逃げ切ったCL王者マドリーがEL王者ユナイテッド撃破! 2年連続4度目の優勝!《UEFAスーパーカップ》2017.08.09 05:57 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽UEFAスーパーカップ、レアル・マドリーvsマンチェスター・ユナイテッドが8日にマケドニアのスコピエで行われ、2-1で勝利したマドリーが2年連続4度目の優勝を果たした。

▽昨シーズン、史上初となるチャンピオンズリーグ(CL)連覇を達成したマドリーは、新シーズン最初の公式戦に臨む。今夏のプレシーズンでは90分間の戦いの中で未勝利とやや調整が遅れているマドリーは、先日のインターナショナルチャンピオンズカップ(ICC)でPK戦の末に敗れた、かつての指揮官が率いるユナイテッド戦に向けて、合流が遅れたエースFWクリスティアーノ・ロナウドを除く昨季の主力を起用。GKにケイロル・ナバス、最終ラインにカルバハル、ヴァラン、セルヒオ・ラモス、マルセロ。中盤はカゼミロがアンカー、クロースとモドリッチがセントラルMFに入り、トップ下にイスコ。2トップは去就が注目されるベイルがベンゼマと共に務めた。

▽一方、昨シーズンにクラブ史上初のヨーロッパリーグ(EL)王者に輝いたユナイテッドは、就任2年目に無類の強さを見せるモウリーニョ監督の下でプレシーズンマッチ6勝1敗と好仕上がりを披露。今週末にウェストハムとのプレミアリーグ開幕節を控えるなか、この試合に向けては今夏獲得したルカク、マティッチ、リンデロフの3人を起用。GKにデ・ヘア、3バックにリンデロフ、スモーリング、ダルミアン。中盤はエレーラ、マティッチ、ポグバが3センターを組み、ウイングバックにバレンシアとリンガード。縦関係を築く2トップにムヒタリャンとルカクが入った。

▽開始直後、ゴール前に浮いたボールに反応したベイルがいきなり決定機に絡むが、その後は人数をかけた守備とポグバやルカクの強さを前面に押し出した堅守速攻でユナイテッドがきっちり応戦する。この流れの中で最初の決定機は17分、左CKの場面でキッカーのクロースが入れたボールをファーのカゼミロがダイビングヘッドで合わすが、これは惜しくもクロスバーを叩いた。

▽その後、最終ラインや中盤の持ち上がりや後方からの飛び出しを生かして相手守備を揺さぶり始めたマドリーは24分、敵陣バイタルエリア右でクリアボールを拾ったカルバハルが柔らかな浮き球のパスをゴール前に送ると、オフサイドラインを確認して飛び出したカゼミロが巧みな左足のスライディングボレーでゴール右隅に流し込んだ。

▽昨シーズンに続いて大舞台で勝負強さを見せるカゼミロのゴールで先手を奪ったマドリーは、その後もイスコやモドリッチを起点に相手を押し込む。これに対して劣勢が続くユナイテッドは、前半終盤にかけて前線からのプレスとボールホルダーへのプレッシャーを強めて、より攻撃的な守備に変更。この流れからポグバやルカクにシュートチャンスも、相手GKケイロル・ナバスを脅かすまでには至らず。逆に、前半終了間際の43分には相手のカウンターからボックス右に抜け出したベンゼマに決定機を許すが、ここはGKデ・ヘアの好守で凌ぎ、前半はマドリーの1点リードで終了した。

▽後半に入っても主導権を譲らないマドリーは開始直後にクロースの強烈なブレ球ミドルでGKデ・ヘアを脅かすと、その後もマルセロらのシュートで追加点に迫る。すると52分、ボックス左でボールを持ったイスコが狭いスペースでベイルとのパス交換からゴール前に飛び出して右足のシュートをゴール右隅に流し込んだ。

▽再び緩い守備からゴールを許したユナイテッドは、すぐさま反撃を開始。54分にはエレーラのクロスをゴール前に抜け出したポグバがヘディングシュート。GKケイロル・ナバスが弾いたボールをゴール前でフリーのルカクが押し込みにかかるが、利き足とは逆の右足で放ったシュートは枠を捉え切れない。

▽その後、モウリーニョ監督はリンガードに代えてハーフタイム明けに投入したラッシュフォードに続き、56分にはエレーラを下げてフェライーニを投入。中盤から前にフィジカルと高さを特長とする選手を配置し、パワープレー気味の戦い方にシフトした。すると62分、ボックス手前中央でラッシュフォードから短いパスを受けたマティッチが左足の強烈なミドルシュートを放つ。これを相手GKが前に弾くと、こぼれ球に詰めたルカクが今度は右足のシュートをゴールネットに突き刺した。

▽その後、やや運動量が落ち始めたマドリーに対して、フェライーニ、ポグバ、ルカクへのロングボールやクロスで押し切ろうとするユナイテッドが、徐々に押し込む展開に。流れを変えたいジダン監督は74分、ベイルとイスコを下げてルーカス・バスケスとアセンシオを同時投入。さらに83分にはベンゼマを下げてC・ロナウドをピッチに送り出す。

▽試合終盤にかけては拮抗した展開となったなか、追いつきたいユナイテッドは81分にムヒタリャンのスルーパスに抜け出したラッシュフォード、91分にはバレンシアのクロスからフェライーニに決定機も、いずれもGKケイロル・ナバスの好守に遭う。一方、試合を決めたいマドリーもバスケスの折り返しからゴール前のアセンシオに決定機が訪れるが、ここはGKデ・ヘアの好守に阻まれた。

▽結局、試合はこのままマドリーの2-1でタイムアップ。CL王者としてEL王者ユナイテッドを破ったマドリーが2年連続4度目のUEFAスーパーカップ制覇を成し遂げた。なお、今季初タイトルに輝いたマドリーは、13日にバルセロナとのスーペル・コパ1stレグに挑む。一方、敗れたユナイテッドは、同じく13日にウェストハムとのリーグ開幕戦に臨む。

コメント

関連ニュース

thumb

CLグループステージ出場32チームが決定! 注目のポット分けは?《CL》

▽チャンピオンズリーグ(CL)プレーオフが23日に終了し、来月から開催されるCL本戦に出場する32チームが決定した。 ◆ポット1~各国リーグ王者勢ぞろい~ <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20170824_1_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽UEFAカントリーランキング上位の各国リーグ優勝チームが入るポット1には、2連覇中の王者レアル・マドリー(スペイン)、バイエルン(ドイツ)、ユベントス(イタリア)、チェルシー(イングランド)らと錚々たる顔ぶれとなった。 ◆ポット2~強豪ひしめく陣容に~ <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20170824_1_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽前述のチームを除きUEFAクラブランキング上位が入るポット2には、バルセロナ(スペイン)、アトレティコ・マドリー(スペイン)、セビージャ(スペイン)のスペイン勢3チームに加え、マンチェスター・シティ(イングランド)とマンチェスター・ユナイテッド(イングランド)のイングランド勢2チーム、パリ・サンジェルマン(フランス)、ドルトムント(ドイツ)などの強豪が入った。 ◆ポット3~抽選のカギを握る4強~ <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20170824_1_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽また、抽選会で大きなカギを握るポット3には、ナポリ(イタリア)とローマ(イタリア)のイタリア屈指の強豪2チームと、トッテナム(イングランド)とリバプール(イングランド)のイングランド屈指の強豪2チームなどが入った。 ◆ポット4~プレーオフ勝ち抜いたアウトサイダー~ <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20170824_6_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽最後にポット4では、フェイエノールト(オランダ)と大会初出場のRBライプツィヒ(ドイツ)のストレートイン組2チームに加え、プレーオフを勝ち抜いた6チームが入っている。 ▽なお、大注目のCLグループステージ抽選会は日本時間24日25時からモナコで行われる。CL本戦出場32チームおよびポッド分けは以下の通り。 ◆CL本戦出場チーム ▽ポット1(各国リーグ優勝チーム) レアル・マドリー(スペイン) バイエルン(ドイツ) チェルシー(イングランド) ユベントス(イタリア) モナコ(フランス) スパルタク・モスクワ(ロシア) ベンフィカ(ポルトガル) シャフタール(ウクライナ) ▽ポット2 バルセロナ(スペイン) アトレティコ・マドリー(スペイン) セビージャ(スペイン) パリ・サンジェルマン(フランス) ドルトムント(ドイツ) マンチェスター・シティ(イングランド) マンチェスター・ユナイテッド(イングランド) ポルト(ポルトガル) ▽ポット3 ナポリ(イタリア) ローマ(イタリア) トッテナム(イングランド) リバプール(イングランド) ベシクタシュ(トルコ) バーゼル(スイス) オリンピアコス(ギリシャ) アンデルレヒト(ベルギー) ▽ポット4 RBライプツィヒ(ドイツ) セルティック(スコットランド) フェイエノールト(オランダ) マリボル(スロベニア) CSKAモスクワ(ロシア) スポルティング・リスボン(ポルトガル) カラバフ(アゼルバイジャン) アポエル(キプロス) 2017.08.24 06:10 Thu
twitterfacebook
thumb

C・ロナウドがマドリー電撃退団を考慮か? スペイン有力紙が報道

▽レアル・マドリーのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウド(32)が、再びマドリー退団を再考し始めたようだ。スペイン有力紙『エル・パイス』が伝えている。 ▽C・ロナウドは今夏、スペイン検察当局から1476万8897ユーロ(約18億2500万円)の脱税容疑をかけられた一件を受けて、スペインでのプレーを拒否し、マドリーを去る決断をしたとして、移籍市場を賑わせた。だが、マドリー関係者や周囲からの懸命な説得を受け、現在はマドリーでのキャリアを続行する決断をしたとみられている。 ▽しかし、先日バルセロナとのスーペル・コパ1stレグで主審への暴力行為によって、5試合の出場停止処分を科されたC・ロナウドは、「またしても理解不能な裁定だ。不公平がさらに不公平を呼んだ」と自身のSNSで怒りをぶちまけた。そして、自身への度重なる不公平な扱いに嫌気がさした同選手は、今夏のスペイン脱出を再考し始めたようだ。 ▽スペイン屈指の有力紙と知られ、ゴシップやガセネタにあまり縁がないことで知られる『エル・パイス』は23日、C・ロナウドに近い関係者のコメントを伝え、同選手が今夏の移籍市場閉幕までに退団を決断する可能性を示唆している。 「今のところ、彼は自身の仕事だけに集中している。ただ、彼は5試合の出場停止処分に激怒している。現在、彼はいつも通りチームと共に働いているが、彼がこのまま残留するか、旅立つかは保証できない。我々は8月31日までに何が起きるか、見守る必要がある」 ▽なお、今夏自身の去就に関して沈黙を続けているC・ロナウドだが、脱税容疑で裁判所に出廷した際に、「こんな問題はイングランドで一度もなかった。あの場所に戻りたいよ」と、古巣マンチェスター・ユナイテッド復帰を求める趣旨の発言を行っていた。 ▽今夏の移籍市場ではネイマールやボヌッチの電撃移籍など、ビッグサプライズが頻発しており、その締めくくりとしてC・ロナウドのユナイテッド復帰が実現するのか…。 2017.08.24 01:34 Thu
twitterfacebook
thumb

レアル・マドリー、契約延長オペレーションを着々と進める...アセンシオら主力6選手が長期残留へ

レアル・マドリーは、主力6選手との契約延長に向けて動いているようだ。スペイン『マルカ』が伝えた。<br><br>フロレンティーノ・ペレス会長は昨季素晴らしいパフォーマンスを見せたMFイスコ、成長著しいマルコ・アセンシオとの契約延長を考えている。イスコは2022年まで、アセンシオは2023年まで契約を延長する見込みだ。<br><br>契約延長に近づいているのは、イスコとアセンシオだけではない。DFラファエル・ヴァラン(2022年まで)、ダニエル・カルバハル(2022年まで)、マルセロ(2022年まで)、FWカリム・ベンゼマ(2021年まで)も長期残留に向けクラブと話し合っているとされ、合意は時間の問題だとみられている。<br><br>なお、マドリーはすでにジネディーヌ・ジダン監督と2020年までの契約延長で合意している。指揮官の長期政権に、主力の長期残留。マドリーの未来は明るい、と言えるかもしれない。<br><br><br>提供:goal.com 2017.08.24 01:17 Thu
twitterfacebook
thumb

5試合出停処分のC・ロナウド「不公平だ」

▽5試合の出場停止処分が確定したレアル・マドリーのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドが、自身のSNSを通じて異議を唱えた。 ▽13日に行われたスーペル・コパ1stレグのバルセロナ戦で、レアル・マドリーは3-1と完勝した。この一戦に途中出場したC・ロナウドは1得点の活躍を見せたが、その後にユニフォームを脱いだゴールセレブレーションで1枚目のイエローカードを提示された。さらに、82分には相手選手ともつれあうようにしてボックス内で転倒。しかし主審はC・ロナウドのシミュレーションと判断して2枚目のイエローカードを提示した。同選手はこの判定に対する抗議の一環の中で主審を手で押したとして、5試合の出場停止処分を科されることとなった。 ▽これを受けてマドリーはスポーツ行政裁判所(TAD)に処分軽減を提訴。しかし22日、同クラブの働きかけも空しく、訴えを棄却されたことが発表となった。その後、当事者であるC・ロナウドがSNSを更新。退場処分そのものが間違いだったという主張をほのめかしつつ、今回の決定に対する不満を漏らした。 「またしても理解不能な裁定だ。不公平がさらに不公平を呼んだ」 ▽また、C・ロナウドはファンに対して、以下のような内容も併せて伝えた。 「いつものように彼ら(ファン)は決して中傷しないだろうし、支えてくれる人々に報いるためにも、僕はより強力になって戻ってくるよ」 2017.08.23 17:45 Wed
twitterfacebook
thumb

レアル・マドリーのTADへの上訴棄却でC・ロナウドの5試合出場停止が最終確定!

▽スポーツ行政裁判所(TAD)は22日、レアル・マドリーが提訴していたポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドへの5試合の出場停止処分に対し、棄却したことを発表した。 ▽C・ロナウドは13日に行われたスーペル・コパ1stレグのバルセロナ戦に出場。1ゴールの活躍を見せたが、82分に下された自身に対するレッドカードという判定に納得できず、主審を背後からわずかに右手で突き飛ばすシーンが確認されていた。 ▽また、C・ロナウドの退場処分に対し、マドリーには350ユーロ(約4万5000円)、C・ロナウドには800ユーロ(約10万3500円)の罰金処分が下され、主審への乱暴行為に対し、マドリーには1400ユーロ(約18万1000円)、C・ロナウドには3005ユーロ(約38万8600円)の罰金処分が科されていた。 ▽その後、マドリーはスペインサッカー連盟(RFEF)の競技委員会に対して、処分軽減の訴えを行ったが、認められず。最後の手段としてTADに上訴を行っていたが、今回も棄却されて、C・ロナウドの処分が確定した。 ▽ここまで、C・ロナウドはスーペル・コパの2ndレグのほか、リーガエスパニョーラの開幕戦であるデポルティボ戦の2試合で出場停止を消化しており、以降のバレンシア戦、レバンテ戦、レアル・ソシエダ戦を引き続き欠場する。 2017.08.23 06:01 Wed
twitterfacebook


PUMA ONE特集
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース