モラタ1G1Aもケイヒル&セスク退場の昨季王者チェルシーが黒星スタート…《プレミアリーグ》2017.08.13 01:14 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽チェルシーは12日、スタンフォード・ブリッジで行われたプレミアリーグ開幕節でバーンリーと対戦し、2-3で敗戦した。

▽昨シーズン、圧倒的な強さでプレミアリーグを制覇したチェルシーは連覇が懸かる今シーズンの開幕戦で昨季16位のバーンリーをホームに迎えた。今季最初の公式戦となったアーセナルとのコミュニティー・シールドをPK戦の末に落としたチェルシーは、その試合から先発2人を変更。負傷したペドロと昨季FAカップ決勝で退場したモーゼスが出場停止で欠場となり、新戦力リュディガーとアカデミー出身の若手ボガがスタメン入り。

▽GKにはクルトワ、3バックにリュディガーとダビド・ルイス、ケイヒル。中盤は右からアスピリクエタ、セスク、カンテ、マルコス・アロンソ。3トップはボガ、ウィリアン、バチュアイが並んだ。なお、レアル・マドリーからの新戦力モラタはベンチスタートとなり、エースのアザールはケガのためベンチ外となった。

▽プレシーズンは低調も昨季圧倒的な強さを誇ったホームにアウェイ最弱のバーンリーを迎えたため、昨季王者の優位は揺るがないかと思われたが、予想だにしない展開が待っていた。

▽拮抗した立ち上がりの14分、勢い余って相手MFデフールに足裏を見せたタックルを見舞ったケイヒルにレッドカードが掲示され、チェルシーは新キャプテンをわずか10分ちょっとで失うことになった。

▽コミュニティー・シールドに続く2試合連続の一発退場劇で苦しい立ち上がりとなったチェルシーは、18分にFWボガを下げてDFクリステンセンを投入。だが、数的優位で押し込まれ始めると、24分にはロートンの右クロスをゴール前のボークスに泥臭いボレーで流し込まれ、先制点を奪われた。

▽すぐさま反撃に出るチェルシーだが、プレシーズンの不調を引きずってなかなか思うようなプレーができない。すると、前半終盤にかけて悪夢の連続失点を喫する。39分、コークとのパス交換でボックス左に抜け出したウォードに強烈な左足のシュートをファーポストに突き刺される。さらに43分にはセットプレーの場面でデフールのクロスに対して、リュディガーとD・ルイスの動きが重なってフリーにしたボークスにヘディングで叩き込まれ、まさかの3点ビハインドで前半を終えた。

▽迎えた後半、ハーフタイムで気持ちを切り替えたチェルシーは、立ち上がりの49分にマルコス・アロンソの強烈なミドルシュートで相手GKを脅かすなど、数的不利を感じさせない攻撃でゴールに迫る。さらに59分にはバチュアイを下げてモラタをデビューさせる。

▽すると、この交代策がゴールをもたらす。69分、右サイドでキープしたウィリアンのクロスに絶妙な動き出しでオフサイドラインを破ったモラタがダイビングヘッドで合わせ、新エース候補のデビュー弾で反撃の狼煙を上げる。

▽ここから猛攻に転じるチェルシーは、73分にも右サイドのクリステンセンがグラウンダーで入れたクロスをゴール前のモラタが押し込むが、ここはオフサイドの判定でゴールは認められず。すると81分には相手選手へのレイトチャージで2枚目の警告を受けたセスクが、ケイヒルに続いて退場処分に。

▽この退場で9人での戦いを強いられたチェルシーだが、昨季王者のプライドか、試合終盤にかけて圧巻の攻撃を見せる。88分、アスピリクエタのフィードを前線のモラタが頭でゴール前に流すと、これに反応したD・ルイスが冷静に流し込み、1点差に迫る。その後もリスクを冒した攻撃でチャンスを作ったホームチームだが、試合はこのまま2-3のスコアでタイムアップ。

▽9人での戦いを強いられた中、モラタの1ゴール1アシストで意地を見せたチェルシーだが、ホームでのリーグ開幕戦で格下相手に痛恨の敗戦となった。なお、公式戦連敗と苦しい状況が続くチェルシーはセスクとケイヒルを出場停止で欠く中、次節昨季2位トッテナムとの重要な一戦に臨む。

コメント

関連ニュース

thumb

チェルシー、サッリ教え子のカジェホン獲得に動く!

▽チェルシーがナポリの元スペイン代表FWホセ・カジェホン(31)の獲得に乗り出したようだ。イタリア『CalcioNapoli24.』が報じた。 ▽2013年夏にレアル・マドリーから加入して以降、ナポリの右ウイングを一手に担ってきたカジェホン。だが、カルロ・アンチェロッティ新監督の就任に加えて、ボローニャからイタリア代表FWシモーネ・ヴェルディの加入が決定したこともあり、クラブは今夏の放出を検討しているとも噂されている。 ▽そのカジェホンに関してはこれまでミランやアトレティコ・マドリーからの関心が伝えられていたが、新たにチェルシーが触手を伸ばしているようだ。 ▽今夏、前ナポリ指揮官のマウリツィオ・サッリ新監督を招へいしたチェルシーではベルギー代表MFエデン・アザール、ブラジル代表FWウィリアンの退団の可能性が濃厚となっており、サッリ監督はナポリ時代の教え子を新たな攻撃オプションとしてリクエストしているようだ。 ▽なお、ナポリはカジェホンの放出条件を2700~3000万ユーロ(約35億3000万~39億2000万円)前後に設定しているようだ。 2018.07.22 16:15 Sun
twitterfacebook
thumb

ピャニッチ新代理人、選手をユーベ退団に導く?

▽ユベントスに所属するボスニア・ヘルツェゴビナ代表MFミラレム・ピャニッチ(28)を新たに取り巻く環境が今夏の移籍に突き動かすかもしれない。イタリア『カルチョメルカート』が報じた。 ▽セリエA屈指のプレーメーカーであり、FKの名手として知られるピャニッチ。そのピャニッチは今後もユベントスでのプレーを望み、マッシミリアーノ・アッレグリ監督も重要な戦力としてみなしており、クラブも新契約提示する準備があるとみられる。 ▽しかし、『カルチョメルカート』が伝えたところによれば、ピャニッチの新たな代理人であるファリ・ラマダニ氏は、バルセロナやチェルシー、マンチェスター・シティの関心が取り沙汰される今夏、ユベントスから移籍させたい意向を示している模様だ。 ▽また、ピャニッチの放出意思を持たないユベントスも、獲得希望クラブから万が一、移籍金8000万ユーロ(約104億4000万円)の打診があった場合、交渉に応じる様子。さらに、個人条件として年俸800万ユーロ(約10億4000万円)が用意されれば、選手本人も心変わりの可能性があるという。 2018.07.22 13:45 Sun
twitterfacebook
thumb

チェルシー行きのうわさが浮上、シュマイケルをデンマーク指揮官が絶賛「世界で3本の指に入るGK」

レスター・シティのデンマーク代表GKカスパー・シュマイケルは、世界のトップ3に入る守護神だとデンマーク代表のオーゲ・ハレイデ監督が話した。<br><br>2015-16シーズンにレスター・シティの&ldquo;奇跡&rdquo;のプレミアリーグ制覇に貢献したシュマイケルは、今夏のワールドカップでも攻守を連発し、デンマーク代表のベスト16入りに貢献した。この活躍を受け、ティボー・クルトゥワの退団が濃厚とされるチェルシーなどがレスター守護神の獲得に関心を寄せる。<br><br>長い下積み時代を経て、実父ピーター氏のように世界的な評価を受け始めたシュマイケルに対して、デンマーク代表を率いるハレイデ氏は『BT』で「彼は世界のトップ3だ。ワールドカップのベストゴールキーパーだったとも思う。レスターが優勝した時から世界屈指の実力を持つことを証明している」と称賛。<br><br>「カスパーは試合ごとに良くなっていて、これが彼を大きく成長させた理由だ。まだまだ彼は良くなる可能性がある。経験値も上がり、いつでもハードワークを続けている」<br><br>一方、クラブでシュマイケルを指導するクロード・ピュエル監督は、同選手の去就に関してさまざまな憶測が飛び交うことについて「カスパーは我々にとって重要な選手だ。我々は彼を必要としている」と同選手を称え、レスターにとって&ldquo;非売品&rdquo;であることを強調した。<br><br>提供:goal.com 2018.07.22 09:50 Sun
twitterfacebook
thumb

チェルシー、まさかの"オペレーション・レイナ"?!

▽チェルシーが、ミランのスペイン代表GKホセ・マヌエル・レイナ(35)の獲得に興味を持っているようだ。『TRANSFERmarketWEB』が伝えている。 ▽チェルシーは現在、ベルギー代表GKティボー・クルトワに代わる守護神を模索中だ。同選手はレアル・マドリーに引き抜かれる可能性が高く、代役探しは急務となっている。これまでにはレスター・シティのデンマーク代表GKカスパー・シュマイケルや元チェルシーでアーセナルに所属する元チェコ代表GKペトル・チェフ、さらにはマンチェスター・シティの元イングランド代表GKジョー・ハートの名前が噂されてきた。 ▽今回は新たな選択肢としてレイナが浮上。同選手は昨シーズン終了後にナポリとの契約が切れ、今夏フリーでミランに加入したばかり。しかし、『TRANSFERmarketWEB』はチェルシーのマウリツィオ・サッリ新監督が、ナポリ時代の愛弟子であるレイナの獲得を求める可能性があると指摘。移籍金は350万ユーロ(約4億5000万円)程を見込んでいる。 2018.07.21 22:39 Sat
twitterfacebook
thumb

アトレティコがジルー獲得に動く! グリーズマンとクラブでもコンビ形成へ

▽アトレティコ・マドリーがチェルシーのフランス代表FWオリヴィエ・ジルー(31)の獲得に動いているようだ。ヨーロッパ屈指の著名ジャーナリスト、ジャンルカ・ディ・マルツィオ氏が『gianlucadimarzio.com』で伝えている。 ▽今夏、ミランのクロアチア代表FWニコラ・カリニッチ(30)の獲得に動くなど、スペイン代表FWジエゴ・コスタのライバルとバックアップを担えるストライカーを探すアトレティコ。 ▽対してユベントスからアルゼンチン代表FWゴンサロ・イグアイン(30)の獲得を目指すチェルシーは、スペイン代表FWアルバロ・モラタ(26)ではなくジルーを放出候補に考慮しているようだ。 ▽なお、アトレティコではエースのFWアントワーヌ・グリーズマンとDFリュカ・エルナンデスに加え、今夏モナコからMFトマ・レマルの加入が決定しており、ジルーの加入が実現した場合、一気にフランス化が進むことになる。 2018.07.21 20:54 Sat
twitterfacebook


ロシアW杯

超WS×MON

ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース