クラシコとなったスーペル・コパ制覇を目指すジダン監督「特別なトロフィー」2017.08.13 12:43 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽レアル・マドリーのジネディーヌ・ジダン監督が、13日に行われるスーペル・コパ1stレグのバルセロナ戦に向けた意気込みを口にした。クラブ公式サイトが伝えている。

▽昨シーズンのジダン監督は、マドリーに5年ぶりのリーガエスパニョーラ優勝に導いた。さらにチャンピオンズリーグでは史上初となる連覇を達成した。

▽今季も多くのタイトル獲得が期待される中、シーズン最初のタイトルを懸けてバルセロナとの“エル・クラシコ”に臨む。ジダン監督は、重要な一戦に向けた意気込みを口にしている。
「まずはこのトロフィーについて。非常に特別なものだと思っている。さらに相手はバルセロナだ。我々にとってもっとも強力なライバルとの対戦となる。それでも我々が何かを変えることはない」

「バルセロナは指揮官が変わった。しかしバルサはバルサだ。決して弱いチームではない。我々は彼らのスタイルを知っている。彼らを見下して試合に入るようなことになれば、過ちを犯すだろう」

▽また、ジダン監督はバルセロナを退団したブラジル代表FWネイマールについても言及した。

「私に言えることは、選手は自分の望む場所でプレーするということ。ただ、ネイマールは素晴らしい選手であり、彼の代わりをできるような選手はそれほどいない。それでもバルセロナは、新たな選手でこの状況を切り抜けるだろう」

コメント

関連ニュース

thumb

デ・ヘア欲しけりゃ131億円よこせ! ユナイテッド、レアル・マドリーを牽制

▽マンチェスター・ユナイテッドがスペイン代表GKダビド・デ・ヘア(27)の囲い込みに動いたようだ。スペイン『マルカ』が伝えている。 ▽現フットボール界において、ベストGKの1人として名を轟かせるデ・ヘア。だが、レアル・マドリーがここ数年間、コスタリカ代表GKケイロル・ナバスに代わる新守護神として、熱視線を送り続けているとの噂が後を絶えない。 ▽伝えられるところによれば、ユナイテッドはそのレアル・マドリーに対抗すべく、デ・ヘアの売却額として破格の移籍金1億ユーロ(約131億3000万円)に設定。絶対的守護神の流失阻止に動いたという。 ▽それに伴い、レアル・マドリーは、デ・ヘアと共に守護神候補として長らくリストアップしてきたとされるチェルシーのベルギー代表GKティボー・クルトワ(25)にターゲットを変更するとみられる。 2018.02.24 08:00 Sat
twitterfacebook
thumb

もしかしたら先発? →出場時間29秒…ジダン、セバージョスに謝罪

▽レアル・マドリーのジネディーヌ・ジダン監督が、所属するスペイン代表MFダニ・セバージョスに謝罪した。スペイン『アス』が伝えている。 ▽ダニ・セバージョスは昨年の夏、将来性を評価されて勃発したバルセロナとの争奪戦を制したマドリーに入団。下部組織から過ごすベティスを出立し、欧州最高峰のビッグクラブのメンバーとなりスタープレーヤーとしての道を歩み始めた。 ▽しかし、蓋を開けてみれば今シーズンのレアル・マドリーは序盤から勝ち点を取りこぼし、ジダン監督は昨シーズンのようなローテーションを組むことができず。セバージョスはリーガエスパニョーラで24試合のうち7試合のみの出場で、それもほぼ試合終了間際の途中投入。出場時間に換算すると約2試合分にしか満たない186分に留まっている。 ▽過密日程のため、21日に行われた未消化分のリーガ第16節レガネス戦では出場に期待がかかったが、スタメンには入れず。出番が来たのは勝負どころではなく、主将DFセルヒオ・ラモスが試合最終盤に追加点を決めて、スコアを3-1にした直後。アディショナルタイムに入ってからであり、投入からわずか29秒後に笛の音を聞くこととなった。 ▽アラベス戦後、会見に出席したジダン監督はプレー時間を与えられないセバージョスに対して申し訳ない気持ちがあることを吐露した。 「マズいと思ったよ。彼(セバージョス)に対して本当に申し訳なく感じているし、そう話したよ。彼にはとても満足しているんだ」 「彼は素晴らしい若者で、ハードに働く。あまりプレーしていないにも関わらず、熱心に努力しているんだ。彼は若手選手であり、ここにいなければならない」 「今シーズン初めのアラベス戦を覚えているんだ。彼が2ゴールを奪った時のね。戦い続けて、いつかチャンスが巡ると信じなくてはならない」 ▽セバージョスは公式戦では17試合に出場しており、2ゴールをマーク。その2ゴールはどちらも2-1で勝利したリーガ第6節アラベス戦での得点だ。 2018.02.23 23:48 Fri
twitterfacebook
thumb

ユナイテッド、デ・ヘアとの契約延長を“確信”か

▽アメリカの大手メディア『ESPN』は、マンチェスター・ユナイテッドがスペイン代表GKダビド・デ・ヘア(27)との契約延長を確信していると報じた。 ▽ユナイテッドでの活躍ぶりを受け、世界最高のGKとして注目度を高めるデ・ヘア。ここ数年間において、レアル・マドリーがコスタリカ代表GKケイロル・ナバスに代わる新守護神として熱視線を送り続けているとの噂が後を絶えない。 ▽そのデ・ヘアとユナイテッドの現行契約は、残り18カ月。だが、1年間の延長オプションを有している上、デ・ヘア自身もレアル・マドリー移籍に消極的な姿勢を示していることから、ユナイテッド側に新契約締結を急ぐそぶりはないという。 ▽また、今シーズン序盤から始まった延長交渉は現在も進行中で、ユナイテッド側もスペイン人守護神の引き留めに自信を深めている模様。なお、イギリス『タイムズ』も「デ・ヘア、ユナイテッドと新契約締結へ」と報じている。 2018.02.23 11:40 Fri
twitterfacebook
thumb

25回のケガと78試合の欠場…レアル・マドリー、ベイル売却を決意か

▽ウェールズ代表MFガレス・ベイル(28)にレアル・マドリーでの未来は、もはやないのかもしれない。スペイン『マルカ』が伝えている。 ▽2013年夏にトッテナムから加入したベイル。以降、3度のチャンピオンズリーグ制覇を経験したが、度重なる故障に苦しむなど、話題をさらった加入当初の期待ほど活躍する姿を見せるに至っていない。 ▽報じられるによれば、ベイルはレアル・マドリーに加入して以来、合計25回のケガで78試合を欠場。レアル・マドリーも、そのベイルを放出する意向を既に固めているようだ。 ▽レアル・マドリー上層部は、次代のスター候補であるMFマルコ・アセンシオとMFイスコの出場機会減少をも懸念材料として挙げており、ベイルの不要説をより強めているという。 ▽関心が噂されるマンチェスター・ユナイテッドから9000万ユーロ(約118億4000万円)の入札があれば、喜んで受け入れる姿勢を示しているとみられるレアル・マドリーだが、果たして…。 2018.02.23 10:55 Fri
twitterfacebook
thumb

ベンゼマ、母国フランスに復帰か

▽レアル・マドリーに所属する元フランス代表FWカリム・ベンゼマ(30)に移籍の可能性が浮上した。スペイン『アス』が伝えている。 ▽今シーズンを通じてフォームが整わず、不振の時期を過ごすベンゼマ。ここまでリーガエスパニョーラ3得点にとどまっており、メディアなどを通じた批判的な見解が後を絶えない。 ▽そのベンゼマ自身も、それらの批判に嫌気を差しており、移籍を前向きに検討。フランスに復帰することで、重要な役割が与えられる機会を得られると見込んでいるようだ。 ▽伝えられるところによれば、ベンゼマがフランス復帰となれば、行き先としてパリ・サンジェルマン(PSG)、リヨン、マルセイユ、モナコの同国4大クラブが有力な情勢だという。 ▽中でも、アトレティコ・マドリーの視線を集めるFWマリアーノの流失に備えて、古巣リヨンが獲得に乗り出す可能性があり、PSGもFWネイマールの代役として迎え入れる思惑がある模様だ。 2018.02.23 08:45 Fri
twitterfacebook


ACL

ACL
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース