土壇場で追いついたバイエルンがドルトムントをPK戦で下し2年連続6度目の優勝《DFLスーパーカップ》2017.08.06 05:45 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ドルトムントvsバイエルンのDFLスーパーカップが5日に行われ、2-2で90分を終了した。そしてPK戦を4-5で制したバイエルンが2年連続6度目の優勝を飾っている。ドルトムントのMF香川真司は欠場した。

▽2週間後にブンデスリーガ開幕を控える中、DFBポカール王者のドルトムントと、ブンデスリーガ王者のバイエルンによる新シーズン開幕を告げる一戦。

▽プレシーズンで結果の出ていないドルトムントは、バルセロナへの移籍が噂されるO・デンベレが先発となった他、オーバメヤンや新戦力のダフードがスタメンとなった。

▽同じくプレシーズンで結果の出ていないバイエルンは、ロッベンやチアゴ、ベルナトに新戦力のハメス・ロドリゲスら多数の主力が欠場となった中、新戦力のトリッソとルディがスタメンとなった。

▽ホームの観衆の声援を背にドルトムントがアグレッシブな入りを見せた。3分にシャヒンが際どいミドルシュートを浴びせると、12分に試合を動かした。ハビ・マルティネスからボールを奪ったプリシッチがGKウルライヒとの一対一を制してドルトムントが先制した。

▽失点を受けてすかさず反撃に転じたバイエルンは15分、左サイドのリベリがカットインから枠内シュートを浴びせるもGKビュルキの好守に阻止される。それでも18分、ルディの正確な浮き球パスに抜け出してボックス右に侵入したキミッヒのグラウンダークロスを、レヴァンドフスキが押し込んで試合を振り出しに戻した。

▽同点とされたドルトムントは24分に好機。右クロスをゴール至近距離のカストロがヒールで合わせたが、GKウルライヒの守備範囲に飛んでしまった。

▽ハーフタイムにかけてバイエルンが攻勢を強める中、31分にはミュラーがゴール至近距離からボレーシュート。しかし、GKビュルキに阻まれる。さらに35分にもキミッヒの右クロスにミュラーがヘディングで合わせるも、右ポストに阻まれた。続く43分にはルディがミドルシュートを浴びせたが、ここもGKビュルキの好守に阻止され、前半を1-1で終えた。

▽迎えた後半、ダフードに代えてローデを投入したドルトムントがペースを握り返す中、バイエルンは60分にハビ・マルティネスが左足ふくらはぎを痛めてジューレとの交代を余儀なくされる。

▽攻撃に転じられなくなったバイエルンはミュラーに代えてコマンを投入するも、72分にドルトムントがカウンター返しを発動し、勝ち越しに成功する。ピンチから一転、カウンターに転じると、O・デンベレのスルーパスをボックス右で受けたオーバメヤンがGKウルライヒの飛び出しを交わすチップキックシュートでゴールに流し込んだ。

▽終盤にかけて攻め手のなかったバイエルンだったが、88分に土壇場で試合を振り出しに戻す。右サイドのFKからジューレのヘディングシュートがバーを直撃すると、ルーズボールをキミッヒがシュート。これが相手に当たってゴールに吸い込まれた。

▽このまま2-2で90分を終え、迎えたPK戦ではバイエルンのGKウルライヒがローデとバルトラのシュートを止めて5-4で勝利。PK戦を制してDFLスーパーカップを制している。

バイエルン (PK5-4) ドルトムント
1.レヴァンドフスキ 〇〇 デンベレ
2.リベリ 〇 〇 フィリップ
3.キミッヒ × 〇 オーバメヤン
4.ルディ 〇 × ローデ
5.ビダル 〇 〇 カストロ
6.ジューレ〇 × バルトラ

コメント

関連ニュース

thumb

ゲッツェPK弾が決勝点! 新生ドルトムントがマフレズ先発のシティ下す《ICC》

▽インターナショナル・チャンピオンズカップ2018のマンチェスター・シティvsドルトムントが21日にアメリカで行われ、ドルトムントが1-0で勝利した。 ▽グアルディオラ体制3年目のシティは、若手主体のスターティングメンバーに。その中で、今夏にレスター・シティから加入したマフレスが先発で新天地デビューを飾った。 ▽一方、ニースからファブレ監督を招へいしたドルトムントは、いまだチームに合流していない香川が欠場。プリシッチやゲッツェのほか、新戦力のGKヒッツもスタメン入りした。 ▽試合は27分に動きを見せる。カウンターからボックス右に進行したプリシッチがジンチェンコのファウルを受け、ドルトムントがPKのチャンスを獲得。これをゲッツェが確実に沈めた。 ▽前半のうちに何とか追いつきたいシティは45分、バイタルエリア左寄りの好位置でFKのチャンスを獲得。キッカーに名乗りを上げたマフレズが左足で直接狙ったが、GKヒッツに弾かれる。 ▽1点ビハインドのシティは、ハーフタイム明けにフィールドプレーヤー全員を交代したドルトムントに対して、ブラーボからハートに代えるのみにとどめ、反撃に講じる。 ▽ボールを動かしながら攻め手を探り続けるシティだが、ドルトムントも縦に早い攻撃で応戦。しかし、なかなか打開策を見いだせず、ドルトムント優勢の流れを引き寄せられない。 ▽その後、リロイ・ザネをピッチに送り込んだシティだが、最後までシュートの形に持ち込むのに苦しみ、ドルトムントが勝利した。 マンチェスター・シティ 0-1 ドルトムント 【ドルトムント】 ゲッツェ(前28[PK]) 2018.07.21 11:56 Sat
twitterfacebook
thumb

香川真司vsマリオ・ゲッツェ…「ドルトムントで最も熾烈なポジション争い」が勃発か

ルシアン・ファブレ氏を新監督に迎えたドルトムントは複数の新戦力を獲得。だが、ドイツメディア『90min』は既存メンバーの香川真司とマリオ・ゲッツェの競争をチーム内の「最も熾烈なポジション争い」の1つとして見ているようだ。<br><br>ドルトムントはロシア・ワールドカップに出場した各国の代表選手には特別休暇が与えられているため、そしてまだ補強の可能性を残しているため、今夏のチーム構成が完了していない。ファーヴル新監督は公式戦ではどのようなスタメンをピッチに送り出すのかなど各現地メディアで予想されるなか、『90min』は「ドルトムントでの6つの最も熾烈なポジション争い」を紹介した。<br><br>そしてその1つとして「マリオ・ゲッツェvsシンジ・カガワ」の&ldquo;マッチアップを予想。記事では両者は一度ドルトムントから退団した経緯などについて言及しつつ、「復帰後、日本人選手はライバルのゲッツェより良い印象を与え、特に2015-16シーズンには46試合で26回ゴールに絡むなど輝きを放っている」と指摘し、「昨シーズンの終盤は足首の負傷により離脱が続いたが、その前は調子は良く、6ゴール7アシストを記録した」と綴っている。<br><br>またゲッツェについては「代謝異常の病気から回復してから、2017-18シーズンも満足できない1年間を過ごしたが、新シーズンは彼にとっての正念場となるだろう」と指摘。「ルシアン・ファブレは最初のオーストリア・ウィーンとのテストマッチでは彼をボランチで起用し、彼はそこで新たな役割を見つけることになるかもしれない。だが、総合的にはカガワの方がフォームが良く、(チームにとっても)とりわけゴール前では成果を得られる存在」と決定力を含めた評価で、香川のスタメンを有力視しているようだ。<br><br>一方、記事ではその他、GKにおいてローマン・ビュルキとマルヴィン・ヒッツ、CBではDFアブドゥ・ディアロとエメル・トプラク、右SBではウカス・ピシュチェクとアシュラフ・ハキミが定位置を争うことを予想。攻撃においてはアンドレ・シュールレとマキシミリアン・フィリップ、マリウス・ヴォルフとクリスチャン・プリシッチがそれぞれの競争相手となると見ている。<br><br><br>提供:goal.com 2018.07.20 21:38 Fri
twitterfacebook
thumb

香川真司、ドルトムントから今夏の退団も? クラブが中盤の刷新を計画中と現地報道

ドルトムントは日本代表MF香川真司の放出を考えているかもしれない。ドイツ『シュポルトバザー』が伝えている。<br><br>今シーズンからルシアン・ファブレ監督が率いるドルトムントは今夏の移籍市場でGKマルビン・ヒッツやDFアブドゥ・ディアロ、アクラフ・ハキミやMFトーマス・ディレイニー、FWマリウス・ヴォルフらと複数のレギュラークラスの選手を獲得。一方で、DFソクラティス・パパスタソプーロスやエリック・ドゥルム、MFゴンサロ・カストロやFWアンドリー・ヤルモレンコなどを手放し、戦力整理も進めている。<br><br>そんな中、さらにセンターFWの補強が急務となっているドルトムントだが、報道によるとファーヴル新監督はクラブ幹部にボローニャに所属するチリ代表MFエリック・プルガルを獲得することを要請したという。だが、新たなセントラルMFを加えた場合、すでに飽和状態となりつつある中盤の人員を減らす必要性が生じてくるとのことだ。<br><br>ミヒャエル・ツォルクSD(スポーツディレクター)はファブレ新監督の入団会見で先日、「我々は全員、より小さなスクワッドを望ましいと考える」と言及。『シュポルトバザー』では、MFでの最有力の放出候補はセバスティアン・ローデだと伝えられているが、「オファー次第では長い間貢献してきたBVBのスターたち、ヌリ・シャヒンやシンジ・カガワも&ldquo;非売品&ldquo;と見られなくなるだろう」との見解が述べられている。<br><br>今オフにはトルコメディアでガラタサライからの興味が伝えられた香川だが、ドルトムントとの契約は2020年まで。それを全うせずに日本代表の背番号10は今夏中に新天地に向かうことになるのだろうか。<br><br><br>提供:goal.com 2018.07.19 09:30 Thu
twitterfacebook
thumb

ユベントス、マンジュキッチへのドルトムントのオファーを拒否

▽ドルトムントは、クロアチア代表FWマリオ・マンジュキッチ(32)の獲得に向け所属先のユベントスへオファーを提示したが、同クラブがこれを拒否したようだ。イタリア『スカイスポーツ・イタリア』が伝えている。 ▽マッシミリアーノ・アッレグリ監督の下、主戦場の最前線だけでなく、サイドでもプレーするなど、選手として幅を広げたマンジュキッチ。現在、多くのクラブが関心を寄せているとみられる中、新たなストライカーを求めるドルトムントもマンジュキッチに興味を示しており、すでに正式なオファーを提示した模様だ。 ▽しかし今回の報道によれば、ユベントスはマンジュキッチの放出を容認しておらず、ドルトムントからのオファーを拒否したようだ。 ▽なお、そのマンジュキッチは最近、状況を精査するため、代理人と会談。しかし、現在、クロアチア代表の一員として臨む今夏のロシア・ワールドカップに集中しており、大会後に結論を下す意向を示しているようだ。 2018.07.16 04:45 Mon
twitterfacebook
thumb

ハダースフィールドがドルトムントからワーグナー監督の愛弟子である元ドイツ代表DFドゥルムを獲得!

▽ハダースフィールドは13日、ドルトムントから元ドイツ代表DFエリック・ドゥルム(26)を完全移籍で獲得したことを発表した。背番号は「37」に決定。契約期間は今シーズン終了までとなるが、クラブ側が翌シーズンの契約延長オプションを保持する。 ▽マインツ、ドルトムントのセカンドチームでのプレーを経て2013年にドルトムントでトップチームデビューを飾ったドゥルムは、左右のサイドバックやウイングバックを主戦場にトップチーム在籍5年間で公式戦97試合に出場。だが、昨シーズンは度重なる負傷の影響で公式戦の出場はなかった。 ▽また、ドイツ代表では通算7キャップも2014年ブラジル・ワールドカップ(W杯)のメンバー入りを果たしていたため、W杯優勝メンバーの1人である。 ▽なお、ハダースフィールドを率いるデイビッド・ワーグナー監督はドルトムントのセカンドチームを率いていた時代にドゥルムを指導し、当時ストライカーだった同選手をサイドバックにコンバートさせた恩師だ。 2018.07.14 06:11 Sat
twitterfacebook


ロシアW杯

超WS×MON

ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース