ランパード「コラシナツはイバノビッチのよう」2017.08.13 13:00 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽チェルシーOBで元イングランド代表MFのフランク・ランパード氏は、アーセナルが今夏に獲得した“あの選手”をチェルシー時代の元チームメートであるゼニトのDFブラニスラフ・イバノビッチを彷彿とさせるとして「成功」と評した。イギリス『Squawka』が伝えている。

▽ランパード氏が名前を挙げた“あの選手”とは、ボスニア・ヘルツェゴビナ代表DFセヤド・コラシナツ。今夏にシャルケからフリートランスファーでやってきたユーティリティ性をあわせ持つフィジカルに長けた選手だ。

▽そのコラシナツは、11日に行われたプレミアリーグ開幕節のレスター・シティ戦(4-3でアーセナルが勝利)に3バックの左ストッパーとして先発。守備面だけでなく、FWダニー・ウェルベックのゴールをアシストするなど、攻守にわたって高い貢献度を誇った。

▽ランパード氏は、そのコラシナツについて、「アーセナルが必要としてきたものを持つ選手」と評価。将来的に、よりアーセナルファンから愛される選手になるとの見解を示し、コラシナツの能力に太鼓判を押した。

「チェルシーにいたイバノビッチを思い出すよ。彼が左利きなのは知っているけど、似たフィジカルを持っている。彼はファンに愛されるパワフルな選手になるだろうね。彼はタックルを好む選手。それはアーセナルが求めてきた選手さ。彼はサポーターから愛されるパワフルな選手になるだろう。彼はタックルを好んでいて、それはアーセナルが必要としていたものだからね。良い補強だと思う」

コメント

関連ニュース

thumb

17年在籍のアーセナルを退団したウィルシャー、ウェストハム移籍の理由とは?

ウェストハム・ユナイテッドのMFジャック・ウィルシャーは、移籍を決めた経緯などについて話した。<br><br>幼少時代からアーセナルで過ごし、若くしてファーストチームデビューを果たすなど将来を嘱望されていたウィルシャーだが、ケガによりその大半のキャリアを棒に振った。2016-17シーズンは再起を懸けてローンでチームを離れると、2017-18シーズンにはアーセナルで復調。しかし今夏、同選手はアーセナルを離れる決断を下し、ウェストハムへと移籍した。<br><br>イギリス『インディペンデント』に対して、ウィルシャーはウェストハムへの移籍について「しばらくの間考えて、退団の決意を固め、ここに来ることを決めた」と振り返った。<br><br>ワールドカップのメンバーには落選したものの、イングランド代表でも多くの試合に出場したウィルシャーに対していくつものクラブが獲得に興味。最終的にウェストハムがこの争奪戦に勝利したが、この移籍を決断した決め手についても明かした。<br><br>「子供のころからアップトン・パークに足を運び、多くの選手を尊敬しながら育ってきたからウェストハムとは絆があった。もちろん、海外に行くのかイングランドに残るのか僕は選択しなければならなかったが、交渉の席に着いたとき、全てがはっきりした」<br><br>「彼らは真の野心を持ち、ビッグスタジアムで素晴らしいサポーターの前でプレーしている。これからも僕たちは何か特別なことを築き上げられるんじゃないかと考えている。チームの結びつきも強いため、先を目指す僕たちの強みになるはずだ」<br><br>また、同選手はケガに泣かされた過去についても口を開いた。<br><br>「以前は難しかった。でも、この2年間は良い状態を続けられている。ボーンマスで最高の時間を過ごした。あのレベルでプレーできることを証明することだけを考えていた。そして、アーセナルに戻ってからもポジション確保のために戦い、30試合以上に出場した」<br><br><br>提供:goal.com 2018.07.20 23:05 Fri
twitterfacebook
thumb

次期日本代表監督筆頭にヴェンゲル 英紙報道

▽イギリス『デイリー・メール』は、アーセン・ヴェンゲル氏(68)が日本代表監督に就任する可能性を報じた。 ▽かつて名古屋グランパスエイト(現・名古屋グランパス)を率いたことで知られるヴェンゲル氏は、2017-18シーズンを最後に22年間指揮を執ったアーセナルを退団。今後も指導者業の続投を示唆していることから、新天地に注目が集まっている。 ▽東京五輪世代を率いる森保一監督にA代表監督のポストを託す可能性が囁かれる日本サッカー協会(JFA)だが、『デイリー・メール』によれば、ヴェンゲル氏を次期同国代表監督の筆頭に挙げ、長期の指揮を視野に招へいに動いている模様だ。 ▽伝えられるところによると、ヴェンゲル氏は代表ではなく、クラブを率いることを希望している様子。しかし、ヨーロッパでそれを叶える機会は限られており、日本に対する愛着が代表監督就任に突き動かす可能性があるという。 2018.07.20 10:25 Fri
twitterfacebook
thumb

アーセナルと“キャンクラ”の融合? 有能サイエンティストがケガを減らす?

▽今夏の移籍市場で順調に補強を進めるアーセナルが一風変わった補強を行ったようだ。イギリス『Training Ground Guru』が伝えている。 ▽アーセン・ヴェンゲル体制からウナイ・エメリ新体制に移行したアーセナルは、今夏ここまでDFシュテファン・リヒトシュタイナー、GKベルント・レノ、DFソクラティス・パパスタソプーロス、MFルーカス・トレイラ、MFマッテオ・グエンドウジの5選手を獲得している。 ▽さらに、クラブは新たなチームスタッフとして一風変わった経歴を持つ有能なサイエンティストを獲得した。 ▽『Training Ground Guru』によると、アーセナルは今月からバックルームのスタッフとしてロシア人サイエンティストのミハイル・ジルキン氏を雇用したという。 ▽世界最大級のビジネス特化型SNS『LinkedIn』の経歴によると、ジルキン氏はモスクワ物理工科大学の大学院を卒業し、応用物理学と数学の修士号を取得している。また、興味のある分野として合理的思考、自動化、データ視覚化、機械学習、フットボールを挙げているデータサイエンティストだ。 ▽さらに特筆すべきは同氏がスマートフォン向けの人気アプリゲーム『キャンディークラッシュ』のシニア・データ・サイエンティストとして活躍していたという点だ。 ▽これまでフットボール界とは無縁の職歴を築いてきたジルキン氏だが、アーセナルではそのデータ分析力を生かしてケガやフィジカルデータなどに関する仕事に携わるようだ。 ▽なお、ヴェンゲル体制では毎年のように多くの負傷者に悩まされたアーセナルだが、有能サイエンティストの加入は負傷者減少に繋がるのか注目したいところだ。 2018.07.19 19:06 Thu
twitterfacebook
thumb

ポルトがアーセナルから2015年U-17W杯MVPのMFヌワカリをレンタルで獲得

▽ポルトは18日、アーセナルからナイジェリア人MFケレチ・ヌワカリ(20)を1年間のレンタル移籍で獲得したことを発表した。 ▽2015年に行われたFIFA U-17ワールドカップで大会連覇を果たし、最優秀選手賞に当たるゴールデンボールを受賞したヌワカリは、2016年にナイジェリアのダイアモンド・フットボール・アカデミーからアーセナルに加入した。その後はオランダのMVVマーストリヒト、VVVフェンロへの武者修行に出ていた。 ▽昨季はMVVマーストリヒトで公式戦14試合に出場し1ゴール1アシストの数字を残している。 2018.07.19 14:34 Thu
twitterfacebook
thumb

アーセナル、補強6人目はバイエルンFWコマンか

▽アーセナルが、バイエルンに所属するフランス代表FWキングスレイ・コマン(22)獲得に動く可能性があるようだ。イギリス『デイリー・スター』が伝えている。 ▽ウナイ・エメリ新体制を迎えるアーセナルはこれまで、スイス代表DFシュテファン・リヒトシュタイナー、ドイツ代表GKベルント・レノ、ギリシャ代表DFソクラティス・パパスタソプーロス、ウルグアイ代表MFルーカス・トレイ、U-20フランス代表MFマッテオ・グエンドウジと次々と新戦力を獲得している。そんなガナーズが次なる補強に向けて注目しているのが、コマンだという。 ▽2017年にユベントスからバイエルンに完全移籍したコマンは、2017-18シーズンで公式戦33試合7ゴール8アシストを記録。アーセナルはそんな同選手獲得に向けて4400万ポンド(約64億円)を準備しているとのこと。 ▽同選手の補強については、アーセナルサポーターたちが運営するYouTubeチャンネル「Arsenal Fan TV」でも支持されており、同チャンネルの創設者であるロビーライル氏は、「アーセナルにとって完璧な選手だと」評価されているようだ。 2018.07.19 10:48 Thu
twitterfacebook


ロシアW杯

超WS×MON

ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース