モラタ1G1Aもケイヒル&セスク退場の昨季王者チェルシーが黒星スタート…《プレミアリーグ》2017.08.13 01:14 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽チェルシーは12日、スタンフォード・ブリッジで行われたプレミアリーグ開幕節でバーンリーと対戦し、2-3で敗戦した。

▽昨シーズン、圧倒的な強さでプレミアリーグを制覇したチェルシーは連覇が懸かる今シーズンの開幕戦で昨季16位のバーンリーをホームに迎えた。今季最初の公式戦となったアーセナルとのコミュニティー・シールドをPK戦の末に落としたチェルシーは、その試合から先発2人を変更。負傷したペドロと昨季FAカップ決勝で退場したモーゼスが出場停止で欠場となり、新戦力リュディガーとアカデミー出身の若手ボガがスタメン入り。

▽GKにはクルトワ、3バックにリュディガーとダビド・ルイス、ケイヒル。中盤は右からアスピリクエタ、セスク、カンテ、マルコス・アロンソ。3トップはボガ、ウィリアン、バチュアイが並んだ。なお、レアル・マドリーからの新戦力モラタはベンチスタートとなり、エースのアザールはケガのためベンチ外となった。

▽プレシーズンは低調も昨季圧倒的な強さを誇ったホームにアウェイ最弱のバーンリーを迎えたため、昨季王者の優位は揺るがないかと思われたが、予想だにしない展開が待っていた。

▽拮抗した立ち上がりの14分、勢い余って相手MFデフールに足裏を見せたタックルを見舞ったケイヒルにレッドカードが掲示され、チェルシーは新キャプテンをわずか10分ちょっとで失うことになった。

▽コミュニティー・シールドに続く2試合連続の一発退場劇で苦しい立ち上がりとなったチェルシーは、18分にFWボガを下げてDFクリステンセンを投入。だが、数的優位で押し込まれ始めると、24分にはロートンの右クロスをゴール前のボークスに泥臭いボレーで流し込まれ、先制点を奪われた。

▽すぐさま反撃に出るチェルシーだが、プレシーズンの不調を引きずってなかなか思うようなプレーができない。すると、前半終盤にかけて悪夢の連続失点を喫する。39分、コークとのパス交換でボックス左に抜け出したウォードに強烈な左足のシュートをファーポストに突き刺される。さらに43分にはセットプレーの場面でデフールのクロスに対して、リュディガーとD・ルイスの動きが重なってフリーにしたボークスにヘディングで叩き込まれ、まさかの3点ビハインドで前半を終えた。

▽迎えた後半、ハーフタイムで気持ちを切り替えたチェルシーは、立ち上がりの49分にマルコス・アロンソの強烈なミドルシュートで相手GKを脅かすなど、数的不利を感じさせない攻撃でゴールに迫る。さらに59分にはバチュアイを下げてモラタをデビューさせる。

▽すると、この交代策がゴールをもたらす。69分、右サイドでキープしたウィリアンのクロスに絶妙な動き出しでオフサイドラインを破ったモラタがダイビングヘッドで合わせ、新エース候補のデビュー弾で反撃の狼煙を上げる。

▽ここから猛攻に転じるチェルシーは、73分にも右サイドのクリステンセンがグラウンダーで入れたクロスをゴール前のモラタが押し込むが、ここはオフサイドの判定でゴールは認められず。すると81分には相手選手へのレイトチャージで2枚目の警告を受けたセスクが、ケイヒルに続いて退場処分に。

▽この退場で9人での戦いを強いられたチェルシーだが、昨季王者のプライドか、試合終盤にかけて圧巻の攻撃を見せる。88分、アスピリクエタのフィードを前線のモラタが頭でゴール前に流すと、これに反応したD・ルイスが冷静に流し込み、1点差に迫る。その後もリスクを冒した攻撃でチャンスを作ったホームチームだが、試合はこのまま2-3のスコアでタイムアップ。

▽9人での戦いを強いられた中、モラタの1ゴール1アシストで意地を見せたチェルシーだが、ホームでのリーグ開幕戦で格下相手に痛恨の敗戦となった。なお、公式戦連敗と苦しい状況が続くチェルシーはセスクとケイヒルを出場停止で欠く中、次節昨季2位トッテナムとの重要な一戦に臨む。

コメント

関連ニュース

thumb

キャロル、負傷発覚でチェルシー移籍消滅か…バチュアイ退団が先送りになる可能性も

チェルシー移籍が噂されるウェストハムのアンディ・キャロルが、足首を負傷したことが分かった。これにより、ミッチー・バチュアイの退団が保留となる可能性が出てきた。<br><br>今シーズン、アルバロ・モラタの加入もあり、十分な出場機会を得られていないバチュアイは、今冬にスタンフォード・ブリッジを離れるのではないかと報じられてきた。ベルギー代表を率いるロベルト・マルティネス監督も同選手にプレー時間の確保を要求し、ワールドカップのメンバー入りを果たすためにも24歳のFWがセビージャ、もしくはドルトムントへのローン移籍を希望していると伝えられていた。<br><br>そして、バチュアイが今週早々にセビージャに飛び、移籍も秒読みかと考えられていた矢先、代役としてチェルシーが白羽の矢を立てていたキャロルの負傷に関するニュースが飛び込む。元イングランド代表FWは足首を故障し、復帰まで最低でも1カ月程度を要する。さらに手術が必要な場合、4カ月程度の離脱となるようだ。<br><br>キャロルが負傷によりプレーできなければ、代役が見つからない限りチェルシーはバチュアイの移籍を容認しないと考えられており、ベルギー代表は限られた出場時間の中でマルティネス監督に猛アピールをしなければならない。<br><br>今シーズン、リーグ戦の出場はわずか11試合で2ゴールしか残せいていないバチュアイは、無事にチェルシーから離れ、プレー時間を確保できるのだろうか。<br><br><br>提供:goal.com 2018.01.19 08:15 Fri
twitterfacebook
thumb

キャロルのチェルシー移籍は難航…ウェストハムの要求額と大きな開き

チェルシーが獲得を狙っているとうわさされるウェストハムFWアンディ・キャロルの移籍成立はもう少し時間がかかりそうだ。『Goal』の取材によって明らかとなった。<br><br>チェルシーは当初6カ月のレンタルでの獲得を申し入れたが、ウェストハム側が拒否したため、現在は完全移籍を目指して交渉を進めている。キャロルとの契約を18カ月残しているウェストハムは、移籍金2000万ユーロ(約27億円)を要求しており、チェルシーの提示額と開きがあるようだ。<br><br>また、同クラブはミッキー・バチュアイのレンタル移籍での加入も要求しているが、本人がセビージャへの移籍を希望していることもあり、今回の移籍には含まれないと見られている。<br><br>昨夏に獲得を狙っていたフェルナンド・ジョレンテを、同じくロンドンに本拠地を構えるトッテナムに奪われたチェルシー。疲れの見え始めたアルバロ・モラタの負担を軽減するためにも新たなストライカーを補強することができるのだろうか。<br><br><br>提供:goal.com 2018.01.18 20:56 Thu
twitterfacebook
thumb

レアル・マドリー、BBCに代わるトリデンテ形成へ? アザール、レヴィ、ネイマール獲得か

▽レアル・マドリーがスター選手3名の獲得を狙っているようだ。スペイン『マルカ』が報じた。 ▽昨シーズンに史上初の2年連続チャンピオンズリーグ制覇を達成したレアル・マドリーだが、今シーズンはリーガエスパニョーラで首位のバルセロナから19ポイント差の遅れをとるなど苦しんでいる。 ▽近年のレアル・マドリーの強さを体現したアタッカー陣であるFWカリム・ベンゼマ、FWガレス・ベイル、FWクリスティアーノ・ロナウドの“BBC”だが、クラブはこれらのアタッカー陣を徐々に入れ替えていくことを考えているようで、報道によればチェルシーMFエデン・アザール、パリ・サンジェルマンFWネイマール、バイエルンFWロベルト・レヴァンドフスキのトリデンテを実現させたい意向があるようだ。 ▽また、センターフォワードに関しては、トッテナムFWハリー・ケイン、そしてインテルFWマウロ・イカルディとの関連も伝えられている。2選手に関しては、現在29歳のレヴァンドフスキよりも移籍金が高くなることが予想されている。 2018.01.18 17:11 Thu
twitterfacebook
thumb

バチュアイのセビージャ移籍はキャロル次第?チェルシーは代役確保まで放出を保留か

チェルシーに所属するベルギー代表FWミヒー・バチュアイのセビージャへのレンタル移籍は、ウェスト・ハムFWアンディ・キャロルの獲得が決定するまでは保留されるようだ。<br><br>セビージャとチェルシーは、移籍金150万ユーロ(約2億円)とセビージャ側がバチュアイの給料を一部負担することでレンタル移籍について仮合意している。<br><br>しかし、チェルシーはキャロルの獲得が正式に決定するまではバチュアイを手放したくないようだ。レンタルでのキャロル獲得をウェスト・ハムに拒否されたチェルシーは、完全移籍での獲得に切り替えているが、いまだ合意には至っていない。<br><br>セビージャはバチュアイの移籍が実現しなかった場合に備え、エバートンのサンドロ・ラミレスや、ダニエル・スタリッジにも興味を抱いているようだが、あくまでも第一希望はバチュアイと見られている。<br><br>バチュアイ自身も、ロシア・ワールドカップにベルギー代表として出場するために、プレー機会を求めてセビージャへのレンタルを望んでいる。キャロルの去就がこのベルギー出身FWの今後を大きく左右しそうだ。<br><br><br>提供:goal.com 2018.01.18 13:03 Thu
twitterfacebook
thumb

土壇場被弾にペドロ&モラタ退場もPK戦制したチェルシーが4回戦進出!《FAカップ》

▽チェルシーは17日、スタンフォード・ブリッジで行われたFAカップ3回戦再試合でチャンピオンシップ(イングランド2部)のノリッジと対戦し、1-1のスコアで120分の戦いが終了。その後、PK戦を5-3で制したチェルシーがFAカップ4回戦進出を決めた。 ▽敵地での前回対戦では低調なパフォーマンスに終始し、ゴールレスドローで再試合を強いられたチェルシー。その後のEFLカップ準決勝のアーセナル戦、続くリーグ戦のレスター・シティ戦も同様に得点力不足に悩まされ、3試合連続ゴールレスを含め4戦連続ドロー中のチームは、必勝を期してノリッジとのリターンマッチを迎えた。 ▽前回対戦からは負傷のケイヒル、リュディガーに代えてアンパドゥ、アスピリクエタを起用した以外同じメンバーを起用し、3トップはペドロ、バチュアイ、ウィリアンが並んだ。 ▽ロンドンの交通混雑の影響によって15分遅れで開催されたこの一戦。4試合ぶりの得点を目指して前がかるチェルシーは開始7分にドリンクウォーターのミドルシュートで早速ゴールに迫ると、直後の9分にはケネディの右CKがファーに流れたところをフリーのアスピリクエタが押し込みにかかるが、枠に飛ばせない。 ▽立ち上がり以降も畳みかける攻撃を見せるホームチームは14分にダビド・ルイスの直接FK、19分にはザッパコスタの右クロスがボックス左でフリーのケネディに通るが、すかさず放ったシュートは戻ったDFのブロックに遭う。さらに25分にはドリンクウォーターが無回転気味の強烈なミドルシュートを枠に飛ばすが、これは相手GKガンに触られてクロスバーを叩く。 ▽時間の経過と共に攻撃の精度を欠き始めたチェルシーは30分過ぎから相手にカウンターを許す場面が増える。36分にはネルソン・オリベイラに際どいミドルシュートを許すが、これは枠を外れて事なきを得る。 ▽結局、ゴールレスで折り返した試合は、後半もこう着状態が続く。何とかゴールをこじ開けたいチェルシーは55分、ここまで目立った仕事がなかったバチュアイがチーム4試合ぶりのゴールをもたらす。左サイドでウィリアンから短い縦パスを受けたケネディが一度中を確認してグラウンダーの絶妙なクロスを供給。これに対してDFの背後から抜け目なく飛び出したバチュアイがワンタッチで流し込んだ。 ▽この先制点でやや引き気味になったチェルシーだが、ここから相手の反撃を許す。60分には相手FKの二次攻撃からジョシュ・マーフィーにボックス左からシュートを許すが、これは右ポストに救われる。さらに65分には自陣深くでのドリンクウォーターのボールロストからショートカウンターを浴びマディソンにGKとの一対一を許すが、ここはGKカバジェロのビッグセーブで辛くも失点を免れる。 ▽後半半ばから終盤にかけては打ち合いの展開が続く。何とか勝ち切りたいチェルシーのコンテ監督は81分にバチュアイ、アンパドゥを下げてモラタ、クリステンセン、87分には痛めた足を気にしていたケネディに代えてカンテと主力3人を投入する手堅い采配を行う。 ▽しかし、指揮官の慎重過ぎる采配が石橋を叩き過ぎて割ってしまう裏目の結果を招くことに。後半アディショナルタイム3分、左サイドでパスを受けたクローゼがカットインでDFを振り切ってクロス。これを大外から斜めにゴール前へ走り込んだJ・ルイスがDFアスピリクエタを振り切ってヘディングシュートすると、ボールがゴール右隅に吸い込まれた。この直後に後半タイムアップの笛が鳴り、チェルシーは土壇場で追いつかれて延長戦に持ち込まれることになった。 ▽天国から地獄を味わうも短いインターバルで気持ちを切り替えたチェルシーは、延長戦から認められる4人目の交代カードで切り札アザールを投入するなど、攻勢を続ける。しかし、ボックス内での微妙なプレーに対してビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)が適用されない不運もあり、なかなかゴールをこじ開けられない。 ▽104分にはウィリアン、115分にはモラタと続けてゴールに迫るが、GKガンの好守に阻まれる。延長後半終盤の117分には後半に“ダイブ”で1枚警告を受けていたペドロが相手へのアフターチャージで2枚目の警告を受けて退場に。さらに直後には同じく微妙な“ダイブ”で警告を受けたモラタが激昂して主審に暴言を吐き、連続で2枚の警告を受けて2人目の退場者に。9人となったホームチームは何とか失点を免れ、決着はPK戦に委ねられることに。 ▽通常方式で行われたPK戦では先攻のチェルシーの1人目ウィリアンが冷静に決めるも、ノリッジの1人目オリベイラのシュートはGKカバジェロが見事な反応でストップ。その後、互いに全員が成功した中、チェルシーは5人目のアザールが冷静に決めて勝負あり。土壇場被弾に2人の退場者を出す大苦戦を強いられたチェルシーは記録上公式戦5試合連続ドローの不名誉記録を残すも、PK戦を5-3で制してニューカッスルの待つ4回戦進出を決めた。なお、同日行われたFAカップ3回戦再試合結果は以下の通り。 ◆FAカップ3回戦再試合結果 1/17(水) チェルシー 1-1(PK:5-3) ノリッジ スウォンジー 2-1 ウォルバーハンプトン ウィガン 3-0 ボーンマス 2018.01.18 07:55 Thu
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース