ランパード「コラシナツはイバノビッチのよう」2017.08.13 13:00 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽チェルシーOBで元イングランド代表MFのフランク・ランパード氏は、アーセナルが今夏に獲得した“あの選手”をチェルシー時代の元チームメートであるゼニトのDFブラニスラフ・イバノビッチを彷彿とさせるとして「成功」と評した。イギリス『Squawka』が伝えている。

▽ランパード氏が名前を挙げた“あの選手”とは、ボスニア・ヘルツェゴビナ代表DFセヤド・コラシナツ。今夏にシャルケからフリートランスファーでやってきたユーティリティ性をあわせ持つフィジカルに長けた選手だ。

▽そのコラシナツは、11日に行われたプレミアリーグ開幕節のレスター・シティ戦(4-3でアーセナルが勝利)に3バックの左ストッパーとして先発。守備面だけでなく、FWダニー・ウェルベックのゴールをアシストするなど、攻守にわたって高い貢献度を誇った。

▽ランパード氏は、そのコラシナツについて、「アーセナルが必要としてきたものを持つ選手」と評価。将来的に、よりアーセナルファンから愛される選手になるとの見解を示し、コラシナツの能力に太鼓判を押した。

「チェルシーにいたイバノビッチを思い出すよ。彼が左利きなのは知っているけど、似たフィジカルを持っている。彼はファンに愛されるパワフルな選手になるだろうね。彼はタックルを好む選手。それはアーセナルが求めてきた選手さ。彼はサポーターから愛されるパワフルな選手になるだろう。彼はタックルを好んでいて、それはアーセナルが必要としていたものだからね。良い補強だと思う」

コメント

関連ニュース

thumb

ジルー「ドルトムントが最も興味深いオファーだった」…それでもチェルシーを選んだ理由とは

▽デッドライン・デイにアーセナルからチェルシーに完全移籍したフランス代表FWオリヴィエ・ジルーがアーセナル退団の理由を告白している。イギリス『デイリー・ミラー』が報じた。 ▽2012年夏にモンペリエからアーセナルに加入したジルーは、以降5シーズンに渡ってレギュラーとして活躍。昨シーズンには先発回数が減ったものの、高い得点力を発揮してチームに貢献していた。しかし、今シーズンは昨年の夏にフランス代表FWアレクサンドル・ラカゼットが加入したこともあり、ポジションを失っていた。さらに1月31日にはガボン代表FWピエール=エメリク・オーバメヤンがドルトムントから加入。ジルーは同日に1800万ポンド(約26億8900万円)でチェルシーへ移籍した。 ▽チェルシー加入後ここまで公式戦3試合1ゴール3アシストを記録しているジルーは、「プレーすることで幸せになりたかった」アーセナル退団の理由を明かした。また、ドルトムントからも熱烈なオファーがあったことを認め、それでもチェルシーを選択した訳を告白している。 「アーセナルでは明らかにイライラしていたよ。1年間半でますますひどくなった。僕はそれを続けることができなかったし、もう1年アーセナルのサブや3番手として過ごすことはできなかった」 「新たなストライカー(オーバメヤン)の加入で自分の未来が暗く見えた。再びプレーすることで幸せになりたかったんだ。だから僕はチームを去った。単純なことだよ」 「最も簡単な解決案は、ドルトムントに行くことだったんだ。アーセナルはドルトムント同様にそれが幸せだったし、金銭的な話でも最も興味深いオファーだった。チェルシーも素晴らしいオファーだったけど、ドルトムントはとても僕を欲しがってくれた」 「しかし、長引いてしまった。3人目の子どもが生まれたばかりでストレスもあった。それがドルトムントに行きたくなかった理由でもあるんだ」 「息子と4カ月会えずにやっていけるかどうかわからなかった。困難に立ち向かうためには彼らが必要だったんだよ」 2018.02.22 10:04 Thu
twitterfacebook
thumb

バルサが狙うベジェリン、最大のライバルが横槍?

▽アーセナルのスペイン代表DFエクトル・ベジェリン(22)に思わぬ移籍の噂が立っている。『ESPN』が報じた。 ▽22歳の快速サイドバックであるベジェリンは、パフォーマンスの高さと年齢から多くのクラブが獲得に興味を示している。 ▽今シーズンはアーセナルでより重要なポジションを任されており、プレミアリーグでは全試合で先発出場し2ゴールを記録している。 ▽最近は、アーセナルTVにて、常にチームを批判する人々を「本当のファンではない」とコメントし、炎上してしまう事態にも陥っていた。 ▽そんなベジェリンだが、スペインではレアル・マドリーのフロレンティーノ・ペレス会長が今夏にトップターゲットにすると報道。かつてのライバルクラブへの“禁断の移籍”が実現する可能性もゼロではない。 ▽ベジェリンはバルセロナのカンテラ出身であり、2011年にアーセナルのユースチームへ移籍。2013年にトップチームへと昇格していた。 ▽古巣であるバルセロナが常にターゲットにしているベジェリンだが、まさかのマドリー移籍が起こるのだろうか。 2018.02.21 22:45 Wed
twitterfacebook
thumb

アーセナルがエミレーツ航空との胸スポンサー契約延長を発表! 5年間で総額300億円の大型契約を締結!!

▽アーセナルは19日、エミレーツ航空とのスポンサー契約を2023-24シーズンまで延長することを発表した。なお、公式サイトで契約金などは明かされていないが、イギリス『BBC』やイギリス『デイリー・ミラー』によると、年間4000万ポンド(約60億円)で総額2億ポンド(約300億円)の大型契約を結んだと報じている。 ▽今回の契約延長を受け、アーセナルのイワン・ガジディス最高経営責任者(CEO)はクラブの公式サイトで以下のようにコメントしている。 「我々とエミレーツ航空のパートナーシップは、プレミアリーグでの最長期間であり、世界のスポーツ界を見ても最も長い関係のひとつだ。私たちのアプローチと野心の信念と投資の大幅な増加は、私たちがトロフィーのために競争し続け、世界中のクラブやファンにもっと成功をもたらすのに役立つことだろう」 「エミレーツ航空は、2024年までシャツ・パートナーシップを拡大することで、影響力を拡大し、世界を牽引するという我々の野望に重要な役割を果たしているアーセナルの最高のパートナーであり、両組織がどれほど価値を持ち、パートナーシップによってどれだけ多くの利益を得ているかを強調している」 ▽アーセナルは、スタジアムのネーミングとしてもお馴染みのエミレーツ航空と2006-07シーズンから契約を締結。以降11年にわたって同社と契約を結んでいた。なお、エミレーツ航空とのスタジアムのネーミングライツ契約は、2028年までとなっている。 2018.02.20 00:00 Tue
twitterfacebook
thumb

世界で最も高給取りの監督は? プレミア勢が上位独占でブンデスリーガは…

スペイン紙『アス』が、世界で最も高給取りの監督は誰なのかを発表している。ランキング形式で伝えた。<br><br>■10位 ラファエル・ベニテス(ニューカッスル)スペイン出身の57歳。愛称は「ラファ」。バレンシアでラ・リーガとUEFAカップを制した後、リバプールの監督に就任。2004-05シーズンのUEFAチャンピオンズリーグで優勝を成し遂げた。インテル、チェルシー、ナポリを経て2016年よりニューカッスルを率いる。年俸は540万ユーロ(約7億1000万円)。<br><br>■9位 マウリシオ・ポチェッティーノ(トッテナム)45歳。現役時代はアルゼンチン代表DFとしても活躍した。指導者としては2009年に古巣・エスパニョールの監督に就任。2013-14シーズンは、吉田麻也の所属するサウサンプトンを指揮した。2014年からトッテナムを率い、優勝争いに絡むチームにまで成長させた。年俸は660万ユーロ(約8億7000万円)。<br><br>■8位 マッシミリアーノ・アッレグリ(ユベントス)イタリア出身の50歳。現役時代に目立った活躍はなく、イタリア下位リーグから指導歴をスタートさせる。2011-12シーズン、ミランの監督に就任すると、チームをリーグ優勝に導く。2014年からユベントスを率い、セリエA3連覇(前任のアントニオ・コンテ時代を含めると6連覇)を達成する。年俸は700万ユーロ(約9億3000万円)。<br><br>■7位 アントニオ・コンテ(チェルシー)48歳。現役時代はイタリア代表でも活躍した。2011年、古巣・ユベントスの監督に就任。すると2011-12シーズンからセリエA3連覇を達成する。2016年にチェルシーの監督に就任すると、就任初年度にプレミアリーグ優勝を達成した。年俸は780万ユーロ(約10億3000万円)。<br><br>■6位 ユルゲン・クロップ(リバプール)ドイツ出身の50歳。2001年、マインツで現役を引退すると、そのまま古巣の監督に就任し、2004年に1部昇格を達成する。2008年からドルトムントを率いると、2010-11シーズンから連覇を達成。この時、香川真司も主力として活躍した。2015年からリバプールを率いる。年俸は830万ユーロ(約11億円)。<br><br>■5位 ジネディーヌ・ジダン(レアル・マドリー)45歳。現役時代の活躍ぶりは説明するまでもない。古巣であるレアル・マドリー下部組織の監督などを経て、2016年1月、ラファエル・ベニテスの後任として、トップチームの監督に就任する。すると2015-16シーズンからUEFAチャンピオンズリーグ連覇を達成。就任2年目の2016-17シーズンにはラ・リーガも制覇している。年俸は950万ユーロ(約12億6000万円)。<br><br>■4位 アーセン・ヴェンゲル(アーセナル)フランス出身の68歳。モナコでリーグ・アンを制した後、1995年から翌年9月まで名古屋グランパスエイトの監督を務め、チームを天皇杯優勝に導く。1996年10月にアーセナルの監督に就任。20年以上もチームを指揮する。リーグ優勝は3回。中でも2003-04シーズンの無敗優勝は伝説となっている。年俸は1000万ユーロ(約13億2000万円)。<br><br>■3位 ディエゴ・シメオネ(アトレティコ・マドリー)元アルゼンチン代表で47歳。現役時代は主にイタリアやスペインでプレーした。2006年に現役引退後、母国のラシン、エストゥディアンテス、リーベル・プレートを指揮。2011年12月、古巣のアトレティコ・マドリー監督に就任。すると2011-12シーズンのUEFAヨーロッパリーグを制覇。2013-14シーズンにはラ・リーガ優勝に導く。年俸は1500万ユーロ(約20億円)。<br><br>■2位 ジョゼ・モウリーニョ(マンチェスター・ユナイテッド)ポルトガル出身の55歳。自身を「スペシャル・ワン」と呼ぶ。現役時代は主に母国2部でプレー。スポルティングCP、ポルト、バルセロナのアシスタントコーチを経て、2000年にベンフィカの監督に就任。その後、ポルトの監督として2度の国内リーグ優勝、2002-03シーズンにUEFAカップ、翌シーズンにUEFAチャンピオンズリーグを制する。その後、チェルシー、インテル、レアル・マドリーを経て、2013年にチェルシーの監督へ復帰。2015年からマンチェスター・ユナイテッドを率いる。プレミアリーグで3回、セリエAで2回、ラ・リーガで1回のリーグ優勝を誇る。年俸は1600万ユーロ(約21億2000万円)。<br><br>■1位 ジョゼップ・グアルディオラ(マンチェスター・シティ)47歳。現役時代はバルセロナやスペイン代表などで活躍した。愛称は「ペップ」。2008年、バルセロナの監督に就任すると、2011-12シーズンまでに国内リーグ3回、UEFAチャンピオンズリーグで2回の優勝を達成する。2013-14シーズンからはバイエルン・ミュンヘンを指揮し、国内リーグ3連覇を成し遂げた。2016-17シーズンからマンチェスター・シティの監督に就任。初年度は3位に終わったが、今季は首位を独走している。年俸は1900万ユーロ(約25億2000万円)。<br><br>1位と2位はマンチェスター勢。そして財力を持つプレミアリーグ勢がランキングを独占する形となった。一方で、近年優れた監督を次々と輩出しているドイツ勢はランキングには入ってこず。欧州リーグの中でもイングランドやスペインとは隔たりがあることが改めて明らかとなった。<br><br><br>提供:goal.com 2018.02.18 20:03 Sun
twitterfacebook
thumb

ロンドン勢関心のリシャルリソン「僕はワトフォードのことだけを考えている」

▽ワトフォードのブラジル人FWリシャルリソン(20)が、自身の移籍の可能性を否定した。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えている。 ▽昨夏ブラジルのフルミネンセから加入したリシャルリソン。主戦場を左ウイングとするブラジル人FWは、プレミア初挑戦ながらここまでリーグ戦27試合に出場し5ゴール5アシストを挙げる活躍を見せている。 ▽ロシア・ワールドカップに向けてもセレソン入りが期待されている注目のヤングスターには、アーセナルやチェルシー、トッテナムといったロンドンのビッグクラブが興味。しかし、リシャルリソンは「移籍のことは頭にない」として、この噂を一蹴している。 「今、僕は完全にワトフォードのことしか頭にない。他のことは考えていないよ。僕はチームがより上の順位に行けるようサポートすることだけを考えている。これが僕の目標でそれだけに集中している」 2018.02.16 20:55 Fri
twitterfacebook


ACL

ACL
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース