モラタ1G1Aもケイヒル&セスク退場の昨季王者チェルシーが黒星スタート…《プレミアリーグ》2017.08.13 01:14 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽チェルシーは12日、スタンフォード・ブリッジで行われたプレミアリーグ開幕節でバーンリーと対戦し、2-3で敗戦した。

▽昨シーズン、圧倒的な強さでプレミアリーグを制覇したチェルシーは連覇が懸かる今シーズンの開幕戦で昨季16位のバーンリーをホームに迎えた。今季最初の公式戦となったアーセナルとのコミュニティー・シールドをPK戦の末に落としたチェルシーは、その試合から先発2人を変更。負傷したペドロと昨季FAカップ決勝で退場したモーゼスが出場停止で欠場となり、新戦力リュディガーとアカデミー出身の若手ボガがスタメン入り。

▽GKにはクルトワ、3バックにリュディガーとダビド・ルイス、ケイヒル。中盤は右からアスピリクエタ、セスク、カンテ、マルコス・アロンソ。3トップはボガ、ウィリアン、バチュアイが並んだ。なお、レアル・マドリーからの新戦力モラタはベンチスタートとなり、エースのアザールはケガのためベンチ外となった。

▽プレシーズンは低調も昨季圧倒的な強さを誇ったホームにアウェイ最弱のバーンリーを迎えたため、昨季王者の優位は揺るがないかと思われたが、予想だにしない展開が待っていた。

▽拮抗した立ち上がりの14分、勢い余って相手MFデフールに足裏を見せたタックルを見舞ったケイヒルにレッドカードが掲示され、チェルシーは新キャプテンをわずか10分ちょっとで失うことになった。

▽コミュニティー・シールドに続く2試合連続の一発退場劇で苦しい立ち上がりとなったチェルシーは、18分にFWボガを下げてDFクリステンセンを投入。だが、数的優位で押し込まれ始めると、24分にはロートンの右クロスをゴール前のボークスに泥臭いボレーで流し込まれ、先制点を奪われた。

▽すぐさま反撃に出るチェルシーだが、プレシーズンの不調を引きずってなかなか思うようなプレーができない。すると、前半終盤にかけて悪夢の連続失点を喫する。39分、コークとのパス交換でボックス左に抜け出したウォードに強烈な左足のシュートをファーポストに突き刺される。さらに43分にはセットプレーの場面でデフールのクロスに対して、リュディガーとD・ルイスの動きが重なってフリーにしたボークスにヘディングで叩き込まれ、まさかの3点ビハインドで前半を終えた。

▽迎えた後半、ハーフタイムで気持ちを切り替えたチェルシーは、立ち上がりの49分にマルコス・アロンソの強烈なミドルシュートで相手GKを脅かすなど、数的不利を感じさせない攻撃でゴールに迫る。さらに59分にはバチュアイを下げてモラタをデビューさせる。

▽すると、この交代策がゴールをもたらす。69分、右サイドでキープしたウィリアンのクロスに絶妙な動き出しでオフサイドラインを破ったモラタがダイビングヘッドで合わせ、新エース候補のデビュー弾で反撃の狼煙を上げる。

▽ここから猛攻に転じるチェルシーは、73分にも右サイドのクリステンセンがグラウンダーで入れたクロスをゴール前のモラタが押し込むが、ここはオフサイドの判定でゴールは認められず。すると81分には相手選手へのレイトチャージで2枚目の警告を受けたセスクが、ケイヒルに続いて退場処分に。

▽この退場で9人での戦いを強いられたチェルシーだが、昨季王者のプライドか、試合終盤にかけて圧巻の攻撃を見せる。88分、アスピリクエタのフィードを前線のモラタが頭でゴール前に流すと、これに反応したD・ルイスが冷静に流し込み、1点差に迫る。その後もリスクを冒した攻撃でチャンスを作ったホームチームだが、試合はこのまま2-3のスコアでタイムアップ。

▽9人での戦いを強いられた中、モラタの1ゴール1アシストで意地を見せたチェルシーだが、ホームでのリーグ開幕戦で格下相手に痛恨の敗戦となった。なお、公式戦連敗と苦しい状況が続くチェルシーはセスクとケイヒルを出場停止で欠く中、次節昨季2位トッテナムとの重要な一戦に臨む。

コメント

関連ニュース

thumb

今夜CLラウンド16抽選会! 2位通過のチェルシーは困難な相手が確定

▽11日、チャンピオンズリーグ(CL)のラウンド16組み合わせ抽選会が行われる。 ▽ほぼ順当に勝ち上がりが決定した今シーズンのCL。その中で、アトレティコ・マドリー、ナポリ、ドルトムントが3位に終わり、ヨーロッパリーグへと回ることが決定した。 ▽大会2連覇中のレアル・マドリーや、バイエルンと同組ながら首位通過したパリ・サンジェルマン、CL最終節まで無敗を継続していたマンチェスター・シティといった強豪クラブが1位通過している。 ▽一方で、2位通過となったクラブの中で、チェルシーは難しい組み合わせになる可能性が高い。ラウンド16では、同じコンペティションのクラブとの対戦が回避される。昨シーズンのヨーロッパリーグを制したマンチェスター・ユナイテッドが出場したことで、イングランドのクラブは5つ参加。5クラブともにラウンド16へと進んだが、チェルシー以外の4クラブが首位通過し、チェルシーのみ2位通過に。また、ローマはグループステージで同居したために排除されるため、選択肢はバルセロナ、ベシクタシュ、パリ・サンジェルマンの3つとなる。 ▽また、バルセロナから見れば、レアル・マドリー、セビージャは同じコンペティション、ユベントスがグループステージで同居したため、5クラブが候補に。バイエルン、チェルシーを避けられれば、ベスト8進出は固いと言える。 ▽注目の抽選会は、11日の20時から。ラウンド16は2月13日、14日、20日、21日に1stレグ、3月6日、7日、13日、14日に2ndレグが行われる。 ◆グループ1位通過 バルセロナ ベシクタシュ リバプール マンチェスター・シティ マンチェスター・ユナイテッド パリ・サンジェルマン ローマ トッテナム ◆グループ2位通過 バーゼル バイエルン チェルシー ユベントス ポルト レアル・マドリー セビージャ シャフタール・ドネツク 2017.12.11 16:30 Mon
twitterfacebook
thumb

守護神クルトワ「新契約にサインしない理由がない」

▽チェルシーのベルギー代表GKティボー・クルトワ(25)がクラブとの契約延長を示唆している。イギリス『イブニング・スタンダード』が伝えた。 ▽チェルシーとの現行契約を2019年6月30日までとしているクルトワ。ここ数日では、レアル・マドリーからの関心のほか、妻と2人の子供がスペインで暮らしていることから、「誰もが僕の私情を知っているはずさ。スペインという国に魅了されているんだ」と、アトレティコ・マドリー時代以来となるスペイン帰還を示唆していた。 ▽しかし、先日『VTM Stadion』のインタビューに答えたクルトワは以下のようにコメントしている。 「もちろん、子供たちとはこういった状況だけど、僕はここでハッピーなんだ。新契約にサインしない理由が見当たらないよ」 「プレッシャーはない。シーズン終了前にサインしたいと思っている。チェルシーとね。普通のことだよ」 「今は決断を下すのに適切なタイミングではない。僕にとっても、チェルシーにとってもね。クラブもそれは理解している。これから数カ月で、僕たちは話し合いの場を持つつもりだよ」 2017.12.10 15:53 Sun
twitterfacebook
thumb

ダビド・ルイス、来年1月にもレアル・マドリーへ?

▽レアル・マドリーは、やはり今冬の移籍市場でチェルシーに所属するブラジル代表DFダビド・ルイス(30)の動向を追っているのかもしれない。イギリス『デイリー・スター』が報じた。 ▽昨シーズンのチェルシーでプレミアリーグ制覇の原動力として存在感を高めたダビド・ルイス。だが、今シーズン途中にアントニオ・コンテ監督との軋轢が明るみとなり、10月31日に行われたチャンピオンズリーグのローマ戦以降、出番が激減している。 ▽そのダビド・ルイスを巡り、以前にも関心が取り沙汰されたレアル・マドリーが獲得に本格参戦の姿勢を強めている様子。レアル・マドリーのフロレンティーノ・ペレス会長が攻撃スキルを兼ねたブラジル人センターバックの加入を希望しているという。 2017.12.10 09:00 Sun
twitterfacebook
thumb

拙攻チェルシー、モイーズ・ハマーズに初勝利を許して8試合ぶり敗戦《プレミアリーグ》

▽チェルシーは9日、プレミアリーグ第16節でウェストハム とのアウェイ戦に臨み、0-1で敗れた。 ▽前節ニューカッスル戦をアザールの2ゴールなどで3-1と逆転勝利した3位チェルシー(勝ち点35)は、4日前に行われたチャンピオンズリーグのアトレティコ・マドリー戦を1-1で引き分け、2位での決勝トーナメント進出となった。そのチェルシーはアトレティコ戦のスタメンからモーゼスに代えてマルコス・アロンソのみを変更した。 ▽モイーズ監督就任後も1分け3敗と調子の上がらない19位ウェストハム(勝ち点10)に良い入りをされたチェルシーは6分、先制を許してしまう。ランシーニとのワンツーでボックス中央に侵入したアルナウトビッチに左足でゴール左へシュートを流し込まれた。 ▽失点後、ポゼッションを高めて反撃に出るチェルシーは20分、ルーズボールをボックス左のアザールがボレーシュートに持ち込むも、わずかに枠を捉えられない。 ▽続く28分にはボックス手前左のカンテが枠の右を捉えるコントロールシュートを浴びせたが、GKアドリアンにセーブされた。その後もハーフコートゲームを展開したチェルシーだったが、目立ったチャンスを作れずに前半を1点ビハインドで終えた。 ▽後半からバカヨコに代えてペドロを投入したチェルシーだったが、効果的な崩しを見せられなかったことで、55分にはマルコス・アロンソに代えてモーゼスを投入した。 ▽すると58分、左サイドにポジションを移したザッパコスタがボックス手前左からコントロールシュート。しかし、わずかに枠の右に外れた。攻勢を強めたいチェルシーは、ザッパコスタに代えてウィリアンを投入。左サイドにペドロを配した。 ▽なかなかチャンスを生み出せない中、83分にようやくチェルシーに決定機。カンテのラストパスをボックス左で受けたモラタがシュート。しかし、わずかに枠の左に外れた。 ▽その後もアザールのミドルなどでゴールに迫ったチェルシーだったが、リーグ戦8試合ぶりの敗戦を喫した。一方、モイーズ体制初勝利となったウェストハムは9試合ぶりの勝利となっている。 2017.12.09 23:28 Sat
twitterfacebook
thumb

コンテ「私にとってカンテがバロンドール」“汗かき役”の教え子に賛辞

チェルシーのアントニオ・コンテ監督が自チームのバロンドール候補について言及した。<br><br>2017年のバロンドールはクリスティアーノ・ロナウドが受賞し、チェルシーの選手ではエデン・アザールが8位にランクインされた。コンテは「エデンの上にはC・ロナウド、(リオネル)メッシ、ネイマールがいる。彼らを打ち破るのは相当な困難なことだと思うが、彼らと戦うための資質をエデンは備えている」と発言。<br><br>「やはり特別な選手は&ldquo;神聖な火&rdquo;を持っている。これは目標を達成するための強固な意思、勝利への意欲でもあり、とても重要な資質なんだ。この火は大きくても小さくても構わないが、チェルシーの選手にも備わっていると信じている」<br><br>チェルシーの指揮官コンテはアザールの今後の躍進に期待を寄せた一方で、「チェルシーのプレーヤーでは、(エンゴロ)カンテに賛辞を贈りたい。彼が今後バロンドールを受賞するかどうかは分からないが、監督にとってはとても貴重な存在なんだ。彼がいるチームの指導者は幸せだと思うよ。私にとってはカンテがバロンドールにふさわしい存在だ」と続け、チームの&ldquo;汗かき役&rdquo;であるカンテを称賛している。<br><br>現役時代、ユベントスでは長年ボランチとして守備的なタスクを多くこなしていたコンテだけに、同じ役割を担うカンテに対して、労いの気持ちが強いようだ。<br><br><br>提供:goal.com 2017.12.09 17:29 Sat
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース