クラシコとなったスーペル・コパ制覇を目指すジダン監督「特別なトロフィー」2017.08.13 12:43 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽レアル・マドリーのジネディーヌ・ジダン監督が、13日に行われるスーペル・コパ1stレグのバルセロナ戦に向けた意気込みを口にした。クラブ公式サイトが伝えている。

▽昨シーズンのジダン監督は、マドリーに5年ぶりのリーガエスパニョーラ優勝に導いた。さらにチャンピオンズリーグでは史上初となる連覇を達成した。

▽今季も多くのタイトル獲得が期待される中、シーズン最初のタイトルを懸けてバルセロナとの“エル・クラシコ”に臨む。ジダン監督は、重要な一戦に向けた意気込みを口にしている。
「まずはこのトロフィーについて。非常に特別なものだと思っている。さらに相手はバルセロナだ。我々にとってもっとも強力なライバルとの対戦となる。それでも我々が何かを変えることはない」

「バルセロナは指揮官が変わった。しかしバルサはバルサだ。決して弱いチームではない。我々は彼らのスタイルを知っている。彼らを見下して試合に入るようなことになれば、過ちを犯すだろう」

▽また、ジダン監督はバルセロナを退団したブラジル代表FWネイマールについても言及した。

「私に言えることは、選手は自分の望む場所でプレーするということ。ただ、ネイマールは素晴らしい選手であり、彼の代わりをできるような選手はそれほどいない。それでもバルセロナは、新たな選手でこの状況を切り抜けるだろう」

コメント

関連ニュース

thumb

クラブ・ワールドカップへ意気込むケイロル・ナバス「簡単な大会ではない」

▽レアル・マドリーのコスタリカ代表GKケイロル・ナバスが、13日に控えるクラブ・ワールドカップ(CWC)初戦に向けて意気込みを語っている。スペイン『マルカ』がFIFA.comでのインタビューを伝えた。 ▽昨シーズンのヨーロッパ王者であるマドリーは、13日に準々決勝で浦和レッズを破った開催国王者のアル・ジャジーラと対戦する。前大会では、決勝で鹿島アントラーズを下し優勝。連覇を目指す戦いが始まる。 ▽各大陸の王者が集結するCWCは、毎年のことながらヨーロッパ王者が楽々と優勝するだろうとの見方が大半だ。それでも、昨年のCWC決勝では格下と思われていた鹿島相手に1度は逆転を許し、延長戦までもつれ込む激戦を繰り広げた経験から、ケイロル・ナバスはCWCが簡単な大会ではないことを強調している。 「人々はクラブ・ワールドカップを簡単な大会だと思っているようだが、それは間違いだ。レベルがそれほど高くないリーグのチームだからといって、そのチームのレベルが低いと決め付けるべきではない」 「僕たちはそれぞれの試合に集中しなければならない」 ▽2年連続での出場となったマドリー。果たして、史上初の2連覇を達成することはできるのだろうか。 2017.12.11 16:50 Mon
twitterfacebook
thumb

今夜CLラウンド16抽選会! 2位通過のチェルシーは困難な相手が確定

▽11日、チャンピオンズリーグ(CL)のラウンド16組み合わせ抽選会が行われる。 ▽ほぼ順当に勝ち上がりが決定した今シーズンのCL。その中で、アトレティコ・マドリー、ナポリ、ドルトムントが3位に終わり、ヨーロッパリーグへと回ることが決定した。 ▽大会2連覇中のレアル・マドリーや、バイエルンと同組ながら首位通過したパリ・サンジェルマン、CL最終節まで無敗を継続していたマンチェスター・シティといった強豪クラブが1位通過している。 ▽一方で、2位通過となったクラブの中で、チェルシーは難しい組み合わせになる可能性が高い。ラウンド16では、同じコンペティションのクラブとの対戦が回避される。昨シーズンのヨーロッパリーグを制したマンチェスター・ユナイテッドが出場したことで、イングランドのクラブは5つ参加。5クラブともにラウンド16へと進んだが、チェルシー以外の4クラブが首位通過し、チェルシーのみ2位通過に。また、ローマはグループステージで同居したために排除されるため、選択肢はバルセロナ、ベシクタシュ、パリ・サンジェルマンの3つとなる。 ▽また、バルセロナから見れば、レアル・マドリー、セビージャは同じコンペティション、ユベントスがグループステージで同居したため、5クラブが候補に。バイエルン、チェルシーを避けられれば、ベスト8進出は固いと言える。 ▽注目の抽選会は、11日の20時から。ラウンド16は2月13日、14日、20日、21日に1stレグ、3月6日、7日、13日、14日に2ndレグが行われる。 ◆グループ1位通過 バルセロナ ベシクタシュ リバプール マンチェスター・シティ マンチェスター・ユナイテッド パリ・サンジェルマン ローマ トッテナム ◆グループ2位通過 バーゼル バイエルン チェルシー ユベントス ポルト レアル・マドリー セビージャ シャフタール・ドネツク 2017.12.11 16:30 Mon
twitterfacebook
thumb

C・ロナウドこそNo1プレーヤー! マルセロ「彼の比較は無理」

▽レアル・マドリーに所属するブラジル代表DFマルセロが同僚のポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドを「世界最高の選手」と評した。イギリス『FourFourTwo』が報じた。 ▽昨シーズンにレアル・マドリーのリーグ優勝やチャンピオンズリーグ(CL)連覇、史上初のCL5年連続得点王に輝いたC・ロナウド。2年連続のバロンドール受賞に輝き、バルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシと並ぶ史上最多5度目の“世界最高選手”の栄誉を手にした。 ▽レアル・マドリーで不動の左サイドバックに君臨するマルセロは、スペイン『マルカ』のインタビューでかつての英雄たちを引き合いに出して、良きチームメートであるC・ロナウドのバロンドール受賞の正当性を次のように主張した。 「僕にとって、クリスティアーノこそ世界最高の選手だ」 「(ディエゴ・)マラドーナやペレのプレーを見たことはない。でも、彼(C・ロナウド)と比較できる選手なんて存在しない」 2017.12.11 14:45 Mon
twitterfacebook
thumb

元JリーガーがC・ロナウドに反論「史上最高な選手だとは思わない」

▽かつてバルセロナや横浜F・マリノスでもプレーした元スペイン代表FWフリオ・サリナス氏が、自身のSNSでバロンドールを受賞したレアル・マドリーのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドについて言及した。 ▽レアル・マドリーの5シーズンぶりのリーグ優勝や史上初のチャンピオンズリーグ(CL)連覇、史上初のCL5年連続得点王に輝いたC・ロナウドは、8日に発表されたフランスのフットボール専門誌『フランス・フットボール』主催のバロンドールを受賞。昨年に続く2年連続の受賞でバルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシと最多5回の獲得に並んだ。 ▽これに対してC・ロナウド自身は「僕は歴史上で最高の選手だ」とコメントし、レアル・マドリーの指揮官であるジネディーヌ・ジダン監督も「唯一無二の選手」とバロンドーラーを称賛した。しかし、フリオ・サリナス氏は自身のツイッター(@juliosalinas19)でC・ロナウドへの評価に一石を投じている。 「非常に良い選手だと思うが、(リオネル・)メッシには不運もあった。今回の受賞はロナウドが最高だということを意味している訳ではない。正直に言えば、C・ロナウドを上回る選手はこれまでも多くいるし、史上最高な選手だとは思わない」 2017.12.11 10:17 Mon
twitterfacebook
thumb

ジダン、セビージャ戦2得点のC・ロナウドについて「彼には気をつけろと言っていただろう」

9日のリーガエスパニョーラ15節、レアル・マドリーは本拠地サンティアゴ・ベルナベウでのセビージャ戦で5&minus;0の大勝を飾った。ジネディーヌ・ジダン監督は試合後、セビージャ相手に大量得点を記録したことへの満足感を表している。<br><br>スペイン『マルカ』がフランス人指揮官のコメントを伝えた。<br><br>「私たちは大きな満足感を覚えることができる。セビージャ相手に5得点を決めるのは簡単ではないからね。クリスティアーノのゴール、また出場機会をあまり得ていなかった選手たちが見せた素晴らしいプレーに喜びを感じている。私たちは試合全体に対して満足しており、勝利することは重要だった」<br><br>「この2試合で8得点を記録したが、今後もゴールを決め続けられたらいい。このように進まなくてはいけないし、私たちはすべての面で成長を果たしている。良いプレーを見せればゴールにたどり着け、そうやってゴールにたどり着くならば、5得点を決められる」<br><br>ジダン監督はまた、この試合で最初に4&minus;4&minus;2、その次に4&minus;3&minus;3システムを使用した意図も説明している。<br><br>「彼らのウィング(ノリート&ヘスス・ナバス)がとても良いことは知っていたし、彼らを封じる方法を考えなくてはいけなかった。4&minus;4&minus;2で試合をうまく解釈できたと思う。その次に中盤を一人削って難しくなったが、それも私たちの選択肢の一つだ。マルコ(・アセンシオ)とルーカス(・バスケス)の速さを生かしたカウンターはうまく機能していた」<br><br>ジダン監督が先に「彼には気をつけた方がいい。シーズンは6カ月残っている」と語っていたC・ロナウドは、この試合で2得点。バロンドールを受賞するなど存在感を強めているエースについて、同指揮官は次のように語った。<br><br>「彼にとって完璧な1週間になったかもしれないね。このリズムをキープしてほしい。この前の言葉は、私が彼のことを、日々の練習で彼が示す野心を知っているために口にした。ゴールを決めるようになることは分かっていたんだ。クリスティアーノだってゴールを決められないときはある。しかし、いつだって彼には気をつけなくてはいけない」<br><br><br>提供:goal.com 2017.12.10 12:47 Sun
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース