ローマ、シャペコエンセとのチャリティーマッチ開催を発表! 全収益を犠牲者遺族に寄付2017.08.09 02:11 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ローマは8日、来月1日にスタディオ・オリンピコでシャペコエンセとのチャリティーマッチを開催することが決定したと発表した。

▽ローマの発表によると、今回のチャリティーマッチはローマとヴァチカンの文化評議会、ローマ市、イタリアオリンピック委員会の4者によって共同で手配されたものだという。

▽そして、チャリティーマッチで得た全収益は昨年11月にコパ・スダメリカーナ決勝前に起きた飛行機墜落事故の犠牲者とその遺族に寄付されることになる。

コメント

関連ニュース

thumb

ローマ、アリソンの後釜としてスウェーデン代表GKオルセンを確保か

▽ローマが、リバプールへ移籍したブラジル代表GKアリソン・ベッカー(25)の後釜として、コペンハーゲンのスウェーデン代表GKロビン・オルセン(28)の獲得に迫っているようだ。スウェーデン『Aftonbladet』の記事を引用し『フットボール・イタリア』が報じている。 ▽ローマは19日に守護神GKアリソンをGKの歴代最高額となる6250万ユーロ+出来高1000万ユーロの総額7250万ユーロ(約94億9000万円)でリバプールに売却したことを発表した。 ▽アリソンの後釜としては、これまでパリ・サンジェルマンのフランス代表GKアルフォンス・アレオラやレスター・シティのデンマーク代表GKカスパー・シュマイケル、バルセロナのオランダ代表GKイェスパー・シレッセン、ミランのイタリア代表GKジャンルイジ・ドンナルンマらの名前が挙がっていたが、今夏のロシア・ワールドカップでスウェーデン代表の躍進に貢献したコペンハーゲン守護神の獲得に落ち着いたようだ。 ▽『Aftonbladet』によれば、オルセンの代理人を務めるハサン・チェティンカイ氏はすでにローマでスポーツ・ディレクターを務めるモンチ氏らと会談を実施。その席で合意に至ったとみられ、23日にもオルセンとチェティンカイ氏が揃ってイタリアへ向かうようだ。 ▽なお同紙は、オルセンの移籍金がスウェーデン人GKの最高額となる1150万ユーロ(約15億円)程度になると予想している。 2018.07.23 06:00 Mon
twitterfacebook
thumb

ローマ、マウコム獲得へ! 早ければ火曜にもメディカルチェックを受診か

▽ローマが、ボルドーに所属するブラジル人FWマウコム(21)獲得に近付いているようだ。『ユーロスポーツ』が伝えている。 ▽セレソンの次代を担う逸材レフティと評されるマウコム。2016年1月にコリンチャンスからボルドーに移籍を果たすと、昨季はリーグ戦35試合に出場し12ゴール7アシストを挙げるなど、その才能を遺憾なく発揮している。 ▽『ユーロスポーツ』によると、ローマは3600万~3700万ユーロ(約47億~48億円) +ボーナスでボルドーと合意に近づいている模様。また、イタリア『プレミアムスポーツ』によれば、マウコムは来週の火曜(24日)にもローマでメディカルチェックを受診する予定を組んでいるようだ。 ▽今夏の移籍市場ではバイエルンを始め、チェルシーやアーセナル、トッテナム、インテル、エバートンと目まぐるしく新天地候補が移り変わっていったマウコムだが、最後に獲得レースに参戦した敏腕SDモンチ氏を擁するローマが一気に獲得レースを制したようだ。 2018.07.22 02:00 Sun
twitterfacebook
thumb

トッティ、アリソンのリバプール移籍に「あんな額は初めて。NOとは言えない」

ローマのレジェンドであるフランチェスコ・トッティ氏は、ブラジル代表GKアリソン・ベッカーのリバプール移籍について避けられなかったと認めている。イタリア『スカイスポーツ』が報じた。<br><br>アリソンは昨シーズン、ローマの主力選手としてセリエA3位、チャンピオンズリーグベスト4に貢献。今夏はブラジル代表の正守護神としてロシア・ワールドカップにも参戦した。しかし先日、GK史上最高額となる7500万ユーロ(約98億円)の移籍金でリバプールへと加入。ローマを去ることになった。<br><br>トッティは「我々は将来のために若いチームを作っているところだ」と話してこのように続ける。<br><br>「トップを争うため、可能な限り強くなりたい。移籍市場は変わった。GKに7500万ユーロなんて初めてのことだし、我々は『NO』とは言えない。世界最高のGKを失ったことは残念だが、強いチームを作ろうとしているよ」<br><br>なお、アリソンはロシア・ワールドカップに参加していたため、リバプールが行っているアメリカでのICC(インターナショナル・チャンピオンズカップ)のメンバーには含まれていない。<br><br>提供:goal.com 2018.07.21 15:50 Sat
twitterfacebook
thumb

ローマSD、アリソン放出の正当性を主張「野望の欠如ではない」

チームの守護神であったアリソンをリヴァプールへ放出したことにサポーターから不満の声が上がっていたローマだが、モンチSD(スポーツ・ディレクター)は決断の正当性を主張した。『BBC』が報じている。<br><br>ローマはアリソンをGKとしては史上最高額の移籍金6600万ポンド(約97億円)でリヴァプールに売却。サポーターからは守護神を放出したクラブに批判の声が寄せられていた。<br><br>しかしモンチSDは、今回の決断が熟考した上でのものであると主張している。<br><br>「相当額のオファーが届いたときはしっかりと考える必要がある。我々は良い点と悪い点を秤にかけ、リヴァプールへの返答を決めた」<br><br>「アリソンの売却は野望の欠如を意味するものではない。私にとっては野望というのはすべてのことを考慮した上で正しいことをすることだ」<br><br>そしてサポーターの心情に理解を示しつつも、すでにトップレベルの選手の補強に成功していることに目を向けてほしいと語った。<br><br>「サポーターの考えも理解できるが、彼らには我々がチーム強化の最中であることを理解してもらいたい。我々が(ジャスティン)クライファートや(ハビエル)パストーレを獲得できると思っていなかった人たちもいるはずだ。もしかしたら今日は何人かのサポーターにとっては辛い日になったかもしれないが、我々はすでにトッププレーヤーを獲得している」<br><br>「私は1年だけではなく、何年もの期間を見据えたチーム強化をするためにここにやってきた。そして今回の決断もその考えに沿っていると100%確信している」<br><br><br>提供:goal.com 2018.07.20 23:59 Fri
twitterfacebook
thumb

ローマのパロッタ会長、主審侮辱発言で3カ月間CL試合の関与禁止

▽UEAF(欧州サッカー連盟)は20日、ローマのジェームズ・パロッタ会長に対し、3カ月間チャンピオンズリーグ(CL)の試合に関与することを禁ずる処分を下した。 ▽パロッタ会長は5月2日に行われたリバプールとのCL準決勝2ndレグの試合後、主審の判定に納得が行かず、「VARが必要なことが明らかになった。とんだお笑い草だ」などと公式の場で発言し、処分が科されることが発表されていた。 ▽今回の裁定により、9月にスタートするCLでパロッタ会長は12月までの3カ月間、試合中にベンチに入るのはもちろん、試合前や試合中にドレッシングルームに入ることを禁じられる。また、選手やスタッフと間接的にコンタクトを取ることも禁じられる。 2018.07.20 23:57 Fri
twitterfacebook


ロシアW杯

超WS×MON

ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース