フルアム、昨季に引き続きチェルシーからチェコ代表DFカラスをレンタルで獲得2017.07.28 00:31 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽フルアムは27日、昨季に引き続きチェルシーからチェコ代表DFトマシュ・カラス(24)をレンタル移籍で獲得した。契約期間は1年間となる。

▽2010年にチェコのシグマ・オロモウツからチェルシーへと加入したカラスは、フィテッセやケルン、ミドルスブラなどへのレンタル移籍を繰り返しており、2016-17シーズンはチャンピオンシップ(イングランド2部相当)のフルアムでプレー。

▽昨シーズンは、主力としてリーグ戦36試合に出場し1ゴール2アシストを記録。2012年11月に行われたスロバキア代表戦でデビューを飾ったチェコ代表では、ここまで7試合に出場している。

コメント

関連ニュース

thumb

ラニエリ、3度目のプレミアへ? フルアムが興味

▽フルアムが、イタリア人のクラウディオ・ラニエリ氏(66)の新監督就任を考慮しているようだ。『TRANSFERmarketWEB』が伝えている。 ▽今季からプレミアに昇格したフルアムは現在スラビシャ・ヨカノビッチ監督が指揮を執っている。同監督は2015年12月にフルアムの監督に就任すると、それまでチャンピオンシップ(イングランド2部相当)で残留争いをしていたチームを2016-17シーズンは6位、昨季は3位で終え、プレーオフを制して見事にプレミア昇格に導いた。 ▽しかし、プレミア初挑戦のヨカノビッチ監督の下、フルアムは第8節を終えた時点で1勝2分け5敗で17位に位置。失点数もリーグワーストの「21」と、5シーズンぶりとなったプレミアの洗礼を受けている。 ▽この不振を受けて、ヨカノビッチ監督の後任候補に挙がっているのがラニエリ氏だ。同氏はこれまでチェルシーとレスター・シティで2度プレミアクラブを指揮。レスターでは2015-16シーズンにクラブ創設133年目にして初のトップリーグタイトルをもたらし、後世に語り継がれる奇跡を起こした。直近では、昨シーズンにナントを率いていたが、1年で退任。現在はフリーの身となっている。 2018.10.10 18:56 Wed
twitterfacebook
thumb

5発アーセナルがフルアム一蹴で公式戦9連勝! ラカゼット&オーバメヤンの2G共演にラムジーがビューティフル弾!《プレミアリーグ》

▽プレミアリーグ第8節、フルアムvsアーセナルによるロンドン・ダービーが7日にクレイブン・コテージで行われ、アウェイのアーセナルが5-1で圧勝した。 ▽ここまでわずかに1勝と久々のプレミアリーグの舞台で苦戦を強いられている17位フルアムと、目下公式戦8連勝と絶好調の5位アーセナルによるダービー。 ▽前節、苦戦を強いられながらも好調ワトフォードに2-0の勝利を収めたアーセナルは、ミッドウィークのヨーロッパリーグ(EL)カラバフ戦も敵地で3-0の快勝。そのカラバフ戦からは先発6人を変更し、トレイラやムヒタリアン、ジャカ、ラカゼットが先発に復帰。前線はラカゼットの1トップに、2列目はイウォビ、ムヒタリアン、ウェルベックが並んだ。なお、エジルはベンチ外、オーバメヤンはベンチスタートとなった。 ▽開始2分にムヒタリアンがファーストシュートを放つと、直後の3分にはベジェリンの不用意な横パスを奪ったビエットのシュートがDFにディフレクトしてGKレノに冷や汗をかかせる決定機となるなど、オープンな立ち上がりとなる。 ▽その後はフルアムがビエット、アーセナルがイウォビの個人技を軸に攻め合いの様相を見せる。しかし、[3-4-3]の布陣を採用したホームチームに対して、ラカゼットとウェルベックが2トップに近い流動的な動きを見せるアーセナルは相手ウイングバックと3バックの間のスペースを効果的に使い、左サイドのイウォビが再三の突破からチャンスを作り出す。 ▽すると29分、左サイドのスペースに飛び出したイウォビがタメを作って自身を追い越すモンレアルにパス。そして、モンレアルからのグラウンダーの折り返しをニアで受けたラカゼットが切れ味鋭い反転から倒れ込みながらの右足シュートでニアを破った。 ▽ラカゼットの今季3点目で先手を奪ったアーセナルはその後も同様の狙いから相手陣内深い位置を陥れて追加点に迫る。だが、いずれの決定機も決め切れずにいると、前半終了間際の44分にはモンレアルの自陣でのクリアをビエットにカットされてボックス内に走り込むシュールレへのラストパスを許すと、最後はシュールレがレバークーゼンの元同僚相手に絶妙なチップキックで決め切った。 ▽1-1のイーブンで迎えた後半、立ち上がりから攻勢に出るアーセナルは48分にボックス手前でクリアボールに反応したベジェリンが枠の左隅を捉えた強烈なシュートを放つが、これは相手GKベティネリのスーパーセーブに遭う。しかし、直後の49分に相手スローインの流れからウェルベックが浮き球のルーズボールに競り勝つと、これに反応したラカゼットがボックス手前左から放った右足のミドルシュートがゴール左隅の絶妙なコースに決まり、アウェイチームが早々に勝ち越しに成功した。 ▽前半からの守備の問題点を改善できず、再びビハインドを背負ったフルアムはリーム、ザンボ・アンギッサを下げてカマラ、マクドナルドを続けて投入。この交代でシステムを[4-2-3-1]に変更し、より前がかった姿勢に。 ▽対するアーセナルはウェルベック、イウォビに代えてオーバメヤン、ラムジーをピッチに送り出すと、この選手交代がゴールラッシュをもたらす。まずは67分、自陣右サイドでラカゼット、ベジェリンとのダイレクトのパス交換でバイタルエリアで受け直したラムジーがムヒタリアンに預けてゴール前に走り込むと、ボックス左でオーバメヤンが折り返したボールをラムジーが見事なバックヒールで右隅へ流し込んだ。 ▽圧巻の連動性と質の高いフィニッシュで貴重な3点目を奪ったアーセナルは、79分にも右サイドの深い位置に抜け出したベジェリンからの折り返しをニアで受けたオーバメヤンが巧みな反転シュートで流し込む。さらに殊勲のラカゼットを下げてグエンドウジを投入し、試合を締めにかかった中、試合終了間際の91分にはラムジーのスルーパスに抜け出したオーバメヤンが自身2点目を決め切って5点目まで奪って見せた。 ▽そして、フルアムとのダービーに5-1で圧勝したアーセナルは公式戦9連勝を飾ると共に、プレミアリーグの連勝を「6」に伸ばした。 2018.10.07 21:55 Sun
twitterfacebook
thumb

午前中は学校でテスト…夜はカップ戦でデビュー!フルアムの15歳MFに監督が粋な計らい

▽EFLカップ(カラバオ・カップ)のミルウォールvsフルアムの一戦で、15歳の選手がプレーした。イギリス『BBC』が報じた。 ▽15歳でピッチに立ったのは、フルアムのMFハーベイ・エリオット。81分にFWフロイド・アイテと交代して試合に出場。フルアムでプレーした最年少選手となった。 ▽試合は、ジョー・ブライアンのゴールでフルアムが先制。52分にデ・ラ・トーレが追加点を奪うと、1点を返されるも、68分にサイラス・クリスティがゴールを奪って3-1で勝利した。 ▽スラビシャ・ヨカノビッチ監督は、10分強のプレーを果たしたエリオットについて「彼はクオリティの高いボールさばきと、スピードを見せた。彼の将来が明るいと信じているよ」とコメント。また、試合に向けた秘話を明かした。 「彼は、水曜日の朝には学校に行かなくてはいけない。そして、火曜日の午前中にはいくつかの試験を受けてきた。彼はプレーする可能性があることを知らなかったんだ。私は、彼を何らかのトラブルに陥らせたくなかったからね。そして、私はこのレベルで彼をテストしたんだ」 「英語では間違った表現になってしまうかもしれないが、彼は傲慢であり、ポジティブである。いずれにしろ、私は非常に優れた選手だと伝えておくよ」 ▽エリオットは15歳と174日でトップチームの公式戦でデビュー。プロ契約を結ぶには若すぎるものの、9月のインターナショナルマッチウィークでは、スペイン遠征をしていたチームに帯同するなど、期待を持たれている。 ▽また、すでにバルセロナやチェルシー、ドルトムント、マンチェスター・シティが関心を示しており、今後の去就が注目されている。 2018.09.26 12:50 Wed
twitterfacebook
thumb

ユナイテッド、今月セレソンデビューの若き司令塔パケタ争奪戦に参戦か

▽マンチェスター・ユナイテッドが、フラメンゴに所属するブラジル代表MFルーカス・パケタ(21)の獲得レースに参戦するようだ。フランス『Le10 Sport』が伝えている。 ▽フラメンゴ下部組織出身のパケタは、2016年にトップチーム昇格を果たすと、それと同時に2020年6月まで契約を延長。トップ下を主戦場とするブラジル期待のアタッカーは、今シーズンここまで国内リーグ戦で21試合6得点2アシストを記録しており、今月8日に行われたアメリカ代表との国際親善試合でブラジル代表デビューも飾った。 ▽伝えられるところによると、ユナイテッドはパケタ獲得に向けて交渉を開始した模様。契約解除金は5000万ユーロ(約65億円)に設定されているようだ。 ▽現在パケタには、パリ・サンジェルマンも獲得に動いているほか、バルセロナやマンチェスター・シティ、チェルシーといった欧州の数々のビッグクラブが興味を抱いていることが伝えられている。果たしてユナイテッドはこの争奪戦を制することができるのだろうか。 <div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews_p" terget="_blank">プレミアリーグを観るならDAZN!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> 2018.09.19 12:20 Wed
twitterfacebook
thumb

今季初先発のザネ弾などでシティがフルアムに3発快勝《プレミアリーグ》

▽マンチェスター・シティは15日、プレミアリーグ第5節でフルアムをホームに迎え、3-0で快勝した。 ▽代表ウィーク前に行われた前節ニューカッスル戦をウォーカーのスーパーミドル弾で2-1と競り勝って3勝1分けとしたシティは、翌水曜にチャンピオンズリーグ(CL)のリヨン戦を控える中、ザネとオタメンディが今季初スタメンとなり、負傷で代表戦を辞退したスターリングが先発となった。 ▽[4-1-4-1]で臨んだシティは2列目に右からスターリング、ベルナルド・シウバ、ダビド・シルバ、ザネと並べ、最前線にアグエロが入った。そのシティは開始2分にあっさり先制する。インターセプトしたフェルナンジーニョがボックス左まで持ち上がり、クロスボールをザネが押し込んだ。 ▽ザネの今季初ゴールで先制したシティはさらに14分、B・シルバのパスでボックス右まで抜け出したスターリングがシュートを浴びせるも、GKの股間に当たったシュートはバーを叩いた。それでも21分、B・シウバが右サイドゴールライン際で粘って中にパスを送ると、アグエロがシュート。ルーズとなったボールをD・シルバが蹴り込んでシティが追加点を挙げる。 ▽劣勢のフルアムは30分、シュールレがGKエデルソンを強襲するシュートを浴びせるも、前半終盤にかけてもザネやスターリングがゴールに迫ったシティが主導権を握り、前半を2点のリードで終えた。 ▽迎えた後半開始2分、シティが決定的な3点目を挙げる。右サイドでドリブルを仕掛けたアグエロがボックス右まで侵入してクロスを送り、ゴール前でフリーとなっていたスターリングが押し込んだ。 ▽アグエロをお役御免とし、ガブリエウ・ジェズスを投入したシティは、59分にフェルナンジーニョがミドルシュートでゴールに迫るなど、フルアムを圧倒し続ける。 ▽74分にはスターリングもお役御免としたシティが終盤にかけてもフルアムに流れを渡さず3-0で快勝。今季4勝目を挙げている。<div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews_p" terget="_blank">プレミアリーグを観るならDAZN!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> 2018.09.16 01:03 Sun
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース