35年ぶりとなる国外クラシコを制したバルサがアメリカR優勝を飾る!!《ICC2017》2017.07.30 11:18 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽29日にインターナショナル・チャレンジカップ(ICC)2017・アメリカラウンドが行われ、レアル・マドリーvsバルセロナのエル・クラシコは3-2でバルセロナが勝利した。

▽35年ぶりとなった国外でのクラシコ。マドリーは負傷の影響でここまでのプレシーズンマッチを欠場していたセルヒオ・ラモスが復帰。[4-3-3]のフォーメーションを採用し、ゴールマウスはケイロル・ナバスが守る。バックラインには右からカルバハル、ヴァラン、セルヒオ・ラモス、マルセロが並び、中盤はカゼミロをアンカーにコバチッチとモドリッチがインサイドハーフに入る。前線は休暇中のC・ロナウドに代わってアセンシオが起用され、ベンゼマ、ベイルと3トップを形成するなど、現状のベストメンバーが揃った。

▽一方のバルセロナも[4-3-3]のフォーメーションを用い、GKにはシレッセンを起用。バックラインは右からA・ビダル、ピケ、ユムティティ、ジョルディ・アルバが並んだ。中盤はブスケッツをアンカーに、イニエスタとラキティッチが起用され、スアレス、メッシと共に、去就問題に揺れるネイマールがスタメンとなるなど、こちらもベストなメンバーで臨んだ。

▽大歓声の中で開始された一戦は、開始早々の1分、左サイドでボールを持ったネイマールが切り返しからカルバハルを抜きにかかった瞬間に左足首を負傷。その場に座り込むと、そのままピッチを後にして治療を受ける。嫌な雰囲気のバルセロナだったが、3分に中盤でややルーズになったボールを受けたブスケッツのスルーパスにメッシが反応。そのままボックス右に持ち込むと、寄せに来たモドリッチをかわして左足で放ったシュートがヴァランに当たりながらもゴールネットを揺らし、バルセロナが先制した。

▽得点直後、ネイマールもピッチに戻り、数的同数となって試合が再開した。すると7分、そのネイマールが左サイドから仕掛けて中央にパスを通す。センターに構えていたスアレスはボールを収めることはできなかったが、後ろに走り込んだラキティッチが強烈なシュートを突き刺し、2点目を奪いきる。その後もバルセロナの勢いは止まらず、11分には裏に抜け出したスアレスがボックス左にボールを運び、マイナスのクロスを入れるとこれにラキティッチが合わせる。しかしこのシュートは枠を外してしまい、追加点とはならなかった。

▽ここまで良い所がなかったマドリーだが、14分にボックス手前中央でボールを受けたコバチッチがピケをかわしながら侵攻してシュート。これがゴールマウスの左隅に収まり1点を返すことに成功する。するとこの得点から試合の流れが一転。マドリーはモドリッチの展開力、コバチッチの推進力を活かしてバルセロナのボックス内に攻め込む回数が増えていく。19分には高い位置でボールを奪うと、ベンゼマがボックス内まで運んで左足で狙う。しかしここは、枠を捉えきれず同点とはならなかった。

▽その後は、プレシーズンマッチでありながらも球際で激しさを見せていく。迎えた29分にバルセロナがチャンスを作った。カウンターからスアレスが右サイドを攻め上がると中央にグラウンダーのパスを通す。受けたネイマールはキックフェイントでマーカーをずらしてシュートを放つが、このチャンスを決めきれない。マドリーも32分、左サイドからマルセロが運び、逆サイドのカルバハルに展開。カルバハルはゴール前にグラウンダーのクロスを通すが、ベンゼマもアセンシオもボールに触れずこちらも決定機を逸した。

▽迎えた36分、マドリーはバルセロナのCKを防ぐとそのまま得意のカウンターを開始。ボールを運んだアセンシオがコバチッチとのパス交換からボックス内に侵入し、そのままシュートを決めきって試合を振り出しに戻し、前半はそのまま終了を迎えた。

▽ハーフタイムでは、マドリーがセルヒオ・ラモス、ヴァラン、モドリッチ、アセンシオを下げて、バジェホ、ナチョ、イスコ、L・バスケスを投入。バルセロナはイニエスタに代えてセルジ・ロベルトが起用された。すると50分、バルセロナはネイマールが仕掛けて相手陣内の左サイドでFKを獲得。ネイマールが入れたボールにピケが飛び込んで合わせ、バルセロナが再びリードを奪った。

▽一方のマドリーは54分、カゼミロが高い位置でボールを奪うとそのままドリブルを開始。左サイドのベイルに展開すると、ベイルがボックス左から狙ったが決めきることはできない。バルセロナも55分、クイックリスタートからメッシのスルーパスにネイマールが反応。ボックス左から中央に流れ、GKケイロル・ナバスの体勢を崩してシュートまで持ち込んだがボールは枠を捉えきれなかった。58分には右サイドのA・ビダルが入れたスルーパスにスアレスが合わせるが、GKケイロル・ナバスがセーブする。

▽リードするバルセロナは63分にA・ビダル、ユムティティ、スアレス、メッシを下げて、N・セメド、ヴェルメーレン、パコ・アルカセル、デニス・スアレスを投入する。迎えた72分、マドリー陣内でバルセロナがセットプレーを獲得するとこの流れからラキティッチとカルバハルが交錯。ラキティッチが倒れ込んだカルバハルの手を踏んでしまい、カルバハルはそのまま交代となった。

▽両チームともに多くの選手を入れ替えたことで試合の流れは大きく変わる。その中でマドリーは81分、イスコが左サイドからカットインしてシュートを狙うが枠を外す。直後のプレーでもイスコがミドルレンジから狙うなどの積極性を見せた。84分には右サイドのL・バスケスからダニ・セバージョスがミドルシュートを放つが、ボールは右ポストを掠めていく。

▽試合は結局そのまま終了を迎え、今シーズン最初のクラシコを制したバルセロナが、ICC3連勝でアメリカラウンドを制した。なお、両チームは8月13日、16日にスーペル・コパで今シーズン最初の公式戦でのクラシコを迎える。

レアル・マドリー 2-3 バルセロナ
【レアル・マドリー】
コバチッチ(前14)
アセンシオ(前36)
【バルセロナ】
メッシ(前3)
ラキティッチ(前7)
ピケ(後5)

コメント

関連ニュース

thumb

PK譲ったC・ロナウドを守護神も称賛「どんな人間なのかを表している」

レアル・マドリーGKケイロル・ナバスが、ハットトリック目前の状況でPKキッカーをカリム・ベンゼマに譲ったクリスティアーノ・ロナウドの行動を称賛した。<br><br>レアルは24日、リーガ・エスパニョーラ第25節でアラベスと対戦した。3-0で迎えた89分にはPKを獲得。普段キッカーを務めるC・ロナウドが決めれば、ハットトリック達成となる場面だった。<br><br>しかし、エースは今季リーグ戦わずか3ゴールと不調に苦しむベンゼマにキッカーを譲る。そしてベンゼマはこれを確実に沈め、チームは4-0と快勝している。<br><br>試合後、レアルの守護神はエースの行動こそが今のチームに必要なことであると語った。<br><br>「クリスティアーノの行動こそが、僕たちがどんなチームなのか、そして彼自身がどんな人間なのかを表しているよ。僕たちは同じ方向を向いている。そして今まで以上に団結力を発揮しなければならないんだ」<br><br>「カリムのゴールにはとても興奮したよ。チームメイトとして一つにならなければならないからね。僕たちは、いつもお互いのために戦わなければならない。最近カリムのことが色々言われているから、他の選手達がサポートする必要がある」<br><br><br>提供:goal.com 2018.02.25 20:32 Sun
twitterfacebook
thumb

C・ロナウドがメッシ凌駕のスピードでリーガ300発の大台

▽レアル・マドリーに所属するポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドがメモリアルゴールを決めた。クラブ公式サイトが伝えている。 ▽レアル・マドリーは24日に行われたリーガエスパニョーラ第25節のアラベスをホームに迎え、4-0で快勝した。C・ロナウドは2ゴールを記録した。 ▽これにより、C・ロナウドはレアル・マドリー加入から9シーズン目にしてリーガエスパニョーラ通算300ゴールに到達。285試合での達成となる。 ▽スペイン『マルカ』によれば、到達スピードにおいて、326試合で達成したバルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシを上回るという。 ▽なお、C・ロナウドは今シーズンのここまでリーガエスパニョーラ20試合に出場して14ゴール。公式戦通算で425試合435ゴールをマークしている。 ◆C・ロナウドの過去9年間におけるリーガ成績 2009-10:29試合/26得点 2010-11:34試合/41得点 2011-12:38試合/46得点 2012-13:34試合/34得点 2013-14:30試合/31得点 2014-15:35試合/48得点 2015-16:36試合/35得点 2016-17:29試合/25得点 2017-18:20試合/14得点※25試合終了時点 2018.02.25 10:35 Sun
twitterfacebook
thumb

PKをベンゼマに譲ったC・ロナウド…ジダンは「素晴らしい心遣い。このグループは最高だ」

24日のリーガエスパニョーラ第25節、レアル・マドリーは本拠地サンチャゴ・ベルナベウでのアラベス戦で4&minus;0の快勝を収めた。これで公式戦5連勝と調子を上げる同チームだが、試合後会見に出席したジネディーヌ・ジダン監督は、10試合ぶりに失点を防いだことに満足感を表している。<br><br>「自信というものは、こうした試合で取り戻すことができる。PSGとの一戦以降、私たちは良いプレーを見せ続けているが、今日のような(失点ゼロの)試合が欠けていたんだ。この調子で進んで行かなければならない。前へと進むためには、懸命に戦っていく必要があると考えながらね」<br><br>「ただ今日の前半は難しいものだった。私たちはまだ守備の改善を必要としている。ライバルは私たちのミスを突こうとしているからね。このまま、失点ゼロを維持していきたい」<br><br>ジダン監督は一方で、普段PKキッカーを務めるFWクリスティアーノ・ロナウドが、FWカリム・ベンゼマにその役割を譲ったことにも言及している。<br><br>「クリスティアーノの心遣いには満足している。このスポーツがチームプレーのものであることを示すものだし、じつに素晴らしい振る舞いだった。そしてカリムは、ゴールを決めるに値した。今日はライン間で凄まじいプレーを見せていたね。彼はいつも重圧にさらされているが、しかしとてもよくやっている。彼のプレー、そのゴールはじつに喜ばしい」<br><br>「何よりも重要なのは、ロッカールームの雰囲気なんだよ。このグループはトップであり、これ以上のグループなどは存在し得ない。私たちはとても難しい時期も過ごしたが、このグループはいまだ力強い。クリスティアーノのベンゼマに対する振る舞いは、私たちを取り巻く雰囲気が素晴らしいことを物語っている。チームの全員がそうなんだよ」<br><br>フランス人指揮官は、ゴール欠乏症に陥っていた同胞FWに対する信頼を強調した。<br><br>「ベンゼマはいつだって考慮に入れておかなくてはならない。ビッグゲームでは、いつも偉大な選手であることを示してくれるのだから。&hellip;&hellip;ただ現在は、多くの選手が素晴らしいレベルにあるし、私はスタメンをつくる上で問題を抱えているよ」<br><br>提供:goal.com 2018.02.25 10:05 Sun
twitterfacebook
thumb

“BBC”揃い踏みのマドリーが4発快勝! 直近リーガ4戦17発で攻撃大爆発! 《リーガエスパニョーラ》

▽レアル・マドリーは24日、リーガエスパニョーラ第25節でアラベスをサンティアゴ・ベルナベウに迎え、4-0で快勝した。 ▽直近のリーガ3戦13発で3連勝中の3位マドリー(勝ち点48)が、同じく3連勝中で調子を上げている15位アラベス(勝ち点28)をホームに迎えた一戦。 ▽マドリーは、直近の試合であるミッドウィークの第16節未消化分レガネス戦(3-1でマドリー勝利)からスタメンを4名変更。カシージャ、セルヒオ・ラモス、アセンシオ、イスコに代えて、ケイロル・ナバス、ナチョ、ベイル、C・ロナウドを起用した。 ▽ホームの声援を受けるマドリーは、序盤から攻勢をかけていく。試合開始早々の2分、右サイド深い位置に進行したカルバハルが中央に折り返すと、ボールはボックス手前のカゼミロの下に。右足を振り抜いて放ったシュートはバーを大きく越えたが、幸先良くアラベスゴールに迫っていく。 ▽さらに9分、ベンゼマ、カゼミロ、C・ロナウドがボックス手前で細かく連係して右サイドのカルバハルにボールが繋がる。カルバハルがグラウンダーのクロスを入れると、C・ロナウドがボックス中央でトラップ。しかし、右足で狙ったシュートはアラベスDFにブロックされた。 ▽18分、アラベスの左CKのシーンでマドリーの高速カウンターが発動。ボックス内で4対3の数的優位を作ることに成功すると、最後はボックス内右のベンゼマがシュートを放ったが、枠を右に外れた。 ▽25分にはカゼミロの中盤でのボール奪取から、左サイドのベンゼマに繋がる。ベンゼマがクロスを供給すると、ボックス内中央のベイルが左足でオーバヘッドシュートを放つ。うまくミートさせたシュートだったが、またも枠を捉えることはできない。マドリーが多くのチャンスを作りつつも、最後の場面で決め切れない展開が続く。 ▽ソブリーノとグイデッティを前線に残した[4-4-2]の布陣を敷いてカウンターを狙うアラベスも、徐々に好機を得る。30分にグイデッティとのワンツーでボックス手前に侵攻したエルナン・ペレスがミドルシュートを浴びせれば、32分にはテオ・エルナンデスのトラップミスを突いたグイデッティが、素早く危険なゾーンに持ち上がりボールを枠に飛ばす。どちらも得点とはならなかったが、ホームチームをヒヤリとさせた。 ▽それでも前半終了間際の44分、先に結果を出したのはマドリーだった。L・バスケスが相手DFを背負いつつも、右サイドからボックス内にパスを入れる。反応したベンゼマは、ヒールで背後のC・ロナウドにフリック。C・ロナウドはDFを背負いつつ反転し、左足でネットを揺らした。C・ロナウドにとっては、公式戦4試合連続の得点となっている。 ▽エースの得点でスタジアムが沸き立つ中で試合を折り返したマドリーは、後半も早々に決定機を迎える。キックオフ直後の46分、ベンゼマがボールを奪うと、そのままボックス手前まで持ち上がる。ボックス左にパスを送ると、ベイルがGKパチェコとの一対一を制して左足で追加点を決め切った。 ▽さらに61分、ベイルの右サイドへの展開からボックス内右でボールを持ったL・バスケスが、中央に折り返す。走り込んだC・ロナウドが右足のダイレクトシュートで合わせ、自身のこの日2得点目とした。 ▽66分には、左サイドのテオ・エルナンデスが相手を3人かわしてボックス内に侵攻し、クロスを供給。しかし、アラベスDFのブロックに阻まれて中央で待つC・ロナウドとベンゼマには合わなかった。 ▽3点のリードを得たジダン監督は、73分にコバチッチに代えてセバージョスを投入。試合を落ち着かせられる選手を起用し、前がかりになっている中盤の安定を図った。 ▽試合終了間際の89分には、C・ロナウドのパスに反応してボックス左に侵攻したベイルが、ラグアルディアに倒されてPKを獲得。キッカーをベンゼマが務めると、しっかりとゴール左端に沈めて“BBC”揃い踏みの得点とした。 ▽マドリーが4点目を奪ったところで試合が終了した。この結果、マドリーは公式戦10戦ぶりに無失点に抑えてリーガ4連勝。その4試合の間に計17得点を決め、好調ぶりをアピールした。対するアラベスは、4試合ぶりの敗北を喫することとなった。 2018.02.25 02:16 Sun
twitterfacebook
thumb

ジダン、クラブが売却決めたとされるベイルについて…「彼は重要な選手」

ここ最近、レアル・マドリーが売却する意思を固めたと報じられているMFガレス・ベイルだが、ジネディーヌ・ジダン監督は「チームにとって重要な選手」であることを強調した。<br><br>スペイン『マルカ』は先に、レアル・マドリー首脳陣にベイルを見切りをつけ、今夏に売却する方針であると報道。だが24日のリーガエスパニョーラ第25節アラベス戦を前に会見に出席したジダン監督は、ウェールズ代表MFの重要性を説いている。<br><br>「ベイルはこのチームにとって重要な選手であり、いつだってそうあり続ける」<br><br>しかしながらジダン監督は、公式戦ここ4試合で1試合しかベイルを先発で起用していない。その理由については、同選手が万全なコンディションにはないためと説明した。<br><br>「負傷していた彼は、チームにもう一度組み込む段階にある。ベイルは違いを生み出せる選手であり、私は100%の彼を見たい。もう一度、彼を失うことは望んでいないんだ」<br><br>提供:goal.com 2018.02.24 23:03 Sat
twitterfacebook


ACL

ACL
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース