35年ぶりとなる国外クラシコを制したバルサがアメリカR優勝を飾る!!《ICC2017》2017.07.30 11:18 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽29日にインターナショナル・チャレンジカップ(ICC)2017・アメリカラウンドが行われ、レアル・マドリーvsバルセロナのエル・クラシコは3-2でバルセロナが勝利した。

▽35年ぶりとなった国外でのクラシコ。マドリーは負傷の影響でここまでのプレシーズンマッチを欠場していたセルヒオ・ラモスが復帰。[4-3-3]のフォーメーションを採用し、ゴールマウスはケイロル・ナバスが守る。バックラインには右からカルバハル、ヴァラン、セルヒオ・ラモス、マルセロが並び、中盤はカゼミロをアンカーにコバチッチとモドリッチがインサイドハーフに入る。前線は休暇中のC・ロナウドに代わってアセンシオが起用され、ベンゼマ、ベイルと3トップを形成するなど、現状のベストメンバーが揃った。

▽一方のバルセロナも[4-3-3]のフォーメーションを用い、GKにはシレッセンを起用。バックラインは右からA・ビダル、ピケ、ユムティティ、ジョルディ・アルバが並んだ。中盤はブスケッツをアンカーに、イニエスタとラキティッチが起用され、スアレス、メッシと共に、去就問題に揺れるネイマールがスタメンとなるなど、こちらもベストなメンバーで臨んだ。

▽大歓声の中で開始された一戦は、開始早々の1分、左サイドでボールを持ったネイマールが切り返しからカルバハルを抜きにかかった瞬間に左足首を負傷。その場に座り込むと、そのままピッチを後にして治療を受ける。嫌な雰囲気のバルセロナだったが、3分に中盤でややルーズになったボールを受けたブスケッツのスルーパスにメッシが反応。そのままボックス右に持ち込むと、寄せに来たモドリッチをかわして左足で放ったシュートがヴァランに当たりながらもゴールネットを揺らし、バルセロナが先制した。

▽得点直後、ネイマールもピッチに戻り、数的同数となって試合が再開した。すると7分、そのネイマールが左サイドから仕掛けて中央にパスを通す。センターに構えていたスアレスはボールを収めることはできなかったが、後ろに走り込んだラキティッチが強烈なシュートを突き刺し、2点目を奪いきる。その後もバルセロナの勢いは止まらず、11分には裏に抜け出したスアレスがボックス左にボールを運び、マイナスのクロスを入れるとこれにラキティッチが合わせる。しかしこのシュートは枠を外してしまい、追加点とはならなかった。

▽ここまで良い所がなかったマドリーだが、14分にボックス手前中央でボールを受けたコバチッチがピケをかわしながら侵攻してシュート。これがゴールマウスの左隅に収まり1点を返すことに成功する。するとこの得点から試合の流れが一転。マドリーはモドリッチの展開力、コバチッチの推進力を活かしてバルセロナのボックス内に攻め込む回数が増えていく。19分には高い位置でボールを奪うと、ベンゼマがボックス内まで運んで左足で狙う。しかしここは、枠を捉えきれず同点とはならなかった。

▽その後は、プレシーズンマッチでありながらも球際で激しさを見せていく。迎えた29分にバルセロナがチャンスを作った。カウンターからスアレスが右サイドを攻め上がると中央にグラウンダーのパスを通す。受けたネイマールはキックフェイントでマーカーをずらしてシュートを放つが、このチャンスを決めきれない。マドリーも32分、左サイドからマルセロが運び、逆サイドのカルバハルに展開。カルバハルはゴール前にグラウンダーのクロスを通すが、ベンゼマもアセンシオもボールに触れずこちらも決定機を逸した。

▽迎えた36分、マドリーはバルセロナのCKを防ぐとそのまま得意のカウンターを開始。ボールを運んだアセンシオがコバチッチとのパス交換からボックス内に侵入し、そのままシュートを決めきって試合を振り出しに戻し、前半はそのまま終了を迎えた。

▽ハーフタイムでは、マドリーがセルヒオ・ラモス、ヴァラン、モドリッチ、アセンシオを下げて、バジェホ、ナチョ、イスコ、L・バスケスを投入。バルセロナはイニエスタに代えてセルジ・ロベルトが起用された。すると50分、バルセロナはネイマールが仕掛けて相手陣内の左サイドでFKを獲得。ネイマールが入れたボールにピケが飛び込んで合わせ、バルセロナが再びリードを奪った。

▽一方のマドリーは54分、カゼミロが高い位置でボールを奪うとそのままドリブルを開始。左サイドのベイルに展開すると、ベイルがボックス左から狙ったが決めきることはできない。バルセロナも55分、クイックリスタートからメッシのスルーパスにネイマールが反応。ボックス左から中央に流れ、GKケイロル・ナバスの体勢を崩してシュートまで持ち込んだがボールは枠を捉えきれなかった。58分には右サイドのA・ビダルが入れたスルーパスにスアレスが合わせるが、GKケイロル・ナバスがセーブする。

▽リードするバルセロナは63分にA・ビダル、ユムティティ、スアレス、メッシを下げて、N・セメド、ヴェルメーレン、パコ・アルカセル、デニス・スアレスを投入する。迎えた72分、マドリー陣内でバルセロナがセットプレーを獲得するとこの流れからラキティッチとカルバハルが交錯。ラキティッチが倒れ込んだカルバハルの手を踏んでしまい、カルバハルはそのまま交代となった。

▽両チームともに多くの選手を入れ替えたことで試合の流れは大きく変わる。その中でマドリーは81分、イスコが左サイドからカットインしてシュートを狙うが枠を外す。直後のプレーでもイスコがミドルレンジから狙うなどの積極性を見せた。84分には右サイドのL・バスケスからダニ・セバージョスがミドルシュートを放つが、ボールは右ポストを掠めていく。

▽試合は結局そのまま終了を迎え、今シーズン最初のクラシコを制したバルセロナが、ICC3連勝でアメリカラウンドを制した。なお、両チームは8月13日、16日にスーペル・コパで今シーズン最初の公式戦でのクラシコを迎える。

レアル・マドリー 2-3 バルセロナ
【レアル・マドリー】
コバチッチ(前14)
アセンシオ(前36)
【バルセロナ】
メッシ(前3)
ラキティッチ(前7)
ピケ(後5)

コメント

関連ニュース

thumb

カリウス・ウォーク・アローン…失意の守護神に同僚は救いの手差し伸べず

▽リバプールは26日、チャンピオンズリーグ(CL)決勝でレアル・マドリーとキエフのオリンピスキ・スタジアムで対戦し、1-3で敗れた。 ▽13年ぶり6度目の優勝を目指したリバプールだったが、前半半ばのエースFWモハメド・サラーの負傷交代というアクシデントに見舞われると、後半立ち上がりにはGKロリス・カリウスのスローイングミスからFWカリム・ベンゼマに先制点を許す。その後、FWサディオ・マネのゴールですぐさま追いつくも途中出場のMFガレス・ベイルに圧巻のオーバーヘッドシュートを決められて勝ち越しを許す。さらに、試合終盤にはベイルの無回転のミドルシュートをGKカリウスが弾き損ねて再びネットを揺らされ、最終的に1-3の敗戦を喫した。 ▽2連覇中の王者相手に屈して13年ぶり6度目の優勝を逃したリバプールだったが、それ以上にサポーターを失望させたのが、カリウスに対するチームメートたちの対応だったようだ。イギリス『サン』が伝えている。 ▽同試合後、2失点に絡む痛恨のミスを犯したカリウスは自身の責任を痛感しピッチに倒れ込んで全く動けず。しかし、数分経っても失意のどん底に陥った守護神に対して、声を懸けに行くチームメートは1人もおらず。そして、カリウスの様子を心配して最初に声をかけたのは殊勲のゴールを決めたベイルやレアル・マドリーの選手たちだった。 ▽その後、チームスタッフや第3GKアダム・ボグダンに寄り添われてようやく立ち上がったカリウスはサポーターに謝罪の挨拶をして回ると、怒りや悔しさをかみ殺したサポーターから慰めと労いの拍手が同選手に送られた。 ▽そして、リバプールのサポーターはSNS上を中心にカリウスへ救いの手を差し伸べなかった選手たちの振る舞いを痛烈に非難した。『サン』が伝えた一部サポーターの意見は以下の通り。 ・「レアル・マドリーの選手たちはカリウスの下に寄ってきたが、リバプールの選手は誰も彼の近くに行かなかった」 ・「ほとんどのリバプールの選手はカリウスを慰めに行かなかった。それは“You'll never walk alone(君は一人じゃない)”の精神に反するものだ」 ・「カリウスはレアル・マドリーの選手たちによって抱き起される必要があった。僕の目にリバプールの選手の姿は映らなかった。それは本当に悲しいことだ」 ・「もちろん、カリウスのプレーは酷かった。だけど、このチームが試合後に見せた姿を見ると、トロフィーに相応しくなかったと感じている」 ・「カリウスが気の毒でならない。彼は涙と共にピッチを去った。そして、レアル・マドリーの選手たちはサポートに来たが、彼の仲間は誰一人近づいてこなかった。それこそ彼の人生において最悪の瞬間だったと思う」 ▽もちろん、茫然自失でピッチに座り込む同胞MFマテオ・コバチッチに慰められたDFデヤン・ロブレンら一部選手にカリウスを慰める余裕はなかったかもしれないが、キャプテンのMFジョーダン・ヘンダーソンやMFジェームズ・ミルナーらベテランプレーヤーを中心にすぐさまカリウスへの連帯を示す必要があったはずだ。 ▽チームとしての一体感に加え、敗者への心遣いを見せた王者レアル・マドリーとは対照的に、カリウス1人に敗戦の責任を押し付けたようにも見えるリバプールの選手たちの姿は、悲願のCL制覇を達成できなかったこと以上にサポーターを失望させたようだ。 2018.05.27 16:50 Sun
twitterfacebook
thumb

ベイルが古巣スパーズのポット2入りをアシスト! 暫定のCLグループステージポット分けが決定《CL》

▽チャンピオンズリーグ(CL)決勝のレアル・マドリーvsリバプールが26日に行われ、3-1で勝利したレアル・マドリーの前人未到の3連覇で2017-18シーズンのCL全日程が終了した。この結果、暫定ながら2018-19シーズンのCLグループステージポット分けが決定した。『ESPN』が伝えている。 ▽CL決勝開催以前ではヨーロッパリーグ(EL)王者のアトレティコ・マドリーに加え、UEFAカントリーランキング上位6チームの国内王者のバルセロナやマンチェスター・シティ、バイエルンのポット1が確定していた。そこにCL決勝で勝利したレアル・マドリーがCL王者枠として新たにポット1入りを果たした。 ▽さらに、レアル・マドリーが勝利したことでポット2の枠が1つ空くことになり、そこにポット3最上位のトッテナムが滑り込むことになった。CL決勝では元トッテナムのMFガレス・ベイルが決勝点を含む2ゴールの活躍を見せており、結果的に古巣のポット2入りをアシストする形となった。 ▽また、CL決勝に敗れたことでポット3入りとなったリバプールだが、暫定でポット2に入っているベンフィカ、バーゼルが予備予選を突破できなかった場合は、ポット3最上位のローマと共にポット2に入る可能性もある。 ▽なお、先日に発表された新シーズンに向けた新フォーマットでは、これまでCLグループステージでは出場32チーム中、ストレートイン可能なチーム数が前年度のヨーロッパリーグ(EL)優勝チームを含め22チームだったのが、新シーズンから26チームに変更となる点だ。 ▽これに伴い、UEFAカントリーランキング上位4カ国のスペイン、イングランド、イタリア、ドイツからはリーグ上位4チームがプレーオフを行わず、ストレートインできる。また、その他のUEFAカントリーランキング上位(5位~10位)の国ではフランスとロシアがリーグ上位の2チーム、ポルトガル、ウクライナ、ベルギー、トルコがリーグ優勝チームがグループステージストレートインが可能となる。 ▽前年CL優勝チームが国内リーグですでに出場権を得た場合、UEFAカントリーランキング11位チェコの国内リーグ優勝チームがストレートインとなり、同様に前年のEL優勝チームが国内リーグで出場権を得た場合は、UEFAカントリーランキング5位フランスの国内リーグ3位のチームがストレートインできる。なお、1カ国あたりの出場制限はこれまでと同様に最大5チームとなる。 ▽今シーズン終了時点で決定している2018-19シーズンのCLグループステージポット分けは以下の通り。 ◆2018-19シーズンCLグループステージポット分け ▽ポット1 レアル・マドリー(CL王者) アトレティコ・マドリー(EL王者) バルセロナ(スペイン) バイエルン(ドイツ) マンチェスター・シティ(イングランド) ユベントス(イタリア) パリ・サンジェルマン(フランス) ロコモティフ・モスクワ(ロシア) ▽ポット2 ドルトムント(ドイツ) マンチェスター・ユナイテッド(イングランド) シャフタール(ウクライナ) ポルト(ポルトガル) ベンフィカ(ポルトガル)※ ナポリ(イタリア) バーゼル(スイス)※ トッテナム(イングランド) ▽ポット3 ローマ(イタリア)★ シャルケ(ドイツ) リバプール(イングランド)★ リヨン(フランス) モナコ(フランス) CSKAモスクワ(ロシア) ザルツブルク(オーストリア)※ アヤックス(オランダ)※ ▽ポット4 インテル(イタリア) バレンシア(スペイン) ホッフェンハイム(ドイツ) セルティック(スコットランド)※ PSV(オランダ)※ ガラタサライ(トルコ)★ ビクトリア・プルゼニ(チェコ)★ クラブ・ブルージュ(ベルギー)★ ※は予備予選参加 ★は予備予選参加チームの結果次第で上位ポット入りの可能性 2018.05.27 14:45 Sun
twitterfacebook
thumb

カルバハル、W杯欠場か…2016年にも直前負傷でユーロ欠場

▽レアル・マドリーのスペイン代表DFダニエル・カルバハルのワールドカップ(W杯)出場に、暗雲が立ち込めている。スペイン『マルカ』が報じた。 ▽カルバハルは、26日のチャンピオンズリーグ(CL)決勝に出場して前半中に負傷。36分にスペイン代表DFナチョとの交代を余儀なくされると、涙ながらにピッチを後にした。 ▽クラブや代表チームからの公式発表はないものの、『マルカ』はカルバハルがあまりにもショックを受けていたためマドリーの医師も直視することができない状態であったことを伝え、その様子からW杯出場が危ぶまれる重症なのではないか、と推測している。 ▽カルバハルは、2016年5月にもCL決勝アトレティコ・マドリー戦で負傷。同年に行われたユーロ2016に臨むスペイン代表メンバーから離脱となっていた。 2018.05.27 13:30 Sun
twitterfacebook
thumb

ジダン、C・ロナウドに残留要請! 「残るべき」

▽レアル・マドリーのジネディーヌ・ジダン監督が、退団を示唆する発言をしたポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドの残留を求めた。スペイン『マルカ』が伝えている。 ▽ジダン監督は、2016年冬にマドリーの監督に就任すると、途中就任となった初シーズンからチャンピオンズリーグ(CL)を制覇。続く昨シーズンに史上初の連覇を達成すると、26日に行われた今シーズンのCL決勝でリバプールを3-1のスコアで撃破し、前人未到の3連覇を成し遂げた。 ▽しかし、リバプール戦後にエースのC・ロナウドが「マドリーに居られて良かった」、「近日中にファンに返事をする」と語り移籍を仄めかした。この発言を受けて、ジダン監督は以下のように残留を要請している。 「違う、あの発言は私の考えていることと違うんだ」 「私たちはこの瞬間について考えるし、今夜の試合について考えるんだ。今夜獲得したものについてもね」 「クリスティアーノ・ロナウドはレアル・マドリーに残るべきだ」 「クリスティアーノ・ロナウドはレアル・マドリーに残るだろう、しかし見守るべきでもある」 「私は彼がレアルのプレーヤーだと考えているし、キャリアで下した決断について説明することはできない」 2018.05.27 12:30 Sun
twitterfacebook
thumb

セルヒオ・ラモス、C・ロナウド慰留へ! 「ここ以上の場所はない」

▽レアル・マドリーのスペイン代表DFセルヒオ・ラモスが、ポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウド(33)の退団示唆発言に触れた。スペイン『マルカ』が伝えている。 ▽セルヒオ・ラモスが主将を務めるマドリーは、26日にチャンピオンズリーグ(CL)決勝でリバプールを撃破し、3連覇を達成。しかし、試合後にエースのC・ロナウドが「マドリーに居られて良かった」、「近日中にファンに返事をする」と移籍を仄めかす言葉を口にし、各紙を賑わせた。 ▽クラブを後方で支えるカピタン、セルヒオ・ラモスは以下のようにC・ロナウドが残るべきとの見解を示している。 「僕は彼(C・ロナウド)が今シーズンの総括を語っていると解釈したよ」 「もし何かがあるのであれば、彼は今日にもそれをはっきりさせないといけない」 「ここ以上に良い場所なんてないよ」 2018.05.27 10:15 Sun
twitterfacebook


ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース