逃げ切ったCL王者マドリーがEL王者ユナイテッド撃破! 2年連続4度目の優勝!《UEFAスーパーカップ》2017.08.09 05:57 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽UEFAスーパーカップ、レアル・マドリーvsマンチェスター・ユナイテッドが8日にマケドニアのスコピエで行われ、2-1で勝利したマドリーが2年連続4度目の優勝を果たした。

▽昨シーズン、史上初となるチャンピオンズリーグ(CL)連覇を達成したマドリーは、新シーズン最初の公式戦に臨む。今夏のプレシーズンでは90分間の戦いの中で未勝利とやや調整が遅れているマドリーは、先日のインターナショナルチャンピオンズカップ(ICC)でPK戦の末に敗れた、かつての指揮官が率いるユナイテッド戦に向けて、合流が遅れたエースFWクリスティアーノ・ロナウドを除く昨季の主力を起用。GKにケイロル・ナバス、最終ラインにカルバハル、ヴァラン、セルヒオ・ラモス、マルセロ。中盤はカゼミロがアンカー、クロースとモドリッチがセントラルMFに入り、トップ下にイスコ。2トップは去就が注目されるベイルがベンゼマと共に務めた。

▽一方、昨シーズンにクラブ史上初のヨーロッパリーグ(EL)王者に輝いたユナイテッドは、就任2年目に無類の強さを見せるモウリーニョ監督の下でプレシーズンマッチ6勝1敗と好仕上がりを披露。今週末にウェストハムとのプレミアリーグ開幕節を控えるなか、この試合に向けては今夏獲得したルカク、マティッチ、リンデロフの3人を起用。GKにデ・ヘア、3バックにリンデロフ、スモーリング、ダルミアン。中盤はエレーラ、マティッチ、ポグバが3センターを組み、ウイングバックにバレンシアとリンガード。縦関係を築く2トップにムヒタリャンとルカクが入った。

▽開始直後、ゴール前に浮いたボールに反応したベイルがいきなり決定機に絡むが、その後は人数をかけた守備とポグバやルカクの強さを前面に押し出した堅守速攻でユナイテッドがきっちり応戦する。この流れの中で最初の決定機は17分、左CKの場面でキッカーのクロースが入れたボールをファーのカゼミロがダイビングヘッドで合わすが、これは惜しくもクロスバーを叩いた。

▽その後、最終ラインや中盤の持ち上がりや後方からの飛び出しを生かして相手守備を揺さぶり始めたマドリーは24分、敵陣バイタルエリア右でクリアボールを拾ったカルバハルが柔らかな浮き球のパスをゴール前に送ると、オフサイドラインを確認して飛び出したカゼミロが巧みな左足のスライディングボレーでゴール右隅に流し込んだ。

▽昨シーズンに続いて大舞台で勝負強さを見せるカゼミロのゴールで先手を奪ったマドリーは、その後もイスコやモドリッチを起点に相手を押し込む。これに対して劣勢が続くユナイテッドは、前半終盤にかけて前線からのプレスとボールホルダーへのプレッシャーを強めて、より攻撃的な守備に変更。この流れからポグバやルカクにシュートチャンスも、相手GKケイロル・ナバスを脅かすまでには至らず。逆に、前半終了間際の43分には相手のカウンターからボックス右に抜け出したベンゼマに決定機を許すが、ここはGKデ・ヘアの好守で凌ぎ、前半はマドリーの1点リードで終了した。

▽後半に入っても主導権を譲らないマドリーは開始直後にクロースの強烈なブレ球ミドルでGKデ・ヘアを脅かすと、その後もマルセロらのシュートで追加点に迫る。すると52分、ボックス左でボールを持ったイスコが狭いスペースでベイルとのパス交換からゴール前に飛び出して右足のシュートをゴール右隅に流し込んだ。

▽再び緩い守備からゴールを許したユナイテッドは、すぐさま反撃を開始。54分にはエレーラのクロスをゴール前に抜け出したポグバがヘディングシュート。GKケイロル・ナバスが弾いたボールをゴール前でフリーのルカクが押し込みにかかるが、利き足とは逆の右足で放ったシュートは枠を捉え切れない。

▽その後、モウリーニョ監督はリンガードに代えてハーフタイム明けに投入したラッシュフォードに続き、56分にはエレーラを下げてフェライーニを投入。中盤から前にフィジカルと高さを特長とする選手を配置し、パワープレー気味の戦い方にシフトした。すると62分、ボックス手前中央でラッシュフォードから短いパスを受けたマティッチが左足の強烈なミドルシュートを放つ。これを相手GKが前に弾くと、こぼれ球に詰めたルカクが今度は右足のシュートをゴールネットに突き刺した。

▽その後、やや運動量が落ち始めたマドリーに対して、フェライーニ、ポグバ、ルカクへのロングボールやクロスで押し切ろうとするユナイテッドが、徐々に押し込む展開に。流れを変えたいジダン監督は74分、ベイルとイスコを下げてルーカス・バスケスとアセンシオを同時投入。さらに83分にはベンゼマを下げてC・ロナウドをピッチに送り出す。

▽試合終盤にかけては拮抗した展開となったなか、追いつきたいユナイテッドは81分にムヒタリャンのスルーパスに抜け出したラッシュフォード、91分にはバレンシアのクロスからフェライーニに決定機も、いずれもGKケイロル・ナバスの好守に遭う。一方、試合を決めたいマドリーもバスケスの折り返しからゴール前のアセンシオに決定機が訪れるが、ここはGKデ・ヘアの好守に阻まれた。

▽結局、試合はこのままマドリーの2-1でタイムアップ。CL王者としてEL王者ユナイテッドを破ったマドリーが2年連続4度目のUEFAスーパーカップ制覇を成し遂げた。なお、今季初タイトルに輝いたマドリーは、13日にバルセロナとのスーペル・コパ1stレグに挑む。一方、敗れたユナイテッドは、同じく13日にウェストハムとのリーグ開幕戦に臨む。

コメント

関連ニュース

thumb

レアルGKナバス、トッテナム戦の引き分けに「満足できない」…来月の再戦に向け意気込み

レアル・マドリーGKケイラー・ナバスは、トッテナム戦の結果は満足できるものではないと語っている。<br><br>17日に行われたチャンピオンズリーグのグループステージ第3節で、レアル・マドリーはホームでトッテナムと対戦。ラファエル・ヴァランのオウンゴールで先制点を許したマドリーだが、45分にクリスティアーノ・ロナウドがPKから得点を挙げて追いつき、グループHの首位攻防戦は1-1の引き分けに終わった。<br><br>FWハリー・ケインの決定機を何度も防ぐなど、勝ち点1の獲得に貢献したナバスは、試合後『アンテナ3』で「この結果に満足なんてできない。僕たちは勝利を求めていたよ。神様のおかげで良いプレーはできた」とパフォーマンスを評価したものの、ホームでの引き分けに不満があると語った。<br><br>続けて「彼らにもチャンスはあったし、僕らもそうだった。とても良い試合だったと思う。(ウーゴ・)ロリスはいくつかビッグセーブを見せていた。何度かチャンスがあったが、思うようにはいかなかった。常にクリーンシートを目指しているが、(失点の場面は)どうしようもなかった。でも、次は得点を許さず、勝利できることを願っている」とコメントを残している。<br><br>この引き分けで、マドリーとトッテナムはともに2勝1分けの勝ち点7で並んでいる。この2チームは、2週間後の11月1日にウェンブリー・スタジアムで再び激突する。<br><br><br>提供:goal.com 2017.10.18 19:37 Wed
twitterfacebook
thumb

ローマの敏腕ディレクター・モンチ、マドリーDFナチョを1月のターゲットに?

▽ローマが、レアル・マドリーのスペイン代表DFナチョ・フェルナンデス(27)に興味を持っているようだ。スペイン『アス』が伝えている。 ▽マドリーの下部組織出身のナチョ。昨シーズンからコンスタントに出場するようになった同選手は、今シーズンもここまで公式戦9試合に出場するなど、ジネディーヌ・ジダン監督にとって欠かせない選手となりつつある。 ▽しかし、『アス』は、ナチョが継続した出場機会を得られないことに満足していないと推測。イタリア『Calciomercato』の報道を基に、ディフェンスライン全般をカバーできるユーティリティ性を持つ同選手の獲得にローマが乗り出すのではないかと伝えており、クラブのスポーツ・ディレクターを勤めるモンチ氏が熱心な動きをみせているようだ。 ▽また、『アス』によると、マドリーとの契約を2020年までとしているナチョに対しては、ローマが昨夏にも獲得に動いていたようで、現在はイギリスやドイツ方面からも触手が伸びてきているという。 2017.10.18 17:00 Wed
twitterfacebook
thumb

リネカー、“ベンゼマ過大評価説”を提唱

▽現役時代にイングランド代表で活躍したギャリー・リネカー氏がレアル・マドリーに所属するカリム・ベンゼマの能力を疑った。 ▽レアル・マドリーは17日、ホームで行われたチャンピオンズリーグ(CL)グループH第3節でトッテナムと対戦した。前半のうちにFWクリスティアーノ・ロナウドのゴールで追いついたが、1-1のドローという結果に終わった。 ▽76分までプレーしたベンゼマは、前半早々の5分と54分に巡ってきた決定機を不意に。イギリス『スカイ・スポーツ』で解説者を務めるリネカー氏は、自身のツイッター(@GaryLineker)で、決定力不足を露呈したフランス人ストライカーについて、次のように酷評した。 「過大評価されてるのは私か、それともベンゼマか? レアル・マドリーのようなチームで、毎試合ゴールを決めるのは特別なことじゃない。『まとも』じゃダメなんだよ」 ▽ベンゼマは2009年夏にリヨンから加入以降、公式戦通算373試合183得点104アシストをマーク。だが、今シーズンのここまでは、出場した公式戦8試合で2得点1アシストと鳴りを潜めている。 2017.10.18 13:13 Wed
twitterfacebook
thumb

トッテナム指揮官、マドリーとのドローに大きな手応え「対等に戦っていけることを証明した」

▽トッテナムを率いるマウリシオ・ポチェッティーノ監督は、レアル・マドリーとのドローに手応えを感じているようだ。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じた。 ▽トッテナムは17日、チャンピオンズリーグ・グループH第3節でマドリーとのアウェイ戦に臨んだ。連勝同士で迎えた一戦は28分、オーリエの右サイドからのクロスがオウンゴールを誘発して敵地で先制に成功。しかし、43分にクリスティアーノ・ロナウドにPKを決められてしまい試合を振り出しに戻される。後半はマドリーに押し込まれる時間帯もあった中、トッテナムはGKウーゴ・ロリスの奮闘でなんとか耐え抜き、勝ち点1を持ち帰った。 ▽試合後、ポチェッティーノ監督はマドリーとの敵地での引き分けに満足感を示している。 「この試合は、メンタルの根本的な部分で我々が対等に戦っていけるということを証明する機会となった」 「トッテナムはまだ発展途中のチーム。昨シーズングループステージで奪った勝ち点7を、今シーズンは3試合で奪えている。昨シーズンは、興奮させるような試合ができず、とても残念だった。しかし、我々は大きく前進をしたし、ポテンシャルを高めている。それも非常に大きなモノにね」 「結果は最も重要なものではない。目的はレアル・マドリー相手に太刀打ちすることであり、なんとか成し遂げることができた。それが嬉しいよ」 2017.10.18 12:15 Wed
twitterfacebook
thumb

ドロー決着も致し方なし…ジダン監督「2人の最高のGKがいた」

▽レアル・マドリーを率いるジネディーヌ・ジダン監督は、チリ代表GKケイロル・ナバスとトッテナムのフランス代表GKウーゴ・ロリスを褒め称えた。クラブ公式サイトが伝えている。 ▽レアル・マドリーは17日、チャンピオンズリーグ・グループH第3節でトッテナムとのホーム戦に臨んだ。連勝同士の一戦となった試合は、ヴァランのオウンゴールでトッテナムに先制点を許してしまうが、マドリーも43分にPKを獲得するとキッカーのクリスティアーノ・ロナウドがゴールネットを揺らして試合を振り出しに戻す。後半に入ると試合はより激しさを増したが、両チームともにマドリーのGKケイロル・ナバスとGKロリスの牙城を崩せず、そのまま試合終了。勝ち点1を分け合う結果となった。 ▽試合後、ジダン監督は「2人の最高のGKがいた」とチームのゴールを守り抜いたGKケイロル・ナバスを称えると共に、相手GKロリスの健闘にも称賛の言葉を送った。 「常にホームでは勝ちたいと思っていたため、結果に満足しているということはない。特に前半には得点チャンスがあった。ただ、ケイロル(・ナバス)と(ウーゴ・)ロリスという2人の最高のGKがいたね。彼らは良いプレーをしていた。それ以上のことはない。引き分けは正しい結果だよ」 「2人のGKは3、4本のチャンスを防いでいた。それは驚くことではない。ロリスは求められていた仕事をこなしていた。チャンスを作っていた我々にとっては残念だ。全体的に見ても奪った勝ち点が1つだけだったのは妥当なことだ」 「全て厳しい試合ばかりだが、特に今日のようなしっかりと守備をするチームとの対戦は特にそうだ。王者である以上、相手は250%の力で挑んでくるため、試合をより難しくさせる」 2017.10.18 12:12 Wed
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース