ベイル、マドリーで“唯一の友達”モドリッチにユナイテッド移籍希望を伝えた?2017.08.05 09:43 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽レアル・マドリーのウェールズ代表MFガレス・ベイル(28)がマンチェスター・ユナイテッドへの移籍を希望しているかもしれない。

▽レアル・マドリーの補強に関しては、スペイン『マルカ』が先日、獲得を狙うモナコのフランス代表FWキリアン・ムバッペの引き入れに成功する場合、ベイルの放出に動く可能性を報じていた。

▽スペイン『Don Balon』によれば、ベイルも移籍を考えている模様で、関心が噂されるマンチェスター・ユナイテッド行きを希望しているとのこと。同メディアによれば、世界的なSNSアプリである『Whatsapp』で、ベイルはレアル・マドリーで唯一の友人であるMFルカ・モドリッチにその旨を伝えたという。

▽ムバッペ、そしてベイルが移籍するとなれば、動く移籍金も大きなものとなる。バルセロナからパリ・サンジェルマンに移籍したFWネイマールに続くビッグディールがまだ控えているのだろうか。
コメント
関連ニュース
thumb

スールシャールが意識したポグバ蘇生法とは

マンチェスター・ユナイテッドを率いるオーレ・グンナー・スールシャール暫定監督がフランス代表MFポール・ポグバの生かし方を語った。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じた。 ポグバはスールシャール暫定体制発足後、プレミアリーグ9試合で8得点5アシストをマーク。ジョゼ・モウリーニョ前体制下で乏しかった決定的な仕事を続けており、批判的な声もほぼなくなった。 スールシャール暫定監督は24日にホームで行われるプレミアリーグ第27節のリバプール戦前日会見に出席。ポグバの神々しい活躍の背景として、自身が意識した「能力を最大限に発揮させてあげること」を挙げた。 「彼はトッププレーヤー。子供だった彼を見た当時から好きだ。彼はワールドカップ覇者でもあり、ドレッシングルームのリーダー。そして、ピッチ上でもね。彼はいつもボールを欲しがる選手さ」 「私の思考は、彼に能力を最大限に発揮させてあげることだった。彼を攻撃的MFだと考えているからね。PSGは彼にマンマークをつけた。おそらく、他のチームもそうするだろう」 「リバプールもそうするかどうかはわからない。もしそうするのなら、他の選手にスペースがあるということさ。我々はその準備をしておく必要がある」 「様々なタイプのMFがいるが、フィジカルに優れ、ゴールを決められ、秀でたテクニックを兼備した彼に近い選手はいない。それに、中盤でも組み立て役として機能できる。ベストポジションだと思わないがね」 2019.02.23 12:00 Sat
twitterfacebook
thumb

リバプール破ればOGS正式就任! ギャリー・ネヴィルが見解

マンチェスター・ユナイテッドOBで元イングランド代表DFのギャリー・ネヴィル氏がオーレ・グンナー・スールシャール暫定監督(45)の正式監督就任に言及した。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じた。 スールシャール暫定監督は昨年末に就任後、公式戦13試合を消化。チャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦1stレグのパリ・サンジェルマン(PSG)戦こそ敗れたが、11勝1分け1敗の好成績を収め、プレミアリーグ4位に浮上した。 歯に衣着せぬ物言いで何かを話題を集めるギャリー・ネヴィル氏は、24日にオールド・トラフォードで行われるプレミアリーグ第27節のリバプール戦がスールシャール暫定監督の正式就任を占うものになると話した。 「2,3カ月前は彼自身、正式就任にあわい期待を抱くにとどまっていただろうが、日曜日にリバプールを下せば、その権利を手に入れられるだろう。私はそう思うよ」 「1試合で決められるべきじゃない。ただ、チェルシーやトッテナム、アーセナルに続き、リバプールをも破れば、彼を続投させないわけにいかなくなるだろう」 「これまでの結果は信じ難いものだ。この先も次から次にやってくる相手をなぎ倒していけば、彼の就任を控えることはより困難になってくるはずさ」 2019.02.23 10:20 Sat
twitterfacebook
thumb

ユナイテッドOBヴィダ、リバプール戦を展望 「予想は2-1でユナイテッド。ただ…」

元セルビア代表DFのネマニャ・ヴィディッチ氏が古巣マンチェスター・ユナイテッドのリバプール撃破を予想した。イギリス『デイリー・メール』が報じた。 ユナイテッドは現在、プレミアリーグ4位。24日に行われる第27節で暫定2位のリバプールを本拠地オールド・トラフォードに迎え撃つ。 かつてインテンシティ溢れるセンターバックとしてユナイテッドの一時代を築いたヴィディッチ氏は、その大一番を次のように展望した。 「私の予想は2-1でユナイテッドだ。ただ、彼らがリバプールの攻撃力やエナジーに対応しなくちゃいけない。それができれば、彼らは勝つことができるだろう」 「モハメド・サラーや、サディオ・マネ、ロベルト・フィルミノの背後を突く動き出しはDF陣にとって挑戦だ。それに、中盤もアグレッシブさを保ち、リバプールにボールを握らせ過ぎないようにしなくちゃね」 「この試合はビッグマッチさ。勝ったチームはおおきくブーストをかけることができる。ただ、それができなかったとしても、我々は世界の終わりを迎えるわけじゃない」 「ここ数カ月間、オーレとチームがやり遂げたことに対する私の考えは変わらない。オーレは素晴らしい仕事をしている。就任当初から結果を出し続けるなかで、選手も信頼をより強くした。今のマン・ユナイテッドはそう簡単に倒せないように思えるよ」 2019.02.23 09:00 Sat
twitterfacebook
thumb

ユーベ、CL敗退ならジズー招へいか

ジネディーヌ・ジダン氏(46)に指揮官としてユベントス復帰の可能性が飛び出した。イタリア『トゥットスポルト』が報じた。 ジダン氏はレアル・マドリーでチャンピオンズリーグ(CL)3連覇を成し遂げ、2017-18シーズンを最後に退任。長らくマンチェスター・ユナイテッドやチェルシー行きの話が取り巻いているが、依然として憶測の域でしかなく、今後の動向に注目が集まっているところだ。 そのジダン氏に対して、1996〜2001年まで現役生活を過ごしたユベントスも目を光らせている様子。ユベントス首脳陣は悲願とするチャンピオンズリーグ制覇を成し遂げられなかった場合、マッシミリアーノ・アッレグリ監督と袂を分かつ準備を進めているようだ。 今シーズンでアッレグリ体制5年目のユベントスは20日に敵地で行われたCL決勝トーナメント1回戦1stレグでアトレティコ・マドリーに0-2の敗戦。3月12日にホームでリターンレグを残しているが、悲願の欧州制覇どころか、ベスト8進出も難しい状況に陥っている。 その古巣の状況を“ジズー”自身も静観。レアル・マドリー時代に欧州制覇のキーマンとして共闘したポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドの存在もあり、ユベントス凱旋の機会を見守っている模様だ。 2019.02.22 17:40 Fri
twitterfacebook
thumb

バルサ、スアレス後継者にユナイテッドの10番に関心か

バルセロナが、マンチェスター・ユナイテッドに所属するイングランド代表FWマーカス・ラッシュフォード(21)の獲得に興味を示しているようだ。スペイン『ムンド・デポルティボ』が伝えている。 バルセロナ不動のセンターFWとして活躍するウルグアイ代表FWルイス・スアレスは、今シーズンもここまで公式戦33試合で16ゴールを記録している。しかし、直近8試合では1度しかゴールネットを揺らせず。パフォーマンス低下や32歳という年齢による衰えが見え始めている。 そのため、スペイン王者は後継者獲得を目指しており、真剣にラッシュフォードに関心を寄せている模様。しかし、同選手には契約解除金が設定されておらず、ユナイテッド側が移籍金を設定することが出来るため難しい交渉となる可能性が高い。 また、ユナイテッドはラッシュフォードをチームの主軸と考えている。もしバルセロナが同選手の獲得交渉を成功させたい場合には、1億ユーロ(約125億円)以上がかかるだろうと『ムンド・デポルティボ』は推測している。 ユナイテッド下部組織出身のラッシュフォードは、2015-16シーズンにトップチームデビュー。今シーズンから背番号「10」を背負い、ベルギー代表FWロメロ・ルカクとのポジション争いを制し、ここまでの公式戦32試合で10得点8アシストを記録している。 2019.02.22 14:56 Fri
twitterfacebook


アジアカップ

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース