モラタ1G1Aもケイヒル&セスク退場の昨季王者チェルシーが黒星スタート…《プレミアリーグ》2017.08.13 01:14 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽チェルシーは12日、スタンフォード・ブリッジで行われたプレミアリーグ開幕節でバーンリーと対戦し、2-3で敗戦した。

▽昨シーズン、圧倒的な強さでプレミアリーグを制覇したチェルシーは連覇が懸かる今シーズンの開幕戦で昨季16位のバーンリーをホームに迎えた。今季最初の公式戦となったアーセナルとのコミュニティー・シールドをPK戦の末に落としたチェルシーは、その試合から先発2人を変更。負傷したペドロと昨季FAカップ決勝で退場したモーゼスが出場停止で欠場となり、新戦力リュディガーとアカデミー出身の若手ボガがスタメン入り。

▽GKにはクルトワ、3バックにリュディガーとダビド・ルイス、ケイヒル。中盤は右からアスピリクエタ、セスク、カンテ、マルコス・アロンソ。3トップはボガ、ウィリアン、バチュアイが並んだ。なお、レアル・マドリーからの新戦力モラタはベンチスタートとなり、エースのアザールはケガのためベンチ外となった。

▽プレシーズンは低調も昨季圧倒的な強さを誇ったホームにアウェイ最弱のバーンリーを迎えたため、昨季王者の優位は揺るがないかと思われたが、予想だにしない展開が待っていた。

▽拮抗した立ち上がりの14分、勢い余って相手MFデフールに足裏を見せたタックルを見舞ったケイヒルにレッドカードが掲示され、チェルシーは新キャプテンをわずか10分ちょっとで失うことになった。

▽コミュニティー・シールドに続く2試合連続の一発退場劇で苦しい立ち上がりとなったチェルシーは、18分にFWボガを下げてDFクリステンセンを投入。だが、数的優位で押し込まれ始めると、24分にはロートンの右クロスをゴール前のボークスに泥臭いボレーで流し込まれ、先制点を奪われた。

▽すぐさま反撃に出るチェルシーだが、プレシーズンの不調を引きずってなかなか思うようなプレーができない。すると、前半終盤にかけて悪夢の連続失点を喫する。39分、コークとのパス交換でボックス左に抜け出したウォードに強烈な左足のシュートをファーポストに突き刺される。さらに43分にはセットプレーの場面でデフールのクロスに対して、リュディガーとD・ルイスの動きが重なってフリーにしたボークスにヘディングで叩き込まれ、まさかの3点ビハインドで前半を終えた。

▽迎えた後半、ハーフタイムで気持ちを切り替えたチェルシーは、立ち上がりの49分にマルコス・アロンソの強烈なミドルシュートで相手GKを脅かすなど、数的不利を感じさせない攻撃でゴールに迫る。さらに59分にはバチュアイを下げてモラタをデビューさせる。

▽すると、この交代策がゴールをもたらす。69分、右サイドでキープしたウィリアンのクロスに絶妙な動き出しでオフサイドラインを破ったモラタがダイビングヘッドで合わせ、新エース候補のデビュー弾で反撃の狼煙を上げる。

▽ここから猛攻に転じるチェルシーは、73分にも右サイドのクリステンセンがグラウンダーで入れたクロスをゴール前のモラタが押し込むが、ここはオフサイドの判定でゴールは認められず。すると81分には相手選手へのレイトチャージで2枚目の警告を受けたセスクが、ケイヒルに続いて退場処分に。

▽この退場で9人での戦いを強いられたチェルシーだが、昨季王者のプライドか、試合終盤にかけて圧巻の攻撃を見せる。88分、アスピリクエタのフィードを前線のモラタが頭でゴール前に流すと、これに反応したD・ルイスが冷静に流し込み、1点差に迫る。その後もリスクを冒した攻撃でチャンスを作ったホームチームだが、試合はこのまま2-3のスコアでタイムアップ。

▽9人での戦いを強いられた中、モラタの1ゴール1アシストで意地を見せたチェルシーだが、ホームでのリーグ開幕戦で格下相手に痛恨の敗戦となった。なお、公式戦連敗と苦しい状況が続くチェルシーはセスクとケイヒルを出場停止で欠く中、次節昨季2位トッテナムとの重要な一戦に臨む。

コメント

関連ニュース

thumb

【プレビュー】“八百長”、“リトルマン”刺激的なワード飛び交う犬猿の指揮官同士による上位対決《マンチェスター・ユナイテッドvsチェルシー》

▽プレミアリーグリーグ第28節、マンチェスター・ユナイテッドvsチェルシーが日本時間25日25:30にオールド・トラフォードでキックオフされる。熾烈なトップ4争いに絡む2位のユナイテッド(勝ち点56)と、4位のチェルシー(勝ち点53)による注目の上位対決だ。 ▽ユナイテッドは、およそ2週間前に行われた前節のニューカッスル戦で敗戦を喫するなど、直近のリーグ戦3試合で1勝2敗と調子を崩す。首位のマンチェスター・シティ(勝ち点72)との勝ち点差は「16」に広がり、逆に5位のトッテナム(勝ち点52)はわずかに「4」と今後はトップ4フィニッシュが最優先事項となる。 ▽なお、ミッドウィークに行われたチャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦1stレグのセビージャ戦ではアウェイ仕様の守備的なスタイルを選択した中、終始劣勢を強いられるも頼れる守護神デ・ヘアの再三に渡る好守に救われ、ある意味予定通りのゴールレスドローという結果を持ち帰った。ただ、必勝が求められるホームでの今回の一戦に向けては不振を極める攻撃陣のパフォーマンスに不安が残る。 ▽一方、前節WBA相手に3-0の快勝を収めボーンマス、ワトフォード相手に喫した屈辱の連敗を何とか払拭したチェルシーはトップ4圏内キープに成功。しかし、今節からはマンチェスター勢との厳しい連戦となり、結果次第ではトップ4陥落という可能性もある、シーズンにおける重要な局面を迎える。 ▽ミッドウィークに行われたCLのバルセロナ戦ではホームゲームながらもユナイテッド同様に守備的なアプローチからMFウィリアンのゴールで先制に成功したが、DFクリステンセンの痛恨のミスからアウェイゴールを献上し厳しい1-1のドローとなった。 ▽なお、今回の対戦では上位対決という事情に加え、指揮官同士の因縁という部分でも大きな注目が集まっている。チェルシーで優勝翌年に途中解任となったモウリーニョ監督を揶揄する「彼の二の舞にはなりたくない」とのコンテ監督の発言をキッカケにヒートアップした両者は、コンテ監督が“小さな男”と発言すれば、モウリーニョ監督も「私のキャリアで八百長で処分されることはない」と刺激的なワードの応酬となっている。今回の試合前には目立った発言はなかったものの、共に憎き相手に勝ちたい気持ちは強いはずだ。 ▽直近のCLではいずれも“塩試合”を演じた両者だけに今回の一戦も息が詰まるロースコアゲームを予想する声も多いが、前回対戦で0-1の敗戦を喫したユナイテッドが指揮官の怒りを反映させた攻撃的なスタイルで臨めば、より見応えのある上位対決となるはずだ。 <div style="text-align:center;">◆マンチェスター・ユナイテッド◆ 【4-3-3】</div> ▽マンチェスター・ユナイテッド予想スタメン<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20180224_37_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK:デ・ヘア DF:バレンシア、バイリー、スモーリング、アシュリー・ヤング MF:マクトミネイ、マティッチ、ポグバ FW:リンガード、ルカク、サンチェス 負傷者:DFロホ、フィル・ジョーンズ、MFエレーラ、フェライニ、FWイブラヒモビッチ 出場停止者:なし ▽出場停止者はいない。負傷者に関しては直近のセビージャ戦を回避したメンバーに加え、同試合で負傷したエレーラの欠場が確定している。 ▽スタメンに関してはセビージャ戦で途中出場のポグバに加え、バイリーの復帰が見込まれる。[4-3-3]のシステムの採用が濃厚な中、ルカクとサンチェスと共に3トップの一角を担う3人目の人選に注目が集まるところだが、休養十分のリンガードの起用を予想する。 <div style="text-align:center;">◆チェルシー◆ 【3-4-3】</div> ▽チェルシー予想スタメン<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20180224_37_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK:クルトワ DF:アスピリクエタ、クリステンセン、ケイヒル MF:モーゼス、セスク、カンテ、マルコス・アロンソ FW:ウィリアン、ジルー、アザール 負傷者:DFダビド・ルイス、MFバカヨコ、バークリー 出場停止者:なし ▽出場停止者はいない。また、負傷者に関しては直近のバルセロナ戦を欠場した前述の3選手の欠場が濃厚だ。 ▽スタメンに関してはリュディガーに代わってケイヒル、ペドロに代わってモラタかジルーが復帰し引き続き[3-4-3]の布陣を採用すると思われる。 ★注目選手 ◆マンチェスター・ユナイテッド:MFポール・ポグバ<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20180224_37_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽マンチェスター・ユナイテッドの注目プレーヤーは、去就問題で注目を集めるポグバだ。今季ケガと出場停止の影響でリーグ戦17試合の出場に留まるポグバだが、3ゴール9アシストと数字のうえではまずまずの数字を残している。しかし、相棒マティッチの勤続疲労によるパフォーマンスの低下や指揮官から科される守備的タスクの影響か、ここ最近は大きくパフォーマンスを落としている。この状況を受けて、指揮官の確執報道や来夏の退団報道も出ている。 ▽ピッチ上のパフォーマンスで周囲の雑音を払拭する上で格好の相手となるチェルシーとの一戦では、代表の同僚にして世界屈指のボールハンターであるMFカンテとのマッチアップを制して復調傾向をみせる相手の堅守攻略の導き手となりたい。 ◆チェルシー:GKティボー・クルトワ<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20180224_37_tw5.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽チェルシーの注目プレーヤーは、ポグバと同様に去就問題に揺れるクルトワだ。昨季再三の好守を連発してチェルシーのリーグ優勝に大きく貢献したベルギー守護神だが、家族の問題もあってマドリッド帰還を望んでいる。その後、自身のマドリッド帰還希望発言を釈明したものの、有力な移籍先に挙がるレアル・マドリーへの興味は否定していない。 ▽奇しくも今回の対戦相手であるユナイテッドの守護神デ・ヘアはレアル・マドリーのトップターゲットとみられており、その両者の直接対決となる今回の一戦はレアル・マドリー関係者ならびファンの注目を集めている。もちろん、チェルシー残留を既定路線としているクルトワだが、ライバルよりも優れたパフォーマンスを披露して各方面にアピールを行いたいところだ。 2018.02.24 20:30 Sat
twitterfacebook
thumb

守備強化図るチェルシー、来夏にニューカッスル主将DF獲得に関心

▽新シーズンに向けて守備陣の強化を目指すチェルシーは来夏にニューカッスルのイングランド人DFジャマール・ラッセルズ(24)の獲得に動くようだ。イギリス『ロンドン・イブニング・スタンダード』が伝えている。 ▽現在、チェルシーでは昨シーズンのプレミアリーグ優勝に貢献したブラジル代表DFダビド・ルイスに加えて、キャプテンを務めるイングランド代表DFギャリー・ケイヒルが評価を落としており、来夏の退団の可能性も報じられている。 ▽この状況を受けて、クラブはニューカッスルでキャプテンを務めるラッセルズの獲得に動き出したようだ。 ▽ここ最近、MFダニー・ドリンクウォーター、MFロス・バークリーとイングランド人プレーヤーを積極的に補強しているチェルシーは、フル代表経験こそないものの2014年のニューカッスル加入以降、安定したパフォーマンスを続けリーダーシップにも優れるラッセルズを高く評価しており、前述の2選手に続く新たな国内産プレーヤーとして獲得を目指しているようだ。 ▽なお、ラッセルズは昨年10月にニューカッスルとの6年契約にサインしているが、チェルシーは現行のサラリーの倍額に近い週給5万ポンド(約746万円)のオファーを準備している模様だ。 2018.02.24 17:25 Sat
twitterfacebook
thumb

【プレミア第28節プレビュー】日曜にユナイテッドvsチェルシー開催

▽先週末のFAカップウィークを挟んで2週間ぶりとなるプレミアリーグ。前節、スパーズvsアーセナルのノースロンドン・ダービーは、1-0でスパーズが勝利した。そのほか、首位のマンチェスター・シティ、リバプール、チェルシーが勝利した一方、ユナイテッドはニューカッスルに敗れている。迎える今節は、日曜日の日本時間23時5分からユナイテッドvsチェルシーのビッグマッチが開催される。 ▽ニューカッスルに敗れたユナイテッドは中間、FAカップ5回戦でハダースフィールドに0-2で勝利。水曜日にはチャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦1stレグでセビージャとのアウェイ戦に臨み、守備的なプランを採用して0-0で引き分けた。直近の11試合のうち9試合でクリーンシートと堅実な戦いを見せている中、ホームのここは勝ち点3を狙いにいく戦いを見せてサポーターを納得させたいところだ。 ▽対する4位のチェルシーは前節、WBAに3-0で勝利。FAカップではハル・シティを4-0で一蹴し、火曜日にはCLでバルセロナをホームに迎えた。ウィリアンの得点で先制したチームはスペインの巨人を相手に優位に試合を展開したが、終盤にミスからメッシにゴールを奪われて1-1で引き分けた。ユナイテッドとの勝ち点差は現在3ポイント。引き分けでもOKの試合の中、バルサ戦でモラタとジルーをベンチに置いたコンテ監督の戦術プランに注目だ。 ▽ユナイテッドとの差を2ポイントまで詰めた3位のリバプールは、ホームにウェストハムを迎える。前節はサウサンプトンを相手に0-2で完勝、さらに水曜日にはCLで敵地でのポルト戦でマネのハットトリックなどで5-0と先勝しており、ほぼベスト8入りを決めた状態。ポルト戦で揃い踏みに得点を取ったサラー、マネ、フィルミノのトリオが好調を維持しており、チームのムードはいい。勢いそのままに、3ポイントを奪いたい。 ▽チェルシーと1ポイント差で5位のスパーズは、クリスタル・パレスとのアウェイ戦だ。先週ミッドウィークのCL、ユベントス戦は敵地で2点を先制されながらも、ケインとエリクセンのゴールで追いついて2-2と上々の結果を得た。ただ、先週末のFAカップでは格下ロッチデールに土壇場で追いつかれて2-2の引き分けによる再試合となった。1週間間隔が空いており、しっかりと切り替えてこのロンドン・ダービーをモノにしたい。 ▽なお、今節はもうひとつアーセナルvsシティのビッグマッチが組まれているが、両者は25日に行われるリーグカップ決勝でも激突するため、リーグ戦は3月1日に開催されることとなっている。 ◆プレミアリーグ第28節 ▽2/24(土) 《21:30》 レスター・シティ vs ストーク・シティ 《24:00》 バーンリー vs サウサンプトン ボーンマス vs ニューカッスル WBA vs ハダースフィールド リバプール vs ウェストハム ブライトン vs スウォンジー 《26:30》 ワトフォード vs エバートン ▽2/25(日) 《21:00》 クリスタル・パレス vs トッテナム 《23:05》 マンチェスター・ユナイテッド vs チェルシー ▽3/1(木) 《28:45》 アーセナル vs マンチェスター・シティ 2018.02.23 18:00 Fri
twitterfacebook
thumb

アザール、自身の適正ポジションについて「セカンドトップは気に入っているけれど…」

チェルシーのエデン・アザールは、セカンドトップよりも、ワイドでのプレーを気に入っていると明かした。<br><br>直近の試合でチェルシーにはセンターFWが不在となり、アザールはより中央寄りのポジションへと移動。その影響もあってか、先日のバルセロナ戦で同選手はピッチ中央でプレーする姿が見られた。1-1で終えたチャンピオンズリーグ ラウンド16ファーストレグの後、ベルギー代表FWは自身の適正ポジションについて言及している。<br><br>「セカンドトップでの役割を気に入っている。でも、バルセロナのような高いクオリティを持つチームとの対戦では、このポジションでのプレーは困難だ。ボールを多く持てないし、あの試合でボールを触ったのは25回程度で、あとは僕のはるか頭上を越えていったよ。ジェラール・ピケとのマッチアップでも何度か勝利したけれど、僕のクオリティに最適な場所とは言い難い」<br><br>「最後の10分間でプレーしたようなワイドでのプレーをより気に入っている。結局のところ最終決定を下すのは監督だけれど、ウィングでのプレーをより心地よいと感じるし、そこが僕の居場所だと思っている」<br><br>また、バルセロナ戦について「この手の試合では1つのミスが1点に直結する。もっと得点を取れたはずだが、自分たちで試合を複雑にしてしまった。引き分けは悪い結果だ」と言い切る。しかし、アザールは「でも、バルセロナでの試合で守備的に戦うつもりはない。そう考えれば多くのトラブルに見舞われるだろう。得点を挙げ、勝利しなければならない」とセカンドレグへの意気込みを語った。<br><br><br>提供:goal.com 2018.02.23 14:39 Fri
twitterfacebook
thumb

マルコス・アロンソ「バルサへの恐怖心はない」ミスを悔やむもセカンドレグへ自信

チェルシーのDFマルコス・アロンソは、バルセロナに対する恐怖心はないと話している。<br><br>20日に行われたチャンピオンズリーグ ラウンド16ファーストレグでチェルシーはホームでバルセロナと対戦。ウィリアンのゴールで先制点を奪ったチェルシーだが、その後同点に追いつかれ、1-1のドローで終わった。この結果、チェルシーは準々決勝進出のために敵地でのセカンドレグに勝利するか2得点以上でのドローが求められる。<br><br>1-1のドローの結果に、アロンソは「僕たちに恐れはない」と主張。続けて「今はもうプレミアリーグの重要な試合に向けて準備を進めなければならない。僕たちはここでの試合のように良い試合を演じられるようにしなければならない」と語った。<br><br>「試合を支配できたし、上手く守れてもいた。勝利できなかったことに少しばかりがっかりしているけれど、ポジティブな要素はいくつかあったと思う。バルセロナのようなビッグクラブ相手にでも十分に戦えることを証明できたと思う。あのミスがなければ完璧な試合だったが、あのようなことは誰にでも起こり得る。次のバルセロナ戦はより難しくなると思うが、最後まで戦うつもりだ」<br><br>また、同点ゴールにつながるパスミスを犯したアンドレアス・クリステンセンについて「彼は大丈夫だ」とコメント。さらに「チェルシーにとっては最高のシーズンではないが、彼は良いシーズンを送っている」と21歳のDFを称賛し、落ち込むようなミスではないと擁護した。<br><br>1-1のドローで迎えるセカンドレグは3月14日にバルセロナのホーム、カンプ・ノウで行われる。<br><br><br>提供:goal.com 2018.02.22 20:35 Thu
twitterfacebook


ACL

ACL
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース