35年ぶりとなる国外クラシコを制したバルサがアメリカR優勝を飾る!!《ICC2017》2017.07.30 11:18 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽29日にインターナショナル・チャレンジカップ(ICC)2017・アメリカラウンドが行われ、レアル・マドリーvsバルセロナのエル・クラシコは3-2でバルセロナが勝利した。

▽35年ぶりとなった国外でのクラシコ。マドリーは負傷の影響でここまでのプレシーズンマッチを欠場していたセルヒオ・ラモスが復帰。[4-3-3]のフォーメーションを採用し、ゴールマウスはケイロル・ナバスが守る。バックラインには右からカルバハル、ヴァラン、セルヒオ・ラモス、マルセロが並び、中盤はカゼミロをアンカーにコバチッチとモドリッチがインサイドハーフに入る。前線は休暇中のC・ロナウドに代わってアセンシオが起用され、ベンゼマ、ベイルと3トップを形成するなど、現状のベストメンバーが揃った。

▽一方のバルセロナも[4-3-3]のフォーメーションを用い、GKにはシレッセンを起用。バックラインは右からA・ビダル、ピケ、ユムティティ、ジョルディ・アルバが並んだ。中盤はブスケッツをアンカーに、イニエスタとラキティッチが起用され、スアレス、メッシと共に、去就問題に揺れるネイマールがスタメンとなるなど、こちらもベストなメンバーで臨んだ。

▽大歓声の中で開始された一戦は、開始早々の1分、左サイドでボールを持ったネイマールが切り返しからカルバハルを抜きにかかった瞬間に左足首を負傷。その場に座り込むと、そのままピッチを後にして治療を受ける。嫌な雰囲気のバルセロナだったが、3分に中盤でややルーズになったボールを受けたブスケッツのスルーパスにメッシが反応。そのままボックス右に持ち込むと、寄せに来たモドリッチをかわして左足で放ったシュートがヴァランに当たりながらもゴールネットを揺らし、バルセロナが先制した。

▽得点直後、ネイマールもピッチに戻り、数的同数となって試合が再開した。すると7分、そのネイマールが左サイドから仕掛けて中央にパスを通す。センターに構えていたスアレスはボールを収めることはできなかったが、後ろに走り込んだラキティッチが強烈なシュートを突き刺し、2点目を奪いきる。その後もバルセロナの勢いは止まらず、11分には裏に抜け出したスアレスがボックス左にボールを運び、マイナスのクロスを入れるとこれにラキティッチが合わせる。しかしこのシュートは枠を外してしまい、追加点とはならなかった。

▽ここまで良い所がなかったマドリーだが、14分にボックス手前中央でボールを受けたコバチッチがピケをかわしながら侵攻してシュート。これがゴールマウスの左隅に収まり1点を返すことに成功する。するとこの得点から試合の流れが一転。マドリーはモドリッチの展開力、コバチッチの推進力を活かしてバルセロナのボックス内に攻め込む回数が増えていく。19分には高い位置でボールを奪うと、ベンゼマがボックス内まで運んで左足で狙う。しかしここは、枠を捉えきれず同点とはならなかった。

▽その後は、プレシーズンマッチでありながらも球際で激しさを見せていく。迎えた29分にバルセロナがチャンスを作った。カウンターからスアレスが右サイドを攻め上がると中央にグラウンダーのパスを通す。受けたネイマールはキックフェイントでマーカーをずらしてシュートを放つが、このチャンスを決めきれない。マドリーも32分、左サイドからマルセロが運び、逆サイドのカルバハルに展開。カルバハルはゴール前にグラウンダーのクロスを通すが、ベンゼマもアセンシオもボールに触れずこちらも決定機を逸した。

▽迎えた36分、マドリーはバルセロナのCKを防ぐとそのまま得意のカウンターを開始。ボールを運んだアセンシオがコバチッチとのパス交換からボックス内に侵入し、そのままシュートを決めきって試合を振り出しに戻し、前半はそのまま終了を迎えた。

▽ハーフタイムでは、マドリーがセルヒオ・ラモス、ヴァラン、モドリッチ、アセンシオを下げて、バジェホ、ナチョ、イスコ、L・バスケスを投入。バルセロナはイニエスタに代えてセルジ・ロベルトが起用された。すると50分、バルセロナはネイマールが仕掛けて相手陣内の左サイドでFKを獲得。ネイマールが入れたボールにピケが飛び込んで合わせ、バルセロナが再びリードを奪った。

▽一方のマドリーは54分、カゼミロが高い位置でボールを奪うとそのままドリブルを開始。左サイドのベイルに展開すると、ベイルがボックス左から狙ったが決めきることはできない。バルセロナも55分、クイックリスタートからメッシのスルーパスにネイマールが反応。ボックス左から中央に流れ、GKケイロル・ナバスの体勢を崩してシュートまで持ち込んだがボールは枠を捉えきれなかった。58分には右サイドのA・ビダルが入れたスルーパスにスアレスが合わせるが、GKケイロル・ナバスがセーブする。

▽リードするバルセロナは63分にA・ビダル、ユムティティ、スアレス、メッシを下げて、N・セメド、ヴェルメーレン、パコ・アルカセル、デニス・スアレスを投入する。迎えた72分、マドリー陣内でバルセロナがセットプレーを獲得するとこの流れからラキティッチとカルバハルが交錯。ラキティッチが倒れ込んだカルバハルの手を踏んでしまい、カルバハルはそのまま交代となった。

▽両チームともに多くの選手を入れ替えたことで試合の流れは大きく変わる。その中でマドリーは81分、イスコが左サイドからカットインしてシュートを狙うが枠を外す。直後のプレーでもイスコがミドルレンジから狙うなどの積極性を見せた。84分には右サイドのL・バスケスからダニ・セバージョスがミドルシュートを放つが、ボールは右ポストを掠めていく。

▽試合は結局そのまま終了を迎え、今シーズン最初のクラシコを制したバルセロナが、ICC3連勝でアメリカラウンドを制した。なお、両チームは8月13日、16日にスーペル・コパで今シーズン最初の公式戦でのクラシコを迎える。

レアル・マドリー 2-3 バルセロナ
【レアル・マドリー】
コバチッチ(前14)
アセンシオ(前36)
【バルセロナ】
メッシ(前3)
ラキティッチ(前7)
ピケ(後5)

コメント

関連ニュース

thumb

アトレティコ・マドリー、15日に行われるUEFAスーパーカップの招集メンバー22名を発表

▽アトレティコ・マドリーは13日、15日にエストニアで行われるレアル・マドリーとのUEFAスーパーカップに向けた招集メンバー22名を発表した。 ▽ヨーロッパリーグ(EL)王者のアトレティコを率いるディエゴ・シメオネ監督は、FWアントワーヌ・グリーズマンやFWジエゴ・コスタ、MFコケ、DFディエゴ・ゴディンら主力を順当に招集。新戦力のFWニコラ・カリニッチやMFトマ・レマルらもメンバー入りした。発表されたメンバーは以下の通り。 <span style="font-weight:700;">◆アトレティコ・マドリー招集メンバー</span> <span style="font-weight:700;">GK</span> 1.<span style="font-weight:700;">アントニオ・アダン</span> 13.<span style="font-weight:700;">ヤン・オブラク</span> 37.<span style="font-weight:700;">アレックス・ドス・サントス</span> <span style="font-weight:700;">DF</span> 2.<span style="font-weight:700;">ディエゴ・ゴディン</span> 3.<span style="font-weight:700;">フィリペ・ルイス</span> 4.<span style="font-weight:700;">サンティアゴ・アリアス</span> 15.<span style="font-weight:700;">サビッチ</span> 20.<span style="font-weight:700;">フアンフラン</span> 21.<span style="font-weight:700;">リュカ</span> 24.<span style="font-weight:700;">ホセ・ヒメネス</span> <span style="font-weight:700;">MF</span> 5.<span style="font-weight:700;">トーマス・パルティ</span> 6.<span style="font-weight:700;">コケ</span> 8.<span style="font-weight:700;">サウール・ニゲス</span> 11.<span style="font-weight:700;">トマ・レマル</span> 14.<span style="font-weight:700;">ロドリゴ・エルナンデス</span> 18.<span style="font-weight:700;">ジェウソン・マルティンス</span> 23.<span style="font-weight:700;">ビトロ</span> 30.<span style="font-weight:700;">オラベ</span> <span style="font-weight:700;">FW</span> 7.<span style="font-weight:700;">アントワーヌ・グリーズマン</span> 9.<span style="font-weight:700;">ニコラ・カリニッチ</span> 10.<span style="font-weight:700;">アンヘル・コレア</span> 19.<span style="font-weight:700;">ジエゴ・コスタ</span> 2018.08.14 23:10 Tue
twitterfacebook
thumb

ユベントスがレアル・マドリーに“平手打ち”…ピャニッチへの76億円オファーを拒否

ユベントスは、ボスニア・ヘルツェゴビナ代表MFミラレム・ピャニッチへ届いたレアル・マドリーのオファーを拒否した。イタリア紙『トゥット・スポルト』が14日、「レアルへ平手打ち」との見出しで報じている。<br><br>ユベントスは今夏、総額146億円を投じてレアル・マドリーからポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドを獲得したが、中盤の要であるピャニッチを放出してまで資金を捻出する意思はないという。ユーベは現在、ボスニア代表MFに対し、年俸650万ユーロ(約8.2億円)の条件で2023年までの契約延長をオファーしており、レアルから仲介者を通して届いた6000万ユーロ(約76億円)のオファーには、「ノー」と即答している。<br><br>ピャニッチはレジスタだけでなく、ウィングハーフ、トップ下をもこなし、マッシミリアーノ・アッレグリ率いるユーベの構想において、重要な役割を占める。ユーベは新契約において、移籍金を8000万ユーロ(約102億円)以上に設定することを検討しており、少なくとも今夏のピャニッチ放出は予定されていない。<br><br>また、28歳のユーベMF本人も、ヴィラル・ペローザでの下部組織とのテストマッチ終了後にツイッターを更新。「今年も皆とヴィラル・ペローザで一緒に過ごせて良かったよ!今年は一緒に偉業を達成できるよう願っている」と綴り、「最後までビアンコネーロ(白黒)ユベントス」とのハッシュタグも添えて、所属クラブへの忠誠を示した。<br><br><br><br><br>提供:goal.com 2018.08.14 19:14 Tue
twitterfacebook
thumb

マドリー・カスティージャの10番、MFオスカル・ロドリゲスがレガネスにレンタル

▽レガネスは13日、レアル・マドリーからMFオスカル・ロドリゲス(20)をレンタル移籍で獲得したことを発表した。レンタルい期間は今シーズン一杯となる。 ▽オスカル・ロドリゲスは、2015年7月にマドリーU-18に入団。2017年7月からはカスティージャに所属していた。2017-18シーズンはセグンダB(スペイン3部)で34試合に出場し6ゴール5アシストを記録。UEFAユースリーグでも7試合に出場し4ゴール2アシストを記録していた。 ▽トップチームでは、コパ・デル・レイのラウンド16のフエンラブラダ戦でデビュー。その後は、リーガエスパニョーラのエスパニョール戦、ラス・パルマス戦、セビージャ戦でメンバー入りしていた。 ▽また、世代別のスペイン代表を経験。U-19スペイン代表としては7試合に出場していた。背番号は「27」を付ける。 2018.08.14 11:53 Tue
twitterfacebook
thumb

レアル・マドリーがUEFAスーパーカップの招集メンバー29名を発表

▽レアル・マドリーは13日、15日にエストニアで行われるアトレティコ・マドリーとのUEFAスーパーカップに向けた招集メンバー29名を発表した。 ▽チャンピオンズリーグ王者のレアル・マドリーを率いるフレン・ロペテギ新監督は、FWガレス・ベイルやMFルカ・モドリッチ、DFセルヒオ・ラモスら主力を順当に招集。新戦力のGKティボー・クルトワもメンバー入りした。発表されたメンバーは以下の通り。 <span style="font-weight:700;">◆レアル・マドリー招集メンバー</span> <span style="font-weight:700;">GK</span> <span style="font-weight:700;">ティボー・クルトワ</span> <span style="font-weight:700;">ケイロル・ナバス</span> <span style="font-weight:700;">フランシスコ・カシージャ</span> <span style="font-weight:700;">リュカ・ジダン・フェルナンデス</span> <span style="font-weight:700;">アンドリー・ルニン</span> <span style="font-weight:700;">DF</span> <span style="font-weight:700;">マルセロ</span> <span style="font-weight:700;">ダニエル・カルバハル</span> <span style="font-weight:700;">セルヒオ・ラモス</span> <span style="font-weight:700;">ラファエル・ヴァラン</span> <span style="font-weight:700;">ナチョ・フェルナンデス</span> <span style="font-weight:700;">アルバロ・オドリオソラ・アルザリウス</span> <span style="font-weight:700;">セルヒオ・レギロン</span> <span style="font-weight:700;">ヘスス・バジェホ</span> <span style="font-weight:700;">ハビ・サンチェス</span> <span style="font-weight:700;">セルヒオ・ロペス</span> <span style="font-weight:700;">MF</span> <span style="font-weight:700;">トニ・クロース</span> <span style="font-weight:700;">ルカ・モドリッチ</span> <span style="font-weight:700;">カゼミロ</span> <span style="font-weight:700;">マルコス・ジョレンテ</span> <span style="font-weight:700;">イスコ</span> <span style="font-weight:700;">ダニ・セバージョス</span> <span style="font-weight:700;">マルコ・アセンシオ</span> <span style="font-weight:700;">フェデリコ・バルベルデ</span> <span style="font-weight:700;">FW</span> <span style="font-weight:700;">カリム・ベンゼマ</span> <span style="font-weight:700;">ガレス・ベイル</span> <span style="font-weight:700;">ルーカス・バスケス</span> <span style="font-weight:700;">ボルハ・マジョラル</span> <span style="font-weight:700;">ラウール・デ・トマス</span> <span style="font-weight:700;">ヴィニシウス</span> 2018.08.14 00:34 Tue
twitterfacebook
thumb

「重圧は凄まじい。だからこそ、このクラブを愛しているのさ」レアル・マドリーで9年目を迎える9番ベンゼマ

レアル・マドリーで9シーズン目を迎えるFWカリム・ベンゼマは、同クラブで過ごす日々に充実感を得ているようだ。<br><br>2009年夏にリヨンから鳴り物入りでレアル・マドリーに加入したベンゼマ。ストライカーとしてはゴールに奪う意欲が欠けているとファンからは批判にさらされながらも、監督には前線の潤滑油として重用され、常にレギュラーを張ってきた。<br><br>『UEFA.com』とのインタビューに応じたベンゼマは、レアル・マドリーで自身がさらなる成長を果たせたとの見解を示している。<br><br>「僕はいつだって闘ってきた。マドリーでピッチに立ってプレーすること、良いプレーを見せることを目標としてね」<br><br>レアル・マドリーはどこよりも大きな重圧がのしかかるともされるが、ベンゼマはだからこそ同クラブでプレーする価値があると述べた。<br><br>「この数年は多くのタイトルを獲得しているし、チームは黄金期を迎えている。重圧は、それは凄まじいものがある。それと同時に期待だってすごいよね。だからこそ、僕はこのクラブを愛しているのさ」<br><br><br><br> <br>提供:goal.com 2018.08.13 23:55 Mon
twitterfacebook


ロシアW杯

超WS×MON

ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース