2026年のW杯開催地にモロッコが立候補…カナダ、メキシコ、アメリカの共催と争うことに2017.08.12 12:34 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽モロッコサッカー連盟(FRMF)は11日、2026年のワールドカップ(W杯)開催地として立候補したことを発表した。FIFAも公式サイトで立候補があったことを発表している。

▽2026年のW杯には、CONCACAF(北中米カリブ海サッカー連盟)のカナダ、メキシコ、アメリカの3つのサッカー連盟が今年4月に共同開催での立候補を発表していた。

▽2022年のW杯を開催するカタールが所属するAFC(アジアサッカー連盟)、2018年のW杯を開催するロシアが所属するUEFA(欧州サッカー連盟)の国々は2026年の開催地に立候補ができないものの、CONMEBOL(南米サッカー連盟)、OAF(オセアニアサッカー連盟)、CAF(アフリカサッカー連盟)の国は可能だったが、ここまでは立候補がない状態だった。

▽今年初めにはチリが開催国に立候補する可能性が報じられたが、結局のところ見送りに。対抗馬がないまま立候補の締め切りである8月11日になったが、直前でモロッコが手を挙げることを発表。 FIFAも立候補を認めた。

▽2026年のW杯では、現行の32カ国から48カ国に参加国が増加することが決定している。なお、最終決定は2018年6月13日、ロシアW杯の開幕前日に行われる第68回FIFA会議にて決定される。
コメント
関連ニュース
thumb

モロッコがグエンドウジの招集を検討も…「A代表が夢」

▽モロッコ代表は、アーセナルのU-21フランス代表MFマテオ・グエンドウジ(19)の招集を試みたが、断られたようだ。イギリス『Four Four Two』が報じた。 ▽グエンドウジはパリ・サンジェルマンの下部組織でもプレーした経験を持ち、その後にロリアンの下部組織へと移籍。2016-17シーズンにトップチームへ昇格すると、2シーズンでアーセナルへと加入した。 ▽ウナイ・エメリ監督は開幕から先発でグエンドウジを起用し、ここまで途中出場を含めて9試合に出場。プレミアリーグにも馴染み始めている。 ▽モロッコにもルーツを持つグエンドウジだが、世代別のフランス代表を経験。モロッコ側はA代表に招集することを希望したようだが、U-21スペイン代表戦後にフランス『カナル・プリュス』でグエンドウジがコメント。フランス代表としてプレーすることが夢だと語った。 「僕は若い頃から、常にフランス代表としてプレーしてきた。フランスのA代表でプレーすることは夢なんだ」 「そして、僕はそこに行くことを望んでいる。それが起こるようにしたいよ」 2018.11.20 21:10 Tue
twitterfacebook
thumb

スペイン、2030年W杯共催へ! 首相がモロッコとの会談で提案

▽スペインのペドロ・サンチェス首相が、モロッコのサアデディン・アル・オスマニ首相にポルトガルも含む3ヵ国での2030年ワールドカップ(W杯)共催を持ち掛けたようだ。スペイン『マルカ』が報じた。 ▽ラバトで行われた会談で持ち掛けられたこの提案。記者会見では言及されなかったが、スペイン方面の情報によるとかなり真剣なものであるとのこと。さらに、オスマニ首相は歓迎しており、同様にサンチェス首相に面会の場を設けたモロッコ国王のムハンマド6世まで伝わっている可能性もあるようだ。 ▽モロッコは、過去に1994年、1998年、2006年、2010年、2026年にW杯の開催を申請したが実現しておらず。スペインとしても、サンチェス首相が国際サッカー連盟(FIFA)のジャンニ・インファンティーノ会長、スペインサッカー協会(RFEF)のルイス・ルビアレス会長との会談を行った後から、2028年のユーロもしくは2030年W杯招致を目指しているとされており、両国の思惑は合致する。 ▽スペイン、モロッコ、ポルトガル以外には、アルゼンチン、ウルグアイ、パラグアイの南米3ヵ国が2030年W杯共催に向けて正式に申請済み。また、イングランド、スコットランド、ウェールズ、北アイルランドが共催する案もあるようだ。 2018.11.20 14:50 Tue
twitterfacebook
thumb

アヤックスのモロッコ代表MFジイェフが右ヒザ負傷で2週間の離脱

▽アヤックスは19日、モロッコ代表MFハキム・ジイェフが負傷したことを発表した。 ▽ジイェフは、16日に行われた・ネーションズカップ(ANC)予選第5節のカメルーン代表戦に先発出場。54分と66分にゴールを記録し2-0の勝利での勝利に貢献した。 ▽90分までプレーしたジイェフだが、アヤックスによると試合後の検査で右ヒザの負傷が発覚したとのこと。なお、ジイェフの離脱期間についてアヤックスは、2週間と明かしている。 ▽これにより、ジイェフは24日のNAC戦(エールディビジ第13節)、29日のAKEアテネ戦(チャンピオンズリーグ第5節)、12月2日のADO戦(エールディビジ第14節)を欠場することとなる。 2018.11.20 03:35 Tue
twitterfacebook
thumb

ムニルの散々な誕生日…最後は警察に通報

▽バルセロナに所属する元スペイン代表FWムニル・エル・ハダディが、誕生日に散々な経験をしたようだ。スペイン『マルカ』が報じた。 ▽バレンシア、アラベスへのレンタルを経て、今夏にバルセロナに復帰したムニルは、今年9月1日に23歳の誕生日を迎えた。憧れたホームに帰還したシーズンの記念すべきバースデーに、ムニルは盛大なパーティーを企画。マドリッドのナイトクラブ『ティファニーズクラブ』を貸し切って30人以上のゲストを呼び、楽しい時間を過ごした。 ▽しかし、7時間以上を過ごした結果、1万6000ユーロ(約200万円)の会計が請求されることに。ムニルは、事前に合意していた価格から増額されたと抗議したそうだが、警察を呼ばれ騒動は終了。ムニルは未払い手形を発行することとなった。どうやら、ゲストたちの飲食物の持ち込みが増額に繋がっていたようだ。 ▽昨シーズン、アラベスで公式戦37試合14ゴール7アシストの結果を残したムニル。厳しいポジション争いが強いられるバルセロナで出場機会を掴み、ボーナスで出費の補填をすることはできるのだろうか。<div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews_l" terget="_blank">リーガエスパニョーラを観るならDAZN!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> 2018.09.12 14:00 Wed
twitterfacebook
thumb

ベナティアがモロッコ代表引退の可能性を示唆…

▽ユベントスに所属するモロッコ代表DFメディ・ベナティア(31)が代表引退の可能性を示唆した。フランス『RMC SPORT』が報じた。 ▽『RMC SPORT』によれば、同僚のFWマリオ・マンジュキッチがロシアW杯後にクロアチア代表を引退したことに影響を受けたようで、自身もクラブでのプレーに集中するために代表から一線を引く考えがあるようだ。 ▽ベナティアは、2008年11月にモロッコ代表デビューして以来、通算58試合に出場し2得点を記録。2018 FIFAワールドカップ・アフリカ最終予選では、驚異的な身体能力を有する選手が多いアフリカの列強を抑え込み、20年ぶりのワールドカップ(W杯)出場に大きく貢献した。 2018.09.10 01:45 Mon
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース