モラタ1G1Aもケイヒル&セスク退場の昨季王者チェルシーが黒星スタート…《プレミアリーグ》2017.08.13 01:14 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽チェルシーは12日、スタンフォード・ブリッジで行われたプレミアリーグ開幕節でバーンリーと対戦し、2-3で敗戦した。

▽昨シーズン、圧倒的な強さでプレミアリーグを制覇したチェルシーは連覇が懸かる今シーズンの開幕戦で昨季16位のバーンリーをホームに迎えた。今季最初の公式戦となったアーセナルとのコミュニティー・シールドをPK戦の末に落としたチェルシーは、その試合から先発2人を変更。負傷したペドロと昨季FAカップ決勝で退場したモーゼスが出場停止で欠場となり、新戦力リュディガーとアカデミー出身の若手ボガがスタメン入り。

▽GKにはクルトワ、3バックにリュディガーとダビド・ルイス、ケイヒル。中盤は右からアスピリクエタ、セスク、カンテ、マルコス・アロンソ。3トップはボガ、ウィリアン、バチュアイが並んだ。なお、レアル・マドリーからの新戦力モラタはベンチスタートとなり、エースのアザールはケガのためベンチ外となった。

▽プレシーズンは低調も昨季圧倒的な強さを誇ったホームにアウェイ最弱のバーンリーを迎えたため、昨季王者の優位は揺るがないかと思われたが、予想だにしない展開が待っていた。

▽拮抗した立ち上がりの14分、勢い余って相手MFデフールに足裏を見せたタックルを見舞ったケイヒルにレッドカードが掲示され、チェルシーは新キャプテンをわずか10分ちょっとで失うことになった。

▽コミュニティー・シールドに続く2試合連続の一発退場劇で苦しい立ち上がりとなったチェルシーは、18分にFWボガを下げてDFクリステンセンを投入。だが、数的優位で押し込まれ始めると、24分にはロートンの右クロスをゴール前のボークスに泥臭いボレーで流し込まれ、先制点を奪われた。

▽すぐさま反撃に出るチェルシーだが、プレシーズンの不調を引きずってなかなか思うようなプレーができない。すると、前半終盤にかけて悪夢の連続失点を喫する。39分、コークとのパス交換でボックス左に抜け出したウォードに強烈な左足のシュートをファーポストに突き刺される。さらに43分にはセットプレーの場面でデフールのクロスに対して、リュディガーとD・ルイスの動きが重なってフリーにしたボークスにヘディングで叩き込まれ、まさかの3点ビハインドで前半を終えた。

▽迎えた後半、ハーフタイムで気持ちを切り替えたチェルシーは、立ち上がりの49分にマルコス・アロンソの強烈なミドルシュートで相手GKを脅かすなど、数的不利を感じさせない攻撃でゴールに迫る。さらに59分にはバチュアイを下げてモラタをデビューさせる。

▽すると、この交代策がゴールをもたらす。69分、右サイドでキープしたウィリアンのクロスに絶妙な動き出しでオフサイドラインを破ったモラタがダイビングヘッドで合わせ、新エース候補のデビュー弾で反撃の狼煙を上げる。

▽ここから猛攻に転じるチェルシーは、73分にも右サイドのクリステンセンがグラウンダーで入れたクロスをゴール前のモラタが押し込むが、ここはオフサイドの判定でゴールは認められず。すると81分には相手選手へのレイトチャージで2枚目の警告を受けたセスクが、ケイヒルに続いて退場処分に。

▽この退場で9人での戦いを強いられたチェルシーだが、昨季王者のプライドか、試合終盤にかけて圧巻の攻撃を見せる。88分、アスピリクエタのフィードを前線のモラタが頭でゴール前に流すと、これに反応したD・ルイスが冷静に流し込み、1点差に迫る。その後もリスクを冒した攻撃でチャンスを作ったホームチームだが、試合はこのまま2-3のスコアでタイムアップ。

▽9人での戦いを強いられた中、モラタの1ゴール1アシストで意地を見せたチェルシーだが、ホームでのリーグ開幕戦で格下相手に痛恨の敗戦となった。なお、公式戦連敗と苦しい状況が続くチェルシーはセスクとケイヒルを出場停止で欠く中、次節昨季2位トッテナムとの重要な一戦に臨む。

コメント

関連ニュース

thumb

サッスオーロ、チェルシーの若手コートジボワール代表MFボガを獲得

▽サッスオーロは21日、チェルシーのコートジボワール代表MFジェレミー・ボガ(21)を獲得したことを発表した。契約年数は明らかになっていないが、契約にはチェルシーの買い戻しオプションが付随する。 ▽チェルシーの下部組織出身のボガ。2013-14シーズンには飛び級で参加したU-21チームでU-21プレミアリーグ優勝。14-15シーズンにはU-19チームでUEFAユースカップ優勝を経験している。 ▽しかし、トップチームでの出場機会はほとんどなく、17-18シーズンの開幕節バーンリー戦で後半に途中出場したのが最初で最後だった。このシーズンはそれ以降、バーミンガムへレンタル。これまでにはグラナダやスタッド・レンヌにレンタルした経歴がある。 ▽フランス生まれではあるが、代表はルーツを持つコートジボワール。U-16やU-19のフランス代表経験はあるものの、昨年6月のアフリカネイションズカップのギニア代表戦でデビューしたため、コートジボワール代表の選手となった。 2018.07.21 18:17 Sat
twitterfacebook
thumb

「タイトルを取るためにはアザールが必要」セスクが“最重要選手”のチェルシー残留を切望

チェルシーのMFセスク・ファブレガスは、退団が濃厚とされるエデン・アザールの残留を強く望んだ。<br><br>2012年にリールからチェルシーへと加入したアザールは以降、チームの主力として2度のプレミアリーグ優勝と昨シーズンのFAカップ制覇に貢献。今夏のワールドカップでも3位になったベルギー代表の主将としてプレーした同選手だが、レアル・マドリーに移籍するのではないかと頻繁に報じられている。<br><br>アザールの去就に関してさまざまな憶測が流れる中、チェルシーのオーストラリア遠征に参加するセスクは「彼は僕たちのチームのベストプレーヤーだ」とエースとしてタイトル獲得に貢献した同選手を称えた。<br><br>「僕たちはトップクラブで、タイトルを勝ち取りたいと考えている。それを実現するには最高の選手が必要で、エデンはその一人だ。彼はみんなが一緒にプレーしたいと思っている選手で、特に僕は強くそう考えている。僕たちにとって彼は一番重要な選手だ。ファン、クラブ、選手、誰もが彼を愛し、必要としている。彼自身もそれを知っているはずだ」<br><br>セスク自身は2011年にアーセナルを離れ、バルセロナへと移籍したが、わずか3年でスペインを後にし、再びプレミアリーグでプレーを続ける。スペインとイングランドの両方を知る同選手は、友人のアザールに同様の道を進んでほしくはないと考えているようだ。はたしてセスクの願いは届くのだろうか。<br><br><br>提供:goal.com 2018.07.21 17:00 Sat
twitterfacebook
thumb

チェルシーがクルトワ後釜にハート獲得か!

▽チェルシーが、ベルギー代表GKティボー・クルトワ(26)の後釜として元イングランド代表GKジョー・ハート(31)の獲得を考慮しているようだ。イギリス『スカイ・スポーツ』が国内メディアのレポートを引用して伝えている。 ▽絶対的守護神クルトワをレアル・マドリーに引き抜かれる可能性が高いチェルシーは、その代役としてこれまでレスター・シティのデンマーク代表GKカスパー・シュマイケルや、ミランのイタリア代表GKジャンルイジ・ドンナルンマ、アーセナルの元チェコ代表GKペトル・チェフの復帰の噂が立っている。 ▽その一方で、クラブはより安価なうえに所属するシティで実質構想外となっているハートの獲得を考慮している模様だ。そして、チェルシーはハート獲得に500万ポンド(約7億3000万円)のオファーをすでに準備しているようだ。 2018.07.21 17:00 Sat
twitterfacebook
thumb

ガチ中のガチ!バルサ、ウィリアンに80億超え3度目のオファー

▽バルセロナが、チェルシーのブラジル代表MFウィリアン(29)に3度目のオファーを申し込んだようだ。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えている。 ▽ウィリアンに熱視線を送るバルセロナが最初のオファーを出したのは3カ月前のこと。5000万ポンド(約74億3000万円)のオファーを提示したがチェルシーは門前払い。さらに今月半ばには、今度は5300万ポンド(約78億8000万円)の移籍金を用意したが、これも拒否されていた模様だ。 ▽だがバルセロナは諦めていない。『スカイ・スポーツ』によれば、三度目の正直となる今回は、5500万ポンド(約80億円)の小切手を片手にブラジル代表アタッカーの獲得を三度試みるようだ。 ▽ウィリアンは2013年にロシアのアンジ・マハチカラからチェルシーに移籍。同クラブではこれまで公式戦236試合に出場し44ゴール39アシストを記録。2度のリーグ制覇や昨シーズンのFAカップ優勝に貢献した。 ▽なお、ウィリアンにはかつての師であるマンチェスター・ユナイテッドのジョゼ・モウリーニョ監督も獲得を望んでいるようだ。 2018.07.21 16:10 Sat
twitterfacebook
thumb

チェルシーがイグアイン獲得へ ユーベと1stコンタクト

▽チェルシーがユベントスに所属するアルゼンチン代表FWゴンザロ・イグアイン(30)の獲得に向けて動き始めた。イギリス『スカイ・スポーツ』がイタリア『スカイ』を情報源に報じた。 ▽チェルシーは今夏、新たな監督としてナポリからマウリツィオ・サッリ氏を招へい。そのサッリ氏は、ナポリで指導したイグアインとロンドンでの再会を希望しているとみられる。 ▽ユベントスでプレーするイタリア代表DFダニエレ・ルガーニ(23)の獲得にも動くチェルシーは、それと並行してイグアイン獲りへ。ユベントスと1stコンタクトを図った模様だ。 ▽イグアインは2013年夏、レアル・マドリーからナポリ入り。セリエA挑戦後5シーズン連続で二桁得点をマークしており、2015-16シーズンに36得点で得点王に輝いた実績を持つ。 ▽だが、ユベントスは今夏、高額でレアル・マドリーからポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドを獲得。ファイナンシャルフェアプレーを尊守すべく、数名の売却を迫られているという。 2018.07.21 13:20 Sat
twitterfacebook


ロシアW杯

超WS×MON

ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース