シャペコエンセに5発完勝のバルセロナが5年連続40回目の優勝!《ジョアン・ガンペール杯》2017.08.08 05:29 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽バルセロナは7日、カンプ・ノウでジョアン・ガンペール杯2017のシャペコエンセ戦に臨み、5-0で勝利。5年連続40回目の優勝を果たした。

▽毎年プレシーズンの時期に行われるバルセロナ主催のフレンドリーマッチであるジョアン・ガンペール杯。今年の対戦相手には昨年11月にコパ・スダメリカーナ決勝前に悲劇の飛行機墜落事故に遭い、71名の犠牲者を出したシャペコエンセを招待した。

▽来週にレアル・マドリーとのスーペル・コパを控えるバルセロナは、現状のベストメンバーを起用。GKにテア・シュテーゲン、4バックにアレイシ・ビダル、ピケ、ユムティティ、ジョルディ・アルバ。中盤はブスケッツがアンカーに入り、インテリオールにラキティッチとイニエスタ。3トップにはメッシとスアレスと共に、パリ・サンジェルマンに移籍したネイマールの代役として今夏復帰したデウロフェウが起用された。

▽一方、来週15日にコパ・スダメリカーナ王者として、ルヴァンカップ王者の浦和レッズとのスルガ銀行チャンピオンシップ2017 SAITAMAに出場するシャペコエンセは、墜落事故生存者の1人であるアラン・ルシェウやかつて東京ヴェルディに在籍したアポジ、同じくアビスパ福岡に在籍したモイゼスが先発入り。昨季まで京都サンガF.C.に在籍したアンドレイはベンチスタートとなった。

▽試合前に犠牲者への追悼が行われ、墜落事故で片足を切断したジャクソン・フォルマンによるキックインセレモニーが行われるなど、厳かな雰囲気でスタートした一戦。しかし、キックオフと同時に気持ちを切り替えたバルセロナが、シャペコエンセに襲いかかる。

▽開始2分、ブスケッツのスルーパスに抜け出したメッシがボックス左からのシュートで相手GKにファインセーブを強いると、6分にあっさりと先制点を奪う。スアレスとのパス交換でボックス右に抜け出したラキティッチの丁寧な折り返しを、ファーでフリーのデウロフェウが冷静に流し込んだ。
▽先制後も攻勢を続けるバルセロナは11分、ボックス手前左でデウロフェウから短いパスを受けたブスケッツが見事なミドルシュートをゴール右隅に突き刺し、早々に追加点を奪取。その後も相手への敬意として全力で攻めるホームチームは、スアレスやメッシに再三の決定機が訪れると、28分にはイニエスタとのパス交換でゴール前に抜け出したメッシが左足で蹴り込み、瞬く間にリードを3点に広げた。

▽一方、今は亡きチームメートやチーム関係者の想いを背負って懸命にプレーするシャペコエンセは、ウェリントン・パウリスタやオタヴィオがフィニッシュに絡む。36分にはキャプテンマークを巻いたルシェウがピッチを退き、カンプ・ノウに集まった両チームのサポーターから惜しみない拍手が送られた。

▽3点リードで迎えた後半、バルセロナはデウロフェウとテア・シュテーゲンを下げてハーフタイム明けにデニス・スアレスとシレッセンを投入。後半も攻撃の手を緩めないバルセロナは55分、右サイドでフィードを受けたスアレスがメッシとのワンツーでボックス右に抜け出し、やや角度のないところから右足のシュートをゴール左隅に流し込んだ。

▽後半も開始早々にゴールをこじ開けたバルセロナは、60分過ぎにイニエスタとユムティティを下げてセルジ・ロベルト、マスチェラーノを投入し、試合をクローズにかかる。

▽対して一矢報いたいシャペコエンセは、MF松井大輔のル・マン時代の元同僚FWトゥーリオ・デ・メロのお膳立てからナジソンがシュートを放つが、ここはGKシレッセンのセーブに阻まれる。

▽その後も主導権を渡さないバルセロナは74分、ボックス手前でパスを受けたメッシの絶妙なスルーパスに反応したデニス・スアレスが冷静に左隅へ流し込んで5点目を奪う。その後、75分過ぎにメッシやスアレス、ピケら残りの主力7人を下げたバルセロナは、試合終了間際にネウソン・セメドがPKを獲得。だが、キッカーのパコ・アルカセルが中央を狙ったシュートは相手GKの好守に遭い、6点目とはならず。

▽それでも、シャペコエンセに5-0の快勝を収めたバルセロナが5年連続40回目の優勝を飾った。

バルセロナ 5-0 シャペコエンセ
【バルセロナ】
デウロフェウ(前6)
ブスケッツ(前11)
メッシ(前28)
スアレス(後10)
デニス・スアレス(後29)

コメント

関連ニュース

thumb

【CLグループD総括】バルサとユーベが順当に突破、スポルティングは一歩及ばず

▽本命と目されていたバルセロナとユベントスが順当にグループステージ突破を決めた。スポルティング・リスボンは最終節までユベントスと突破を争う粘りを見せたものの及ばず、オリンピアコスはバルセロナに引き分ける健闘を見せたが、勝ち点1獲得に終わった。 ■グループD順位表■ [勝ち点/得失点] 1:バルセロナ[14/8] 2:ユベントス[11/2] 3:スポルティング・リスボン[7/-1] 4:オリンピアコス[1/-9] ◆ユーベにリベンジし最終節を前に首位通過~バルセロナ~<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20171212_50_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽昨季準々決勝で敗れたユベントスに初戦で3-0と完勝して好スタートを切ったバルセロナは、その後スポルティング、オリンピコアスを確実に退けて3連勝と危なげない戦いを見せた。そしてオリンピアコスに引き分けた後、ユベントスとのアウェイ戦でゴールレスドローに持ち込んで、最終節を残して首位通過を決めた。ネイマール流出に始まり、新戦力のデンベレ負傷というアクシデントに見舞われたものの、メッシとスアレスの2トップ移行やフラットな[4-4-2]へのシステム変更など、バルベルデ監督の巧みな手腕で、終始隙のない戦いを見せた。 ◆バルサに及ばずもノルマの2位通過~ユベントス~<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20171212_51_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽バルセロナに初戦で完敗する厳しいスタートを切ったユベントスだったが、オリンピアコスとスポルティングに勝負強く競り勝ち、勝ち点を積み上げていった。決して楽な戦いではなかったものの、最終節で2位通過を決めた。ボヌッチ流出により堅守に乱れがあったが、ベナティアやルガーニの活躍でバルセロナとのリターンマッチではゴールレスドローに持ち込み、持ち前の堅守が復活。最終節のオリンピアコス戦もシャットアウトしてノルマのグループステージ突破を果たした。 ◆最終節まで突破の可能性を残すも及ばず~スポルティング・リスボン~<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20171212_52_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽2年ぶりのCL参戦となったジョルジェ・ジェズス体制3季目のスポルティングは、2強に割って入れるだけのポテンシャルを十分に示した。バルセロナやユベントスに善戦し、オリンピアコスに2勝するなど、ユベントスを脅かす存在となった。痛かったのはユベントスとの直接対決2連戦で互角以上に渡り合いながらも、結果は1分け1敗と下回った点だ。 ◆バルセロナとのドローが唯一の見せ場~オリンピアコス~<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20171212_53_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽スポルティングと共にグループをかき回す存在と目されたギリシャ王者だったが、見せ場は第4節でバルセロナに引き分けた試合のみだった。それ以外の試合は全敗に終わり、勝ち点1獲得で今大会を終えた。 2017.12.13 18:03 Wed
twitterfacebook
thumb

バルサがウイング強化に向けてバルサB出身のルイス・アルベルトに注視

▽バルセロナがウイングの補強としてラツィオのスペイン代表FWルイス・アルベルト(25)の補強を画策しているようだ。『フットボール・エスパーニャ』が伝えた。 ▽バルセロナは今夏の移籍市場でブラジル代表FWネイマール(25)をパリ・サンジェルマンへと引き抜かれた。その代わりとしてドルトムントからフランス代表FWウスマーヌ・デンベレ(20)を獲得。しかし9月16日に行われたリーガエスパニョーラ第4節のヘタフェ戦で負傷し、現在も戦列に復帰できていない。 ▽また、同じく今夏にはエバートンからスペイン代表FWジェラール・デウロフェウ(23)が復帰を果たしたが、エルネスト・バルベルデ監督は同選手を信頼しきれておらず、リーグ戦9試合で5試合の先発出場に留めている。 ▽現在は[4-3-3]ではなく[4-4-2]を採用して選手をやり繰りしているバルセロナだが、将来的には再び[4-3-3]に戻すようだ。『フットボール・エスパーニャ』はバルセロナのスポーツディレクターを務めるロバート・フェルナンデス氏が、ラツィオの試合を視察し、ルイス・アルベルトの状態を確認していたと報じた。 ▽ルイス・アルベルトはセビージャのカンテラ育ちであり、2011-12シーズンにはトップチームに昇格。2012-13シーズンにはバルセロナBへレンタル移籍した経験もある。その後はリバプールへの完全移籍からマラガ、デポルティボといったリーガを戦うチームにレンタル移籍。2016-17シーズンからラツィオでプレーしている。 ▽そのラツィオではオフェンシブなポジションをこなし、セリエAでは15試合4ゴールを奪う活躍を見せている。そのため、同選手に対してはバルセロナのみならず、古巣であるセビージャやリバプールも復帰を考えているようだ。 2017.12.13 13:30 Wed
twitterfacebook
thumb

イブラヒモビッチ「グアルディオラは最も幼稚なコーチ」バルサ時代の指揮官を痛烈批判

マンチェスター・ユナイテッドのFWズラタン・イブラヒモビッチは、バルセロナ時代の指揮官であるジョゼップ・グアルディオラ監督を&ldquo;最も幼稚なコーチ&rdquo;と罵っている。<br><br>2009-2010シーズンを前にインテルでの成功を引っさげてバルセロナに移籍したイブラヒモビッチ。初めて降り立ったスペインの地で、1シーズン目から出場した29試合のうち先発出場は23試合で、16ゴールを挙げるなど数字ではインパクトを残したが、リオネル・メッシやティエリ・アンリを重宝するグアルディオラ監督とはそりが合わず、わずか1シーズンでイタリアへと渡っていった。<br><br>10日に行われたマンチェスターダービーでグアルディオラ監督と再会したイブラヒモビッチは、試合後『スカイスポーツ・イタリア』のインタビューで「最初の半年でゴールを量産し、2つのスーパーカップ(スーペルコパ・デ・エスパーニャ、UEFAスーパーカップ)を制した。最初の6カ月は完璧だった」とバルセロナ時代を回顧。<br><br>しかし、メッシ中心のチーム作りが始まった途端、イブラヒモビッチのチーム内での序列は下がっていった。そのことを振り返った同選手は「でも半年が過ぎたら、システムと戦術を変更した。それは私にとって良くないもので、クラブはグアルディオラと直接話すように言ってきた」<br><br>「グアルディオラに向かってメッシのために他の選手を犠牲にしていると言ってやった。そうしたら、ベンチに追いやられた。その後も状況は変わらなかったし、彼は問題が発生すればこのように解決すると思った。それ以降、彼は話しかけてこないし、私を見ようともしない。部屋に入れば、彼はその場から離れる。彼と話し合おうと思っても、すぐにどこかへと逃亡する。フットボール以前に大きな問題があった」とグアルディオラ監督との関係に問題があったと話した。<br><br>さらに、イブラヒモビッチは「私との間のトラブルを解決しなかった彼の問題だ。彼は最初から私のことを勝手に決めつけていた。全く知らない人物をそのように判断できないはずだ。それに(マリオ)マンジュキッチや(サミュエル)エトーも同じ立場に置かれたと思う。彼は出会ってきた中で最悪なコーチではないが、間違いなく最も幼稚なコーチだ」とスペイン人指揮官を辛辣に批判している。<br><br><br>提供:goal.com 2017.12.13 13:27 Wed
twitterfacebook
thumb

復帰後も出場機会なく…デウロフェウが再びイタリアへ!?

▽バルセロナのスペイン代表FWジェラール・デウロフェウ(23)が、セリエAを考慮しているようだ。スペイン『アス』が報じている。 ▽バルセロナのカンテラ―ノであるデウロフェウは2011年にジョゼップ・グアルディオラ監督が率いるトップチームで初出場を果たした。しかし満足いく出場機会は与えられず2013年にエバートン、2014年にセビージャへとレンタル移籍で加入した。 ▽2015年6月にはバルセロナを退団してエバートンに完全移籍で加入。さらに2017年1月からは半年間のレンタル移籍でミランに加入するなど、行く先々でポジションを得られず。それでも今夏、ブラジル代表FWネイマールが退団した影響もありバルセロナへの復帰が決まった。 ▽ところが、5シーズンぶりに復帰したバルセロナでも再び選手層の厚さの前にベンチを温める日々が続いており、リーガエスパニョーラ9試合に出場し1ゴールを奪うも、先発出場は5試合にとどまっており、新指揮官であるエルネスト・バルベルデ監督の信頼を勝ち取っているとは言えない状況となっている。 ▽この状況を受けて、ナポリが今シーズン終了までのレンタル移籍での獲得に興味を持っているようだ。中でも、攻撃陣の強化をマウリツィオ・サッリ監督は、デウロフェウの能力を高く評価。主力として活躍しているベルギー代表MFドリエス・メルテンス、イタリア代表FWロレンツォ・インシーニェらをターンオーバーさせるためにもデウロフェウを獲得したいと考えているようだ。 2017.12.13 12:45 Wed
twitterfacebook
thumb

バルサ寄りメディア、苛烈な批判を浴びせたネイマールを一転して支持「レアル・マドリーを倒してくれ」

バルセロナ寄りのメディアが、今夏移籍を決断した際に痛烈な批判の対象としたパリ・サンジェルマンFWネイマールを、一転して支持しているようだ。<br><br>ネイマールはこの夏、契約解除金2億2200万ユーロ(約290億円)と引き換えに、パリSGへと移籍した。バルセロナのメディアは「スポーツ面の功績ではなくお金を選んだ」として、ネイマールに苛烈な批判を浴びせていた。<br><br>だが11日にチャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦の抽選が行われると、状況は一変している。パリ・サンジェルマンとレアル・マドリーの対戦が決定したためである。<br><br>スペイン『スポルト』では、ダイレクターのルイス・マスカロ氏の、動画付きで次のようなコメントが載せられている。<br><br>「すべてのクレ(バルセロナのサポーター)が、再びネイマールのファンになる。なぜか? パリ・サンジェルマンがレアル・マドリーと対戦するからだ」<br><br>「クレはネイマールに失望した。彼はバルセロナのスポーツ的プロジェクトではなく、パリSGのお金を優先した。だが我々は今、ネイマールを応援する。パリSGがマドリーを倒してくれることを願う」<br><br><br>提供:goal.com 2017.12.12 20:36 Tue
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース