モラタ1G1Aもケイヒル&セスク退場の昨季王者チェルシーが黒星スタート…《プレミアリーグ》2017.08.13 01:14 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽チェルシーは12日、スタンフォード・ブリッジで行われたプレミアリーグ開幕節でバーンリーと対戦し、2-3で敗戦した。

▽昨シーズン、圧倒的な強さでプレミアリーグを制覇したチェルシーは連覇が懸かる今シーズンの開幕戦で昨季16位のバーンリーをホームに迎えた。今季最初の公式戦となったアーセナルとのコミュニティー・シールドをPK戦の末に落としたチェルシーは、その試合から先発2人を変更。負傷したペドロと昨季FAカップ決勝で退場したモーゼスが出場停止で欠場となり、新戦力リュディガーとアカデミー出身の若手ボガがスタメン入り。

▽GKにはクルトワ、3バックにリュディガーとダビド・ルイス、ケイヒル。中盤は右からアスピリクエタ、セスク、カンテ、マルコス・アロンソ。3トップはボガ、ウィリアン、バチュアイが並んだ。なお、レアル・マドリーからの新戦力モラタはベンチスタートとなり、エースのアザールはケガのためベンチ外となった。

▽プレシーズンは低調も昨季圧倒的な強さを誇ったホームにアウェイ最弱のバーンリーを迎えたため、昨季王者の優位は揺るがないかと思われたが、予想だにしない展開が待っていた。

▽拮抗した立ち上がりの14分、勢い余って相手MFデフールに足裏を見せたタックルを見舞ったケイヒルにレッドカードが掲示され、チェルシーは新キャプテンをわずか10分ちょっとで失うことになった。

▽コミュニティー・シールドに続く2試合連続の一発退場劇で苦しい立ち上がりとなったチェルシーは、18分にFWボガを下げてDFクリステンセンを投入。だが、数的優位で押し込まれ始めると、24分にはロートンの右クロスをゴール前のボークスに泥臭いボレーで流し込まれ、先制点を奪われた。

▽すぐさま反撃に出るチェルシーだが、プレシーズンの不調を引きずってなかなか思うようなプレーができない。すると、前半終盤にかけて悪夢の連続失点を喫する。39分、コークとのパス交換でボックス左に抜け出したウォードに強烈な左足のシュートをファーポストに突き刺される。さらに43分にはセットプレーの場面でデフールのクロスに対して、リュディガーとD・ルイスの動きが重なってフリーにしたボークスにヘディングで叩き込まれ、まさかの3点ビハインドで前半を終えた。

▽迎えた後半、ハーフタイムで気持ちを切り替えたチェルシーは、立ち上がりの49分にマルコス・アロンソの強烈なミドルシュートで相手GKを脅かすなど、数的不利を感じさせない攻撃でゴールに迫る。さらに59分にはバチュアイを下げてモラタをデビューさせる。

▽すると、この交代策がゴールをもたらす。69分、右サイドでキープしたウィリアンのクロスに絶妙な動き出しでオフサイドラインを破ったモラタがダイビングヘッドで合わせ、新エース候補のデビュー弾で反撃の狼煙を上げる。

▽ここから猛攻に転じるチェルシーは、73分にも右サイドのクリステンセンがグラウンダーで入れたクロスをゴール前のモラタが押し込むが、ここはオフサイドの判定でゴールは認められず。すると81分には相手選手へのレイトチャージで2枚目の警告を受けたセスクが、ケイヒルに続いて退場処分に。

▽この退場で9人での戦いを強いられたチェルシーだが、昨季王者のプライドか、試合終盤にかけて圧巻の攻撃を見せる。88分、アスピリクエタのフィードを前線のモラタが頭でゴール前に流すと、これに反応したD・ルイスが冷静に流し込み、1点差に迫る。その後もリスクを冒した攻撃でチャンスを作ったホームチームだが、試合はこのまま2-3のスコアでタイムアップ。

▽9人での戦いを強いられた中、モラタの1ゴール1アシストで意地を見せたチェルシーだが、ホームでのリーグ開幕戦で格下相手に痛恨の敗戦となった。なお、公式戦連敗と苦しい状況が続くチェルシーはセスクとケイヒルを出場停止で欠く中、次節昨季2位トッテナムとの重要な一戦に臨む。

コメント

関連ニュース

thumb

レーティング: チェルシー 0-0 アーセナル《プレミアリーグ》

▽プレミアリーグ第5節、チェルシーvsアーセナルが17日にスタンフォード・ブリッジで行われ、0-0で引き分けた。超WSの選手採点結果と寸評は以下の通り。 ▽チェルシー採点<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20170917_32_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK 13 クルトワ 6.0 17分のラカゼットのゴール至近距離からのシュートを止めた DF 28 アスピリクエタ 6.0 ミスのないポジショニングでピンチの芽を摘む 30 D・ルイス 5.5 ラカゼットをしっかり監視も終盤に不用意な退場 24 ケイヒル 6.0 出場停止明け。セーフティーなプレーを続けた MF 15 モーゼス 5.5 コラシナツにやや押される 4 セスク 5.5 高精度パスで1度決定機演出 7 カンテ 6.0 ボールホルダーへの鋭い寄せは健在 3 マルコス・アロンソ 5.5 ベジェリンとのスペイン人マッチアップでやや劣勢だった FW 22 ウィリアン 5.0 チャンスを作れず (→アザール 6.0) 1度、らしいドリブルシュートを見せた 9 モラタ 5.5 ボールをよく受けていたが、ムスタフィの密着マークに苦戦して起点になれず (→A・クリステンセン -) 11 ペドロ 5.5 21分のGKとの一対一を決めたかった。負傷により前半のみのプレー (→バカヨコ 5.5) 特に目立った働きはなし 監督 コンテ 5.5 内容では劣勢。勝ち点1でも仕方なし ▽アーセナル採点<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20170917_33_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK 33 チェフ 6.0 21分のペドロとの一対一を止める DF 6 コシエルニー 6.5 右センターバックでもいつも通りの安定感 20 ムスタフィ 6.5 いつもの右ではなくセンターで安定した出来。モラタを封じた 18 モンレアル 5.0 やや雑なプレーが目立った MF 24 ベジェリン 6.0 前半に2度好機を演出 8 ラムジー 6.0 41分に持ち味の前線への絡みで決定機を演出 29 ジャカ 6.0 持ち味のミドルシュートでゴールに迫る。守備面も及第点 31 コラシナツ 6.0 ダイナミックな動きで主導権を握る FW 17 イウォビ 5.5 もう少しバイタルエリアでボールに絡みたい (→エルネニー -) 9 ラカゼット 5.0 1度決定機に絡んだが、ダビド・ルイスに消された (→サンチェス 5.5) まだまだ本調子ではないものの、一定の存在感 23 ウェルベック 5.0 16分のヘディングシュートは決めたかった (→ジルー 5.0) 特に目立ったプレーはなし 監督 ヴェンゲル 6.0 ソリッドな守備でチェルシー相手に優勢だった ★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ! ムスタフィ(アーセナル) ▽3バックの中央で守備の要となった。マッチアップしたモラタにほぼ仕事をさせず、無失点ドローに貢献。 チェルシー 0-0 アーセナル 2017.09.17 23:28 Sun
twitterfacebook
thumb

白熱のビッグロンドン・ダービーは譲らずゴールレスドロー《プレミアリーグ》

▽プレミアリーグ第5節、チェルシーvsアーセナルが17日にスタンフォード・ブリッジで行われ、0-0で引き分けた。 ▽前節レスター・シティ戦を2-1と勝利して3連勝としたチェルシーは、5日前に行われたチャンピオンズリーグ(CL)のカラバフ戦を6-0と大勝。好調なチームはカラバフ戦のスタメンから4選手を変更。モラタやダビド・ルイス、モーゼスに出場停止明けのケイヒルが先発に戻った。 ▽対するアーセナルは前節のボーンマス戦を3-0と勝利し、連敗を2で止めた。そして、3日前に行われたヨーロッパリーグ(EL)のケルン戦では3-1と逆転勝利。そのケルン戦のスタメンから大幅に7選手を変更。コシエルニーやラカゼット、GKチェフらが先発に戻った一方、サンチェスがベンチスタートとなってエジルが負傷欠場となった。 ▽共にインテンシティ高く入ったダービー。互いに受け身に回らずほぼ互角の攻防で立ち上がった中、最初に決定機を迎えたのはアーセナルだった。16分、ベジェリンの右クロスからウェルベックがヘディングシュート。しかし、枠の左に外れた。続く17分にもボックス右深くまでえぐったベジェリンの折り返したクロスをラカゼットが合わせるも、シュートはGKクルトワの好セーブに阻まれた。 ▽その後、コラシナツのミドルシュートでGKクルトワを強襲されたチェルシーだったが、21分に最初の決定機。セスクのスルーパスに抜け出したペドロがGKチェフと一対一に。しかし、シュートは止められてしまった。 ▽前半半ば以降も主導権争いが続く中、アーセナルは32分にジャカのミドルシュートでチェルシーゴールに迫ると、敵陣でのプレー時間を増やしていく。すると、41分に決定機。ラムジーがドリブルで持ち上がってボックス内に侵入し、右ポスト直撃のシュートを浴びせた。 ▽ゴールレスで迎えた後半、チェルシーは負傷したペドロに代えてバカヨコをセンターハーフに投入。セスクをシャドーの位置に上げた。そのチェルシーは47分にウィリアンが枠内シュートを浴びせるも、前半同様に主導権争いが続いた。 ▽互角の攻防で推移する中、66分にアーセナルが動く。ラカゼットに代えてサンチェスを投入した。対するチェルシーもウィリアンに代えてアザールを投入し、勝負に出た。 ▽すると75分、アーセナルはFKからムスタフィがヘディングでネットを揺らすもオフサイドに阻まれてノーゴールに。対するチェルシーは79分に決定機。アザールがドリブルで切れ込み、ボックス手前左から右足を振り抜く。しかし、枠を捉えていたシュートはGKチェフにキャッチされた。 ▽終盤にかけても拮抗した攻防が続く中、87分にチェルシーにアクシデント。D・ルイスの持ち上がりが大きくなり、コラシナツを足ごとスパイクしてしまった。10人となったチェルシーはモラタを下げてA・クリステンセンを投入。引き分けで良しとすると、そのまま白熱のダービーはゴールレス決着となって勝ち点1を分け合った。 2017.09.17 23:27 Sun
twitterfacebook
thumb

アーセナルとのダービーに意気込むバカヨコ、「負けられない重要な試合」

▽チェルシーは17日、スタンフォード・ブリッジで行われるプレミアリーグ第5節でアーセナルとのビッグロンドン・ダービーに臨む。フランス代表MFティエムエ・バカヨコは、先日のトッテナム戦に続くダービーマッチ勝利に向けて意気込みを見せた。クラブ公式が伝えている。 ▽バカヨコは、シーズン直前のFAコミュニティー・シールドで敗れたアーセナルとの再戦に向けて以下のようなコメントを残している。 「クラブ間のライバル意識はアーセナルよりもトッテナムの方が強いと思う。トッテナム戦では勝利を収めてファンを笑顔にできた。チームにとっては大きなことだったね」 「今はアーセナルとの対戦を心待ちにしていているよ。トッテナムほどのライバル関係はないけど、これも負けられない重要な試合だ。だからこそ、チームは正しい結果を残せるよう、ピッチで努力しなければいけない」 ▽また、今夏モナコから加入したばかりのバカヨコだが、ダービーの重要性を十分に理解しているようだ。 「ダービーマッチはファンにとって大きな意味を持つ。チームの関係者も目の色が変わるし、これがまさにロンドンに住むということなんだ」 「だけどプレーヤーは試合に集中するだけだ。ここまでは良い形でスタートを切れたし、今回はホームでの試合だ。負けるわけにはいかないし、ピッチの上のことだけを考えているよ」 2017.09.17 17:34 Sun
twitterfacebook
thumb

チェルシーとのダービー控えるアーセナルに痛手…エジルが負傷で欠場濃厚に

▽アーセナルは17日、敵地スタンフォード・ブリッジでチェルシーとのビッグロンドン・ダービーに臨む。だが、この一戦を前にドイツ代表MFメスト・エジルに欠場の可能性が浮上している。イギリス『エクスプレス』など複数メディアが伝えている。 ▽ここまでプレミアリーグ全試合にフル出場してきたエジルは、14日に行われたヨーロッパリーグ(EL)初戦のケルン戦を、その他の主力選手と共に招集外となっていた。 ▽この招集外は17日のチェルシー戦を見据えた温存策と思われていたが、『エクスプレス』の伝えるところによれば、エジルは15日に行われたトレーニングで別メニューでの調整を強いられており、チェルシー戦までに間に合わないようだ。 ▽ここまで2勝2敗と苦しいスタートを切っているアーセナルにとって、負けられない宿敵とのビッグマッチを前に主力のエジルの離脱は大きな痛手となりそうだ。 2017.09.17 14:40 Sun
twitterfacebook
thumb

【プレビュー】盤石ブルーズ優位もガナーズのキッカケ掴む一戦となるか《チェルシーvsアーセナル》

▽プレミアリーグ第5節、チェルシーvsアーセナルが日本時間17日21:30にスタンフォード・ブリッジでキックオフされる。現在、3連勝中の昨季王者チェルシーと、開幕からすでに2敗を喫している不調アーセナルによる、重要なビッグロンドン・ダービーだ。 ▽2人の退場者を出した開幕戦の敗戦と度重なる補強失敗によってネガティブな8月を過ごしたチェルシーだが、指揮官コンテの卓越した采配力と新エースFWモラタの躍動などで以降の公式戦4連勝と完全復活。デッドライン・デイの駆け込み補強で体裁を整えてきた昨季王者は、チャンピオンズリーグ(CL)とリーグ戦の二足のわらじに向けて順調に歩みを進めている。 ▽前節、一昨季王者レスター・シティに競り勝ったチェルシーは、直近のCLでもホームで格下カラバフ相手に多くの主力を温存した中、6-0の大勝を飾った。昨季の同時期に行われたエミレーツでの0-3の大敗から[3-4-3]へのシステム変更を行い、2年ぶりのリーグ制覇に繋げた因縁の相手とのダービーに向けて盤石の準備ができており、今回の対戦では大勝でのリーグ4連勝という、2連覇に向けた景気づけの一戦としたいところだ。 ▽一方、苦手の開幕戦こそ勝利で飾ったものの、見切り発車の[3-4-3]の機能不全によるストーク・シティ戦、リバプール戦での連敗。MFエジル、FWサンチェス、MFチェンバレン(現リバプール)の去就問題、モナコMFレマルの獲得失敗など、ピッチ内外での混乱が目立ったアーセナル。前節のボーンマス戦での大勝に、直近のヨーロッパリーグ(EL)初戦ケルン戦での逆転勝利(3-1)で危機を脱したが、指揮官の采配やチーム全体のパフォーマンスからは停滞感が漂う。 ▽その厳しい空気の中で迎える今節は、絶好調のチェルシーとのダービーという、序盤戦最大の試練となる。コンディション面を含めたチーム状態、ビッグマッチにおける戦術の引き出し、敵地での完全アウェイと、あらゆる面で劣勢が予想される中、悩める指揮官を含めプレミア屈指の名門の底力が期待される。また、昨季同時期の対戦では3-0の完勝を収めながらも、結果的に優勝をアシストする契機を与えただけに、今回の一戦では好調な相手を敵地で葬り去り、その勢いを削ぐと共に自分たちの浮上のキッカケとしたい。 <div style="text-align:center;">◆チェルシー◆ 【3-4-3】</div> ▽チェルシー予想スタメン<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20170916_100_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK:クルトワ DF:アスピリクエタ、ダビド・ルイス、リュディガー MF:モーゼス、バカヨコ、カンテ、マルコス・アロンソ FW:ペドロ、モラタ、アザール 負傷者:MFドリンクウォーター 出場停止者:なし ▽出場停止者はいない。逆に、3試合の出場停止が明けるキャプテンのケイヒルが復帰する。負傷者に関してはドリンクウォーターを除きすべての主力が起用可能だ。 ▽スタメンに関しては、格下カラバフとの対戦で温存されたダビド・ルイスやモーゼス、モラタが復帰し、直近2試合の途中出場でマッチフィットネスを整えてきたアザールが今季初先発を飾る可能性が高い。カンテの相棒に関しては、カラバフ戦で途中出場のバカヨコの起用が濃厚だが、より攻撃的に戦う場合、カラバフ戦でフル出場した古巣対戦のセスクを起用する可能性もある。 <div style="text-align:center;">◆アーセナル◆ 【3-4-3】</div> ▽アーセナル予想スタメン<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20170916_0100_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK:チェフ DF:ムスタフィ、コシエルニー、モンレアル MF:ベジェリン、ラムジー、ジャカ、コラシナツ FW:エジル、ラカゼット、サンチェス 負傷者:DFチャンバース、MFカソルラ、コクラン、FWウォルコット 出場停止者:なし ▽出場停止者はいない。負傷者に関してはカソルラとコクラン、チャンバースの欠場が決定的となっている。スタメンに関しては、ELケルン戦で温存したエジルやコシエルニー、ジャカとラムジーらが復帰する見込みだ。読み辛いのが前線の構成でエジルの復帰は当確として、残りの2ポジションを前節2ゴールのウェルベックとラカゼット、急ピッチでコンディション調整を進めているサンチェスの3人で争うことになる。 ▽システムに関しては多くの批判がある中、[3-4-3]のシステムを継続しており、チェルシーとミラーゲームの形となる今節も引き続き同じ布陣で戦う見込みだ。その一方で、“動かない男”として知られるフランス人指揮官が、[4-2-3-1]への回帰や[3-5-2]、3センターハーフの採用などマイナーチェンジに動く可能性もゼロではない。 ★注目選手 ◆チェルシー:MFエデン・アザール<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20170916_100_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽チェルシーの注目プレーヤーは、復帰後初先発が有力視されるエースのアザールだ。足首の骨折から復帰を果たしたアザールは、これまでベルギー代表での1試合に先発出場し、チェルシーでは直近2試合で途中出場を果たしている。その3試合ではマッチフィットネスの欠落によって、まだまだ70パーセント程度のパフォーマンスとなっているが、要所でらしいチャンスメークも披露しており、相手にとって怖い存在であることに間違いはない。 ▽幸い、ベンチにはMFウィリアン(ペドロ)という実力者が控えており、ある程度ペース配分を気にせずにプレーできる可能性が高い。相手のシステムが3バック、4バックのいずれになるか不明だが、3バックであればウイングバックと左右のストッパーの間、4バックであれば、センターバックとサイドバックの間にスペースができるため、積極的にボールを引き出して決定機に絡みたい。また、相手の2セントラルMFのポジショニングがかなり甘いため、うまく攻め残りながらカウンター時に起点となるプレーも期待される。 ◆アーセナル:MFアーロン・ラムジー&MFメスト・エジル<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20170916_100_tw5.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽アーセナルの注目プレーヤーは、ビッグマッチでことごとく期待を裏切ってきたラムジーとエジルの2選手だ。0-4の大敗を喫したリバプール戦では、ラムジーが相棒のジャカと共に再三のポジショニングミスでカウンターの温床となり、エジルはインテンシティの高い試合で“消える”という悪癖を晒した。そのため、こういった試合での起用を避けるべきとの指摘もあるが、ヴェンゲル監督はこの試合でも起用してくるはずだ。 ▽ラムジーに関しては無秩序に攻め上がり、持ち場を離れる戦術理解度の低さを改善し、ジャカと共に球際の激しさで相手の中盤のパスの出どころにプレッシャーを掛けつつ、シンプルな繋ぎで前線にパスを供給したい。また、チャンスとあれば、持ち味の飛び出しで決定機に顔を出したい。 ▽一方のエジルはカンテや前に出てきて潰しに来るDFとの接触プレーを嫌がらず、チームのために身体を張るプレー。攻守に運動量を増やしてボールを引き出す動き、相手のビルドアップをけん制する泥臭い働きでプレーに関与する時間を増やしたい。加えて、セットプレーやプレッシャーの緩い場面で持ち味の左足の精度を生かしたプレーでチャンスに絡みたい。 2017.09.17 09:00 Sun
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース