逃げ切ったCL王者マドリーがEL王者ユナイテッド撃破! 2年連続4度目の優勝!《UEFAスーパーカップ》2017.08.09 05:57 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽UEFAスーパーカップ、レアル・マドリーvsマンチェスター・ユナイテッドが8日にマケドニアのスコピエで行われ、2-1で勝利したマドリーが2年連続4度目の優勝を果たした。

▽昨シーズン、史上初となるチャンピオンズリーグ(CL)連覇を達成したマドリーは、新シーズン最初の公式戦に臨む。今夏のプレシーズンでは90分間の戦いの中で未勝利とやや調整が遅れているマドリーは、先日のインターナショナルチャンピオンズカップ(ICC)でPK戦の末に敗れた、かつての指揮官が率いるユナイテッド戦に向けて、合流が遅れたエースFWクリスティアーノ・ロナウドを除く昨季の主力を起用。GKにケイロル・ナバス、最終ラインにカルバハル、ヴァラン、セルヒオ・ラモス、マルセロ。中盤はカゼミロがアンカー、クロースとモドリッチがセントラルMFに入り、トップ下にイスコ。2トップは去就が注目されるベイルがベンゼマと共に務めた。

▽一方、昨シーズンにクラブ史上初のヨーロッパリーグ(EL)王者に輝いたユナイテッドは、就任2年目に無類の強さを見せるモウリーニョ監督の下でプレシーズンマッチ6勝1敗と好仕上がりを披露。今週末にウェストハムとのプレミアリーグ開幕節を控えるなか、この試合に向けては今夏獲得したルカク、マティッチ、リンデロフの3人を起用。GKにデ・ヘア、3バックにリンデロフ、スモーリング、ダルミアン。中盤はエレーラ、マティッチ、ポグバが3センターを組み、ウイングバックにバレンシアとリンガード。縦関係を築く2トップにムヒタリャンとルカクが入った。

▽開始直後、ゴール前に浮いたボールに反応したベイルがいきなり決定機に絡むが、その後は人数をかけた守備とポグバやルカクの強さを前面に押し出した堅守速攻でユナイテッドがきっちり応戦する。この流れの中で最初の決定機は17分、左CKの場面でキッカーのクロースが入れたボールをファーのカゼミロがダイビングヘッドで合わすが、これは惜しくもクロスバーを叩いた。

▽その後、最終ラインや中盤の持ち上がりや後方からの飛び出しを生かして相手守備を揺さぶり始めたマドリーは24分、敵陣バイタルエリア右でクリアボールを拾ったカルバハルが柔らかな浮き球のパスをゴール前に送ると、オフサイドラインを確認して飛び出したカゼミロが巧みな左足のスライディングボレーでゴール右隅に流し込んだ。

▽昨シーズンに続いて大舞台で勝負強さを見せるカゼミロのゴールで先手を奪ったマドリーは、その後もイスコやモドリッチを起点に相手を押し込む。これに対して劣勢が続くユナイテッドは、前半終盤にかけて前線からのプレスとボールホルダーへのプレッシャーを強めて、より攻撃的な守備に変更。この流れからポグバやルカクにシュートチャンスも、相手GKケイロル・ナバスを脅かすまでには至らず。逆に、前半終了間際の43分には相手のカウンターからボックス右に抜け出したベンゼマに決定機を許すが、ここはGKデ・ヘアの好守で凌ぎ、前半はマドリーの1点リードで終了した。

▽後半に入っても主導権を譲らないマドリーは開始直後にクロースの強烈なブレ球ミドルでGKデ・ヘアを脅かすと、その後もマルセロらのシュートで追加点に迫る。すると52分、ボックス左でボールを持ったイスコが狭いスペースでベイルとのパス交換からゴール前に飛び出して右足のシュートをゴール右隅に流し込んだ。

▽再び緩い守備からゴールを許したユナイテッドは、すぐさま反撃を開始。54分にはエレーラのクロスをゴール前に抜け出したポグバがヘディングシュート。GKケイロル・ナバスが弾いたボールをゴール前でフリーのルカクが押し込みにかかるが、利き足とは逆の右足で放ったシュートは枠を捉え切れない。

▽その後、モウリーニョ監督はリンガードに代えてハーフタイム明けに投入したラッシュフォードに続き、56分にはエレーラを下げてフェライーニを投入。中盤から前にフィジカルと高さを特長とする選手を配置し、パワープレー気味の戦い方にシフトした。すると62分、ボックス手前中央でラッシュフォードから短いパスを受けたマティッチが左足の強烈なミドルシュートを放つ。これを相手GKが前に弾くと、こぼれ球に詰めたルカクが今度は右足のシュートをゴールネットに突き刺した。

▽その後、やや運動量が落ち始めたマドリーに対して、フェライーニ、ポグバ、ルカクへのロングボールやクロスで押し切ろうとするユナイテッドが、徐々に押し込む展開に。流れを変えたいジダン監督は74分、ベイルとイスコを下げてルーカス・バスケスとアセンシオを同時投入。さらに83分にはベンゼマを下げてC・ロナウドをピッチに送り出す。

▽試合終盤にかけては拮抗した展開となったなか、追いつきたいユナイテッドは81分にムヒタリャンのスルーパスに抜け出したラッシュフォード、91分にはバレンシアのクロスからフェライーニに決定機も、いずれもGKケイロル・ナバスの好守に遭う。一方、試合を決めたいマドリーもバスケスの折り返しからゴール前のアセンシオに決定機が訪れるが、ここはGKデ・ヘアの好守に阻まれた。

▽結局、試合はこのままマドリーの2-1でタイムアップ。CL王者としてEL王者ユナイテッドを破ったマドリーが2年連続4度目のUEFAスーパーカップ制覇を成し遂げた。なお、今季初タイトルに輝いたマドリーは、13日にバルセロナとのスーペル・コパ1stレグに挑む。一方、敗れたユナイテッドは、同じく13日にウェストハムとのリーグ開幕戦に臨む。

コメント

関連ニュース

thumb

クルトワのレアル・マドリー行きはチェルシーの代役確保次第で進展か

レアル・マドリーへの移籍が目前とうわさされているベルギー代表GKティボー・クルトワの去就は、チェルシーの代役探し次第となっているようだ。<br><br>ロシア・ワールドカップで3位に輝いたベルギーの守護神は、契約満了まであと1年となっているチェルシーとの契約延長を拒否。来年夏にはフリーでの移籍が可能になるため、移籍金が発生する今夏に放出されることが決定的と見られており、クルトワ自身もレアル・マドリーへの移籍を明かしていた。<br><br>ジネディーヌ・ジダンの後を継いでジュレン・ロペテギが監督に就任したレアルは、ケイロル・ナバスが正GKとして在籍している。しかし、サポーターや経営陣からはより安定感のある正GKを求めている声も多く、チェルシーの守護神獲得を移籍金3500万ユーロ(約46億円)でクラブ間合意に達したことが『Goal』の取材で明らかになった。<br><br>しかしベルギー代表守護神の移籍成立は、チェルシーが代役を見つけることができるまで保留となるようだ。チェルシーとレアルがともに獲得を狙っていたローマGKアリソンは、GKとして史上最高額となる移籍金6700万ポンド(約98億円)を提示したリヴァプールへの移籍が決定的と見られており、他の代役を探さなければいけない状況となっている。<br><br>マウリツィオ・サッリが新監督に就任したチェルシーは、新たな守護神を見つけることができるまでクルトワの退団を容認しない構えにあるようだ。<br><br><br>提供:goal.com 2018.07.20 06:47 Fri
twitterfacebook
thumb

クルトワ、マドリッドの新居探しを開始?

▽チェルシーに所属するベルギー代表GKティボー・クルトワ(26)が、マドリッドで新居を探しているようだ。スペイン『アス』が伝えている。 ▽今夏のロシア・ワールドカップ(W杯)でベルギー代表を最高位3位に導き、個人としてもベストGK賞を受賞したクルトワ。W杯が終了したことで、レアル・マドリー移籍の噂が熱を帯び、最近ではマドリー移籍に関して両クラブが合意に至ったとの報道がイギリスメディアによって伝えられた。 ▽そんな中、今回伝えられるところによると、クルトワはマドリー移籍に備えてスペインでの新居を探しているという。2017年1月に2人の子供と母親のためにマドリッドで家を買ったクルトワだが、マドリー移籍が実現した場合、他の家に引っ越す意向であるようだ。 ▽「休みのたびにスペインに行っている。簡単な状況じゃない」などとこれまでも家族の住むマドリッド移住希望を口にしてきたクルトワ。果たして移籍は実現するだろうか。 2018.07.19 11:30 Thu
twitterfacebook
thumb

セルヒオ・ラモスがプロポーズ成功! 交際6年目を前に男の決断! すでに3人の子供をもうける

▽レアル・マドリーに所属するスペイン代表DFセルヒオ・ラモス(32)が17日にパートナーのピラール・ルビオさん(40)にプロポーズを行い、成功していたことがわかった。ピラールさんが自身の公式『インスタグラム(pilarrubio_oficial)』で明かした。 ▽セルヒオ・ラモスとスペイン人の人気司会者であるピラールさんは2012年から交際をスタート。これまで2人はセルヒオ君、マルコ君、アレハンドロ君と3人の男の子をもうけているが、入籍という形はとらず、パートナーという関係を続けていた。 ▽しかし、交際から6年目を迎える直前となったこの時期にセルヒオ・ラモスは、正式な夫婦となるためバカンス先でピラールさんにプロポーズを行った。 ▽そして、セルヒオ・ラモスからのプロポーズを快諾したピラールさんは17日に自身のインスタグラムを通じて喜びのコメントを残している。 「彼からのプロポーズにイエスと答えたわ。私は彼(セルヒオ・ラモス)を永遠に愛し続けるわ」 ▽昨季はレアル・マドリーでチャンピオンズリーグ制覇に貢献した一方、リバプールFWモハメド・サラーへの悪質なファウルやスペイン代表として臨んだロシア・ワールドカップでの無念のベスト16敗退と紆余曲折を経たセルヒオ・ラモスだが、今回の婚約をキッカケに新シーズンは更なる成功を手にしたいところだ。 2018.07.18 18:12 Wed
twitterfacebook
thumb

ヴァランの経歴が輝かしすぎる!

▽レアル・マドリーに所属するフランス代表DFラファエル・ヴァラン(25)のタイトル獲得数が凄まじい。スペイン『マルカ』が賞賛している。 ▽フランス代表としてロシア・ワールドカップ(W杯)に臨んだヴァランは、ディフェンスリーダーとして全試合に出場。対人能力、カバーリング能力で卓越したパフォーマンスを披露して母国の優勝に大きく貢献し、自身の16個目のタイトルを獲得した。 ▽ランスで育成されたヴァランは、当時アドバイザーを務めていたジネディーヌ・ジダン前監督に推薦される形で2011年夏にマドリーに入団。初年度の2011-12シーズンはリーグ戦9試合の出場に留まったものの、勝ち点100を獲得してのリーガエスパニョーラ制覇に貢献した。これが、ヴァランにとって記念すべき初タイトルとなっている。 ▽翌2012-13シーズンは先発起用される機会も増え、公式戦33試合に出場。とりわけ、コパ・デル・レイ準決勝1stレグ、バルセロナとの“エル・クラシコ”で同点ゴールを決めるなど、ファンの心を掴むには十分なシーズンとなった。 ▽現在では世界最高のディフェンダーの1人に数えられるヴァラン。タイトル16個の内訳は、チャンピオンズリーグ(CL)4回、クラブ・ワールドカップ(CWC)3回、スーパーカップ3回、リーガエスパニョーラ2回、スーペル・コパ2回、コパ・デル・レイ1回、そしてワールドカップ1回だ。 ▽その間、レアル・マドリーは2012-13シーズンのコパ・デル・レイ決勝でアトレティコ・マドリーに敗北し、フランス代表は2016年のユーロ決勝でポルトガル代表に敗れている。しかし、そのどちらも負傷によりヴァランが出場していないものだ。 ▽25歳にして、あらゆる栄光を獲得し尽しているヴァラン。W杯決勝のクロアチア代表戦後、「僕のキャリアがとてつもなく壮観になり始めている」と本人が語った通り、規格外のディフェンダーの足跡は、確実にフットボールの歴史に刻まれている。 ◆ヴァランの足跡 2011-12/19歳:リーガ優勝 2012-13/20歳:スーペルコパ優勝 2013-14/21歳:CL、コパ・デル・レイ優勝 2014-15/22歳:スーパーカップ、CWC優勝 2015-16/23歳:CL優勝 2016-17/24歳:CL、リーガ、スーパーカップ、CWC優勝 2017-18/25歳:W杯、CL、スーパーカップ、スーペルコパ、CWC優勝 2018.07.18 17:50 Wed
twitterfacebook
thumb

カッサーノ「ロナウドはナダルで、メッシはフェデラー」

▽元イタリア代表FWアントニオ・カッサーノが、FWクリスティアーノ・ロナウドとFWリオネル・メッシを、テニス界のスーパースターに例えて比較した。イギリス『フォー・フォー・トゥー』が伝えている。 ▽その突出した才能から度々比較対象にされるC・ロナウドとメッシ。おそらく一生この話題がピリオドを迎えることはないだろうが、カッサーノはテニス界のアイコンである、ラファエル・ナダルとロジャー・フェデラーに例えて、彼らを比較している。 「俺はメッシが大好きだ。クリスティアーノが嫌いというわけではない。だが俺の観点からすると、彼は常に世界のベストで、彼から受ける感情はユニークなものだ」 「合理化しなければならないならば、俺はメッシのように巧みにボールを扱い一貫してゴールを奪えるような選手を望む」 「クリスティアーノに欠けているものはなにもない。が、それは論点ではない。わかりやすくするなら、クリスティアーノはナダルだ。素晴らしいアスリートで才能に磨きをかけている。熱意も持っているしハードワークも欠かさない」 「メッシはフェデラーに似ている。彼は純粋な芸術的才能と上品さを備えている。彼らは異なるタイプの選手だ。メッシと一緒にいるとただ立っているだけで違いが見えてくる。かれにフィジカル的な強さは必要ないんだ。自分の2番目の息子には“リオネル”と名付けたよ」 ▽さらに、C・ロナウドについて述べたカッサーノはこうも語っている。 「彼は母なる大地からの贈り物を授かっているが、なによりメンタリティ、一貫したトレーニング、そしてプロ精神を持っている。それらはすべて俺が嫌いなものだ」 「彼の集中力にはいつも感心している。彼は偉人の1人として永遠に歴史に名を残すだろう。それは彼の才能のおかげでもあるが、とりわけハードワークの賜物なのさ」 2018.07.18 16:15 Wed
twitterfacebook


ロシアW杯

超WS×MON

ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース