フライブルク、ホッフェンハイムからドイツ人MFテラッツィーノを獲得!2017.08.12 15:40 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽フライブルクは11日、ホッフェンハイムからドイツ人MFマルコ・テラッツィーノ(26)を完全移籍で獲得した。契約期間や移籍金は発表されていないが、背番号は13を着用するという。

▽ホッフェンハイムユース出身のテラッツィーノは、2011年にトップチームに昇格。その後、カールスルーエやフライブルク、ボーフムなど国内クラブを渡り歩き、2016年の夏にホッフェンハイムに復帰。

▽復帰初年度となった2016-17シーズンは、激しいレギュラー争いに苦しみ公式戦13試合の出場に留まっていた。

▽古巣フライブルクへの復帰が決まったテラッツィーノは、クラブの公式サイトで以下のように語った。

「フライブルクでのプレーはとても楽しみだよ。僕のもつ力を発揮してチームに貢献したいね」

コメント

関連ニュース

thumb

鎌田デビュー!ブンデス10季目の長谷部と共に先発もスコアレスドロー《ブンデスリーガ》

▽ブンデスリーガ第1節フライブルクvsフランクフルトが20日に行われ、0-0に終わった。MF鎌田大地は先発して67分まで出場。MF長谷部誠はフル出場した。 ▽今夏、フランクフルトに加入した鎌田は[3-5-2]の2トップの一角としてスタメンデビュー。また、今季でブンデスリーガでの10シーズン目となる長谷部は、3バック中央のリベロで起用された。 ▽試合は両クラブともバランスを重視した入りとなったが、17分にはフライブルクがフランクフルトのゴールを脅かした。ロングボールに反応したニーダーレヒナーがディフェンスラインの裏に抜け出す。マークについていた長谷部がオフサイドを主張したが、プレーは続行。ボックス右からのクロスに飛び込んだクラインディーストがネットを揺らした。しかし、直後にビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)による審議が行われると、オフサイドとの判定。得点とはならなかった。 ▽ひやりとさせられたフランクフルトであったが、21分にはボックス内の混戦から鎌田がシュートを放つ。DFにブロックされ得点には結びつかなかったものの、積極的に攻撃に絡んでいく。36分には2トップの相方であるファラーが、カウンターの場面から独力でシュートまで持ち込んだが、バーに嫌われた。 ▽フライブルクはクラインディーストやニーダーレヒナーを起点として鋭い攻撃を繰り出したが、長谷部を中心とするフランクフルトDFが丁寧に対応。一進一退の攻防が続き、ゴールレスで試合を折り返した。 ▽後半に入っても試合は膠着状態を保ち、両者共になかなかチャンスを作り出せない。鎌田はボールを引き出そうと精力的に動いたものの、DFの激しいチェックに苦しみ思うように収めることはできず。67分には、18日に加入が発表されたばかりのケヴィン=プリンス・ボアテングとの交代でベンチに退いた。 ▽直後から攻勢を強めたフランクフルトだったが、試合を動かすには至らず。固い入りをした両クラブの開幕節は、スコアレスドローに終わった。 2017.08.21 00:35 Mon
twitterfacebook
thumb

フライブルク、主力MFホフラーと契約延長!

▽フライブルクは16日、ドイツ人MFニコラス・ホフラー(27)との契約延長を発表した。なお、契約期間に関しては明かされていない。 ▽フライブルクの下部組織出身のホフラーは2010年にトップチームへ昇格。守備的MFとセンターバックを主戦場とする同選手は、昨シーズンのリーグ戦28試合に出場し1ゴールを記録。また、副キャプテンとして5試合でキャプテンマークを巻いていた。 2017.07.17 15:35 Mon
twitterfacebook
thumb

レスターのポーランド代表ウインガー、カプスツカがフライブルクへレンタル移籍

▽レスター・シティは14日、ポーランド代表FWバルトシュ・カプスツカ(20)がフライブルクへ1年間レンタル移籍することを発表した。 ▽卓越した個人技と攻撃センスを武器に、2列目の複数ポジションに加え、最前線での起用も可能なカプスツカは、2016年夏にポーランドのクラコヴィアからレスターへ5年契約で加入。しかし、2016-17シーズンはプレミアリーグでの出場機会はなく、FAカップ3試合の出場に留まっていた。 ▽移籍先のフライブルクは新シーズン、ヨーロッパリーグ予選3回戦から出場する。 2017.07.15 05:53 Sat
twitterfacebook
thumb

フライブルクがマドリーのU-21オーストリア代表DFラインハートをレンタルで獲得

▽フライブルクは5日、レアル・マドリーのU-21オーストリア代表DFフィリップ・ラインハート(20)を買い取りオプション付きのレンタル移籍で獲得したことを発表した。レンタル期間は1年間となる。 ▽ラインハートはラピド・ウィーンの下部組織出身で、2014年8月にマドリーのU-19チームに加入。2015年7月にレアル・マドリー・カスティージャに昇格した。 ▽2016-17シーズンはセグンダ・ディビシオンB(3部相当)で26試合に出場していた。 2017.07.05 18:30 Wed
twitterfacebook
thumb

ドルトムント、フライブルクから若き万能アタッカーのフィリップ獲得!

▽ドルトムントは7日、フライブルクからU-21ドイツ代表MFマクシミリアン・フィリップ(23)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2022年6月30日までの5年となる。 ▽2014年にフライブルクでトップチームデビューを飾ったフィリップは、これまで公式戦88試合に出場し、18ゴール23アシストを記録。ドイツ代表MFマルコ・ロイスを彷彿とさせる、卓越した両足のテクニックとスピード、攻撃センスを特長とする若手アタッカーは、今季ブンデスリーガで9ゴールを記録し、昇格1年目で7位に躍進したフライブルクの攻撃をけん引した。 ▽ドルトムントへの加入が決定したフィリップは、クラブ公式サイトで喜びを露わにしている。 「BVBは世界で最も成功したプレーヤーたちがいる世界最大級のクラブの1つだ。僕はここでプレーすることを光栄に思っているよ。個人的に23歳という年齢は成熟し、このステップを踏める年齢だと感じている。そして、ドルトムントでさらに成長していきたいと思う」 ▽また、ドルトムントでスポーツ・ディレクターを務めるミハエル・ツォルク氏は、「国内外で競合したマクシミリアン・フィリップという素晴らしいプレーヤーを獲得できて非常に嬉しい。彼は中盤の攻撃的なポジションで多くの役割をこなし、素晴らしいポテンシャルを持っている」と、有望株の獲得に満足感を示した。 ▽ドルトムントは、今月ポーランドで行われるU-21ユーロ2017に出場する逸材の獲得に関して、1400万~2000万ユーロ(約17億4000万円~25億円)の移籍金を支払うようだ。 ▽なお、今夏の移籍市場でDFオメル・トプラク、MFマフムード・ダフード、DFダン=アクセル・ザガドゥを獲得しているドルトムントにとって、フィリップは4人目の獲得選手となる。 2017.06.07 20:11 Wed
twitterfacebook


PUMA ONE特集
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース