フェネルバフチェ、ゼニトからブラジル代表MFジュリアーノを獲得!2017.08.13 04:16 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽フェネルバフチェは12日、ゼニトからブラジル代表MFジュリアーノ(27)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2021年6月30日までの4年となる。

▽故郷のパラナ・クルーベでプロキャリアをスタートさせたジュリアーノは、インテルナシオナウでのプレーを経て、2011年1月にウクライナのドニプロへと移籍。2014年夏にグレミオ移籍で母国へ戻っていた。

▽昨夏、ゼニトに4年契約で加入したジュリアーノは、昨シーズンの公式戦38試合に出場し、17ゴール13アシストを記録。持ち味の突破力とパスセンスを武器に攻撃をけん引しただけでなく、ヨーロッパリーグではローマFWエディン・ゼコと並んで得点王に輝くなど、得点力にも磨きをかけていた。
コメント
関連ニュース
thumb

移籍後初先発の香川がフェネルバフチェとのダービーで躍動! 初アシスト記録もチームは3点のリードを守れずドロー《スュペル・リグ》

ベシクタシュは25日、スュペル・リグ第23節でフェネルバフチェをホームに迎え、3-3で引き分けた。 前節マラティヤスポル戦を競り勝ち3位を死守したベシクタシュ(勝ち点39)が、16位に低迷するフェネルバフチェ(勝ち点24)をホームに迎えた一戦。 リャイッチの出場停止の影響もあって移籍後初先発を飾った香川が[4-2-3-1]のトップ下で先発となった。 共にイスタンブールを本拠地とするフェネルバフチェとのダービー。立ち上がりから圧力をかけたベシクタシュは10分に先制する。右サイド絞った位置からの香川のFKが起点となり、ルーズとなったボールをギョニュルがボレーで叩き込んだ。 さらに14分、香川の右CKを起点にPKが宣告される。ショートコーナーを使った流れから、ルーズボールをボックス内で拾いにかかったギョニュルがアリ・カルディリムに蹴られ、VARの末にPKとなった。このPKをユルマズが決めてベシクタシュがリードを広げた。 その後もフェネルバフチェを攻守に上回るベシクタシュが主導権を握り続けると、追加タイム2分、香川に移籍後初アシストが生まれる。カウンターを発動すると、香川のスルーパスからユルマズが独走してGKとの一対一を制し、3点目を奪って前半を終えた。 迎えた後半、ヴァルブエナとA・アイェウを投入して前がかるフェネルバフチェは55分にザイツのゴールで1点を返した。 さらに62分、右サイドのヴァルブエナのFKからチフトプナルのヘディングシュートが決まり、1点差に詰め寄った。 止まらないフェネルバフチェは67分、3点差を追いついて見せる。中央からアリ・カルディリムの放った強烈なミドルシュートがゴール右上に突き刺さった。 結局、後半にペースを握れなかったベシクタシュは85分に香川をベンチに下げた中、3-3でタイムアップ。後半にフェネルバフチェの猛反撃を受けたベシクタシュは3点のリードを守りきれなかった。 2019.02.26 05:09 Tue
twitterfacebook
thumb

「新たなシンジがやって来る?」フェネルバフチェが今夏フリーの岡崎慎司に関心

長友佑都はガラタサライに、香川真司はベシクタシュに在籍しているが、今夏新たに日本人選手がトルコリーグに移籍する可能性があるようだ。<br><br>トルコ『Fotomac』や『CNN Turk』、『Aksam』など複数のトルコメディアが「(香川ではない)新たなシンジがトルコにやってくるかもしれない」という内容で、岡崎慎司について伝えた。<br><br>フェネルバフチェのフィクレト・オルマン会長は、会見で岡崎慎司に対し関心を示していることを認めている。<br><br>記事では「イングランドのレスターに在籍している32歳のFWは、今シーズン限りでフリーになる。ガラタサライの長友、ベシクタシュの香川に続き、フェネルバフチェが新たな日本人選手獲得に向けて準備を進めている」と伝えた。<br><br>香川真司が今冬の移籍市場でトルコリーグに移籍し、初出場からわずか3分で2ゴールを奪ったことで、トルコでの日本人への関心度はより一層高まっていた。25日にはベシクタシュvsフェネルバフチェのイスタンブールダービーが行われる予定となっているが、長友、香川らの活躍を受けて、フェネルバフチェも新たな日本人確保に向けて本腰を入れているようだ。<br><br><br>提供:goal.com 2019.02.20 13:50 Wed
twitterfacebook
thumb

スリマニ弾のフェネルバフチェがホームでゼニトに先勝!《EL》

ヨーロッパリーグ(EL)決勝トーナメント1回戦、フェネルバフチェvsゼニトが12日に行われ、ホームのフェネルバフチェが1-0で先勝した。 グループDを2位通過したフェネルバフチェと、グループCを首位通過したゼニトによるトルコとロシアの強豪同士によるベスト16を懸けた初戦。 立ち上がりからモーゼスやヴァルブエナ、スリマニを起点にゼニトを押し込むフェネルバフチェが試合の主導権を握る。徐々に相手ボックス付近でのプレーを増やしていくと、21分にセットプレーから先制点を奪う。 右CKの場面でキッカーのヴァルブエナがアウトスウィングのクロスを入れると、ニアでモーゼスが競ったこぼれ球に反応したスリマニが冷静に右足のシュートを流し込んだ。幸先よく先制に成功したホームチームはその後もエルマスが際どいミドルシュートを続けて放つなど試合をコントロールしていく。 一方、守勢が続くゼニトも前半終了間際に絶好の同点機を迎える。43分、ボックス内でドリウッシがメフメト・トパルに足を蹴られてPKを獲得。ここでキッカーをマクが務めるが、右隅を狙ったシュートはGKテキンに触られた結果、クロスバーを叩いて痛恨の失敗となった。 守護神のビッグプレーによってリードを保って後半を迎えたフェネルバフチェは、立ち上がりからボールを保持して相手を押し込む。そして、ボックス付近でスリマニ、エルマス、ヴァルブエナが次々とフィニッシュに絡んでいくが、流れの中から2点目を奪うことはできず。 後半に入ってもなかなか攻め手を見いだせないゼニトは74分にドリウッシを下げて今冬加入のイラン代表のエースFWアズムーンをピッチに送り込む。77分にはマクのクロスからゴール前のジューバに決定機も、このヘディングシュートはGKの正面を突く。その後、マクを下げてマルキジオを投入するなど最後まで同点を目指したアウェイチームだったが、試合はこのままタイムアップ。 ホームで勝ち切ったフェネルバフチェがベスト16進出に向けて大きな一歩を進めた。なお、ゼニトホームで行われる2ndレグは21日に開催される。 2019.02.13 04:53 Wed
twitterfacebook
thumb

バルサ、シュクルテル獲得にも動いていた! 代理人明かす

フェネルバフチェに所属するスロバキア代表DFマルティン・シュクルテルの代理人が、1月にバルセロナからアプローチがあったことを明かしている。スペイン『アス』が伝えた。 今冬の移籍市場ではセンターバックの補強に動いていたバルセロナ。DFサミュエル・ユムティティとDFトーマス・ヴェルメーレンの負傷を受けて、応急処置としてコロンビア代表DFジェイソン・ムリージョをバレンシアからレンタルで獲得した。 一方で、同クラブはかつてリバプールで長らくプレーしたシュクルテルの獲得にも動いていたようだ。同選手の代理人であるミトハット・ハリス氏が明かした。 「バルセロナは彼との契約に動いていた。即戦力のセンターバックを必要としていたからね。だが選手は同意しなかった。(ジェラール・)ピケや、(サミュエル・)ユムティティの控えになりたくなかったんだ」 「私が思うに、彼はDFクレマン・ラングレより優れたDFだ。シュクルテルはここでハッピーだし、フェネルバフチェでは重要な役割がある」 「彼らは(11月の)スロバキア代表vsウクライナ代表を観に来ていた。だがシュクルテルは我々にトルコでプレーを続けたいと言ってきたんだ」 シュクルテルは2016年夏にリバプールからフェネルバフチェに移籍。1年目から公式戦49試合に出場する活躍で、今季もここまでリーグ戦16試合、ヨーロッパリーグ5試合に出場している。 2019.02.12 13:58 Tue
twitterfacebook
thumb

ディエゴ・レジェスがレガネス移籍 今季フェネルバフチェ加入のメキシコ代表DF

レガネスは1月31日、フェネルバフチェに所属するメキシコ代表DFディエゴ・レジェス(26)のレンタル加入を発表した。契約期間は今シーズン終了まで。背番号は「4」を着用する。 2012年のロンドン・オリンピック優勝メンバーであるディエゴ・レジェスはA代表通算57キャップ(1得点)を誇る身長190cmの長身DF。2010年にクラブ・アメリカでプロデビュー後、ポルト、レアル・ソシエダ、エスパニョールを渡り歩き、2018年夏にフェネルバフチェにフリー加入した。 だが、新天地トルコで思ったように出場機会を掴めず、国内リーグ戦出場数は8試合のみ。センターバックや守備的MFとしてプレーしたが、公式戦でも14試合1得点の成績にとどまった。 2019.02.01 15:55 Fri
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース