ランパード「コラシナツはイバノビッチのよう」2017.08.13 13:00 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽チェルシーOBで元イングランド代表MFのフランク・ランパード氏は、アーセナルが今夏に獲得した“あの選手”をチェルシー時代の元チームメートであるゼニトのDFブラニスラフ・イバノビッチを彷彿とさせるとして「成功」と評した。イギリス『Squawka』が伝えている。

▽ランパード氏が名前を挙げた“あの選手”とは、ボスニア・ヘルツェゴビナ代表DFセヤド・コラシナツ。今夏にシャルケからフリートランスファーでやってきたユーティリティ性をあわせ持つフィジカルに長けた選手だ。

▽そのコラシナツは、11日に行われたプレミアリーグ開幕節のレスター・シティ戦(4-3でアーセナルが勝利)に3バックの左ストッパーとして先発。守備面だけでなく、FWダニー・ウェルベックのゴールをアシストするなど、攻守にわたって高い貢献度を誇った。

▽ランパード氏は、そのコラシナツについて、「アーセナルが必要としてきたものを持つ選手」と評価。将来的に、よりアーセナルファンから愛される選手になるとの見解を示し、コラシナツの能力に太鼓判を押した。

「チェルシーにいたイバノビッチを思い出すよ。彼が左利きなのは知っているけど、似たフィジカルを持っている。彼はファンに愛されるパワフルな選手になるだろうね。彼はタックルを好む選手。それはアーセナルが求めてきた選手さ。彼はサポーターから愛されるパワフルな選手になるだろう。彼はタックルを好んでいて、それはアーセナルが必要としていたものだからね。良い補強だと思う」

コメント

関連ニュース

thumb

ムンドと真っ向から対立!! メールはエジルの移籍先にユナイテッド有力と報道

▽今冬の人気銘柄となっているアーセナルのドイツ代表MFメスト・エジル(29)に対して、イギリス『デイリー・メール』はマンチェスター・ユナイテッド移籍が最有力だと報じた。 ▽アーセナルとの契約が2018年6月までとなっているエジルは、以前よりアーセナルから契約延長のオファーを受け取っているものの合意には至っていない。 ▽このまま2018年1月を迎えると、全てのクラブとの交渉が可能となり、契約満了を迎えてフリートランスファーとしてアーセナルを去る可能性もある。この状況から、アーセナルが移籍金を望み、1月の移籍市場で同選手を手放すのではないかとも伝えられている。 ▽そんなエジルに対しては、ユナイテッドやバルセロナなどが獲得に興味を持っていると報じられてきた。スペイン『ムンドデポルティボ』はバルセロナがすでにエジルの代理人と接触していると報じており、移籍先の最有力に挙げた。 ▽一方、『デイリー・メール』は、ユナイテッドが最有力であると主張。レアル・マドリー時代にエジルを指導したジョゼ・モウリーニョ監督が獲得を熱望しているという。 ▽さらにモウリーニョ監督は先日行われたマンチェスター・シティとのダービーマッチに敗れたことで攻撃ユニットを再構成しなければいけないと考えているようだ。そのため指揮官はエド・ウッドワードCEO(最高経営責任者)に、冬の移籍市場でエジルの獲得を最優先にしてほしいとリクエストを出したようだ。 ▽スペイン、イングランドのメディアでそれぞれ主張が違うが、果たしてエジルの決断は? 2017.12.14 14:25 Thu
twitterfacebook
thumb

バルセロナがエジルの意思確認のために2週間の回答期限を設定

▽バルセロナがアーセナルのドイツ代表MFメスト・エジル(29)に対して、移籍に関する回答期限を2週間に設定したようだ。スペイン『ムンドデポルティボ』が伝えている。 ▽アーセナルとの2018年6月までとなっているエジルは、このままアーセナルとの契約を延長しなければ同年1月より全てのクラブと契約交渉が可能となる。 ▽アーセナル側はエジルとの契約延長を望んでいるとされてきたが、契約を延長できなければ来年6月には移籍金を得られずにプレーメーカーを失うことになる。そのため、来冬の移籍市場でエジルを手放すのではないかと言われている。 ▽以前からエジルの獲得に興味を示していたバルセロナは、エジルの代理人と接触している模様。同選手が今冬に移籍する意思があるかどうかの確認を行っているようで、その回答期限を今後2週間。つまり今年いっぱいに設定したという。なお、『ムンドデポルティボ』はエジルの移籍先の最有力はバルセロナであると報じており、この2週間で大きな動きがあるとみている。 2017.12.14 14:02 Thu
twitterfacebook
thumb

アーセナルが今冬セビージャMFエンゾンジ獲得で合意と報道…移籍金は約53億円

▽中盤の補強が求められているアーセナルだが、セビージャのフランス人MFスティーブン・エンゾンジ(28)の獲得で合意したようだ。スペイン『El Gol』が報じた。 ▽エンゾンジは、リーグ・アンのアミアンでプレーすると、2009年7月にブラックバーンへ移籍。2012年8月にストーク・シティへと移籍すると、2015年7月にセビージャに加入していた。 ▽セビージャでは、ウナイ・エメリ監督の下でレギュラーとしてプレー。しかし、エドゥアルド・ベリッソ監督の下では、今シーズンのリーグ戦で10試合、チャンピオンズリーグで4試合に留まっている。 ▽また、11月21日に行われたチャンピオンズリーグ第5節のリバプール戦では、前半のみで交代させられたエンゾンジ。しかし、その際に指揮官に掛けられた言葉が影響し、セビージャからの退団を希望していると明かしている。 ▽エンゾンジとセビージャの契約はあと2年半残っており、移籍金は4000万ユーロ(約53億3200万円)とのこと。今冬にも移籍する可能性は高く見られているが、セビージャ側はディスカウントする気がなく、4000万ユーロを求めるとのことだ。 2017.12.14 12:18 Thu
twitterfacebook
thumb

アーセナル、モイーズ・ハマーズにゴールレスで3戦連続ドロー《プレミアリーグ》

▽アーセナルは13日、プレミアリーグ第17節でウェストハムのホームに乗り込み、ゴールレスドローに終わった。 ▽直近のリーグ2戦で勝利がない5位のアーセナル(勝ち点29)と、前節チェルシーに1-0で勝利した18位のウェストハム(勝ち点13)の一戦。アーセナルは1-1のドローとなった前節のサウサンプトン戦からスタメンを4名変更。メルテザッカー、ラムジー、コラシナツ、ラカゼットに代えて、ウィルシャー、ナイルズ、ジルー、イウォビを起用した。なお、ウィルシャーはアーセナル復帰後初のプレミア先発出場となった。 ▽序盤からアーセナルが押し込みつつ試合を進行したものの、なかなかチャンスには至らない。8分にはナイルズのクロスにジルーが飛び込んだが、シュートを放つことはできず。9分にはボックス左のサンチェスがシュートを放ったが、GKアドリアンにキャッチされた。 ▽23分、味方と連係しつつウィルシャーがボールを運び、サンチェスが再びシュートを放つ。しかし、相手DFにブロックされて得点とはならない。29分には、ショートカウンターからボックス内のイウォビがシュートを放ったが、ポストに阻まれた。 ▽39分にもナイルズのクロスに反応したジルーがダイレクトボレーで強襲したが、相手DFのブロックに遭いゴールには及ばず。試合はゴールレスで折り返しを迎えることとなった。 ▽後半に入って最初のチャンスはウェストハムに訪れた。47分、味方のパスに反応したノーブルが、胸でディフェンスラインの裏にパスを供給。抜け出したアルナウトビッチがダイレクトで合わせたが、枠をわずかに外れていく。 ▽56分、サンチェスのシュートがこぼれると、ボックス内のエジルの下へ。エジルは素早くシュートを放ったが、枠に飛ばすことができない。59分にも自陣で巧みなボディフェイントからチェックに来た相手2人を剥がしたウィルシャーが、エジルと連係しつつボックス前に。しかし、最後の場面でジルーへのラストパスを合わせることができない。 ▽66分には、アーセナルがあわや失点という場面を迎えた。サバレタが右サイドからクロスを上げると、パンチングに出たGKチェフが手を滑らせてボールがアルナウトビッチに渡る。アルナウトビッチはキーパー不在のゴールに蹴り込んだが、ギリギリのところでDFモンレアルがかき出した。 ▽ペースを取り戻したいアーセナルは、73分にボックス手前からのFKを獲得。キッカーのサンチェスが右下隅の絶妙な位置を捉えたが、GKアドリアンが好守を発揮して得点を阻んだ。 ▽その後も一進一退の攻防が続いたが、試合はゴールレスで終了。アーセナルはリーグ3戦連続での勝ちなしとなった。 2017.12.14 06:57 Thu
twitterfacebook
thumb

親日家ヴェンゲルが相撲について語る「勝者が感情を表さないのは驚いた」

▽ここ最近、連日話題に挙がっている日本の国技である相撲。様々なことが報じられているが、アーセナルのアーセン・ヴェンゲル監督が、その相撲の魅力について語っている。イギリス『ガーディアン』が報じた。 ▽かつて、名古屋グランパスで指揮を執っていたヴェンゲル監督は、日本滞在中に相撲観戦をしたことがあるという。 ▽相撲以外にも日本の文化に多くの興味を持っているヴェンゲル監督は、相撲の魅力についてコメント。フットボール界では相撲界にある“リスペクト”の精神が再現できないと感じているようだ。 「勝者が敗者へのリスペクトから何の感情も見せなかった。それは我々全員を驚かせた」 「15日間毎日、そこには戦いがあり、最も多く勝利したものがトーナメント(場所)の勝者となる」 「トップ・オブ・トップである横綱になるには、6つの場所で最低でも2場所優勝する必要がある。とても興味深いのは、倫理的な判断を下すために(横綱審議)委員会に出向くことだ」 「たとえ場所で優勝をしたとしても、立ち振る舞いが悪ければ、横綱になることはできないんだ」 ▽日本ならではの慣習がある相撲。強者が上に立つという単純なヒエラルキーではなく、トップに立つ横綱になるためにも、尊厳が必要となり、礼儀や作法が重要な部分を握っていることに興味があるようだ。 ▽また、ヴェンゲル監督は江戸時代からその形式が変わっていないことにも触れ、「行司装束」に大きな興味を示している。 「1600年以来、中世以来変わっていない世界でも数少ないスポーツの1つだ。ルールや衣装(まわし)、レフェリー(行司)が着ているもの(行司装束)も同じだ。実際にその衣装を着て、我々のレフェリーに会いたいね」 2017.12.13 20:50 Wed
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース