35年ぶりとなる国外クラシコを制したバルサがアメリカR優勝を飾る!!《ICC2017》2017.07.30 11:18 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽29日にインターナショナル・チャレンジカップ(ICC)2017・アメリカラウンドが行われ、レアル・マドリーvsバルセロナのエル・クラシコは3-2でバルセロナが勝利した。

▽35年ぶりとなった国外でのクラシコ。マドリーは負傷の影響でここまでのプレシーズンマッチを欠場していたセルヒオ・ラモスが復帰。[4-3-3]のフォーメーションを採用し、ゴールマウスはケイロル・ナバスが守る。バックラインには右からカルバハル、ヴァラン、セルヒオ・ラモス、マルセロが並び、中盤はカゼミロをアンカーにコバチッチとモドリッチがインサイドハーフに入る。前線は休暇中のC・ロナウドに代わってアセンシオが起用され、ベンゼマ、ベイルと3トップを形成するなど、現状のベストメンバーが揃った。

▽一方のバルセロナも[4-3-3]のフォーメーションを用い、GKにはシレッセンを起用。バックラインは右からA・ビダル、ピケ、ユムティティ、ジョルディ・アルバが並んだ。中盤はブスケッツをアンカーに、イニエスタとラキティッチが起用され、スアレス、メッシと共に、去就問題に揺れるネイマールがスタメンとなるなど、こちらもベストなメンバーで臨んだ。

▽大歓声の中で開始された一戦は、開始早々の1分、左サイドでボールを持ったネイマールが切り返しからカルバハルを抜きにかかった瞬間に左足首を負傷。その場に座り込むと、そのままピッチを後にして治療を受ける。嫌な雰囲気のバルセロナだったが、3分に中盤でややルーズになったボールを受けたブスケッツのスルーパスにメッシが反応。そのままボックス右に持ち込むと、寄せに来たモドリッチをかわして左足で放ったシュートがヴァランに当たりながらもゴールネットを揺らし、バルセロナが先制した。

▽得点直後、ネイマールもピッチに戻り、数的同数となって試合が再開した。すると7分、そのネイマールが左サイドから仕掛けて中央にパスを通す。センターに構えていたスアレスはボールを収めることはできなかったが、後ろに走り込んだラキティッチが強烈なシュートを突き刺し、2点目を奪いきる。その後もバルセロナの勢いは止まらず、11分には裏に抜け出したスアレスがボックス左にボールを運び、マイナスのクロスを入れるとこれにラキティッチが合わせる。しかしこのシュートは枠を外してしまい、追加点とはならなかった。

▽ここまで良い所がなかったマドリーだが、14分にボックス手前中央でボールを受けたコバチッチがピケをかわしながら侵攻してシュート。これがゴールマウスの左隅に収まり1点を返すことに成功する。するとこの得点から試合の流れが一転。マドリーはモドリッチの展開力、コバチッチの推進力を活かしてバルセロナのボックス内に攻め込む回数が増えていく。19分には高い位置でボールを奪うと、ベンゼマがボックス内まで運んで左足で狙う。しかしここは、枠を捉えきれず同点とはならなかった。

▽その後は、プレシーズンマッチでありながらも球際で激しさを見せていく。迎えた29分にバルセロナがチャンスを作った。カウンターからスアレスが右サイドを攻め上がると中央にグラウンダーのパスを通す。受けたネイマールはキックフェイントでマーカーをずらしてシュートを放つが、このチャンスを決めきれない。マドリーも32分、左サイドからマルセロが運び、逆サイドのカルバハルに展開。カルバハルはゴール前にグラウンダーのクロスを通すが、ベンゼマもアセンシオもボールに触れずこちらも決定機を逸した。

▽迎えた36分、マドリーはバルセロナのCKを防ぐとそのまま得意のカウンターを開始。ボールを運んだアセンシオがコバチッチとのパス交換からボックス内に侵入し、そのままシュートを決めきって試合を振り出しに戻し、前半はそのまま終了を迎えた。

▽ハーフタイムでは、マドリーがセルヒオ・ラモス、ヴァラン、モドリッチ、アセンシオを下げて、バジェホ、ナチョ、イスコ、L・バスケスを投入。バルセロナはイニエスタに代えてセルジ・ロベルトが起用された。すると50分、バルセロナはネイマールが仕掛けて相手陣内の左サイドでFKを獲得。ネイマールが入れたボールにピケが飛び込んで合わせ、バルセロナが再びリードを奪った。

▽一方のマドリーは54分、カゼミロが高い位置でボールを奪うとそのままドリブルを開始。左サイドのベイルに展開すると、ベイルがボックス左から狙ったが決めきることはできない。バルセロナも55分、クイックリスタートからメッシのスルーパスにネイマールが反応。ボックス左から中央に流れ、GKケイロル・ナバスの体勢を崩してシュートまで持ち込んだがボールは枠を捉えきれなかった。58分には右サイドのA・ビダルが入れたスルーパスにスアレスが合わせるが、GKケイロル・ナバスがセーブする。

▽リードするバルセロナは63分にA・ビダル、ユムティティ、スアレス、メッシを下げて、N・セメド、ヴェルメーレン、パコ・アルカセル、デニス・スアレスを投入する。迎えた72分、マドリー陣内でバルセロナがセットプレーを獲得するとこの流れからラキティッチとカルバハルが交錯。ラキティッチが倒れ込んだカルバハルの手を踏んでしまい、カルバハルはそのまま交代となった。

▽両チームともに多くの選手を入れ替えたことで試合の流れは大きく変わる。その中でマドリーは81分、イスコが左サイドからカットインしてシュートを狙うが枠を外す。直後のプレーでもイスコがミドルレンジから狙うなどの積極性を見せた。84分には右サイドのL・バスケスからダニ・セバージョスがミドルシュートを放つが、ボールは右ポストを掠めていく。

▽試合は結局そのまま終了を迎え、今シーズン最初のクラシコを制したバルセロナが、ICC3連勝でアメリカラウンドを制した。なお、両チームは8月13日、16日にスーペル・コパで今シーズン最初の公式戦でのクラシコを迎える。

レアル・マドリー 2-3 バルセロナ
【レアル・マドリー】
コバチッチ(前14)
アセンシオ(前36)
【バルセロナ】
メッシ(前3)
ラキティッチ(前7)
ピケ(後5)
コメント
関連ニュース
thumb

マルセロ、ユベントス移籍の可能性が再浮上 盟友C・ロナウドが勧誘継続中か

レアル・マドリーに所属するブラジル代表DFマルセロ(30)のユベントス移籍の噂が再浮上している。スペイン『アス』が伝えた。 昨夏にレアル・マドリーからユベントスへ移籍したポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドに続き、ユベントス移籍が浮上したマルセロ。その際は、「馬鹿げた話だ。僕は引退するまでここにいる」と移籍の噂を一蹴すると共に、マドリーへの忠誠心を示していた。 今回伝えられるところによると、C・ロナウドは現在もマルセロと度々連絡を取っており、ユベントス加入を勧めているという。同メディアは、マルセロがマドリーにとって重要な選手であることから移籍は容易ではないとし、「マルセロがクラブに退団の希望を伝える必要がある」と指摘。しかし、同選手が13日に行われたリーガエスパニョーラ第19節のベティス戦、19日に行われた同リーグ第20節セビージャ戦で出場機会がなかったことで状況が変わる可能性があると伝えている。 ユベントスは昨年12月にマルセロと同じ左サイドバックを務めるブラジル代表DFアレックス・サンドロと2023年まで契約延長。イタリア代表DFマッティア・デ・シリオも務めることができることから人手不足ではないと思われるが、今後動きはあるのだろうか。 2019.01.21 10:30 Mon
twitterfacebook
thumb

マドリー、ブラジル代表DFミリトンの来夏加入でポルトと合意か

レアル・マドリーが、ポルトに所属するブラジル代表DFエデル・ミリトン(20)の獲得で合意に至ったようだ。スペイン『アス』が伝えている。 ミリトン獲得を最優先事項としてきたマドリーは、来シーズンでの加入でポルトと合意した模様。ミリトンとも口頭合意したという。契約解除金5000万ユーロ(約62億円)を支払い、2025年までの長期契約を締結するようだ。また、そのうちの10%は、古巣サンパウロに入ることが伝えられている。 ミリトンは現在、プレミアリーグを筆頭に他クラブからも関心が寄せられており、6月には契約解除金が7500万ユーロ(約93億円)に跳ね上がる可能性があったことから、マドリーは早急に交渉を進めた形だ。 サンパウロ下部組織出身のミリトンは昨夏にポルト入り。今シーズンはセンターバックのレギュラーとしてここまで公式戦25試合に出場し2ゴール2アシストを記録している。また、昨年9月に行われたエル・サルバドル代表とのフレンドリーマッチではセレソンデビューも飾った。 2019.01.21 09:30 Mon
twitterfacebook
thumb

マルセロ、ソラーリのレアルでアンタッチャブルではなくなる…2試合連続ベンチ要員に

これまで、レアル・マドリーの不動の左サイドバックとして君臨してきたDFマルセロだが、サンティアゴ・ソラーリ監督率いるチームでアンタッチャブルではなくなった。<br><br>今季、守備面で今以上に穴となることが多くなるなど、コンディションや注意力不足を指摘され続けてきたマルセロ。ソラーリ監督は本拠地サンティアゴ・ベルナベウの観客から批判も受けていた同選手を第19節ベティス戦(2&minus;1)、第20節セビージャ戦(2&minus;0)と、リーガで2試合連続でベンチスタートとして、代わりに若手DFレギロンを起用している。<br><br>これまでのマルセロの重要性に鑑みれば、まさに&ldquo;事件&rdquo;とも称せる出来事。ただしソラーリ監督は、セビージャ戦直前に「マルセロはおそらく、この10年間で最も栄光に包まれたサイドバックだ」とマルセロを称賛する言葉を発し、また「私たちは全員が100%の状態になるよう働いている」と同選手が本来の調子にないために起用を控えていることも示唆した。<br><br>レギロンは出場する試合で好パフォーマンスを見せ、マルセロの不在を感じさせていない。果たしてブラジル代表DFは、ここから定位置を取り戻すことができるのだろうか。<br><br>提供:goal.com 2019.01.20 23:51 Sun
twitterfacebook
thumb

レアル・マドリー、ベルナルド・シウバに注目 夏のトップターゲットに設定か

レアル・マドリーがマンチェスター・シティに所属するポルトガル代表MFベルナルド・シウバ(24)に関心を示しているようだ。イギリス『ミラー』が報じた。 ベルナルド・シウバは2017年夏に移籍金4300万ポンド(現在のレートで約60億7000万円)でモナコから加入。シティ在籍2年目の今シーズンは3日に行われたプレミアリーグ第21節のリバプール戦で圧倒的な運動量と創造性で首位追撃の勝利に大きく貢献するなど、より存在感を高めている。 そうした活躍を受け、シティを率いるジョゼップ・グアルディオラ監督もスペイン代表MFダビド・シルバの後継者にベルナルド・シウバの指名を検討している様子。だが、その影で、レアル・マドリーが再建を予定するシーズン終了後のトップターゲットとして目を光らせているという。 そのベルナルド・シウバの現行契約は残り3年半。今シーズンを通じたグアルディオラ監督のベルナルド・シウバに対する信頼度を鑑みれば、レアル・マドリー行きは考えにくいが、果たして…。 2019.01.20 15:15 Sun
twitterfacebook
thumb

リーガ通算450試合出場の主将S・ラモス「僕らは望めばベスト・バージョンになれる」

レアル・マドリーに所属するスペイン代表DFセルヒオ・ラモスが、上位対決での勝利を喜んでいる。スペイン『マルカ』が伝えた。 マドリーは19日、リーガエスパニョーラ第20節でセビージャを本拠地サンティアゴ・ベルナベウに迎え、2-0で勝利。上位直接対決を制したことで、3位に浮上した。 また、カピタンを務めるセルヒオ・ラモスは、この試合でリーガ通算450試合の出場を達成。リーガでプレーしている現役の選手としては、ベティスMFホアキン(503試合)に次ぐ2番目の数字だ。成績は57ゴール20アシストと、ディフェンダーらしからぬ結果を残している。 節目の試合を完封勝利で飾ったセルヒオ・ラモスは、試合後のインタビューに応じ、以下のように喜びを表している。 「僕らにはこんな試合が必要だった。試合のあらゆる面で優勢だったね」 「得られたチャンスを決めたし、とても幸せだよ。もっと大きな結果だって得られたかもしれない」 「僕らはファンから信用されるような勝利を熱望していた」 「開始1分からプレスをかけて、結果を手にした。このチームにとってこれは本当に重要なんだ。全てが結果次第だから、フットボールは時々アンフェアだよ」 「僕らは望めばベスト・バージョンになれる」 「僕らは全員が運命共同体じゃないといけない。今日の彼ら(選手たち)は楽しんでいたし、内容を見せたね」 2019.01.20 14:35 Sun
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース