fri
twitterfacebook
thumb

ボルトが川崎フロンターレに加入!? 麻生グラウンドに登場し小林悠と協力プレー!

▽6日、川崎フロンターレがトレーニングを行う麻生グラウンドに陸上界のレジェンドであるウサイン・ボルト氏が登場した。 ▽サッカー好きと知られ、マンチェスター・ユナイテッドの大ファンであるボルト氏は、北京五輪とロンドン五輪の陸上競技で100m、200m、4×100mリレーの3冠を2大会連続で達成。今夏ロンドンで開催されていた世界陸上2017で現役を引退していた。 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/puma20170905_1_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div>▽ボルト氏は、麻生グラウンドで川崎Fの選手たちと触れ合い、自身の00m世界記録である「9.58」の番号が入った川崎Fのユニフォームがプレゼントされ、着用して記念撮影を行った。 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/puma20170905_1_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div>▽その後は、小林悠とともにボルト氏が「ウイニングイレブン2018」をプレー。ボルト氏は川崎Fに“助っ人”として加入し、小林とともに協力プレーを実施。ドルトムントと対戦すると、ボルト氏は持ち前のスピードを活かしたプレーでゴールを奪うなど活躍を見せていた。 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/puma20170905_1_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div> <div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr>◆ウサイン・ボルトが川崎Fに入団!?◆ <a href="https://www.pscp.tv/w/1yNGamkNbOVGj" target="_blank">プレー映像をチェック</a><hr></div> <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/puma20170905_1_tw5.jpg" style="max-width: 100%;"></div> 2017.09.06 21:00 Wed
twitterfacebook
thumb

プーマがクロームエディションのPUMA ONEを発表!

▽プーマは、PUMA ONEのスペシャルエディションを発表した。このスパイクは、ピッチ上でのパフォーマンスを高め、優れたフィーリングを与えてくれる。 ▽クロームエディションのPUMA ONEのアウトソールはピッチ上で異彩を放ち、高級感を漂わせるルック。一方、アッパーのインパクトのあるカラーは、強度、軽量性、可鍛性といった金属の特性を連想させるものとなっている。 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/puma20170902_1_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div> ▽このスペシャルエディションのために特別にデザインされたマイクロファイバーアッパーが、より軽量のPUMA ONEを作り出すことを可能にし、アルミニウムインスピスレーションを忠実に再現。これにより、FAST(加速)が向上しつつも、エヴォニットソックによるFIT(フィット感)と、アッパー前足部のタイトメッシュ構造によりボールタッチを向上させるFEEL(タッチ感)はキープしたままとなっている。 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/puma20170902_1_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div> ▽アントワーヌ・グリーズマンは、このPUMA ONEのスペシャルエディションのスパイクを8月31日のゲームで着用し、スキルとピュアスタイルとともに輝きを放った。9月3日のゲームでも着用予定となっている。 2017.09.02 16:00 Sat
twitterfacebook
thumb

プーマがドルトムントの新インターナショナルキットを発表

▽プーマは23日、ドルトムントの2017-18シーズンのインターナショナルキットを発表した。このキットは、ドルトムントが出場する国際大会のみで着用される。 ▽ドルトムントのチームカラーであるブラックとイエローの新インターナショナルキットは、ブラーグラフィックが描かれており、ヨーロッパの夜に光り輝くスタジアムにて、ダイナミックに一際目立つ「ドルトムントウェイ」なフットボールスタイルからインスピレーションを得ている。 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/puma20170824_1_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div>▽伝統的なイエローとブラックで彩られたシャツを着用したチームは有名な黄色い壁となり、大舞台で威圧力とパワーをシームレスに生み出すこととなる。このキットは、23日より、プーマ取り扱いショップにて販売中だ。 2017.08.24 11:49 Thu
twitterfacebook
thumb

さらなるユーティリティ性を求められる長谷部誠が手にした“武器”

▽2016-17シーズンはリベロのポジションを確保し、新境地を開拓したMF長谷部誠。今シーズンもクラブでのポジションは揺るがないものとなりそうだ。 ▽以前は攻撃的なポジションでプレーし、ドリブル突破などで前線の攻撃陣にも絡んでいくプレースタイルだった長谷部。しかし、徐々にポジションを下げると、ボランチとして開花。2008年にドイツへ渡りブンデスリーガに挑戦したが、ドイツでもボランチのポジションを掴んだ。 ▽正確なプレー、そして勤勉さ、さらにはピッチ上の監督とも言われるキャンプテンシーと統率力はドイツでも高く評価され、ボランチのみならずサイドバックやセンターバックとしてもプレーした。 ▽2016-17シーズンは、3バックの中央でリベロのポジションに抜擢。すると、長谷部のユーティリティ性が引き出され、ブンデスリーガ挑戦から10シーズン目にして新境地を開拓した。 ▽シーズン終盤に負傷し、最後まで戦うことができなかった長谷部だが、新シーズンに向けたプレシーズンマッチではプレーを再開。新たに迎えるシーズンでもレギュラーが当確と見られている。 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/puma20170815_3_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div> ▽新シーズンもリベロ、そしてボランチのポジションでの起用が見込まれる長谷部は、“全てのプレーヤーのニーズに応えることができる究極のスパイク”をコンセプトにプーマが開発した「PUMA ONE(プーマワン)」を着用する。<div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://goo.gl/M7Dw9P" target="_blank">「PUMA ONE」公式サイトはこちら</a><hr></div>▽「FAST(加速)」、「FIT(フィット感)」、「FEEL(タッチ感)」に優れている「PUMA ONE」は、長谷部にとって欠かせないアイテムになるだろう。リベロのポジションは、最後の砦としてチームの守備を支える役割を担い、ブンデスリーガの強力なアタッカー陣を抑えなくてはいけない。そんな“リベロ”長谷部にはうってつけのスパイクだ。 ▽アタッカー陣のスピードについていくための「FAST(加速)」、鋭い切り返しや瞬時の対応時に必要な「FIT(フィット感)」、そして攻撃につなげるためのボールコントロールに必要な「FEEL(タッチ感)」と全てを兼ね備えている「PUMA ONE」は、長谷部のパフォーマンスにも影響を与えるに違いない。持ち前の冷静な判断力、ゲームを読む力、そしてチームメイトを統率するキャプテンシーも合わされば、チームの核としてピッチで活躍することだろう。 ▽新たな武器を手にした長谷部誠。全ての力を引き出す新スパイク「PUMA ONE」を履いたブンデスリーガ11年目の長谷部のプレーから目が離せない。<div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://goo.gl/uPBg1X" target="_blank">「PUMA ONE」公式サイトはこちら</a><hr></div> 2017.08.22 20:00 Tue
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース