モラタ1G1Aもケイヒル&セスク退場の昨季王者チェルシーが黒星スタート…《プレミアリーグ》2017.08.13 01:14 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽チェルシーは12日、スタンフォード・ブリッジで行われたプレミアリーグ開幕節でバーンリーと対戦し、2-3で敗戦した。

▽昨シーズン、圧倒的な強さでプレミアリーグを制覇したチェルシーは連覇が懸かる今シーズンの開幕戦で昨季16位のバーンリーをホームに迎えた。今季最初の公式戦となったアーセナルとのコミュニティー・シールドをPK戦の末に落としたチェルシーは、その試合から先発2人を変更。負傷したペドロと昨季FAカップ決勝で退場したモーゼスが出場停止で欠場となり、新戦力リュディガーとアカデミー出身の若手ボガがスタメン入り。

▽GKにはクルトワ、3バックにリュディガーとダビド・ルイス、ケイヒル。中盤は右からアスピリクエタ、セスク、カンテ、マルコス・アロンソ。3トップはボガ、ウィリアン、バチュアイが並んだ。なお、レアル・マドリーからの新戦力モラタはベンチスタートとなり、エースのアザールはケガのためベンチ外となった。

▽プレシーズンは低調も昨季圧倒的な強さを誇ったホームにアウェイ最弱のバーンリーを迎えたため、昨季王者の優位は揺るがないかと思われたが、予想だにしない展開が待っていた。

▽拮抗した立ち上がりの14分、勢い余って相手MFデフールに足裏を見せたタックルを見舞ったケイヒルにレッドカードが掲示され、チェルシーは新キャプテンをわずか10分ちょっとで失うことになった。

▽コミュニティー・シールドに続く2試合連続の一発退場劇で苦しい立ち上がりとなったチェルシーは、18分にFWボガを下げてDFクリステンセンを投入。だが、数的優位で押し込まれ始めると、24分にはロートンの右クロスをゴール前のボークスに泥臭いボレーで流し込まれ、先制点を奪われた。

▽すぐさま反撃に出るチェルシーだが、プレシーズンの不調を引きずってなかなか思うようなプレーができない。すると、前半終盤にかけて悪夢の連続失点を喫する。39分、コークとのパス交換でボックス左に抜け出したウォードに強烈な左足のシュートをファーポストに突き刺される。さらに43分にはセットプレーの場面でデフールのクロスに対して、リュディガーとD・ルイスの動きが重なってフリーにしたボークスにヘディングで叩き込まれ、まさかの3点ビハインドで前半を終えた。

▽迎えた後半、ハーフタイムで気持ちを切り替えたチェルシーは、立ち上がりの49分にマルコス・アロンソの強烈なミドルシュートで相手GKを脅かすなど、数的不利を感じさせない攻撃でゴールに迫る。さらに59分にはバチュアイを下げてモラタをデビューさせる。

▽すると、この交代策がゴールをもたらす。69分、右サイドでキープしたウィリアンのクロスに絶妙な動き出しでオフサイドラインを破ったモラタがダイビングヘッドで合わせ、新エース候補のデビュー弾で反撃の狼煙を上げる。

▽ここから猛攻に転じるチェルシーは、73分にも右サイドのクリステンセンがグラウンダーで入れたクロスをゴール前のモラタが押し込むが、ここはオフサイドの判定でゴールは認められず。すると81分には相手選手へのレイトチャージで2枚目の警告を受けたセスクが、ケイヒルに続いて退場処分に。

▽この退場で9人での戦いを強いられたチェルシーだが、昨季王者のプライドか、試合終盤にかけて圧巻の攻撃を見せる。88分、アスピリクエタのフィードを前線のモラタが頭でゴール前に流すと、これに反応したD・ルイスが冷静に流し込み、1点差に迫る。その後もリスクを冒した攻撃でチャンスを作ったホームチームだが、試合はこのまま2-3のスコアでタイムアップ。

▽9人での戦いを強いられた中、モラタの1ゴール1アシストで意地を見せたチェルシーだが、ホームでのリーグ開幕戦で格下相手に痛恨の敗戦となった。なお、公式戦連敗と苦しい状況が続くチェルシーはセスクとケイヒルを出場停止で欠く中、次節昨季2位トッテナムとの重要な一戦に臨む。

コメント

関連ニュース

thumb

チェルシー、スパーズの左SBダニー・ローズに興味か

▽チェルシーが、トッテナムのイングランド代表DFダニー・ローズ(27)の獲得に興味を持っているという。イギリス『サン』が伝えている。 ▽伝えられるところによると、チェルシーはダニー・ローズ獲得に5000万ポンド(約71億2000万円)を用意。ユベントスのブラジル代表DFアレックス・サンドロ(26)の獲得に動いていたとされる同クラブだが、なかなか交渉が進まないことから、ターゲットを変更したようだ。 ▽また、『サン』の取材に応じたダニー・ローズは、トッテナムに対する不満を吐露。まだ一度も優勝を経験したことがない同選手は、クラブが優勝のための新戦力を補強しないことにフラストレーションを感じているようだ。 ▽なお。チェルシーは20日にプレミアリーグ第2節のトッテナム戦を控えており、その試合の後、正式なオファーを出す予定のようだ。 2017.08.16 17:23 Wed
twitterfacebook
thumb

アザールとバカヨコが練習に復帰! 次節トッテナム戦への出場は?

▽チェルシーに朗報が届いた。ケガで離脱していたベルギー代表MFエデン・アザールと、今夏の新加入フランス代表MFティエムエ・バカヨコがチーム練習に復帰したようだ。ロンドン紙『イブニング・スタンダード』が写真付きで伝えている。 ▽6月初旬に、ベルギー代表での練習中に足首を骨折したアザール。復帰まで3カ月を要する見込みだとされてきた同選手だが、予定よりも早く復帰できたようだ。一方、昨シーズンの終わりにヒザの手術を受け、チームへの合流が遅れていたバカヨコも、このタイミングで練習に参加。しかし、『イブニング・スタンダード』によると、20日に控えている第2節のアウェイでのトッテナム戦にはまだ出場できないようだ。 ▽今夏での新戦力の補強が遅れ、12日のバーンリーとの開幕戦では2-3で敗戦。加えて、イングランド代表DFギャリー・ケイヒルとスペイン代表MFセスク・ファブレガスが退場するなど、ネガティブなニュースが続いていたチェルシーにとって、明るいニュースになったことは間違いない。 2017.08.16 16:27 Wed
twitterfacebook
thumb

右ウイングバック獲得を望むチェルシー、吉田同僚のポルトガル代表DFセドリック・ソアレスに興味か

▽チェルシーがサウサンプトンに所属するポルトガル代表DFセドリック・ソアレス(25)の獲得に興味を示しているようだ。イギリス『デイリー・ミラー』が報じた。 ▽右ウイングバックの補強を望むチェルシーは、これまでブラジル代表DFダニーロ(26)やバレンシアに所属するポルトガル代表DFジョアン・カンセロ(23)の獲得に動いていると噂されていた。しかし、ダニーロはマンチェスター・シティへの加入が決まり、カンセロについてはここまで進展がないなど、未だ右ウイングバックを確保することができていない状況だ。 ▽そうした中、『デイリー・ミラー』によると、チェルシーのアントニオ・コンテ監督が、ユーロ2016でポルトガル代表の優勝に貢献したセドリックに注目しているとのこと。今シーズンのプレミアリーグとチャンピオンズリーグの両立に向けて、ナイジェリア代表FWビクター・モーゼス(26)との併用を考えているようだ。 ▽また、同メディアは、セドリックの移籍金について1500万ポンド(約21億3000万円)程度と予測。さらにセドリック自身もチェルシーへの移籍に興味を持っているとしている。 ▽2015年6月にスポルティングからサウサンプトンに加入したセドリックは昨シーズン、公式戦30試合に出場。EFLカップでは3試合に出場し、チームのファイナル進出に貢献した。また、7月まで開催されていたコンフェデレーションズカップにもポルトガル代表として出場し、3試合1ゴールを記録。チームの3位入賞を支えた。 2017.08.16 15:37 Wed
twitterfacebook
thumb

チェルシーFWジエゴ・コスタ「まるで犯罪者のよう」構想外で飼い殺し状態に不満

チェルシーのスペイン代表FWジエゴ・コスタはアントニオ・コンテ体制で完全に構想外となっており、文字通り&ldquo;飼い殺し&rdquo;の状況が続いている。<br><br>本人は古巣であるアトレティコ・マドリーに戻ることを第一希望としているようだが、同クラブはFIFAの規定に抵触していたとして、選手登録禁止処分が課されている。よって、新戦力を獲得しても登録は来年1月になる見通しだ。<br><br>そんな状況下で、D・コスタは地元紙『サン』に対して、次のように述べている。<br><br>「プレシーズンの合流も1週間遅くていいと言われ、それ以来罰金処分も課されている。まったく戦力として見てもらえていないし、チェルシーから自由になる瞬間を待ち遠しくしているよ。契約解除をしてもらいたいし、もうここにいたくない。だが、コンテはそれさえも望んでいないらしいんだ。だったら、僕は1年間プレーできなくてもいいから、自由契約にしてほしいよ」<br><br>D・コスタは「チームはプレーする機会を与えるつもりもないようだし、干されたままだ。まるで犯罪者のように扱われているよ。アトレティコ以外に行く場所はないと思っているし、他のクラブに行きたいとも思わない。ただ、彼らは僕を中国や他のクラブに売りたいと思っているようなんだ」と発言。<br><br>チェルシー側はD・コスタの契約解除金を支払えるチームに今夏売却したい意向があり、それが1月まで選手登録のできないA・マドリーへの移籍の弊害になっていると語っている。<br><br><br>提供:goal.com 2017.08.14 23:00 Mon
twitterfacebook
thumb

守備崩壊のチェルシー、ファン・ダイク獲得に自信!? 今週にも71億円オファー

▽チェルシーが、サウサンプトンのオランダ代表DFヴィルヒル・ファン・ダイク(26)に向けて、今週中にも獲得オファーを出すようだ。イギリス『デイリー・ミラー』が伝えている。 ▽すでに開幕している新シーズンに向けて、今夏ディフェンスラインの補強を図っていたチェルシーは、ローマからドイツ代表DFアントニオ・リュディガー(24)を獲得した。しかし、DFの補強はこの1枚のみ。そんな中開幕したプレミアリーグでは、格下のバーンリーに3失点喫し、昨季の王者がまさかの敗戦スタートを強いられた。 ▽『デイリー・ミラー』が伝えるところによると、この結果に危機感を覚えたチェルシーは、トランスファーリクエストを提出したファン・ダイクへ今週中にも5000万ポンド(71億2000万円)のオファーを出す構えのようだ。チェルシーのアントニオ・コンテ監督やテクニカル・ディレクターのマイケル・エメナロ氏は獲得に自信を覗かせている模様。 ▽同選手に関しては、マンチェスター・シティやリバプールが強い関心を寄せているようだが、サウサンプトン側は正式なオファーは受け取っていないと主張している。 2017.08.14 14:06 Mon
twitterfacebook


PUMA ONE特集
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース