AFCが日本代表のW杯予選最新予備登録リスト100名を公開2017.08.12 13:08 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ロシア・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選を戦っている日本代表。残り2試合でW杯出場権獲得を目指しているが、アジアサッカー連盟(AFC)の公式サイトでは予備登録を含めたビッグリストが公開された。

▽ヴァイッド・ハリルホジッチ監督が日本代表候補に考えているリストには100名の名前が記載。内訳はGKが8名、DFが28名、MFが37名、FWが27名となっている。なお、海外クラブに所属しているのは27名で、Jリーグ勢からは72名、無所属1名がリスト入りした。

▽最も多くリストに入っているのは、FC東京の12名、次いで浦和レッズ(9名)、ガンバ大阪(8名)、鹿島アントラーズ(6名)、川崎フロンターレ(6名)となっている。そのほかJ1クラブでは、大宮アルディージャ、柏レイソル、横浜F・マリノス、アルビレックス新潟、清水エスパルス、ジュビロ磐田、セレッソ大阪、ヴィッセル神戸、サンフレッチェ広島、サガン鳥栖からリスト入り。J2クラブもジェフユナイテッド千葉、ファジアーノ岡山から1名ずつがリスト入りした。

▽日本代表は8月31日にホームでオーストラリア代表と、9月5日にアウェイでサウジアラビア代表と対戦し、アジア最終予選の全日程を終える。現在グループ首位の日本はあと1勝で6大会連続6度目のW杯出場が決定する。AFCが公表した日本代表予備登録メンバー100名は以下のとおり。

◆日本代表予備登録メンバー
GK(8名)
西川周作(浦和レッズ)
中村航輔(柏レイソル)
林彰洋(FC東京)
六反勇治(清水エスパルス)
東口順昭(ガンバ大阪)
権田修一(サガン鳥栖)
櫛引政敏(ファジアーノ岡山)
川島永嗣(メス/フランス)

DF(28名)
昌子源(鹿島アントラーズ)
植田直通(鹿島アントラーズ)
槙野智章(浦和レッズ)
宇賀神友弥(浦和レッズ)
森重真人(FC東京)
丸山祐市(FC東京)
室屋成(FC東京)
小川諒也(FC東京)
太田宏介(FC東京)
車屋紳太郎(川崎フロンターレ)
武岡優斗(川崎フロンターレ)
山中亮輔(横浜F・マリノス)
松原健(横浜F・マリノス)
川口尚紀(アルビレックス新潟)
大武峻(アルビレックス新潟)
藤春廣輝(ガンバ大阪)
米倉恒貴(ガンバ大阪)
三浦弦太(ガンバ大阪)
岩波拓也(ヴィッセル神戸)
水本裕貴(サンフレッチェ広島)
丹羽大輝(サンフレッチェ広島)
長友佑都(インテル/イタリア)
酒井高徳(ハンブルガーSV/ドイツ)
酒井宏樹(マルセイユ/フランス)
内田篤人(シャルケ/ドイツ)
吉田麻也(サウサンプトン/イングランド)
塩谷司(アル・アイン/UAE)
鈴木大輔(ヒムナスティック・タラゴナ/スペイン)

MF(37名)
遠藤康(鹿島アントラーズ)
永木亮太(鹿島アントラーズ)
柏木陽介(浦和レッズ)
長澤和輝(浦和レッズ)
遠藤航(浦和レッズ)
江坂任(大宮アルディージャ)
細貝萌(柏レイソル)
大谷秀和(柏レイソル)
橋本拳人(FC東京)
中島翔哉(FC東京)
高萩洋次郎(FC東京)
米本拓司(FC東京)
中村憲剛(川崎フロンターレ)
大島僚太(川崎フロンターレ)
谷口彰悟(川崎フロンターレ)
喜田拓也(横浜F・マリノス)
齋藤学(横浜F・マリノス)
井手口陽介(ガンバ大阪)
今野泰幸(ガンバ大阪)
山口蛍(セレッソ大阪)
清武弘嗣(セレッソ大阪)
藤田直之(ヴィッセル神戸)
大森晃太郎(ヴィッセル神戸)
高橋秀人(ヴィッセル神戸)
青山敏弘(サンフレッチェ広島)
柴崎晃誠(サンフレッチェ広島)
長谷部誠(フランクフルト/ドイツ)
本田圭佑(パチューカ/メキシコ)
香川真司(ドルトムント/ドイツ)
加藤恒平(ベロエ・スタラ・ザゴラ/ブルガリア)
小林祐希(ヘーレンフェーン/オランダ)
南野拓実(ザルツブルク/オーストリア)
森岡亮太(ベベレン/ベルギー)
瀬戸貴幸(オスマンルシュポル/トルコ)
柴崎岳(ヘタフェ/スペイン)
関根貴大(インゴルシュタット/ドイツ)
山田大記(無所属)

FW(27名)
金崎夢生(鹿島アントラーズ)
鈴木優磨(鹿島アントラーズ)
興梠慎三(浦和レッズ)
高木俊幸(浦和レッズ)
武藤雄樹(浦和レッズ)
大久保嘉人(FC東京)
永井謙佑(FC東京)
小林悠(川崎フロンターレ)
鈴木武蔵(アルビレックス新潟)
川又堅碁(ジュビロ磐田)
倉田秋(ガンバ大阪)
長沢駿(ガンバ大阪)
柿谷曜一朗(セレッソ大阪)
杉本健勇(セレッソ大阪)
田中順也(ヴィッセル神戸)
ハーフナー・マイク(ヴィッセル神戸)
豊田陽平(サガン鳥栖)
指宿洋史(ジェフユナイテッド千葉)
浅野拓磨(シュツットガルト/ドイツ)
原口元気(ヘルタ・ベルリン/ドイツ)
乾貴士(エイバル/スペイン)
久保裕也(ヘント/ベルギー)
宮市亮(ザンクト・パウリ/ドイツ)
武藤嘉紀(マインツ/ドイツ)
岡崎慎司(レスター・シティ/イングランド)
大迫勇也(ケルン/ドイツ)
宇佐美貴史(アウグスブルク/ドイツ)

コメント

関連ニュース

thumb

【W杯】日本戦の中継局決定! NHKはW杯開幕戦、決勝戦を含む33試合を生中継!

▽NHKは15日、2018年の6月14日から7月15日にかけて行われるロシア・ワールドカップ(W杯)の全64試合のうち、開幕戦や決勝戦を含む33試合を生中継することを明らかにした。また録画を含めると全64試合が放送されるとのことだ。 ▽今大会の開催国であるロシアは日本時間6月14日24時からサウジアラビアとの開幕戦を争う。グループBではポルトガルとスペインの隣国同士がいきなり激突。初出場のアイスランド代表はアルゼンチン代表に対して初戦で番狂わせを狙う。また、前回王者のドイツ代表は初戦でメキシコ代表と対戦。11月に日本代表とも対戦したブラジル代表はスイス代表と初戦を迎える。いずれの試合もNHKで生中継される。 ▽6大会連続6回目の出場となる日本代表はグループHでコロンビア、セネガル、ポーランドと同居。注目の初戦で6月19日21時からコロンビア代表と対戦し、第2戦のセネガル代表戦は同24日の24時から。いずれもNHKで生中継される。セネガル戦は日本テレビ系、そして同28日の23時キックオフとなるグループステージ最終節のポーランド戦はフジテレビ系列で生中継される。 ▽決勝戦は7月15日24時から放送される。その他、生中継される試合は以下のとおり。 ◆NHKで生中継される対戦カード(※表記は日本時間) 《グループA》 ▽6月14日 ロシアvsサウジアラビア(24:00) ▽6月20日 ウルグアイvsサウジアラビア(24:00) ▽6月25日 サウジアラビアvsエジプト(23:00) 《グループB》 ▽6月15日 モロッコvsイラン(24:00) ポルトガルvsスペイン(27:00) ▽6月25日 イランvsポルトガル(27:00) 《グループC》 ▽6月16日 フランスvsオーストラリア(19:00) ▽6月21日 フランスvsペルー(24:00) ▽6月26日 オーストラリアvsペルー(23:00) 《グループD》 ▽6月16日 アルゼンチンvsアイスランド(22:00) ▽6月22日 ナイジェリアvsアイスランド(24:00) ▽6月26日 ナイジェリアvsアルゼンチン(27:00) 《グループE》 ▽6月17日 ブラジルvsスイス(27:00) ▽6月22日 セルビアvsスイス(27:00) ▽6月27日 セルビアvsブラジル(27:00) 《グループF》 ▽6月17日 ドイツvsメキシコ(24:00) ▽6月18日 スウェーデンvs韓国(21:00) ▽6月27日 韓国vsドイツ(23:00) 《グループG》 ▽6月18日 チュニジアvsイングランド(27:00) ▽6月24日 イングランドvsパナマ(21:00) ▽6月28日 イングランドvsベルギー(27:00) 《グループH》 ▽6月19日 コロンビアvs日本(21:00) ポーランドvsセネガル(24:00) ▽6月24日 日本vsセネガル(24:00) ▽6月28日 セネガルvsコロンビア(23:00) 《決勝トーナメント》 ▽6月30日 グループA1位vsグループB2位(27:00) ▽7月2日 グループE1位vsグループF2位(23:00) グループG1位vsグループH2位(27:00) ▽7月3日 グループH1位vsグループG2位(27:00) ▽7月7日 準々決勝(23:00、27:00) ▽7月10日 準決勝(27:00) ▽7月15日 決勝(24:00) 2017.12.15 17:42 Fri
twitterfacebook
thumb

日本代表のロシアW杯キャンプ地がカザンに決定…西野朗技術委員長「施設が充実」「全会場の中心にある」

▽日本サッカー協会(JFA)は14日、ロシア・ワールドカップ(W杯)に臨む日本代表のキャンプ地がカザンに決定したことを発表した。西野朗技術委員長が明かした。 ▽カザンは、首都のモスクワから東へ800kmに位置する都市。ロシア国内でも十指に入る大都市で、世界遺産に登録されている城塞カザン・クレムリンがある。 ▽西野技術委員長はキャンプ地の決定について、ルビン・カザンの施設を使うことを明言。施設面の充実や移動のしやすさなどが理由であると語った。 <span style="font-weight:700;">◆西野技術委員長</span> 「ロシア・ワールドカップも抽選会が終わり、マッチスケジュールと会場もまとまりました。それに向けて代表チームのベースキャンプがルビン・カザンのトップチームが使っている施設を利用させてもらうことに決定しましたので、ご報告させていただきます」 <span style="font-weight:700;">──理由は</span> 「まずチームの視点から宿舎とトレーニング環境が同じ施設内にあり、プラスして施設が充実しています。日々のトレーニングの環境を第一に考えた時に整っているということと、全会場の中心にあることで各会場への移動がスムーズで負担が軽くなるという立地面が理由です」 <span style="font-weight:700;">──試合会場から遠い位置を選んだブラジル・ワールドカップでの反省を生かした結果か</span> 「前回は私が携わっていないですが、決してロケーションの問題だけではないです」 <span style="font-weight:700;">──試合が終わる度にカザンに戻る形か</span> 「そうなると思います」 <span style="font-weight:700;">──カザンに入るまでは近隣のヨーロッパの国でトレーニングするのか</span> 「今はまだご報告はできません。違うキャンプ地でやってから入ることになるとは思いますけど、そこでの活動や場所についてはまだ調整中です。カザンに入る期間もまだお伝えはできません」 ▽カザンは、ロシアW杯の試合も開催され、グループステージではフランスvsオーストラリア、イランvsスペイン、ポーランドvsコロンビア、韓国vsドイツが行われる。 ▽地元のクラブは、チャンピオンズリーグやヨーロッパリーグにも出場するルビン・カザンがあり、2008年、2009年はロシア・プレミアリーグを連覇している。 2017.12.14 22:34 Thu
twitterfacebook
thumb

王者・ドイツ、連覇を目指すロシアW杯の選手支給ボーナスを発表

▽ドイツサッカー連盟(DFB)は、2018年に行われるロシア・ワールドカップのボーナスについて発表した。公式サイトで発表した。 ▽ドイツ代表は、2014年に行われた前回大会のブラジル・ワールドカップを制覇。来年のロシア大会は連覇を目指して挑むことになる。仮に連覇となれば、1962年にブラジルが達成して以来の連覇となる。 ▽選手たちは、ロシア・ワールドカップで優勝した場合に35万ユーロ(約4660万円)のボーナスを得られるとのこと。準優勝の場合は20万ユーロ(約2660万円)、3位の場合は15万ユーロ(約2000万円)となる。 ▽また、準決勝進出の場合には12万5000ユーロ(約1660万円)、準々決勝進出で7万5000ユーロ(約1000万円)のボーナスを得ることができることになったようだ。 ▽ドイツは、グループFに入り、メキシコ、スウェーデン、そして韓国と同居している。 2017.12.13 22:00 Wed
twitterfacebook
thumb

36年ぶりW杯出場のペルー痛恨…エースFWゲレーロがドーピング違反で1年間の出場停止処分

▽国際サッカー連盟(FIFA)は7日、懲戒委員会を開き、ペルー代表FWパオロ・ゲレーロに1年間の出場停止処分を下すことを発表した。FIFA公式サイトが発表した。 ▽ゲレーロは、10月5日に行われたロシア・ワールドカップ南米予選のアルゼンチン代表戦でドーピング検査を受けていたが、その際に違反の可能性が認められ30日間の暫定的な出場停止処分が下されていた。 ▽これにより、オセアニア予選を勝ち抜いたニュージーランド代表との大陸間プレーオフに出場できなかったものの、チームは36年ぶりのワールドカップ出場権を掴んでいた。 ▽ゲレーロの処分確定が待たれていたが、結果は望んでいたものではなかった。ゲレーロは、WADA(世界アンチ・ドーピング機構)の禁止リストに含まれているコカインの主要成分であるベンゾイルエクゴニンが陽性と判定。FIFAは更なる調査を進めたが、結果として1年間の出場停止処分を下すこととなった。 ▽これにより、ゲレーロは最初に出場停止となった2017年11月3日から1年間の出場停止処分となる。つまり、2018年6月14日に開幕するロシア・ワールドカップ出場は不可能に。9大会ぶりに出場となるペルーにとっては、エースの離脱という大きな痛手を負うこととなった。 ▽ゲレーロは、ペルー代表のキャプテンであり、通算32ゴールを奪う同国の歴代最多得点記録保持者。フランス、オーストラリア、デンマークと同居したワールドカップ本大会では、苦しい戦いが待っているだろう。 2017.12.08 22:45 Fri
twitterfacebook
thumb

21年過ごしたイングランドとW杯で同居するベルギー代表指揮官マルティネスが「大きな問題を抱えている」と告白

▽ベルギー代表のロベルト・マルティネス監督が、ロシア・ワールドカップ(W杯)の組み合わせ抽選結果についてコメントした。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じた。 ▽欧州予選を1番乗りで突破したベルギーは、1日に行われた組み合わせ抽選の結果、イングランド、パナマ、チュニジアと同居した。 ▽マルティネス監督は、スウォンジーやウィガン、エバートンなどプレミアリーグのクラブで指揮を執った経験があり、イングランドに長年在住。縁深い国との対戦が決定した。 ▽さらに、MFケビン・デ・ブライネ(マンチェスター・シティ)やGKティボー・クルトワ(チェルシー)、DFヤン・ヴェルトンゲン(トッテナム)、MFエデン・アザール(チェルシー)、FWロメル・ルカク(マンチェスター・ユナイテッド)など、プレミアリーグでプレーする選手が多いベルギー代表。マルティネス監督は、イングランドに対して隠し事はないとしながらも、大きな問題を抱えていると冗談交じりに語った。 「イングランドに対して、我々が秘密にすることはない。我々のチームの95%がプレミアリーグでプレーしているからだ」 「素晴らしい世代のイングランドとベルギーの才能溢れる選手たちは、プレミアリーグに化学反応をもたらす」 「ガレス(・サウスゲイト)をフットボール界の紳士として本当に賞賛する。イングランド戦は、両国にとって良い指標となるだろう」 「ただ、私は大きな問題を抱えている。私の娘がイングランド人なんだ。彼女がどちらのチームを応援するのかを知っておく必要があるね」 「ワールドカップはどこが本命かということではない。準備はもう始まっている」 ▽また、イングランド以外に同居した2カ国についてもコメント。楽しみにしていることを明かした。 「パナマとチュニジアと対戦できることは非常に良い結果だ。他の国たちとは全く異なるアプローチを取るだろう」 「パナマは予選でアメリカを下している。我々はしっかりとマネジメントしなくてはいけない。チュニジアは予選ではとても強いチームだった」 2017.12.02 17:31 Sat
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース