35年ぶりとなる国外クラシコを制したバルサがアメリカR優勝を飾る!!《ICC2017》2017.07.30 11:18 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽29日にインターナショナル・チャレンジカップ(ICC)2017・アメリカラウンドが行われ、レアル・マドリーvsバルセロナのエル・クラシコは3-2でバルセロナが勝利した。

▽35年ぶりとなった国外でのクラシコ。マドリーは負傷の影響でここまでのプレシーズンマッチを欠場していたセルヒオ・ラモスが復帰。[4-3-3]のフォーメーションを採用し、ゴールマウスはケイロル・ナバスが守る。バックラインには右からカルバハル、ヴァラン、セルヒオ・ラモス、マルセロが並び、中盤はカゼミロをアンカーにコバチッチとモドリッチがインサイドハーフに入る。前線は休暇中のC・ロナウドに代わってアセンシオが起用され、ベンゼマ、ベイルと3トップを形成するなど、現状のベストメンバーが揃った。

▽一方のバルセロナも[4-3-3]のフォーメーションを用い、GKにはシレッセンを起用。バックラインは右からA・ビダル、ピケ、ユムティティ、ジョルディ・アルバが並んだ。中盤はブスケッツをアンカーに、イニエスタとラキティッチが起用され、スアレス、メッシと共に、去就問題に揺れるネイマールがスタメンとなるなど、こちらもベストなメンバーで臨んだ。

▽大歓声の中で開始された一戦は、開始早々の1分、左サイドでボールを持ったネイマールが切り返しからカルバハルを抜きにかかった瞬間に左足首を負傷。その場に座り込むと、そのままピッチを後にして治療を受ける。嫌な雰囲気のバルセロナだったが、3分に中盤でややルーズになったボールを受けたブスケッツのスルーパスにメッシが反応。そのままボックス右に持ち込むと、寄せに来たモドリッチをかわして左足で放ったシュートがヴァランに当たりながらもゴールネットを揺らし、バルセロナが先制した。

▽得点直後、ネイマールもピッチに戻り、数的同数となって試合が再開した。すると7分、そのネイマールが左サイドから仕掛けて中央にパスを通す。センターに構えていたスアレスはボールを収めることはできなかったが、後ろに走り込んだラキティッチが強烈なシュートを突き刺し、2点目を奪いきる。その後もバルセロナの勢いは止まらず、11分には裏に抜け出したスアレスがボックス左にボールを運び、マイナスのクロスを入れるとこれにラキティッチが合わせる。しかしこのシュートは枠を外してしまい、追加点とはならなかった。

▽ここまで良い所がなかったマドリーだが、14分にボックス手前中央でボールを受けたコバチッチがピケをかわしながら侵攻してシュート。これがゴールマウスの左隅に収まり1点を返すことに成功する。するとこの得点から試合の流れが一転。マドリーはモドリッチの展開力、コバチッチの推進力を活かしてバルセロナのボックス内に攻め込む回数が増えていく。19分には高い位置でボールを奪うと、ベンゼマがボックス内まで運んで左足で狙う。しかしここは、枠を捉えきれず同点とはならなかった。

▽その後は、プレシーズンマッチでありながらも球際で激しさを見せていく。迎えた29分にバルセロナがチャンスを作った。カウンターからスアレスが右サイドを攻め上がると中央にグラウンダーのパスを通す。受けたネイマールはキックフェイントでマーカーをずらしてシュートを放つが、このチャンスを決めきれない。マドリーも32分、左サイドからマルセロが運び、逆サイドのカルバハルに展開。カルバハルはゴール前にグラウンダーのクロスを通すが、ベンゼマもアセンシオもボールに触れずこちらも決定機を逸した。

▽迎えた36分、マドリーはバルセロナのCKを防ぐとそのまま得意のカウンターを開始。ボールを運んだアセンシオがコバチッチとのパス交換からボックス内に侵入し、そのままシュートを決めきって試合を振り出しに戻し、前半はそのまま終了を迎えた。

▽ハーフタイムでは、マドリーがセルヒオ・ラモス、ヴァラン、モドリッチ、アセンシオを下げて、バジェホ、ナチョ、イスコ、L・バスケスを投入。バルセロナはイニエスタに代えてセルジ・ロベルトが起用された。すると50分、バルセロナはネイマールが仕掛けて相手陣内の左サイドでFKを獲得。ネイマールが入れたボールにピケが飛び込んで合わせ、バルセロナが再びリードを奪った。

▽一方のマドリーは54分、カゼミロが高い位置でボールを奪うとそのままドリブルを開始。左サイドのベイルに展開すると、ベイルがボックス左から狙ったが決めきることはできない。バルセロナも55分、クイックリスタートからメッシのスルーパスにネイマールが反応。ボックス左から中央に流れ、GKケイロル・ナバスの体勢を崩してシュートまで持ち込んだがボールは枠を捉えきれなかった。58分には右サイドのA・ビダルが入れたスルーパスにスアレスが合わせるが、GKケイロル・ナバスがセーブする。

▽リードするバルセロナは63分にA・ビダル、ユムティティ、スアレス、メッシを下げて、N・セメド、ヴェルメーレン、パコ・アルカセル、デニス・スアレスを投入する。迎えた72分、マドリー陣内でバルセロナがセットプレーを獲得するとこの流れからラキティッチとカルバハルが交錯。ラキティッチが倒れ込んだカルバハルの手を踏んでしまい、カルバハルはそのまま交代となった。

▽両チームともに多くの選手を入れ替えたことで試合の流れは大きく変わる。その中でマドリーは81分、イスコが左サイドからカットインしてシュートを狙うが枠を外す。直後のプレーでもイスコがミドルレンジから狙うなどの積極性を見せた。84分には右サイドのL・バスケスからダニ・セバージョスがミドルシュートを放つが、ボールは右ポストを掠めていく。

▽試合は結局そのまま終了を迎え、今シーズン最初のクラシコを制したバルセロナが、ICC3連勝でアメリカラウンドを制した。なお、両チームは8月13日、16日にスーペル・コパで今シーズン最初の公式戦でのクラシコを迎える。

レアル・マドリー 2-3 バルセロナ
【レアル・マドリー】
コバチッチ(前14)
アセンシオ(前36)
【バルセロナ】
メッシ(前3)
ラキティッチ(前7)
ピケ(後5)

コメント

関連ニュース

thumb

ヴァラン背信のマドリーがレバンテに敗れ泥沼3連敗で5戦未勝利…CL挟んで次節はクラシコ《リーガエスパニョーラ》

▽リーガエスパニョーラ第9節、レアル・マドリーvsレバンテが20日にサンティアゴ・ベルナベウで行われ、アウェイのレバンテが2-1で勝利した。 ▽前節、アラベス相手の衝撃的な敗戦によって公式戦4戦未勝利(3敗1分け)に加え、その間無得点とロペテギ体制で最初の危機を迎えているマドリー。5試合ぶりのゴールと勝利を目指す今節は土曜のランチタイムキックオフで難敵レバンテを迎え撃った。自身の進退も問われる一戦に向けてロペテギ監督は負傷明けのマルセロ、イスコを復帰させた。一方、ベイルとクロース、ベンゼマをベンチに置き、前線はアセンシオと今季リーグ初先発のルーカス・バスケス、マリアーノを起用した。 ▽FIFAウイルスと来週ミッドウィークから再開されるチャンピオンズリーグ(CL)の影響でタフな戦いが想定された今回の一戦。マドリーにとっては悪夢のような立ち上がりとなる。開始7分、ハーフウェイライン付近でセルヒオ・ポスティゴが出した背後へのボールに対してDFヴァランが中途半端な対応でクリアし損ねると、ボックス内に抜け出したホセ・モラレスが飛び出したGKクルトワを浮き球でかわし無人のゴールへシュートを流し込み、アウェイチームが先制点を奪う。 ▽さらに13分にはボックス付近でロジェールの浮かしたボールをDFヴァランが手を使ってブロックすると、最初はボックスの外からのFKと判定される。だが、ビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)による検証の結果、ハンドがボックス内と訂正されて痛恨のPK献上。これをキッカーのロジェールに決められて瞬く間に2点のビハインドを背負うことに。 ▽早くもざわつくサンティアゴ・ベルナベウの空気を鎮めたいマドリーはすぐさま反撃。17分には右CKからカゼミロのヘディングシュートがクロスバーを叩きこぼれ球をアセンシオが頭で流し込む。しかし、VARによる検証の結果、アセンシオがオフサイドを取られてゴールは認められない。 ▽それでも、気持ちを切り替えて相手を押し込むマドリーはサイドからのクロスやセットプレーから再三の決定機を作り出す。だが、バスケスやセルヒオ・ラモスのシュートはことごとく相手GKオイエルの好守に遭う。さらに34分にはセットプレーの流れからバスケスのクロスにゴール前のマリアーノが頭で合わせるが、これもバーに阻まれる。その後、前半終了間際には相手のカウンターからロジェールにゴールネットを揺らされるが、ここはその前のトーニョ・ガルシアのオフサイドにより事なきを得た。 ▽前半終了時にマドリディスタから強烈なブーイングを受けたホームチームはハーフタイム明けにオドリオソラを下げて切り札のベイルを投入。この交代でバスケスが右サイドバックに下がり、より攻撃的な布陣で逆転を目指す。立ち上がりの50分にはボックス内のモドリッチにシュートチャンスもここは相手DFのブロックに遭う。 ▽前半同様に決め切れない状況が続くマドリーは60分、アセンシオとイスコを下げてダニ・セバージョス、ベンゼマを同時にピッチへ送り込んで早々に3枚の交代枠を使い切る。65分にはボックス手前の好位置で得たFKをキッカーのベイルがゴール左隅に飛ばすが、これも相手GKオイエルのビッグセーブに阻まれる。それでも、諦めずに攻め続けるマドリーは72分、右サイドからのクロスをベイル、ベンゼマとボックス内で繋ぐと、ボックス中央でフリーのマルセロが右足の強烈なシュートを中央上隅に突き刺し、待望の5試合ぶりのゴールを奪った。 ▽このゴールで一気にヒートアップしたスタジアムの後押しを受けてマドリーは一気呵成の攻めを見せる。76分には左サイド深くでのセバージョスのボール奪取からマルセロを経由したボールをボックス左角のベンゼマが右足のコントロールシュート。だが、このシュートはクロスバーを叩く。さらに攻勢を強めるホームチームは88分、バスケスの右クロスをベンゼマが頭で合わせ、GKが弾いたボールをマリアーノがすかさずゴールへ蹴り込む。しかし、マリアーノはオフサイドを取られてしまい、絶好の同点機会を逸した。 ▽そして、無情にも試合はこのままタイムアップ。マドリディスタの怒号に晒されたロペテギ率いるチームは、公式戦3連敗で5戦未勝利に。CLビクトリア・プルゼニ戦を挟んだ次節、バルセロナとのエル・クラシコを最悪な状態で迎えることになった。 2018.10.20 22:18 Sat
twitterfacebook
thumb

ロペテギ「解任待ちじゃない。クラブを信頼している」

▽レアル・マドリーを率いるフレン・ロペテギ監督(52)が自身の進退問題に反応した。イタリア『カルチョメルカート』が報じた。 ▽今シーズンからレアル・マドリーの指揮を執るロペテギ監督。シーズン開幕当初こそ順調な歩みを見せたが、現在はクラブ史上33年ぶりの公式戦4試合無得点で勝利から遠ざかっており、早くも進退を巡る報道が熱を帯びつつある。 ▽そうした中、レアル・マドリーは、20日に行われるリーガエスパニョーラ第9節でレバンテとホームで対戦する。前日会見に出席したロペテギ監督は、次のように語った。 「レバンテ戦に集中している。今の私はレアルの監督。周りの期待を理解していて、汗を流して練習した先にゴールがある」 「私は監督交代を待ってなんかいない。クラブを信頼していて、落ち着いて自分の仕事に集中するだけだよ」 「我々の強みを取り戻すため、欠点を改善するためには、勝利が必要だ。見据えるのは次の5、6試合ではなく、目の前のレバンテ戦だけ」 2018.10.20 10:40 Sat
twitterfacebook
thumb

レアル・マドリーもカンテをターゲットに?

▽レアル・マドリーがチェルシーに所属するフランス代表MFエンゴロ・カンテ(27)に目を光らせているようだ。スペイン『アス』がフランス『Le 10Sport』を情報源に報じた。 ▽カンテはレスター・シティのプレミアリーグ初制覇に貢献した2015-16シーズン終了後、5年契約でチェルシーに移籍。すぐさま定位置を掴み取り、プレミアリーグやFAカップ優勝に貢献するなど、今や不動のレギュラーに君臨する。 ▽そのカンテを巡り、パリ・サンジェルマンが動向を追っているとみられるが、ここにレアル・マドリーも加わった様子。守備的MFとして代えの効かないブラジル代表MFカゼミロの負担を減らすべく、カンテの獲得に興味を示しているという。 ▽なお、最近の報道で流失を避けたいチェルシーの新契約締結に向けた動きも囁かれているカンテ。今後も動向から目が離せない。 2018.10.20 08:30 Sat
twitterfacebook
thumb

コパ・デル・レイ4回戦の組み合わせが決定!王者バルサはレオネサ、マドリーはメリリャ、乾ベティスはラシンと対戦《コパ・デル・レイ》

▽コパ・デル・レイ4回戦の組み合わせが19日に決定した。 ▽4回戦(ラウンド32)からリーガエスパニョーラのプリメーラ・ディビシオンのクラブが参戦するコパ・デル・レイ。組み合わせの結果、昨季王者のバルセロナはセグンダB(スペイン3部)のレオネサと激突。ファイナリストのセビージャはこちらもセグンダBのビジャノベンセ、昨季は準々決勝で敗退したレアル・マドリーはメリリャ(セグンダB)との対戦が決まった。 ▽また、アトレティコ・マドリーはテルセーラ(スペイン4部)から唯一の参加となったサン・アンドレウと、バレンシアはエブロ(セグンダB)、乾貴士所属のベティスはラシン(セグンダB)、柴崎岳のヘタフェはセグンダ・ディビシオン(スペイン2部)のコルドバ対戦する。 ▽4回戦のファーストレグは現地時間10月31日(水)、セカンドレグは12月5日(水)に行われる予定だ。 ◆コパ・デル・レイ4回戦組み合わせ レオネサ vs バルセロナ エブロ vs バレンシア サン・アンドレウ vs アトレティコ・マドリー メリリャ vs レアル・マドリー ビジャノベンセ vs セビージャ ラシン vs ベティス アルメリア vs ビジャレアル マジョルカ vs バジャドリー カディス vs エスパニョール スポルティング・ヒホン vs エイバル ルーゴ vs レバンテ コルドバ vs ヘタフェ ビルバオ vs ウエスカ アラベス vs ジローナ レガネス vs ラージョ・バジェカーノ セルタ vs ソシエダ 2018.10.19 22:10 Fri
twitterfacebook
thumb

レアル・マドリー下部組織のMF中井卓大が世代別代表初招集!

▽日本サッカー協会は19日、フランス遠征に臨むU-15日本代表メンバーを発表し、レアル・マドリーの下部組織に所属するMF中井卓大(14)を世代別日本代表に初招集した。 ▽9歳の頃にトライアルに合格してマドリー入団を決めた中井。ドリブルテクニックが注目を集めながらも、ボランチを本職に据えて順調にカテゴリーを昇格し、現在ではカデーテA(U-16)で経験を積んでいる。 ▽“ピピ”の愛称で親しまれる中井は、スペイン紙『ムンド・デポルティボ』からも以前「クリスティアーノ・ロナウドよりも重要」と称賛されるなど、現地でも期待の逸材だ。 ▽U-15日本代表は30日から5日間にかけて行われるバル・ド・マルヌU-16国際親善トーナメント2018に参加。オーストラリア、フランス、イングランドのU-15代表チームと対戦する。 2018.10.19 20:30 Fri
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース