琉球がスペイン4部から逆輸入! MF中川風希の加入を発表2017.08.09 21:39 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
▽FC琉球は9日、スペイン4部リーグのベティス・サン・イシドロからMF中川風希(22)が加入することを発表した。

▽埼玉県出身の中川は、武南高校から関東学院大学へと進学し、Jリーグを経ずにスペイン5部のバジェカスへと加入。その後、スペイン4部のベティス・サン・イシドロへと加入していた。中川はクラブを通じてコメントしている。

「FC琉球のJ2昇格目標達成の為に少しでもチームに貢献できるよう頑張りますので応援よろしくお願いします」

コメント

関連ニュース

thumb

琉球、DF徳元悠平とMF大塚翔の加入を発表

▽FC琉球は6日、城西国際大学DF徳元悠平(22)と関西学院大学MF大塚翔(22)の2018シーズン加入を発表した。 ▽沖縄県出身の徳元は城西国際大学経営情報学部の4年生。今年5月には千葉県大学サッカー選手権大会で優勝した経歴を持つ。地元・沖縄のクラブ加入となった徳元はクラブ公式サイトで以下のようにコメントしている。 「地元沖縄でプロ生活をスタートできること、嬉しく思います。今まで関わってくださった方々への感謝の気持ちを忘れず、沖縄に貢献できるよう頑張りますで応援よろしくお願いします」 ▽また、富山県出身の関西学院大学4年生の大塚はワンタッチパスを武器とするMF。クラブ公式サイトでは以下のようにコメントを残している。 「FC琉球に加入することになりました大塚翔です。少しでも早くチームに慣れ、試合に出てチームに貢献していきたいと思いますので、みなさま応援よろしくお願いします!」 2017.12.06 20:19 Wed
twitterfacebook
thumb

琉球、GK今野太祐とDF山内達朗、DF濱田克大ら6選手の契約満了を発表

▽FC琉球は28日、GK今野太祐(24)、DF山内達朗(23)、FW山川デション(20)、DF濱田克大(26)、DF玉川由(21)、MFカン・ジュガン(23)の契約満了を発表した。 ▽今野は、2015年に東京国際大学から加入。今シーズンは明治安田生命J3リーグでここまで2試合に出場している。沖縄県出身の山内は、2016年に大阪産業大学から加入。今シーズンはここまでJ3リーグでここまで9試合に出場している。山川は、2016年に加入。今シーズンはここまでJ3リーグでの出場はない。 ▽濱田は、2016年に東北社会人リーグのFCガンジュ岩手から加入。今シーズンはここまでJ3リーグで9試合に出場している。玉川は、2017年に関東サッカーリーグのエスペランサSCから加入。今シーズンはここまでJ3リーグでの出場はない。韓国出身のMFカン・ジュガンは2017年に関東サッカーリーグのVONDS市原から加入。今シーズンはここまでJ3リーグでの出場はない。 ▽契約満了を発表した6選手は、クラブ公式サイトで以下のようにコメントしている。 ◆今野太祐 「琉球に来て多くの方々に出会い仲間に恵まれ、とても貴重な時間を過ごすことができました。今年はケガにも苦しみましたが、同時に選手、チームスタッフ、サポーター、家族、大勢の方に支えられていることを実感した1年でした。チームを退団することになり貢献できなかった悔しさと申し訳ない気持ちでいっぱいです」 「この場を借りて支えてくださった多くの方々に感謝を伝えるとともに、FC琉球のJ2昇格を心より願っています! この沖縄の地で経験したこと活かしこれからも頑張ります。3年間本当にありがとうございました! 最終戦勝って終わりましょう!」 ◆山内達朗 「今シーズンで FC琉球をでます。地元、沖縄でサッカー選手としてのキャリアをスタートできたこと、感謝しています。この2年、僕にとってはケガやコンスタントに試合に出場できなく苦しい、悔しい時期を過ごしましたが、その困難やプレッシャーにさえ生きる意味や楽しさを強く感じました」 「FC琉球をはなれることは、愛しき人と別れるようなせつなさ、はかなさがあります。しかし、人生挑戦で今後もサッカー選手として成長できる決断だと思っています。2年間応援してくださった皆様本当にありがとうございました。心から感謝しています。今後も素晴らしいチームであるFC琉球の応援よろしくお願いしますね」 ◆山川デション 「FC琉球での2年間はサッカーに打ち込みながら、いろいろなことを学ぶことができた充実した期間でした。FC琉球は、未熟な自分を成長させてくれたと思っています。これからは、この経験を大学で活かしさらに精進し、改めてプロをめざして活躍したいと思っています。皆さん2年間本当にありがとうございました!」 ◆濱田克大 「2年間大変お世話になりました。FC琉球に在籍してから2年間、チームに結果という形で貢献できなかったことをとても残念に思います。ただ、FC琉球で学び、成長できたことがたくさんありました。感謝しかありません。今後は、ここで学んだことを胸にさらに頑張っていこうと思います。2年間ありがとうございました」 ◆玉川由 「今シーズンをもちまして退団することになりました。この1年間チームに貢献することができず、申し訳ない気持ちでいっぱいです。この1年はこれからの自分の人生においても、間違いなく最も特別な1年です。FC琉球スタッフ、サポーター、選手の皆様、1年間本当にありがとうございました。FC琉球のJ2昇格を祈っています」 ◆カン・ジュガン 「今シーズン加入しましたが、試合も出ることができず、チームの力になれなかったことがとても残念でなりません。沖縄に初めて住んでみて、日本語も学び、サッカーも楽しく取り組めたことがすごくいい経験になりましたみなさん2017年のシーズン熱い応援ありがとうございました。FC琉球のJ2昇格を願っています」 2017.11.28 22:10 Tue
twitterfacebook
thumb

琉球に期限付き移籍中の韓国人GKイ・キョンテが岡山に練習復帰

▽ファジアーノ岡山は31日、FC琉球に期限付き移籍していた韓国人GKイ・キョンテが11月1日より練習復帰することを発表した。 ▽岡山の発表によると、クラブ間合意により練習復帰するとのことだ。 ▽イ・キョンテは、韓国の朝鮮理工大から岡山ネクストへ入団。その後トップに昇格していたが、今シーズンからFC琉球に期限付き移籍していた。琉球でのリーグ戦出場はない。 2017.10.31 19:35 Tue
twitterfacebook
thumb

琉球ゴールラッシュで7発圧勝! G大阪U-23はホーム戦大敗で連敗《J3》

▽明治安田生命J3リーグ第21節のガンバ大阪U-23とFC琉球の試合が4日に行われ、1-7で琉球が勝利した。 ▽G大阪U-23は前節、ブラウブリッツ秋田に0-2で敗北。首位を相手に健闘したものの、今季初の連勝を逃している。対する琉球も、前節のギラヴァンツ北九州との中位対決を0-2で落としており、上位浮上のきっかけを逃がすことに。今節は両クラブ共に巻き返しがかかる一戦となった。 ▽13分、序盤から琉球が試合を動かした。右サイドでボールを持った才藤が、相手に身体を当てつつも深い位置まで侵攻して中央に折り返す。ボックス右手前で待ち構えていた田中が右足を振り抜き、ネットを揺らした。追いつきたいG大阪U-23は20分、嫁坂と連係して相手を崩した森がボックス内でシュートを放ったが、枠を外れた。 ▽G大阪U-23がチャンスを掴み切れずにいると、37分に琉球がさらに突き放した。最前線でボールを収めた富所が倒され、琉球がボックス手前中央でFKを獲得。倒された富所が自らキッカーを務めると、鋭いシュートが直接決まり追加点に。 ▽さらに前半終了間際の45分にも、FC琉球がゴールを挙げる。カウンターの場面で才藤からのスルーパスを受けた田中が、GKとの一対一を迎えて頭上を抜くループシュートを選択。相手の意表を突き、自身のこの日2得点目として試合を折り返した。 ▽勢いの止まらない琉球は、後半開始直後の51分にも富所のシュートのこぼれ球に詰めた朴利基が得点し、試合は4点差に。54分には、G大阪U-23の岩本が一矢報いる得点を挙げたものの、直後の55分に富所が再び直接FKを沈め、琉球が相手の反撃ムードを鎮静。 ▽その後も主導権を握った琉球は、62分にも藤澤のミドルシュートで加点。79分には、中川がチームの7得点目を決め、この日の琉球のゴールショーに幕を降ろした。この結果、大勝した琉球は8位に浮上。対するG大阪U-23は、ホームで6点差をつけられる衝撃的な敗北を喫しての連敗となった。 ▽9/4(月) 《19:00》 ガンバ大阪U-23 1-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">7 FC琉球</span> ▽9/2(土) <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">アスルクラロ沼津 5</span>-0 FC東京U-23 藤枝MYFC 1-1 鹿児島ユナイテッドFC Y.S.C.C.横浜 1-1 カターレ富山 ▽9/3(日) グルージャ盛岡 0-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">3 ギラヴァンツ北九州</span> <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">SC相模原 2</span>-1 福島ユナイテッドFC ブラウブリッツ秋田 1-1 栃木SC <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">AC長野パルセイロ 3</span>-0 ガイナーレ鳥取 2017.09.04 21:05 Mon
twitterfacebook
thumb

北澤豪氏、琉球のアンバサダーに就任

▽FC琉球は18日、元日本代表の北澤豪氏(48)がアンバサダーに就任することを発表した。任期は7月15日〜2018年1月31日までとなる。 ▽北澤氏は、琉球のホームゲーム来場とクラブ主催の各イベントへの参加、またクラブの活動や、サッカー観戦に関連した沖縄観光の魅力についての情報発信といった活動を行っていく。 ▽琉球は、アンバサダーに関して以下のように説明している。 「FC琉球の魅力、沖縄でのサッカー観戦の魅力を県内外に発信し、多くの皆様をスタジアムへ誘客することで、クラブを成長させ、更にはスポーツアイランド沖縄の発展に寄与していきます」 ▽北澤氏は、アンバサダー就任に際して以下のようにコメントした。 「この度FC琉球のアドバイザーに就任した北澤です。僕の妻が沖縄出身なので沖縄に貢献したいと今までずっと思っていた。FC琉球を強くする、(スタジアムに)人をたくさん集めていくことは、沖縄サッカーの強化にも繋がりますし、沖縄の発展にも繋がる。沖縄の妻と僕の人生としての頑張りでもあり、スポーツを通してやれることはありがたいなと一番強く思っています」 「FC琉球は、J2、J1を目指す、という明確なビジョンを持っている。李 済華GMが就任してから育成強化部門がすごく充実してきていることを考えると、人をどう育てていくかということはすごく重要なことだと思うし、僕がこれまで築いてきた経験を活かしていける。これからは日本だけではなくてアジア全体として考えた時に沖縄は重要なポイントになるので、そういった幅広い貢献もできればいいなと思います」 「あとは、空港にも今日たくさんの観光客が来ていましたけれども、そういった方ができるだけスポーツ観戦の方にも関心を持っていただけるような活動が出来ればなと思う」 ▽また、琉球代表の倉林啓士郎氏も今後に向けたコメントを残している。 「J2昇格に向けては、まだ道半ばですが、今回、北澤豪氏にFC琉球を応援頂けるとことになり大変心強いです。我々には、多くの仲間がまだまだ必要です。県内外の多くの方々にFC琉球を知って頂き、スタジアムへ足を運んで頂けましたら嬉しいです。その為にも、強く魅力あるチーム作りに今後とも励みます。共にJ2昇格を実現させましょう」 2017.07.18 15:15 Tue
twitterfacebook


ロシアW杯予選
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース