ランパード「コラシナツはイバノビッチのよう」2017.08.13 13:00 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽チェルシーOBで元イングランド代表MFのフランク・ランパード氏は、アーセナルが今夏に獲得した“あの選手”をチェルシー時代の元チームメートであるゼニトのDFブラニスラフ・イバノビッチを彷彿とさせるとして「成功」と評した。イギリス『Squawka』が伝えている。

▽ランパード氏が名前を挙げた“あの選手”とは、ボスニア・ヘルツェゴビナ代表DFセヤド・コラシナツ。今夏にシャルケからフリートランスファーでやってきたユーティリティ性をあわせ持つフィジカルに長けた選手だ。

▽そのコラシナツは、11日に行われたプレミアリーグ開幕節のレスター・シティ戦(4-3でアーセナルが勝利)に3バックの左ストッパーとして先発。守備面だけでなく、FWダニー・ウェルベックのゴールをアシストするなど、攻守にわたって高い貢献度を誇った。

▽ランパード氏は、そのコラシナツについて、「アーセナルが必要としてきたものを持つ選手」と評価。将来的に、よりアーセナルファンから愛される選手になるとの見解を示し、コラシナツの能力に太鼓判を押した。

「チェルシーにいたイバノビッチを思い出すよ。彼が左利きなのは知っているけど、似たフィジカルを持っている。彼はファンに愛されるパワフルな選手になるだろうね。彼はタックルを好む選手。それはアーセナルが求めてきた選手さ。彼はサポーターから愛されるパワフルな選手になるだろう。彼はタックルを好んでいて、それはアーセナルが必要としていたものだからね。良い補強だと思う」

コメント

関連ニュース

thumb

ヘセのプレミアデビュー弾に沈んだアーセナルが鬼門ブリタニアを攻略できず…《プレミアリーグ》

▽プレミアリーグ第2節のストーク・シティvsアーセナルが19日にBet365スタジアム(ブリタニア・スタジアム)で行われ、ホームのストークが1-0で勝利した。 ▽11日に行われた開幕戦でレスター・シティに4-3で勝利したアーセナルは、その試合からスタメンを2人変更。エルネニーとホールディングに代えてムスタフィとラムジーをスタメンで起用。[3-4-3]を採用し3トップは前節同様、エジル、ラカゼット、ウェルベックと並べた。 ▽一方、開幕節のエバートン戦を惜敗したストークは、その試合からベラヒノとボージャンに代えて共に新加入のヘセ・ロドリゲスとチュポ=モティングがスタメンに名を連ねた。 ▽立ち上がりはホームチームが押し込む展開となるが、アーセナルが落ち着いた対応でこれを凌ぐ。すると19分、セットプレーの流れからバイタルエリア左でボールを受けたチェンバレンが浮き球のパスを供給。これに反応したウェルベックがゴール左からダイレクトシュートで流し込んだが、GKバトランドの好セーブに防がれた。 ▽対するストークは21分、中盤からドリブルで持ち上がったヘセがボックス右深くまで持ち込みクロスを供給。これを中央に走り込んだチュポ=モティングがダイレクトで合わせたが、ジャストミートせずにボールはGKチェフがキャッチした。 ▽25分、ホームチームにアクシデント。左足を痛めたシャキリがプレー続行不可能となり、ベラヒノが投入された。すると27分、アーセナルはセットプレーから決定機。チェンバレンがボックス左手前で獲得したFKからクロスを供給。ファーサイドに走り込んだラムジーが右足で合わせたが、これはGKバトランドが体でブロック。 ▽その後も互いに相手ゴールに迫るも、ゴールを奪うには至らずゴールレスで前半を終えた。 ▽迎えた後半は、開始早々に試合が動く。47分、中盤でボールを受けたヘセがドリブルで持ち上がると、左のベラヒノへ展開。パスを受けたベラヒノが素早くボックス左へつなぐと、走り込んだヘセがダイレクトで流し込み、ストークが先制した。 ▽先制を許したアーセナルは、66分にコラシナツを下げてジルーを投入。すると直後の67分、エジルのパスをボックス手前のジルーがワンタッチでつなぐと、これに抜け出したウェルベックに決定機が生まれたが、滑り込みながらのシュートは飛び出したGKバトランドのブロックに阻まれた。 ▽猛攻を続けるアーセナルは72分にゴールネットを揺らす。チェンバレンのパスをボックス手前のジルーがヒールで流すと、相手DFにディフレクトしたボールをゴール前で受けたラカゼットが反転から左足のシュートをゴールへ突き刺した。しかし、これはオフサイドの判定でノーゴールとなった。 ▽同点弾が遠いアーセナルは、79分にラカゼットとジャカを下げてウォルコットとイウォビをピッチに送り出す。後半アディショナルタイム4分には、モンレアルの左クロスからジルーがヘディングシュートを放ったが、これも枠を外れ万事休す。 ▽ヘセのプレミアデビュー弾で鬼門攻略を逃がしたアーセナルが、今季初黒星を喫した。 2017.08.20 03:43 Sun
twitterfacebook
thumb

40歳バースデーのアンリを祝福するジェラード「今の移籍市場なら…」

▽アーセナルOBで元フランス代表FWティエリ・アンリ氏が8月17日に40歳の誕生日を迎えた。リバプールOBで元イングランド代表FWスティーブン・ジェラード氏が粋な祝福のメッセージを寄せている。 ▽アンリ氏とジェラード氏は、現役時代に幾多の凌ぎを削った間柄。ジェラード氏は、自身のインスタグラム(@Stevengerrard)で、高騰化する現在の移籍市場における“流行り”を交えて、次のようにお祝いの言葉を送った。 「今の移籍市場なら2億(通貨単位は不明)だ。ハッピーバースデー、ティエリ・アンリ」 ▽今夏の移籍市場は、ブラジル代表FWネイマールがバルセロナからパリ・サンジェルマンに移籍した際に2億2200万ユーロもの大金が動くなど大荒れ。アンリ氏が今現役だったら、一体どれぐらいの値がついたのだろうか。 2017.08.19 16:00 Sat
twitterfacebook
thumb

バレンシアがアーセナルからDFガブリエウを5年契約で獲得

▽バレンシアは18日、アーセナルに所属するブラジル人DFガブリエウ・パウリスタ(26)を獲得した。契約期間は2022年6月30日までの5年間で、バイアウト条項は8000万ユーロ(約102憶7000万円)に設定されている。 ▽2010年に母国ブラジルのヴィトーリアでプロデビューしたガブリエウは、2013年にビジャレアルへ移籍。加入初年度からコンスタントな出場機会を得ると、在籍2シーズンで公式戦50試合に出場した。 ▽ビジャレアルでの活躍が認められ、2015年1月にアーセナルに加入したガブリエウは、在籍2年半で公式戦64試合に出場。しかし、昨シーズンはくるぶしの負傷に悩まされ、リーグ戦19試合の出場にとどまった。 2017.08.19 01:47 Sat
twitterfacebook
thumb

キャバイエ「イングランドの最強選手? メスト・エジル」

▽アーセナルに所属するドイツ代表MFメスト・エジルに感銘を受ける現役選手がいる。その人とは、クリスタル・パレスに所属するフランス代表MFヨアン・キャバイエだ。 ▽エジルに関しては、創造性に溢れたプレーに称賛を集める反面、一貫性に欠けるとの見方が多々ある。しかし、キャバイエの意見は違う。イギリス『Squawka』は、『フランス・フットボール』のインタビューで、キャバイエがエジルの素晴らしさについて次のように自身の見解を示したと伝えた。 「イングランドの最強選手? メスト・エジルだね。彼は本当にすごい。無頓着な印象もあるけど、ある時、誰も見たことのないようなパスを通すんだ。彼の先を読む力は誰よりも優れている。それこそ彼の素晴らしいところさ」 2017.08.18 19:25 Fri
twitterfacebook
thumb

アーセナル、ドラクスラーに45億円準備か

▽イギリス『タイムズ』は、アーセナルがパリ・サンジェルマン(PSG)に所属するドイツ代表MFユリアン・ドラクスラー(23)の獲得に乗り出していると報じた。 ▽若くして才能を評価されたドラクスラーは、これまでシャルケ、ヴォルフスブルクでプレー。昨冬にヴォルフスブルクからPSGに移籍した。だが、PSGは今夏、FWネイマールを獲得。さらに、モナコに所属するFWキリアン・ムバッペ獲得の動きも伝えられており、実現すればポジション争いの激化は避けられない。 ▽そうしたなか、『タイムズ』はアーセン・ヴェンゲル監督がドラクスラー獲得へ3200万ポンド(約45億円)を用意していると伝えた。今夏の前線補強を不可欠と考えているものの、モナコに所属するMFトマ・ルマール、ムバッペの獲得交渉が一向に進んでいないことから、ドラクスラーに関心を寄せつつあるという。 2017.08.18 16:13 Fri
twitterfacebook


PUMA ONE特集
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース