フルアム、昨季に引き続きチェルシーからチェコ代表DFカラスをレンタルで獲得2017.07.28 00:31 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽フルアムは27日、昨季に引き続きチェルシーからチェコ代表DFトマシュ・カラス(24)をレンタル移籍で獲得した。契約期間は1年間となる。

▽2010年にチェコのシグマ・オロモウツからチェルシーへと加入したカラスは、フィテッセやケルン、ミドルスブラなどへのレンタル移籍を繰り返しており、2016-17シーズンはチャンピオンシップ(イングランド2部相当)のフルアムでプレー。

▽昨シーズンは、主力としてリーグ戦36試合に出場し1ゴール2アシストを記録。2012年11月に行われたスロバキア代表戦でデビューを飾ったチェコ代表では、ここまで7試合に出場している。

コメント

関連ニュース

thumb

ブライトンが昇格フルアムからGKバットンを完全移籍で獲得

▽ブライトンは16日、フルアムのイングランド人GKデイビッド・バットン(29)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2021年6月30日までの3年間となっている。 ▽トッテナムの下部組織出身のGKであるバットンは、2016年夏にブレントフォードからフルアムへ移籍。フルアムでは公式戦61試合に出場。2017-18シーズンはチャンピオンシップで20試合に出場し、プレミアリーグ昇格に貢献していた。 ▽バットンの獲得についてブライトンを率いるクリス・ヒュートン監督は次のように語っている。 「彼はこれまでのキャリアで公式戦300試合以上に出場している。マシュー・ライアン、ジェド・スティールと共に良いレギュラー争いをしてくれると思う」 2018.07.17 05:09 Tue
twitterfacebook
thumb

フルアムがニースからMFセリに続く補強!DFマキシム・ル・マルシャン獲得「親友と一緒でとても嬉しい」

▽フルアムは12日、ニースのフランス人DFマキシム・ル・マルシャン(28)を獲得したことを発表した。契約期間は明らかにされていない。 ▽ル・マルシャンはレンヌの下部組織出身のDFだ。2009-10シーズンにレンタル加入したル・アーブルでプロデビューを果たし、、2015年にニースに移籍した。本職はセンターバックでありながら左サイドバックやボランチもこなし、2017-18シーズンはリーグ戦29試合に出場し3アシストを記録していた。 ▽ル・マルシャンはフルアムの公式サイトで以下のようにコメントしている。 「フルアムとサインすることが出来てとても幸せだ。このクラブはビッグクラブでとても人気のあるチームだ」 「親友のジャン・ミシェル・セリと一緒に加入できたことも嬉しいよ。一生懸命練習してこのチームにベストを尽くせるよう頑張りたい」 ▽フルアムは同日にニースからコートジボワール代表MFジャン・ミシェル・セリ(26)の獲得も発表しており、イギリス『スカイ・スポーツ』は、2人合わせて3000万ポンド(44億円6000万円)程の移籍金になると見込んでいる。 2018.07.12 19:57 Thu
twitterfacebook
thumb

今夏注目株の一人、MFジャン・ミシェル・セリのフルアム移籍が決定!

▽フルアムは12日、コートジボワール代表MFジャン・ミシェル・セリ(26)をニースから獲得したことを発表した。契約は2022年6月30日までの4年契約となる。 ▽今夏の移籍市場の注目株の1人であったセリ。先日、ニースのプレシーズンキャンプを離れて移籍交渉のためにロンドンに滞在していると報道され、チェルシーやアーセナル行きが濃厚と見られていたが、一転してフルアム移籍が決定。セリはクラブの公式サイトで喜びのコメントを残している。 「昨日は長い1日だったから、最終的にこのような決断を下せて素晴らしい気持ちだ」 「今、僕はすでにスタートの用意はできているし、チームとみんなと会えることを楽しみにしているよ」 「ここに来られて本当に嬉しい。これは新たな冒険だ。良いものになることを願っているよ」 ▽2015年からニースでプレーするセリは、卓越したキック精度と攻撃センスに加えて守備でも貢献できる万能型のセントラルMF。近年、リーグ・アン屈指のMFと評される同選手は昨季の公式戦43試合に出場し2ゴール10アシストの数字を残していた。 ▽移籍金は明らかにされていないが、イタリア『gianlucadimarzio.com』によると2000万ユーロ(約26億円)程度になるとのことだ。 2018.07.12 18:57 Thu
twitterfacebook
thumb

ニースMFセリの新天地は急転フルアムに! 数日以内に公式発表へ

▽今夏の移籍市場の注目株の1人であるニースのコートジボワール代表MFジャン・ミシェル・セリ(26)の新天地はフルアムになるようだ。イタリアの著名ジャーナリスト、ジャンルカ・ディ・マルツィオ氏が自身の運営する『gianlucadimarzio.com』で伝えている。 ▽先日、ニースのプレシーズンキャンプを離れて移籍交渉のためにロンドンに滞在していると報道されたセリに関しては、本命のチェルシーやアーセナル行きが濃厚と見られていた。 ▽しかし、ディ・マルツィオ氏はニースとフルアムが2000万ユーロ(約26億円)の条件ですでにクラブ間合意に至ったと主張。さらに、ロンドン滞在中のセリはイギリスでのビザの発給が認められ次第、同クラブでメディカルチェックを受診し、正式契約にサインする見込みだ。 ▽2015年からニースでプレーするセリは、卓越したキック精度と攻撃センスに加えて守備でも貢献できる万能型のセントラルMF。近年、リーグ・アン屈指のMFと評される同選手は昨季の公式戦43試合に出場し2ゴール10アシストの数字を残していた。 ▽今夏の移籍市場ではバルセロナやナポリ、ローマといったスペイン、イタリアの強豪チームに加え、チェルシーやアーセナル、ウェストハムといったイングランドのロンドン勢が強い関心を示してきた。 2018.07.11 15:17 Wed
twitterfacebook
thumb

欧州5大リーグの来季昇格チームが決定! 4部降格のパルマが奇跡の3連続昇格! スペインではウエスカが初昇格

▽16日にヨーロッパ主要リーグ2部の全日程が終了し、来シーズンにトップディビジョンに昇格する全チームが決定した。 ▽イングランドのチャンピオンシップではウォルバーハンプトンとカーディフ・シティが共に自動昇格で久々のプレミアリーグ復帰を決定。また、熾烈なプレーオフを制したフルアムが5シーズンぶりに復帰を果たす。 ▽スペインのリーガエスパニョーラ・セグンダAでは優勝したラージョが3年ぶりの復帰。来季のプリメーラはレアル・マドリーとアトレティコ・マドリーの2強に加え、ヘタフェ、レガネス、ラージョと首都マドリードに本拠地を置く5クラブが鎬を削ることになる。また、2位で自動昇格のウエスカはクラブ創設58年目で初の昇格となった。さらに、16日に行われたヌマンシアとの昇格プレーオフ決勝を制したバジャドリーも5年ぶりの復帰だ。 ▽イタリアのセリエBでは後半戦に入って圧巻の戦いぶりを見せたエンポリが優勝と共に1年でのセリエA復帰を決めた。また、2015年のクラブ破産で4部に強制降格となったパルマは3シーズン連続昇格という奇跡の快進撃をみせ、最短でのセリエA復帰を果たした。さらに16日に行われた昇格プレーオフ決勝でパレルモ相手にホームで鮮やかな逆転昇格を決めたフロジノーネが3シーズンぶりのセリエA復帰となる。 ▽ドイツのブンデスリーガ2部では最終節で優勝決定戦を戦ったデュッセルドルフとニュルンベルクが共に自動昇格を決めた。なお、今季デュッセルドルフの逆転優勝に貢献した日本代表MF原口元気と同FW宇佐美貴史は、原口がハノーファーへの移籍が決定し、アウグスブルクからレンタル中の宇佐美に関しても去就は不透明だ。なお、3位で昇格・降格プレーオフに進出したホルシュタイン・キールはブンデスリーガ16位のヴォルフスブルクに敗れ、昇格はならなかった。 ▽フランスのリーグ・ドゥでは古豪スタッド・ランスが3シーズンぶり、ニームが25年ぶりのリーグ・アン昇格を決めた。その一方で、昇格プレーオフを制してリーグ・アン18位のトゥールーズとの昇格・降格プレーオフに臨んだACアジャクシオはトゥールーズの牙城を破れず、昇格はならなかった。 ◆プレミアリーグ(イングランド) 1.ウォルバーハンプトン 2.カーディフ・シティ 昇格PO.フルアム ◆リーガエスパニョーラ(スペイン) 1.ラージョ 2.ウエスカ 昇格PO.バジャドリー ◆セリエA(イタリア) 1.エンポリ 2.パルマ 昇格PO.フロジノーネ ◆ブンデスリーガ(ドイツ) 1.デュッセルドルフ 2.ニュルンベルク ◆リーグ・アン(フランス) 1.スタッド・ランス 2.ニーム 2018.06.17 15:20 Sun
twitterfacebook


ロシアW杯

超WS×MON

ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース