フライブルク、ホッフェンハイムからドイツ人MFテラッツィーノを獲得!2017.08.12 15:40 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽フライブルクは11日、ホッフェンハイムからドイツ人MFマルコ・テラッツィーノ(26)を完全移籍で獲得した。契約期間や移籍金は発表されていないが、背番号は13を着用するという。

▽ホッフェンハイムユース出身のテラッツィーノは、2011年にトップチームに昇格。その後、カールスルーエやフライブルク、ボーフムなど国内クラブを渡り歩き、2016年の夏にホッフェンハイムに復帰。

▽復帰初年度となった2016-17シーズンは、激しいレギュラー争いに苦しみ公式戦13試合の出場に留まっていた。

▽古巣フライブルクへの復帰が決まったテラッツィーノは、クラブの公式サイトで以下のように語った。

「フライブルクでのプレーはとても楽しみだよ。僕のもつ力を発揮してチームに貢献したいね」

コメント

関連ニュース

thumb

2位レバークーゼン、好調フライブルクにゴールレスドロー《ブンデスリーガ》

▽レバークーゼンは3日、ブンデスリーガ第21節でフライブルクとのアウェイ戦に臨み、0-0で引き分けた。 ▽絶好調ベイリーのゴールなどでマインツに勝利して2位を死守したレバークーゼン(勝ち点34)は、フォラントやブラント、L・ベンダーらをベンチスタートとし、アラリオやベララビ、ハフェルツらが先発となった。 ▽ここ8戦負けのない12位フライブルク(勝ち点24)に対し、3バックではなく4バックを採用したレバークーゼンは、2列目に右からベララビ、ハフェルツ、ベイリーと並べた。 ▽開始5分、スルーパスに抜け出したペテルゼンにGKレノを強襲されたレバークーゼンは、8分にベララビの右クロスにアラリオがヘディングで合わせたシュートが左ポストを直撃した。 ▽しかし、フライブルクに主導権を握られる状況が続く。18分にはディフェンスライン裏を取られてクラインディーストにボックス左からシュートを打たれるもGKレノがストップ。さらに20分、カウンターからギュンターに決定的なシュートを浴びてしまう。 ▽その後もボールこそ持つものの攻めあぐねる状況が続いた中、33分にチャンス。ボックス手前右からのハフェルツのクロスにファーサイドのベイリーがヘディングシュート。しかし、叩きつけ過ぎたシュートは枠を捉えきれなかった。ハーフタイムにかけてはこう着状態が続き、ゴールレスのまま前半を終えた。 ▽迎えた後半、フライブルクの圧力を受ける入りとなったレバークーゼンだったが、コールがミドルシュートを浴びせてGKシュウォローを強襲していく。 ▽攻勢に転じるレバークーゼンは、65分にベイリーに代えてブラントを投入。ハーフコートゲームを展開していったが、シュートに持ち込むには至らない。 ▽終盤の78分、中盤のコールに代えてフォラントを投入し、アタッカーを増やしたレバークーゼンだったが、最後まで決め手を欠いてゴールレスで決着。好調フライブルクを崩しきれず勝ち点1を積み上げるに留まった。 2018.02.04 01:43 Sun
twitterfacebook
thumb

フライブルク、マインツからフランス人DFブッスマンを買い取りOP付きのレンタルで獲得

▽フライブルクは29日、マインツからフランス人DFガエタン・ブッスマン(26)を獲得したことを発表した。なお、移籍形態は今シーズン終了までのレンタル移籍となり、シーズン終了後の買い取りオプションが含まれているようだ。また背番号は26を着用することが併せて発表された。 ▽メスの下部組織出身のブッスマンは、2010年6月にトップチームに昇格すると、同年8月に行われたヴァンヌ・オリンピック戦でプロデビュー。メスでは在籍5年間で公式戦97試合に出場し10ゴール11アシストと結果を残すと、2015年夏にマインツに移籍。 ▽しかし、マインツでは度重なる負傷に悩まされ在籍2年半で公式戦33試合の出場に留まっており、今季はここまで出場機会を得られていない状況にあった。 ▽新天地での再起を狙うブッスマンは、クラブの公式サイトで意気込みを語っている。 「僕はフライブルクのチームスタイルが好きなんだ。そしてそれは僕のスタイルとも一致しているんだ。だからプレーするのが楽しみだし、チームの助けになれると確信しているよ」 2018.01.30 04:00 Tue
twitterfacebook
thumb

香川がジャンピングボレーで2戦連発! 終了間際弾で引き分けもドルトムント、3戦勝利なし《ブンデスリーガ》

▽ドルトムントは27日、ブンデスリーガ第20節でフライブルクをホームに迎え、2-2で引き分けた。ドルトムントのMF香川真司はフル出場している。 ▽前節ヘルタ・ベルリン戦を香川のヘディングシュートで1-1と引き分けたドルトムント(勝ち点30)は、年明け後の2試合を引き分け、6位に後退した。そのドルトムントは香川が引き続き先発となり、規律違反で2試合連続ベンチ外となっていたオーバメヤンが先発に復帰した。 ▽前節ライプツィヒに2-1と勝利した12位フライブルク(勝ち点23)に対し、[4-3-3]で臨んだドルトムントは3トップに右からプリシッチ、オーバメヤン、サンチョ、中盤アンカーにシャヒン、左インサイドに香川、右インサイドにカストロを配した。 ▽そのドルトムントは10分、幸先良く先制する。決めたのは香川。カストロの浮き球パスを起点にピシュチェクがシュートに持ち込むと、ルーズとなったボールをボックス左の香川がジャンピングボレーで叩き込んだ。 ▽香川の2戦連発となる今季5ゴール目で先制したドルトムントは、サンチョのコントロールシュートで追加点に迫るも、21分に同点に追いつかれてしまう。スルーパスでボックス右ゴールライン際に侵入したハベラーの折り返しをペテルゼンにボレーで合わせられた。 ▽試合を振り出しに戻されたドルトムントは32分、右クロスをオーバメヤンがヘディングシュートで合わせるも、枠を捉えきれない。攻めあぐねる中、39分には左クロスをキュブラーにボレーで合わせられるピンチを迎えたが、枠の右隅を捉えたシュートはGKビュルキがセーブし、前半を1-1で終えた。 ▽後半からカストロに代えてゲッツェを投入したドルトムントは、左ウイングのサンチョを起点に攻勢に出ると60分、香川に決定機。サンチョのスルーパスを受けた香川がボックス左から左足でシュート。しかし、枠の左に外れた。 ▽ゴールが遠いドルトムントはプリシッチに代えてヤルモレンコを投入したが、直後に失点してしまう。68分、シャヒンが自陣でボールをロストすると、ペテルゼンにロングシュートを打たれ、GKビュルキの手を弾いたシュートがゴール左上を捉えた。 ▽その後、ピシュチェクのヘディングシュートでゴールに迫ったドルトムントだったが、終盤にかけてはチャンスを生み出せない。このまま1-2でタイムアップかに思われたが、試合終了間際の追加タイム3分に追いついた。ボックス手前右からのヤルモレンコのクロスのルーズボールをボックス左のトルヤンがボレーで叩き込んだ。 ▽引き分けに持ち込んだドルトムントだが、3戦勝利から見放され、2018年初勝利はまたもお預けとなっている。 2018.01.28 01:43 Sun
twitterfacebook
thumb

ライプツィヒが格下フライブルクに逆転負けで2位から転落《ブンデスリーガ》

▽ライプツィヒは20日、ブンデスリーガ第19節でフライブルクとのアウェイ戦に臨み、1-2で逆転負けした。 ▽前節シャルケとの上位対決を3-1で制して2位に浮上したライプツィヒ(勝ち点31)は、今冬でのリバプールへの移籍が噂されるN・ケイタがベンチ外となった。 ▽14位フライブルク(勝ち点20)に対し、ヴェルナーとオギュスタンの2トップで臨んだライプツィヒは、慎重な入りを見せる。徐々に押し込むライプツィヒは、19分に決定機。カンプルのスルーパスをボックス中央で反応したオギュスタンがスライディングシュート。しかし、GKシュウォローにセーブされた。 ▽その後、ゴールキックの際にシュウォローが負傷してギキェヴィチとの交代を強いられたフライブルクに対し、ライプツィヒが引き続き押し込む中、33分にピンチ。だが、ホーラーのボレーシュートはGKグラーチが好守で凌いだ。 ▽ハーフタイムにかけてもフライブルクがゴールに迫り、ライプツィヒはギアが上がりきらずに前半をゴールレスで終えた。 ▽迎えた後半、52分にライプツィヒがゴールに近づく。左クロスをヴェルナーがボレーで合わせ、GKを強襲した。 ▽ここから攻勢に出たライプツィヒは65分に試合を動かす。味方のパスを受けて右サイドから中へ切れ込んだヴェルナーがペナルティアーク中央から左足でシュート。コントロールされたシュートがゴール左に決まった。 ▽しかし72分、CKからハベラーに同点ゴールを許すと、76分には逆転を許す。再び左CKからコッホのヘディングシュートでネットを揺らされた。 ▽終盤、ライプツィヒが一方的に押し込む展開としたものの、ゴールを奪うには至らず1-2のまま敗戦。レバークーゼンにかわされ、2位転落となった。 2018.01.21 03:30 Sun
twitterfacebook
thumb

長谷部誠、再開初戦フル出場で健在ぶりをアピール「まだまだこの舞台で戦える」

フランクフルトのMF長谷部誠は、まだまだブンデスリーガで戦えることを改めて実感したようだ。ブンデスリーガ公式サイトが伝えている。<br><br>フランクフルトは13日、ブンデスリーガ第18節でフライブルクと対戦。長谷部は主将としてフル出場し、1-1のドローに貢献した。今シーズンは膝の負傷もあり、出場機会が限定的となっているが、この一戦では久々のフル出場を飾り、健在ぶりをアピール。長谷部自身も手応えを感じているという。<br><br>「(右膝は)かなり良い状態になっています。昨年の最後、ちょっと体調を崩して、10日間くらい寝込んだりして、もしかしたらその休養が(ひざに)良かったのかもしれない。あとはいろいろな治療が良かったのかもしれないし、分からないですけど、とにかく昨年の最後のDFB杯のあたりから、かなりひざは良い状態です」<br><br>試合については「勝ちたかったし、勝たなければいけなかった」と反省する長谷部。それでも、ドイツに来て10年、まだまだ成長できると話す。<br><br>「5年過ぎたくらいからあまり感覚としてはそんなに変わらないというか。もちろん、長く居られたというのはありますけど、でも、まだまだ自分の中ではこの舞台で戦える、そして成長できる部分があると思いますし、特に今はチーム内でレギュラー争いが本当に激しいので、その中で勝ち残っていくというところが、まだまだ先につながると思います」<br><br><br>提供:goal.com 2018.01.14 17:54 Sun
twitterfacebook


ACL
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース